【最新】Bluetoothオーディオトランスミッターおすすめ12選|据え置きもタイプも!

有線のイヤホンを煩わしく感じている方はいませんか?Bluetoothオーディオトランスミッターなら、ワイヤレスでテレビやオーディオ機器との接続が可能です。そこで今回は、Bluetoothオーディオトランスミッターの選び方を解説し、おすすめの機種12選を紹介します。

2022/09/23 更新

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。

音楽やテレビなどを楽しむときに、ヘッドホンを使う方は多いはずです。ケーブルに行動を制限されないように、ワイヤレスで楽しみたいですよね。しかし、オーディオ機器がBluetoothに対応していない方も多いのではないでしょうか。

 

Bluetoothオーディオトランスミッターを接続すれば、Bluetoothを発信できます。そのため、Bluetooth対応ヘッドホンを使用可能です。また、車の中でスマホに保存された音楽を聴くための車載用モデルもあります。

 

種類が豊富なので、スペックや機能を丁寧に確認して選ぶことが大切です。今回は、おすすめのBluetoothオーディオトランスミッター12選を紹介します。機種選びのポイントも解説するので、無線で音楽を聴きたい方は参考にしてください。

Bluetoothオーディオトランスミッターは、2つの機器をワイヤレスで繋ぐための機器です。Bluetooth非対応の機器への取り付けで、Bluetooth送信が可能になります。そのため、イヤホンやスピーカーと無線接続したいときに便利です。

 

また、カーオーディオで使用できるモデルもあります。ワイヤレス接続はコードの煩わしさから解放されるのがメリットです。音楽を聴きながら快適に別の作業ができますが、通信できる距離を超えると接続が切れるので注意しましょう。

プロファイルとは、ワイヤレスで通信するための規格です。音声を送信する基本プロファイルであるA2DPや、リモコン操作が可能なAVRCPなどがあります。Bluetoothを送受信する機器が、同じプロファイルに対応していなければ通信できません。使用目的に合ったプロファイルに対応しているか、必ずチェックしましょう。

Bluetoothオーディオトランスミッターは、機種によって通信距離や機能などがさまざまです。自分の求める用途で楽しめるように、スペックをしっかりチェックしましょう。何に着目すべきかを解説しますので、参考にしてください。

ワイヤレスで通信可能な距離は機種によって異なります。必ずしも長距離で通信できる機種を選ぶ必要はありません。Bluetoothオーディオトランスミッターをどのように使いたいかはっきりさせ、各モデルの通信距離をチェックしましょう。

 

バッグに入れて持ち運びながら使う場合は、通信距離は短くても問題ありません。広いリビングで使う場合は、部屋の中を歩くことで機器が離れる可能性があります。目安として通信距離が10m程度のモデルがおすすめです。

Bluetoothの規格にはいくつかのバージョンがあり、現在は主に3.0~5.0のモデルが発売されています。数字が大きい上位のバージョンほど安定した通信が可能です。接続先の機器とバージョンが異なる場合、下位のバージョンに合わせて稼働します。ただし、4.0以上と3.0以下の機器は通信できない場合があるので注意しましょう。

コーデックは音声信号を圧縮し復元するための規格です。コーデックの違いによって音質や遅延の多さが変わります。Bluetoothオーディオトランスミッターの使用目的や、求める音質に応じて対応コーデックを確認しましょう。

SBCはすべてのBluetooth機器が対応しているコーデックです。通信できる機器が多い反面、圧縮率が高いので復元時に音質が劣化します。そのため、高音質サウンドを楽しみたい方には向きません。また、0.22秒の遅延も起きるため、映像鑑賞やゲームにも不向きです。音質にこだわらず、音楽鑑賞のみを目的とする方に適しています。

AACはiPhoneやiPadなどのApple製端末で使えるコーデックです。ノイズが少なく高音質なサウンドが楽しめます。また、遅延が0.12秒と少なく動画の視聴にも適しているため、iOSデバイスと接続したい方におすすめです。

aptXは主にAndroid端末が対応しており、Androidスマホの標準コーデックとして使われています。圧縮率が低いためクリアな音質で再生が可能です。また、遅延が0.07秒と少ないのでゲームを快適にプレイできます。

aptX LLは圧縮率が低く、CDとほぼ変わらないレベルの高音質サウンドを表現できます。また、わずか0.04秒しか遅延がないため、音声と映像のズレは人が認識できないレベルです。ゲームや映画をストレスなく楽しみたい方におすすめします。

aptX HDやLDACは、ワイヤレスでハイレゾと同等の高音質サウンドが楽しめるコーデックです。ハイレゾはCDの約6.5倍もの情報を持つ音楽データを指し、細かな音も繊細に表現します。ハイレゾ対応の機器を持っている方は検討しましょう。

Bluetooth非対応のテレビやオーディオ機器と、どの端子で有線接続できるかを確認しましょう。Bluetoothオーディオトランスミッターにはイヤホンジャックのほかに、USB端子や光デジタル端子付きのモデルがあります。パソコンと接続するならUSB端子付きがおすすめです。また、光デジタル端子で接続できれば、クリアなサウンドを楽しめます

Bluetoothオーディオトランスミッターは機能が豊富であればあるほど、使い道が広がり便利です。そこで、機種を選ぶときに確認しておきたい機能について解説します。どんな便利な機能があるのかをチェックしましょう。

Bluetoothオーディオトランスミッターは複数の端末を接続先に設定できますが、基本的に同時には接続できません。しかし、同時に2台のヘッドホンやイヤホンと接続できるモデルがあります。友人やパートナーと一緒に映画やゲームなどを楽しみたいときに、同時接続機能が便利です。特に、夜間の静かにすべき時間帯に重宝します。

Bluetooth非対応の音楽再生機器で無線通信するには、Bluetoothの送信機能が必要です。それに対して、ヘッドホンやスピーカーがBluetoothに対応していないなら、Bluetoothを受信しなければいけません。受信機能付きのモデルは1台で送信と受信ができます。受信機能のみのレシーバーもあるので、間違えないように注意しましょう。

Bluetoothオーディオトランスミッターは、あらかじめ充電してから使用するのが基本です。バッテリーが空になった場合、時間をかけて充電してからでないと使えません。しかし、USBで給電できるタイプなら充電しながらの連続使用が可能です。バッテリーが切れた状態でも、USBケーブルを接続すればすぐに使えます。

万通商事

オーディオトランスミッター

価格:1,380円 (税込)

離れた場所でも安定感のある通信が可能

\秋を楽しむお買い物キャンペーン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最大10mの距離で無線通信できるモデルです。約2時間の充電でBluetoothを5時間送信でき、バージョンは5.0なので接続が安定しています。受信機能も搭載しており、手動のレバーで簡単に送信と受信を切り替え可能です。そのため、Bluetooth非対応のスピーカーと無線接続したい方にもおすすめします。

メーカー
万通商事
商品名
オーディオトランスミッター
プロファイル
BT5.0、A2DP、AVRCP
通信可能距離
10m
Bluetoothバージョン
5.0
コーデック
-
接続端子
イヤホンジャック
その他機能
受信機能
TaoTronics

トランスミッター TT-BA09

価格:3,999円 (税込)

充電しながら使えるUSB給電対応モデル

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

通信中にバッテリーが切れることにより、突然通信が途切れるのが心配な方もいるのではないでしょうか。TT-BA09はUSBケーブルで給電しながら使えるので、電源のある場所ならバッテリーの残量を気にせず使用可能です。最大約15時間使用できるバッテリーを搭載しているため、給電できない環境にも向いています。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
TaoTronics
商品名
トランスミッター TT-BA09
プロファイル
A2DP、AVRCP
通信可能距離
13m
Bluetoothバージョン
5.0
コーデック
SBC、aptX、aptX LL
接続端子
光デジタル、イヤホンジャック
その他機能
同時接続機能、受信機能、USB給電
アンカー(Anker)

Soundsync A3341011

価格:3,999円 (税込)

クリアな音を長時間楽しめるモデル

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

送信モードで最大20時間、受信モードで最大17時間使える大容量バッテリーを搭載しています。2つの機器を同時に接続できるので、2人で同じ映像を楽しみたいときに便利です。また、ハイレゾ相当のaptX HDに対応しており、光デジタル端子も備えています。そのため、高音質サウンドを追求する方におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
アンカー(Anker)
商品名
Soundsync A3341011
プロファイル
A2DP、AVRCP
通信可能距離
10m
Bluetoothバージョン
5.0
コーデック
SBC、AAC、aptX、aptX LL、aptX HD
接続端子
光デジタル、USB、イヤホンジャック
その他機能
同時接続機能、受信機能
サンワサプライ(SANWA SUPPLY)

Bluetoothオーディオトランスミッター 400-BTAD008

価格:6,780円 (税込)

長距離通信できる据え置き型トランスミッター

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

広い家に住んでいれば、10m前後の通信距離では足りない可能性があります。400-BTAD008の通信距離は最大100mなので、自宅での無線接続で困ることはまずありません。また、可動式のアンテナが付いており、安定した接続をサポートしてくれます。常に給電しながら使う据え置きタイプのため、充電は不要です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
サンワサプライ(SANWA SUPPLY)
商品名
Bluetoothオーディオトランスミッター 400-BTAD008
プロファイル
A2DP、AVRCP
通信可能距離
100m
Bluetoothバージョン
5.0
コーデック
SBC、aptX、aptX LL、aptX HD、FastStream
接続端子
光デジタル、USB、イヤホンジャック
その他機能
同時接続機能、受信機能、USB給電
クリエイティブ(Creative)

オーディオ トランスミッター HP-BTW3

価格:4,928円 (税込)

ゲームからオンラインミーティングまで用途が多彩

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低遅延のaptX LLや高音質のaptX HDに対応した小型モデルです。遅延の少なさが重要なゲームをプレイするときだけでなく、ハイレゾサウンドを楽しみたい時にも活躍します。アナログマイクが搭載されているのも魅力です。そのため、ボイスチャットやオンライン会議をしたい方にもおすすめします。

 

スペック詳細はこちら

メーカー
クリエイティブ(Creative)
商品名
オーディオ トランスミッター HP-BTW3
プロファイル
A2DP、AVRCP、HFP
通信可能距離
30m
Bluetoothバージョン
5.0
コーデック
SBC、aptX、aptX LL、aptX HD
接続端子
USB Type-C
その他機能
-
1Mii

ワイヤレスUSBオーディオトランスミッター

価格:3,288円 (税込)

USBポートに接続するマイク付き小型モデル

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

USB Type-Aポートに挿すタイプのモデルです。同じ形状の端子が搭載されていれば使えるので、PS4やPCなど幅広い端末と無線接続できます。マイクも付いており、ボイスチャットを伴うオンラインゲームにも使用可能です。2台同時接続にも対応しているため、ゲームや動画を2人で楽しみたい方におすすめします。

メーカー
1Mii
商品名
ワイヤレスUSBオーディオトランスミッター
プロファイル
A2DP、HFP、HSP、AVRCP
通信可能距離
-
Bluetoothバージョン
5.0
コーデック
SBC、aptX LL、aptX HD、FastStream
接続端子
USB Type-A
その他機能
同時接続機能
ジャパンアベニュー(JAPAN AVE.)

FMランスミッター JA996

価格:3,480円 (税込)

安定した無線通信と有線接続に対応

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Bluetoothに対応したオーディオ機器の音楽を、カーオーディオで楽しめるモデルです。充電用のUSBポートが3つ搭載されています。そのため、3台のUSB機器を同時に急速充電可能です。有線での接続もできるので、Bluetooth非対応デバイスの音楽を聴きたい方にもおすすめします。

 

取扱説明書はこちら

メーカー
ジャパンアベニュー(JAPAN AVE.)
商品名
FMランスミッター JA996
プロファイル
A2DP、DSP
通信可能距離
10m
Bluetoothバージョン
5.0
コーデック
-
接続端子
-
その他機能
3台同時充電、ハンズフリー通話、イコライザー機能
フィリップス(PHILIPS)

FMトランスミッター DLP3528N

価格:2,380円 (税込)

4種類の音楽再生方法に対応

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

USB Type-AとType-Cの充電端子が搭載された車載用モデルです。電圧測定機能が搭載されており、車の電圧状況を確認できます。車に不具合が起きた場合に素早く気づけるので便利です。Bluetoothや有線接続のほかに、USBメモリやmicro SDカードも使えます。再生方法の豊富さを求める方におすすめです。

メーカー
フィリップス(PHILIPS)
商品名
FMトランスミッター DLP3528N
プロファイル
-
通信可能距離
-
Bluetoothバージョン
5.0
コーデック
-
接続端子
-
その他機能
3台同時充電、ノイズリダクション、ハンズフリー通話、音声アシスタント、電圧測定機能
カシムラ

Bluetooth FMトランスミッター KD-204

価格:2,268円 (税込)

低音を強調できる軽量車載用モデル

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本体の重量が18gと非常に軽いため、楽に持ち運びできます。最大通信距離は約10mあり、車内で音楽再生機器の置き場所を気にせず使えます。また、イコライザー機能を搭載しており、ノーマルモードと重低音モードから好きなモードを選択可能です。車内で低音の迫力を堪能したい方におすすめします。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
カシムラ
商品名
Bluetooth FMトランスミッター KD-204
プロファイル
A2DP
通信可能距離
10m
Bluetoothバージョン
4.2
コーデック
-
接続端子
-
その他機能
イコライザー機能
エレコム(ELECOM)

Bluetooth FMトランスミッター LAT-FMBT04

価格:2,636円 (税込)

USB機器を見分けて素早く充電できる

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

車の中でスマホやタブレットなどを充電する方は多いのではないでしょうか。LAT-FMBT04はおまかせ充電機能を備えており、USBポートに接続した機器の種類を判別します。その結果、各機器に最適な出力で充電可能です。また、ラストメモリ機能により、エンジンを切る直前に使用していたFM周波数を記憶します。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
エレコム(ELECOM)
商品名
Bluetooth FMトランスミッター LAT-FMBT04
プロファイル
A2DP
通信可能距離
10m
Bluetoothバージョン
4.2
コーデック
SBC
接続端子
-
その他機能
ラストメモリ機能、おまかせ充電

給電可能なタイプならコンセントにプラグを挿しますが、給電できない機種は充電が必要です。その後、本体と音楽再生機器をケーブルで繋ぎ電源を入れます。次に、Bluetoothで接続するためにペアリングモードに設定しましょう。

 

受信機側でBluetoothをONに切り替えれば、ペアリングされます。なお、受信機のBluetooth設定方法は機種によって異なるので、取扱説明書を確認してください。レシーバーとして使うときは、再生機器側で設定が必要です。

Bluetoothオーディオトランスミッターがあれば無線通信できるため、快適に音楽や映画が楽しめます。おすすめの機種は使う場所や接続する機器によって異なるため、スペックや機能をしっかりチェックしましょう。ぜひワイヤレス通信を活用して、動画やゲームを楽しんでください。