肥料散布機のおすすめ15選!種類や選び方・使い方の注意点も解説

肥料散布機は作物や植物に肥料を手軽に撒けるアイテムです。こちらの記事では、肥料散布機の種類・上手な選び方のコツ・使い方の注意点について説明しています。自分に合ったタイプの肥料散布機を探している方・ガーデニングを楽しみたい方はぜひご覧ください。

2021/10/22 更新

Amazon

ブラックフライデー開催中!

\11/26(金) 9:00〜12/2(木) 23:59/

毎日ビッグサプライズセール登場。

自分へのご褒美を。

農薬や肥料を植物・作物に撒く際には、肥料用散布機を活用すると便利です。広さがある庭や畑に対しても短時間で効率的に肥料を散布できます。

 

種類はタンクを背負うタイプや持ち手を押して動かすことで散布する手押しタイプなどさまざまです。トラクターを使って牽引できる本格的なタイプもあるので、どのタイプの製品がどの用途におすすめなのかチェックすることが大切になります。

 

今回は種類別の特徴や、肥料用散布機の選び方のコツ・おすすめな製品の実例を紹介します。肥料散布機を使う際の注意点についても説明するので、自分の用途に適した肥料散布機を探したい方・上手に肥料を散布したい方はぜひ参考にしてください。

今すぐ見る!肥料散布機のおすすめ15選

肥料散布機は種類ごとにそれぞれ特徴があり、以下の5種類に分類が可能です。

 

  • 容量の多い背負いタイプ
  • 家庭用菜園なら手持ちタイプ
  • 腰への負担が少ない手押しタイプ
  • トラクターに取り付けて使う牽引タイプ
  • 楽に散布できる自走タイプ

容量の多い背負いタイプ

背負いタイプの場合、肥料や農薬を入れるためのタンクを背負い、手元のホースを使う形で散布できるのが特徴的です。容量が多いタンクを使えるので、ある程度広さがある畑に対しても活用しやすいです。

 

また液体の肥料を噴射できるタイプもあり、広範囲に対して方向を指定しつつ肥料や農薬を散布したい方にも向いています。タンクを背負うことで、一度の作業でより多くの農薬や肥料を手軽に散布しやすいのも魅力です。

家庭用菜園なら手持ちタイプ

家庭用のスペースが小さい菜園に使う場合には、シンプルな手持ちタイプがおすすめです。手持ちタイプは小さな容器に散布用の孔が空いたキャップが付いた設計の製品が多く、安い価格で取り入れやすいという強みがあります。

 

また、コンパクトなサイズなので収納場所にも困りづらいです。家族でカジュアルに使える製品がほしい方・重いタンクを使わずに手軽に肥料を散布したい方に適します。

腰への負担が少ない手押しタイプ

手押しタイプは持ち手部分を手で掴んで押すことで、散布機の下の地面に肥料が自動で散布されていく設計です。側面にはタイヤが付いているため容量が多く重い大型の散布機であっても腰を痛めずに作業しやすいというメリットがあります。

 

手動で動かす分静かに作業でき、手持ちタイプや背負いタイプと比べてさらに広範囲に効率良く肥料を撒けるのが魅力です。

トラクターに取り付けて使う牽引タイプ

牽引タイプはトラクターに取り付けて使い、より本格的な農業に活用できます。トラクターに取り付ける分畑を耕しながら同時に肥料や農薬の散布が行えるため、広大な畑に対してもスピーディに作業を進めやすいです。

 

製品によって対応するトラクターのサイズや形状が異なるため、自身が使う予定のトラクターに仕様があっているかチェックする必要があります。

楽に散布できる自走タイプ

自走タイプはエンジンが搭載されていて、自身で散布機を動かす手間なく自動で動くのが大きな強みです。肥料の散布による体への負担をできるだけ少なくしたい方・長時間の作業を避けたい方に向いています。手動で散布するタイプと比べると価格設定は高くなりやすいですが、重い散布機を動かす手間を省けるのが魅力です。

 

高価な製品が多いため、購入前にレンタルサービスを活用して使い心地を試すのも手となります。短期間のみの使用を考えている場合、レンタルの方がコストを抑えやすいです。

今すぐ見る!肥料散布機のおすすめ15選

肥料散布機を探す際には、上手な選び方のコツを把握しておくことが大切です。具体的には、以下の3つのポイントをチェックしましょう。

 

  • 容量
  • ノズルの種類
  • 対応している薬剤の種類

容量

肥料散布機が対応している容量をチェックすれば、どの用途に適しているか判断できます。具体的には、以下のように判断が可能です。

 

  • 0.5~1Lはベランダ・庭向け
  • 2.5~4Lは小さな農園向け
  • 15L〜50Lは農業向け

0.5~1Lはベランダ・庭向け

0.5~1Lはベランダや小さな庭に向いています。コンパクトな容量なので、収納する際も場所を取りにくく、持ち運びも手軽に行いやすいのが利点です。

 

ペットボトルほどの容量で、10分ほど散布すれば使い切ってしまう量でもあります。どちらかというとカジュアルに使いたい方・小さいスペースに対して作業したい方におすすめです。

2.5~4Lは小さな農園向け

2.5~4Lの容量であれば、10㎡から20㎡ほどの面積にも容器に肥料を追加する手間なく散布しやすいです。小さな農園に対しての肥料の散布を検討している場合に適します。また手押しタイプや背負いタイプで取り入れられる容量でもあり、手動で広い範囲に散布したい方におすすめです。散布時に持ち運ぶ負担を減らしつつ広い場所に散布できるよというメリットもあります。

15L〜50Lは農業向け

15L〜50Lは大容量なので、農業用として扱う際におすすめです。畑1ヘクタールあたり10Lの肥料が必要になると考えるとどのくらいの容量が適しているか判断しやすくなります。

 

また容量が多くなるほど重量も増すため、運搬の負担が増えることにも注意しましょう。手動で作業をする場合には手押しタイプを、作業を自動で進めたい場合は牽引タイプや自走タイプを活用すると作業の負担を減らしやすくなります。

ノズルの種類

肥料散布機のノズルの形状をチェックすれば、どのように散布できるか確認できます。散布機のノズルのタイプは、以下の4つに分類が可能です。

 

  • 単頭ノズル
  • 多頭口ノズル
  • 飛散低減ノズル
  • 鉄砲ノズル

単頭ノズル

単頭ノズルは背負いタイプによく採用されていて、液体の肥料を噴射できるのが特色です。細いノズルから散布できるので、狭い箇所に対しても作業しやすいという強みがあります。水圧が弱いため遠い場所に散布するのは難しいですが、近場に散布するよう調節しやすいのが利点です。また一度に散布しすぎないように対策もでき、肥料を無駄遣いしないように節約できます

多頭口ノズル

多頭口ノズルは散布する口が2つ以上付いた構造なので、より広い範囲に対して肥料を散布しやすいという特徴があります。複数の箇所から同時に散布する分水圧は弱くなりやすい点には注意が必要です。

 

また散布する方向の指定はやや難しいので、単頭ノズルと比べると扱いには慣れが必要になります。広い畑や果樹園への肥料・農薬の散布を効率よく進めたい方向けのノズルです。

飛散低減ノズル

飛散低減ノズルは散布用の孔が大き目に作られているのがポイントで、特定の箇所にしっかりと農薬を撒いて浸透させたい場合におすすめです。特に殺虫剤や除草剤といった、作物や植物に対して効果を強力に発揮させたい農薬を撒く際に活躍します。

 

通常の孔の大きさのノズルに比べるとムラが発生しやすい点には注意が必要です。また、農薬や肥料の散布しすぎにつながらないように扱う必要があります。

鉄砲ノズル

鉄砲ノズルはより遠くに水圧を高めて肥料を散布できるのがメリットです。ノズルによっては水圧を調整できるタイプもあり、近い場所には水圧を下げて遠い箇所には水圧を高めて使う、といった使い分けができることもあります。

 

また、より高い場所への散布や作業で使うアイテムの洗浄にも向いているのがポイントです。背が高い木に向けて散布する場合にも活躍します。

対応している薬剤の種類

対応している薬剤の種類をチェックすれば、自身が活用したい薬剤のタイプに合った散布機かどうかを判断できます。散布機の孔の大きさによって、液体の肥料に対応していても、粒が大きい肥料は目詰まりを起こしてしまい散布できないケースもあるため注意が必要です。

 

また、粉状の薬剤をムラなく散布できるかどうかもチェックしましょう。用途が広い散布機がほしい場合、肥料以外に植物の種や融雪剤なども散布できるか確認するのもおすすめです。

肥料散布機のおすすめな製品は15個あります。こちらでは、以下の5つの種類に分類して製品の魅力について説明します。

 

  • 背負いタイプ
  • 手持ちタイプ
  • 手押しタイプ
  • 牽引タイプ
  • 自走タイプ

背負いタイプ

ヤマト農磁

グリーンサンパーV型

価格:13,780円 (税込)

腐食防止加工済みで改良が重ねられたモデル

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

腐食防止加工がされているためより耐久性が高い散布機として活用しやすいです。また初期D型から現在のV型になるまで改良が重ねられていて、フレームがより軽量化された設計でスジマキ専用のパイプを搭載しています。粒状・粉状・ペレット肥料にも対応しているため、さまざまな肥料の散布に活用できるのも利点です。口アミが付属するので固まった肥料を投入しないよう対策もできます。

容量 30L 散布幅 -
散布量の調整 × 対応している肥料 粒状、粉状、ペレット肥料
付属品 キングパイプII型・スジマキ専用パイプ・グリーンハンド・口アミ サイズ 22 x 33 x 52 cm
重量 1.9 Kg
麻場

SA-25Z

価格:10,390円 (税込)

調節レバー付きで散布量を好きなように調節できる

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

調節レバー付きなので、肥料や農薬の散布量を場面に応じて好きなように調節できるのが魅力です。また容量は20Lとやや少なめなので、背負う際の体への負担を減らせる強みがあります。吸湿性質がある特殊な肥料には適しませんが、肥料の固まりを取り除ける網も付属するため、大容量の肥料を少しずつ使いたい時にも便利です。背当てマット付きで背中への違和感も少なくできます。

容量 20L 散布幅 -
散布量の調整 対応している肥料 -
付属品 背当てマット・コシアミ サイズ 64 x 30 x 20 cm
重量 2.5 Kg
Kioritz(キョウリツ)

DME305G-13

価格:63,149円 (税込)

ECOエンジンを搭載していて軽量設計

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

燃費が良くなるよう改良されたECOエンジンを搭載していて、自動で散布されるためより効率よく作業ができるという強みがあります。軽量設計なので、エンジンを使っていても持ち運びがしやすいのがメリットです。背負いバンドによって背中にフィットするため、重量による負担を上手に分散させつつ作業が行えます。セレクトシャッターという構造は片開きで、さまざまな肥料の散布が可能です。

容量 13L 散布幅 -
散布量の調整 × 対応している肥料 粉剤・除草剤にも対応
付属品 ストラップ・背負いバンド サイズ 40.5×43×60cm
重量 8.4kg
向井工業

さんすけ OB-24

価格:16,545円 (税込)

複数のノズルの使い分けができる

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

全面散布ノズル・巾広まきノズル・細まきノズルが付属するので、複数のノズルを用途によって上手に使い分けやすいのが魅力です。強化プラスチック素材を採用している分錆びにくく、軽い丈夫な散布機として活用できます。粒状の肥料の散布に適していて、化学肥料だけでなく油粕や硫安といった肥料を撒きたい方にもおすすめです。

容量 24L 散布幅 -
散布量の調整 × 対応している肥料 化成肥料、硫安、油粕、棉実粕など
付属品 全面散布ノズル・巾広まきノズル・細まきノズル サイズ 24 x 37 x 56 cm
重量 1.7 Kg

手持ちタイプ

Maruyamaseisakusyo(丸山製作所)

GH10B

価格:5,796円 (税込)

調整用のつまみ付きでハンドルを回しながら散布可能

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

調整用のつまみが付いた構造なので、扱う肥料の種類や散布する場所によって散布量を調整できます。また、ハンドルを回しながら散布可能な手動式なので、初めて使う時にも散布の開始・停止が行いやすいです。また昔からあるメーカーなので定番の商品として取り入れられやすいという特色もあります。胸下げバンドで体に引っ掛けつつ使えるのもポイントです。

容量 8L 散布幅 約5~7m
散布量の調整 対応している肥料 粒状除草剤・肥料の散布が可能
付属品 - サイズ 48 x 29.8 x 28.4 cm
重量 1.8 kg
GARDENA(ガルデナ)

3255-20

価格:1,450円 (税込)

融雪剤の散布にも対応していて扱いやすい

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

融雪剤の散布にも対応しているため、用途が幅広い散布機として扱いやすいです。また、大きな持ち手が付いているので手持ちの状態でもしっかりと握って散布できます。調整つまみによって散布する肥料の粒の大きさに応じてスプレッド口を変えられるのもメリットです。デザインもスタイリッシュなため、見た目にこだわりたい方にも適します。

容量 1.2L 散布幅
散布量の調整 対応している肥料 融雪剤・肥料・砂など
付属品 - サイズ 15.5 x 10.9 x 27.5 cm
重量 0.24kg
KOSHIN(工進)

HD-8

価格:4,980円 (税込)

ハンドルで操作でき体に提げての操作も可能

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハンドルで操作ができるため直感的に散布をしやすく、体に提げての操作も可能なのが特色です。また散布量は1kgから15kgと調節の自由度が高いので、散布する対象や肥料の内容に応じて調整ができます。広範囲に均一に散布しやすい構造でもあり、手持ちタイプでもムラなく肥料を撒きやすいです。胸側に提げることで散布の様子を確認しながら作業できるというメリットもあります。

容量 8L 散布幅 約5~7m
散布量の調整 対応している肥料 農薬・種子・肥料
付属品 - サイズ 36.9 x 24.7 x 46.3 cm
重量 1.9kg
KOSHIN(工進)

ミスターオート HS-401E

価格:1,380円 (税込)

蓄圧式の噴射器で均等に散布しやすい

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

蓄圧式の噴射器なので、自身で力を入れることなく均等に散布しやすいというメリットがあります。また液体の噴射に適しているため、液体肥料を撒く用途以外に除菌作業に使ったり除草剤を撒いたりとさまざまな場面に活躍しやすいです。使える薬剤の一覧表が提示されているため、購入前に自身が用いたい肥料が使えるか確認できます。コンパクトで軽量設計なのも利点です。

容量 4L 散布幅 [霧]:約1m /[直射]:約6.5m
散布量の調整 対応している肥料 殺虫剤・殺菌剤・除草剤・展着剤
付属品 1段1頭口ノズル、肩掛けベルト サイズ 22.7 x 19.5 x 37.5 cm
重量 1.3kg

手押しタイプ

コメリドットコム

マルチ肥料散布機

価格:17,800円 (税込)

ホームセンターでも販売されていて扱いやすい

\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ホームセンターとして有名なコメリの通販サイトでも販売されていて、肥料や農薬と一緒に購入したい方におすすめです。左右タイヤの間隔は27cmと広めに設けられているので、畝の間の走行もできます。また肥料以外には種・顆粒・もみがら・灰などさまざまな薬剤の散布が可能です。雨・風除けのカバー付きで屋外でも管理しやすいという魅力もあります。

容量 30L 散布幅 3.048~3.657m
散布量の調整 × 対応している肥料 肥料・種・もみがら・灰・除草剤・顆粒・粉など
付属品 雨・風除けのカバー サイズ 89×53×81.5cm
重量 10.4kg
GARDENA(ガルデナ)

436-20

価格:11,031円 (税込)

XLサイズで大量の肥料を一度に散布しやすい

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

XLサイズなので、大量の肥料を一度に散布しやすく散布の効率も上げやすいのが利点です。また、散布口の開閉は手元のハンドルで操作ができるので散布の開始・中止時に腰を屈める手間が省けます。カバープレートによって散布する幅の調整ができ、散布場所に合わせてカスタマイズも可能です。

容量 18L 散布幅 1.5m~6m
散布量の調整 対応している肥料 肥料・種・砂・砂利・道路塩
付属品 - サイズ -
重量 3.26 Kg
バロネスダイレクト

スコッツ ロータリー式スプレッダー 76121

価格:19,800円 (税込)

最大約170cmと広範囲に散布が可能

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最大約170cmと広範囲に散布が可能で、均一に散布しやすい分肥料散布時のムラによって肥料焼けが発生しないよう対策もできます。緑のカラーはナチュラルな印象も与えるため、ガーデニング用品として庭に合う製品を探している方にもおすすめです。より効率よく散布したいけれどコストは抑えたい、という要望にも応えてくれます。

容量 12L 散布幅 約170cm
散布量の調整 × 対応している肥料 -
付属品 - サイズ 全長92cm×全幅40cm×全高73cm
重量 約3.2kg

牽引タイプ

向井工業

ブロキャス5+パンチX F402JAセット

価格:249,900円 (税込)

耕うん機・散布機どちらでも使える

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耕うん機・散布機どちらの用途にも使えるセットなので、土壌の改良を手早く行えます。強化プラスチックやステンレス素材を採用していて腐食に強く、長期的に使いやすいのもポイントです。散布機の着脱はピン1本で行えるので、手軽に散布機能を追加できます。パンチ・エックスF402JAは軽快に自走する耕うん機で、自身で押し進める手間が省きやすいです。

容量 50L 散布幅 60~200cm
散布量の調整 × 対応している肥料 -
付属品 ホンダ 耕運機 パンチ・エックス F402JA サイズ 全長85×全幅43×全高80cm
重量 22.5kg
アグリテクノ矢崎

クリーンソワーAFT-1200KD

価格:197,800円 (税込)

170Lと大容量でトラクターで牽引可能

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

170Lと大容量でトラクターで牽引可能なため、より広大な畑に対して散布作業を行いたい方に適します。価格設定は高めですが、農業に使える本格的な散布機がほしい方におすすめです。またシャッターの開く度合いによって散布量の調節も行えます。

容量 170L 散布幅 120cm
散布量の調整 対応している肥料 粒状・粉状・ケイカル・エヌケイ-52
付属品 - サイズ 148.1×130.9×121cm
重量 95kg

自走タイプ

KANRYU

まきっこミニ MF400

価格:238,260円 (税込)

小型かつ軽量なので持ちまわしも簡単

\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小型かつ軽量なので持ちまわしも簡単に行いやすいです。粒状・ペレット状どちらの肥料にも対応しているので、さまざまな肥料を散布したい方にも適します。走行速度は時速3.5kmで、自身が動く手間なく広い範囲に対して肥料の散布が可能です。40Lの容量で肥料を補充する手間なく連続して作業を行えます。

容量 40L 散布幅 約4.0m
散布量の調整 × 対応している肥料 粒状肥料、けいふん(ペレット)
付属品 - サイズ 106×58×95cm
重量 45kg
MINORU(みのる産業)

AN-6

価格:257,971円 (税込)

ハンドル操作で散布する高さの調節が可能

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハンドル操作で散布する高さが調節可能で、作物がある場所に合わせて均等に肥料を散布できるのが魅力です。また散布量の調節もでき、自走式の散布機としてムラなく作業してもらえます。1条撒きまたは2条撒きが可能で、一度に効率良く散布しやすいです。

容量 28L 散布幅 30~135cm
散布量の調整 対応している肥料 粒状肥料
付属品 - サイズ 全長100~130×全幅65~135×全高130~160cm
重量 61kg

肥料散布機を使う際には注意点をチェックしておくと上手に扱いやすくなります。具体的には、以下の2点を確認しましよう。

 

  • 周囲の状況に配慮する
  • 防除グッズを活用する

周囲の状況に配慮する

農薬や肥料の散布を始める前に、周囲の状況に配慮するようにしましょう。風が強い日や雨が降っている時を避けた方が、遠い場所に散布しすぎる・薬剤が雨によって薄まるといったトラブルを対策できます。また、周辺に川や池がある場合に薬剤が入ってしまうと環境にダメージを与えてしまうため、あらかじめカバーをかけておくことも大切です。

 

気温が高い日は薬剤が揮発して効果が発揮されにくくなるため避けましょう。周りに人がいないことを確認して作業を始めることも重要です。

防除グッズを活用する

肥料散布機を使う際には、防除グッズを活用し、肥料や農薬によって自身の体にダメージが与えられない対策する必要があります。具体的には以下のようなグッズを装着することが大切です。

 

  • 目・口・手をカバーする保護メガネ・保護マスク・保護手袋
  • 耳への混入を防ぐ耳栓
  • 体を保護する作業用の衣服
  • 滑りにくい作業靴
  • 髪を覆うための帽子

 

また、作業を始める前に肥料散布機の取扱説明書を読んで使い方をチェックしておくと、扱う際のトラブルを避けやすくなります。

肥料散布機はシンプルな手持ちタイプであれば自作も可能です。桶やボトルに穴をあけて排水用のチューブを取り付けて、内部に漏斗の構造を取り入れれば簡易的な散布機が出来上がります。しかし、実際に販売されている散布機と比べると詰まりやすかったりと作業効率は落ちるため、注意が必要です。

 

また電動式の散布機を自作したい場合、トラクターのバッテリーから電力を供給するための整備作業が必要になるため、より本格的な技術・工具を活用しなければいけません。

肥料散布機を使って、植物や野菜を効率よく育てましょう。肥料散布機を探す際には、散布機の種類・容量・ノズルの種類・対応する薬剤の種類をチェックすると自身に適した製品を取り入れやすくなります。自分が扱いやすい肥料散布機で、植物・作物がすくすくと育つように工夫しましょう。