【2021年最新】プラズマ切断機のおすすめ10選|金属の切断に!

プラズマ切断機は金属を楽に切断できる便利な工具です。機種ごとに切断能力や連続使用時間などが異なるので、機種を選ぶときはスペックを詳しくチェックしましょう。今回は、プラズマ切断機を選ぶときのポイントや使い方のコツを解説し、おすすめモデル10選を紹介します。

2021/04/07 更新

一般家庭でのDIYと言えば、木材の加工を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。しかし、DIYを趣味としている方の中には、金属を加工している方もいます。金属をスムーズに切断するため、使いやすい工具を見つけたいものです。

 

プラズマ切断機は薄い金属板のカットに最適な機械です。硬い金属にも対応できますが、機種によって出力に差があり切断できる厚さが異なります。そのため、どんな金属をカットしたいのかよく考えながら選びましょう。

 

また、高温の熱が発生するので、扱いには注意しなければなりません。そこで今回は、プラズマ切断機のおすすめモデル10選を紹介します。自分に合う機種の選び方や使用時の注意点も解説しているので、金属をきれいに加工したい方はぜひ参考にしてください。

今すぐ見る!プラズマ切断機のおすすめ10選

プラズマ切断機は高温のプラズマを発生させ、金属を切断する機械です。溶かすと同時にエアーコンプレッサーで空気を当て、吹き飛ばすことで切断します。切断時の温度は約2万℃にまで達し、金属板を素早く溶かせるのが魅力です。

 

出力が高いモデルであれば、厚さ10mm以上の金属板も楽に切断できます。直線状にカットするだけでなく、曲線状の切断も組み合わせて多彩な形状の切り抜きが可能です。一般家庭用のモデルもたくさんあり、DIYで金属加工が楽しめます。

プラズマ切断機のほかに金属を切断する機械として、ガス切断機があります。ガス切断機は100mm以上の厚い金属板を切断できますが、資格がなければ使えません。それに対して、プラズマ切断機には資格は不要です。

 

また、ガス切断機では切れないアルミニウムやステンレスも切断できます。ただし、エアーコンプレッサーと電源がないと使えず、切断できる金属板の厚さに限界があるのがデメリットです。対応できる厚さであれば素早くきれいに切れます。

今すぐ見る!プラズマ切断機のおすすめ10選

プラズマ切断機は機種によって、パワーや連続して使える時間などが異なります。また、コードの長さの違いで使い勝手が変わるので確認が必要です。具体的に何を確認すればいいか解説しますのでチェックしてください。

使用電圧をチェック

プラズマ切断機の使用電圧は、主に100Vまたは200Vです。使用する場所にある電源の電圧に合わせて機種を選びましょう。それぞれの電圧がどのような方におすすめなのか解説します。

一般的な家庭用コンセントで使うなら100V

プラズマ切断機を使う場所に100Vの電源しかなければ、使用電圧が100Vの機種を選ぶしかありません。家庭用コンセントの電圧は100Vが一般的です。そのため、家庭内での作業を想定しているなら、基本的に100Vのモデルを選びましょう。なお、100Vと200Vの両方に対応した兼用モデルもあり、自宅外で作業する方におすすめです。

パワーを求めるなら200V

200Vの電源は業務用で使われることが多いです。使用電圧が200Vの機種を200Vの電源に接続すれば、強いパワーで切断できます。また、種類が単相か三相のどちらであるか確認が必要です。単相式は2本の電線を使い、強い電流を流せない代わりに安全性に優れています。三相式は3本の電極に電流が流れ、単相電源よりもパワフルな切断が可能です。

何ミリまで切断できるかチェック

どんなに高性能のプラズマ切断機でも、加工したい金属の厚さに対応していなければ意味がありません。そのため、各モデルが最大何mmの金属板を切断できるのか必ずチェックしましょう。使用電圧の高いモデルの方が、より厚い金属板を切断できます。また、金属の種類によっても切断可能な厚さが異なるので注意が必要です。

使用率をチェック

使用率は10分の間に何分連続して使えるかを示す数値です。プラズマ切断機を長時間連続して使うと、熱により故障する恐れがあります。そのため、稼働させてから定格の使用時間が経過したら、運転を停止し冷却する時間が必要です。

 

連続運転の時間は、使用率として明示されている時間に収めなければいけません。例えば、使用率が60%の場合、6分間使用したら運転を止めましょう。連続で長時間使用したいなら、使用率が高いモデルがおすすめです。

エアーコンプレッサーに対応しているかチェック

プラズマ切断機にはエアーコンプレッサーが必須です。ただし、対応したスペックのエアーコンプレッサーしか取り付けられません。出力・タンク容量・エアー圧力を確認し、対応コンプレッサーであるかチェックしましょう。なお、エアーコンプレッサーを持っていなければ、内蔵モデルもおすすめです。パワーはやや劣りますが、気軽に金属加工を始められます。

コードの長さをチェック

プラズマ切断機のコードには、トーチコード・アースコード・電源コードの3種類があります。いずれも長ければ長いほど使い勝手が良くなりますが、特にトーチコードの長さが重要です。トーチは金属を切断するために手に持つ部分なので、作業のしやすさに直接関わります。プラズマ切断機のトーチコードは、4~10mほどの場合が多いです。

信頼性の高いメーカーから、プラズマ切断機を選びたい方も多いのではないでしょうか。ここでは、プラズマ切断機のおすすめメーカー2社について解説します。それぞれのメーカーがどんなモデルを開発しているのかチェックしてください。

スター電器製造(suzukid)

スター電器製造は、主に溶接機や切断機をリリースしているメーカーです。一般家庭でも使いやすい個人向けプラズマ切断機を多く取り扱っています。価格が安い傾向にあるので、気軽にプラズマ切断機を使ったDIYを楽しめるのが魅力です。コンパクトサイズで重量も軽いため、収納スペースを確保しやすく楽に持ち運べます。

Panasonic(パナソニック)

パナソニックは家電メーカーとして非常に知名度が高く、DIY用品や住宅設備なども手掛けるメーカーです。プラズマ切断機はプロ仕様の高級モデルを扱っています。ハイパワーのため厚めの金属板も切断が可能です。また、コンプレッサーが内蔵された機種もリリースしています。30万円を超える高価なモデルが多いため、予算には相当の余裕が必要です。

マイト工業

プラズマ切断機 MP-40CF

価格:306,331円 (税込)

安全装置を搭載したコンプレッサー内蔵モデル

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エアーコンプレッサーが内蔵されており、コンパクトサイズで重量が軽いプラズマ切断機です。トーチの先端にパーツを装着していない場合は、出力が止まるので故障を防げます。200Vの使用電圧で10mm以上の厚い金属板も切断可能です。エアーコンプレッサーを持っておらず、持ち運びの利便性を重視する方におすすめします。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー マイト工業 商品名 プラズマ切断機 MP-40CF
本体サイズ 220×490×410mm 本体重量 18kg
使用電圧 単相200V 最大切断板厚 軟鋼:12mm、ステンレス:12mm、アルミニウム:8mm、銅:3mm
使用率 40% エアーコンプレッサー対応 内蔵
コード長さ トーチコード:8m、アースコード:5m、電源コード:3m
TOSENSE

エアープラズマ切断機 CUT60

価格:40,000円 (税込)

安価でハイパワーのプラズマ切断機

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

重たいものを持ち運ぶのが難しい方も多いのではないでしょうか。CUT60の重量はわずか5.5kgなので、力の弱い方でも比較的楽に持ち運びできます。18mmの厚さに対応できる切断能力の高さも魅力です。さらに、使用率が60%のため長時間使用できます。使用率の超過を防げる機能も搭載されているので、オーバーヒート対策も万全です。

メーカー TOSENSE 商品名 エアープラズマ切断機 CUT60
本体サイズ 370×210×320mm 本体重量 5.5kg
使用電圧 単相100V / 200V 最大切断板厚 軟鋼:18mm
使用率 60% エアーコンプレッサー対応
コード長さ -
パナソニック(Panasonic)

エアプラズマ切断機 YP−035PF3

価格:373,000円 (税込)

操作性と切断能力の高さが魅力

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

単相と三相の両方に対応したプラズマ切断機です。「切断ナビ」機能で板厚と材質を選択すれば、自動的に最適な電流に設定されます。エアーの圧力はツマミで簡単に調節可能です。1本の電極で185mの切断ができ、電極の交換時期を知らせるトーチモニター機能も搭載されています。操作性に優れたモデルを求める方におすすめです。

メーカー パナソニック(Panasonic) 商品名 エアプラズマ切断機 YP−035PF3
本体サイズ 220×490×355mm 本体重量 19.5kg
使用電圧 単相/三相200~220V 最大切断板厚 軟鋼:12mm、ステンレス:12mm、アルミニウム:7mm、銅:3mm
使用率 60% エアーコンプレッサー対応
コード長さ トーチコード:5.5m以上、アースコード:3.5m以上、電源コード:3m
スター電器製造(SUZUKID)

100V専用 エアープラズマ切断機 APC-15S

価格:113,143円 (税込)

家庭で安全に使用できるプラズマ切断機

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

薄い金属板の切断に適したモデルです。トーチが金属に触れていない状態でプラズマが発生するパイロットアークを採用しています。そのため、作業中にトーチが浮いてもきれいな切断が可能です。トーチの引き金にカバーが付いており、誤作動の事故を防げます。使用電圧が100Vなので、家庭用コンセントを使いたい安全性重視の方におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー スター電器製造(SUZUKID) 商品名 100V専用 エアープラズマ切断機 APC-15S
本体サイズ 151×471×251mm 本体重量 8.3kg
使用電圧 単相100V 最大切断板厚 鉄:4mm、ステンレス:3mm、アルミニウム:2mm
使用率 40% エアーコンプレッサー対応
コード長さ トーチコード:4m、アースコード:3m、電源コード:3m
SUMEVE

エアープラズマ切断機 CUT50P

価格:30,000円 (税込)

非接触切断が可能な高コスパモデル

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

トーチを材料に接触させずに切断できるのが特徴です。プラズマ切断機としては本体が軽く、持ちやすいハンドルが付いているので楽に持ち運べます。切断能力が高く、最大15mmの厚さに対応可能です。使用電圧が100Vと200Vの兼用タイプのため、幅広いシーンで使えるモデルを安価で手に入れたい方におすすめします。

メーカー SUMEVE 商品名 エアープラズマ切断機 CUT50P
本体サイズ 490×360×270mm 本体重量 10.5kg
使用電圧 100V / 200V 最大切断板厚 ステンレス鋼:15mm
使用率 60% エアーコンプレッサー対応
コード長さ -
マキタ(Makita)

エアプラズマ切断・溶接機 APW60

価格:530,785円 (税込)

切断能力が高く溶接もできる大型モデル

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

金属板を切断した後に、溶接したいと考えている方も多いのではないでしょうか。APW60は1台で切断と溶接ができるので、溶接機を別途用意する必要がありません。厚さ25mmの鉄やステンレスを切断できるパワーも魅力です。また、トーチケーブルが10mと長いため快適に作業できます。ただし、電源の種類により使用率が異なるので注意しましょう。

 

取扱説明書はこちら

メーカー マキタ(Makita) 商品名 エアプラズマ切断・溶接機 APW60
本体サイズ 309×567×518mm 本体重量 45kg
使用電圧 単相/三相200V 最大切断板厚 鉄板:25mm、ステンレス:25mm、アルミ:18mm
使用率 単相:40%、三相:60% エアーコンプレッサー対応
コード長さ トーチコード:10m、アースコード:-m、電源コード:1.5m
パナソニック(Panasonic)

エアプラズマ切断機 YP-060PA2

価格:592,000円 (税込)

安全性と省エネ性に優れたプラズマ切断機

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

厚い金属板を切断できるコンプレッサー内蔵モデルです。トーチのハンドルは熱に強く、スイッチ部は防塵性能を備えています。先端にはフィンガーガードが付いており、火花から手を守れる安全な構造です。省エネ機能も搭載され、冷却後に待機状態になると自動で冷却ファンが停止します。そのため、電力の無駄遣いを防ぎたい方におすすめです。

メーカー パナソニック(Panasonic) 商品名 エアプラズマ切断機 YP-060PA2
本体サイズ 210×515×460mm 本体重量 32kg
使用電圧 単相/三相200V 最大切断板厚 軟鋼:25mm、ステンレス:25mm、アルミニウム:20mm
使用率 40% エアーコンプレッサー対応 内蔵
コード長さ -
スター電器製造(SUZUKID)

100V/200V兼用 エアープラズマ切断機 APC-40

価格:159,990円 (税込)

使用率100%のため連続作業におすすめ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

冷却のために運転を停止しなければならないことを、不便に感じている方は多いのではないでしょうか。APC-40は100Vと200Vの電源に対応しており、100V電源に接続したときの使用率は100%です。そのため、冷却時間を挟まずに作業を続けられます。家庭用コンセントから給電し、長時間連続して使いたい方におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー スター電器製造(SUZUKID) 商品名 100V/200V兼用 エアープラズマ切断機 APC-40
本体サイズ 287×446×343mm 本体重量 16kg
使用電圧 単相100V / 200V 最大切断板厚 鉄:10mm、ステンレス:9mm、アルミニウム:6mm
使用率 200V:60%、100V:100% エアーコンプレッサー対応
コード長さ トーチコード:6m、アースコード:4m、電源コード:7m
マイト工業

エアープラズマ切断機 MP-70

価格:281,899円 (税込)

パワフルで使い勝手のいいモデル

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高い切断能力で厚い材料も楽に切れるプラズマ切断機です。使用電圧は200Vのみですが、単相と三相の2種類の電源に対応しています。使用率が60%と高く、長時間の連続作業ができるのも魅力です。また、前面のスイッチで接触切断と非接触切断を切り替えられます。長いトーチコードを装備しているため、快適に取り回したい方におすすめです。

 

取扱説明書はこちら

メーカー マイト工業 商品名 エアープラズマ切断機 MP-70
本体サイズ 260×460×340mm 本体重量 21kg
使用電圧 単相/三相200V 最大切断板厚 軟鋼:20mm、ステンレス:20mm、アルミニウム:15mm、銅:8mm
使用率 60% エアーコンプレッサー対応
コード長さ トーチコード:10m、アースコード:3m、電源コード:-m
マキタ(Makita)

エアープラズマ切断機 AP371

価格:405,127円 (税込)

取り回しと切断能力に優れたモデル

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

単相と三相の両方の電源方式に対応したプラズマ切断機です。エアーコンプレッサーを用意せずに金属板を切断できます。厚さが最大12mmの材料に対応可能です。トーチコードは10mと長いので、自由に取り回せます。対応している電圧は200Vのみのため、家庭外でコンプレッサー内蔵モデルを使いたい方におすすめです。

 

取扱説明書はこちら

メーカー マキタ(Makita) 商品名 エアープラズマ切断機 AP371
本体サイズ 210×385×395mm 本体重量 23kg
使用電圧 単相/三相200V 最大切断板厚 鉄:12mm、ステンレス:12mm、アルミニウム:8mm
使用率 40% エアーコンプレッサー対応 内蔵
コード長さ トーチコード:10m、アースコード:5m、電源コード:-m

プラズマ切断機を使うと、アークと呼ばれる強い光が発生します。アークを直接見ると、結膜炎や白内障などの眼疾患や火傷の恐れがあり危険です。アークから眼を保護するため、必ず作業用のゴーグルを着けましょう

 

また、切断時に飛散する粒子が皮膚に当たらないように対策が必要です。耐熱仕様の手袋や服を着用してから作業を始めましょう。さらに、切断と同時にガスも発生するので、換気をしつつマスクを着けてください。

トーチの先端に付けるチップは切断のたびに摩耗する消耗品ですが、使い方次第で長期間の使用が可能です。トーチの送りを速くしすぎると、火花の跳ね返りによりチップの消耗が早まります。また、トーチを斜めに当てたり、送りが遅すぎたりするときれいに切断されません。金属板に対して垂直にトーチを当て、速すぎず遅すぎない速度で送るのがおすすめです。

プラズマ切断機は金属板を簡単に切断できるので、DIYの可能性が広がります。切断の能力やコードの長さなどを丁寧に確認しながら、ニーズに合うモデルを探しましょう。なお、スペックをしっかり確認しないと、稼働させられない場合もあるので注意が必要です。使用環境や目的に合ったプラズマ切断機で、金属加工を楽しんでください。