大人気のオシロスコープおすすめランキング10選【車やDIYも】

家庭で電子工作やDIYを始めたい方にあると便利なオシロスコープ。いままで値段が高くて手に入らないと思っていた方でもお財布に優しいハンディタイプも発売されており、注目されています。人気のオシロスコープをランキングや選び方をまとめてみたので見ていきましょう。

高性能なオシロスコープで趣味を信頼できるものに

オシロスコープは電子回路を確認するためのアイテムで、近年では家庭用に購入する方も増えてきています。学生の頃に理科の実験室などで使用したり、見かけた方もいるでしょう。しかしオシロスコープはプロの現場だけでなく、市販で購入できるので自宅にいながら使用することができるのです。

 

オシロスコープの使い方はどのようなものがあるのでしょうか。日々の生活の中でたくさんの電子機器を便利に使い過ごしているはずです。通勤や通学に必要な車や自室のエアコンやラジオ、趣味で始めたDIYなどのメンテナンスに活躍してくれるでしょう。

 

電子機器が劣化したりいつもと異なり調子が悪くなることもあります。電子機器を目で見ることやテスターだけでは不具合を見分けることは難しいのです。オシロスコープは調子が悪い電子機器の回路を全体的に計測することができます。目に見える状態で異常をきたした部分を早めに知らせてくれるので重宝します。

オシロスコープの選び方

オシロスコープはいくつかのメーカーから発売されているので種類が豊富です。どのような用途に使えるか機能は足りているかなど、さまざまな特徴があるので選び方を参考にしてみてください。

周波数帯域で選ぶ

オシロスコープが計測できる周波数帯域には限度があるので購入する前にチェックしておくといいでしょう。どのオシロスコープでも正確には計測できる電気信号は4分の1程度なので詳しく確認することが必須です。オシロスコープを購入するにあたり周波数帯域は重要になります。

ハンディタイプなら周波数帯域をこだわらず選べる

オシロスコープで簡単な電子回路を作成する場合や初心者の方は周波数帯域にそこまでこだわる必要はありません。リモコンの信号などの確認をする場合や自宅で小さな電子回路を作る時などは20MHz程度でも使いこなすことができます。オシロスコープの性能をそこまで重視しなければコスパにも優れた買物ができるでしょう。

幅広く本格的な電子工作が目的ならば

自宅でも本格的な電子工作をしたい方におすすめのデスクタイプを選んでみましょう。オシロスコープはデスクタイプがあればだいたいの電子工作やDIYなどの作業をカバーしてくれます。また、周波数帯域が広い50MHz程度のものを目安にすれば問題なく使いこなせるはずです。

 

オシロスコープ選びでは周波数帯域が重要なポイントになります。なるべく50MHzほどの余裕があるものを選択して購入することがおすすめです。

タイプ別で選ぶ

オシロスコープには大別してハンディタイプとデスクタイプに分けることができます。持ちやすさや置きやすさなど利用方法によってそれぞれで異なるのでタイプ別に紹介します。

ハンディタイプは自宅でも屋外でも使える

ハンディタイプのオシロスコープは簡単な電子回路を作る際にも気軽に使えますが、どこへでも持ち運びができるのが便利です。手に収まるサイズなのでかばんに工具などと一緒にまとめて入れることもできます。

 

デスクタイプより機能の面では不十分ですが、自宅で電子工作を楽しむ他に屋外に持っていけば作業が捗るでしょう。初心者で電子工作をやり始める方にもリーズナブルで操作が簡単なのでおすすめです。

 

ハンディタイプの電源は乾電池やUSBでの充電式で、コードレスなので身の回りがすっきりします。電源はそれぞれ使いやすものを選択すればいいでしょう。気になるオシロスコープの電源をしっかり確認してから購入してください。

デスクタイプで憧れの本格的な電子工作

デスクタイプはやや大きめの計測機器で平らな机や棚、床など自宅に据置きして使うオシロスコープです。デスクタイプは大きさや重量があるので持ち運びをして屋外などで使うことは環境などによって困難になります。持ち運ぶために設計されていませんので部屋に置く場所を確保する必要があるでしょう。

 

デスクトップのメリットは機能性が優れいているので本格的な電子工作が可能になります。機能が満載なので多岐にわたる使い方ができるでしょう。また、画面が大きいので知りたい情報を目で確認することが容易にできるのも便利なのでおすすめです。

 

しかし、デスクタイプは高い機能と性能を装備しているので高価なものが多くあり、操作にも慣れていないと難しいでしょう。オシロスコープを長年使っている方や電子工作に優れている方などはデスクタイプ注目してみてください。

 

スペックなどの機能で選ぶ

オシロスコープをどのように使うかでスペックなどの機能がどのくらいか確認するのも必要なことです。趣味で購入する方でも安い買物ではないので後々になってほかのアイテムのほうが良かったと後悔しないようにしてください。

サンプルレートで選ぶ

オシロスコープが欲しい方はサンプルレートご存知でしょうか。デジタルのオシロスコープにある液晶モニターには波形の周波数がデジタイズされてリアルタイムに映し出すことをサンプルといいます。サンプルされるまでの工程の速度をサンプルレートといい、波形が繰り返す周波よりもはやい速度でなくてはなりません。

 

サンプルレートが低いとうまく波形を表示することができませんので、数値が高いものを選ぶといいでしょう。値段が高いものがサンプルレートが高いというものではないのでしっかりと機能を確認してください。同じような値段でも機能が異なるものがあるので要注意です。それぞれの本体の仕様をよく見てから購入してください。

 

チャンネル数で選ぶ

オシロスコープで作業を理想の形に近づけるならチャンネル数は大事になります。波形を観測するには用途に合わせてチャンネル数が備わったものが必要なのです。家庭で初心者の方などが扱うには2chでも十分で、2つの波形を比較しながら検討することができます。

 

プロの方やオシロスコープを使っていろんな用途を実行したい方は3chや4chあれば満足できるでしょう。しかし、ロジック信号を測るのならば16個もの波形を加えることができるものもあります。オシロスコープの機能を惜しみなく使用して観測するこができるでしょう。

 

オシロスコープを購入後にチャンネル数を追加することはできません。チャンネル数が多いものは高価なことがほとんで、家庭で使うのならばまずは2chを検討してみてはいかがでしょうか。高価なオシロスコープは操作も難しいので簡単な電子工作にも不向きです。それぞれ用途やレベルに合ったものを選んでください。

 

簡単な操作性や便利さで選ぶ

オシロスコープは波形や計測などの機能性を重視するのは大事なことです。しかし機能ばかり優れていても操作が難しくては電子工作を途中で断念せざる負えません。目で見てわかりやすいユーザビリティに優れたものや便利なものを選ぶのもポイントでしょう。

画面の見やすさは波形の解析をしやすくする

オシロスコープの液晶画面は波形などの色合いなどがぞれぞれ異なります。しかし色彩が豊な細かく波形やトリガー機能によって、描写される画面を長時間観測すれば目の疲れがでてくることもあります。オシロスコープにもよりますがなるべく大きくて見やすい画面を選択するのもおすすめです。

 

オシロスコープの画面を白黒ではなく液晶カラーにしたり、バックライトが点灯する機能が備わったものもあります。画面がきれいさなどは好みにもよりますが、長く観測することも考慮して選ぶといいでしょう。また、画面がタッチパネルで拡大や縮小できるモデルもあるので注目してみてください。

初心者の方でもオートセットボタンで簡単に

オシロスコープを購入したら用途に合わせた設定が必要です。しかし、まだオシロスコープに慣れていない方や操作が苦手な方はオートセットボタンを押すだけで自動で設定することができます。まずは初めて購入したオシロスコープですぐ自動で計測してみてもいいでしょう。

 

あくまでもオートセットボタンでできる計測はオシロスコープ本体に任せた自動計測です。特殊な波形を計測したりするには専門的な知識を学ぶ必要があるので、使える機能が備わったものを選ぶのがいいでしょう。

オシロスコープの人気ランキング10選

第10位Wiysond

DSO112A ハンドヘルド・ポケット・オシロスコープ

価格:9,233円(税込)

ハンディタイプの優れもの

Amazonで詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手に収まるサイズの超小型オシロスコープDSO1123A。小さなボディですがDSO112から改良を加えられバージョンアップされています。より正解に欲しい情報を的確に計測してくれるでしょう。

 

おもちゃのようなかわらしい見た目ですが、いくつかの機能が搭載されています。屋外で使用する場合に電池の残りを画面に表示されるので安心です。もしも電池が切れてしまった時でもメモリ機能が搭載されているので便利に使えます。

 

また、画面はタッチパネルで操作ができるので携帯電話を持っている方にも重宝してくれるでしょう。子供や初心者の方でも電子工作をどなたでも気軽に始めることができそうです。

周波数帯域2MHzチャンネル数1ch
サンプルレート5MS/s本体サイズ幅1.7×奥行18.0×高さ1.8㎝
重量86.2g
第9位テクトロニクス

ベーシックオシロスコープ TBS1052B

価格:49,788円(税込)

高機能なオシロスコープがコスパ良好

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ベーシックオシロスコープ TBS1052Bはテクトロニクスの1000シリーズでいちばん購入低価格ですが機能が十分に備わっております。従来モデルより新たに刷新した7型の高画質ディスプレイが見やすくて観測がしやすいのでおすすめです。

 

使い方で困ったらすぐにその場で使えるヘルプ機能も備わっているのが嬉しいポイントでしょう。見やすくて使いやすいオシロスコープは34種類もの自動測定が可能になっています。機能が満載ですが価格は低価格でリーズナブルなのもお財布に優しいです。買い替えを計画してる方もチェックしてみてください。

周波数帯域50MHzチャンネル数2ch
サンプルレート1GS/s本体サイズ幅32.7×奥行15.8×t高さ12.5㎝
重量2kg
第8位リゴルジャパン

デジタルオシロスコープ DS1054Z

価格:55,940円(税込)

いろんなシーンで活躍してくれるオシロスコープ

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高機能が搭載されており、初心者から用途が幅広い方までのニーズに応えられるデジタルオシロスコープ DS1054Z。7インチの画面はサイズが大木だけではなく、高画質で波形を観測できます。7インチのワイド画面で長い信号も観測できるのがおすすめです。

 

リゴルオリジナルのウルトラビジョンで映し出されるグラデーション波形が目で確認できるところが注目すべきでしょう。本体はデスクタイプですがあまり場所をとらない薄型なので身の回りもすっきりです。こちらのオシロスコープは機能が豊富ですが価格設定はリーズナブルなのが人気の1つでしょう。

 

 

周波数帯域50MHzチャンネル数4ch
サンプルレート1GSAs本体サイズ313.1×160.8×122mm
重量3.2㎏
第7位Hantek

dso5072p オシロスコープ

価格:48,254円(税込)

お手頃な価格で機能が豊富

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

じっくりと長い時間をかけて回路の計測をするにもぴったりのdso5072p。本体前面にある大きな7インチWVGAを装備しているので、自宅にいながら本格的な作業も観測しながらスムーズに行えます。

 

こちらのオシロスコープはFTTアナライザー機能が備わっており、些細な異常でも検知することができるので高度な波形解析も期待できるでしょう。また、パソコンと繋げることで計測したデータを保存できます。付属されている分析ソフトがあるのでパソコンと同期して使用してみましょう。

 

周波数帯域70MHzチャンネル数2ch
サンプルレート1GS/s本体サイズ幅31.3×奥行10.8×高さ14.2㎝
重量2.1kg
第6位サインスマート(SainSmart)

DS211 ARM Nano デジタル オシロスコープ

価格:8,999円(税込)

小型モデルを持ち歩いて回路を計測してみよう

Amazonで詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小さくてポケットやいつものバッグに収まるオシロスコープです。電子工作をする際にデスクなどに置いていても邪魔になりません。屋外での作業をする場合はしっかり充電をしておけば約2.5時間ほど使用することができます。

 

ポケットサイズの小さな見た目でもセットすれば8MBの内部メモリに保存が可能です。室内でも屋外でも場所を選ばずに便利に作業ができます。また、付属のスタンドで立てかけて見やすい角度で観測できるので自由にやりたいことができるでしょう。

周波数帯域200kHzチャンネル数1ch
サンプルレート1MS/s本体サイズ幅10.5×奥行5.3×高さ0.8㎝
重量65g
第5位Quimat

Quimat 2.4"TFT デジタル オシロスコープ(組立完成品) 0-200KHz 5mV/Div-20V/Div感度 プローブ付き 9V DC DSOオシロスコープ Q15001

価格:3,649円(税込)

コスパに優れたハンディタイプで自作キットを調整

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Quimat 2.4"TFTはあまり幅の広い用途には使えません、しかし、自作のオーディオ機器などの信号を観測する程度なら問題なく使用できます。小型サイズなので簡易的に計測したい場合には役に立つので1台あったら重宝でしょう。

 

本体のスイッチやつまみは数少ない分、操作が分かりやすい点がおすすめです。同じスイッチを2度押したり長く押したりして操作を進めていくので簡単です。また、データを保存することは可能ですが新しいデータを保存すれば過去のデータは消えてしまいます。作業を行う際は注意してください。

 

電源は付属のACアダプタを使って購入後すぐに自宅などで使用できます。しかし、充電式や乾電池式ではないので限られた場所で使えるのみなので気をつけてください。電子工作などで信号を計測する程度なら、リーズナブルで人気のオシロスコープです。

周波数帯域200kHzチャンネル数1ch
サンプルレート本体サイズ幅11.5×奥行7.5×高さ2.2cm
重量100g
第4位テクシオ・テクノロジー

デジタルオシロスコープ DCS-4605  

価格:66,829円(税込)

これ一台でどんな現場でもおまかせ

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらのオシロスコープに搭載されたGo-No-Go判定やデータログ機能などの優れた機能はニーズに合わせていろんなシーンで使用できるでしょう。テクシオの上位機種さながらの機能を十分に発揮してくれます。

 

本体のパネル面にあるスイッチやパネル類、波形データの保存も簡単に設定ができるので扱いのでおすすめです。また、計測機能では19種類もの自動設定ができます。テクシオは創業から約50年ほど計測機器や電源機器のメーカーとして保障などが万全なので、頼れる製品を手に入れることができるでしょう。

 

 

周波数帯域50MHzチャンネル数2ch
サンプルレート250MS/s本体サイズ幅34.15×奥行15.9×16.23㎝
重量約2.5kg
第3位Loprtec tools

GOCHANGE 2IN1 ハンドヘルド ストレージ オシロスコープ

価格:7,999円(税込)

簡単操作でも本格志向を選びたい方に

Amazonで詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

GOCHANGE 2IN1 ハンドヘルド ストレージ オシロスコープはハンディタイプで人気のオシロスコープです。本体は小さすぎず軽すぎないので手にしっくりくきます。ハンディタイプですが4種類の波形で観測ができ、サンプリングも早いので頼もしいアイテムでしょう。

 

屋外で夜間の作業を行う際にはLEDのバックライトで画面を表示してくれるので見やすいです。電源は単三乾電池を使用するので、USBでの充電が貯まるまで待つことはありません。出先でなどで電池がなくなった場合でもコンビニやドラッグストアなどで乾電池を購入すればすぐに使用できます。

 

こちらの人気と便利さを兼ね備えたオシロスコープ人気です。

周波数帯域200kHzチャンネル数1ch
サンプルレート200KS/s本体サイズ幅18.6×奥行10.0×高さ4.5㎝
重量370g
第2位岩崎通信機(Iwatsu Electric)

デジタル・オシロスコープ DS-5105B

価格:51,840円(税込)

信頼性のあるデスクタイプで趣味の向上へ

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

岩通は電子機器などを扱っている大手の会社で業者やプロ用製品も手掛けています。創業から約80年の歴史があるメーカーなので信頼性が高いのが人気です。オシロスコープ選びに悩んだらチェックしてみるのもいいでしょう。

 

DS-5105Bのカラー画面は波形で色分けされているのはっきり分かりやすいので便利です。パネル部分にあるスイッチ類はそれぞれの波形の色に合わせてあるため確認しやすいでしょう。データの保存方法はUSBメモリで行うので、作業現場から家に持ち帰っても作業することが可能です。老舗のオシロスコープを生活に役立ててみませんか。

周波数帯域70MHzチャンネル数2ch
サンプルレート1GS/s本体サイズ幅31.3×奥行10.8×t高さ14.2cm
重量2.2kg
第1位OWON

デジタルオシロスコープ SDS-1022

価格:25,800円(税込)

デスクタイプが軽量化されました

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高いコントラスト比のカラー画面で鮮明に波形を表示してくれるSDS-1022。デスクタイプで机などに置いても本体は7cmと薄いのでスペースを有効に使えます。また、重量が1.5kgなので自動車の作業で使用する場合でも屋外にすぐに持ち運びができるポータブルサイズです。

 

本体にはUSBインターフェースが装備されており、パソコンとの接続が簡単にできます。付属のソフトウェアをインストールすればすぐにでも解析や保存、印刷などができるでしょう。もう一度やりたかったものづくりや電子工作にチャレンジしてみませんか。

周波数帯域20MHzチャンネル数2ch
サンプルレート100MS/s本体サイズ幅30.1×奥行15.2×高さ7.0㎝
重量1.5kg

まとめ

ここまでオシロスコープの人気ランキングを紹介してきましたが参考になりましたでしょうか。オシロスコープにはリーズナブルでも豊富な機能が備わっているものや、本格的なものまで幅広くあります。家庭で行う趣味でもそれぞれの用途に合ったものや操作性に注目しながら選んでものづくりに専念してください。