ソフトボール用バットのおすすめ20選【1号・2号・3号】選び方も解説

ソフトボール用バットの新作が続々と登場している今、さまざまなモデルが出回っています。種類が多すぎてどれを選んだらいいのかわからない人もいるでしょう。そこで自分に合ったバットの選び方やおすすめのバットなどをまとめました。ぜひ参考にしてください。

2022/01/21 更新

オリンピックのソフトボール女子日本代表の活躍により、ソフトボール人気が高まっています。ソフトボールに必要なバット・グローブ・ボールを入手する時、どんなものを選べばいいか迷ってしまう人も少なくありません。

 

特にバットは長さや重さ、バランスの位置など多種多様なモデルが販売されています。正しいバッティングを行うためには、自分の技術や筋力などを考えてバットを選ぶことが重要です。

 

この記事では、選び方はもちろん、野球用のバットとの違い・バットの規定・おすすめのバット10選、お手入れの方法などを詳しく紹介しています。ソフトボール用バットの購入を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

今すぐ見る!ソフトボール用バット人気おすすめ10選【3号バット】
今すぐ見る!ソフトボール用バット人気おすすめ10選【2号・1号バット】

ソフトボール用のバットは金属製のものが多く、野球用は木製のものが多く使われています。高校野球では金属製のバットを使いますが、プロ野球では金属バットは禁じられています。


また、ソフトボール用と野球用バットはそれぞれに長さ・最も太い部分の直径・重量が規定によって決められています。ソフトボールでは野球よりも短くて細い、軽量なバットを使います

 

ボールはソフトボールの方が大きいため、野球用より大きいボールを野球用より細いバットで打つのが特徴です。

使用できるバットは用具規則によって定められています。材質は木材や金属またはプラスチックなどで作られたもの、形状は丸い棒状で表面に凹凸がないもの、安全グリップや変造バットについてなどさまざまな規定があります。1号~3号までのサイズ・重さの規定を表にまとめました。

 

  1号バット 2号バット 3号バット
長さ 78.8cm以内 81.3cm以内 86.36cm以内
直径・誤差 5.08cm以内+0.79mm 5.08cm以内+0.79mm 5.72cm以内+0.79mm
重さ 1.08kg以内 1.08kg以内 1.08kg以内
安全グリップ 23.1~34.6cm 23.8~35.8cm 25.4~38.1cm

ボール(1号・2号・3号)との関係が大切

ソフトボールではボールの号数に合ったバットを使います。ボールには1号球・2号球・3号球があり、それぞれ1号バット・2号バット・3号バットを使用します。3号球には革製とゴムボール製があります。

 

1号球・2号球には1号バット・2号バットのどちらを使ってもいいと決められています。3号球には3号バットを用いなければなりません。また、ゴムボール用のバットで革製のボールを打つのは禁じられています。


1号球は小学校低学年や子ども会など、2号球は主に小学校高学年、3号球は中学生以上が使うため、バットも小学生は1号バットと2号バット、中学生以上は3号バットを使います。

今すぐ見る!ソフトボール用バット人気おすすめ10選【3号バット】
今すぐ見る!ソフトボール用バット人気おすすめ10選【2号・1号バット】

一口にソフトボール用のバットといっても各メーカーからさまざまなバットが販売されており、選ぶのに迷う方も多いでしょう。バットのバランス、材質などの観点から、自分に合ったバットの選び方をご紹介します。

飛距離で選ぶバットのバランス

バットには重心の位置によってトップバランス、カウンターバランス、ミドルバランスといったバランスがあります。バッターの特性によって合うバランスは違うので、自分に合ったバランスのバットを選ぶようにしましょう。

パワーヒッターには「トップバランス」

「トップバランス」はバットの上の方に重心が置かれているバットです。遠心力によりスイングが速くなってボールを遠くへ飛ばせるバットで、かなりの重量を感じます。


長距離バッターに向いていますが、バットの重さでバットコントロールも難しくなるので、負けずに振り抜けるような技術とパワーが必要です。

アベレージを上げたいなら「カウンターバランス」

「カウンターバランス」は重心がグリップの近くに置かれているバットです。バットコントロールしやすく、実際の重さよりもやや軽く感じます。アベレージを上げるならカウンターバランスのバットをおすすめします。


ただし、芯に当てにくいのがデメリットです。また、カウンターバランスのバットはあまり販売されていません。

中距離ヒッターには「ミドルバランス」

「ミドルバランス」はバットの先と手元の中間に重心が置かれたバットです。振り抜きやすくバットコントロールがしやすいので、中距離ヒッターに向いています。


持ってみると重量に見合った重さを感じます。ミドルバランスのバットを使うバッターが多いので、各メーカーからさまざまな種類のバットが販売されています

材質も要チェック

ソフトボール用のバットはバッティングスタイルに合った材質を選んでください。木製バットの使用も認められていますが、FRP・超々ジュラルミン・ウレタンなどを使った複合(コンポジット)バットが主流です。

軽くて振り切れる「FRP」

FRPとは、強度が低いプラスチックにガラス繊維などの丈夫な素材を混ぜて作られた「繊維強化プラスチック」のことです。FRP製のバットは強度が高く、軽くて振り切りやすいのが特徴です。


ミズノの「AX4シリーズ」などがFRP製のバットです。ボールをとらえる部分に柔らかい素材を使い、反発力を強くして飛距離を伸ばすバットもあります。

反発力なら「超々ジュラルミン」

超々ジュラルミンはアルミ合金のひとつで、飛行機の翼などに使われています。金属バットの中は空洞になっており、金属が薄いほど反発力が高くなり飛距離が伸びます。


バットの材質には、薄くてもボールの衝撃に耐えられる強度の高い金属が求められます。ウイルソンの「ディマリニ」などに超々ジュラルミンが使われています。

飛距離が出やすい「複合(コンポジット)バット

複合バットとは金属、樹脂、ゴムまたはFRPなど、複数の素材を組み合わせて作ったバットです。手元に近い部分には軽いFRPを、ボールを打つ部分には金属を使うなど、飛距離が出やすいよう工夫されています。


また、芯の部分を打球の変形を抑えるポリウレタンなどで包んでいるバットは、反発力が高いため飛距離が出やすくなっています。

重さは筋力と技術で選ぶ

バットの重さは580gから700gぐらいのものがよく使われています。初心者の場合は、持ってみて軽いと感じるバットを選んでください。中級者・上級者向きのバットの重さについてご紹介します。

重いバットはパワーヒッターに向いている

重いバットは芯にボールを当てる、つまりミートすることで飛距離が出てヒットになる確率が上がりますしかし、重さでバットが下に傾きやすくなるため、ボールをすくい上げてフライを打つことも多くなります重いバットを使うには、バットを振り切るパワーとミートさせる技術が必要です。

軽いバットはミートしやすい

軽いバットは振りやすくコントロールしやすいため、ボールをバットの芯でとらえやすいのがメリットです。速くスイングできるのも長所の1つです。コンスタントにヒットを打ちたい選手に向いています


その反面、軽いバットは飛距離が出にくいというデメリットがあります。ホームランや長打を狙うには、技術がなければ難しいバットです。

自分に合った長さ・太さのバットを

自分に合った長さと太さのバットを使いましょう。バットの適切な長さと太さは以下の通りです。

 

【長さ】

まず腕の付け根から指先までの長さを測ります。その長さの1.3倍が適切なバットの長さといわれています。

 

【太さ】

芯でとらえる技術があるなら細めのバット、芯でとらえるのが苦手なら太めのバットを選ぶといいでしょう。

メーカーで選ぶ

バットを製造販売しているメーカーについてご紹介します。各メーカーで工夫をこらし、バッターが打ちやすい優れたバットを産み出しています。メーカーの概要とともに各メーカーの人気シリーズもご紹介します。

AXシリーズの「ミズノ(MIZUNO)」

ミズノの創業は1906年、本社は大阪市にあります。「より良いスポーツ品とスポーツの振興を通じて社会に貢献する」を経営理念に掲げ、野球やソフトボールをはじめ、競泳やゴルフなどさまざまなスポーツのアイテムを販売している企業です。

 

ブランドアンバサダーは巨人の梶谷 隆幸選手、カープの菊池 涼介選手らです。ソフトボール用バットAX4」シリーズは、2007年に初代が発売されて以来、改良を重ねながら現在に至っています。

ルイビススラッガーシリーズの「ウイルソン(Wilson)」

ルイビススラッガーはかのベーブ・ルースをはじめとしたメジャーリーガーに人気のバットです。もともとはアメリカのスポーツ用品会社「ヒラリック&ブラズビー社」のブランドでしたが、2015年にウイルソンがブランドを取得したと発表されました。


バットの人気シリーズ「カタリストは2005年春に初代の日本での販売が開始されました。良く飛ぶうえに、使っていくうちに年々飛距離が出るようになると大人気のバットです。

ファイヤービートシリーズの「ゼット(ZETT)」

ゼットはもともとは袋物や鞄の縫製を行っていましたが、太平洋戦争後スポーツ用品の製造を専門とする会社に変更し、プロ野球復活に大きな役割を担いました。現在でも野球用品を中心に信頼できるアイテムを世に送り続けています



ソフトボール用バットは「ファイヤービート」シリーズが人気を得ています。また、アドバイザリースタッフとしてDeNAの佐野 恵太選手、ジャイアンツの吉川 尚輝選手らが登録されています。

プロマークシリーズの「サクライ貿易」

サクライ貿易は昭和30年代にスポーツ用品を輸出・輸入する企業として始動しました。本社を東京都台東区に置き、グループ工場も中国に4社、フィリピンに1社あります。


感動的な技術革新でプレイヤーの夢を運びたい」をコンセプトに、テニス・バトミントン・卓球・野球・ソフトボールなどのアイテムを製造販売しています。ソフトボール用バットは軽さと反発性を同時に実現させた「プロマーク」シリーズが人気です。

スカイホルダーシリーズの「エスエスケイ(SSK)」

1946年にピンポン球や襟のカラーなどを扱う運動具店として開業したエスエスケイは、その後立体的に裁断した素材でユニホームの開発に成功しました。現在では野球用品のエスエスケイに加え、3つのブランドを展開しています。


巨人の坂本 勇人選手、阪神の北條 史也選手らとアドバイザリースタッフ契約を結んでいます。ソフトボール用バットの人気シリーズは「スカイホルダー」シリーズです。

3号バットのおすすめ

ミズノ(MIZUNO)

AX4 1CJFS30783

価格:29,398円 (税込)

反発性と耐久性を兼ね備えたバット

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3号ゴムボールに特化したAX4は、FRPを4層に重ね、ボールを鋭く跳ね返すよう設計されているので、誰でも打ちやすいバットです。両立が難しい高い反発性と耐久性をどちらも実現させたモデルです。ボールを強くはじき返すスイートエリアが広く、ミートしやすい構造です。ミドルバランス、トップバランスから選べます。

 

スペック詳細はこちら

適応ボール 3号ゴムボール バランス ミドルバランス
材質 FRP 重さ 平均630g
長さ 83cm
ゼット(ZETT)

ファイヤービート BAT53154

価格:6,696円 (税込)

グリップにもこだわった1本

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ファイヤービートBAT53154は、超々ジュラルミンを材質とし、3号ゴムボールに対応しているバットです。平均720gと平均的な重量で、ミドルバランスなのでコンスタントに打率を稼ぎたい選手におすすめです。グリップはウェットタイプの素材を使い、27mmと幅が広く、手にフィットするようこだわっています。

 

スペック詳細はこちら

適応ボール 3号ゴムボール バランス ミドルバランス
材質 超々ジュラルミン 重さ 平均720g
長さ 84cm
サクライ貿易(SAKURAI)

プロマーク AT-350S

価格:4,833円 (税込)

ミートしやすい軽めのバット

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロマークAT-350Sはミドルバランスの3号ゴムボール用バットです。丈夫で軽いアルミ合金で作られています。試合の流れに合わせて長距離・中距離・バントなど打ち分けられる技術のあるバッターに向いています。重さは700gとやや軽めで振りやすくコントロールが効くのでミートしやすいバットとして人気があります。

 

スペック詳細はこちら

適応ボール 3号ゴムボール バランス ミドルバランス
材質 アルミ合金 重さ 700g
長さ 84cm
ウィルソン(Wilson)

ディマリニ・フェニックス H&H WTDXJSUPF

価格:39,600円 (税込)

人気の「フェニックス」シリーズ

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3号球の革ボール・ゴムボール両方に対応しています。「パラスタックコンポジット」と名付けられた、硬さがあるうえにボールをよく弾く素材が使われています。打球部とハンドル部をドッキングした2ピース構造なので、しなりを活かしたバッティングとバッターのパワーを活かしたバッティングの両方をかなえるバットです。

適応ボール 3号革・ゴムボール バランス トップバランス
材質 打球部・ハンドル部/PARASTACKコンポジット 重さ 平均710g
長さ 84cm
ウィルソン(Wilson)

ルイスビルスラッガーカタリスト2BT WTLJGS21M8471

価格:36,900円 (税込)

使えば使うほど飛ぶ

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ルイスビルスラッガーの人気の「カタリスト2」シリーズです。カーボン素材の「100%パフォーマンスコンポジット」を使用しており、高い反発力と耐久性が魅力のモデルです。カーボンを素材にしたバットは使えば使うほどカーボンがわずかな隙間を作るので、トランポリンのようにボールがよく弾むようになります。

適応ボール 3号ゴムボール バランス ミドルバランス
材質 100%パフォーマンスコンポジット 重さ 平均710g
長さ 84cm
SSK(エスエスケイ)

スカイホルダーSB

価格:6,788円 (税込)

マジカルヘッド搭載

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エスエスケイ独自のフルキャップサイズのヘッド「マジカルヘッド」を搭載しています。マジカルヘッドは振り抜きやすいバットバランスをもたらし、ボールがよく飛ぶように設計されています。バットをコントロールしやすく、ミートしやすいミドルバランスです。素材は超々ジュラルミンで、690gと比較的軽いバットです。

適応ボール 3号ゴムボール バランス ミドルバランス
材質 超々ジュラルミン 重さ 690g
長さ 83cm
MIZUNO(ミズノ)

エックス02 1CJFS11083

価格:34,637円 (税込)

頑丈でボールを弾く素材のモデル

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

飛行機の材質として採用されている、強度が高く強い衝撃にも耐えられる素材を使ったバットです。打った感触は硬く、ボールを強く弾く特徴があります。多層構造なのでトランポリン効果があり、飛距離が伸びやすいバットです。ミドルバランスですが、弾力があるのでロングヒットもねらえるミドルヒッター向けのバットです。

 

スペック詳細はこちら

適応ボール 3号革・ゴムボール バランス ミドルバランス
材質 カーボン+グラス 重さ 平均680g
長さ 83cm
ウイルソン(Wilson)

ルイスビルスラッガー カタリスト3TI WBL2593010

価格:39,598円 (税込)

豊富なサイズバリエーション

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3号ボール用の革・ゴムボール用の「カタリスト3」です。「カタリスト2」の後継モデルで、カーボンの編み方が変更されています。トップバランスなので速くしっかりとスイングできるロングヒッターに向いているバットです。サイズのバリエーションが多く、平均680g・84cmから平均740g・86cmまで6種類あります。

適応ボール 3号革・ゴムボール バランス トップバランス
材質 100%パフォーマンスコンポジット 重さ 平均710g
長さ 84cm

ソフトボール用バット 3号バットのおすすめ

  • 商品画像
  • アイテムID:6210046の画像

    ミズノ(MIZUNO)

  • アイテムID:6210051の画像

    ゼット(ZETT)

  • アイテムID:6210056の画像

    サクライ貿易(SAKURAI)

  • アイテムID:6217332の画像

    ウィルソン(Wilson)

  • アイテムID:6217354の画像

    ウィルソン(Wilson)

  • アイテムID:6217358の画像

    SSK(エスエスケイ)

  • アイテムID:6210083の画像

    MIZUNO(ミズノ)

  • アイテムID:6217379の画像

    ウイルソン(Wilson)

  • 商品名
  • AX4 1CJFS30783
  • ファイヤービート BAT53154
  • プロマーク AT-350S
  • ディマリニ・フェニックス H&H WTDXJSUPF
  • ルイスビルスラッガーカタリスト2BT WTLJGS21M8471
  • スカイホルダーSB
  • エックス02 1CJFS11083
  • ルイスビルスラッガー カタリスト3TI WBL2593010
  • 特徴
  • 反発性と耐久性を兼ね備えたバット
  • グリップにもこだわった1本
  • ミートしやすい軽めのバット
  • 人気の「フェニックス」シリーズ
  • 使えば使うほど飛ぶ
  • マジカルヘッド搭載
  • 頑丈でボールを弾く素材のモデル
  • 豊富なサイズバリエーション
  • 価格
  • 29398円(税込)
  • 6696円(税込)
  • 4833円(税込)
  • 39600円(税込)
  • 36900円(税込)
  • 6788円(税込)
  • 34637円(税込)
  • 39598円(税込)
  • 適応ボール
  • 3号ゴムボール
  • 3号ゴムボール
  • 3号ゴムボール
  • 3号革・ゴムボール
  • 3号ゴムボール
  • 3号ゴムボール
  • 3号革・ゴムボール
  • 3号革・ゴムボール
  • バランス
  • ミドルバランス
  • ミドルバランス
  • ミドルバランス
  • トップバランス
  • ミドルバランス
  • ミドルバランス
  • ミドルバランス
  • トップバランス
  • 材質
  • FRP
  • 超々ジュラルミン
  • アルミ合金
  • 打球部・ハンドル部/PARASTACKコンポジット
  • 100%パフォーマンスコンポジット
  • 超々ジュラルミン
  • カーボン+グラス
  • 100%パフォーマンスコンポジット
  • 重さ
  • 平均630g
  • 平均720g
  • 700g
  • 平均710g
  • 平均710g
  • 690g
  • 平均680g
  • 平均710g
  • 長さ
  • 83cm
  • 84cm
  • 84cm
  • 84cm
  • 84cm
  • 83cm
  • 83cm
  • 84cm

2号・1号バットのおすすめ

MIZUNO(ミズノ)

チャンピオンシップ 1CJFS61476

価格:9,867円 (税込)

小学校低学年の選手におすすめ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

平均460gの超軽量バットです。他の1号・2号用バットは560gから600g程度のものが多く、100g以上も軽いバットです。小さな体の小学校低学年の選手におすすめします。軽くても強度があるカーボンとグラスファイバーを素材に用いています。ミドルバランスで振り抜きやすく、コントロールがきくバットです。

 

スペック詳細はこちら

適応ボール 2号ボール バランス ミドルバランス
材質 カーボン+グラス 重さ 平均460g
長さ 76cm
ゼット(ZETT)

RED-X BAT52120

価格:9,790円 (税込)

人気のレッドエックスシリーズ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

話題のレッドエックスシリーズの2号ボール用です。重さは平均600gと軽めで、長さは2号ボール用としてはやや長く、80cmあります。素材は超々ジュラルミン、バランスはミドルバランスと、振り抜きやすいよう設計されています。厚さ1.0mmのポリウレタンのグリップテープが付属しているので、別途買う必要はありません。

適応ボール 2号ボール バランス ミドルバランス
材質 超々ジュラルミン 重さ 平均600g
長さ 80cm

ソフトボール用バット 2号・1号バットのおすすめ

  • 商品画像
  • アイテムID:6210104の画像

    MIZUNO(ミズノ)

  • アイテムID:6217325の画像

    ゼット(ZETT)

  • 商品名
  • チャンピオンシップ 1CJFS61476
  • RED-X BAT52120
  • 特徴
  • 小学校低学年の選手におすすめ
  • 人気のレッドエックスシリーズ
  • 価格
  • 9867円(税込)
  • 9790円(税込)
  • 適応ボール
  • 2号ボール
  • 2号ボール
  • バランス
  • ミドルバランス
  • ミドルバランス
  • 材質
  • カーボン+グラス
  • 超々ジュラルミン
  • 重さ
  • 平均460g
  • 平均600g
  • 長さ
  • 76cm
  • 80cm

自分にぴったりのバットを選んでも飛ばない場合があります。その原因はパワー不足、ミートしてない、スイングの3つが考えられます。パワー不足は全身の力をボールを跳ね返す力に変えられていないためです。体重移動が打開策のカギです。


ミートは力づくでバットを振らず、軽く振って芯にあてるように意識するようトレーニングします。スイングはまず基本通りにできるようになってから、自分のスイングを作り上げるようにしましょう。

あるバットのモデルを改良して新型モデルが発表されると、それまでのモデルは「型落ち」になります。すると新型モデルが多く売れ、型落ちしたモデルは値段が下がる場合が多くなります。


型落ち品を狙えば安く手に入れられます。通販サイトでは型落ち品を比較的多く扱っているので、気に入ったバットがあったらこまめにチェックしてみてください。ただし、新型モデルが出る前に売り切れになってしまう場合もあるので注意しましょう。

道具を手入れしない人はうまくなれない、というのはソフトボールに限らずさまざまな分野で共通しています。使ったら必ず手入れするようにしましょう。普段の手入れの方法とグリップテープについてご紹介します。

普段の手入れ

バットにはボールの跡がよくつきます。使った後はかたく絞った雑巾などで拭いておきましょう。汚れが目立つようになったらバットクリーナーをつけた乾いた布で汚れを落とします。バットクリーナーにはクリーム状のものやローションタイプのものがあります。


おすすめのバットクリーナーはミズノのクリーナーです。金属、カーボン、木のバットと使えるバットが幅広いのが特徴です。ローションのようなテクスチャーです。

グリップテープの交換

グリップテープは1、2か月ごとに変えるようおすすめします。新しいグリップテープを巻いたバットは滑りにくく振りやすくなります。素材はポリウレタンが多いですが、牛革を使ったものもあります。クッション性のあるものは公式試合に使えない場合もあるので要注意です。


グリップテープはらせん状に連続して巻くよう、規則で定められています。グリップエンドの方からバットのヘッドに向かってらせん状に巻くと巻きやすいです。

ソフトボール用のバットについて、野球用バットとの違い、選び方、おすすめのバット、手入れの方法などについて解説しました。自分にとっての最強バットを選べば打率3割も夢ではありません。チームに貢献できる打者として活躍してください。

# おすすめ # 選び方