ジャガー KC-210 ミシン評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥11,820
ジャガー KC-210 ミシンの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、ジャガー KC-210 ミシンがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2021/09/23 更新

KC-210の基本スペック

マッサージ種類 フットマッサージ器具

KC-210のショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

この商品が紹介されているランキング

ジャガー KC-210の基本スペック

JAGUAR(ジャガー)

ジャガー コンピュータミシン ホワイト KC-210

価格:14,780円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー ジャガー(JAGUAR) 商品名 KC-210
サイズ 幅425×奥行211×高さ329mm 重量 6.6kg
機能 縫い模様40種類 フットコントローラー 別売り

ジャガー KC-210のフットコントローラー

JAGUAR

JAGUAR(ジャガー) フットコントローラー FC-001

価格:3,241円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらが別売りのフットコントローラーです。ミシン本体にコネクター部を差し込むだけで使用できます。テーブルでの作業時に両手が使えるようになるので便利です。

ジャガー KC-210のおすすめポイント

厚手の布もパワフルソーイング

KC-210には生地の厚さを感知する機能がついているので、生地の厚みに合わせて、自動的に状況を調整してくれ、常に一定の速度で縫うことができます。そのため、レザーやデニムなどの分厚い生地や、途中で厚さが変わる場合もスイスイ縫い上げることができます

縫い模様は40種類

KC-210には模様番号の表示の下に模様番号一覧があるので、どんな模様が縫えるのかがわかりやすく、縫い目の長さやジグザグのふり幅も調整可能。直線はもちろん、かわいい飾り縫いや、ボタンホールなど全40種類の縫い模様があります

留め縫い機能

KC-210には糸締めの始末に4針の糸締めを行う、留め縫い機能がついています。針をバックさせず同じ位置で4針刺すことで、縫い目を重ねてほつれ止めをします。バックさせる返し縫いよりも仕上がりがキレイです。

ジャガー KC-210の悪い点をレビュー

厚手の物が縫えない

KC-210は7枚送り歯で、ジーンズなどの厚手の物や布の重ね縫いもできるという説明ですが、実際に縫ってみると、前にも後ろにも動かなくなったり、針が折れてしまったりすることがあるようです。縫えなかった方々が、正しい針を使っていたのかまではわかりませんが、ゆっくり動かしてみたら縫えたという口コミもあったので、説明書をよく読んで正しくセットすれば縫えることもあるようです。

自動糸通しが使いにくい

KC-210は自動糸通し機能が思っていたよりもわかりにくく、操作ができないという口コミが何件かありました。使い始めのうちは、使いにくくて手でやったほうが早いようです。慣れが必要ですね。

下糸がセットしづらい

KC-210はボビンケースの糸が通しずらく、操作も少し難しいという口コミが多くありました。本体にセットする際も、補助テーブルを外す一手間が面倒なようです。ボビンケースを縦にセットする垂直釜仕様なので、慣れない方はセットがむずかしいようです。

糸が絡まる

KC-210は下糸がすぐに絡まり、上糸も長く出しておかないと見つからなくなってしまうという口コミがありました。特に厚手の物を縫っていたり、返し縫をするときに絡まることが多いようです。

ジャガー KC-210の良い点をレビュー

シンプルで使いやすい

KC-210は見た目はシンプルですが、機能は無段階のスピード調整がついていたり、LED電気が付いていたり、他にもいろいろ機能が付いています。縫い模様も多く、ボタンホールも自動で簡単に縫うことができるので、これだけの機能でこの価格は驚きという口コミがありました。

DVDが付いていて初心者でも安心

KC-210は解説のDVDが付いているので、ミシンの初心者や、あまりミシンを使用しない男性の方でも困ることがなかったという、うれしい口コミが多くありました。書類の説明書よりも解説してくれるDVDの方が動画もあってわかりやすいようです。

コンパクトで持ち運びに便利

KC-210はコンパクトで軽量なので、保管場所に困らず、持ち運びも楽だったと言う口コミがありました。しかし、持ち運び用のハンドルが付いていないため、ミシンを抱えて運ぶことになり、少し運びにくかったという口コミもありました。

ジャガー KC-210の口コミを集めました

なかなかうまく糸を通せません。 コツを覚えたら出来るのかなと思っています

出典:https://review.rakuten.co.jp

自動糸通しがうまく使えないようです。簡単にできたという方もいるので、何かコツがあるようです。

キルト3枚ギリギリ行けました。でもちょっと厚みと縫い合わせて固くなった部分は進んでくれません

出典:https://www.amazon.co.jp

普通の布は問題なく縫えるようですが、厚手を縫うのはなかなか難しいようです。すぐに止まってしまうとの口コミが多く、針が曲がってしまったり、折れてしまうこともあるようです。速度をゆっくりにすれば縫えるという口コミもありましだか、キャンバス、デニム、キルティングは縫わない方がよさそうです。

直線がきれいに縫えず糸も直ぐに絡みます

出典:https://www.amazon.co.jp

糸が絡みやすい。特に下糸が異常なほどに出てきたり、絡みやすいと言う口コミが多く見られます。返し縫や厚い布を縫うと絡みやすいようです。

ボビンのセットする時補助テーブルを外さないとセット出来ないので面倒です。また補助テーブルをセットするのが上手くハマらない

出典:https://www.hikaku.com

水平釜ではなく垂直釜なので、下糸のボビンをセットするときに補助テーブルを外して、正面からセットする形になります。水平釜を使っていた方だと、それが少し面倒だと感じるようです。

専門店で売られているものの1/10の値段で厚物もレザーも縫える(レザーは専用針使用)

出典:https://www.biccamera.com

送り歯は7枚り、糸飛びもなく送り歯もしっかりしているため、厚手の布やレザーが楽々縫えるとのうれしい口コミがありました。

解説DVDが付いているので、家庭科1のミシンど初心者の私でもボビンに糸を巻き付ける作業。糸通しが簡単でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

取扱いDVDがとてもわかりやすいようで、ミシンにあまり詳しくない方でも届いたその日から、簡単に扱えるようです。

軽くて、静かで、もっと早く買えば良かったと思います

出典:https://www.amazon.co.jp

コンパクトで軽くて持ち運びにちょうど良いとの口コミがあります。しかし、上部にハンドルが付いていないので、若干運びにくいようです。

音や振動も静かで他のお宅を気にせずに夜でもミシン掛けが出来ます

出典:https://www.amazon.co.jp

思っていたよりも音は静かでよかった。軽くて静かな縫い心地がよいとの口コミがあります。 しかし、他の方の口コミで以前使っていたものより音が大きいように感じるといった口コミもあったので、音の感じ方は、使っている状況によって人それぞれのようです。

KC-210とKC-200の違い

JAGUAR(ジャガー)

ジャガー コンピュータミシン KC-200

価格:17,789円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

KC-200はKC-210の旧モデルとなります。

KC-200は縫い模様が30種類のため、KC-210より10種類少ない仕様になっています。

 

サイズは幅363×奥行191×高さ280mm、重量は5.7kgなので、KC-210よりもコンパクトで軽量サイズです。そのほか厚手の物が縫えたり、取扱説明のDVDがついていたりと、縫い模様の種類の違い以外に大きな違いはありません。こちらも初心者の方や小物を作りたい方にはピッタリの商品です。

 

価格の面から見てみると、縫い模様が多く、モデルが新しいKC-210の方がKC-200よりもリーズナブルなので、少しでもコンパクトで軽量な方が良い方はKC-200ですが、そうでなければ、トートルで考えるとKC-210の方がコストパフォーマンスに優れた商品のためおすすめです。

KC-210とKC400の違い

JAGUAR

ジャガー 文字縫い コンピュータミシン ホワイト KC-400

価格:28,000円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

KC-210は2018年 3月15日発売、KC-400は2017年 2月21日発売で、どちらもコンピューターミシンです。

KC-210とKC-400の大きな違いは、KC-400は文字が縫える所です。

298種類の文字模様と、100種類の実用模様を縫うことができます。 その他、糸通しは自動糸通しから、ガイドに糸をかけレバーを下げるだけのワンハンド糸通しになっています。

 

その他、下糸はKC-210は垂直釜ですが、KC-400は水平釜になっていて、みぞに沿って糸を通すだけのワンハンドボビンが採用されており、コードも収納に便利なコードリールにもなっています。

 

サイズは幅387x高さ303x奥行き197 mmで、フットコントローラーも付いています。KC-210よりコンパクトなのに機能充実なのがKC-400です。

 

オートボタンホールや手元のLEDライトはどちらも共通で、スピード調節や7枚送り歯、ゆっくり機能なども共通で付いています。

 

ただ、機能が充実している分価格も高めになっているので、初心者で、ミシンを始めてみたい方にはKC-210。経験者や文字の刺繍が絶対に必要な方はKC-400がおすすめです。

JAGUAR(ジャガー)

ジャガー コンピュータミシン ホワイト KC-210

価格:14,780円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

KC-210はボタンを押すだけで、縫い目や縫う模様などをコンピューターで制御してくれるので、ミシンをあまり使ったことのない初心者にもおすすめです。間違った操作をしてしまっても、エラーメッセージが表示されるので、失敗や故障も少なく、安心して使用することができます。

 

サイズも幅425×奥行211×高さ329mmとコンパクトで、重さも6.6kgと持ち運びにも便利です。シンプルなデザインですが、自動糸通しや、全自動ボタンホール機能がついていたり、40種類の模様が縫えたりと、小物のデザインにもおすすめです。

 

価格が2万円以下と安いですが、筒縫いなどに便利なように、アクセサリーボックスが取り外しできたり、ソフトカバーが付いているなど、装備も充実しています。説明DVDが付属しているので、初心者でも届いたその日から手軽に操作が可能です。リーズナブルでコストパフォーマンスに優れているので、ミシンを始めてみたい初心者の方におすすめの商品です。