猫の爪切りおすすめ人気ランキング15選【初心者向け・電動タイプも】

猫を飼っている方は、愛猫の爪のお手入れをしてあげているでしょうか。猫の爪は意外と早く伸びるため、こまめな手入れが必要不可欠です。そこで今回は、初心者でも簡単に扱える、猫の爪きりをタイプ別に紹介していきます。愛猫の爪切りで悩んでいる方は、参考にしてみてください。

2022/06/14 更新

「猫は自分で爪とぎをするから、爪切りの必要はない」と思われる方もいるのではないでしょうか。爪とぎは古い層の爪をはがす役割がありますが、それは自然界で獲物を捕まえる・木に登るなど鋭い爪を維持するための行動でもあります。

 

そのため、爪切りをやらないと鋭い爪で家具を傷付けたり、飼い主や猫自身も怪我をするリスクが高まったりします。ひっかき傷からの感染症、巻き爪が肉球に刺さり出血、という事例もありますので、日頃からしっかりとケアをしてあげましょう。

 

そこで今回は、猫の爪切りの選び方や、初心者の方でも扱いやすいおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

ペティオ (Petio)

プレシャンテ 猫用ネイルカッター ストッパー付

価格:711円 (税込)

子猫を飼い始めた爪切り初心者におすすめ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ぺティオの猫用ネイルカッターは、ストッパーが付いていて深爪をしにくい構造になっています。猫の爪切りが初めての飼い主さんも、一定の長さで子猫の爪をしっかりと切れるため安心です。刃先が曲がっているので、爪に当てやすいのも嬉しいポイントですね。

 

また、ハンドル部分はビニールで滑りにくく、しっかりと握れます男性の場合は、小さく感じることがあるため購入の際は注意しましょう。

 

子猫の爪を切る時に「パチン」と大きな音が鳴ると、子猫がびっくりしてしまうため、寝ている間に爪を切ることをおすすめします。慣れないうちは、少しずつ落ち着いて切っていきましょう。

値段
使いやすさ
仕上がり
私は猫の爪切りは初めてでした。こちらはストッパーのおかげで深爪しにくいですし、切れ味も良く、素人の私でも安全に切ってあげることができます。この商品で3回爪切りした後、手早くできるためにストレスが少ないのか、愛猫は慣れて暴れずにさせてくれるようになりました。

出典: https://www.amazon.co.jp

猫の爪切りには、「ハサミ」「ギロチン」「ピコック」「電動やすり」「ニッパー」など、さまざまなタイプがあります。以下の記事では、爪切りの種類や選び方について解説しますので、参考にしてください。

 

猫によって体格や性格も違い、爪の状態もさまざまです。以下では、5種類の爪切りをご紹介しますので、猫の爪の状態や性格などに合った爪切りを選びましょう。

 

ハサミタイプは、爪がやわらかい子猫におすすめの爪切りです。使い方も普通のハサミと同じなので、猫の爪切りに慣れていない初心者でも簡単に使えます。

 

しかし、爪が硬い成猫や爪が厚い老猫に使うときには注意が必要です。爪を切る時に力が均一にかからず、硬い爪の場合は割れる・ヒビが入るなどのトラブルも起こる可能性が高いため、成猫や老猫に使用するのはあまりおすすめしません。

 

そのため、ハサミタイプは爪切りに慣れていない飼い主と子猫で使い、慣れてきたらハサミ以外の爪切りに切り替えていくことをおすすめします。

ギロチンタイプは、爪を切る時にパチッと大きな音がならないため、音に敏感な猫におすすめの爪切りです。丸く空いた穴の部分に爪を差し込んで切ります。ハサミと違って力が均一にかかるため、切り口はきれいに仕上がるのが特徴です。

 

猫の性格からいえば、爪を切る間におとなしく待てる猫におすすめします。じっと待てない猫の場合、深爪になることもあるため注意が必要です。また、巻き爪の猫は爪を穴に差し込むのが難しいため、ギロチンタイプは避けた方が無難です。

ピコックタイプは、巻き爪の猫におすすめします。ギロチンタイプのように穴に爪を差し込む必要がないため、巻き爪の老猫でも切りやすいのが特徴です。また、ハサミのように刃を直接爪にあてて切るため、ギロチンタイプよりも簡単に爪を切れます。

 

爪を切る時に大きな音もならないため、猫をびっくりさせる心配もありません。また、均一に力がかかりスパッと切れるため、切り口はきれいに仕上がります。

電動やすりタイプはおとなしい性格の猫におすすめです。爪が飛び散らずに少しずつ削っていくため、お好みの長さに調整できます。

 

他のタイプの爪切りに比べて時間がかかりますが、圧倒的にきれいに仕上がるのが電動タイプの特徴です。しかし、怖がりな性格な猫は振動で驚き、暴れん坊な猫はゆっくり削る電動タイプは待てない可能性があるので、避けた方がいいです。

 

電動やすりには、電池とUSBで充電できるタイプのもがあります。商品によっては振動音がうるさい・強いものもあるため、口コミを参考に慎重に選びましょう。

ニッパータイプは、爪が厚く・硬くなりがちな老猫におすすめです。大きい猫向きであり、小さい子猫は切りにくい可能性があるため注意しましょう。ハサミと同じように力が均一にかかりませんが、ハサミよりも力が入れやすいため、爪が割れてしまうことは少ないです。

 

しかし、切れ味次第ともいえるため、切れ味が良いものを選びましょう。グリップは、滑りにくく力の入りやすいゴム製のものがおすすめです。

 

人間の爪切りもニッパータイプなので、人間用の爪切りを使う飼い主もいます。猫の爪に合わせて設計された爪の割れにくい商品もありますので、ぜひチェックしてみてください。

爪切りを終えた後の爪の仕上がりが、綺麗になるかも大切なポイントです。爪切りのタイプで言うと、ハサミ、ギロチン・ピコック、電動やすりの順で仕上がりが変わってきます。ハサミを成猫の年齢の子に使用すると、爪が割れる・ヒビが入る可能性があるため、注意が必要です。

 

切れ味の悪い爪切りは、切り口がボコボコになるため、切れ味の良いものを選びましょう。爪やすりがセットの商品であれば、切り口を整えられます。また、一番仕上がりが綺麗になるのは電動やすりの爪切りです。

 

しかし、電動タイプで全部削るのは時間がかかってしまいます。ギロチン・ピコックタイプである程度爪を切り、仕上げに電動やすりタイプを使うという飼い主さんもいますので、参考にしてください。

飛び散った小さな爪を片付けるのは大変です。爪が飛び散らないタイプのものを選ぶと、掃除の手間がかからないためおすすめです。電動やすりタイプは切らずに削っていくため、爪が飛ばないうえに下にタオルなどを敷くだけで後片付けは簡単に済むのが嬉しいポイントです。

 

また、爪切りのタイプによっては、飛び散り防止ケース付きの商品もあります。「飛び散りにくい」を売りにしている商品もありますので、チェックしてみてください。

電動やすりには、ほぼ全てに保護カバーがセットになっています。保護カバーは3種類セットになっていて、付け替えることにより猫用・中型犬用・大型犬用と使い分けられます。犬と猫と一緒に暮らしているご家庭には嬉しいポイントですね。

 

ハサミ・ニッパータイプの爪切りには、ストッパーが付いているかもチェックしておきましょう。ストッパーは深爪を防いでくれるため、爪切り初心者の場合はストッパー付きのものが安心ですね。

pengpengdog

小型動物専用ペット爪切り

価格:899円 (税込)

人体工学に基づいたデザインで持ちやすい

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

pengpengdogのペット爪切りは、子猫だけではなく犬・うさぎ・ハムスター・鳥などの小型動物専用の爪切りです。ステンレス刃で、切れ味も良くさびにくいため衛生的に長く使えます。深爪防止カバーが付いているため、猫の爪切りが初めての飼い主でも安心です。

 

ハンドル部分は、人体工学に基づいた持ちやすいデザイン。ラバーグリップで滑り止め付きなので、安全に爪を切れます。

値段
使いやすさ
仕上がり
すごく使いやすいので、かなり重宝してます。保護猫の仕事をしているので、仕事場とうちの子に使ってます。以前、ニッパー式のを購入してすごく使いやすいのでメインはそちらを使ってますが 薬をカットしたりにも使えるし 何より、子猫用に丁度良い。

出典: https://www.amazon.co.jp

ドギーマン

ハニースマイル 猫用カーブ爪切り

価格:682円 (税込)

25度のカーブで狙いが定めやすい

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドギーマンのハニースマイルの猫用カーブ爪切り。刃先に向かっての25度カーブしていることによって、楽な姿勢でカットできます。また、爪を切る時に切断面が見やすいため、狙いが定めやすいのも嬉しいですね。

 

プラスチック部分には抗菌加工が施してあり、清潔に使うことができます。また、グリップ部分にはラバーコーティングを施しているため、持ちやすく疲れにくいですよ。プロのトリマーも愛用する商品です。

値段
使いやすさ
仕上がり
コンパクトで使いやすい。今まで使ってきた爪切りの中でいちばん使いやすく愛用してます。

出典: https://www.amazon.co.jp

猫壱

ストレスなくスパッと切れる猫用爪切り

価格:2,017円 (税込)

切れ味が最高に良く仕上がりも綺麗

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

歴史のある刃物産業の町・岐阜県関市で作られる安心な日本製の猫用爪切りです。ステンレス鋼も日本製で、切れ味だけではなく耐摩耗性にも優れています。

 

刃先は1.5mmと薄く狙いが定めやすい設計で、切る時の衝撃が猫に伝わりづらく、猫をビックリさせないのがポイントです。

 

スパッと切れる・サクサク切れると評判で、買って良かったという声が多い商品です。少々価格は高いものの、切れ味重視の方は選んで損はありません。

値段
使いやすさ
仕上がり
すごい本当にスパスパ切れる。今までの爪切りはミシミシ切ってる感じだったけど暴れん坊の猫をなだめつつ爪切りを当ててスパッ、スパッ、スパッ両手両脚ものの数分でハイ、終わり!ご苦労様!さすがにちょっと太い爪だと割れちゃうけど細い爪はキレイに切れますよ

出典: https://www.amazon.co.jp

ドギーマン

ナチュラルスタイル 猫用爪切り

価格:399円 (税込)

コスパで選ぶならコレ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドギーマンのナチュラルスタイルの猫用爪切りです。他の商品に比べると圧倒的に価格が安いため、多くの飼い主に選ばれています。成猫になっても使う愛用者もいるほどです。

 

性能面でも他商品に劣りません。滑りにくい樹脂製グリップ・ステンレスの刃に加え、フックで差別化をしています。フックに指をかけると安定して切りやすいです。性能も良く安い、コスパの良い商品です。

値段
使いやすさ
仕上がり
ギロチンタイプも惹かれたのですが、2ヶ月半の子猫なので、爪も柔らかいし驚かせてもだめなので小さいハサミタイプを選びました。さくっと切れます。安いし、当分これを使おうと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp

Hodoo

ペット用爪切り 犬猫用

価格:980円 (税込)

力を入れずに切ることができる

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パチンと大きい音のならないギロチンタイプの爪切り。あまり力を入れずに爪を切れます。価格に見合った切れ味に満足の声が上がっています。

 

説明書と使い方の説明がないため、初めてギロチンタイプを挑戦する方は不安に感じるかもしれません。しかし、切り方を知っている・調べることができる方は問題なく使えます。

値段
使いやすさ
仕上がり
なかなかうちの猫は爪を切らせてくれず、困ってたのですが、こちらで購入したこの爪切りだと、スムーズに爪が切れるので、終わるまでじっとしてくれます。買ってよかったです!

出典: https://www.amazon.co.jp

Dellepico

犬用・猫用爪切りセット

価格:798円 (税込)

ヤスリ付きで切れ味も良くコスパ◎

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Dellepicoの犬用・猫用の爪切りとヤスリのセットです。ステンレス刃を採用し、お値段以上の切れ味で、初心者でも簡単に扱えます。ヤスリがセットなのも嬉しいポイントで、コスパが良いとの評価も多いです。

 

また、ドライバーで刃の切れ味も調節でき、お好みの切れ味に調節ができますよ。説明書が分かりにくいとの口コミもありますが、ショップに連絡すれば対応してもらえるため安心して使用できます。

値段
使いやすさ
仕上がり
通常の爪切りでカットする時の鈍いギリッ、ショキンとした感覚が不快な様でした。届いてからこちらを試してみたところ見覚えの無い形状に不信感も抱かれずこれは家としては奇跡なのですが抱っこせず、対面で座ったままカットする事ができました。

出典: https://www.amazon.co.jp

WeinaBingo

犬用・猫用爪切り ギロチンタイプ

価格:998円 (税込)

獣医師・トリマーも高評価

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

WeinaBingoのギロチンタイプの爪切りです。刃はステンレスで切れ味が良く、バネ設計で強い力を必要とせず爪を切れます。ササっと切れるため、猫が嫌がる前に切り終えられるのも嬉しいポイントです。

 

お値段以上の切れ味であるため、愛用者も多い商品です。1000円以下でこの切れ味と使いやすさは「コスパ最強」との声があがっています。ギロチンタイプに初挑戦の方も、コスパの良いこの商品なら挑戦しやすく、おすすめです。

値段
使いやすさ
仕上がり
愛猫がちょっと寝ている隙にさっと出してさっと切れる!おまけに切れ味も抜群。初めは高いな~と思っていましたが愛猫を押さえつけて切ったり動物病院に連れて行って切ってもらったりしなくていいことを考えるとむしろ良心的なお値段だと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp

廣田工具製作所

ペット用つめ切り ZAN ギロチンタイプ

価格:1,845円 (税込)

切れ味抜群!ギロチンと言えばこの商品

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ペット用爪切り「ZAN」は、工具職人が切れ味を追及して作った爪切りです。海外製だと品質が安定しない場合もありますが、日本製であるため、切れ味・使いやすさが保証されています。

 

ドライバーを使い、刃の切れ味を調整できます。スパッとした切れ味が持続するため、他の商品よりも割高ですが、長い目で見ると価格は気になりません。安定の品質・切りやすさを求めるなら買って損はないです。

値段
使いやすさ
仕上がり
獣医がギロチンタイプを使っていたので試しに購入。サクッと切れる切れ味に驚きました。猫も爪切り行為に対してあまり違和感を覚えなかったよう。また、人間側もはさみタイプよりもしっかり握ることが出来るので、安全です。

出典: https://www.amazon.co.jp

廣田工具製作所

ペット用つめ切り ZAN ピコックタイプ

価格:2,400円 (税込)

巻き爪の猫におすすめ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

廣田工具製作所の、ピコックタイプの爪切りです。安心の日本製で切れ味は抜群、ギロチンタイプのように穴に通す必要がなく簡単に切れますよ。爪に当てて切れるハサミの良さと、均一な力でサクッと切れるギロチンの良さの両方を兼ね備えています。

 

また、グリップのバネがちょうど良く、サクッと切りやすいのも嬉しいポイントです。ドライバーで切れ味の調節ができ、好みの切れ味にできます。

 

巻き爪の猫もこの爪切りなら、ワンステップで簡単に切ることが可能です。ピコックタイプで愛猫を巻き爪の痛みから解放してあげましょう。

値段
使いやすさ
仕上がり
ギロチンタイプより使いやすく切れ味がいいので、素早く爪切りを終えられるという評価を見て、私も自分でつめ切りをする決意をして、今日届いてすぐにチャレンジした所、後ろ足も上手く切る事が出来ました。多少暴れはしましたが、なんとか切り終えて大変満足です。

出典: https://www.amazon.co.jp

Pecute

ペット用電動爪やすり

価格:2,099円 (税込)

1時間のUSB充電で4時間も使える

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ペキュートのペット用電動爪やすりです。静音設計で振動も小さいため、猫を驚かせることなく爪切りができます。また、USB充電式で1時間の充電で約4時間も使えます。研削速度(低速と高速)と3つのポートを使い分けることにより、ペットの大きさや自分の好みで使いやすいように設定ができますよ。

値段
使いやすさ
仕上がり
この商品は仕上がりもキレイで音も静か電動なのであっという間に終わるので猫ちゃんはもちろんですが私が一番ストレスなく爪の処理ができるので満足しています。充電式なところもいいですね。

出典: https://www.amazon.co.jp

メルランド

ペット用 電動爪トリマー

価格:2,627円 (税込)

人間工学に基づき設計されたグリップで疲れにくい

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メルランドのペット用電動爪トリマーは、高品質ダイヤモンド研削石を採用しています。そのため、力を入れずとも削ることができ、耐久性にも優れていますよ。また、人間工学に基づいたグリップは、長時間の作業でも疲れにくい設計です。

 

スピードの調節はできませんが、静音設計・低振動であるため、安心して使えます。使用後はプロも感動するほど、ツルツルでさわり心地が良い仕上がりです。

値段
使いやすさ
仕上がり
爪がすぐに研げて、猫も嫌がりません。丸くできるので仕上がりも綺麗!

出典: https://shopping.yahoo.co.jp

difang(ディーファン)

電動爪トリマー

価格:2,000円 (税込)

研削ヘッドが洗えて衛生面も安心

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

difangの電動爪トリマーは、静音・低振動で爪への振動も最小限に抑えらた設計です。猫により差がありますが、寝ている間に爪を削ることも可能なほど静かですよ。スピード調節・カバーの付け替えにより、体の大きさに合わせた削り方ができます。

 

他商品との大きな違いは、研削ヘッドは取り外し可能であること。取り外したヘッドは水洗いできるため、衛生的に使い続けられます。研削ヘッドには削った爪の粉が付着するため、洗えるのは嬉しいポイントです。

値段
使いやすさ
仕上がり
猫ではなく私の方が、毎回引っ掻かれて流血…で、思い切って購入。思ったより音も静かで、それほど振動しないのと、一気に削れないので少しずつ様子を見ながら出来るので助かります。猫は削られているのを不思議そうに見てます。私も怪我しなくて済みます。(笑)

出典: https://review.rakuten.co.jp

CEESC

ペット用爪切り

価格:699円 (税込)

爪やすりとセットでコスパ◎

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

CEESCの小動物専用のニッパータイプの爪切りです。ハサミからの買い替えで使いやすさを感じている人が多い商品です。ハサミよりも握りやすく力が入れやすいため、切れ味の良さを感じます。深爪防止カバーもあるため、初心者でも安心。

 

人間工学に基づいて作られたゴム製のグリップは、滑りにくく力も入れやすいです。爪やすりとセットでこの価格なのでコスパの良い商品です。男性と女性どちらでも使用できますが、重いと感じる人もいるため男性におすすめです。

値段
使いやすさ
仕上がり
握りやすくサクッと切れます!猫専用使ってたのですが、爪が割れたりしたからこれに変更してみましたが、今の所大満足です。コスパも良いですね。

出典: https://www.amazon.co.jp

SUWADA、nekozuki(ねこずき)

猫爪切り ニッパー

価格:11,000円 (税込)

切れ味・使い勝手の良い高級品

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

英王室御用達店でも取り扱われる、高級爪切りを製造しているSUWADA。切れ味と機能性の高さを追求した猫用爪切りです。刃は猫の爪の形に合わせて作られているためとても扱いやすく、1mm単位での調整を可能にしています。

 

切りたい部分がよく見えるため、深爪の心配がありません。価格がネックですが、初心者にもおすすめの爪切りです。また、刃先が最大15ミリまで刃が開くため、厚くなった老猫の爪もサクッと切れます。バネもちょうど良く、少ない力で抜群の切れ味を味わえますよ。

値段
使いやすさ
仕上がり
爪切りを嫌がるので試しに購入しました。切り口がスムーズに入りますので爪の硬さの抵抗が少ないです。猫にとっても優しい爪切りのようです。大型猫2匹なので、それなりに爪も大きいので標準の最初からの開き口が開いているといいかなとは思います。

出典: https://www.amazon.co.jp

LAIKA

ペット用爪切りセット

価格:1,399円 (税込)

安全カバーで深爪防止!デザインもかわいい

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

肉球デザインがかわいいニッパー式爪切りです。深爪防止の安心カバー付きなので、初心者も安心して使えます。ハンドル部分には爪やすりが収納されているため、仕上げに爪先を整えることができます。

 

ハンドルは人間工学に基づいているため、握りやすい設計。ゴム性で滑りにくく、しっかりと切れます。刃には高品質合金を採用し、錆びにくく切れやすい作りになっています。

値段
使いやすさ
仕上がり
我が家の猫ちゃん用に購入しました。いつも人間用の爪切りを使用していたのですが、嫌がり方が半端なく困っていました。こちらの商品を購入し、使用してみたところ、嫌がりはしますが、持ちやすさ、切りやすさのお陰で、素早く爪切りを終えることができました。

出典: https://www.amazon.co.jp

爪切りの頻度は、猫の年齢によって変わってきます。運動量が多いと爪の成長が早く、運動量の低い猫は爪の成長が遅くなる傾向があります。そのため、生後1年未満の子猫は1週間に1度、1歳以上の猫は2~3週間に1度切ることをおすすめします。

 

肉球を押すと爪が出ますので、爪がとがっていたら切るようにしましょう。また、頻度に関わらず、爪がとがっていると感じたらこまめにケアをしてあげてください。特に爪とぎをあまりしなくなった老猫はこまめなチェックが必要です。

 

また、前足の狼爪も忘れずチェックをしましょう。猫の爪を切るのは前足だけでOKという意見もありますが、一緒に遊ぶときにとがった爪で蹴られると飼い主側が傷つくため、切っておいた方が安心です。

猫の爪を切る際はまず、指の中にしまってある爪を優しく手で押し出します。そうすると爪が出てくるので、先端の部分を切りましょう。

 

切る部分としては、先端の尖った部分のみを切るのが正解です。それでもどこまで切るか迷う場合は、先端から1〜2mmほどを目安に切るようにしましょう。後ろ足は、前足よりも短めに切るように意識しながら行ってくださいね。

 

あまり深く切ると血管や神経を傷付けてしまうおそれがあるので、ピンク色に透けている爪の部分を切らないように注意しましょう。不安な場合は、病院で医師に切ってもらうことをおすすめします。

ここでは、爪切りを嫌がる猫への対策を紹介します。猫は一度嫌なイメージが付くと爪切りを怖がるので、無理強いは禁物です。まだ子猫の場合は、今からしっかりと爪切りに慣れさせ、日頃からのスキンシップを大切にすることで、今後も爪切りがしやすくなります。

 

寝ている間に爪を切ったり、終わるとおやつがもらえる・ほめられる、と学習させたりするのもおすすめです。2人がかりで、気をそらせながら切るのも手です。また、バスタオル・洗濯ネットで包むことで、おとなしくなる猫もいます。

 

洗濯ネットを使用する場合は目が粗いものを選び、ネットの穴から爪を出して切ります。猫用マスク・キャットグルーミングバッグなど爪切り対策の商品もあるので、気になる方はチェックしてください。

爪切りを嫌がる猫は少なくありません。強引に爪を切ろうとすると猫も飼い主も怪我をしてしまうこともあるので、その場合は無理をせずに、病院で切ってもらうことをおすすめします。

 

爪切りにかかる費用は病院によって違いはありますが、おおよそ500〜1,000円ほどです。病院によっては診察中に切ってくれたり、健康診断の項目の一つとして行ってくれるところもあります。こちらも病院によってさまざまなので、迷っている方は病院に問い合わせてみてください。

愛猫・飼い主ともに快適に過ごすために、爪切りは避けられません。リラックス状態でストレスのかからないように、なるべく短時間で切ってあげましょう。

 

また、無理をして血管を傷つけると怪我をさせてしまうことがあるので、不安な場合は病院で切ってもらうのも手段の一つです。医師からアドバイスをもらって再度自宅で挑戦してみましょう。