【2021年最新】人気のスイムベイトおすすめ12選|シーバス・青物にも最適!

生きているように泳ぐルアー「スイムベイト」が注目を集めています。種類が豊富で、海・淡水を問わずさまざまなシーンに対応可能です。使い方は簡単で、初心者の方でも気軽にチャレンジできます。そこで今回はスイムベイトの選び方やおすすめ商品12選を紹介します。

2021/05/04 更新

近年、本物の魚のような動きでターゲットを魅了する「スイムベイト」が人気です。スイムベイトの起源は古く、ビッグベイトが主流となる以前からコアなアングラーたちに愛用されてきました。普及した当初は海外メーカーの輸入品がほとんどでしたが、最近では国内メーカーの良質なアイテムも豊富に揃っています

 

スイムベイトは生命力を感じるほどのリアルな作りが最大の魅力です。リアルな質感や見た目はもちろん、ハードプラグやジグでは表現しきれない柔らかな動きを生み出します。その泳ぎっぷりは小魚と見間違うほどで、ターゲットの喰いつきの良さも特徴です。

 

基本的な扱いはシンプルなので、初心者から上級者まで幅広く楽しめるのも人気の理由のひとつ。そこで今回は、スイムベイトを使用する際のポイントや、選ぶ時の注目点などを解説します。さらに記事後半では、おすすめのスイムベイト12選も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

今すぐ見る!おすすめスイムベイト12選

スイムベイトとは、魚の形を模した "ソフト素材の" ルアーのことを指します。特にテール部分は柔らかく、水流を受けるとリアルな揺れを見せることが特徴です。ブラックバスやシーバス釣りなど、ビッグベイトに多く利用されています。

 

フックがセットになって販売されているのが一般的です。小型∼大型のものまで幅広いサイズ展開で、中にはエビやカエルなど魚型でないものも存在します。水に浮く「フローティング」や深く沈む「シンキング」、水中を漂う「サスペンド」など種類によって各層のターゲットを狙うことが可能です。

リアルさを追求した「スイムベイト」は、ルアーとワームの良いとこ取りをしたアイテムとも言えます。ルアーのベイト感はそのままに、ワームの食い込みの良さを兼ね備えているからです。そんなスイムベイトを使用するメリット・デメリットについて解説します。

メリット 

通常のルアーよりも自然な動きや感触で、魚に違和感を与えにくいことが大きなメリットです。魚の警戒心が薄れ、喰いつきやすく吐き出しにくくなります。着水音も静かなのでサイレントアプローチによる不意打ちも可能です。

 

また、ただ巻きするだけでアクションが取れるので、初心者の方でも扱いが簡単です。手持ちのタックルで使用できる手軽さもメリット。カスタマイズの幅が広く、上級者も飽きさせない面白さも魅力です。

デメリット

メリットの裏側とも受け取れますが、デメリットは巻きを止めると一気にアピール力を失う点です。また、フックがむき出しのモノは根掛かりしやすいので、泳がす環境によって注意が必要です。フックが隠れているタイプのものもありますが、根掛かりしにくい代わりにフッキングしづらい難点もあります。

素材・アクション・サイズ・波動・機能性など、各々に創意工夫が施されたスイムベイト。しかし初心者にとっては、見た目だけで特性の違いを判断するのは難しいものです。ここではスイムベイトを選ぶ際に注目すべきポイントをご紹介します

形・サイズ

形・サイズ選びの基本は、狙いたいターゲットが普段捕食している小魚のサイズに合わせること。時期やフィールドごとにターゲットの捕食ベイトを想定した形を選ぶことです。

 

しかし、スイムベイトの魚を引きつける力は非常に強く、実際はいつも食べていないような大型サイズにアタックしてくるシーンもしばしば。基本を抑えたサイズに加え、数種類のサイズをローテーションしながら反応の違いを伺うと、より最適なサイズ感がわかります。

ウェイト

スイムベイトはサイズに比例して重量があるものが多く存在します。重い(大きい)ルアーであればあるほど、当然タックルはヘビーになります。ラインも太めのモノを使うのがおすすめです。

 

使用するロッドの適合ルアーウエイト内でないと、キャスト時に折れてしまうといったトラブルの原因になりかねません。使いたいスイムベイトにあわせてタックルを見直すか、所有するタックルにあわせるか、事前に確認するようにしましょう。

フック

フックの付き方に注目しましょう。外付けタイプはフッキングがしやすく、より確実にターゲットの顎をとらえます。また、魚に違和感を与えてバレるのが心配な場合には「フックホールド付き」がおすすめです。フックをボディに沿わせて、違和感を軽減する事ができます。

 

根掛かりが心配なときは、ボディにフックが収納されるタイプもあります。フッキングしづらい難点はありますが、障害物の多いフィールドで有効です。

カラー

スイムベイトは素材の特性上、音やフラッシングを発生させないので、特に濁った水では派手な色で視覚的にアピールする必要があります。反対に透明度の高い水質ならば、ナチュラルカラーを使用することで違和感なくバイトに持ち込むことが可能です。

 

カラーの違いに加えて、マット感の強いものや、煌めくラメ入りタイプなど種類が豊富にあります。その時々でシチュエーションを見極めて "釣れるカラー" をセレクトしましょう

アクション

スイムベイトはテールの設計などにより、アピール度が若干変化します。多くの製品に採用されているキックテールは、その動きで波動を生み出すもの。ピンテール・リアルテールが採用されたアイテムは、よりベイトフィッシュに近い波動を演出します。それぞれの特長をよくつかんで、ターゲットの活性に合わせたルアーを使用することがポイントです。

プロショップマリンYahoo店

deps RADRABBIT / デプス ラドラビット (クリアホワイト)

価格:2,200円 (税込)

初心者にもおすすめ!オカッパリでも安定の使用感

Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ラドラビットは水面直下~1mレンジスイムに特化したアイテムです。最大の特徴はラインを結ぶ位置によって泳層をコントロールできる、2種のラインアイが搭載されていること。狙ったレンジをキープしやすく、確実にバイトチャンスを引き寄せてくれます。ワイヤーガードの装備で根がかり回避にも配慮されています。ボートはもちろん、オカッパリでも扱いやすいスイムベイトなので初心者の方にもおすすめです。

本体サイズ 5.8インチ 重量 42g
フックのタイプ 下付け スペア(有無) ×
JACKALL(ジャッカル)

ダンクル 7インチ 62g ギラギラオイカワ ルアー

価格:1,808円 (税込)

力強く繊細な波動がデカバスを魅了する

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

細身のボディが多い日本モデルの中では、やや頭でっかちの形状が特徴的なダンクル。ビッグヘッドから生み出される水押しインパクトと、テールの細やかな波動の相乗効果により、デカバスのバイトを誘発すると人気です。下付け・上付け両方に対応したダブルフックの採用で根掛かりしづらい設計。水面からボトムまで狙ったレンジの攻略に欠かせません。5/7/9inchの3種がラインナップされています。

本体サイズ 7inch 重量 62g
フックのタイプ 下付け(ダブルフック) スペア(有無) ×
JACKALL(ジャッカル)

デラボール 26g 3.2インチ ピンクバッククリアー

価格:1,247円 (税込)

派手なカラーラインナップで濁りにも強い

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

愛らしい丸みのあるデザインが印象的なデラボール。その独特な形状により空気抵抗が抑えられ、小型モデルでありながら飛距離を稼ぐことができます。スイムベイトは濁りに弱いものが多いのですが、デラボールのカラーラインナップは派手なものが多く、濁ったシチュエーションにも有効です。ひと回り小さい「ベビーデラボール」もラインナップされています。

本体サイズ 3.2inch 重量 26g
フックのタイプ トレブルフック(インナー) スペア(有無) ×
IMAKATSU(イマカツ)

ステルススイマー 琵琶湖スペシャル ミディアムウェイト エコ対応品 #S-381 東条ハス

価格:2,200円 (税込)

フックの存在を消したスイムベイトの最先端設計

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ステルススイマーと言えば「フックの存在感を完全に消したフォルム」が最大の特徴です。ボディ内部に隠された大型フックは、泳がせている時には全く見えませんが、魚がルアーを咥えると飛び出す仕組みになっています。画期的な設計により、従来のスイムベイトにはない驚異のスナッグレス性能とフッキング性能を両立させています。完成度の高さから、数ルアーを見てきた経験値の高い魚をも惑わすことが可能です。

本体サイズ 160mm 重量 3/16oz
フックのタイプ インナー スペア(有無) ×
FLASH UNION(フラッシュユニオン)

ユニオンスイマー120F エコ #001 アユ

価格:1,836円 (税込)

他のスイムベイトにはない多彩なアクションが魅力

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソフトルアーでありながら水面でステイさせたり、ジャークを交えたコンビネーションができたりするなど他のスイムベイトでは難しい多彩なアクションを表現できることがユニオンスイマーの魅力です。着水後から巻き始めるまでの根掛かりのしにくさなど、初心者にも扱いやすい点も嬉しいポイント。ボディーを傷めることなく簡単にフックを脱着できるシリコン素材のホール付きで、長くご愛用いただけます。

本体サイズ 120mm 重量 30g
フックのタイプ 下付け スペア(有無) ×
フィッシュアロー

ビビッドクルーズ150Feco#F04 Fレインボー

価格:1,762円 (税込)

フッキングもしっかり決まる!マグネットシステム搭載

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

従来のスイムベイトのようにトレブルフックをボディに刺すのではなく、マグネットで固定する形を採用したことで、ボディバランスがいいのが特徴です。アクションの安定性も向上し、フッキングもしっかりと決まります。簡単にフックの向きを変えることができるので、カバーまわりを果敢に攻めることも可能。よりアピール力の高い170㎜と、小規模フィールドで活躍する115㎜モデルも展開されています。

本体サイズ 150mm 重量 28g
フックのタイプ 下付け(マグネット) スペア(有無) ×
メガバス(Megabass)

ダークスリーパー 2.4インチ 3/8oz ビワコヨシノボリ

価格:673円 (税込)

地を這いじっくり誘い出すスイムベイト

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハゼを模したリアルなフォルムで、底生の小魚を食べているバスに効くアイテムです。冬場、食い気が低くボトムに沈んでいる魚に効果的。フックは完全に背びれに隠れているので、魚に違和感を与えません。小型ですが重量もあるため遠投が可能です。低重心設計に加え、胸ビレによって横倒れしないので着底後も安定感は抜群。障害物も鮮やかに交わしてくれる扱いやすいルアーです。

本体サイズ 2.4inch 重量 8oz
フックのタイプ インナー スペア(有無) ×
メガバス(Megabass)

MAGSLOWL 7inch パールシャッド 33935

価格:1,078円 (税込)

真夏・真冬のタフコンディションに活躍

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

真冬の低水温期や、炎天下でバスの活動が抑制されている状態では、派手なアクションはバイトに結び付きません。そんな時に役立つのがローリトリーブ特化型のマグスロウルです。スローかつ控えめなアクションで、タフコンディションの中でもバイトに持ち込みます。汎用性には欠けますが、他のルアーが通用しない状況になるほど釣れるアイテムですので1つ持っておいても損はないでしょう。

本体サイズ 7inch 重量 1.1/4oz.
フックのタイプ 下付け スペア(有無) ×
ノーブランド品

ハドルストン ハドルトラウト 6インチ ROF5 釣り ルアー

価格:9,800円 (税込)

世界的人気のハドルトラウトでヘビータックルに挑む

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アメリカのメーカーHADDLESTONの「ビッグスイムベイト」は世界的人気アイテムです。ローリングアクションは一切なく、独自形状のハドルテールが左右に揺れ、ナチュラルな泳ぎを演出します。一見地味なアクションですがバスの反応は良好です。サイズは12in、8in、5inの3種類が展開されており、ヘビータックルに挑戦したい方には5inchからのスタートがおすすめです。

本体サイズ 6inch 重量 -
フックのタイプ 上付き スペア(有無)  ×
釣り王国 楽天市場店

オルルド釣具 スイムベイト ダートアクション型 ジグヘッド ソフトルアー 疑似餌 5個セット 11cm 21g

価格:1,233円 (税込)

ソルトに最適!アクティブにボトムから表層までを攻める

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

太刀魚・ぶり・ハマチ狙いなどに最適なソルト用スイムベイト。ジグヘッドにワームを付けた、ダートアクション型のルアーです。着底から足元までをシャクリ、アクションを加えることで、表層からボトムまで広く狙えます。高速巻きによる青物へのアピールも有効。アピール力に優れるラメやレッドヘッド、曇天に有効な夜光タイプなど、実績のある5色が揃っているのでシーンによる使い分けが可能です。

本体サイズ 11cm 重量 21g
フックのタイプ 上付け(ジグヘッド) スペア(有無)
COREMAN(コアマン)

RJ-10 ローリングジグヘッド シルバーヘッド/沖堤イワシ

価格:2,298円 (税込)

軽いがよく飛ぶ、ダブルフックでバラシも軽減

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ローリングジグヘッドに10gが登場しました。小型の軽量ヘッドでありながら、空気抵抗が少なくよく飛びます。遠投から水深の浅いエリアを攻めたいときに便利なアイテムです。スレたシーバスに効くハイピッチローリングアクションに加え、ボディ上部のダブルフックはフックアップ後ピンから外れる仕様。フッキング率が高まると同時に、バラシも軽減されるメリットがあります。

本体サイズ 85mm 重量 10g
フックのタイプ 上付け(ダブルフック) スペア(有無)
マルキュー(MARUKYU)

エコギア(Ecogear) ルアー パワーシャッド 4インチ #158 スーパーホログラム/ピンクグロウ(夜光)

価格:569円 (税込)

とにかく安い!コスパ重視の常備アイテム

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ジグヘッドやノーシンカーまで幅広くオールラウンドで活用できる、使い勝手のいいパワーシャッド。カラーも豊富でお手頃価格なので、常備アイテムとして持っておくのもおすすめです。硬めの素材になっており、三角形のテールから生み出される波動は力強く、広範囲にアピールすることができます。本体後方に重心があるため、飛距離を稼げるのも嬉しいポイントです。

本体サイズ 3inch 重量 -
フックのタイプ - スペア(有無)

スイムベイトはシーズンを問わずに使用できる、汎用性の高いアイテムです。リトリーブできるスペースさえ確保できれば、エリアや環境を選ばず使用できます。その中でも特に、スイムベイトの活躍が際立つシーンに注目してみましょう。

汎用的に使用できるが春はとくに大活躍!

春はスイムベイトが大活躍するシーズンです。その理由は、魚が産卵に向けて大きな餌を捕食しようとする時期と、大きなフォルムでゆっくりと泳がすことができるスイムベイトの特性がマッチするからだと考えられています。プロフィッシャーへの取材からも、春には他のルアーではヒットしない大物が、スイムベイトで多く釣れる傾向があることが分かっています。

青物やシーバスなどのソルトウォーターゲームにも

スイムベイトはシーバス釣りなどソルトゲームでも有効です。ほとんどのソルト用スイムベイトは、ジグヘッドとワームを組み合わせたものなど、海のフィッシュイーターに適した形にカスタマイズされています。

 

基本的なサイレントアプローチの特徴はそのままに、しっかりとした波動でアピールできる点が、他のソルトルアーとは一味違うジャンルとして確立されているのです。なかでも比較的大型のタイプが人気を博しています。

先述したようにスイムベイトは比較的シンプルに扱えるため、初心者の方にもおすすめです。はじめてスイムベイトに挑戦する方に向けて、使用する際のポイントを2つご紹介します。

遠投からのただ巻きがベース

最もポピュラーな操作は「ただ巻き」です。ゆっくり巻くのが基本ですが、時々早巻きして緩急を加えたり、トゥイッチやジャークを入れてリアクション気味に見せるのも効果が期待できます。

 

遠投して魚と距離をとることでプレッシャーを軽減できるほか、より長い時間ターゲットにアピールすることが可能です。勢いよくバイトしてくる可能性があるので、安定した足場を確保してフッキング体制は整えておくようにしましょう。

ラインの貼りすぎには注意しよう

ラインを張りすぎるとルアーに余計な動きが加わり、不自然な印象からターゲットに見切られてしまいます。ラインは張りすぎず、緩めすぎずの状態をキープしつつ、バイトが出たらラインスラックを巻き取るようにするのがコツです。

スイムベイトは素材の性質上、裂けやすいのが難点です。破損してしまった時には、Fix-A‐LureのSpike-Itというワーム補修ボンドが役立ちます。一瞬ワームを溶かしてから接合する溶接のような接着剤で、接合部が固くならない点がメリットです。

 

また、テール部分といったパーツが完全に取れた場合には「別売りでスペア」で修復すれば寿命を延長できます。スペア付きはコスパもいいので長期戦におすすめです。

スイムベイトの重量に対応したロッドを選ぶ必要があります。1オンスを超える重量級のスイムベイトを使用する際には、ビッグベイト用を。1オンス以下であれば、ミディアムヘビークラスのロッドをおすすめします。

 

いずれも他のルアーにも幅広く使用でき、汎用性は抜群です。大物を寄せられるパワフルなロッドを選んでおくと、シーンに合わせて多種多様なルアーを試すことができるので楽しめる範囲も広がります。

手軽に取り入れることができるスイムベイト。使用してみると奥が深く探求心が刺激されます。まだ使用したことのない方は、この機会にぜひ気になるアイテムにトライしてはいかがでしょうか。新たなアプローチの感覚にハマるかもしれません。