【2021年最新】レーキおすすめ10選|自作はできる?

レーキは落ち葉の掃除や地面の整地を簡単に行えるおすすめのアイテム。素材や形状など多くの種類があるため、用途や使用場所に合わせて選ぶことが大切です。この記事では、レーキの種類・選び方・おすすめレーキ10選や基本的な使い方、さらに自作レーキについても解説します。

2021/04/08 更新

芝生の上に落ちた枯れ葉や、庭木の手入れで切断した枝葉などをかき集めるのは、意外と大変な作業です。ほうきを使って掃除しようとしても、砂や土を一緒に巻き込んでしまい、思うように作業が進まない経験をした方も多いのではないでしょうか。

 

そんな時に便利なのが、掃きたいものだけを集めてスムーズに処理できるレーキです。シンプルなアイテムですが、形状・素材・長さなどさまざまな種類があるため、作業を効率化するには用途に適したタイプを選ぶ必要があります。

 

そこでこの記事では、レーキの種類・選び方・おすすめレーキ10選などを詳しくご紹介します。また、レーキの効果的な使い方や便利グッズも解説するので、芝生や地面をきれいな状態に保ちたい方はぜひ参考にしてください。

今すぐ見る!レーキのおすすめ10選

レーキは「土をならすための道具」を表す総称であり、落ち葉やゴミをかき集める熊手のことを指す場合もあります。砂利をならしたり土を細かく粉砕したりするのが主な役割ですが、除草や土木工事に利用できるタイプも用意されています。

 

一方でトンボは「土を平らにする道具」を指し、それ以外の目的で使われることはほとんどありません。ただし、トンボのような役割のレーキがあったり、トンボもレーキの一種とされていたりと、レーキとトンボの基準に明確な違いはありません。

レーキは使用場所や目的に合わせてさまざまな種類が販売されています。トラクターの動力を利用するタイプもありますが、ここでは身近な人力用レーキの基本的な種類を解説します。

庭や田畑から土木作業まで使われる「ガーデンレーキ」

ガーデンレーキは爪がたくさん付いたタイプで、庭や田畑での立ち作業によく使われます。作業場所に合わせて伸縮できるものも多く、中でも頑丈で大きめのモデルは土木作業での需要が高いです。

 

素材はステンレス・アルミ・鉄などが主流で、メーカーによって爪の数・長さ・幅など、多彩なラインナップが揃っています。そのため、用途や使用場所に応じたタイプを選びやすいです。

爪が頑丈で曲がりにくい「アメリカンレーキ」

アメリカンレーキはガーデンレーキと同じように庭・田畑で使われる機会が多いタイプです。ガーデンレーキとの大きな違いは、爪が非常に頑丈で先端が細い形状である点と、柄と刃床部の接続部分に空間がある点です。

 

特に、熱処理が施された金属の刃床は耐摩耗性に優れており、爪が曲がりにくいことから長く使い続けることができます。駐車場の砂利を整地したり、固い土を砕いたりしたい時に便利です。

校庭やグラウンドの整地に使われる「グランドレーキ(トンボ)」

グランドレーキは主に校庭やグラウンドなどを平らにならすためのもので、トンボとも呼ばれています。爪が付いておらず、基本的には平らな面を使って土をならします。中には、爪付きのバンカーレーキやブラシ付きのコートブラシなどもあります。

 

作業のしやすさの観点では、軽量の木製タイプが実用的です。また、重量はありますが、金属製なら地面を押し固める用途にも利用できます。

頭部が扇状になっている「熊手」

扇状の頭部が付いた熊手は、竹を加工して作られたものがよく知られています。しなりのいい竹製熊手は、地面を傷付けずに落ち葉やゴミをかき集めることが可能です。

 

また、比較的安価で購入でき、カットすれば可燃ゴミとして処分することもできます。最近ではプラスチック製や金属製の熊手も多く出回っており、頭部のサイズを調節できる使い勝手に優れたタイプが人気です。

今すぐ見る!レーキのおすすめ10選

ここでは、レーキを選ぶ時に注目すべきポイントを解説します。レーキは形状や素材にさまざまな種類があり、手入れや収納のしやすさも変わるため、使用場所や用途に合った最適なタイプを見つけてください。

用途に合った先端の形状で選ぶ

レーキの先端の形状は主に「爪付き」と「板状」に分かれています。形状によって作業に適した場所が異なるため、それぞれの特徴を押さえておきましょう。

芝生の手入れに最適な爪付きタイプ

爪付きタイプは草を刈ったり砂利をならしたりするのに重宝します。使用場所が狭ければ爪が多く付いたものを、逆に使用場所が広ければ爪が少ないものを選ぶと、作業を効率よく行えます。

 

さらに、爪の先が尖ったタイプであれば草を刈りながらかき集めることが可能です。また、芝生や地面を傷めたくない方は、先端がやわらかくなっているU字型や平型などのタイプを選んでください。

土ならしに便利な板状タイプ

先端が平らな板状になっているレーキは、土の地面を整備したり、アスファルトを平らにならしたりする時に使われます。板状は組み立て式の製品が多いという特徴があり、用途に合わせて先端の板を取り外すことが可能です。なお、板状タイプは使用を繰り返すと摩耗により劣化するため、交換できるタイプであればより長持ちします。

作業や手入れの効率に影響!素材をチェック

レーキは材質によって耐久性や手入れのしやすさが異なります。長く使い続けたい方は、素材ごとの特性をしっかり把握して、使い心地のよいレーキを見つけてください。

軽量で扱いやすいアルミ製

アルミ製は軽量で作業しやすいため、女性でも扱いやすい素材です。大きなサイズのレーキでも、アルミ製であれば取り回しがしやすく、持ち運びにも便利です。ただし軽い分、重さのある草や土への使用には向いていません。

 

そのため、アルミ製は家庭菜園やガーデニングの手入れに使うのがおすすめです。もし重い土をならすのなら、板が変形しないよう負荷のかけすぎに注意してください。

錆びにくく激しい作業に強いステンレス製

ステンレス製は錆びに強く水洗いが可能なので、手入れをしやすい特徴があります。また、非常に丈夫で破損を気にせず使えることから、重量のある草を扱う時や、大量の雑草をまとめて集めたい時に有効です。

 

一方でステンレス製は重いタイプが多く、女性や子供が使うには不向きです。さらに、他の素材に比べ爪が鋭くなっているため、サイズが大きいものは特に気を付けて扱いましょう。

適度な耐久性&軽さのプラスチック製

アルミ製と似た特徴のプラスチック製は、錆びたり劣化したりすることが少なく、軽量で扱いやすいです。また、先端部分がやわらかい素材になっているものが多いため、子供でも安心して使用できます。

 

プラスチック製は小型サイズが多数販売されており、狭い場所での作業に適しています。しかし、かき集める対象や量によっては扱いづらいケースもあるため、注意が必要です。

整地作業に好まれる木製

土をならしやすい木製は、地面を平らにする整地作業に最適な素材です。ただし、他の素材に比べて腐食や劣化を起こしやすいのが難点。もし腐った状態のまま使用を続けると、木片が飛んで怪我につながる危険があります。少しでも耐久性に優れた木製レーキを選びたいなら、水に強いヒノキを使ったタイプがおすすめです。

握りやすいグリップなら長時間作業もはかどる

レーキを長時間使い続けたり、使用頻度が多かったりする場合は、グリップに注目してください。主流なのは円型ですが、中には段差加工が施されたものや小判型など、握りやすさや滑りにくさを追求した製品があります。

 

また、素材やサイズによっても握った時のフィット感は異なります。できれば購入前に柄を握ってみて比較し、手になじむものを選びましょう。

狭い場所の作業は爪幅調整が可能なものを

レーキの多くは先端が広がった形状になっているため、使用場所によってはうまく入りません。しかし、爪幅を短く調整できるタイプであれば、狭い場所に入り込んだ草や落ち葉もかき集めることができます。なお、爪幅調整が可能なレーキを選ぶ時は、何段階かに設定できるものを選べば、使い方の幅が広がるので便利です。

収納時に場所を取らない伸縮式も

レーキは130cm以上の長さであるタイプが多いため、収納スペースを取りやすいデメリットがあります。そこで役立つのが伸縮機能を搭載したレーキです。柄を短く収縮できれば、収納スペースが限られていてもコンパクトにしまうことが可能です。

 

レーキを立てかけて置いておくと、素材によっては風雨により劣化が進みますが、収縮して屋内に収納しておけば安心です。

キンボシ(Kinboshi)

ゴールデンスター サッチ取りレーキ 4036

価格:3,025円 (税込)

芝生のサッチ除去に最適

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

先端に12本の爪が付いており、芝生の上に溜まったサッチの除去に適したタイプです。回すだけで柄を簡単に伸縮・固定できるので、使用時は身長に合わせて適度に伸ばし、収納時は77cmまで収縮できます。軽量のアルミ製で誰でも扱いやすいため、今までサッチ取りが面倒に感じていた方でも、作業が楽しくなる製品です。

種類 - 先端の形状 爪付き
素材 柄:アルミ 爪幅調整 不可
伸縮 サイズ 77~133.8cm
重量 780 g
近与

W(ダブル)伸縮ガーデンクリーナー ファミリーツリー

価格:1,411円 (税込)

爪幅調整で狭い場所の作業をスムーズに

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

爪幅は約190~440mmで調整可能なので、狭い場所や手が届きにくい所に入り込んだ落ち葉も簡単にかき出せます。また、2段階調節でコンパクトにすれば、片手で幅を調整しながら効率よく集めることが可能です。爪の先端が丸みを帯びた形状となっているため、土を傷付けず枝葉だけをうまく取り除きたい方におすすめです。

種類 - 先端の形状 爪付き
素材 アルミ 爪幅調整
伸縮 サイズ 約915~1755mm
重量 760 g
キンボシ(Kinboshi)

GS アメリカンレーキ 4076

価格:2,277円 (税込)

自宅での畑作業に最適なアメリカンレーキ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ガーデンレーキよりも強度に優れ、破損を気にせず使えるアメリカンレーキです。小石に当たると感触ですぐに分かるので、簡単に取り除けます。また、トンボを必要としないほどに土をならしやすいため、自宅の庭で畑を楽しみたい方に向いています。全長約157cmと、腰をかがめることなく楽な体勢で作業できるのも嬉しいポイントです。

種類 アメリカンレーキ 先端の形状 爪付き
素材 頭:スチール、木柄 爪幅調整 不可
伸縮 不可 サイズ 157 x 36 x 10 cm
重量 1.15 kg
アルミス(Alumis)

アルミ代かき S-600

価格:2,394円 (税込)

軽量ながら耐久性も備えるアルミ製

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

重さ1.1kgと軽量で扱いやすいアルミ素材のレーキですが、シンプルな構造で耐久性にも優れています。水の抵抗を抑える水抜き穴が付いているので、雨が降った後でも快適に作業できます。使用後は水洗いできれいに保てるため、長く使い続けたい方におすすめです。この板状タイプ以外にも、爪付きタイプや兼用タイプも揃っており、用途に合わせて選べます。

種類 グランドレーキ 先端の形状 板状
素材 アルミ合金 爪幅調整 -
伸縮 - サイズ 全長1500mm
重量 1kg
Jardineer

伸縮式ガーデンレーキ

価格:2,450円 (税込)

サッチングから土ならしまで幅広く役立つ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

握り部分は人間工学に基づいたデザインを取り入れ、滑りにくく力をいれやすいため、女性や高齢者でも扱いやすいタイプです。15本の爪は、ワンタッチ操作で落ち葉集め・土ならしなど使いやすい幅に調整できます。適度な弾力性があり、芝生へのダメージを抑えつつサッチングを行うことも可能です。使用後はコンパクトに折り畳めば、収納場所を選ばず保管できます。

種類 熊手 先端の形状 爪付き
素材 アルミ 爪幅調整
伸縮 サイズ 最長寸法/約長さ160×幅58.4cm、最少寸法/約長さ81.2×17.8幅cm
重量 約612g
カネコ総業

3段伸縮式レーキ 31828

価格:2,080円 (税込)

立ち作業にも座り作業にも使いやすい伸縮式

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

爪が長いので草刈りとしての使用はもちろん、潮干狩りで広範囲の砂を耕したい時にも便利です。軽いアルミ製で作業を進めやすいですが本体は鉄製なので、錆び防止のため使用後はしっかりと洗う必要があります。柄を長く伸ばせば、立った状態のまま楽に葉や草などを集められます。3段階に伸縮できることから、持ち運んで使用したい方にぴったりです。

種類 - 先端の形状 爪付き
素材 アルミ/PP 爪幅調整 不可
伸縮 サイズ 最長/約1050mm、最短/約500mm
重量 480 g
有川貿易

鉄製トンボ(レーキ兼用)D-145

価格:4,100円 (税込)

トンボとしてもレーキとしても使える2WAYタイプ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スチール製の頑丈なトンボで、先端の上下を逆にすればレーキとしても利用できます。女性や子供でも扱いやすい重さで、1本持っておけば庭の手入れやグラウンドの整地を手軽に行えます。ダメージに強い構造で耐久性が高いため、今まで木製のレーキがすぐ腐ってしまって満足できなかった方は、ぜひ購入を検討してください。

種類 トンボ&グランドレーキ 先端の形状 爪付き
素材 スチール製 爪幅調整 不可
伸縮 不可 サイズ 長さ56×巾10×柄130cm
重量 -
コンパル(Compal)

ウルトラ熊手

価格:1,177円 (税込)

適度な弾力で手入れもしやすいプラスチック製

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

固すぎずほどよい弾力性のあるプラスチック製なので、竹製のように反動で草や落ち葉が飛び散ることがありません。また、爪の密度が高く、庭の土をならしたり枯れ葉を集めたりするのに最適です。爪に草が絡みにくいため、手入れを簡単に済ませられます。柄の部分は手になじみやすい木製で、握りやすい太さです。

種類 熊手 先端の形状 爪付き
素材 熊手部/ポリプロピレン、柄/ラミン材 爪幅調整 不可
伸縮 不可 サイズ 約幅/450×全長/1510mm
重量 998 g
浅香工業(Asaka Kougyou)

木製レーキ 097042

価格:4,144円 (税込)

土やアスファルトをならすのにぴったり

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

天然木を採用したレーキで、板状になっている先端部分は67cmの大きめタイプとなっており、広範囲をまとめて作業できます。球場のグラウンド整備や、でこぼこの地面を整地したあとの土ならしにぴったりです。また土だけでなく、土木作業でアスファルトをならす用途にも使えます。交換用の柄や先端板が販売されているため、耐久力が高くない木製でも安心して長く使えます。

種類 グランドレーキ 先端の形状 板状
素材 天然木 爪幅調整 -
伸縮 不可 サイズ 全長: 1500mm
重量 1.3kg
CLUB.J

ミニガーデンレーキ

価格:629円 (税込)

機能性や収納に優れる伸縮式のミニサイズ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

伸縮可能なミニサイズのレーキです。芝刈り後の手入れから狭い場所での落ち葉集めまで、幅広い用途に活用できます。爪の先は丸い形状なので、無駄に地面を荒らしたり、持ち運びの際に他の荷物を傷付けたりする心配がありません。また、葉やゴミが爪に引っ掛かりにくい構造なので、ストレスなく作業を続けることができます。

種類 ガーデンレーキ 先端の形状 爪付き
素材 - 爪幅調整
伸縮 サイズ 55 x 11.5 x 4.5 cm
重量 322 g

ダイソーでは約79~112cmの竹製の熊手が販売されており、100均とは思えないほどきれいに作り込まれています。通常のレーキに比べサイズは小さめですが、腰をかがめずに使える程度の長さもあります。

 

また、軽量なので楽に取り回すことができ、竹ぼうきよりも少ない力で枯れ葉集めを行える点も魅力です。ただし、水濡れや熱・火気には弱いため扱いには十分注意しましょう。使用時以外は風雨にさらされない場所で保管してください。

レーキはシンプルな道具なので、使い方はそれほど難しくありません。ぜひ正しい使用方法を覚えて、レーキを有効活用してください。また、レーキ作業で準備しておくと役立つ便利グッズもご紹介します。

芝生は定期的にサッチングを行う

古い草や葉などは、通常であれば地中の微生物により分解されます。しかし、芝の上では微生物による分解が遅くなるため、古い枯れ葉や刈り葉が絡まり合うことで、「サッチ」と呼ばれる層が作られます。

 

サッチが溜まると風通しや水はけが悪くなり、芝生の成長を妨げてしまうため、定期的な手入れが必要です。サッチを除去するには、レーキの爪を下へ向け、擦るように手前方向へ引いてかき出してください。また、サッチがなさそうな場所でも軽くかき出しておくと、奥深くに溜まった分を除去できることがあります。

地面を整地すれば水たまりの予防にも

でこぼこになっている地面の石を除去すれば、芝生や砂利などの敷物をスムーズに敷くことができます。また、地面を平らにならすことで水たまりの予防にもなるため、地面で何かの作業を行うのならまず整地しておくことが重要です。

 

土をならす時は、利き手が後ろ側へくるようにレーキを持ち、爪を地面に立てレーキを往復させます。この時、爪を大きく立てるよりも、同じ場所で少しずつかき出してならすと効果的です。整地後は、先端が板状になっているレーキで手前に引けば、より平らな地面に仕上がります。

レーキでの作業がはかどる便利グッズ

ここでは、レーキと一緒に揃えておくと便利なガーデンバケツ・芝生用スパイクをご紹介します。より効率的に作業を進めたい方は、ぜひ使い方を覚えてください。

ガーデンバケツ

芝生の手入れや整地作業では敷地内を動き回るため、作業中にでた葉・草やゴミを片付けるのは手間がかかります。そんな時は、小さく畳んで持ち運べるガーデンバケツを使えば、移動しながら草や葉を回収できます。耐水加工であれば水洗いも可能なので、すでにバケツを持っていても、庭作業用にガーデンバケツを準備しておくことをおすすめします。

イーバリュー(E-Value)

ガーデンバケツ EGB-4

価格:1,397円 (税込)

 

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

芝生用スパイク

芝生用スパイクとは、芝生に穴を開けることで通気性や透水性を向上させ、根を活性化させるアイテムです。害虫や病原菌を寄せ付けず、微生物が活動しやすくなることで芝草の分解が早まり、サッチを防止する効果があります。芝生用スパイクを靴や足に装着して歩くだけで、針がサクサク刺さります。

セフティー3(Safety-3)

ガーデンスパイク SL-4

価格:1,388円 (税込)

 

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

木材や工具を揃えてレーキを自作すれば、市販の製品を購入するよりも安く済ませることが可能です。ただし、本腰を入れて作業したい場合は、性能や安全性に優れた市販のレーキを購入してください。

用意するもの

材料や工具は以下の6点を用意します。柄の部分に使う細長い板は、ホームセンターで購入する必要がありますが、それ以外はすべて100均で購入可能です。

 

  • 細長い板(柄の部分)
  • 幅広く短い板(先端部分)
  • 木工ボンド
  • ノコギリ
  • 金づち

作成の手順

以下の手順で作成を行います。

 

  1. 柄の部分用の細長い板を、先端部分用の短い板と同じ長さに切断する。
  2. 先端部分用の板と上記で切断した同じ長さの板を、木工ボンドで接着する。
  3. 適度な位置にクギを打ち付けて固定する。
  4. 柄の部分用の板と固定した先端部分用の板を、木工ボンドで接着する。
  5. 接着箇所に釘を打ち付けてしっかり固定する。

 

ただし、自作レーキは広い範囲への使用には不向きなので、本格的に使うなら市販の製品を購入してください。

レーキと言っても、種類によって性能や使い勝手はさまざまです。園芸用や農業用など複数のレーキを用意しておけば、作業の負担が一気に減ります。ぜひ手になじむレーキを見つけて、ガーデニングや庭作業を快適に楽しんでください。