バイクチェーンの人気おすすめランキング10選【大型バイク向けや520サイズの商品も】

DIDやRKチェーンなどのメーカーから販売されているバイクチェーンは、520サイズや大型バイクから小型バイクまで対応する商品があり、性能に応じて種類も多彩です。今回はバイクチェーンの選び方とおすすめのバイクチェーンをランキング形式でご紹介します。

2022/06/24 更新

通勤や通学の際ににバイクに乗っている方は多いです。しかし、チェーンからの異音が気になるときもありますよね。実は、バイクチェーンは消耗品です。チェーンが劣化するとバイクの性能が落ちるだけでなく、走行中の事故を招いてしまう危険もあります。

 

そんな時におすすめなのがバイクチェーンの交換です。バイクチェーンは一定の走行距離に達すると交換するのが一般的です。バイクチェーンには520サイズや大型バイクに対応する種類だけでなく、小型バイクに対応している商品もしっかり販売されています。

 

そこで今回は、バイクチェーンの選び方やおすすめ商品、評判などをランキング形式でご紹介します。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。また、この記事の最後にはバイクチェーンの交換やメンテナンスの方法についても紹介していますので、参考にしてみてください。

バイクチェーンは、走行性や耐久性を向上させるためにさまざまな工夫が施されています。見た目ではわかりにくいバイクチェーンの性能や機能の特徴をご説明します。

 

【目次】

バイクチェーンのサイズは、バイクの排気量や車種によって異なります。お乗りになっているバイクに適切なサイズを確認して、バイクチェーンを選ぶように気を付けましょう。

自分のバイクに適したサイズのチェーンを見つけるためには、メーカーに用意されている適合表を見てみましょう。大手のチェーンメーカーは必ず適合表を用意していますが、最近はメーカーのウェブサイトでも確認できます。

 

D.I.DやRK、EKなど、大手メーカーのウェブサイトでは、バイクの排気量別やチェーンのサイズ別などいろいろな項目に応じて適合するバイクチェーンを探し出せますが、自分のバイクの車種で検索するのが最も簡単で確実な方法です。

 

日本のバイクメーカーの車種なら適合チェーンはすぐに見つかりますが、海外のバイクメーカーの適合チェーンは載っていない場合があります。海外のバイクメーカーに対応する製品が多いのはD.I.Dなので、海外メーカーのバイクに乗っている方におすすめです。

自分のバイクに装着できるチェーンの中から好みの製品を選ぶ際に、注目したいポイントが「ピッチ」と「幅」です。ピッチとは、ピンからピンまでの長さで、チェーン1コマの長さを言います。幅はバイクチェーンの横幅です。内側リンクの幅がチェーン幅となっています。

 

チェーンのサイズは、「520」や「530」といった数字で表示され、最初の5がピッチサイズ、右側2桁の20や30がバイクチェーンの幅を表します。ネット通販などでバイクチェーンを購入する場合は、間違ったサイズを選ばないようにピッチと幅の確認が重要です。

バイクチェーンのリンク数で選ぶ方法です。リンク数が多ければチェーンが長いので、載っているバイクに合わせてリンク数の合ったものを選びましょう。リンク数は、バイクのピンの数を数えるだけで簡単に確認ができます。チェーンサイズとリンク数を照らし合わせて選ぶと失敗しません。

 

リンク数を初めて数える方は、目印になる部分を付けてから順番に数えていく方法がおすすめです。わからない方は、専門店で聴くのもおすすめです。

バイクチェーンは、バイクの使用状況によっても合うチェーンが変わります。通常の一般道を通る場合・ツーリングする場合・スポーツ目的で乗る場合・激しい走りをするレーシングと大まかに4種類の使用状況にわけられます。バイクの種類によって向き・不向きの道もあります。

 

普段から走る環境に合わせてバイクチェーンを選ぶのがおすすめです。販売しているメーカーによっては、適合マップを公開しているので初心者でも選びやすいです。

バイクチェーンの種類を大きく分けると、オイルを封入したシールチェーンと、オイルを封入していないノーシールチェーンの2種類があります。それぞれの特徴についてご説明します。

バイクチェーンを長期間使いたい方には、耐久性が高いシールチェーンをおすすめします。チェーンの内部に封入されている潤滑用のオイルが漏れ出さないようにゴムパーツが取り付けてあるのが特徴です。

 

シールチェーンは、チェーンの内部に注油をする必要がありません。ただし、チェーンが錆びるのを防止するためや、クリーニングのために、シールチェーン用のチェーンオイル(チェーンルブ)を注油する必要があります。

 

シールチェーンは構造が複雑なために、シールを持たない構造のノーシールチェーンよりも価格が高くなる傾向がありますが、耐久性とメンテナンス性を重視してバイクチェーンを選ぶのであれば、シールチェーンの中から製品を選ぶのをおすすめします。

ノーシールチェーンを選ぶ最大のメリットは価格の安さです。ノーシールチェーンは内部にオイルが封入されておらず、その分だけ製造コストが安くなるので価格も安くなる傾向があります。バイクチェーンを購入する際に、費用をなるべく抑えたい方におすすめのタイプです。

 

ただし、ノーシールチェーンは定期的にチェーンオイルを注油する必要があります。オイルが切れてしまうとチェーンがきしんだり、動きの滑らかさが損なわれたりします。もちろんバイクの走りにも影響してしまうので、ノーシールチェーンを使用するうえでは注油は必須で

 

チェーンオイルは、正規品のものでなくても使えます。汎用潤滑油として有名な「CRC5-56」を使っても大丈夫です。注油作業の手間は必要ですが、自転車のチェーンをメンテナンスする感覚で使えます。

バイクチェーンは、サビ防止や耐久性向上のための加工がされたコーティングチェーンと、ノーコーティングチェーンの2種類があります。それぞれの特徴や性能の違いについてご説明します。

メンテナンスの作業を楽にしたいのなら、コーティングチェーンがおすすめです。チェーンのリンクやピンにメッキの加工が施されているので、汚れにくいのが特徴です。耐久性の面でも優れており、雨が降った日に走行しても錆が発生する心配を軽減してくれます。

 

メンテナンスの際の注油は、5000km〜10000kmに一度でもいいので、メンテナンスの手間を格段に楽にできます。ただし、チェーンオイルはコーティングチェーン用のものが必要です。それ以外のものを使うと、シールが溶け出すので気を付けましょう。

 

また、コーティングチェーンは表面に色がついているものが多いのも特徴です。ゴールドやブラックなどのコーティングチェーンを選べば、バイクの足回りをドレスアップできます。

チェーン購入の費用を抑えたい方には、安く買えるノーコーティングのバイクチェーンをおすすめします。会社で使われる配達用のバイクのチェーンや、たまにしか乗らないバイクの交換用のチェーンとして使う場合にも最適です。

 

チェーンを交換する際に、スプロケットやタイヤなどのパーツも同時に交換する場合は、整備の費用が高額になってしまいますが、ノーコーティングのバイクチェーンを選んで費用の総額を抑えるのも一つの方法と言えます。

 

また、自分でチェーンを交換する方法を覚えたい方も、失敗してもいいように価格の安いノーコーティングチェーンを使うのをおすすめします。ノーコーティングチェーンで技術を覚えてから、価格の高いコーティングチェーンを購入して交換してみてください。

メーカーの適合表で決められているチェーンよりも幅が狭いチェーンを使う方法を「コンバート」といいます。例えば、チェーンの標準サイズが「530」なら、「520」などにサイズダウンして装着します。

 

幅が狭くなった分だけチェーンの重量を軽くできるのがコンバートのメリットです。バイクのバネ下荷重も軽くなるので、サスペンションの動きが良くなり、ハンドリングも軽くできるのが特徴です。

 

デメリットとしては、スプロケットと当たる面積が増えて抵抗が増すので耐久性は悪くなってしまう点が挙げられます。コンバートしていない場合よりもチェーン寿命が半分程度になる場合もありますが、寿命よりも走りを重視して選びたい方におすすめの方法です。

バイクチェーンはさまざまな商品が販売されており、人気メーカーの中から選ぶのもひとつの方法です。代表的なメーカーを挙げながら、それぞれの特徴についてご紹介します。

 

【目次】

世界的にも知名度が高いバイクチェーンのメーカーが「D.I.D(did)」です。同社のバイクチェーンは、モトGPや世界耐久選手権など最高峰のバイクレースでプロチームに愛用されている点でも知られており、世界中の多くの方から高い評価を得ています。

 

また、国内メーカー製のバイクチェーンはBMWやビモータなどの海外メーカーの車種が適合表に載っていない場合がありますが、D.I.D(did)は海外メーカーのバイクにも適合する製品が多い点も特徴です。海外メーカーのバイクに乗っている方にもおすすめです。

1941年創立のチェーンメーカーがEKチェーンです。日本でも有数の老舗チェーンメーカーとして人気は高く、同社のフラッグシップモデルとなる「ThreeD」は、カワサキのZ900RS・NinjaH2・ZX-14Rなどの車種で純正チェーンとして採用されています。

 

また、EKチェーンのバイクチェーンは、ジョイントのユニークさも特徴です。通常のカシメジョイントをはじめ、取り付けが簡単なクリップジョイントや、さらにはEKの独自によるスクリュージョイントなど、さまざまなタイプのジョイントを採用しています。

1932年に創業されたチェーンメーカーが「RKチェーン」です。60年以上の歴史を持つ老舗の総合チェーンメーカーとして高い人気や知名度を獲得しており、アジアや欧州などの多くの国々において、世界的なブランドとして知られているメーカーです。

 

また、世界最高峰のレースで培った技術を採り入れており、優れた耐久性とスムーズな加速力を発揮する製品を作っている点や、カラフルな製品が多い点も特徴です。好みに対応してブラックチェーンなどの珍しいバイクチェーンを選べます。

1941年に創業しているEKチェーンも、非常に人気のあるメーカーです。確かな技術力で、海外ではドラッグレース用のチェーンの開発・販売もしています。Kawasakiなどの大型バイクの純正チェーンとしても採用されており、信頼と実績のある大人気のメーカーの1つです。

KMC

チェーン 420-100L

価格:561円 (税込)

とにかく安い、コスパの優れた台湾製バイクチェーン

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

KMCの「420-100L」は、ノンシール、ノーコーティングのシンプルなチェーンです。とにかく販売価格が安い点が特徴の製品なので、バイクチェーンにお金をかけたくない方におすすめします。

 

装着できる車種は50ccバイクをメインに対応しています。汎用性が高いチェーンとなっているので、チェーンが長すぎる場合は、チェーンカッターなどで1コマか2コマをカットすれば装着が可能です。

ブラック
サイズ
420
シール
なし
コーティング
なし
リトルカブ乗り。機械おんちの私が、ネットとかのやり方をみて自分でつけられたほど。ノーマルですが、しっかりと付いてるし、もともとついてたチェーンよりもなんか頑丈そうだった。

出典: https://www.amazon.co.jp

アールケー(RK)

GP420MRU 110L チェーン

価格:8,157円 (税込)

シール&シルバーコーティングで耐久性抜群の

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アールケーの「GP420MRU」は、シルバーコーティングを施して耐久性やメンテナンス性に優れているバイクチェーンです。シールチェーンなので販売価格は高めですが、滑らかな走行性能を発揮してくれます。

 

また、内部にオイルを封入したシールチェーンでありながら、幅や重さはノンシールチェーンと同様に設計されている点も特徴です。交換するときにスプロケットを替える必要がないので、ノンシールチェーンからの交換も簡単です。

シルバー
サイズ
420
シール
あり
コーティング
あり(シルバーコーティング)
カブはチェーンケースの中なので見えませんが、それでも綺麗なチェーン、錆びにくいチェーンは気持ちのいい物です。ニッケルメッキが美しいです。

出典: https://www.amazon.co.jp

D.I.D(ダイドー)

バイク用チェーン 420D-100RB STEEL

価格:1,233円 (税込)

D.I.D(did)のスタンダードバイクチェーン

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

D.I.Dのバイクチェーンでは定番商品と言えるのが「420D-100RB STEEL」です。設計はシンプルなものとなっており、ノンシール、ノーコーティングのスチール製チェーンである点を特徴としています。

 

また、業務用として使われるスーパーカブなどにも最適です。キビキビした走りが特徴の製品ですが、走りや耐久性よりも、とにかくコスパがいい製品がほしい方におすすめのバイクチェーンです。

スチールシルバー
サイズ
420
シール
なし
コーティング
なし
コマ数は100コマで、単にチェーンだけなら20分ほどで交換が可能でしょう。 工具はチェーンクリップ脱着用のラジオペンチとバイクのチェーンカバー脱着用に10mmレンチのみで済みます。

出典: https://www.amazon.co.jp

D.I.D(ダイドー)

バイク用チェーン 520ERV3-120ZB G&G(ゴールド) X-リング

価格:12,640円 (税込)

レースクオリティを体感できる520サイズの高性能バイクチェーン

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

D.I.Dのバイク用チェーン「520ERV3-120ZB G&G(ゴールド) X-リング」は、MotoGPやWSBなどのバイクレースでも使用されているバイクチェーンです。基本的にレース用なので走りにこだわった設計ですが、公道で使用しても軽快に走れます。

 

またピンの先端を凹状にして、徹底的に軽量化をはかっています。シールはD.I.D独自の「X-ring」の採用で、フリクションロス(摩擦によるパワーロス)を削減しているので走りにこだわりたい方におすすめのバイクチェーンです。

ゴールド
サイズ
520
シール
あり(X-ring)
コーティング
あり(ゴールドメッキ)
色、質感ともに満足して購入してます。530~520へコンバート用として使用してますが問題なく、軽量化も含めてフリクションがかなり軽減したのがわかります

出典: https://www.amazon.co.jp

スリード(THREED)

QX2リングチェーン 525Z ゴールド 130L

価格:28,213円 (税込)

ゴールドチェンのメリットを存分に感じられるバイクチェーン

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゴールドのメッキが特徴的なバイクチェーンがスリードの「QX2リングチェーン 525Z ゴールド 130L」です。プレートはもちろん、ピンにもメッキのコーティングが施されているのでサビの防止効果が高く、長く使えます。

 

さらに、通常のチェーンよりも各パーツの加工精度をアップしている点も優れたポイントです。スムーズな回転を実現しており、フリクション(摩擦抵抗)も非常に少ないものとなっています。

ゴールド
サイズ
525
シール
あり
コーティング
あり(ゴールドメッキ)
技術の粋を集めた、まさにmade in japan 。見た目も最高で、使用感も最高。所有欲も満たしてくれる製品で、本当に買ってよかった!

出典: https://www.amazon.co.jp

イーケー(EK)

QXリングシールチェーン 520SR-X2 ブラック&ブラック 116L

価格:9,300円 (税込)

ブラックカラーでクールなストリートモデルのEK(ek)チェーン

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

EKの「QXリングシールチェーン 520SR-X2 ブラック&ブラック」は、ブラックのカラーが特徴的なストリートモデルのシールチェーンです。ピンやローラーまでブラック塗装を施してあるので、ブラックで統一したカスタムバイクにおすすめのバイクチェーンです。

 

耐久性にも優れており、シールには一般的なOリングではなく、EKの独自によるシールリングを採用しています。Oリングに比べて耐久性が50%アップしたほか、フリクション(摩擦抵抗)も50%削減されているので、エンジンのパワーがダイレクトに後輪に伝わります。

ブラック
サイズ
520
シール
あり(QXリング)
コーティング
あり(ブラックカラーリング)
購入時に装着されていたOリングチェーンから交換しました。QXリングがどの様な感じなのかと思っていましたが、明らかにこれまでのチェーンより軽く回るのでフリクションが減少したと思います。燃費にも影響すると思います。

出典: https://www.amazon.co.jp

D.I.D(ダイドー)

バイクチェーン428NZ-122RB G&B(ゴールド&ブラック)

価格:4,976円 (税込)

SDH特殊ピン採用で耐久性に優れたバイクチェーン

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

D.I.Dの428サイズで最高の強度を持つバイクチェーンが「428NZ-122RB G&B」です。ゴールド&ブラックのメッキ仕上げで見た目の美しさも兼ね備えているので、足回りをドレスアップしたい方にもおすすめします。

 

ノンシールチェーンを採用しているため、メンテナンスには気を使う必要がありますが、特殊な加工をされた「SDH特殊ピン」を採用しているためピンが削れにくく、チェーンが伸びにくい点が特徴です。

ゴールド&ブラック
サイズ
428
シール
なし
コーティング
あり(ゴールド&ブラックコーティング)
シールが無いので気軽に灯油でジャバジャバ洗浄できる。 伸びはシールチェーンなみかと思いますが、メンテを怠るとちゃんと伸びます。 時々注油や軽メンテナンスを行えば伸びの進行は明らかに抑えられます。

出典: https://www.amazon.co.jp

アールケー(RK)

ドライブチェーン BL520R-XW 110L ブラックメッキ

価格:9,633円 (税込)

ブラックカラーの2重コーティングバイクチェーン

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アールケーのドライブチェーン「BL520R-XW 110L ブラックメッキ」は、250ccから600ccのバイクに対応するシールチェーンです。ゴールドの高級感とブラックのクールさがかっこよく、カスタムバイクに装着するのにも最適です。

 

さらに、ピンの部分にまでコーティングが施されているので、ピンの摩耗によるチェーンの伸びが少ない点も優れたポイントと言えます。クールな印象で高い耐久性のバイクチェーンをお探しの方におすすめです。

ブラック×ゴールド
サイズ
520
シール
あり
コーティング
あり(ブラック×ゴールドコーティング)
やはりRKのチェーンはいい商品です チェーンが黒金だと、バイクが変わって見えて交換お勧め 車両の色といろいろと選べばおしゃれになります

出典: https://www.amazon.co.jp

D.I.D(ダイドー)

バイク用チェーン 520VX2-110FB STEEL(スチール) X-リング

価格:41,205円 (税込)

独自のXリング搭載でスムーズな走りを実現

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

D.I.Dの「 520VX2-110FB STEEL X-リング」はX-リングを搭載したシールチェーンです。ゴールドのコーティングで耐久性に優れており、250ccから600ccまで適合するので250ccや400ccの中型バイクに乗っている方におすすめします。

 

シールにはシール断面がX型のXリングを採用しており、シールの寿命を伸ばしています。Xリングは通常の断面がO型のOリングに比べてフリクション(摩擦抵抗)を約半分に減らす特徴もあるので、スムーズな走りも可能です。

シルバー
サイズ
520
シール
あり(Xリング)
コーティング
なし
数年眠っていたGB250 に取り付けました。燃費が約7パーセント程度改善したようです。走行時の音につては若干小さくなった様な気がします。シルバー色を選びましたが、目立ち過ぎず良い感じです。

出典: https://www.amazon.co.jp

バイクパーツセンター(Bike Parts Center)

ゴールドチェーンOリング シール式 525-120

価格:4,180円 (税込)

大型バイクにも最適なコスパに優れたシール&コーティングチェーン

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「ゴールドチェーンOリング シール式 525-120」は、ゴールドのカラーでコーティングされたコスパの高いバイクチェーンです。400ccクラスのバイクをメインに適合しており、耐久性の高いバイクチェーンを求めている方におすすめします。

 

ゴールドのカラーは上品な色合いとなっているので、見た目が美しいところも嬉しいポイントです。日本製のブランドにこだわらない方であれば、とてもお買い得なバイクチェーンと言えます。

ゴールド
サイズ
525
シール
あり
コーティング
あり(ゴールドコーティング)
チェンソーオイルでこまめに注油することと、走行後ウェスでチェーンを拭きあげました。これだけのメンテナンスで20000km以上もっています。2年使用していると、さすがにゴールド感はなくなりましたが、錆は出ていません。

出典: https://www.amazon.co.jp

バイクチェーンの比較一覧表

商品画像
メーカー
KMC
アールケー(RK)
D.I.D(ダイドー)
D.I.D(ダイドー)
スリード(THREED)
イーケー(EK)
D.I.D(ダイドー)
アールケー(RK)
D.I.D(ダイドー)
バイクパーツセンター(Bike Parts Center)
商品名
チェーン 420-100L
GP420MRU 110L チェーン
バイク用チェーン 420D-100RB STEEL
バイク用チェーン 520ERV3-120ZB G&G(ゴールド) X-リング
QX2リングチェーン 525Z ゴールド 130L
QXリングシールチェーン 520SR-X2 ブラック&ブラック 116L
バイクチェーン428NZ-122RB G&B(ゴールド&ブラック)
ドライブチェーン BL520R-XW 110L ブラックメッキ
バイク用チェーン 520VX2-110FB STEEL(スチール) X-リング
ゴールドチェーンOリング シール式 525-120
説明
とにかく安い、コスパの優れた台湾製バイクチェーン
シール&シルバーコーティングで耐久性抜群の
D.I.D(did)のスタンダードバイクチェーン
レースクオリティを体感できる520サイズの高性能バイクチェーン
ゴールドチェンのメリットを存分に感じられるバイクチェーン
ブラックカラーでクールなストリートモデルのEK(ek)チェーン
SDH特殊ピン採用で耐久性に優れたバイクチェーン
ブラックカラーの2重コーティングバイクチェーン
独自のXリング搭載でスムーズな走りを実現
大型バイクにも最適なコスパに優れたシール&コーティングチェーン
価格 561円 (税込) 8,157円 (税込) 1,233円 (税込) 12,640円 (税込) 28,213円 (税込) 9,300円 (税込) 4,976円 (税込) 9,633円 (税込) 41,205円 (税込) 4,180円 (税込)
リンク
ブラック
シルバー
スチールシルバー
ゴールド
ゴールド
ブラック
ゴールド&ブラック
ブラック×ゴールド
シルバー
ゴールド
サイズ
420
420
420
520
525
520
428
520
520
525
シール
なし
あり
なし
あり(X-ring)
あり
あり(QXリング)
なし
あり
あり(Xリング)
あり
コーティング
なし
あり(シルバーコーティング)
なし
あり(ゴールドメッキ)
あり(ゴールドメッキ)
あり(ブラックカラーリング)
あり(ゴールド&ブラックコーティング)
あり(ブラック×ゴールドコーティング)
なし
あり(ゴールドコーティング)

バイクチェーンは消耗品なので寿命があります。日常的に正しいメンテナンスや清掃を行い、バイクチェーンを安全に使えるように心がけましょう。

 

【目次】

バイクチェーンのメンテナンスを怠ると、さまざまなトラブルに繋がってしまう可能性があります。バイクチェーンの寿命は、10,000km~30,000km程度の走行距離を目安にして交換をするようにしましょう。

 

また、ノンシールチェーンは軽量で安価なチェーンですが、10,000km未満の走行距離でも交換が必要になる場合もあります。バイクチェーンはタイプや使い方によって寿命も異なるので、走行距離の確認には気を付けましょう。

バイクチェーンを交換するためには、チェーンを切断する必要があります。チェーンの切断のためにチェーンカッターやグラインダーなどの工具を用意しておくようにしましょう。また、ジョイントがカシメ方式の場合は、専用のカシメ工具の用意も必要です。

 

伸びてしまった古いチェーンの調整幅のままだと新品のチェーンが届かないので、ある程度まで調整幅を戻しておくようにしましょう。古いチェーンをカットするときは、グラインダーを使えば1分ほどでカットできます。

 

古いチェーンをカットして外したら、新しいチェーンに交換しますが、スクリュージョイントのグリスアップは入念に行っておくようにしましょう。最後にバイクチェーンの調整幅を適正な範囲に調整すれば、交換の作業は完了です。

バッテリー液などがチェーンに付着したままで放置すると、腐食が進んで寿命が縮まってしまいます。バイクの走行中にチェーンが裂断すると大きな事故を起こしてしまう危険性もあるので、チェーンが劣化していないかを日常的に点検するように心がけましょう

 

バイクチェーンの交換には専用の工具が必要ですが、一通りの工具を揃えるための出費はそれほど高いものではありません。機械の整備が得意な人であれば、バイクチェーンの交換は難しい作業ではないので、30分~1時間ほどで完了します

 

チェーンを交換する際は、商品に同梱されている説明書をよく読んでから作業するようにしましょう。バイクチェーンは命にも関わる重要な保安部品です。整備に慣れておらず、自分で交換するのは不安な方は、バイクショップへの相談をおすすめします。

バイクチェーンには、スチールのほかにシルバー・ゴールドの2種類が販売されています。違いを知っておくと、選ぶときに迷わないのでおすすめです。

シルバーチェーンは、スチールタイプのバイクチェーンの上から銀メッキに仕上げたバイクチェーンです。シルバーチェーンのメリットは以下のようなものがあります。

 

  • 通常のスチールの上からコーティングしているので錆びにくい
  • 錆が付いても目立ちにくいので手入れが簡単
  • 販売数が多いのでたくさんの種類のなかから選べる
  • ゴールドチェーンよりも価格が安い

 

手入れが簡単で価格が安いので、初心者の方にも向いているチェーンになっています。一方で、デメリットには以下のようなものがあります。

 

  • ゴールドチェーンよりコーティング回数が少ないため、耐久性に欠ける
  • 見た目がゴールドより地味になりやすい

 

バイクチェーンの見た目を重視する方にとっては少し物足りなさがあるかもしれませんが、お手入れの簡単さなどを重視するなら、シルバーチェーンはおすすめです。

ゴールドチェーンは、通常のバイクチェーンのスチールの上にコーティングされた銀メッキの上から、さらに金メッキのコーティングを行って作られているタイプです。ゴールドチェーンのメリットには以下のようなものがあります。

 

  • シルバーチェーンよりもコーティング回数が多いため、錆びにくい
  • ゴールドチェーンは見た目も華やかなので、バイクチェーンを目立たせたいときにおすすめ
  • 錆びにくいためコスパが良い

 

ゴールドチェーンは錆びにくさと見た目を備えており、バイクチェーンを目立たせたい方におすすめです。一方でデメリットには以下のようなものがあります。

 

  • コーティング回数が多いので価格は高めになる
  • 販売数がシルバーチェーンより少ない

 

ゴールドチェーンはコーティング回数が多いため価格が高くなります。予算に糸目をつけずチェーンをそろえたい方におすすめです。

バイクチェーンだけでなく、その他のバイク用品もお気に入りのもので揃えるのがおすすめです。バイクチェーンと同様で乗っているバイクに合わせて選ぶと失敗しません。

 

【目次】

バイク用チェーンロックは、大事なバイクを盗難から守るために必要なバイク用品です。回すだけで簡単にロックがかけられるチェーンロックや、鍵が付いているタイプ・アラームが付いているタイプなど、さまざまなチェーンロックが販売されています。好みに合わせて選びましょう。

チェーンルブ(オイル)は、バイクの走りやバイクチェーンの耐久性を上げるための商品です。オイルを差し込むだけで金属の擦れる音を防ぎ、摩擦を減らしてバイクチェーンがなめらかに動きます。チェーンを錆びないようにするケア用品なので持っておくと便利です。

 

バイクチェーンが錆びやすかったりなめらかに動かない方は、メンテナンスをしっかりしていないのが原因です。オイルを持っておけば、自転車にも使えるのでおすすめです。

バイクチェーンを交換する際に、バイク用のチェーンカッターが必要になります。自分でバイクチェーンを交換できれば、お店で交換する必要がないので手間とコストを抑えられます。バイクチェーンの適合サイズに合わせて選ぶと使いやすいです。

 

バイク用のチェーンカッターは、バイクのチェーンに合わせて購入する必要があります。2台以上のバイクチェーンに使用する方はすべてのチェーンに合うタイプを選ぶようにしましょう。

バイクチェーンの汚れが気になってきたら、チェーンクリーナーを使用するのがおすすめです。バイクチェーンは汚れを放っておくと、錆びやすくなったり、チェーンがなめらかに動かなくなる原因になります。定期的に汚れを落としておくとチェーンが長持ちします。

今回は、バイクチェーンの選び方や人気おすすめランキングを紹介しました。バイクチェーンは交換して走りの違いが体感できるパーツです。乗る場所や用途に合わせて合うものを選ぶとバイクの走りをより楽しめるので、購入に迷ったらぜひ参考にしてください。