培養土の人気おすすめランキング15選【ホームセンターで買えるものも】

きれいに花を咲かしたり、おいしい野菜を作ったりするのに大事なのは肥料や手間暇だけではありません。大事なのは花壇に入れる土で、どの培養土を使うかです。今回は培養土の選び方と人気おすすめランキングを紹介していきます。コメリやコーナンなど、ホームセンターで買える商品も紹介します。

2022/06/20 更新

培養土と聞くと一般的には牛ふんなどの堆肥のイメージがあると思いますが、培養土は様々な成分が含まれた通常の土と補助用の土を混ぜ合わせたものです。しかし、培養土は多くのメーカーから販売されているので、初心者の方はどれを購入すればいいのか迷います。

 

ホームセンターのコメリやコーナンなどには、非常に豊富な種類の培養土が多く販売されています。花壇に入れる土は、植える植物に合わせたり求める成分に合わせたりと選び方を知っておくと、培養土を購入する祭に迷わないのでおすすめです。

 

そこで今回は、培養土の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ブログでも人気の培養土や、激安な培養土もあるので、購入を迷われている方はぜひ参考にしてください。記事の最後には種まき培土の使い方も紹介しています。こちらも確認して、効果的に使いましょう。

培養土は腐葉土と混同されがちですが、この2つは使い方が異なるのでよく理解しておきましょう。培養土は種まき用や挿し木用・野菜や草花・観葉植物など、育てる対象に応じて作られた土なので、簡単に言えば培養土を入れるだけで植物は育ちます。

 

一方、腐葉土は保水性や保温性を高める改良用土ですので、腐葉土だけで植物は育ちません。腐葉土を使っても培養土の代わりにはならないので気を付けましょう。

 

  特徴 植物育成
培養土 育てる対象に応じて作られた土
腐葉土 保水性や保温性を高める改良用土 ×

花や野菜・観葉植物など、植える花や野菜によって培養土を選ぶのもおすすめです。育てる植物によって、重視した方が良い成分があるので事前に知っておくと選びやすいです。

 

 

野菜を育てる用の培養土を探しているなら、元肥となる肥料が多く入っているものを選びましょう。元肥は、植物の苗や苗木の前に与える肥料ですが、元肥が入っているものを選ぶと植える前に肥料と混ぜて入れる必要がなくなるため便利です。

 

また、根腐れをなくすために水はけが良いタイプの培養土を選ぶのがおすすめです。野菜向けの培養土と書かれているものは、元肥が入っているものが多いので成分をチェックしてから選びましょう。

花を植える用の培養土を探しているなら、通水性と保水性のバランスが多く作られているものを選びましょう。特徴として団粒構造で作られているものがおすすめです。団粒構造は、保水性に優れており、上げた水が流れすぎません。

 

また、夏場などの水が乾燥しやすい季節でも使いやすいので、花を植えるときは団粒構造で作られている培養土を中心に選んでください。野菜と同様で、元肥が入っているタイプも使いやすいです。粒のサイズは、袋に記載されている場合が多いのでチェックしましょう。

観葉植物は室内で育てる観賞用の植物なので、カビや虫が発生しにくい培養土を選びましょう。特に堆肥を使用していないものは虫が発生しづらくておすすめです。

 

また、カビや虫の発生しづらい培養土を探すのもいいですが、培養土に発生するカビの原因の多くは水のやりすぎです。排水性の良い培養土を選んで、育てる植物にあった水やりをしてください。

多肉植物で人気なサボテンを育てる場合は、多肉植物用もしくはサボテン専用培養土の使用をおすすめします。サボテンは、一般的な培養土を使ってしまうと思わぬ弊害が発生してしまう可能性があります。

 

一般的な培養土は、保水性が高いタイプが多いので水が苦手なサボテンには不向きです。サボテンを栽培する際は、水はけのいい培養土を選びましょう

バラやランなど、特殊な花を育てる場合には、専用に作られている培養土がおすすめです。専用のものは、排水性を高めてくれる石・保水性を高めてくれる石が良いバランスでブレンドされていたり、肥料持ちをよくする成分が配合されていたりなど、バラやラン向けの配合で作られています。

 

また、専用の培養土はpH値も細かく設定されておりバラやランが育ちやすい環境に仕上げてくれます。袋にバラ・ラン向けと書かれているものが多いので、選ぶときは袋をチェックしましょう。

培養土には重い・軽いと2つの種類があります。それぞれのメリット・デメリットを紹介するので、自分に合った重さの培養土を選ぶようにしましょう。

培養土は一般的には重量のある商品が多いですが、重たい培養土は保水性が高い商品が多いのがメリットです。しかし、壁掛けのプランターに使用する場合は重量がありすぎて壁から落ちてしまう可能性もあります。壁掛けタイプのプランターには、重たい培養土は避けましょう。

培養土の中に軽石などが混ぜられている商品は、比較的に重量の軽い培養土が多いです。軽い培養土は壁掛けのプランターなどに使用しやすく、重たくないので落ちる心配がありません。しかし、軽い培養土はデメリットがあり、重たい培養土よりも保水性が無い可能性もあります。

腐葉土の外袋は、きれいなお花や野菜の写真が掲載されていて、色々なおすすめポイントが書かれています。しかし、見るべきポイントは培養土自体の色、容量や重さなど様々です

培養土を購入するときは、土が変色していないかをチェックして購入するのがおすすめです。同じ培養土でも、カビが生えているものだったり、水滴が多かったり、小さい虫がいたりと状態が悪いものもあります。

 

輸送中に培養土の袋に穴が空いてしまっているものもあるので、上から取るのではなく、いくつかの培養土を見比べて状態の良いものを選ぶようにしましょう。変色しているものや破れているもの、虫が入っているものは、避けて買うと良い培養土に出会えます。

育てている植物に合わせて、培養土の容量や重さをチェックするのも大事です。少量の培養土しか必要がないのに大きいタイプを買ってしまうと、置き場所に困ったり、予算をオーバーしてしまったりします。まとめ買いをせずに、必要な容量だけ買うようにしましょう。

 

また、培養土の袋には、プランターや植物に対して必要な量が書いてあります。事前に、どれくらい量が必要なのかチェックしておくと購入する際に迷わないです。女性や力作業が苦手な方は、軽い培養土を購入しておくと使用しやすくなります。

培養土は、植物を育てるために必要な材料がすべて揃っています。野菜や花など、基本的な植物には培養土だけで十分ですが、物足りない場合は培養土にプラスすると、より健康な植物を育てられます。

 

栄養素をプラスできる肥料や、虫がわくと困るので事前に殺虫剤を入れておくなど、自分で欲しい機能を工夫して足していくのがおすすめです。肥料は、あとからでも入れられる液体タイプもあるので、植物の具合を見ながら足していきましょう。

今までもガーデニングをしてきた人なら、これまで使ってきた培養土をお持ちかと思います。簡単にごみとして処分できないので、再生させましょう

培養土の知識を持ちあわせている方は、自分で配合するのがおすすめです。腐葉土や石灰・油粕などを混ぜて天日干しすると、土を再生させられます。時間がかかってもいい場合は、培養土から根っこを取り除いて、何週間も天日干しすると土が再生できます。

 

自分で配合ができるので、肥料を混ぜたり、殺虫剤を混ぜたりしてオリジナルの培養土が作れるのがメリットです。しかし、時間がかかったり、費用や知識が必要になったりするので初心者には向きません。

 

培養土の知識を持ちあわせている方は、オリジナルの培養土を作ってみましょう。作り方をご紹介しますので、以下を参考にしてぜひチャレンジしてください。

 

  1. 赤玉土をベースに腐葉土を配合する(黄金比、赤玉土7:腐葉土3)
  2. 育てる植物に応じて赤玉土と鹿沼肥を組み合わせる
  3. バーミキュライトやピートモス、堆肥などを加える

土のリサイクルはかなり大変です。根っこを取って、害虫駆除して腐葉土など混ぜてふかふかにし、一見買ってきた培養土のように見えたとしても、目にみえないウイルス等が残っています。そこで、上記の問題を解決する簡単な方法があります。

 

近年、種類が増えてきたリサイクル用土です。リサイクル用土は、今まで使ってきた土に混ぜるだけで再生が出来ます。処分する手間や、さまざまなものを混ぜて再利用する手間もかからないのがメリットになります。しかし、若干高めに価格設定をされてのがデメリットです。

培養土には、異なるタイプが存在します。それぞれ異なる特徴があるので、今回は「段粒タイプ」、「元肥入りタイプ」、「加熱殺菌処理タイプ」の3タイプの培養土についてそれぞれご紹介します。

 

 

水はけのよさを求めるなら、団粒タイプの培養土をおすすめします。団粒タイプとは、土壌粒子が結合して集合体(団粒)となっている状態の培養土です。団粒構造が発達すると排水性と保水性、通気性が高まり、作物の根の伸長にも良い効果があります。

 

培養土の中でも、団粒構造の土=良い培養土といわれるくらい評価の高いタイプです。このタイプの培養土は特段水はけがいいのが特徴です。

肥料を混ぜる手間を省きたい方は、元肥が入っている培養土がおすすめです。植物を植える前に入れる必要がある元肥が最初から混ぜられているので、初心者でもすぐに栽培を始められます。手間を省きたい・予算を抑えたい方にもおすすめです。

 

しかし、育てている植物によっては、成長の家庭に合わせて、肥料を追加していく必要があるものもあります。植物の成長に合わせて肥料を足していきましょう

室内で培養土を使用するなら、加熱殺菌処理がされているタイプがおすすめです。培養土の製造中に高温で加熱するので、病原菌や雑草の種の混入を防げます。

 

室内にプランターを置いている場合や、観葉植物を育てている方は、特に見た目が大事です。加熱殺菌処理がされている培養土は、小バエも発生しにくくなるので進んで選ぶようにしましょう。

培養土を初めて購入する方は、口コミを見て判断するのもおすすめです。同じ植物を育てている方を中心に見ていくと、選びやすいです。通販サイトでは、商品に対してレビューが確認できるページがあるので、レビューの多いものをチェックして判断しましょう。

 

写真付きのものや、評価が低いものを見て、培養土のメリット・デメリットをチェックしていくと、培養土を選ぶ際に失敗しくくなります。

予算がある場合やコスパのいいものを購入したいと考えているなら、値段を見て培養土を決めるのもおすすめです。培養土は、一般的に1,000円前後で購入できますが、中には500円以下のワンコインで買える商品も少なくありません。

 

初めて培養土を試したい場合や、既に持っている培養土にプラスする場合は、100円均一の少量タイプの培養土を購入するのもおすすめです。ダイソー・セリアなどで、100円で購入できるので便利です。

一般的に培養土を購入するなら、ホームセンターがおすすめです。コーナン・コメリは培養土の種類が多く販売されています。初心者の場合は通販で買うのではなく、ホームセンターの店員に直接相談した方が、植物に合った培養土を安心して選べます。

 

持っている培養土を買い足す場合や、初心者ではない方は、Amazon・楽天などの通販サイトを使うと運ぶ手間が省けるので便利です。家の近くにコーナン・コメリがある方は、店頭に足を運んでみるのをおすすめします。

培養土の中でも人気の高い商品やメーカーがあります。ここでは、人気の培養土やメーカーについて紹介します。

 

 

IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)は、宮城県仙台市青葉区に本社をおく生活用品の企画・製造・販売会社です。アイリスオーヤマには実店舗はありません。その代わり、巨大なECサイトを運営しているのでオンラインで商品を購入できます。

 

アイリスオーヤマの商品では「ゴールデン粒状培養土シリーズ」が人気です。この培養土は、加熱処理が施され、ミネラル分を豊富に含み、更には弾力のある粒状なので手が汚れにくいメリットが多い商品です。

培養土の中でもコメリで購入できる「農家さんも使っている野菜の培養土」は、とても人気があります。善玉微生物により、有害菌の増殖を抑えられ、美味しい野菜を育ててくれます。味だけでなく野菜本来のツヤも出る培養土です。

 

糖度も向上させるので、野菜本来の甘味をさらに味わえます。容量も多くの種類から展開されており、自分に合った容量の培養土を購入できる人気の商品です。

ハイポネックスは大阪に本社を置く園芸用品の大手メーカーの1つで、園芸用の肥料を多く販売している人気のメーカーです。ハイポネックスと呼ばれる商品も販売されており、一般家庭でガーデニングなどを楽しんでいる方の大きな味方として人気があります。

自然応用科学(Applied Natural)

自然応用科学 プレミアムACE花と野菜の培養土 14L

価格:1,145円 (税込)

そのままでもすぐ使える培養土として人気の商品

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

そのままでもすぐに使えるので、初心者の方でも安心して使用可能な人気の培養土です。健康に育てるカルシウムが多く入っており、使用して早めに効果が期待できる点も魅力の1つです。

 

様々な容量の商品から展開されており、使用しやすい容量から選べる点もおすすめです。病気に抵抗力のある植物を育ててくれる人気の商品です。

原料
ココヤシ繊維、木質堆肥など
重量
5.3kg
小型のプランターに入れ採集したイタドリ、市販のカイワレ大根、シロイヌナズナを植え栽培しましたが,もともと培養土に含まれていたのか同種のキノコが生えてきます 気になる人は要注意

出典: https://www.amazon.co.jp

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

培養土 花・野菜の培養土

価格:1,000円 (税込)

ゴールデン粒状培養土配合で通気性と保水性に優れている

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

花と野菜用に作られた、アイリスオーヤマの培養土です。天然の有機質が豊富に配合されているので、根の発育や根張りをよくします。培養土の素材として、パーク堆肥・粒状培養土・パーライトが含まれています。

 

元肥が入っているので、事前に混ぜなくてもすぐに培養土の使用が可能です。約1ヶ月後に追肥をすると、成長がよくなります。また、培養土は通気性・保水性に優れているのも特徴です。

原料
バーク堆肥・粒状培養土・パーライト
重量
12.5kg
肥料の割合や配合など難しいことを考える手間と時間を省略して、サクサク作業を進めるにはとても便利。花や苗の付き具合もいい。

出典: https://www.amazon.co.jp

瀬戸ヶ原花苑

花と野菜のプレミアム培養土

価格:1,547円 (税込)

軽い土のデメリットを感じさせない使いやすい培養土

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

培養土の長効き肥料は、約3ヶ月効果が続く厳選された素材を緩効性肥料をブレンドしています。また、天然貝化石のミネラルとカルシウムが豊富に含まれていて、植物を丈夫に育てられます。

 

天然有機質リン酸の効果で花数・実数がアップするのが魅力です。さらに、40L入っているのに重さは約10kgと軽量なところもおすすめポイントです。花と野菜用に作られている培養土です。

原料
ピートモス・ヤシガラ繊維・バーク堆肥・鹿沼土・パーライト・くん炭・サチュライド等
重量
10.16kg
来年の春に向けて、パンジーやビオラ、チューリップ等の植え付けのために購入しました。さっそくビオラを植えジョウロで水をやるとスーッと吸い込みヤッターと言う感じ。軽い土でホカホカです。

出典: https://www.amazon.co.jp

プロトリーフ

さし芽種まきの土

価格:545円 (税込)

値段が非常にリーズナブルで観葉植物にも最適な商品

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

赤玉土・ピートモス・鹿沼土などを配合して作られたこちらの培養土は、レビューを見てみると「挿し木の成功率は高いし、発根後の根はりもいい」との声が書かれています。

 

また、5Lと少ない容量で販売しているので、手軽に購入できます。価格も非常にリーズナブルな値段なのでおすすめです。マーガレットやゼラニウムなどの草花をはじめ、ベンジャミンやビートモスなどの観葉植物にも使えます。

原料
赤玉土・鹿沼土・ピートモス
重量
3.12kg
以前は赤玉土のみでしていましたが、根が下に潜らずに浮いてしまうことがありました。この土ではそのようなことは無く、発芽後はちゃんと下に潜っていけるので、その後の成長が良いです。

出典: https://www.amazon.co.jp

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

花と野菜の培養土 14L

価格:443円 (税込)

元肥入りで面倒な配合が不要で初心者にもおすすめ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヤシガラファイバー・バーク堆肥が豊富に配合されている培養土です。土壌環境を整えられます。培養土は、元肥入りなので手間をかけて自分で単用土の混合や準備をせずに使用が可能です。面倒な作業がなくそのまま使用できるので、家庭菜園や園芸の初心者の方にもおすすめです。ラディッシュ・キュウリ・ピーマン・パセリやニラなど、花から野菜まで万能に使えます。

原料
バーク堆肥・ヤシガラファイバー他
重量
6.26kg
春に一気に沢山植え為、安価なので複数購入しました。 一袋の量は、1人で持ち運ぶのに丁度良いと思います。 土の湿り具合やふんわり感は丁度良いように感じます。

出典: https://www.amazon.co.jp

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

ゴールデン粒状培養土 観葉植物用 14L

価格:879円 (税込)

大人気にゴールデン粒状培養土を配合した多くの植物に使いやすい商品

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アイリスオーヤマのゴールデン粒状培養土は、団粒構造で作られており、加熱処理がされているので、雑草の種や虫の混入を抑えてくれます。また、加熱処理がされているのでミネラルを多く含んでいるのも特徴です。弾力のある粒で作られています。

 

水分が失われて土が乾くと、灰色に変わるので水やりのタイミングが分かりやすいのもゴールデン粒状培養土の特徴です。保水性や通気性・排水性にも優れており、観葉植物や多肉植物にも使いやすいです。

原料
粒土・軽石・バーミキュライト・パーライト・緩効性肥料
重量
6.46kg
屋内の観葉植物の鉢に使用。使用して一年が経ち、鉢を開けてみたら根の張りがすごく、なかなか鉢から土を抜けないほど。冬の間もパキラの下葉が全く落ちることなく越せたのは初めてのこと。

出典: https://www.amazon.co.jp

自然応用科学(Applied Natural)

観葉植物を楽しむ培養土

価格:990円 (税込)

厳選された配合なだけでなく水はけが良いから使い勝手が良い

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

栃木県産の赤玉土・鹿沼土・岐阜県産の木質堆肥・鹿児島県産の軽石・スリランカ産のココヤシ繊維と、厳選された原料を配合したこちらの商品は、すくすく育つ観葉植物専用の培養土です。

 

培養土は、元肥入りで初期生育時には面倒な配合がいらないので手軽に扱え、その後は植物の成長に応じて追肥すると成長を促進します。水はけ・肥料持ちがいい特徴もあります。

原料
赤玉土・鹿沼土・ココヤシ繊維・軽石など
重量
3.1kg
売られている観葉植物の土の中でもかなり良いかと思います。水はけ悪い方は底石いれるだけでだいぶ違うと思います。容量もちょうどいいので個人的には満足です。

出典: https://www.amazon.co.jp

プロトリーフ

室内向け観葉・多肉の土 7号鉢用

価格:482円 (税込)

コメリやコーナンなどのホームセンターでも手に入れやすい

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

鹿沼土・パーライト・赤玉土を配合したこちらの培養土は、粒状なので爪の間に侵入しづらく手を汚さないでお手入れができます。2種の元肥入りで生育を効率よくサポートしますが、たい肥を使わないので虫がよりつきにくいメリットもあります。

 

また、培養土は水に濡れると土全体の色が変わるので、水やりのタイミングが分かりやすいです。カビやキノコが生えにくいので、室内の栽培用として使えます。観葉植物・多肉植物におすすめの培養土です。

原料
鹿沼土・パーライト・赤玉土
重量
1.76kg
・土っぽくない見た目がスタイリッシュで綺麗です。 ・乾くと明らかに色が変わるので、水あげのタイミングが非常に分かりやすいです。よって初心者用の評価を高くしました。

出典: https://www.amazon.co.jp

花ごころ

観葉植物の土

価格:866円 (税込)

光合成を助ける成分配合しているので室内でも安心して使用可能

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

植物は、葉の中で光合成を行い生育に必要な栄養を作ります。葉緑素を構成するマグネシウムが不足すると葉が黄色くなって見た目も生育も悪くなってしまいます。

 

こちらの培養土はそんな健やかな生育に欠かせない光合成を助けるマグネシウムを豊富に配合しております。さらに腐葉土は元肥入りで配合の手間もなく、室内でも安心な軽くて清潔な原料を使用しています。

原料
木質堆肥・バーミキュライト・軽石・ピートモス
重量
4kg
植え替え待ちの植物が増えてきたこともあり、恐る恐るこちらの商品を購入。 結果、コバエが発生することはなく、それからいくつも購入していますがコバエで悩まされることはありません。

出典: https://www.amazon.co.jp

プロトリーフ

プロトリーフ 観葉植物の土

価格:1,030円 (税込)

初期の生育にもおすすめしやすい使い勝手の良い培養土

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

赤玉土・鹿沼土・ピートモス・パーク堆肥が配合されたこちらの観葉植物用の培養土は、初期生育を助ける有機元肥入りで面倒な配合は不要です。14Lと大容量で入っているのでコスパを求める方にもおすすめです。

 

レビューを見てみると、14Lと多めの容量があるのに値段もそれなりで使い勝手が良く、面倒な手間をかけずに簡単に植え替えができて、通気性と排水性もあるので育ちやすい、と意見が見られます。

原料
赤玉土・鹿沼土・ピートモス・パーク堆肥
重量
5.76kg
この土に変えてから、すべての観葉植物がすさまじく成長しています。毎日成長を見るのが楽しみです。土も軽いし水捌けもよく、乾くと表面の色が変わっていくので水やりタイミングが分かりやすいです。土を変えてあげてよかったです。

出典: https://www.amazon.co.jp

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

ゴールデン粒状培養土 サボテン・多肉植物用

価格:493円 (税込)

多肉植物用のゴールデン粒状培養土を配合

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゴールデン粒状培養土は配合物が粒の中に配合されているので、1粒1粒がまんべんなく成分を含んでいます。そのため、植えた場所によっての生育のバラつきがありません。ミネラルも豊富に含んでいて、粒状なので手が汚れにくいメリットもあります。

 

さらに、根はりと多肉植物の生育に欠かせない排水性も抜群です。製造工程で200度の加熱殺菌も行って雑菌や雑草の種の混入を防いでいるため、室内の生育でも安心です。

原料
粒状培養土・軽石
重量
3.71kg
観葉植物の植え替えの為に加熱殺菌してあるという事で購入しました。とにかく虫が苦手なので、加熱殺菌済みというのは安心して扱えて良かったです。 別の植物にも使用予定です。

出典: https://www.amazon.co.jp

プランティーションイワモト

多肉植物の土 5L/3袋セット

価格:1,700円 (税込)

通気性や排水性に優れているだけでなく針底などのも使用できる万能培養土

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

硬貨赤玉土・極小粒をベースにした土に、ひゅうが土・蝦夷砂(えぞすな)・クンタン・ゼオライトを配合した培養土です。通気性や排水性に優れているので、多肉植物の根腐れを防止できます。

 

また、緩効性肥料が含まれているので長期間の間、栄養を補給できるのも魅力です。針底や化粧石としても使えるので、万能な培養土です。

原料
硬質赤玉土・ひゅうが土・蝦夷砂・クンタン・ゼオライト
重量
-
1袋が使いやすい程よい容量なので置き場所を気にする者には良いと思います 土のイメージが私好みのブレンドでした

出典: https://www.amazon.co.jp

刀川平和農園

サボテン・多肉植物の培養土

価格:1,669円 (税込)

通気性・排水性に優れた多肉植物用培養土

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サボテン・多肉植物用の培養土として販売されている商品です。通気性に優れた加熱処理済み赤玉土を配合し、加えて木炭も配合されているため根腐れを防止しています。

 

10リットルの容量は10号鉢で1鉢分、7号鉢で3鉢分と使いやすい分量です。より大きく育った状態のサボテン、多肉植物の植え込みにも扱いやすい粒径となっています。

原料
赤玉土・鹿沼土・軽石・木炭等
重量
5.7kg
本当に使いやすい!土が綺麗!トータル22回購入しました。植えやすく清潔。迷わずコレ!ベストオブ多肉用土です!

出典: https://www.amazon.co.jp

サンアンドホープ

サボテン多肉植物の土 ステビア配合 5L

価格:398円 (税込)

ステビア配合で成長を促進でビタミンやミネラルで美味しく育つ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

培養土にステビア成分が含まれている商品です。土中の有用微生物を増殖させ、植物や根の健全な成長を促して活性化させてくれる効果があります。ビタミンやミネラルを増加できるため、旨みを熟成させられる培養土です。

 

また、有用微生物の活性化によって微生物の偏りを防ぎ、連作障害に強い健康な植物に育ちます。培養土には、天然有機堆肥や根くされ防止剤が入っています。クジャクサボテン・カニサボテン・多肉サボテン・ウチワなどに向いている培養土です。

原料
軽石・鹿屋土・ぼら土他
重量
3.46kg
観葉植物用に買いました。水はけもよく、いいです!100均で買った観葉植物で、植木鉢の底穴なしなのですぐダメになるかなと思っていたけれど、全然元気に育ってます。

出典: https://www.amazon.co.jp

ハイポネックス

観葉植物用培養土

価格:452円 (税込)

家の中の多肉観葉植物に最適なハイポネックスに人気の培養土

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

家の中で育てるサボテンなどの多肉観葉植物に最適な培養土です。容量も3Lと多すぎないので、手軽に始めてみたい方や、小さな観葉植物に対しておすすめ商品です。活力剤も含まれているので、元気に育つだけでなく力強く育ちます。

 

水をあげた後の鉢から出てくる水もキレイなので、家の中だけでなくベランダなどで育てるのにもおすすめの培養土です。

原料
ボラ土、軽石、マグァンプ中粒
重量
1.72kg
注文から発送まで丁寧に対応していただけて満足です。

出典: https://shopping.yahoo.co.jp

最後に植物育成のスタートラインとなる種まき時に遣う種まき培土の使い方、コツをご紹介します。用意するものは、種まき培土・セルトレイ(プラグトレイ)・種子・新聞・水です。培土20リットルあたり1リットルの割合で水を加え、培土に水が馴染むように混ぜます。

 

セルトレイに水を馴染ませた培土を押し込まずに入れ、軽くトントンとゆすります。その後充填した土に水を与え、トレイの下から水がしみ出るくらいに灌水します。後は指で土を軽く押しへこませたところに種をまきます。種に適した温度をチェックしてから種まきを行ってください

 

【用意するもの】

  • 種まき培土
  • セルトレイ(プラグトレイ)
  • 種子
  • 新聞

 

【やり方】

  1. 培土20Lあたり1Lの割合で水を加え、培土に水が馴染むように混ぜる
  2. 水を馴染ませた培土を押し込まずにセルトレイに入れ、軽くトントンとゆする
  3. 充填した土に水を与え、トレイの下から水がしみ出るくらいに灌水します
  4. 種に適した温度かチェックしてから、指で土を軽く押し、へこませたところに種をまく

今回は、培養土の選び方と人気おすすめランキングを紹介しました。花や野菜・観葉植物など、培養土は植物を健康的に育てるために必要な商品です。育てる植物にあわせて使えるように紹介しているので、培養土の購入を検討している方は参考にしてください。