【2019年最新】コンパクトデジタルカメラの光学ズーム|特徴とおすすめの選び方を紹介

コンパクトデジタルカメラの光学ズームについてまとめています。光学ズームに関するおすすめの最新デジカメ、人気のおすすめ選び方。光学ズームに関して調べている人は是非参考にしてください。

おすすめの記事

▶︎【2020年完全版】デジカメの最強おすすめ特集【14選】選び方と最新情報を紹介 ▶︎【2020年最新】デジカメの選び方を分かり易く解説【コレさえ読めば失敗・後悔しない】

コンパクトデジタルカメラの購入を検討して色々調べていると、光学ズーム〇倍という表記をよく見ます。光学ズーム倍率が大きいほど画質が良いのかと思う方もいるはずです。これから、そもそも光学ズームとは何なのかを詳しく説明していきます。

 

光学ズームとは、レンズ自体を動かして焦点距離を調節した上で写真を撮影します。虫眼鏡を使って拡大するのと同じようなイメージです。フィルム式のカメラはズーム機能といえば、光学ズームのことを指しています。

 

遠くの物をレンズによって拡大して撮影するので、画像が劣化せず高画質で綺麗な写真が撮れるのが光学ズームの大きなメリットです。デメリットとしては、ズーム率が大きいレンズやコンパクトデジタルカメラは価格が高額になってしまうことです。

 

ズーム倍率は5倍から100倍以上の光学ズームレンズを搭載したコンパクトデジタルカメラもあります。倍率が大きいほど遠くのものをより鮮明に高画質で撮影することができますが、ブレやボケが発生しやすいので、相応の技術や慣れも必要になります。

 

倍率だけを重視して高倍率コンパクトデジタルカメラを購入するのではなく、使用シーンをしっかりと考えて購入するようにしましょう。

【2019年最新】光学ズームのおすすめデジカメ一覧と選び方

ここまで光学ズームについて詳しく説明してきました。続いて、光学ズームとデジタルズームとの違いは何なのかを詳しく紹介していきます。デジタルズームとは、撮影した画像の一部を切り取って、コンピュータによって自動的に拡大補完するズーム方法のことです。

 

光学ズームとは違って、撮影する画像の大きさ自体は変わらないのが大きな特徴です。撮影した画像を切り取って拡大しているので、大きく拡大すればするほど、画質は荒くなってしまうのが大きなデメリットです。

 

しかし、最近のコンパクトデジタルカメラは以前に比べて画素数も大きくなっているので、デジタルズームによって拡大されても、そこまで画質は荒くならないと言われています。

 

メリットとしては、光学ズームのようにレンズを動かして調節する必要がないので、レンズやカメラはコンパクトな作りになっていることです。また光学ズームと合わせて使うことで、遠くのものまで撮影できるのも大きなメリットになります。

 

デジタルズームと光学ズームを併用して、最大500倍ものズームが可能になるカメラも発売されています。ここまで大きいと月などの撮影も驚くほどくっきりと、鮮明に写し出すことができるようになります。

光学ズームには色々な倍率があるので、それぞれのメリットやデメリット、選び方について詳しく説明していきます。メインで撮影するシーンや、撮影する対象物によって選ぶといいでしょう。

 

子供の運動会などを撮影したい方、野鳥や月の撮影を趣味にしている方など、それぞれの使用シーンに合ったカメラを選ぶと、より撮影の幅が広がりさらにカメラの魅力に引き込まれていくことでしょう。

 

これから倍率ごとに、おすすめの使用シーンなどを紹介するので、ぜひカメラ選びの際の参考にしてみてください。

光学ズーム:5倍

光学ズーム5倍のレンズは最近、サムスンやファーウェイから発売されたスマートフォンにも搭載されたことで大きな話題となっています。5倍であれば、10mぐらい離れた先の建物や、景色を撮るのに適しています。

 

旅行先で写真を撮影するのであれば、光学ズーム5倍で全然問題ないというレビューがあります。また幼稚園や保育園の運動会の写真を撮りたい場合も、光学ズーム5倍で問題ないとのことです。

 

幼稚園や保育園はグランドもそこまで広くなく、園児との距離も近いので、光学ズーム5倍であれば子供たちの笑顔もはっきりと写し出す写真の撮影ができます。

 

しかし、光学ズーム5倍と光学ズーム10倍ではあまり価格差もないことから、大は小を兼ねるという意味で10倍ズームレンズを搭載したコンパクトデジタルカメラを買う方が多いという口コミがありました。

光学ズーム:10倍

光学ズーム10倍のレンズはほとんどのコンパクトデジタルカメラに搭載されているほど、定番の倍率になります。野鳥の撮影や、子供の運動会の撮影、そして近くの花を拡大して撮影するのにもぴったりだという声が多くあります。

 

光学ズーム10倍のレンズが搭載されているコンパクトデジタルカメラを購入すれば、基本的には不足はないという声も多いので、迷った方は光学ズーム10倍のカメラの購入を検討してみてもいいでしょう。

 

動物園で遠く離れた動物たちを撮影するのにも、光学ズーム10倍があれば十分なので、10倍ズームの万能さがよくわかります。

 

倍率が上がるに連れて、価格も高くなるので遠くの物ばかりを撮影する訳ではなく、日常的な撮影に使いたい方には10倍ズームのコンパクトデジタルカメラがおすすめです。

デジタルカメラ(光学ズーム :10-19倍)の商品一覧

光学ズーム:20倍

光学ズームが20倍のレンズになると、より遠くのものを鮮明に写し出すことができるようになります。野鳥の撮影や、子供の自然な笑顔などを撮影するときや、近づけないものを撮影するのに適しています。

 

またスポーツ観戦の際も肉眼でははっきり見えない位置にいる選手を鮮明に撮影することができます。日常使いから、たまに趣味で野鳥の撮影やスポーツ観戦をする方にはおすすめの倍率です。

 

光学ズーム倍率が20倍を超えてくると画質が悪くなります。倍率が高いカメラはその分多くの枚数のレンズを使っているので、その分画像が暗くなりやすく画質が劣ってしまいます。より高画質な写真を撮影した場合は光学ズーム倍率10倍までのカメラがおすすめです。

デジタルカメラ(光学ズーム :20-29倍)の商品一覧

光学ズーム:30倍

光学ズームが30 倍のレンズになると、肉眼だとかろうじで見えるか見えないかわからないぐらい、離れた距離にある建物などを鮮明に拡大して写し出すことができます。

 

ただ、光学ズームが30 倍になってくると、撮影の対象をカメラの視野に入れることが難しくなったり、撮影時に手ブレが発生しやすくなるので、撮影技術がある程度必要になります。

 

城南島海浜公園から、海を挟んだ先にある羽田空港に止まる飛行機まで撮影できるというレビューもありました。飛行機だけでなく、飛行機に印字されている文字が読めるほど、鮮明な画像が撮れるのが30倍ズームの大きな魅力です。

デジタルカメラ(光学ズーム :30-39倍)の商品一覧

光学ズーム:40倍

光学ズーム40倍になると、さらに撮影の幅が広がります。5メートル離れた先にいるモンシロチョウを、触角まではっきり写るほど鮮明に撮影できたり、クレーターまではっきりわかるぐらいの月を撮影することもできます。

 

野鳥は近づくと逃げてしまうので、全く気付かれない距離か、ボケずに綺麗な野鳥などの写真が撮れるのが大きな魅力です。しかし、レンズやカメラ自体が高額になるのはもちろん、重さもかなり重くなるので長時間の撮影にはあまり向いていません。

 

三脚などを利用し、しっかりと狙いを定めて撮影をする必要があります。手で持って撮影するのにも向いてないでしょう。光学ズーム40倍は、日常的に使うというよりは本格的にカメラを楽しみたい方におすすめです。

 

野鳥や月、飛行機などを撮影したい場合は40倍ズームがあれば問題ないでしょう。また技術は必要になりますが、遠方から花火を撮影したレビューもあります。撮影の幅が広いのは、カメラ好きにとってはとても嬉しいことです。

 

プロ用の超望遠レンズを遥かに超える倍率になるので、スポーツ観戦や、コンサートの遠い席や場所からでも選手やアーティストの顔をはっきりと写すことができるようになります。

光学ズーム:50倍

光学ズーム50倍になると、遠くにいる子供の顔をしっかり撮影できたり、月などと天体撮影や、野鳥、飛行機などを驚くほど鮮明に撮影ができます。

 

ここまで倍率が大きいコンパクトデジタルカメラになると重さは重くなるので基本的に三脚での撮影が必要にはなります。

 

等倍で撮影した写真では全く見えないお城が、50倍ズームだと細部まではっきり見ることができ、さらにお城にいる人まではっきりと確認できるのは、大きな魅力です。

 

手ブレ補正が搭載されているコンパクトデジタルカメラもありますが、倍率が大きくなるほどブレやボケが発生しやすくなるので、高く技術や慣れが求められます。その分綺麗に撮影できた時の達成感や喜びは、今まで感じたことがないほど大きなものになるでしょう。

光学ズーム:60倍

光学ズーム60倍になると、超高倍率ズームと言われています。カメラももちろんですが、防犯カメラや、遠距離監視用のレンズとしても重宝されています。

 

月や、野鳥の撮影にこだわり、より綺麗で鮮明な写真を撮影したい場合は60倍ズームがおすすめです。肉眼ではなかなか認識できない遠くの建物の細部や、野鳥などが、高繊細ではっきりと写し出すことができます。

 

間違いなく撮影の幅が広がり、コンパクトデジタルカメラを持ち歩くことがさらに楽しくなるでしょう。

デジタルカメラ(光学ズーム :40-125倍)の商品一覧
Nikon

Nikon デジタルカメラ COOLPIX P1000 ブラック クールピクス P1000BK

価格:93,880円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

COOLPIX P1000は光学125倍の超望遠ズームレンズを搭載したコンパクトデジタルカメラで、Nikonから2018年9月に発売されています。光学ズーム倍率が100倍を超えるのは、COOLPIX P1000だけだと言われており、世界最高倍率になっています。

 

3000mm相当で開放F値8を実現し、超望遠で拡大しても高画質が画像の撮影が可能なのが大きな魅力です。また光学ズームとデジタルズームを併用すると最大500倍まで拡大することが可能です。

 

ステレオ音声付きの4K動画の撮影にも対応していて、臨場感のあるムービーが撮れます。手ブレ補正が搭載されているので、コンパクトデジタルカメラ初心者の方でも操作にある程度慣れたら、プロ並みの高画質高繊細な写真が撮影できるのも魅力です。

COOLPIX P1000のレビューまとめ

レビューを見てみると野鳥の撮影や、月の撮影、わ趣味にしている方にかなり人気があるとのことです。倍率が大きいので手持ちでの撮影は難しいですが、三脚を使って撮影するととても綺麗な野鳥や月の写真が撮れるというレビューが多数あります。

 

倍率が大きいレンズを搭載しているので、仕方ないことではありますが、やはりかなり重さがあり、見た目も重厚感があると言うマイナスのレビューも多くありました。日常使いのカメラとしては向いていないでしょう。

 

名機だと好評のP900と比べると、操作性も含めてP1000の方が格段に良いという口コミもたくさんあります。価格は10万円ほどしますが、野鳥や月などを専門に撮影したい方にはとてもおすすめのコンパクトデジタルカメラです。気になる方はぜひ一度触って見ていただきたいです。

「ニコン coolpix p1000 デジタルカメラの評価・レビュー・製品情報・価格比較」について見る

ここまでコンパクトデジタルカメラの光学ズームについて、倍率ごとの違いやどういう撮影シーンに向いているかなどを詳しく説明してきました。技術の進歩により高倍率ズームを搭載カメラがどんどんと発売されています。

 

しかし、画素数や倍率だけを見てコンパクトデジタルカメラを選ぶと、あとからお金がかかってしまったり、自分にはオーバースペックだったりと失敗してしまいます。

 

購入前にどういうシーンでの撮影をメインに行いたいのかをしっかりと考えて、自分の使用シーンにあった画素数や倍率のコンパクトデジタルカメラを購入しましょう。

デジタルカメラ(光学ズーム :)の商品一覧(全181商品)