【強炭酸でコスパ最強!】人気の炭酸水メーカーのおすすめランキング10選

ここ最近炭酸水がブームになっています。それに伴い炭酸水メーカーの種類も増えてきました。どの炭酸水メーカーがおすすめなのかわからない人も多いのではないでしょうか。今回はそんな方のために炭酸水メーカーの選び方や、人気のおすすめ製品をランキング形式でまとめました。

炭酸水を自宅で作る

炭酸飲料といえば、コカコーラやサイダーなどといった甘い炭酸飲料を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。これらは大量の糖分が含まれているため、肥満や生活習慣病の原因になります。

 

最近の健康ブームにより様々な無糖の炭酸水が店頭に並ぶようになりました。炭酸水とは二酸化炭素が水に溶けたもので、カロリーが0というのが特徴です。ダイエット中の女性や健康に気を使っている人たちの間でブームになっているのです。

 

カロリーを気にしなくていいので水のように飲める炭酸水ですが、市販の炭酸水だとランニングコストや空になったペットボトルの処理などの問題が発生するため、自宅で炭酸水が作れる「炭酸水メーカー」が現在人気急上昇中なのです。

 

今回は炭酸水メーカーの選び方から、人気の炭酸水メーカーを詳しく解説していきます。美容や健康を意識し炭酸水を生活に取り入れたいという方は、是非検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

炭酸水メーカーの選び方

種類から選ぶ

炭酸水メーカーには、炭酸ガスの充填方法が2種類のタイプに分かれます。これが「カートリッジ式」と「シリンダー式」ですが、それぞれにメリットがあるので大事なポイントです。

カートリッジ式

専用のカートリッジをセットし、一度に一つのカートリッジを使い切る方式です。一般的に一つのカートリッジで約1リットルの炭酸水が作れます。扱いやすくわかりやすいので初心者におすすめです。

 

カートリッジ式の炭酸水メーカーはコンパクトな作りになっています。持ち運びも簡単に行えます。さらに使用後は自治体にもよりますが、燃えないゴミとして処分ができます。

 

デメリットはコストがかかる点です。カートリッジ1つにつき1リットルの炭酸水なので、たくさん炭酸水を作る場合には大量のカートリッジが必要になるのです。コストパフォーマンス重視の方にはあまりおすすめできません。

シリンダー式

シリンダー式の炭酸水メーカーは、ボンベ型のガスシリンダーにセットして炭酸ガスを充填し炭酸水を作る方式です。自由に炭酸の濃度を変更ができるので、好みの炭酸強度で作ることができます。強炭酸が好きな方にはこちらがおすすめです。

 

シリンダー式のメリットはコストが安くすむということです。一般的には1本で約60リットルの炭酸水を作ることができますが、中には140リットルもの炭酸水を作れるメーカーもあるのです。

 

デメリットは使用後のシリンダーが家庭で処分が出来ないという点です。メーカーにシリンダーを返却し、新しいシリンダーを購入する必要があるのです。少々手間がかかりますね。新しいシリンダーをセットするまで炭酸水が作れないので、シリンダーをストックしておきましょう。

 

 

用途で選ぶ

炭酸水をどのように使用するかによっても、おすすめの炭酸水メーカーは変わってきます。ご自身の使用用途を事前に考えておきましょう。

割って使用する

炭酸水をそのまま飲むのももちろん美味しいのですが、特に暑い季節にはジュースやお酒と炭酸水を割ることによってシュワシュワと広がる泡が爽快です。お酒も炭酸水と割ることによって飲みやすくなりますよね。

 

お酒やジュースと炭酸水を割って楽しみたいという方には、炭酸が強い方が美味しく仕上がります。価格は少し上がってしまいますが、炭酸の強度を選べるタイプのものを選ぶのをおすすめします。このタイプは炭酸水の用途が幅広くなるので色々と楽しむことができます。

水以外にも使用したい

お酒やジュースと炭酸水を割って作るのも良いですが、その場合ジュースやお酒が薄まってしまいますよね。濃い炭酸のジュースやお酒を飲みたい場合、直接炭酸ガスを注入できる炭酸水メーカーもあるのです。

 

さらにこちらのタイプは一度炭酸が抜けてしまったコーラやサイダーなどにも炭酸ガスを注入できるのでとてもおすすめです。ジュースやお酒にも強いのど越しや爽快さを求める方は、様々な液体に対応する炭酸水メーカーをお選びください。

どこで使用するのか

カートリッジ式の炭酸水メーカーならコンパクトなモデルが多いので、持ち運びが可能です。ガスカートリッジも小さいので、交換用のガスカートリッジも一緒に持ち運びができます。使用済みのカートリッジは燃えないゴミで処分ができる点も便利です。

 

炭酸水メーカーはレジャーやアウトドア時に活躍してくれます。登山時に炭酸水メーカーを持っていけば、自然の湧水を使って炭酸水を作ることもできますね。キャンプでの使用もおすすめです。様々なシチュエーションで炭酸水メーカーを使用したい人は、カートリッジ式のコンパクトなモデルを選びましょう。

コストで選ぶ

炭酸水メーカーを購入するメリットとして挙げられるのが、コスト面です。ランニングコストを特に重視する方は是非参考にしてください。

初期費用を重視する

カートリッジ式の炭酸水メーカーは本体価格が約3,000円から約10,000円程度になっています。対してシリンダー式の炭酸水メーカーはほとんどが10,000円を超える製品になっているので、初期費用を抑えるならば断然カートリッジ式の炭酸水メーカーです。

 

炭酸水メーカーとしてのシンプルな機能で十分、その代わりに初期費用を抑えたい方にはカートリッジ式の炭酸水メーカーの中でも比較的安い製品を選ぶことをおすすめします。

ランニングコストを重視する

カートリッジ式の炭酸水メーカーは1つのカートリッジにつき1リットルの炭酸水が作れますが、1つのカートリッジの値段は約80円~100円前後です。炭酸水500ミリリットルで換算すると約40円~50円になります。

 

対してシリンダー式の炭酸水メーカーはシリンダー1本で60リットル以上の炭酸水を作ることができます。500ミリリットルで換算するとわずか15円~30円程度です。シリンダー式の炭酸水メーカーの方がランニングコストがかなり低いことがわかります。

 

カートリッジ式、シリンダー式どちらもペットボトルの炭酸水を購入するより安く作ることができます。特にシリンダー式の炭酸水メーカーは使用すればするほどモトがとれるようになっているので、たくさん使用する方にはシリンダー式の炭酸水メーカーをおすすめします。

その他便利な機能で選ぶ

炭酸水メーカーを最大限に活用するためには、様々な便利な機能もしっかりと考慮する必要があります。ご自身の生活に合わせた炭酸水メーカーを選びましょう。

自動ガス抜き機能

炭酸水メーカーにもよりますが、炭酸ガスを注入した後ガス抜きが必要になる場合があります。手動で行わなければならない場合はフタを押してシューとした音がしなくなるまでガスを抜き、そのあと1分以上も放置しなければなりません。

 

簡単そうに思えますが、毎回ガス抜きをしなければならないとなると手間に感じますよね。そんな方には自動ガス抜き機能が搭載されたものをおすすめします。ボトルを外すだけでガス抜きを自動でおこなってくれるのでとても便利です。

ボトルのつけやすさ

シリンダー式の炭酸水メーカーを選ぶ場合にはボトルのつけ方が「スクリュー式」、「スライド式」、「ワンタッチ式」と3種類あるので、ご自身に合ったタイプのものを選ぶ日っ用があります。

 

価格が一番安いのはボトルを回転させて取り付ける「スクリュー式」タイプです。「スライド式」タイプは斜めにボトルをはめ込んでセットします。「ワンタッチ式」タイプはただボトルを差し込むだけです。

 

ボトルの着脱に置いて一番手間がかからずお手軽なのは「ワンタッチ式」タイプです。誰でもボトルのセットを簡単におこなえます。価格を重視する方は「スクリュー式」タイプ、それ以外の方には「ワンタッチ式」タイプをおすすめします。

ガスの取り付けやすさ

カートリッジ式タイプの炭酸水メーカーは、使用するたびにカートリッジを本体にセットする必要があります。着脱の頻度が多いので、簡単に着脱をおこなえる製品を選びましょう。ホルダーにカートリッジをセットし、ねじ込むタイプのメーカーがおすすめです。

 

さらにカートリッジ式の炭酸水メーカーの場合ガスをボトルに注入した後、ボトルを振ることにより水に注入したガスを溶け込ませる必要があるメーカーが中にはあります。その必要がある製品か否か、また溶け込ませる必要がある場合に振りやすいボトルかどうかをチェックしてみてください。

炭酸水メーカーのおすすめランキング10選

第10位日本炭酸瓦斯

日本炭酸瓦斯 ステンレスサイホン

価格:14,830円(税込)

心地よい泡を楽しめる炭酸水メーカー

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カラーバリエーショングレー容量1000ml
炭酸の強さ3.0重量1,030g
500ml当たりのコスト約74円材質18-8ステンレス
種類カートリッジ式

ステンレスサイホンはカートリッジ式の炭酸水メーカーです。カートリッジ1本で1リットルの炭酸水を作ることができます。こちらの炭酸水メーカーは完全に密封がされているので、必要な炭酸水だけ取り出したら残りは3~4日炭酸が抜けることなく保存が可能です。

 

しかし本体の重量が1,030グラム、水が1リットル入るので合計2キロ以上の重さの製品を炭酸ガスを水になじませるために振らないといけないので、力が必要になります。

 

 

第9位大和無線電器株式会社

ソーダスパークル スターターキット

価格:5,250円(税込)

たった35秒で炭酸水が完成

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カラーバリエーションホワイト、ブラック、レッド容量1,000ml
炭酸の強さ3.0重量454g
500ml当たりのコスト約70円材質PET
種類カートリッジ式

カートリッジ式タイプの炭酸水メーカーです。カートリッジ1本で1リットルの炭酸水をたったの35秒で完成させることができます。1リットル当たり約70円のコストになっています。

 

本体の重量は454gと軽く、ガスカートリッジの取り外しはボタンをワンプッシュするだけなので取り扱いがとても簡単です。ベーシックな機能を搭載した炭酸水メーカーなので初心者にもおすすめです。

 

 

第8位ドリンクメイト(drinkmate)

マグナムシリーズ グランド

価格:23,880円(税込)

特許を取得している取り外し可能なインヒューザーが特徴

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カラーバリエーションホワイト、ブラック容量850ml
炭酸の強さ調整可能重量1.6kg
500ml当たりのコスト約13円材質ABS
種類シリンダー式

シリンダー式の炭酸水メーカーです。シリンダー1本で約142リットルの炭酸水を作ることができます。500mlあたり約13円というコストパフォーマンスを実現しています。一度に大量の炭酸水を低コストで作ることができるのです。

 

水だけではなくジュースにも直接炭酸を注入できます。炭酸濃度も変更が可能です。最大の特徴は特許を取得している取り外しができるインヒューザーです。ガスを安全にリリースできるので安心です。

 

さらにこちらの製品は電気を使わないタイプなので、電源を気にすることなく設置ができます。室内だけでなく屋外でも使用ができるのでおすすめです。

第7位ソーダストリーム

Source v3スターターキット

価格:20,520円(税込)

プラダの香水も手掛けるデザイナーと共同開発した炭酸水メーカー

楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カラーバリエーションホワイト、ブラック、レッド容量1000ml
炭酸の強さ3.0重量2100g
500ml当たりのコスト約18円材質プラスチック、アルミ
種類シリンダー式

シリンダー式の炭酸水メーカーです。プラダの香水ボトルも手掛けているデザイナーと共同開発された製品なので、デザインがとてもおしゃれです。シリンダー1本で約60リットルの炭酸水を作ることができます。500ml当たりのコストは約18円です。

 

こちらの製品の最大の特徴は、ガスを注入するたびに炭酸の強さが搭載されたLEDライトでわかるという点です。炭酸の強弱が一目でわかるのでとても便利です。

 

さらにワンタッチでボトルの着脱ができる「スナップロック機能」を採用しています。自動ガス抜き機能も搭載しているので、ガス抜き時に音がしません

第6位シナジートレーディング

SODA MINI Ⅱスターターキット

価格:13,720円(税込)

炭酸の強さが魅力の炭酸水メーカー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カラーバリエーションホワイト、ブラック容量350ml
炭酸の強さ4.0重量約1,000g
500ml当たりのコスト約23円材質ABS樹脂
種類シリンダー式

シリンダー式の炭酸水メーカーです。ボトルのサイズは飲みきりサイズの350mlなので、いつでも新鮮な炭酸水を飲むことができます。一人暮らしの方にもぴったりです。500ml当たりのコストは約23円です。

 

シリンダー式の炭酸水メーカーにもかかわらず、本体の値段が13,000円程なのでとてもリーズナブルです。ボトルの着脱もワンタッチのタイプなのでとても使いやすく、便利です。ボトルはキャップ付きなので持ち運びも可能です。

 

プッシュの回数で炭酸の強さを変更する事ができます。強力な炭酸を求めている方に特におすすめです。本体はコンパクトな作り、さらに電気を使わず使用できるので場所を選ばず使用する事ができます。

第5位ソーダストリーム

スピリット スターターキット

価格:20,510円(税込)

ソーダストリームのリーズナブルな機種

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カラーバリエーションホワイト、ブラック容量1000ml、500ml
炭酸の強さ1.0重量1,492g
500ml当たりのコスト約18円材質プラスチック、アルミニウム
種類シリンダー式

ソーダストリームのリーズナブルな機種です。シリンダー式の炭酸水メーカーで、ソーダストリームの最小設置サイズのモデルです。500ml当たりのコストは約18円とコストパフォーマンスが高いです。

 

簡単にボトルの着脱ができる「スナップロック」機能を採用しています。操作はボタンをプッシュするだけなのでとても簡単です。ただしこちらの炭酸水メーカーは他の製品に比べて炭酸が弱いという弱点もあります。

 

ボトルは500mlのもの、1000mlのものと2本付属しているのでとてもお得です。1000mlでまとめて作ったり、持ち運び用で500mlつくったりと用途に合わせてボトルを使い分けてみてください。

第4位グリーンハウス(Green House)

ツイスパソーダ スターターキット

価格:6,777円(税込)

水以外にも対応するカートリッジ式炭酸水メーカー

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カラーバリエーションブラック容量950ml
炭酸の強さ3.0重量450g
500ml当たりのコスト約38円材質ABS樹脂、シリコン
種類カートリッジ式

カートリッジ式の炭酸水メーカーです。カートリッジ1本で水なら950ml、ジュースやお酒ならば720mlの炭酸飲料が作れます。500ml当たりにつき約38円のコストなので、カートリッジ式の中ではとてもコストパフォーマンスが高いです。

 

最大の特徴は水以外のジュースやお酒にも炭酸を注入できる点です。もちろん炭酸が抜けた炭酸飲料の復活も可能です。独自の構造により飲み物の逆流を抑えてくれるので安心して使用する事ができます。

 

電源が不要、コンパクトなサイズなので屋外やアウトドア時でも炭酸水や炭酸飲料を楽しめます。カートリッジ式なのでシリンダー式と比べると炭酸の強度は落ちてしまうので、気になる方は水の量を減らすなどして使用してみてください。

 

 

第3位ソーダストリーム(SodaStream)

ミニ デラックス

価格:12,960円(税込)

シンプルな操作で簡単に強炭酸水を作れる

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カラーバリエーションホワイト、レッド容量500ml
炭酸の強さ4.0重量1,060g
500ml当たりのコスト約26円材質プラスチック、アルミニウム
種類シリンダー式

シリンダー式の炭酸水メーカーです。どんな場所にも溶け込むこちらの製品は、ソーダストリームのシリーズ最小設置サイズモデルで500mlの炭酸水ボトルに対応しています。500ml当たりのコストは約26円です。

 

ワンタッチでボトルの着脱ができる「スナップロック」機能を搭載しており、シリンダーの交換や炭酸ガスの注入もスムーズで簡単におこなえるのでとても扱いやすいモデルです。炭酸の強弱は、余計なガスを抜く時の音でわかるようになっています。

 

「メタル式炭酸注入ノズル」を採用しているのでドライアイスができにくくなっています。さらに炭酸の強さが評判が良く、キレがありながらも飲みやすい強炭酸を味わうことができるのでおすすめです。

第2位ソーダストリーム

ソース パワー スターターキット

価格:31,320円(税込)

全自動モデルの最強炭酸水メーカー

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カラーバリエーションホワイト、ブラック容量1000ml
炭酸の強さ5.0重量4.34 Kg
500ml当たりのコスト約18円材質プラスチック、アルミ
種類シリンダー式

シリンダー式の炭酸水メーカーです。全自動モデルの製品なので、3つのボタンで微炭酸から強炭酸まで自動で作ることができます。シリンダー1本で約60リットルの炭酸水が作れます。500ml当たりのコストは約18円です。

 

最大の特徴は強力なパワーにより作られる強炭酸です。シュワっと爽快にはじける炭酸を味わうことができます。さらに炭酸の強弱はガスが注入されるごとにLEDランプでお知らせしてくれるのでわかりやすいです。

 

本体価格は高めですが、ランニングコストがあまりかからないので長く使用すればするほどお得になります。機能面も充実しており、超強炭酸を味わえるのでとてもおすすめの最強炭酸水メーカーです。

第1位ソーダストリーム

ジェネシスデラックスv2 スターターキット

価格:12,950円(税込)

トータルバランスが最高の炭酸水メーカー

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カラーバリエーションホワイト、レッド容量1000ml
炭酸の強さ4.0重量2.8kg
500ml当たりのコスト約18円材質プラスチック、アルミ
種類シリンダー式

シリンダー式の炭酸水メーカーです。世界ナンバーワンの家庭用炭酸水メーカーであるソーダストリームの最もベーシックなモデルです。本体の価格はリーズナブルにもかかわらず、500ml当たりのコストは約18円なのでコストパフォーマンスが高い製品です。

 

シリンダーの交換の際には本体のヘッド部分が外れる仕様となっているので、最もシリンダーの交換がしやすい製品です。ガスの注入の際も、強弱はボタンを押す回数で調整するだけなのでとても簡単です。

 

炭酸の強さももちろん強力です。微炭酸から強炭酸まで自由に調整が可能です。ガス抜き音もとても静かなっています。全体的に扱いやすく、コストや炭酸の強さもすべて満足がいくので、バランスのとれた炭酸水メーカーです。

まとめ

今回はおすすめの炭酸水メーカーをランキング形式でご紹介してきました。たくさんのメーカーから様々な炭酸水メーカーが発売されています。ご自身のライフスタイルに合った製品を選び、是非生活の中に炭酸水を組み入れてみてください。