【2019年最新】リコーのデジカメの一覧と最新情報|特徴・評判やおすすめの選び方

ランク王のデジタルカメラの商品、商品レビュー、コラム記事が集まった一覧ページです。絞り込み条件【メーカー:リコー】

リコー

RICOH THETA Z1

価格:101,800円 (税込)

1.0型の大きなCMOSとレンズセットを2組み使用の高画質360度画像が撮れるカメラ

amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

撮影レンズとセンサー2個を使用して上下左右360度がワンショットで写せる全天球型カメラTHETAシリーズのトップモデルです。360度カメラとしては珍しい大きな1.0型裏面照射型CMOSイメージセンサーを使用しているので高感度での画質も良好です。約2300万画素相当(6720×3360 ピクセル)の高品質な静止画が撮影可能で、動画撮影ではフルHDのほか4K動画やハイスピード動画、タイムラプス動画の撮影機能も備えています。動画撮影時には回転3軸補正による強力な手ぶれ補正機能を備えています。絞り優先など多彩な撮影モードも備え、ボディには0.93型の有機EL 情報パネルやファンクションボタンを搭載し、撮影残り枚数や露出設定などの情報が事前に確認できます。静止画、動画の優れた画質にこだわる360度撮影ファンの人にはイチ押しです。

RICOH THETA Z1は2019年5月に発売された、360℃撮影ができるカメラです。THETAシリーズの中で最高画質のカメラを搭載しており、4K動画の撮影が可能になっています。撮影モードも多数搭載されているので、それぞれのシーンにあった撮影ができます。

 

高性能カメラを搭載しているのにも関わらず、重さは182gととても軽くスリムなデザインで気軽に持ち運びも便利です。スリムなボディの中には小さな表示パネルがあり、電池残量や撮影可能な枚数、撮影モードが表示されます。

 

約23万画素の静止画と4Kの動画撮影できるカメラなので、高画質に徹底的にこだわったカメラになっています。4chマイクを搭載しているので4方向から音声を記録することができ、よりリアルな動画を撮影し、配信することが可能です。

 

スマートフォンやパソコンに対応している専用アプリがあるので、動画編集やSNSへの配信もスムーズにできます。

リコーのデジカメの大きな特徴は、現在発売されている全機種に防塵・防滴機能が搭載されていることです。エントリーモデルには搭載されてないことが多い機能ですが、リコーのデジカメはエントリーモデルでも防塵・防滴機能があるのが人気の理由です。

 

元々はペンタックスという会社が販売していましたが、リコーが買収しペンタックスというブランド名が残っています。ペンタックスは1952年に日本で初めて一眼レフカメラを作った会社なので、昔からのファンが多いと言われています。

 

様々なカラーが展開されており、一眼レフカメラはもちろん、360℃カメラや小型ミラーレス一眼などカメラのバリエーションも多く展開されているのも大きな特徴です。手ぶれ補正機構も搭載されているカメラもあり、より綺麗な写真や動画を撮影することができます。

 

APS-Cセンサーに対応したレンズは24種類以上発売されていて、他のメーカーに比べると圧倒的に多くなっています。防塵・防滴機能が搭載されていて耐久性が高いのでよりアクティブに撮影したい方や、カメラーのカラーにもこだわりたい方におすすめのメーカーです。

デジタルカメラ(メーカー:リコー)の商品一覧(全32商品)