【2021年最新】エアーソーおすすめ10選|使い方や注意点も!

エアーソーはコンプレッサーを利用し、金属やプラスチックなどを切断できる便利なアイテムです。やすりを取り付けられるモデルを選べば、バリ取りや研磨もでき幅広い用途に使えます。そこで今回は、エアーソーの仕組みや選び方などを解説し、おすすめの機種10選を紹介します。

2021/04/14 更新

週末や仕事後の時間を利用して、金属や木材の加工を楽しんでいる方は多いのではないでしょうか。材料の切断から最後の仕上げまで、安全な作業できれいに仕上げたいですよね。そこでおすすめしたいのがエアーソーです。

 

エアーソーは金属や木材など、さまざまな素材を切断できます。切断を目的とする工具としてはコンパクトなので、細かな作業ができ収納場所にも困りません。また、材料の研磨にも使えるので、エアーソーが1台あれば美しく仕上がります。

 

使いやすいモデルを見つけるには、それぞれのスペックの違いを把握しましょう。今回は、おすすめのエアーソー10選を紹介します。エアーソー選びのポイントや使い方についても解説するので、DIYでいい作品を作りたい方は参考にしてください。

今すぐ見る!エアーソーのおすすめ10選

エアーソーはDIYに便利な工具ですが、どんな工具なのか分からない方も多いのではないでしょうか。そこで、エアーソーがどのような工具なのか解説します。エアーソーを選ぶ前に、エアーソーの基礎知識を身につけましょう

エアーソーの仕組み

エアーソーはエアーコンプレッサーと接続し、先端に小さなノコ刃を取り付けて使う工具です。ノコ刃が上下にくり返し動き、刃を材料に当てることで切断します。電気ではなく空気を動力源として稼働する工具のため、運転音が静かなのが特徴です。そのため、集合住宅で騒音に気を遣う必要のある環境の方にも適しています。

電動工具ではないエアーソーは何ができる?

エアーソーは電気を利用しないため、電動工具ではありません。しかし、木材やプラスチックなどの柔らかい材料だけでなく、硬い金属板も切断できるパワーを持っています。サイズが小さいので狭い箇所にも入りやすく、細かな切断作業が可能です。ノコ刃の代わりにやすりを取り付けて材料を研磨できるモデルもあります。

レシプロソーはエアーソーと同様、先端のブレードをスライドさせて材料を切断します。しかし、圧縮空気で動くエアーソーと違い、レシプロソーは電力で稼働する電動工具です。電源コードで電力を供給するか、充電式バッテリーをセットして使います。

 

また、エアーソーの全長は15~25cm程度ですが、レシプロソーは約30~50cmです。エアーソーの方がコンパクトで軽量なので、力の弱い方でも楽に扱えます。大きな部材の切断にはレシプロソー、薄い材料にはエアーソーが適しています。

今すぐ見る!エアーソーのおすすめ10選

エアーソーで切断できる材料は、機種ごとに異なります。スペックをしっかり確認しないと、切りたい材料が切断できない可能性があるので注意が必要です。エアーソーを選ぶときのポイントを解説しますので、ぜひチェックしてください。

エアーコンプレッサーとの接続部分の形状をチェック

エアーソーとエアーコンプレッサーを接続するにはプラグが必要です。プラグのサイズが違うと接続できず、エアーソーが一切使えません。エアーソーのプラグは1/4サイズである場合が多いです。また、プラグにはオスとメスの区別があり、オス同士やメス同士は接続できないので注意しましょう。Rと記載されているものはオス、Rcはメスを表します。

切断能力をチェック

エアーソーの切断能力は機種によって異なります。効率よく切断作業をするために、1つ1つ切断能力を確認しましょう。切断力の判断に必要な2つの要素について解説しますので、ぜひチェックしてください。

切断の速さはストローク長で決まる

ストローク長とはノコ刃が動く幅の大きさを表し、切断のスピードに影響します。エアーソーのストローク長は5~10mmの場合が多いです。ストローク長が大きいエアーソーほど素早く切断でき、作業効率が上がります。そのため、できるだけ材料を効率的に切断したい方には、10mm程度のストロークで動く機種がおすすめです。

素材に合わせた往復回数のモデルを

ストローク数はノコ刃の往復する速さを指し、1分間あたりの回数で明示される数値です。最適なストローク数は材料によって異なります。金属の切断には毎分5,000回程度、木材なら10,000回程度がおすすめです。何も考えずにストローク数が多いモデルを選ぶのではなく、切断したい素材に応じてチェックしましょう。

切断可能な厚みをチェック

エアーソーでは厚さ1~3mmの鉄板を切断できる場合が多いものの、機種ごとに切断できる板の厚さは異なります。そのため、必ず何mmまでの厚さに対応できるか確認しましょう。金属の種類によっても切断可能な厚さが異なるので注意が必要です。例えば、鉄はアルミニウムよりも硬いので、対応できる厚さの範囲は狭くなります。

替刃の有無と山数をチェック

エアーソーには替刃が付属しているモデルもありますが、安価な機種では使いにくい場合があります。また、替刃が付いていない機種も少なくありません。エアーソーの刃は、刃の数に応じて3種類に分かれます。18山は木材や樹脂素材、24山は軟鋼やアルミニウムにおすすめです。32山の刃なら、鉄板のような硬い材料も切れます

その他の機能をチェック

エアーソーを少しでも快適に使うため、選ぶときには振動の大きさをチェックしましょう。また、やすりを取り付けられるかどうかも重要です。やすりが使えるとどのようなメリットがあるか解説しますので、チェックしましょう。

低振動タイプなら腕の負担を軽減できる

エアーソーは上下に動く刃が付いており、使用中は本体が必ず振動します。エアーソーを使うと振動により腕が疲れるので、長時間連続して使う方は注意しましょう。低振動タイプの機種なら腕の疲れを最小限に抑えられます。クッション素材の採用により腕に伝わる振動が低減されるため、特に長時間の作業をしたい方におすすめの機能です。

ヤスリを取り付けられるタイプならバリ取りも可能

エアーソーにはノコ刃だけではなく、金属製のやすりを取り付けられるモデルもあります。エアーソーにやすりを取り付けて稼働させれば、金属のバリ取りや、木材の形状を微調整するなどの目的に使用可能です。平形や丸形などさまざまな形状のやすりを取り付けられます。やすりが付属している機種と別売りの場合があります。

xuuyuu

xuuyuu エアーソー

価格:5,329円 (税込)

幅広い用途に使える安価なエアーソー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

滑りにくいゴム素材が使用されたエアーソーです。手に馴染みやすいだけでなく、振動が低減されるため長時間使用に適しています。3種類のやすりが付属しているのも魅力です。金属の切断だけでなく、金属の研磨やバリ取りなどの目的にも使用できます。用途が多彩なエアーソーを安く入手したい方におすすめです。

メーカー xuuyuu 商品名 xuuyuu エアーソー
ストローク長 5mm 往復回数 3400回/分
切断可能厚 - 替え刃
山数 - 低振動
やすり
アネスト岩田

エアーソー AIRREX TL9840

価格:16,000円 (税込)

多彩な材料に使えるエアーソー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ブレードの往復回数が1分あたり10,000回と多いのが特徴です。そのため、金属の切断もできますが木材の切断に最も適しています。振動が少ない仕様なので、疲れを抑えながらの作業が可能です。また、山数の異なる3種類の替刃が付属しています。木材から鋼板まで幅広い材料を加工する方におすすめです。

メーカー アネスト岩田 商品名 エアーソー AIRREX TL9840
ストローク長 - 往復回数 10000回/分
切断可能厚 軟鋼板:3mm 替え刃
山数 32・24・18 低振動
やすり
アストロプロダクツ(AP)

エアソー AS882

価格:5,390円 (税込)

薄い材料を高速で切断できる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

32山と24山の2種類のブレードが付属したエアーソーです。切断可能厚は大きくないものの、ストローク長が大きいので薄い材料なら素早く切断できます。また、本体の重量が650gと軽いため使いやすく、価格が安いのも魅力です。購入コストを抑えつつ、薄い材料を手軽に切断したい方におすすめします。

 

スペック詳細はこちら

メーカー アストロプロダクツ(AP) 商品名 エアソー AS882
ストローク長 10mm 往復回数 9000回/分
切断可能厚 スチール:1.6mm 替え刃
山数 32・24 低振動 -
やすり
信濃機販

エアーソー SI-4710

価格:23,770円 (税込)

ストローク数を変えられるエアーソー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

複数種類の材料を扱う方の中には、それぞれの材料に合わせて最適な速度で切りたいと思う方が多いのではないでしょうか。SI-4710は速度調節が可能なので、材料の種類に応じて適切な速度で切断できます。ストロークの長さも魅力です。また、やすりの装着もできるため、木材の面取りや研磨など多用途に使えます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー 信濃機販 商品名 エアーソー SI-4710
ストローク長 10mm 往復回数 10000回/分
切断可能厚 鉄板:1.6mm 替え刃
山数 32 低振動 -
やすり
コンパクトツール(COMPACT TOOLS)

エアーソー 604

価格:38,082円 (税込)

充実の機能と付属品が魅力

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

32山と24山のブレードが5枚ずつ付属しているため、自分で替刃を購入することなく長く使えるモデルです。やすりは4種類付いており、切断以外の幅広い目的に活躍します。また、非常に稼働時の振動が少ないことも大きな特徴です。手が疲れにくいので、エアーソーを長時間連続して使いたい方におすすめします。

 

スペック詳細はこちら

メーカー コンパクトツール(COMPACT TOOLS) 商品名 エアーソー 604
ストローク長 10mm 往復回数 9500回/分
切断可能厚 鉄板:3.0mm 替え刃
山数 32・24 低振動
やすり
空研

エアーソー KS-35

価格:37,196円 (税込)

切断能力が高い低振動タイプ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

厚めの金属板を手軽に切断したいと考えている方は多いのではないでしょうか。KS-35は最大3.2mmの鉄板を切断できるハイパワーモデルです。往復回数がやや少ないので、硬い金属の切断に適しています。ストローク長は5~10mmの範囲で無段階調節が可能です。また、振動が少ないため快適に作業できます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー 空研 商品名 エアーソー KS-35
ストローク長 5~10mm 往復回数 5300~6000回/分
切断可能厚 鉄板:3.2mm 替え刃
山数 32 低振動
やすり
イリイ(Irii)

エアーソー TR-171AS

価格:5,529円 (税込)

安全に効率よく切断できるエアーソー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

往復回数の調節が可能なエアーソーです。グリップ部分にはゴム製の素材が採用されているため、手が滑りにくく安全に使えます。2種類の刃が付属しており、金属やプラスチックに対応が可能です。また、ストローク長が11mmと長いので素早く切断できます。作業量が多く、効率よく切断したい方におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー イリイ(Irii) 商品名 エアーソー TR-171AS
ストローク長 11mm 往復回数 9000~10000回/分
切断可能厚 - 替え刃
山数 32・24 低振動 -
やすり 不可
信濃機販

ミニメカソー SI-4740

価格:32,019円 (税込)

低振動で手が疲れにくいコンパクトモデル

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

全長が148mmで重量が0.52kgの軽量モデルです。ストローク長が5mmと小さいので振動が少なく、長時間の切断作業にも適しています。やすり付きのため金属のバリ取りもラクラクです。また、コンパクトサイズなのでバッグやケースに楽に収納できます。したがって、エアーソーを持ち運ぶことが多い方におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー 信濃機販 商品名 ミニメカソー SI-4740
ストローク長 5mm 往復回数 10500回/分
切断可能厚 - 替え刃
山数 32 低振動
やすり
藤原産業

エアーソー SK11 BP SK-BP401

価格:16,000円 (税込)

安全性に配慮されたハイパワーモデル

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐久性とパワーに優れたエアーソーです。厚さ3mmの鉄板に対応でき、ストロークが10mmと長いため短時間で切断できます。全長215mmの大きさに対して、重量が460gと軽いことも魅力です。ブレードを動かすためのレバーにはストッパーが付いており、誤作動を防げます。万が一の事故が心配な方におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー 藤原産業 商品名 エアーソー SK11 BP SK-BP401
ストローク長 10mm 往復回数 10000回/分
切断可能厚 鉄板:3mm 替え刃
山数 32 低振動 -
やすり 不可
空研

エアーソー KS-22

価格:33,264円 (税込)

作業場所を清潔に保てる機能を搭載

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

32山の刃が2枚付属しているエアーソーです。やすりが使えるので、バリ取りや穴を広げる作業など幅広く対応できます。全長が198mmとサイズが比較的小さいので、取り回しも良好です。また、排気ホースで切断時に発生する粉塵の飛散を防げます。クリーンな作業環境を保ちたい方におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー 空研 商品名 エアーソー KS-22
ストローク長 9mm 往復回数 9000回/分
切断可能厚 鉄板:1.0mm 替え刃
山数 32 低振動 -
やすり

エアーソーの替刃は各メーカーから発売されており、長さや厚さはさまざまです。エアーソーの対応規格と刃の規格が同じであれば取り付けられます。替刃は同じ規格が採用されている場合が多いため、異なるメーカーの替刃を使用できる可能性が高いです。新しいエアーソーを購入したときに流用できれば、古い刃が無駄になりません。

エアーソーを使うときは、まずエアーコンプレッサーのホースと接続しましょう。エアーホースがしっかり固定されているか確認した後、エアーソーのレバーを押せば刃が動きます。材料を切断するときは必ず保護メガネやマスクなどを着用し、保護を万全にしましょう。また、故障を防ぐため、使用のたびにエアツールオイルの給油が必要です。

エアーコンプレッサーの空気圧は、各機種に適した強さに設定する必要があります。エアーソーが必要とする圧力を供給できるか、確認しておきましょう。エアーソーに最適な空気圧は、およそ0.49~0.69MPaに設定されている場合が多いです。圧力が低いとパワーが出ず、高すぎるとエアーソーが壊れる場合もあるので注意しましょう。

エアーソーはコンパクトサイズでありながら、硬い材料も切断できる便利な工具です。機種を選ぶときは切断能力や必要な空気圧など、各要素をじっくりチェックする必要があります。また、作業時にはケガを防ぐための保護を徹底し、使用後はメンテナンスをしましょう。ぜひエアーソーを活用して、DIYを楽しんでくださいね。