【簡単にエスニック!】人気調味料ナンプラーのおすすめ10選

エスニック料理で有名なナンプラーはとても美味しい調味料です。しかし名前は知っていても、使ったことはないという方が多いのではないでしょうか。今回はそんな方のために、ナンプラーの選び方やおすすめ商品をランキング形式でまとめてみました。ぜひ参考にしてください。

2022/06/19 更新

普段の料理がどうしてもマンネリ化してしまうという方も多いでしょう。そうした方にはナンプラーなどの魚醤がおすすめです。一振りするだけでエスニックな味になるので、毎日の料理に加えれば、レパートリーの数を倍にすることができるでしょう。

 

しかし、いざナンプラーを購入するとなると、どれを選べば良いか分からないという方も多いはずです。そこで今回はナンプラーの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

 

この記事の最後にはナンプラーの使い方も合わせて解説するので、家庭料理にお役立てください。

1.原産国:ナンプラーはタイの魚醤ですが、他にもベトナムや日本、イタリアなどでも魚醤は生産されています。それぞれに特徴があるため、色々と試してみるのがおすすめです。

 

2.原材料:カタクチイワシと食塩だけを使うのがベーシックなナンプラーですが、砂糖や唐辛子などを添加しているものもあります。健康志向の方には化学調味料無添加のナンプラーがおすすめです。

 

3.容量:時間が経過すると発酵が進んで香りや塩味がきつくなるので、基本的には使い切れる量を購入するべきです。一般の家庭には200ml以下のものが良いでしょう。

一口にナンプラーと言っても、実は様々な種類があります。以下の内容を参考にして、ご自身にぴったりのナンプラーを見つけてください。

ナンプラーはカタクチイワシを原材料にしたタイの魚醤ですが、似たような魚醤はベトナムや日本、ヨーロッパなどにも存在します。

ナンプラーはアンチョビ(カタクチイワシ)などを原材料とした魚醤で、タイ料理で最もメジャーな調味料です。現地では日本における醤油のような感覚でナンプラーを用います。

 

魚肉や内臓のタンパク質が熟成によって分解され、旨味となります。一般的に長期間熟成させたものの方が味が良く、高値で取引されることが多いです。ニョクマムなど他国の魚醤と比べると、塩味が強いという特徴があります。

ニョクマム(ヌクマム、ヌックマムとも)は、ベトナムの魚醤です。ナンプラーと同じくカタクチイワシなどを用いて製造されます。ナンプラーとニョクマムの違いですが、ニョクマムはナンプラーよりも塩気が抑えられており、魚の香りが強いというのが特徴です。

 

一般的にニョクマムの方が発酵が進んでいるものが多いため、ナンプラーよりも旨味(アミノ酸)を豊富に含んでいます。一方でナトリウムに関しては、ナンプラーよりも少なめです。

 

ちなみにナンプラーは20世紀に、タイの華人がニョクマムを真似て作ったのが始まりとされており、実はニョクマムの方が歴史の古い調味料です。

現代の家庭では、大豆を発酵させた醤油を使うのが一般的ですが、ひと昔前までは日本でも盛んに魚醤が用いられてきました。中でも日本三大魚醤と呼ばれる「しょっつる(秋田)」「いかなご醤油(香川)」「いしる(能登)」が有名です。

 

日本の魚醤ではイワシ以外に、ハタハタ・イカ・イカナゴ・サバ・ウニ・鮎など、バリエーション豊かな原材料が用いられます。そのため、味も多種多様で、日本の海の幸の豊富さや食文化の多様さを表していると言えるでしょう。

 

ちなみに古代日本では醤油よりも魚醤が主流でしたが、仏教の伝来と共にヴィーガンの醤油が普及するようになりました。現代では手軽な旨味調味料などの登場によって、家庭からは縁遠い存在になっています。

イタリアでもコラトゥーラ(ガルム)という魚醤が生産されています。ナンプラーと同じくカタクチイワシが主な原料です。コラトゥーラを特産品とするチェラータ(南イタリアの町)では、パスタなどの料理に用いられます

 

本場イタリア産のガルムとなれば1瓶(250ml)5,000円程度の高級品も多いですが、日本で製造法を模して作った国産ガルムなら、もう少し安い価格で入手可能です。ペペロンチーノなどのイタリアンに加えれば、一風変わった味わいが楽しめるでしょう。

 

また魚醤には他にも中国のユウルウやフィリピンのパティスなど様々な種類があります。ただし、日本にはなかなか流通しない代物なので、現地に行った時などに探してみましょう。

ナンプラーなどの魚醤は、カタクチイワシと塩で製造されるのが一般的ですが、砂糖や唐辛子などを添加することもあります。また先述した通り、日本の魚醤ではイワシの他にも様々な魚類が用いられます。

ナンプラー本来の香りや味を楽しみたいなら、カタクチイワシと食塩のみのベーシックなものがおすすめです。塩味が効いているので、食塩の代わりとして料理に用いれば一気にエスニックな雰囲気が味わえるでしょう。

ナンプラーに砂糖を添加すると味がまろやかになるため、料理には使いやすくなります。トムヤムクンなどのスープや炒め物に加えれば、味をまとめてくれるでしょう。

先述した通り、海の幸に恵まれた日本では、古来より様々な魚介類で魚醤を製造してきました。日本三大魚醤には、イワシ・ハタハタ・イカ・イカナゴが用いられます。他にもエビやウニを用いた変わり種の魚醤もあります。

「プリックナンプラー」とは、ナンプラーに唐辛子やレモン・ライムなどの果汁を添加したものです。タイ料理には欠かせない調味料で、現地では自家製のプリックナンプラーが作られることも多いですが、商品としても販売されています。

化学調味料などの添加物が気になるという方は、無添加のナンプラーを選ぶと良いでしょう。普段からオーガニックなど食品選びにこだわっているなら、余計なものが入っていないという点で安心できます。

 

ただし、添加物は保存のために用いられることが多いので、無添加のナンプラーは長期保存には適していません。そのため、すぐに使い切れるサイズのものを選ぶと良いでしょう。

ナンプラーなどの魚醤は時間経過と共に発酵が進むため、基本的には使う分だけ購入するのがおすすめです。すぐに腐ったりはしませんが、発酵が進むと魚醤独特の香りや塩辛さが強くなる傾向にあります。

たまに家庭料理で使う程度なら、200ml以下のナンプラーがおすすめです。ナンプラーはスープや炒め物に加える場合は、少量でも十分効果を発揮します。そのため、日常的に使用するのでない限り、70mlや150mlのものを選ぶべきです。

 

封を開けるまでは常温保存で構いませんが、開封後は冷蔵保存し、すぐに使い切るように心がけましょう。

頻繁にタイ料理を手作りしたり、大人数にエスニック料理を振舞うといった場合は、業務スーパーで売られているようなお得用のナンプラーを購入するのが良いでしょう。

 

容量の大きいナンプラーには、300mlや700ml、4.5Lなど様々なバリエーションがあるので、それぞれの用途に合ったものを選ぶべきです。

ユウキ食品

ナンプリック・ナンプラー

価格:274円 (税込)

ピリリと辛いプリックナンプラー

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プリックナンプラーはタイの屋台などでもよく見られる定番の調味料です。唐辛子の辛味とレモンの酸味が食欲を刺激するため、夏にぴったりのナンプラーと言えます。エスニック料理だけでなく、日本の焼き飯や焼きそばに加えるのも良いでしょう。

原産国
タイ
原材料
ナンプラー、唐辛子、レモン果汁
内容量
125g
サイズ
8.8 x 3 x 3 cm
カロリー
不明
特にサラダやお肉のマリネや、豆腐の鍋のつけダレにも合います。タイの屋台にいる気分に浸れます。

出典: https://www.amazon.co.jp

オーバーシーズ

メガシェフ プレミアムフィッシュソース

価格:840円 (税込)

塩分控えめの上品なナンプラー

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カタクチイワシの品質にこだわった上品なナンプラーです。塩分は控えめなので、減塩を意識している方にもおすすめできます。香りは強めという評判ですが、コクのある味は申し分ありません。

原産国
タイ
原材料
魚エキス(カタクチイワシ)、食塩、糖類(砂糖、果糖)
内容量
200ml
サイズ
7.4 x 7.9 x 10 cm
カロリー
不明
とにかく美味しいです!!!! 調味料にはもちろん、カリッと焼いた厚揚げ豆腐にそのままかけて食べても最高でした!

出典: https://www.amazon.co.jp

丸美屋

魚醤(ナンプラー)

価格:542円 (税込)

化学調味料不使用の優しいナンプラー

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

丸美屋のナンプラーは、香りが控えめな商品です。化学調味料は一切使用せず、かたくちいわしと食塩のみで作られているので、健康志向の方にもおすすめできます。チャーハンや野菜炒め、サラダにぴったりの日本人向けの優しいナンプラーです。

 

原産国
タイ
原材料
かたくちいわし、食塩
内容量
150ml
サイズ
54.5mm×158mm×54.5mm
カロリー
8.4kcal
ナンプラーは使いたいけど、あの匂いが苦手のうちの家族。 いろいろなナンプラーを買っては捨て、ようやくこちらのナンプラーにたどりつきました。 我が家ではこのナンプラーを買ってから、使用頻度がぐっとあがりました。

出典: https://www.amazon.co.jp

アライドコーポレーション

フィッシュソース

価格:324円 (税込)

24ヶ月熟成の上質なナンプラー

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ナンプラーは6ヶ月〜1年程度熟成させて作るのが一般的ですが、アライドのナンプラーは24ヶ月もの熟成期間を経た上でスーパーなどの店頭に並びます。また上澄み液だけを使用しているので臭みがなく、味が上品であると評判です。

 

塩味が強いオーソドックスなナンプラーなので、初めて試す方にもおすすめできます。砂糖を添加しているので味のバランスが良く、本格的なエスニック料理にも最適です。

原産国
タイ
原材料
魚(アンチョビ)、食塩、砂糖
内容量
200ml
サイズ
168mm×52mm×52mm
カロリー
不明
タイ料理が好きで、ナンプラーもいろいろ買って試しましたが、これは独特の嫌な臭みもなく、いい所だけをとっていて、ナンプラー初心者でも料理の幅が広がると思います。 私はこれにあって、ナンプラーのおいしさに目覚めて常に置いています。

出典: https://www.amazon.co.jp

ヤマモリ

ナンプラー

価格:959円 (税込)

酸化を防ぐボトルで品質を維持

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スクイズボトルに入っているため、こぼれにくく、酸化の心配もありません。最後の一滴まで上質な風味を楽しむことができます。ヤマモリのナンプラーは生臭さや独特の香りが少なく、どちらかというと日本人向けの味です。

 

鶏の唐揚げやバスタ、にゅうめんなどに使えば、食卓の雰囲気を変えることができます。家庭料理のマンネリ化を防ぐのにおすすめです。

原産国
タイ
原材料
かたくちいわし、食塩、砂糖
内容量
150ml×3
サイズ
132mm×59mm×177mm
カロリー
12kcal(大さじ1)
東南アジア産のものよりまろやかで塩気も低め。絶妙な魚臭さと相まって日本人の味覚を掴むもんがございます。気に入ってあらゆる料理にぶち込んで使用中です。サイズといい作りといい容器も使い勝手が良くてますます気に入りました。今後はナンプラーはコレにしよう。リピ確実の一品です。

出典: https://www.amazon.co.jp

ユウキ食品

ナンプラー

価格:980円 (税込)

イワシと食塩のみの本格的なナンプラー

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ユウキ食品のナンプラーは、カタクチイワシと食塩のみを使用した本格的な一品です。タイ料理はもちろん、普段の料理のアクセントに用いるのも良いでしょう。カレーや卵かけご飯、焼き鳥などを一振りでタイ風にすることができます。

 

また70gなので、たまにしか使わないという方にもおすすめです。メーカーは豆板醤なども販売するユウキ食品なので、信頼できる商品と言えるでしょう。

原産国
タイ
原材料
魚エキス(カタクチイワシ)、食塩
内容量
70g
サイズ
12.8 x 4.2 x 4.2 cm
カロリー
61kcal(100gあたり)
リピ購入しました。東南アジア風なスープや、バジルをどんどん使ったガパオ風炒め物などが、最近のお気に入りです。本場の味は知りませんが、手軽にエスニックな雰囲気が出せて、美味しくいただいてます。 マンネリになりがちな味付けに、ちょっとしたアクセントに便利です。

出典: https://www.amazon.co.jp

フラインググース

ナンプラー

価格:979円 (税込)

使いやすいボトルが魅力的な商品

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使いやすいプラスチック容器が特徴のナンプラーです。キャップを緩めて、ボトルを押すとソースを出すことができるので、食卓に置くのも良いでしょう。見た目だけでなく、味の良さにも定評があるため、おすすめの商品です。

原産国
タイ
原材料
いわしエキス、食塩、砂糖
内容量
200ml
サイズ
15.4 x 5.8 x 5.7 cm
カロリー
不明
お気に入りでよく購入しています。ボトルの本場感が良いです。

出典: https://www.amazon.co.jp

ティパロス

ナンプラー

価格:559円 (税込)

安くて美味しいコスパの良いナンプラー

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リーズナブルなのに美味しいと評判のコスパの良いナンプラーです。香りがしっかりあるので、少量入れるだけで一気にエスニック風の料理に仕上げることができます。炒め物やスープ、サラダに使うと良いでしょう。

 

お買い求めやすい価格なので、初めてナンプラーを使うという方にもティパロスはおすすめです。またプラスチックボトルなので割れる心配もありません。

原産国
タイ
原材料
カタクチイワシ、塩水、砂糖
内容量
700ml×2本
サイズ
26.9 x 14.3 x 7.3 cm
カロリー
不明
美味い!そして安い!これはまた注文することになるとおもいます。

出典: https://www.amazon.co.jp

ナンプラーの比較一覧表

商品画像
メーカー
ユウキ食品
オーバーシーズ
丸美屋
アライドコーポレーション
ヤマモリ
ユウキ食品
フラインググース
ティパロス
商品名
ナンプリック・ナンプラー
メガシェフ プレミアムフィッシュソース
魚醤(ナンプラー)
フィッシュソース
ナンプラー
ナンプラー
ナンプラー
ナンプラー
説明
ピリリと辛いプリックナンプラー
塩分控えめの上品なナンプラー
化学調味料不使用の優しいナンプラー
24ヶ月熟成の上質なナンプラー
酸化を防ぐボトルで品質を維持
イワシと食塩のみの本格的なナンプラー
使いやすいボトルが魅力的な商品
安くて美味しいコスパの良いナンプラー
価格 274円 (税込) 840円 (税込) 542円 (税込) 324円 (税込) 959円 (税込) 980円 (税込) 979円 (税込) 559円 (税込)
リンク
原産国
タイ
タイ
タイ
タイ
タイ
タイ
タイ
タイ
原材料
ナンプラー、唐辛子、レモン果汁
魚エキス(カタクチイワシ)、食塩、糖類(砂糖、果糖)
かたくちいわし、食塩
魚(アンチョビ)、食塩、砂糖
かたくちいわし、食塩、砂糖
魚エキス(カタクチイワシ)、食塩
いわしエキス、食塩、砂糖
カタクチイワシ、塩水、砂糖
内容量
125g
200ml
150ml
200ml
150ml×3
70g
200ml
700ml×2本
サイズ
8.8 x 3 x 3 cm
7.4 x 7.9 x 10 cm
54.5mm×158mm×54.5mm
168mm×52mm×52mm
132mm×59mm×177mm
12.8 x 4.2 x 4.2 cm
15.4 x 5.8 x 5.7 cm
26.9 x 14.3 x 7.3 cm
カロリー
不明
不明
8.4kcal
不明
12kcal(大さじ1)
61kcal(100gあたり)
不明
不明
ユウキ食品

ヌクナム

価格:281円 (税込)

パンチの効いた香りが特徴のニョクマム

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本に流通しているニョクマムの中では、香りとクセが強めの商品です。ナンプラーでは物足りないという方におすすめできます。フォーや春巻きなどベトナム料理にはもちろん合いますが、唐揚げの下味や肉野菜炒めに醤油の変わりで用いるのも良いでしょう。

原産国
ベトナム
原材料
魚エキス(カタクチイワシ)、食塩
内容量
70g
サイズ
13 x 4.5 x 4.5 cm
カロリー
78kcal(100gあたり)
美味しいです。お砂糖と酢を混ぜてソースにしてゆで豚につけてたべました。ベトナムっぽくておいしいです。使いきりやすいサイズがいいですね

出典: https://www.amazon.co.jp

Masan

チンスー ヌックマム

価格:1,200円 (税込)

ベトナムで人気のニョクマム

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

チンスーのニョクマムは、本場ベトナムでも人気の商品です。様々な添加物で味が調整されているため、嫌なクセがありません。オーガニック志向の方にはおすすめできませんが、初めてニョクマムを使うという方には良いでしょう。

 

現地でも定番のニョクマムなので、ベトナム人の友人や留学生へのプレゼント用にもおすすめです。またカルディなどで買えるニョクマムよりも美味しいという口コミもあるため、好みの魚醤が見つからないという方は一度試してみてください。

原産国
ベトナム
原材料
ンチョビエキス、食塩、砂糖/調味料(アミノ酸等)、香料、酸味料、安定剤(キサンタン)、着色料(カラメル、カルミン酸)、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)
内容量
750ml
サイズ
27.8 x 7.5 x 7.4 cm
カロリー
不明
ベトナム旅行で現地で購入しました。カルディなどで買えるヌクマムやナンプラーを色々使いましたが、その中でも旨味が強く、とても美味しいです。

出典: https://www.amazon.co.jp

HUNG THANH

ニョクマム

価格:1,270円 (税込)

老舗ブランドが作る上質なニョクマム

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本場ベトナムの老舗ブランドであるフンタン社が製造する定番のニョクマムです。木樽で1年間熟成させることで醸し出されるまろやかな旨味が楽しめます。

 

塩味が控えめで香りが豊かである典型的な商品なので、日本語で「魚たまり醤油」と呼ばれるニョクマムを初めて試すという方にもおすすめです。

 

 

原産国
ベトナム
原材料
カタクチイワシ、食塩など
内容量
650ml
サイズ
29.5 x 7.3 x 7.3 cm
カロリー
不明
そもそもこのヌクマムを使い始めたのは、ベトナム料理の本の著者さんの影響でした。私も他のヌクマムを小瓶で使ったり、ナンプラーで代用もしてみましたが、思った味にはなりませんでした。お気に入りです。

出典: https://www.amazon.co.jp

東永商事株式会社

フーコック フィッシュソース

価格:776円 (税込)

旨味成分がたっぷり入ったニョクマム

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ベトナムのフーコック島で作られる有名なニョクマムです。ナンプラーに比べるとマイルドな味わいで、旨味成分が多く含まれています。魚介類と食塩だけというシンプルな構成で、余計な添加物が入っていないことも魅力的です。

 

 

原産国
ベトナム
原材料
魚介類(かたくちいわし)、食塩
内容量
650ml
サイズ
27.8 x 7.4 x 7.2 cm
カロリー
不明
知り合いの紹介ですっかりリピートしました。日本の加工商品に付属するナンプラーと比べて段違いに風味があり、アジア料理には心強い相棒です。

出典: https://www.amazon.co.jp

諸井醸造

秋田しょっつる

価格:756円 (税込)

ハタハタだけを使った伝統の魚醤

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハタハタ100%のしょっつるです。日本三大魚醤の一つに数えられる伝統の味で、味わい深い旨味を楽しめます。比較的塩味が強いという口コミが多いため、少量でも十分に効果を発揮するでしょう。

原産国
日本
原材料
ハタハタ、食塩
内容量
130g
サイズ
4.2 x 16.4 x 4.2 cm
カロリー
不明
我が家は煮物に使ってます。時々イワシも使うこともありますが、秋田育ちはハタハタですね。 たけのこを始め煮物は白だし、みりんと煮込み終わりのほうにショッツル一振りで美味しい煮物ができます。

出典: https://www.amazon.co.jp

若狭小浜丸海

雲丹醤

価格:1,000円 (税込)

ウニ醤油で絶品玉子かけごはん

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ウニをふんだんに使った贅沢な魚醤です。玉子かけごはんやウニクリームパスタなどに用いれば、簡単に絶品料理を作ることができます。タレやドレッシングとしても良いでしょう。

 

 

原産国
日本
原材料
うに、砂糖、食塩、たまねぎ、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、香辛料、パプリカ色素
内容量
140g
サイズ
18cm×5cm×5cm
カロリー
不明
ウニを1人で食べるにはスーパーの物では量が多くその分値段も高くて手が出しづらいので、評価が良かったこちらを買ってみました。アルコール漬けのウニは苦手なので加工食品が合うか不安でしたが大丈夫でした。炊きたてのご飯にかけてみたらとても美味しかったです。

出典: https://www.amazon.co.jp

ヤマサ商事

よしる(よしり)

価格:525円 (税込)

能登の特産品・いしる

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本三大魚醤の一つであるいしるは、上品でコクのある味わいが特徴です。約18ヶ月熟成させた後に、加熱・ろ過を行うことによって製造されます。刺身はもちろん、野菜の煮込みの調味料として用いるのもおすすめです。

 

また中華やイタリアンにも合うようで、醤油の代わりとして料理に変化を付けられる万能調味料です。リーズナブルな価格で購入できるため、料理が趣味の方はぜひ一度お試しください。

原産国
日本
原材料
いわし、食塩
内容量
500ml
サイズ
6.5 x 6.5 x 22 cm
カロリー
不明
いしるは旨さを倍増させる魔法の調味料です。噂には聞いてましたが、実際使って驚きました。味に深みとコクを与えます。野菜の煮物、餃子の味付け、ぺペロンチーノ、もはや万能選手じゃないでしょうか。

出典: https://www.amazon.co.jp

まるはら

鮎魚醤 115ml

価格:802円 (税込)

琥珀色の万能調味料

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

琥珀色が美しい鮎を用いた魚醤です。素材にかけて食べたり、料理の味を整えるのに用いたり、何にでも使えるオールラウンダーで不思議な調味料です。塩分はかなり控えめなので、醤油というより出汁に近いと言えるでしょう。

 

テレビやYoutubeなどでも紹介されている商品なので、料理好きや食通の方はぜひ一度お試しください。

原産国
日本
原材料
鮎、食塩
内容量
115ml
サイズ
150mmx65mmx65mm
カロリー
不明
ちょっとお高いのは事実。しかし、そんなことでこの魚醤を使わないのは、とても損です。 卵ご飯にかけるのもいいですが、パスタに旨味を加えるには、これに限ります。 ナンプラーは、かなり独特のにおいがあるうま味調味料ですが、これより旨味が強く、香りが柔らかいので、ジャンルを問わず使うことができますよ。

出典: https://www.amazon.co.jp

モンテ物産

モンテベッロ アッラ・ガルム

価格:1,350円 (税込)

古代ローマの味を日本で再現した商品

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

古代ローマ時代に作られていたガラムという伝統的な魚醤を、現代の日本で再現した商品です。現在は南イタリアのごく一部でしか生産されていないガラムを、家庭で手軽に味わうことができます。

 

スープやパスタ、肉料理、魚介料理など、何に合わせても味に深みを出してくれる万能調味料です。サラダにドレッシングとして使うのも良いでしょう。

原産国
日本
原材料
かたくちいわし、食塩
内容量
300ml
サイズ
2.3 x 7.1 x 2.3 cm
カロリー
41kcal(100gあたり)
ナンプラー、鮎魚醤、鮭魚醤、烏賊魚醤などと比較すると、このカタクチイワシで出来た和製ガルムソースは、野性味溢れ、肉料理系やパスタに合う感じだと思います。砂糖か味醂と混ぜて焼き鳥に応用しても旨いと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp

光ヶ丘興産

スカーリアさんの門外不出のコラトゥーラ

価格:1,728円 (税込)

アンチョビメーカーが作る美味しい魚醤

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アンチョビを製造するスカーリア社のコラトゥーラです。アンチョビの旨味や風味を存分に味わうことができます。パスタに少し振りかけるだけ、プロ顔負けの絶品に変身させることができるでしょう。

原産国
イタリア
原材料
カタクチシワシ、食塩
内容量
100ml
サイズ
150mm×40mm×40mm
カロリー
不明
魚介系のパスタを作るときなど、少し振りかけるだけで、風味がまします。アンチョビの風味を強烈にした感じ。

出典: https://www.amazon.co.jp

宇佐川株式会社

手作りのいわし魚醤 瀬戸内コラトゥーラ

価格:3,240円 (税込)

安全安心の国産コラトゥーラ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

山口県で水揚げされたカタクチイワシで作る国産コラトゥーラです。いわしの他には塩と酒粕だけを使った完全無添加の魚醤なので、安心して使うことができます。職人が手作りで仕込みを行い、1年以上発酵熟成させるという有り難い代物です。

 

高級料亭や三ツ星レストランでも用いられている調味料なので、家庭で用いれば料理のクオリティが格段に上がるでしょう。

原産国
日本
原材料
カタクチイワシ、食塩、酒粕
内容量
200ml
サイズ
不明
カロリー
不明
コラトゥーラとゆー物が美味しいと知り、できれば国産の物を食べてみたいと探して注文。 安心、安全、美味しかったです。

出典: https://www.amazon.co.jp

デルフィーノ社

コラトゥーラ・ディ・アリーチ

価格:1,944円 (税込)

「料理王国100選」に認定された逸品

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

イタリアの漁師町で一本一本手作りされる上質なコラトゥーラです。カタクチイワシと塩のみで作る無添加の魚醤なので、オーガニック志向の方にもおすすめできます。

 

2019年には「料理王国1000選」というコンクールで認定を受けており、業界での評価も高い逸品です。ミシュランを獲得したイタリアンのシェフからも絶賛されています。

原産国
イタリア
原材料
モトカタクチイワシ、食塩
内容量
100ml
サイズ
10 x 10 x 12 cm
カロリー
不明
これ1本あるだけで、料理の幅が広がります。炒め物に少し入れるだけでも、ご馳走になります。

出典: https://www.amazon.co.jp

ナンプラーなどの魚醤には様々な使い方があります。以下ではナンプラーにぴったりのおすすめ料理やレシピなどを紹介します。

ナンプラーやニョクマムを使って本格的なタイ料理やベトナム料理を作ってみたいという方は多いでしょう。タイ料理ではトムヤムクンやガパオライス、ベトナム料理ではフォーや生春巻きが有名ですが、その他にもあらゆる料理で魚醤は用いられます。

 

エスニックのレシピ本にも魚醤はたくさん登場するので、本を片手に本場の味を再現してみるのも良いでしょう。料理の際は、塩味を付けすぎないように注意が必要です。特にナンプラーは味が濃いものが多いので、適宜味見をして確認しながら作りましょう。

コラトゥーラはパスタやピザなどのイタリアンと相性抜群です。特に魚介料理とはよくマッチするでしょう。また中華料理のアレンジとして魚醤を用いるのもおすすめです。タイやベトナムでも炒飯はよく食べられますが、一振りで一気にエスニックな味わいになります。

 

また唐揚げや餃子などの下味に用いるのもおすすめです。炒め物にナンプラーを加える場合は、最後の方に用いるのが良いでしょう。醤油と同様、加熱によって香りが飛んでしまうので、仕上げとして用いるのがおすすめです。

 

レシピによっては鍋肌で焦がしながら加えるなど、調理の仕方も工夫すれば、ワンランク上の家庭料理が作れるでしょう。

卵かけご飯や鍋料理、野菜炒めなど、普段の料理にかけるのもおすすめです。ナンプラーをかけるだけで、一風変わった味わいを楽しむことができます。納豆や冷奴などにかけるのも良いでしょう。和食にかける場合は、やはり国産の魚醤を使うのがおすすめです。

タイのナンプラーとベトナムのニョクマムは、どちらもカタクチイワシを原材料とする魚醤です。両者に大きな違いはありませんが、一般的にナンプラーは塩味が強く、ニョクマムは香りや発酵度が強いと言われています。

 

ただし、製品によっても味わいには違いがあるため、国産やイタリア産を含めて自分に合った魚醤を探すのがおすすめです。ちなみに先述した通り、ナンプラーの起源はニョクマムにあるため、歴史が古いのはニョクマムの方です。

チリソースのおすすめ人気ランキング10選は下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみて下さい。

魚醤にはナンプラー(タイ)・ニョクマム(ベトナム)・しょっつる(日本)・コラトゥーラ(イタリア)など様々な種類があります。また選ぶ際は原材料にも注目すべきです。ご自身にぴったりのナンプラーを見つけ、ご家庭でエスニック料理を楽しんでください。