バーエンドバーおすすめ15選|かっこいいモデルや取り付け方も

バーエンドバーは、速く走りたい方や自転車を快適に乗りたい方におすすめのアイテムです。ハンドルに取り付けて姿勢のバリエーションを増やせるため、体への負担や空気抵抗を減らせます。本記事では、バーエンドバーの選び方やおすすめ15選をご紹介します。

2022/01/24 更新

クロスバイクやフラットバーロードに乗っていると、カスタマイズしてみたいと思う方は多いですよね。もっとスピードを出したい方や長距離を快適に走りたい方は、バーエンドバーの取り付けがおすすめです。

 

バーエンドバーは乗車姿勢を増やせるため、体への負担を軽減できます。また、いつもよりきつい前傾姿勢で空気抵抗を減らして速く走れます。デザインもかっこいいので、自転車のルックスにこだわりたい方にも最適です。

 

しかし、さまざまな素材や形状があるので、どれがいいのか悩んでしまいます。そこで本記事では、バーエンドバーの選び方やおすすめ15選をご紹介します。バーエンドバーの付け方や設置場所についても解説しているので、ぜひ参考にしてください。

今すぐ見る!バーエンドバーのおすすめ15選

バーエンドバーは不要との声も多いです。バーエンドバーはどんなメリット・デメリットがあるのか解説します。

 

※クリックすると見出しへジャンプします

ハンドルに取り付けて姿勢のバリエーションを増やせる

バーエンドバーには主に2つのメリットがあります。

 

  • 握れる場所が増え、姿勢のバリエーションが増える

フラットバーの場合は取れるポジションが限られているため、長時間自転車に乗っていると手・肩・腰に痛みが出ます。バーエンドバーを使ってこまめにポジションを変えれば、負担が分散して痛みを軽減できます。

 

  • フラットバーよりもきつい前傾姿勢を取れる

バーエンドバーを握れば、よりきつい前傾姿勢を取れます。空気抵抗を減らして快適に走りたい方に最適です。

事故に注意!周囲にぶつからないように使う

バーエンドバーのデメリットは大きく2つあります。

 

  • バーエンドバーが引っかかる・ぶつかる可能性がある

バーエンドバーを付けると、その分取り回しが不便になります。バーエンドバーがほかの自転車や壁に引っかかったり、ぶつかったりして危ないです。

 

  • ブレーキやシフトチェンジの操作がしにくくなる

バーエンドバーを握っているときはブレーキやシフトレバーに手が届きません。急ブレーキが間に合わず事故につながるリスクもあるので、使うタイミングには注意が必要です。

バーエンドバー選びを失敗しないために、チェックすべきポイントをご紹介します。以下のポイントに注目しましょう。

 

※クリックすると見出しへジャンプします

形状は2種類

バーエンドバーには2つの形状があります。それぞれメリット・デメリットがあるので、自分に合う方を選びましょう。

 

※クリックすると見出しへジャンプします

クラシックベンド|主流でバリエーションが豊か

【特徴】

  • 単純な棒状の形
  • バリエーションが豊富
  • くせがなく使いやすい
  • 取り付けられる車種が多い
  • 主流なモデル

 

クラシックベンドは、使いやすさを重視する方におすすめです。シンプルな棒状の形でくせがないので扱いやすく、さまざまな車種に取り付けられます。

 

先端が下向きになっていて空気抵抗を抑えられるドロップハンドルタイプや、上に向いているブルホーンタイプなど、バリエーションが充実しています。自分に合ったモデルを見つけやすいです。

エルゴノミック|握りやすい形が魅力

【特徴】

  • 人間工学に基づいた設計
  • 持ちやすい
  • 独特なデザイン
  • グリップと一体化しているモデルも多い

 

エルゴノミックは手が小さい方や力に自信のない方におすすめです。握りやすさが優れており、振動も感じにくく長時間握っても疲れません

 

独特なデザインで取り付けると目立ちます。グリップと一体化しているモデルがたくさんあるので、グリップごと交換したい方に最適です。

素材をチェック

バーエンドバーを選ぶときは素材もチェックしましょう。素材によって特徴が違うので、それぞれ解説します。

 

※クリックすると見出しへジャンプします

アルミ製|安価で耐久性が高い

【特徴】

  • 軽量
  • 耐久性が高い
  • 価格が安い
  • 見た目がスマート

 

アルミ製のバーエンドバーは、コスパ重視の方や自転車の見た目にこだわりたい方におすすめです。ラインナップが充実しているのでさまざまなカラー・デザインから選べます。価格も安く、お試しでバーエンドバーを使ってみたい方にも最適です。

ゴム製|振動を吸収してくれる

【特徴】

  • 振動を吸収してくれるため疲れにくい
  • 滑り止め効果もある
  • エルゴノミックタイプが多い
  • グリップと一体化しているモデルが多い

 

ゴム製のバーエンドバーは、手の疲労を軽減したい方や長距離走行する方におすすめです。振動を吸収してくれるため手が疲れにくいです。また、滑りにくいので雨の日や汗をかいても安心して自転車に乗れます。

付ける場所を確認

バーエンドバーは基本的にハンドルの外側に付けますが、内側にも付けられます。それぞれのメリット・デメリットをご紹介するので、どちらが自分に合っているか考えましょう。

 

※クリックすると見出しへジャンプします

外側|ハンドル操作がしやすい

初心者や安定性を重視する方は、外側に付けるのがおすすめです。ただし、ブレーキやシフトレバーが遠くなってとっさに操作できないことがあるので注意してください。

 

  • 安定性が高い

バーエンドバーを外側に付けると腕を広げられます。腕を広げた方がハンドル操作がやりやすくなるので、安定した走行が可能です。

 

  • 体重をハンドルに逃がしやすい

体重をハンドルに逃がしても体が安定します。腰やお尻が痛くなってポジションを変えたときも安心です。

内側|ブレーキをかけやすい

都市部や坂が多い街で走行する方は、内側に付けるのがおすすめです。バーエンドバーを内側に付けるときは、バーセンターバーと呼ばれます。

 

  • ブレーキ・シフトレバーの操作がしやすく、姿勢も変えやすい

ブレーキやシフトレバーが近くにあるため、とっさのときにも操作しやすいです。また、姿勢をこまめに変えられるので、疲労を軽減できます。

 

  • ハンドル操作がしにくい

ハンドルの内側を持つため、少しの操作で大きく自転車が動いて不安定になりやすいです。また、ハンドルに取り付けているライトやベルの操作もしにくくなる可能性があります。

重量も大切

クロスバイクやロードバイクのような軽量な自転車の場合は、軽いバーエンドバーを選びましょう。重量が重いとスピードが出にくく、特に坂道だと大きな負担になります。

 

軽いバーエンドバーが欲しい方は、120g以下のモデルがおすすめです。ただし、グリップ一体型の場合は重量が重めなので、もう少し重量があっても問題ありません。

今すぐ見る!バーエンドバーのおすすめ15選

バーエンドバーは安全に関わるパーツなので、信頼できるメーカーの製品を選ぶのも大切です。特におすすめのメーカーを3社ご紹介します。

 

※クリックすると見出しへジャンプします

BBB(ビービービー)

プロにも愛用者が多い、オランダの総合パーツブランドです。品質の高い製品が多いのが特徴です。バーエンドバーはクラシックベンドタイプのモデルが充実していて、エルゴノミックタイプの取り扱いはありません。適度にカーブしているため、とても握りやすく使いやすいです。

ERGON(エルゴン)

人間工学に基づいた使いやすいパーツやアイテムが特徴のメーカーです。グリップとバーエンドバーが一体化しているモデルが多いため、グリップを交換したい方にもおすすめです。幅の広いグリップで疲労を軽減できます。ただし、グリップと一体化しているモデルは価格が高めです。

TIOGA(タイオガ)

デザイン性が高くおしゃれなパーツが特徴のメーカーです。特に、BMX・マウンテンバイクのパーツで有名です。機能性・耐久性が優れているパーツが多いため、長く愛用できます。バーエンドバーのラインナップは多くありませんが、滑り止め加工が施されていて安心です。

BBB(ビービービー)

クラシック BBE-07

価格:3,410円 (税込)

人気の高いロングセラーモデル

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手のひらに沿うカーブデザインで握りやすいBBBの定番モデルです。コスパが高く、初めてのバーエンドバーとしてもおすすめです。長めのバーなので、ハンドルの内側に付けるとシフターやブレーキに干渉する可能性があります。ハンドルの外側に付けて使用しましょう。耐久性が高いので、長く愛用できます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー BBB(ビービービー) 商品名 クラシック BBE-07
形状 クラシックベンド 素材 アルミ
重量 144g 長さ 150mm
BBB(ビービービー)

ライトストレート BBE-17

価格:3,740円 (税込)

軽量で耐久性が高いバーエンドバー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アルミ合金製で耐久性が高いバーエンドバーです。短めなのでバーセンターバーとして使用できます。アトミックデザインで手にフィットしやすく、初心者でも使いやすいです。カーブが少ないため、取れるポジションは限られています。軽量なので、イベントやレースで使用したい方にもおすすめです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー BBB(ビービービー) 商品名 ライトストレート BBE-17
形状 クラシックベンド 素材 アルミ
重量 104g 長さ 95mm
TIOGA(タイオガ)

Power Studs 5

価格:2,180円 (税込)

ローレット加工で滑りにくいバーエンドバー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シルバー・ブラック・ホワイトの3色があるバーエンドバーです。ブラック・シルバーにはローレット加工が施されているため、滑りにくく安心して握れます。ペアで110gと軽量で、スピードを出したい方におすすめです。長さが90mmと短めなのでバーセンターバーとしても使用できます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー TIOGA(タイオガ) 商品名 Power Studs 5 ホワイト・シルバー・ブラック
形状 クラシックベンド 素材 アルミ
重量 110g 長さ 90mm
FOGLIA(フォグリア)

バーエンドバー

価格:1,399円 (税込)

コスパの高いバーエンドバー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

価格が安くて耐久性の高いバーエンドバーです。ブラック・シルバー・ホワイト・レッドとカラーも豊富で、自転車のカラーに合わせて選べます。コンパクト・軽量で、バーエンドバーを使わないときでも邪魔になりません。コスパが優れているため、お試しで使ってみたい初心者におすすめです。

メーカー FOGLIA(フォグリア) 商品名 バーエンドバー ブラック・シルバー・ホワイト・レッド
形状 クラシックベンド 素材 アルミ
重量 116g 長さ 85mm
AMOEBA(アミーバ)

アルミバーエンド JY-880

価格:2,040円 (税込)

重めでしっかりしたバーエンドバー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

150gと重めでしっかりしたバーエンドバーです。アルミ製で耐久性が高く、作りがしっかりしているため安心して使用できます。ほどよいカーブで握りやすいので、バーセンターバーとして使用したい方にもおすすめです。安価なモデルですが、チープな感じがない質感です。

メーカー AMOEBA(アミーバ) 商品名 アルミバーエンド JY-880
形状 クラシックベンド 素材 アルミ
重量 150g 長さ -
ERGON(エルゴン)

GP5

価格:11,888円 (税込)

耐候性の優れたラバー素材

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐候性が高いので雨や紫外線で傷む心配のないバーエンドバーです。長めでカーブが大きいため、さまざまなポジションを取れます。SとLの2サイズがあるため、自分の手の大きさに合わせて選びましょう。バーエンドバー部分は角度調整可能です。細いところと広いところがあり、グローブをつけても快適に握れます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー ERGON(エルゴン) 商品名 GP5
形状 エルゴノミック 素材 ラバー・プラスチック
重量 400g 長さ 130mm
ERGON(エルゴン)

GS2

価格:7,400円 (税込)

滑り止め加工で持ちやすいハンドル

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

滑り止め加工が施されているので手が滑る心配がありません。エルゴンの握りやすいグリップで、長時間のサイクリングでも快適に走れます。バーエンドバーとグリップが一体になっていますが、バーエンドバーの角度は自由に変えられるため、自分のポジションに合わせて調整可能です。

 

スペック詳細はこちら

メーカー ERGON(エルゴン) 商品名 GS2
形状 エルゴノミック 素材 ラバー・プラスチック
重量 210g 長さ 66mm
GORIX(ゴリックス)

自転車エルゴグリップ+バーエンド

価格:2,999円 (税込)

カラフルでかっこいいバーエンド一体型エルゴ型グリップ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自転車のパーツを多数取り扱っているゴリックスから販売されている、バーエンド一体型エルゴ型グリップです。固定式で、六角レンチを使えば簡単に着脱できます。グリップの付け外しは大変なので、定期的に分解してお手入れしたい方におすすめ。全5色から選べて、デザイン性も高いです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー GORIX(ゴリックス) 商品名 自転車エルゴグリップ+バーエンド グレー・ホワイト・レッド・オレンジ・チェレステ
形状 エルゴノミック 素材 ゴム
重量 140g(片側) 長さ 105mm
GORIX(ゴリックス)

バーエンドバー

価格:2,599円 (税込)

カーボン製で軽量なバーエンドバー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カーボン製で片方が40gしかなく、とても軽量なバーエンドバーです。親指を置きやすい先端の形状で手が疲れにくいです。人間工学に基づいたデザインで握りやすいので、長距離でも上り坂でも活躍します。クランク部分はアルミ製で耐久性が高いです。高級感のあるデザインで、触り心地もいいです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー GORIX(ゴリックス) 商品名 バーエンドバー
形状 エルゴノミック 素材 カーボン
重量 40g(片方) 長さ 113.5mm
プロ(PRO)

アナトミックエルゴバーエンド

価格:2,527円 (税込)

MTBにおすすめのバーエンドバー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人間工学に基づいた形のマウンテンバイク用のバーエンドバーです。スリムタイプで握りやすく、手を置くように使うのもおすすめです。滑りにくい素材で、雨の日や濡れた手でもしっかり握れます。デザイン性も高く、自転車のルックスを重視する方におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー プロ(PRO) 商品名 アナトミックエルゴバーエンド ブラック・ホワイト
形状 エルゴノミック 素材 ポロプロピレン・クレイトン
重量 - 長さ 125mm
PLATT

バーエンド

価格:2,498円 (税込)

カーボン・アルミ製で耐久性が高く軽量

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量なカーボンと耐久性の高いアルミが使われているバーエンドバーです。ほどよいカーブで握りやすく、快適に自転車に乗れます。高級感のあるデザインで見た目もかっこいいです。ただし、カーボンが使われている分、衝撃には弱いです。自転車が倒れて地面やほかの自転車にぶつかると折れる可能性があるので、取り扱いには注意しましょう。

メーカー PLATT 商品名 バーエンド
形状 エルゴノミック 素材 アルミ・カーボン
重量 115g 長さ 110mm
Saleting

自転車バーエンド

価格:3,399円 (税込)

人間工学に基づいたバーエンドバー

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カーボンとアルミが使われているため、軽量性・耐久性が優れているバーエンドバーです。人間工学に基づいた形状で握りやすいです。長さが短めなのでバーセンターバーとしても使用できます。カーボンならではの滑らかな肌ざわりで心地よく、見た目も高級感があってかっこいいです。

メーカー Saleting 商品名 自転車バーエンド
形状 エルゴノミック 素材 アルミ・カーボン
重量 120g 長さ 90mm
GIZA PRODUCTS(ギザプロダクツ)

VLG-1189 エルゴ グリップ

価格:1,848円 (税込)

短めのバーで初心者におすすめ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

短めのバーエンドバーが欲しい方におすすめのグリップです。バーエンドバーを握ると前傾が強くなりやすく引っかかる心配もありますが、この製品は短いため安心して使用できます。バーエンドバーを付けていないときと同じ感覚で使いやすく、初心者におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー GIZA PRODUCTS(ギザプロダクツ) 商品名 VLG-1189 エルゴ グリップ
形状 エルゴノミック 素材 ゴム・ナイロン
重量 210g 長さ -
SERFAS(サーファス)

スタビライザーAL

価格:1,491円 (税込)

おしゃれな見た目のバーエンドバー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ほかのバーエンドバーとは全く違う見た目のモデルです。奇抜なデザインですが握りやすく、カラーも4色で自転車本体のカラーに合わせて選べます。小さめのモデルでバーセンターバーとして使いたい方にもおすすめ。ひっかけるような感覚で使えます。バーエンドバーとして使っても前傾姿勢になりすぎないため、初心者でも使いやすいです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー SERFAS(サーファス) 商品名 スタビライザーAL ブラック・アルミ/ブラック・レッド・ブルー・ホワイト
形状 - 素材 アルミ
重量 110g 長さ -
FOURIERS

バーエンドバー XXBS

価格:1,999円 (税込)

バーセンターバーとして使いたい方におすすめ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

短めのバーエンドバーです。握るというよりひっかけるような感覚で使うのがおすすめです。内側に付けても邪魔にならないので、バーセンターバーとして使用できます。軽量で自転車を重くしたくない方に最適です。前傾姿勢になりすぎることもないので、初心者でも安心して使用できます。

メーカー FOURIERS 商品名 バーエンドバー XXBS
形状 - 素材 カーボン・ナイロン
重量 17.8g 長さ -

おすすめのバーエンドバー比較一覧

  • 商品画像
  • アイテムID:6217003の画像

    BBB(ビービービー)

  • アイテムID:6217006の画像

    BBB(ビービービー)

  • アイテムID:6216969の画像

    TIOGA(タイオガ)

  • アイテムID:6217035の画像

    FOGLIA(フォグリア)

  • アイテムID:6217045の画像

    AMOEBA(アミーバ)

  • アイテムID:6216992の画像

    ERGON(エルゴン)

  • アイテムID:6216974の画像

    ERGON(エルゴン)

  • アイテムID:6217034の画像

    GORIX(ゴリックス)

  • アイテムID:6217066の画像

    GORIX(ゴリックス)

  • アイテムID:6217041の画像

    プロ(PRO)

  • アイテムID:6217055の画像

    PLATT

  • アイテムID:6217068の画像

    Saleting

  • アイテムID:6217233の画像

    GIZA PRODUCTS(ギザプロダクツ)

  • アイテムID:6217036の画像

    SERFAS(サーファス)

  • アイテムID:6217060の画像

    FOURIERS

  • 商品名
  • クラシック BBE-07
  • ライトストレート BBE-17
  • Power Studs 5
  • バーエンドバー
  • アルミバーエンド JY-880
  • GP5
  • GS2
  • 自転車エルゴグリップ+バーエンド
  • バーエンドバー
  • アナトミックエルゴバーエンド
  • バーエンド
  • 自転車バーエンド
  • VLG-1189 エルゴ グリップ
  • スタビライザーAL
  • バーエンドバー XXBS
  • 特徴
  • 人気の高いロングセラーモデル
  • 軽量で耐久性が高いバーエンドバー
  • ローレット加工で滑りにくいバーエンドバー
  • コスパの高いバーエンドバー
  • 重めでしっかりしたバーエンドバー
  • 耐候性の優れたラバー素材
  • 滑り止め加工で持ちやすいハンドル
  • カラフルでかっこいいバーエンド一体型エルゴ型グリップ
  • カーボン製で軽量なバーエンドバー
  • MTBにおすすめのバーエンドバー
  • カーボン・アルミ製で耐久性が高く軽量
  • 人間工学に基づいたバーエンドバー
  • 短めのバーで初心者におすすめ
  • おしゃれな見た目のバーエンドバー
  • バーセンターバーとして使いたい方におすすめ
  • 価格
  • 3410円(税込)
  • 3740円(税込)
  • 2180円(税込)
  • 1399円(税込)
  • 2040円(税込)
  • 11888円(税込)
  • 7400円(税込)
  • 2999円(税込)
  • 2599円(税込)
  • 2527円(税込)
  • 2498円(税込)
  • 3399円(税込)
  • 1848円(税込)
  • 1491円(税込)
  • 1999円(税込)
  • メーカー
  • BBB(ビービービー)
  • BBB(ビービービー)
  • TIOGA(タイオガ)
  • FOGLIA(フォグリア)
  • AMOEBA(アミーバ)
  • ERGON(エルゴン)
  • ERGON(エルゴン)
  • GORIX(ゴリックス)
  • GORIX(ゴリックス)
  • プロ(PRO)
  • PLATT
  • Saleting
  • GIZA PRODUCTS(ギザプロダクツ)
  • SERFAS(サーファス)
  • FOURIERS
  • 商品名
  • クラシック BBE-07
  • ライトストレート BBE-17
  • Power Studs 5 ホワイト・シルバー・ブラック
  • バーエンドバー ブラック・シルバー・ホワイト・レッド
  • アルミバーエンド JY-880
  • GP5
  • GS2
  • 自転車エルゴグリップ+バーエンド グレー・ホワイト・レッド・オレンジ・チェレステ
  • バーエンドバー
  • アナトミックエルゴバーエンド ブラック・ホワイト
  • バーエンド
  • 自転車バーエンド
  • VLG-1189 エルゴ グリップ
  • スタビライザーAL ブラック・アルミ/ブラック・レッド・ブルー・ホワイト
  • バーエンドバー XXBS
  • 形状
  • クラシックベンド
  • クラシックベンド
  • クラシックベンド
  • クラシックベンド
  • クラシックベンド
  • エルゴノミック
  • エルゴノミック
  • エルゴノミック
  • エルゴノミック
  • エルゴノミック
  • エルゴノミック
  • エルゴノミック
  • エルゴノミック
  • -
  • -
  • 素材
  • アルミ
  • アルミ
  • アルミ
  • アルミ
  • アルミ
  • ラバー・プラスチック
  • ラバー・プラスチック
  • ゴム
  • カーボン
  • ポロプロピレン・クレイトン
  • アルミ・カーボン
  • アルミ・カーボン
  • ゴム・ナイロン
  • アルミ
  • カーボン・ナイロン
  • 重量
  • 144g
  • 104g
  • 110g
  • 116g
  • 150g
  • 400g
  • 210g
  • 140g(片側)
  • 40g(片方)
  • -
  • 115g
  • 120g
  • 210g
  • 110g
  • 17.8g
  • 長さ
  • 150mm
  • 95mm
  • 90mm
  • 85mm
  • -
  • 130mm
  • 66mm
  • 105mm
  • 113.5mm
  • 125mm
  • 110mm
  • 90mm
  • -
  • -
  • -

【必要な工具】

  • 六角レンチ
  • ハンマー
  • 潤滑スプレー

 

【取り付け手順】

  1. グリップを取り外す
  2. シフター・ブレーキを内側に寄せる
  3. グリップを装着して、ハンマーで押し込む
  4. バーエンドバーを装着する

 

グリップが固着していたら、潤滑スプレーで滑りをよくしましょう。再度グリップを付けるときも滑りをよくしておけば簡単に装着できます。グリップが固着して外れないときは、カッターを使って切断してください。切った場合はグリップを再利用できないため、新品を購入する必要があります。

ハンドルやバーエンドバーを握りやすくしたいなら、バーテープを使うのがおすすめです。バーテープを巻けば滑りにくくなるので、雨の日や汗をかいても安心して乗れます。バーテープにはさまざまなデザイン・カラーの製品があるため、自転車をさらにおしゃれにしたい方にも最適です。

ノグチ(NOGUCHI)

バーテープ NBT-004 [2カラー]

価格:1,155円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バーエンドバーを取り付けるだけで取れるポジションが変わるため、長距離のサイクリングも疲れにくく快適に走れます。取り付けも簡単で価格も安いので、初心者でもやりやすいカスタマイズです。本記事を参考に、自分に合ったバーエンドバーを選びましょう。

# 付け方 # おすすめ