スネアのおすすめ人気ランキング10選【メーカーや種類も紹介】

ドラムセットの中でもバスドラムと並んで非常に重要なスネア。ドラムサウンドの印象を大きく左右し、楽曲そのものにも影響を与えるため慎重に選ぶ必要があります。今回はそんなスネアの人気のおすすめ商品をランキング形式で10選紹介します。

2022/06/20 更新

ドラムセットの中でも全体のサウンドの印象を大きく決定づける「スネア」。バスドラムと並んで1曲の中での使用頻度が高く、非常に重要な機材です。そのため、スタジオやライブハウスに持ち込む用のマイスネアを持つドラマーがとても多いです。

 

一口にスネアと言っても製品ごとにそのサウンドは実に様々で、レコーディングで複数のスネアを楽曲ごとに使い分けるプロのドラマーも少なくありません。また、自分にぴったりのスネアを使用することで、プレイヤーの気持ちも上がり、演奏にも大きく影響を与えます。

 

今回はそんな魅力溢れるスネアを、定番の製品からあまり知られていない知る人ぞ知るものまで、製品の特徴などともにおすすめの物を幅広く紹介していきます。自分にぴったりの製品の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

一口にスネアと言ってもその種類は実に様々です。ここからはスネアの選び方を紹介するので、自分の求めるサウンドに適した製品選びをしましょう。

スネアの胴体部分であるシェルは大きく3種類に分かれています。それぞれサウンドに特徴があるので、バンドサウンドに適したものを選びましょう。

カーンという明るくシヤープな金属感のあるサスティーンが特徴の「メタルシェル」。製品ラインナップが多く、メタルシェルに中でも更に細かい種類に分かれます。例えば、最もスタンダードな「スチール」は、音が明るく豊かな倍音が特徴です。

 

ブラス」は、スチールをさらに派手に煌びやかにしたようなサウンドで、音量や迫力が求められるジャンルに最適です。「アルミ」は、ドライで軽快なサウンドが特徴。重量が軽い傾向にあるため、持ち運びのしやすさも魅力の素材です。

 

他にもまだまだ種類がありますが、どのメタルシェルもシェル素材の中でも気候の変化を受けにくく、管理が簡単なため初心者の方にもおすすめです。しかし、サスティーンが長く倍音が多いため、チューニングをしっかりとする必要があることに注意が必要です。

木材の温かく、ふくよかなサウンドが特徴の「ウッドシェル」は、金属的なサウンドのメタルシェルとは対照的です。ウッドシェルもその中で更に細かい種類にわかれており、中でも「メイプル」は最もポピュラーな材質で、様々なジャンルに対応できるのが魅力。

 

バーチ」は太いサウンドが特徴で、ロックなどに最適です。また、比較的安価な製品が多いのも特徴。「ブビンガ」は素材自体が硬いため、アタック感が強調されたシャープでアグレッシブなサウンドが特徴です。

 

マホガニー」はビンテージモデルによく使用され、温かく丸いサウンドが特徴です。他にも様々な種類がありますが、どれも耳にキツくなく柔らかな温かいサウンド傾向を持っています。しかし、湿度などの環境の変化に弱いため、しっかりとした管理が必要です。

メタルシェルやウッドシェルとも違った特殊な素材のシェルが存在します。「アクリル」は透明でステージ映えしやすいルックスが特徴。気候の変化を受けにくく、サウンドは見た目とは裏腹に温かくまとまってはっきりとした音がします。

 

カーボン」はとにくかくパワフルで抜けの良いサウンドが特徴で、ヘビーなサウンドを好む方におすすめです。こちらも気候の変化を受けにくくなっています。また、カーボンにウッドを組み合わせた複合タイプも人気です。

 

新しい素材である「100%樹脂」は強度が抜群でコシのある中低域が特徴がです。メタルとウッドを組み合わせた「混合シェル」も人気で、ウッドの温かさとメタルのシャープさなど、両方の良さをバランス良く組み合わせたものがあります。

 

シェルの素材と同様にフープ(リム)の素材もサウンドに影響を与える非常に重要なパーツです。「ダイカスト」は密度が高く、強固で高倍音を発声しやすくなるのが特徴です。抜けの良い高音域で歯切れが良いのもポイント。

 

プレス」は金属に圧力をかけて作られており、ダイナミックかつ柔軟で、中音域に優れた音響特性を持っています。「フランジ」は低倍音を強調し、高倍音が少ない傾向にあります。ハイ抜けは劣りますが、渋く味のあるサウンド傾向です。

 

ウッド」は木製らしく温かみのあるサウンドで中音域から高音域の音が強調されやすいですが、金属ほど耐久性がないため、ハードヒットには向きません。これらのフープ素材それぞれに特徴がありますが、シェルとの相性も非常に重要となります。

スネアはサイズが変わるとサウンドも大きく変わります。サイズは口径と胴の深さをそれぞれインチで表記されていることが多いです。

スネアの口径は幾つかのサイズがありますが、ほとんどのスネアの口径は14インチであることが多いです。10,12,13インチなど、14インチよりも小さいものがあり、小さくなればなるほど音が高くなっていきアタックが強調されていく傾向にあります。

 

中でも際立って高音域が強調された口径13インチ以下、深さ4インチ以下のモデルを「ピッコロスネア」と呼びます。しかし、現在使用されているほとんどのスネアは14インチであると言っても過言ではありません。

 

初心者の方や、購入するスネアがまだ決まっていない方は14インチのスネアが適応できる音楽ジャンルが多いため、汎用性が高くおすすめです。

スネアのサイズの中でも深さは幾つかのサイズに分かれ、口径と比較して色々なものが使われる傾向があります。とは言え、やはり定番のサイズがあり、5.5インチの浅胴と6.5インチの深胴の2タイプがポピュラーです。

 

勿論、これよりも浅いもの・深いものはあります。スネアの深さは音の伸びに大きく影響えを与えます。浅いものほどサスティーンが短くレスポンス重視で、ライトなサウンド傾向です。

 

反対に深いものほど、サスティーンが長く、低音や音量が稼ぐことができるパワー重視で、ヘビーなサウンド傾向になります。深さはそれぞれプレイするジャンル合わせて選ぶのがおすすめですが、特に決まっていない方は汎用性の高い5.5インチがおすすめです。

 

 

 

シェルに取り付けられた、スネアのテンションを支える部分をラグと呼びます。取り付けられた数や形状によってサウンドが変化するので確認しておきましょう。数は、一般的に8ヶ所か10ヶ所のパターンに分かれています。

 

数が少ない8ヶ所のほうがよりオープンなサウンドとなり、多い10ヶ所の方が引き締まったサウンドとなります。形状は、ヘッド上下を1つのラグで支えるブリッジタイプと、上下別々のセパレートタイプがあります。

 

ブリッジタイプの方がシェルの鳴りをオープンに伝え、セパレートタイプの方が引き締まった感じのサウンド傾向にあります。デザインによっては逆もあり、例えばブリッジタイプでも設置面積の大きいデザインであればタイトなサウンドになります。

スネアそのものではありませんが、本体裏面に取り付ける「スナッピー」はスネアサウンドを決定付ける重要なパーツです。スナッピーの本数が多いほどジャラジャラとしたスナッピーサウンドが得られ、少ないほどタイトで粒立ちの良いサウンドとなります。

 

取り付け方法でもサウンドが変わり、紐で取り付けるものはスナピーのブレが少なく、安定したサウンドが得られます。フィルムで取り付けるものはスナッピーが揺れるため、激しいスナッピーサウンドととなります。また切れにくいため長持ちするのも魅力です。

 

スナッピーは後から自分の好きなものに自由に交換することが可能です。そのため、プレイするジャンルや、自分のスネアとの相性なども考慮して適切なものを選びましょう。

 

初心者の方などは、これからドラムプレイを楽しむ上で、あまり細かいことは気にせず、自分の好きなドラマーのモデルを購入するのも一つの手です。憧れのドラマーと同じモデルを使用することで演奏時のテンションも高くなり、モチベーションも上がります。

 

スネアだけではありませんが、メーカーとミュージシャンがコラボして作られた楽器などをシグネイチャーモデルと言います。有名なドラマーにはシグネイチャーモデルがあることが多いため、自分の好きなドラマーのスネアがあるか調べてみるのもおすすめです。

 

ただし、自分の好きなドラマーだからと言って、あまりにも自分のプレイするジャンルと違い過ぎる場合はサウンドが曲に合わないなどのギャップが生じてしまうため注意が必要です。

Pearl

FCRB1450 #730

価格:56,160円 (税込)

目を引く透明なアクリルシェル

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Pearl(パール)」は日本の大手楽器メーカーで、ドラムは特に人気があります。こちらはそのPearlからアクリル素材のシェルが目を引くスネアです。アクリル素材は、一般的に多いメタルやウッド素材と比較して繊細な素材です。

 

しかし、こちらの製品はシェルに一切パーツを取り付けない「フローティング・システム」を採用しています。この構造により、チューニングの際に思い切り締めてもシェルにかかる負担が少ないため、耐久性が向上しています。

 

そして、アクリルはサスティーンが短めであることが特徴ですが、この構造によりナチュラルでオープンなサウンドを実現しています。透明感のある美しいルックスで見た目もサウンドも優秀なスネアです。

シェル素材
アクリル
フープ素材
ダイカスト
口径
14インチ
深さ
5インチ
YAMAHA

RBS1455RW

価格:51,840円 (税込)

幅広いジャンルに対応できる

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

数々の優れた楽器、音響機器を生み出し続ける大手人気メーカー「YAMAHA(ヤマハ)」から、レコーディングカスタムスネアシリーズのウッドシェル素材です。サイズはポピュラーな14x5.5インチであるため汎用性が高く、様々なジャンルに対応可能です。

 

また、汎用性が高いのはサイズだけでなく、曲を選ばないクセのないサウンドで、バーチシェルならではの中低音域、パワフルな音量に切れ味のよいサスティーンで扱いやすいのも魅力です。

 

スナッピーを調整するストレイナーは、交換や演奏中の調整もスムースに行えるQタイプのもを搭載しています。堅牢性と操作性に優れ、オンオフ時の高い安定性を実現しています。シェルには北米産バーチを100%採用し、粒立ちの良い明快な音を実現しています。

シェル素材
バーチ
フープ素材
スチール
口径
14インチ
深さ
5.5インチ
Pearl

CMN1455S/B

価格:75,330円 (税込)

カーボンならではのドンシャリサウンドが最大の特徴

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リハーサルスタジオやレコーディングスタジオなどで定番とも言えるメーカー「Pearl」からカーボンとメイプル複合シェルのスネアです。特徴は何と言ってもカーボン素材ならではのパワフルなハイエンドとローエンドサウンドです。

 

所謂ドンシャリと呼ばれるサウンドで、インパクト抜群です。さらに、エッジの効いた図太い鳴り、鮮やかな音の輪郭とシャープなサウンドでライブやレコーディングなども状況を選ばず、ポテンシャルを発揮します。また、黒を基調としたデザインもクールです。

 

ダイカストフープや、14×5.5インチの定番サイズで、扱いやすいのも魅力です。中域が少なくすっきりとしたサウンドであるため、ややジャンルは選びますが一般的なスネアとは一味違ったインパクトのある個性的なサウンドをお求めの方におすすめです。

 

シェル素材
カーボン&メイプル複合
フープ素材
ダイカスト
口径
14インチ
深さ
5.5インチ
Pearl

US1450

価格:29,970円 (税込)

定番の組み合わせで初心者にもおすすめ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お馴染「Pearl」から、プロ・アマ問わず人気のあるスチール素材のシェルのスネアです。メタルスネアの超定番モデルと言えるほど幅広い層に対応できます。レッチリのチャド・スミスが以前使用していたシグネイチャーモデルの後継機種としても知られています。

 

比較的良心的な料金設定で、値段以上の音が鳴ってくれるので、初心者の方は悩んだときの一台として候補に入れておくのもおすすめします。また、予備のセカンドスネアとして持っておくのも安心です。

 

最も信頼のおける定番シェル&パーツの組み合わせで、普遍的なモデルですが、ソリッドでパワフルなサウンドや調整のしやすいストレイナー、オープンな鳴りを引き出すスーパーフープなど魅力が詰まった一品です。

 

シェル素材
スチール
フープ素材
スチール
口径
14インチ
深さ
5インチ
Pearl

Vector Cast HEP1450

価格:68,040円 (税込)

他にはない斬新な素材で独特なサウンド

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Pearl」が今までにない全く新しい素材にチャレンジして完成させたスネアです。ヴェクターキャストと呼ばれる特殊な素材は、繊維状の樹脂クロスを、格子状に重ねながら円筒状の型に巻きつけるという手法を取っています。

 

そのため、薄くても高い強度を保つことができ、アクリルやファイバーグラス、カーボンファイバーとも違う、このスネアならではの中低域に特徴のある独特なサウンドを生み出します。

 

打面側のボルトには、新開発された、演奏中の緩みを防ぐスピンタイト・テンションボルトが搭載されています。従来のスネアとは少し違った新しい技術をふんだんに取り入れたスネアをお求めの方におすすめです。

シェル素材
ヴェクターキャスト
フープ素材
スチール
口径
14インチ
深さ
5インチ
dw ( Drum Workshop ドラムワークショップ )

DW-BNB 1455SD

価格:60,480円 (税込)

職人の技術で細かいところにまでこだわり抜かれた一品

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アメリカのドラム、ハードウェアを扱うメーカーである「DW」は、知る人ぞ知るメーカーですが、多くのプロのドラマーも愛機として使用するほど根強い人気のあるブランドです。こちらはそのDWから、ブラス素材を採用したスネアです。

 

1ミリの薄いブラスシェルに、ブラックニッケルメッキを施したメタルシェルで、ブライトで切れの良いサウンドが特徴です。金属らしい明るくオープンな鳴りで、ジャンルを越えて様々な音楽に適したサウンドが得られます。

 

また、磁力式でノイズが少なく、演奏中の脱落も防いでくれるストレイナーや、通常のネジよりもピッチが細かくチューニングが狂い辛いロッドを採用しています。DWと言えばキックペダルというイメージですが、スネアも高品質・高音質で非常に人気があります。

 

シェル素材
ブラス
フープ素材
プレス
口径
14インチ
深さ
5.5インチ
TAMA

LU1465N

価格:61,964円 (税込)

ド派手なルックスとサウンドのシグネイチャーモデル

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヘヴィメタルシーンをリードし続けるメタリカのドラマーであるラーズ・ウルリッヒのシグネチャーモデルです。世界を代表する日本のドラムメーカーである「TAMA」が、彼の求めるサウンドとルックスを実現しています。

 

音量が大きく、パワフルなサウンドでバンドサウンドの中でも存在感を放ちます。また存在感を発揮するのはサウンドだけでなく、3mmという厚めのスチールシェルには、オリジナルのエンブレムと斬新な模様が施されており、ルックスも目を引きます。

 

フープは10テンションのダイカストフープを採用し、スナッピーは微妙なタッチも逃さない構造のものを採用しています。重量がありますが、メタリカファンは勿論、パワフルで迫力あるサウンドをお求めの方には、メタリカファンでなくともおすすめできるスネアです。

シェル素材
スチール
フープ素材
ダイカスト
口径
14インチ
深さ
6.5インチ
CANOPUS

NV60M1S-1455

価格:113,400円 (税込)

心地良く枯れたヴィンテージサウンドが魅力

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

主に打楽器やギターアンプなどを製造をする楽器メーカー「CANOPUS(カノウプス)」は、Pearlと並んでリハーサルスタジオに常設されているドラムの定番のメーカーです。こちらはそのCANOPUSから、ヴィンテージサウンドが特徴のスネアです。

 

ヴィンテージ木胴スネアに求める理想のサウンドを追求し、心地良く枯れた60年代のヴィンテージサウンドを実現しています。また、チューニングやスナッピーの調整のしやすさなど、現代のスネアの良さと見事に融合しています。

 

また、製品のバリエーションが実に豊富で、こちらは深さ5.5インチですが、6.5インチのものがあり、さらにカラーバリエーションが18色と非常に多いので、自分の好みに合わせたカラーを選ぶことができるのも魅力です。

シェル素材
メイプル&ポプラ
フープ素材
ダイカスト
口径
14インチ
深さ
5.5インチ
TAMA

NSS1455

価格:21,168円 (税込)

コスパ最高で入門機としてもおすすめ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロドラマー、そうる透さんが「安くて良い音のスネア」をコンセプトにプロデュースしたスネアです。実際に日本国内で非常に人気があり、値段以上のサウンドと高い評価を獲得しているスネアです。

 

ソリッドで鳴りの豊かなシェルサウンドと、細かなフレージングも確実に表現するセンシティヴなスナッピーとによるトータルサウンドは、ありとあらゆるジャンルに対応できるポテンシャルを持っています。

 

口コミでも「コスパが良く、製作者の想いが存分に活かされた素晴らしいドラムです」「最初にどんなスネアを買えばいいか迷っている人はとりあえずこれを買っておけば間違いないです」など高い評価が目立ちます。

シェル素材
スチール
フープ素材
スチール
口径
14インチ
深さ
5.5インチ
Ludwig

LM400

価格:48,384円 (税込)

世界的に人気のあるスタンダードモデル

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

さて、今回最もおすすめしたい製品がこちらです。世界で一番売れているスネアと言っても過言ではないほど、世界的に有名な超定番モデルです。全てのメタルスネアの基準とも言えるほどスタンダードでクセがなく、幅広いジャンルに対応できます

 

アルミにメッキをコーティングした合金で作られており、チューニングがしやすく、メタルスネアらしい明るくキレのあるサウンドで、プロからアマチュアまで幅広い層に愛されています。

 

口コミにおいても、「かなり広いジャンルに対応できるスネアドラムです」「メタルスネアなのに倍音は少なくミュートはほぼ必要ありません」など、その汎用性の高さや良質なサウンドが高い評価を受けています。

シェル素材
ラディアロイ
フープ素材
トリプルフランジ
口径
14インチ
深さ
5インチ

スネアのおすすめ商品比較一覧表

商品画像
メーカー
Pearl
YAMAHA
Pearl
Pearl
Pearl
dw ( Drum Workshop ドラムワークショップ )
TAMA
CANOPUS
TAMA
Ludwig
商品名
FCRB1450 #730
RBS1455RW
CMN1455S/B
US1450
Vector Cast HEP1450
DW-BNB 1455SD
LU1465N
NV60M1S-1455
NSS1455
LM400
説明
目を引く透明なアクリルシェル
幅広いジャンルに対応できる
カーボンならではのドンシャリサウンドが最大の特徴
定番の組み合わせで初心者にもおすすめ
他にはない斬新な素材で独特なサウンド
職人の技術で細かいところにまでこだわり抜かれた一品
ド派手なルックスとサウンドのシグネイチャーモデル
心地良く枯れたヴィンテージサウンドが魅力
コスパ最高で入門機としてもおすすめ
世界的に人気のあるスタンダードモデル
価格 56,160円 (税込) 51,840円 (税込) 75,330円 (税込) 29,970円 (税込) 68,040円 (税込) 60,480円 (税込) 61,964円 (税込) 113,400円 (税込) 21,168円 (税込) 48,384円 (税込)
リンク
シェル素材
アクリル
バーチ
カーボン&メイプル複合
スチール
ヴェクターキャスト
ブラス
スチール
メイプル&ポプラ
スチール
ラディアロイ
フープ素材
ダイカスト
スチール
ダイカスト
スチール
スチール
プレス
ダイカスト
ダイカスト
スチール
トリプルフランジ
口径
14インチ
14インチ
14インチ
14インチ
14インチ
14インチ
14インチ
14インチ
14インチ
14インチ
深さ
5インチ
5.5インチ
5.5インチ
5インチ
5インチ
5.5インチ
6.5インチ
5.5インチ
5.5インチ
5インチ

ここまでスネアのおすすめランキング10選を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。ここで紹介した製品はほんの一部で、他にもたくさんの種類のスネアがあります。ドラムがもっと好きになるように自分にぴったりのスネアに出会えるといいですね。