Canon PowerShot SX740HS デジタルカメラの評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥41,000
Canon PowerShot SX740HS カメラの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、Canon PowerShot SX740HS カメラがどんな人におすすめなのかを評価しました。

専門家のコメント

写真家、カメラ評論家

田中希美男

光学ズームで960mm相当の超望遠撮影が可能な薄型コンパクトカメラ

24mm相当の広角画角から960mmmm相当の超望遠画角までを光学ズームで撮影ができる薄型軽量なスタイリッシュコンパクトカメラ。デジタルズーム機能を利用すれば約2000mm以上の超々望遠を撮影することもできます。60fpsのフルHD動画のほか、30fpsの4Kで動画撮影も可能です。手ぶれ補正の機能も内蔵しているので望遠撮影でも安心して撮影できる。液晶モニターはチルトタイプで角度が上下に変えられ、画面を180度回転して自分に向けて自撮り撮影することもできます。最高7.4コマ秒の高速連写でAF追従します。ボディカラーにはシルバーとブラックが用意されていますが、デザインの良いシルバーモデルがおすすめ。

画角

写真に映る範囲を角度に置き換えて表現したもので、一般的に言われる視野と近しい意味。焦点距離と密接な関係を持つ。焦点距離が長いほど画角は狭くなり、望遠レンズなどと呼ばれる。画角が46度前後、フルサイズ版換算で焦点距離50mm前後のレンズを標準レンズの目安にするといい。

チルト液晶

可動式モニターの一種。モニターを手前に引くことで上下に動かすことができる。バリアングル式と違い、左右に動かすことはできない。最近は、横方向に動かすことができる3軸チルト液晶も誕生している。

オートフォーカス(AF)

シャッターボタンを半押しすると、自動で被写体にピントを合わせてくれる機能。静物撮影に向いているシングルAF、動物撮影に向いているコンティニュアスAF、それらハイブリッド型のAFモード自動切り替え、が存在する。

フレームレート(fps)

frames per secondの略で、1秒間に記録するフレーム数(コマ数)の単位。値が大きい方が滑らかになり、小さいとカクカクした印象を受ける。滑らかな動画になる目安は30fps程度。

PowerShot SX740HSのショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

類似商品と比較する

4K動画の撮影はできないがそのぶん価格が少し安くなりお買い得感はある

キャノン
powershot sx730 hs
31,405円〜
詳細を見る

24mm相当から720mm相当の画角をカバーする薄型軽量のスタイリッシュコンパクト

SONY
DSC-HX99
51,816円〜
詳細を見る

Canon PowerShot SX740 HSの商品情報

Canon PowerShot SX740 HSの基本スペック

Canon

Canon デジタルカメラ PowerShot SX740 HS ブラック 幅110.1 × 高63.8 × 奥39.9 mm 光学40倍ズーム 4K動画対応 PSSX740HS(BK)

価格:40,299円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー Canon(キャノン) 商品名 PowerShot SX740 HS
撮像素子 1/2.3型高感度CMOS(裏面照射型) F値 F3.3(W)-F6.9(T)
有効画素数 約2,030万画素 光学ズーム 40倍
焦点距離 4.3(W)-172.0mm(T) 撮影感度 オート、ISO100-3200
手ぶれ補正 マルチシーンIS 補正効果(静止画IS時):3.5段(350mm) AF(オートフォーカス) TTLオートフォーカス、マニュアルフォーカス
連写速度 通常:約10.0枚/秒 動画 4K:3840×2160(30fps:約120Mbps) フルハイビジョン:1920×1080(60fps:約60Mbps/30fps:約30Mbps) ハイビジョン:1280×720(60fps:約26Mbps)
サイズ 110.1 × 63.8 × 39.9mm 重量 約299g(バッテリーおよびメモリーカード含む)
その他機能 Wi-Fi、Bluetooth対応

Canon PowerShot SX740HSのケース

windykids

windykids Canon PowerShot SX740 HS カメラケース SX740HS ケース キャメル キャノン パワーショット カバー カメラカバー カメラバッグ バッグ レザーケース 一眼 デジカメ 合成革 一眼レフ デジタルカメラ用 ストラップ canon-sx740(sx730/720) canon-sx740(sx730/720),キャメル

価格:1,998円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Canon PowerShot SX740HSの専用ケースです。おしゃれ感のあるしっかりとしたレザー調で、カメラを保護してくれます。ストラップ付なのも持ち運びには便利ですね。

Canon PowerShot SX740HSのバッテリー

str

str NB-13L 互換バッテリー 2個& USB チャージャー CB-2LH Canon キヤノン Power Shot G7 X Mark II/Power Shot G9 X Mark II/PowerShot SX630 HS/Power Shot SX720 HS/Power Shot SX730/G5 X/PowerShot G9 X/PowerShot SX620 HS 等

価格:5,799円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Canon PowerShot SX740HSのバッテリーと充電器セットも販売されています。長期間にわたる旅行の際には必需品となること間違いなしでしょう。

Canon PowerShot SX740HSのおすすめポイント

幅広い撮影領域に対応した高倍率ズームレンズ

PowerShot SX740HSは、広角24mmから望遠960mm相当の高性能な光学40倍ズームレンズが採用されており、鮮明な写真を撮影することが可能となっています。また、プログレッシブファインズームを使用することで、綺麗な解像度を保ったまま約80倍まで撮影することができます。

最高約10.0コマ/秒の高速連射機能

PowerShot SX740HSは、被写体を追従するサーボAF使用時には最高約7.4コマ/秒の連続撮影が可能となっており、さらに、ワンショットAF時には最高約10.0コマ/秒の超高速連写を実現。被写体の動きを捉え、決定的なシャッタチャンスを逃しません。

撮影の自由度が広がる3.0型チルト液晶

PowerShot SX740HSには、上方向に約180度回転するチルト式液晶モニターが搭載されており、液晶画面の角度によって様々なアングルからの撮影ができます。さらに自撮り撮影に特化した「自分撮りモード」を使用すれば、綺麗な自撮り撮影が手軽に行えます。

Canon PowerShot SX740HSの徹底レビュー(評価・口コミ)

Canon PowerShot SX740HSの悪い点をレビュー

フォーカスが合わせづらい

PowerShot SX740HSのフォーカスはオートとマニュアルの2つから選べ、手軽に撮影をしたい場合にはオートを選ばれる方が多いかと思われますが、口コミに寄るとピントを合わせたい被写体の後ろのものにピントが合ってしまったりして、上手くいかないことがあるようです。

 

カメラの操作に慣れている方であれば、あえてマニュアル設定でフォーカスを合わせるというのも良いかもしれません。

サイズ・重さが気になる

Canon PowerShot SX740HSは約300gの重量となっており、コンパクトデジタルカメラとしては少々重みを感じるという口コミがありました。サイズ的にはポケットにしまえるぐらいとなっていますが、重さを感じる以上ポケットに入れておくのも難ありな気がしますね。

機能が多く説明書も分かりづらい

PowerShot SX740HSは、多彩な表現での撮影が可能なカメラですが、搭載されている機能が多く、使いこなせるようになるには時間がかかるようです。また、カメラに不慣れなユーザーにとっては、取扱説明書の内容も理解し難い部分があるようで、不満に感じている口コミも見られました。

PowerShot SX740HSの良い点をレビュー

チルト液晶で撮影の幅が広がる

PowerShot SX740HSには、上側約180°に可動可能な「チルト液晶」が搭載されており、液晶画面の角度に変化をつけることによって、ローアングルからの撮影や自撮り撮影など、これまでにできなかった構図での撮影が手軽にでき、大変便利に活用できると評価が高いようです。

データ転送に便利な通信機能搭載

PowerShot SX740HSは、Wi-Fi機能が搭載されているため、カメラで撮影した画像をスマホやタブレット、PCなどに手軽に転送することができ、データのシェアやバックアップ作業がラクで良いという利便性を評価した口コミが多くありました。

マニュアル設定でこだわり撮影が可能

PowerShot SX740HSは、多くの撮影モードが搭載されている他、マニュアルでのフォーカス設定が可能となっているため、普段一眼レフカメラを使用して撮影を楽しんでいるユーザーにとっても、同じ感覚で扱えるカメラとして高評価を集めています。

Canon PowerShot SX740HSの口コミを集めました

曇りの時や夕暮れ時にはあまり強くないかなーという印象…どうもオートフォーカスが合わなかったり、ぼやけて映ります。

出典:https://www.amazon.co.jp

PowerShot SX740HSのオートフォーカスについては、ピントが合わせづらいという声が多数見られました。せっかくのシャッターチャンスを逃したり撮った写真がぼやけていると残念ですね。可能であればマニュアルフォーカスでしっかりとピントを合わせるのが良いかもしれません。

ボディは思ったより大きく重いです。胸ポケットにギリギリ入ります。落とすと不安なのでニコンのストラップを買いました。

出典:https://review.kakaku.com

PowerShot SX740HSはコンパクトデジタルカメラとしては少々重いみたいなので、携帯に便利だとは言い切れないようです。ストラップをつけたりして首掛けにしておくと、落としたりする心配もなさそうです。

機能の種類が多く説明書を見ても、以前のように分かりやすく説明なくパソコンで機種のページを開いてみなくては判らない。

出典:https://www.amazon.co.jp

機能が多彩なのは良い点だとは思いますが、実際に使用する際に分かりづらいというのは逆に難点となってしまったようです。初めてカメラを使うようなユーザーにとっても分かりやすく説明がなされていると親切だったかもしれません。

コンデジという制約上仕方ないのかもしれないがお世辞にも美しいとは言えないデザイン

出典:https://review.kakaku.com

オシャレ家電などが出回っている中で、使用感だけではなく見た目にこだわるユーザーも多く、メーカーサイドは、機能性の充実と共にデザイン性にも力を入れなければいけないのかもしれません。

撮った写真はスマホで閲覧するので、ブルートゥースでスマホに写真を取り込める機能が個人的にとても便利でした。

出典:https://joshinweb.jp

PowerShot SX740HSの通信機能を使用することで、カメラで撮影した画像データをスマートフォンにそのまま取り込めるというのは便利ですね。データのバックアップなどの手間が省けるのはメリットだと言えます。

普段マニュアルでの使用なので一眼レフと同じようなマニュアル設定が出来るのは嬉しい。

出典:https://review.kakaku.com

PowerShot SX740HSは、普段は一眼レフを使用している方でも満足できるコンパクトデジタルカメラだということでしょう。大きなカメラを持ち歩けない場合や、サブのカメラとしても重宝しそうですね。

液晶画面が動かせる「チルト液晶」機能は今まで使ってきたカメラには実装されてなかったので集団撮りの時の確認にわざわざ三脚を使わないで済むのには本当に良いですね(^^♪

出典:https://review.kakaku.com

スマホと同じような感覚で手軽に自撮りができたり、さまざまなアングルでの撮影を楽しめるチルト液晶は多くのユーザーから高評価を得ています。ぜひ使ってみたい機能ですね。

このシリーズは光学ズーム+デジタルズームで超望遠レンズに相当する撮影ができます。

出典:https://www.amazon.co.jp

PowerShot SX740HSの高倍率ズームにはユーザーからも定評があり、高倍率と高画質が両立されていて、遠くの被写体でも綺麗な解像度のまま、細部まで鮮明に描写がされるとされています。

Canon PowerShot SX740HSの関連商品と比較する

Canon PowerShot SX740HSとPowerShot SX70HSの違い

キヤノン

Canon デジタルカメラ PowerShot SX70 HS 光学65倍ズーム 4K動画対応 PSSX70HS

価格:53,403円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

PowerShot SX740HSと同年の2018年に販売されたPowerShot SX70HSは、同じPowerShotシリーズではあるもののコンパクトタイプではなく、しっかりとした作りのモデルとなっています。

 

大きな違いとしては、液晶のタイプ。PowerShot SX740HSは上方向に角度が付けられるチルト液晶が搭載されていますが、PowerShot SX70HSでは、角度を自由に変えられる機構で上下左右に動かすことができるバリアングルタイプの液晶となっています。

 

どちらのモデルも自分撮り機能が搭載されていますが、どちらが使い勝手が良いかは個人差があるようなので、実機を触ってみた感覚で選ばれた方が良いかもしれません。

 

撮影機能の違いは、有効画素数はどちらも同じ約2030万画素となっていますが、光学ズームは、PowerShot SX740HSが40倍なのに対し、PowerShot SX70HSは65倍と大きく上回っています。

 

また、焦点距離に関しても、PowerShot SX740HSの24-960mmに対し、PowerShot SX70HSが21-1365mmとなっており、より遠くの被写体にも対応できるようになっています。

 

動画撮影機能に関しては、どちらも4Kに対応していたり、同等の機能を備えているため、比較できる点はないようです。

 

機能的な違いはズーム機能という点と、液晶タイプの違い、サイズによる携帯時の利便性などを考慮したうえで、双方の検討をするのが良さそうですね。

Canon PowerShot SX740HSとPowerShot SX720HSの違い

キヤノン

Canon デジタルカメラ PowerShot SX720 HS ブラック 光学40倍ズーム PSSX720HSBK

価格:27,047円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

PowerShot SX720HSは、PowerShot SX740HSが発売される2年程前に発売された同シリーズのカメラです。有効画素数やレンズの性能は同等となっています。

 

2つの違いとしては、4K対応やチルト液晶による自撮り機能がPowerShot SX740HSで新たに搭載されているという点でしょう。

 

また、通信機能についても、Wi-Fi機能は両者ともに搭載されていますが、Bluetooth接続に関しては、PowerShot SX740HSにのみ搭載されている機能となります。

 

本体サイズには大きな違いはないものの、カラーリングについては、PowerShot SX720HSがブラックとレッド、PowerShot SX740HSがブラックとシルバーのそれぞれ2種から選べるようになっています。

 

レッド色のカメラというのは、あまり見られないカラーリングなので、PowerShot SX720HSのレッドは、個性派の方には好まれるデザインかもしれません。

 

PowerShot SX740HSの方が新しく発売されているだけあって、追加されている機能があり、利便性も兼ねていると言えそうですが、カメラの画素数やレンズの性能に関しては違いがないため、その辺りの必要性を考慮した上で両者を比較してみると良いかもしれません。

Canon PowerShot SX740HSの総合評価

キヤノン

Canon デジタルカメラ PowerShot SX740 HS ブラック 幅110.1 × 高63.8 × 奥39.9 mm 光学40倍ズーム 4K動画対応 PSSX740HS(BK)

価格:41,500円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Canon PowerShot SX740HS デジタルカメラについて、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

PowerShot SX740HSは、コンパクトなボディでありながらも、望遠960mm相当の光学40倍ズームレンズが搭載されており、遠くの被写体でも高解像で鮮明に描写ができるデジタルカメラです。

 

また、決定的瞬間を逃すことのない最高約7.4コマ/秒の連続撮影や、チルト液晶を使用した自分撮り機能など、撮影シーンの幅を広げられる機能も多く備わっており、楽しみながら撮影ができます。

 

フォーカス機能は、オートとマニュアルどちらも利用可能なため、手軽に写真撮影を楽しみたい方はもちろんのこと、日頃は一眼レフを使用されている方のサブカメラとしても利用できる使用感になっていると言えます。

 

「綺麗な写真を簡単に撮りたい」「しっかり撮影したいけど一眼レフを持ち歩くのはちょっと…」というような方にぜひ手に取ってみて欲しいカメラです。

関連する商品