【2021年最新】ギアレンチおすすめ12選|スペック比較表も!

自動車やバイクを安全に乗り続けるには日々の点検が大切。乗り物の定期メンテナンスをするならギアレンチがおすすめです。本記事ではギアレンチの選び方やおすすめ商品12選を紹介します。整備用工具を求めている人はぜひ参考にしてください。

2021/04/08 更新

自転車や自動車、バイクに取り付けられているボルトやナットが気づけば緩くなっていて不安に感じた経験がある人も多いのではないでしょうか。乗り物はボルト・ナットで固定されているため、定期的にメンテナンスを行う必要があります。

 

そんな時に便利なのがギアレンチです。ギアレンチはスパナとラチェットが両方ついている工具のため、短時間でボルトをきっちり締めることができます。また、女性でもボルト・ナットを素早く締められるのもポイントです。

 

そこで今回は、おすすめのギアレンチ12選を紹介します。ギアレンチのサイズはさまざまなので、使用用途にあわせて選ぶと失敗せずに済みます。記事後半では、ギアレンチの手入れ方法を解説するので、長く使い続けるためにぜひ参考にしてください。

今すぐ見る!おすすめのギアレンチ12選

ギアレンチは別名ラチェットメガネレンチとも呼ばれる工具の1つ。特許関係で名称が異なるもののどちらも同一の工具です。ギアレンチは片方にスパナ、もう片方にラチェット機構が付いていてボルトやナットを締めるのに使われます。

 

ギアレンチは主に、自動車・バイク・自転車のタイヤ部分に取り付けられているナットの取り付け・取り外しで使用します。ギアレンチが手元にあれば自分でタイヤのメンテナンスが行えるので、タイヤ交換やナットの緩みを改善するときに役立ちます。

初心者でも分かりやすいギアレンチの選び方を紹介します。ギアレンチは持ち手だけでなくスパナ・ラチェット機構のサイズもさまざまなので、ボルトやナットにあわせて選ぶことが大切です。

ボルトのサイズを確認

ギアレンチを選ぶときに最も重要なポイントが、ボルトのサイズ確認です。ボルトのサイズが分かっていないとギアレンチを使ってボルト・ナットを締めることができないため、事前にボルトのサイズを把握する必要があります。

 

ボルトのサイズを確認するには、ボルトやネジのサイズを計測するノギスという工具が役立ちます。ノギスでサイズを確認した後、ボルトのサイズにぴったり合うギアレンチを選んでください。

首振りタイプ

ラチェット部分が動かせるものを首振りタイプフレックスタイプと呼びます。狭い場所やほかのボルトと干渉しやすい場合、首振りタイプのギアレンチが便利です。首振りタイプならボルトにきっちりはめ込んだまま、ほかのパーツに干渉することなくボルトを締められます。なお、首振りタイプは力をかけにくいデメリットがあり、安定して使いにくいので使用の際は注意が必要です。

ラチェットのギア数

ラチェットのギア数は18~36が主流で、ギア数が多いほど少ない動きでギアを回せます。ギア数が多いと滑らかな動作でボルト・ナットを締められるので、整備の時間を短縮できるメリットがあります。

 

ラチェットのギア数は多いほど便利に使えますが、72以上はプロ仕様でややコストがかかるので注意が必要です。しかし、耐久性も高く操作性も抜群なので、予算に合わせて検討しましょう。

柄の長さ

ギアレンチは「ショートタイプ」と「ロングタイプ」の柄の長さがあります。ロングタイプはテコの原理により力が伝わりやすいためボルトを回しやすく、ショートタイプは狭い場所でも片手で扱いやすい点が特徴です。

 

柄の長さを選ぶときは手が届きにくい場所にあるボルト・ナットを締めるときはロングタイプ、手前で締緩作業をするときにショートタイプに使い分けるのがおすすめです。両方揃えておくと作業効率が良くなります。

本締めできるかどうか

ギアレンジを選ぶときは、本締めできるかどうかにも着目しましょう。ギアレンチのギア数が少ないと本締めができず、スパナやモンキーレンチでもう一度本締めする必要があります。しかし、ギア数が多いと本締めも可能になるため、ギアレンチ1本で最後まで作業が行えて便利です。作業工程を短くしたい人は、ギア数が多く本締めに対応したものを選んでください。

今すぐ見る!おすすめのギアレンチ12選

ギアレンチを選ぶときは工具を専門に取り扱うメーカーのものを選ぶと安心です。ギアレンチの製造・販売を行っているおすすめのメーカーを4社紹介するので、ギアレンチを購入するときの参考にしてください。

SIGNET(シグネット)

SIGNETは1990年に工具ブランドとして設立されたメーカーで、低コストで良質な工具用品を取り揃えています。日本で初めて販売したシグネットレンチが代表的な商品で、ギアレンチのバリエーションも豊富にあります。120ギアのプロ仕様ギアレンチも製造・発売しているので、本格的なギアレンチを求めている人におすすめのメーカーです。

KTC(京都機械工具)

KTCは1950年創業で京都に本社を置く工具メーカーです。作業工具のラインナップも豊富で自動車専用ツールも取り揃えているので、自動車整備が目的の人におすすめのメーカーです。KTCサイトでは工具の使い方や基礎知識も解説しているので、初心者でも安心して工具を使えます。

TONE(トネ)

TONEは1925年創業の工具メーカーで、大阪に本社を置く会社です。TONEはモータースポーツをサポートしており、自動車整備に役立つ総合工具を取り揃えています。ツールセットや電動工具も製造・販売していて、作業工具はプロも使用しているため安心して扱えます。

KABO(カボ)

KABOは台湾の工具メーカーで、日本ではフジキン会社が正規代理店を務めています。KABO製のギアレンチはクロムバナジウム鋼素材で作られており高い耐久性を持っている点が特徴です。シリーズで販売されているので、作業工具を同一メーカーで揃えたい人や高品質なギアレンチを求めている人におすすめのメーカーです。

ストレート型ギアレンチ6選

KSEIBI

ラチェットコンビネーションレンチ

価格:1,800円 (税込)

滑りにくいグリップデザインを採用

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本締め可能なラチェットが付いたストレートタイプのギアレンチで、送り角度が5°になっているので狭い場所でもスムーズに締緩作業が行えます。また、持ち手部分は滑りにくいグリップ仕様となっているため力を入れやすく、自転車の車輪交換や緩くなったナットを締め直せます。サイズは8mm・22mm・24mmの3種類があるため、メンテナンス用に各サイズを揃えておくと便利です。

メーカー KSEIBI 商品名 ラチェットコンビネーションレンチ
全長 255mm サイズ展開 8/22/24mm
ギア数 - 本締め
重量 100g
トネ(TONE)

コンビネーションスパナ CSB-16

価格:1,029円 (税込)

仮締め・本締めが1本でできる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

TONE製の「コンビネーションスパナCSB-16」は、85gと軽量で女性でも扱いやすいギアレンチです。全長は189mmとやや小ぶりのため、自転車のナット締めや配管整備に役立ちます。手に馴染みやすい曲線デザインとなっているため持ちやすく、力を入れてボルトを締緩作業が行えます。本締め対応のギアレンチのため、作業工程を短くしたい人におすすめのストレートギアレンチです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー TONE(トネ) 商品名 コンビネーションスパナ CSB-16
全長 189mm サイズ展開 33サイズ
ギア数 - 本締め
重量 85g
スーパーツール(Supertool)

ギアレンチ ストレートタイプ GRW17

価格:1,151円 (税込)

本締め仕様!狭所作業もしやすいギアレンチ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本の作業工具メーカーであるスーパーツールが提供しているギアレンチです。ラチェット部分は本締めにも対応しており、1本あれば最後までボルトをきっちり締められます。ギア数は72山で送り角は5°のため、狭所作業でもスピーディにボルト・ナットを締めることが可能で自動車や配管整備に活躍します。サイズは8~24mmまでバリエーションがあるので、利用シーンにあわせて使い分けると便利です。

 

スペック詳細はこちら

メーカー スーパーツール(Supertool) 商品名 ギアレンチ ストレートタイプ GRW17
全長 225mm サイズ展開 8/10/12/13/14/15/17/19/21/22/24mm
ギア数 72 本締め
重量 165g
シグネット

スタビーコンビネーションレンチ 30330

価格:536円 (税込)

ポケットに収納できる小型ギアレンチ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SIGNET社が提供する「スタビーコンビネーションレンチ 30330」は片手にすっぽり収まるコンパクトなデザインが魅力です。ラチェット部分は15°と角度がついているため、ほかのボルトと干渉することなく締緩作業ができます。コストパフォーマンスも抜群なので、安くて高品質なギアレンチを求めている人におすすめです。

メーカー SIGNET(シグネット) 商品名 スタビーコンビネーションレンチ 30330
全長 94mm サイズ展開 10mm
ギア数 - 本締め -
重量 20g
シグネット

超ロングコンビネーションレンチ S30512

価格:732円 (税込)

手が届きにくい場所まで届くロング型ギアレンチ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「超ロングコンビネーションレンチ 30512」は手が届きにくい場所のボルト・ナットでも、作業が行える優れたギアレンチです。柄が長いためテコの原理により力が入りやすく、緩みやすいナットもしっかり締められます。ロングタイプの中でも比較的に安いギアレンチのため、コスパ重視の人におすすめです。

メーカー SIGNET(シグネット) 商品名 超ロングコンビネーションレンチ S30512
全長 224mm サイズ展開 12mm
ギア数 - 本締め -
重量 82g
京都機械工具(KTC)

ラチェットコンビネーションレンチ MSR1A17

価格:2,124円 (税込)

17mmサイズに対応!本締め可能なギアレンチ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「ラチェットコンビネーションレンチ MSR1A17」は送り角5°のギアレンチで、狭小場所でも作業がスムーズに行える点が特徴です。サイズは15種類展開していて、いずれも本締めに対応しているギアレンチなので1本で最後までボルト・ナットを締められます。滑りにくいグリップデザインを採用しているので力を加えやすいです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー KTC(京都機械工具) 商品名 ラチェットコンビネーションレンチ MSR1A17
全長 225mm サイズ展開 8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/21/22/24mm
ギア数 - 本締め
重量 170g

ストレート型ギアレンチの性能比較表

今回紹介したストレート型ギアレンチの性能・特徴に関して以下の比較表にまとめました。各ギアレンチを比較しながら、使用用途に適したストレート型ギアレンチを手に入れてください。

 

商品名 ラチェットコンビネーションレンチ コンビネーションスパナ CSB-16 ギアレンチ ストレートタイプ GRW17 スタビーコンビネーションレンチ 30330 超ロングコンビネーションレンチ S30512 ラチェットコンビネーションレンチ MSR1A17
全長 225mm 189mm 225mm 94mm 224mm 225mm
サイズ展開 8/22/24mm 33サイズ 8/10/12/13/14/15/17/19/21/22/24mm 10mm 12mm 8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/21/22/24mm
ギア数 - - 72 - - -
本締め - -
重量 100g 85g 165g 20g 82g 170g

首振り型ギアレンチおすすめ6選

SK11(エスケー11)

フレックスラチェットレンチ MSFR-13

価格:818円 (税込)

首振り180°に対応!ギア数72山で本締めできる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SK11の「フレックスラチェットレンチ MSFR-13」は16mmサイズに対応しているギアレンチです。首振り角度は0~180°まで調整できるため、作業環境に合わせて動かしやすい角度に調節できます。また、ラチェット部は送り角5°のためスムーズにボルト・ナットを回すことが可能です。なお、重量は200gあるため作業中は足元に落とさないように注意してください。

メーカー SK11(エスケー11) 商品名 フレックスラチェットレンチ MSFR-13
全長 230mm サイズ展開 6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/21/22/24mm
ギア数 72 首振り度 0°~180°
本締め 重量 200g
スーパーツール(Supertool)

ギアレンチ フレックスタイプ GRW22F

価格:1,827円 (税込)

配管・空調工事にちょうどいい首振りギアレンチ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スーパーツール製の首振りギアレンチ「ギアレンチ フレックスタイプ GRW22F」は、全長が300mmと長いためテコの原理で本締めがしやすい特徴があります。耐久性が優れておりギア数は72山のため、滑らかな動きでボルト・ナットの締緩作業が可能。ギア・ソケット部分はチタンメッキ仕上げとなっているため見た目も美しい締付工具です。

メーカー スーパーツール(Supertool) 商品名 ギアレンチ フレックスタイプ GRW22F
全長 300mm サイズ展開 22mm
ギア数 72 首振り度 -
本締め 重量 381g
シグネット

120ギアフレックスシグネットレンチ 38382

価格:2,990円 (税込)

120ギアであらゆるボルト・ナットに対応

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SIGNET製のフレックスギアレンチで、ギア山は60ギアを交互に設計することで120ギアを実現。ボルトやナットの締緩作業を行ってもなめにくい設計なので安心して使えます。送り角は3°のため狭小場所でも連続して回すことが可能。自動車・バイクなど乗り物の整備を普段から行う人に最適です。

メーカー SIGNET(シグネット) 商品名 120ギアフレックスシグネットレンチ 38382
全長 207mm サイズ展開 12mm
ギア数 120 首振り度 0°~180°
本締め - 重量 110g
WORKPRO

コンビネーションレンチセット

価格:2,980円 (税込)

収納袋付きで6本組セット

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

収納袋付きのギアレンチセットでサイズは8~17mmまで揃っているのでさまざまなシーンで活躍します。サイズのバリエーションが豊富で使い勝手が抜群と好評で、複数サイズのボルトを取り扱う人におすすめのギアレンチセットです。ラチェットのメガネ部分は最大180°まで角度調節ができるため、ほかのボルトやパーツに干渉することなく作業を続けられます。

メーカー WORKPRO 商品名 コンビネーションレンチセット
全長 - サイズ展開 8/10/12/13/14/17mm
ギア数 72 首振り度 0°~180°
本締め - 重量 960g
AJACK

レックスラチェットレンチ

価格:1,380円 (税込)

あらゆるオフセット角で作業可能

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高品質なクロムバナジウム鋼素材で作られたギアレンチ6個セットで、6~12mmのサイズバリエーションを取り揃えています。メガネ部分は180°まで角度調節ができるフレックスヘッドとなっているため、手が届きにくいボルト・ナットにも合わせやすく作業がしやすいギアレンチです。表面はクロムメッキ処理が施されているため鏡面仕上げとなっており、錆びにくい特徴があります。

メーカー AJACK 商品名 レックスラチェットレンチ
全長 - サイズ展開 6/7/8/10/11/12mm
ギア数 72 首振り度 0°~180°
本締め - 重量 430g
VGEBY

コンビネーションレンチ 工具キット付き

価格:6,529円 (税込)

12本組セットであらゆる用途に活躍する

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

12本組セットのフレックス型ギアレンチで、工具キット付きのため持ち運びや収納がしやすい点が強みです。ボルトやナットの角がなめにくい面接触のため、素早く締緩作業が行えます。サイズのバリエーションは8~19mmと充実しているので、さまざまな利用シーンで活躍します。

メーカー VGEBY 商品名 コンビネーションレンチ 工具キット付き
全長 - サイズ展開 8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19mm
ギア数 72 首振り度 0°~180°
本締め - 重量 2.4kg

首振り型ギアレンチの性能比較表

今回紹介した首振り型ギアレンチの性能・特徴に関して以下の比較表にまとめました。サイズのバリエーションが豊富にあるので、それぞれ比較して自分好みの首振り型ギアレンチを見つけてください。

 

商品名 フレックスラチェットレンチ MSFR-13 ギアレンチ フレックスタイプ GRW22F 120ギアフレックスシグネットレンチ 38382 コンビネーションレンチセット レックスラチェットレンチ コンビネーションレンチ 工具キット付き
全長 230mm 300mm 207mm - - -
サイズ展開 6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/21/22/24mm 22mm 12mm 8/10/12/13/14/17mm 6/7/8/10/11/12mm 8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19mm
ギア数 72 72 120 72 72 72
首振り度 0°~180° - 0°~180° 0°~180° 0°~180° 0°~180°
本締め - - - -
重量 200g 381g 110g 960g 430g 2.4kg

ギアレンチの手入れ方法は次の手順を参考にしてください。

 

  1. パーツクリーナーをラチェットギアの中に注入し、油汚れを落とす
  2. エアーダスターでラチェットギアを乾かす
  3. ギア用のスプレー式潤滑剤を注入

 

ハンドルやスパナ部分は布で付着した皮脂を拭うことで手入れ完了です。ギアレンチは錆びやすいため、防錆スプレーを仕上げに吹きかけると長く使い続けられます。また、パーツクリーナーは100均でも購入が可能なので、メンテナンス用に準備することをおすすめします。

今回は、ギアレンチの選び方やおすすめ商品を紹介しました。ギアレンチはボルトのサイズに適している必要があるため、使用用途に応じて選ぶことが大切です。ぜひこの記事を参考に適切なギアレンチを選んで、効率的にメンテナンスを行ってください。