【2021年最新】クランプおすすめ12選|種類も解説!

木材や金属などの加工作業を効率的にするために欠かせないクランプ。クランプは種類が多く、用途に合ったものでないとかえって効率が落ちてしまいます。そこで本記事では、クランプの種類や選び方、おすすめ商品12選を紹介します。どれにしようか悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

2021/04/15 更新

材料を作業台に固定する時に使うクランプ。手や足で押さえるよりもしっかりと固定できるので、接着や釘打ちなどの加工作業が捗ります。上手に扱えれば仕上がりもキレイになるので、クランプはDIYでは欠かせない道具の1つです。

 

クランプはホームセンター・通販・100均などで販売されており、目にしたことがある人も多いでしょう。しかし、クランプにはC型・F型・バネクランプなどの種類が多く、どれがどんな時に使えるものか分かりにくいですよね。

 

そこで当記事では、クランプの種類・選び方・おすすめ商品12選を紹介します。クランプを使えば、小さなものでも大きなものでも加工がしやすくなって作業効率が上がるので、DIYがお好きな人はぜひ参考にして選んでください。

今すぐ見る!DIYに便利なおすすめクランプ12選

クランプとは木材や金属など加工したい材料を作業台に固定する時に使う工具です。手や足を使って押さえるよりも強い力で固定できるので、1人で作業する時に加工がしやすくなります。切断や接着用途で使われることが多いですが、穴あけや研磨時にも使う人が多いです。

 

物を固定する工具には「万力」というものもあります。万力は主に作業台に固定されていて材料だけを挟みます。一方、クランプは場所にとらわれず、材料同士を挟んだり作業台と材料を固定したりと使い方が多岐にわたります。クランプと万力は設置場所と挟むものが違うことを覚えておきましょう。

クランプにはたくさんの種類があり、それぞれ用途が異なります。ここで紹介する以外にもまだまだありますが、以下で取り上げる5種類はよく使われるものばかりなので、どういったものかをチェックしておきましょう。

C型クランプ

クランプの中では最もオーソドックスな形状で価格も安いものが多いC型クランプ。アルファベットのCのような形状の本体にネジが付いており、そのネジで物を固定するタイプのクランプです。サイズが豊富なので、小さなものから大きなものまで幅広い用途で使えます

 

C型クランプはネジの締め具合で固定する力を調節できます。しっかり締めるとかなりの力になり材料に跡が残ることも。締め跡が気になる方は当て木をして固定するのがおすすめです。

F型クランプ

L型・スライディングクランプとも呼ばれるF型クランプ。ネジが可動式で、材料の厚みや大きさに合わせて自由に調整できるので、対応範囲が広いクランプです。

 

C型クランプでは固定しにくい・できないようなものでもF型クランプなら固定できます。ただし、C型クランプよりも締める力が弱めなので、C型と同じ感覚で使うと失敗する可能性がある点に注意してください。

バネクランプ

ハンディクランプ・スプリングクランプとも呼ばれるバネクランプ。洗濯ばさみのような形状が特徴で、使い方も洗濯ばさみのように挟んで使います。C型・F型と違い、ネジを締める必要がないので、サッと取り出してすぐに使えるのが魅力です。

 

ただし、挟む力はC型・F型に比べると圧倒的に弱く、大きなものを固定する時には向いていません。接着後やベニヤといった薄い材料の固定、仮止めなどにおすすめです。

コーナークランプ

材料を直角に固定したい時に使われるコーナークランプ。直角に固定する限定的な使い方ですが、他のクランプではやりにくい固定が簡単にできるので、仕上がりをキレイにしたいなら手放せないアイテムです。

 

コーナークランプにはシングルハンドルタイプ・ダブルハンドルタイプなど種類があり、それぞれ固定方法・手間・締める力が変わるので、用途に合わせて選んでください。

クイックバークランプ

ラチェットバークランプとも呼ばれるクイックバークランプ。バーをスライドさせて幅を調節し、ハンドルを握って口を閉じ固定するタイプのクランプです。他のクランプと違って片手で扱えるので、空いている方の手で材料を押さえながら使えます。

 

手軽に使え、初心者でも使いやすいタイプです。ただし、締める力がやや弱いので強く固定する使い人には向いていません

今すぐ見る!DIYに便利なおすすめクランプ12選

ここからは、クランプの選び方について紹介します。クランプ自体はそれほど高額ではありませんが、用途に合ったものを選ばないと無駄になってしまいます。そのため、どんな使い方をするのかを考えてから購入しましょう。

留め方は2タイプ

クランプの留め方は、ネジまたはレバーの2種類です。ネジは昔からあるタイプで、本体とネジの間に材料を挟んでネジを締めて固定します。強く固定できるのがメリットですが、材料が傷ついたりネジを締めるのが面倒だったりするデメリットもあります。

 

一方レバータイプは、材料の厚みに合わせてスライドしてハンドルを握るだけなので簡単に固定できます。締める力がやや弱いのがデメリットです。

最大口幅と奥行きで選ぶ

クランプは種類だけでなくサイズもたくさんあります。本体の大きさも重要ですが、物を挟む時は最大口幅と奥行きも重要です。これらの項目を確認せずに購入すると、いざ使おうと思った時に使えないといったことにもなりかねません。また、当て木を使用して使う場合は、当て木の分の厚みも考慮して余裕のある口幅・奥行きのものを選びましょう。

接地部分の素材で選ぶ

クランプと材料の接地部分には金属がむき出しのものの他に、ラバーや樹脂で凹みや傷を防ぐ加工がされているものがあります。金属製のクランプは締める力が強いのでしっかり固定したい時に便利です。

 

ですが、締めすぎると材料に傷をつけたり凹ませたりすることもあります。当て木をすれば防げますが、当て木をするのが面倒な人は接地部分がラバー・樹脂で加工されたものを選ぶのがおすすめです。

あると便利な機能で選ぶ

クランプは基本的に締めて材料を固定するものですが、種類によっては締める方向とは逆向きに力を加えるものもあります。使い方は限定されますが、作業内容によってはあると便利な機能です。

 

また、接地部分にゴムなどの保護キャップが付いているクランプなら当て木をしなくても使えるだけでなく、滑りにくくなるので作業もしやすくなります。

髙儀(Takagi)

ホビークイックバークランプ HQB-100-2P

価格:488円 (税込)

締め付け・押し広げの2通りの使い方ができる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2個セットで500円を切る価格ながら、締め付けと押し広げの2WAYの使い方ができるクランプ。すべてがプラスチック製に見えますが、シャフト部分は鉄製なので強度はあります。締め付け力がやや弱いので木材の切断時には不向きですが、物の接着には十分な力があるので、用途に合わせた使い方をしましょう。

 

スペック詳細はこちら

メーカー 髙儀(Takagi) 製品名 ホビークイックバークランプ HQB-100-2P
種類 クイックバークランプ 留め方 レバー
最大口幅 100mm 奥行き
保護キャップ 樹脂 逆向き機能 有り
セット数 2個セット
HANGZHOU GREATSTAR INDUSTRIAL CO.,LTD.

ラチェットバークランプ

価格:2,280円 (税込)

締め付ける力が強めのラチェットバークランプ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

締め付け・押し広げに対応しているクランプ。ラチェットバークランプは締め付ける力が弱いのがネックですが、この商品は締め付ける力が強いと高評価が多く寄せられています。素材との接地部分には樹脂パッドが付いており、跡が残りにくくズレにくいので使い勝手がいい商品です。

メーカー HANGZHOU GREATSTAR INDUSTRIAL CO.,LTD. 製品名 ラチェットバークランプ
種類 クイックバークランプ 留め方 レバー
最大口幅 150mm 奥行き 6cm
保護キャップ 樹脂パッド 逆向き機能 有り
セット数 2個セット
藤原産業

ベルトクランプ SBC-350

価格:936円 (税込)

さまざまな形状にタイプできる便利なベルトタイプ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最大使用可能外周3m50cmと比較的大きなものにも使えるベルトクランプ。四角・三角・丸型などさまざまな形状に対応できるので、汎用性の高い商品です。手が出しやすい価格設定も魅力。グリップを回して締め付けを調整するタイプですが、あまり強い力で締めすぎると壊れてしまうので、加減して使ってください。

 

スペック詳細はこちら

メーカー 藤原産業 製品名 ベルトクランプ SBC-350
種類 ベルトクランプ 留め方 グリップ
最大口幅 3m50cm 奥行き
保護キャップ 逆向き機能
セット数 1個
イーバリュー(E-Value)

ラチェット式ベルトクランプ EBC-500

価格:650円 (税込)

最大外周5mまで対応できるクランプ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

価格が非常に安く、最大外周5m以内のものならしっかりと締められるベルトクランプ。ベルトが長いので大きな物の固定には向いていますが、小さなものには使いにくいので大きさに応じて使い分けましょう。ラチェットハンドルを使って締めたり緩めたりしますが、説明書が分かりづらいそうなので使うには慣れが必要です。

 

スペック詳細はこちら

メーカー イーバリュー(E-Value) 製品名 ラチェット式ベルトクランプ EBC-500
種類 ベルトクランプ 留め方 ラチェット
最大口幅 最大外周5m 奥行き
保護キャップ コーナーパット 逆向き機能
セット数 1個
Kobjet (コブジェット)

クランプ F型

価格:1,899円 (税込)

鉄より錆びにくい鋳鉄製のF型クランプ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高温急冷で作られた鋳鉄を採用し、鉄よりも高い強度と耐久性を備えたクランプ。接地部分には樹脂製の保護キャップが付いており、素材を傷めることなく使えます。また、保護キャップは簡単に取り外せ、溶接作業を始めとする熱を持つ作業にも対応できるのが魅力です。

メーカー Kobjet (コブジェット) 製品名 クランプ F型
種類 F型クランプ 留め方 ネジ
最大口幅 200mm 奥行き 80mm
保護キャップ 樹脂製 逆向き機能
セット数 4個セット
髙儀(Takagi)

L型クランプ GL-100G

価格:971円 (税込)

素材の大きさに合わせて9種類のサイズから選べる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

固定部をスライドして締め付け作業が早くできるL型クランプ。接地部分には保護カバーが付いているので、素材を傷めず固定できます。スペアの保護カバーも付属しており、ある程度使って劣化してきたらすぐに交換できるのがポイントです。口幅が100mmのものから最大800mmのものまで種類があるので、固定したい素材に合わせて選びましょう。

 

スペック詳細はこちら

メーカー 髙儀(Takagi) 製品名 L型クランプ GL-100G
種類 L型クランプ 留め方 ネジ
最大口幅 100mm 奥行き 80mm
保護キャップ 有り 逆向き機能
セット数 1個
近与

工作台用クランプ CS-15

価格:345円 (税込)

大きなものも挟めるC型クランプ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最大口幅100mmと比較的大きめな素材でも固定できるC型クランプ。見た目はシンプルですが締め付ける力は強く、木材や金属などの切断作業にこの商品があると切断だけに力を注げるので作業効率がアップします。接地部分に保護キャップがないため、素材に傷をつけたくない場合は当て木や保護カバーをして使いましょう

メーカー 近与 製品名 工作台用クランプ CS-15
種類 C型クランプ 留め方 ネジ
最大口幅 100mm 奥行き
保護キャップ 逆向き機能
セット数 1個
髙儀(Takagi)

Cクランプ 深型

価格:360円 (税込)

奥行きが深いタイプのC型クランプ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

口幅は狭いですが奥行きが深いC型クランプ。固定したい部分が端から離れている時に重宝するクランプです。保護キャップが付属しており、装着すれば傷をつけることなく固定できます。保護キャップを外して使うことで固定力が増すので、状況に合わせて使い分けましょう。

 

スペック詳細はこちら

メーカー 髙儀(Takagi) 製品名 Cクランプ 深型
種類 C型クランプ 留め方 ネジ
最大口幅 25mm 奥行き 95mm
保護キャップ 有り 逆向き機能
セット数 1個
CAMPWAY

スプリングクランプ 4点セット

価格:1,688円 (税込)

繰り返し使用しても変形しにくい65マンガン製スプリングのクランプ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1つあたり124gと軽量なバネ型クランプ。ネジを回したり接合部をズラしたりする作業はなく、ただ挟むだけなので簡単に使えます。シンプルな見た目に反して固定力が強く、片手では開けないほどなので、力がない人では使いにくいかもしれません。接地部分にゴムが付いているので、素材を傷めることはありません。

メーカー CAMPWAY 製品名 スプリングクランプ 4点セット
種類 バネ型クランプ 留め方 レバー
最大口幅 75mm 奥行き
保護キャップ ゴム 逆向き機能
セット数 4個セット
TOLESA

スプリングクランプ 8点セット

価格:2,380円 (税込)

バネが強く強力に固定できる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトなつくりながら強力に固定するバネ式のクランプ。固定力が強い分、取り外す時にそれなりの力がないと開かないのがネックです。接地部分のパッドが最大45°まで可動するので、フラットなものだけでなく傾斜のあるものでも挟めます。この商品は複数個欲しい時に便利な8個セットです。

メーカー TOLESA 製品名 スプリングクランプ 8点セット
種類 バネ式クランプ 留め方 レバー
最大口幅 45mm 奥行き
保護キャップ 可動式パッド 逆向き機能
セット数 8個セット
NESHEXST

コーナークランプ 4個セット

価格:1,680円 (税込)

DIY専門誌に掲載された本格派クランプ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自社工場で徹底的に検品して精度のいいものだけを流通しているので、個体差が少なく90°をしっかりと出せるのが魅力のコーナークランプ。コンパクトかつ軽量なので持ち運びがしやすく、頻繁に持ち運んで使う人におすすめの商品です。奥行きが狭いので大きなものには使えませんが、DIYでよく使われる2×4材なら問題なく使えます

 

スペック詳細はこちら

メーカー NESHEXST 製品名 コーナークランプ 4個セット
種類 コーナークランプ 留め方 ネジ
最大口幅 奥行き
保護キャップ 逆向き機能
セット数 4個セット
Kobjet (コブジェット)

コーナークランプ 4本セット

価格:1,399円 (税込)

着脱可能なゴムクッション付きのコーナークランプ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

片手で簡単に素材を固定できるバネ式を採用したコーナークランプ。ネジ式のクランプと比較すると固定力は弱いですが、片手でも扱えるのが魅力です。小型サイズなので大きな素材には向きませんが、箱や額など小さなものを作る時の仮止め・圧着に便利な商品です。

メーカー Kobjet (コブジェット) 製品名 コーナークランプ 4本セット
種類 コーナークランプ 留め方 バネ
最大口幅 奥行き
保護キャップ ゴム 逆向き機能
セット数 4個セット

クランプを使う時に注意しなければいけないことがあります。1つ目は不安定な場所で使わないことです。せっかく固定しても固定した材料が動いては意味がないため、安定した場所で使いましょう。

 

2つ目は強く締めすぎないことです。タイプによっては締め付ける力が強いので材料はもちろん、固定する作業台が傷ついたり凹んだりしてしまいます。どちらも傷つけないためにラバーシートを使い適切な力で締めてください。

クランプについて紹介しました。木材や金属を1人で加工するのは大変ですが、クランプを使ってしっかり固定すれば1人でも作業がしやすくなります。今までクランプに頼らず自力でやってきた人は、当記事を参考にして用途に合ったクランプを使って作業しましょう。