デジタルカメラのISO感度とは?特徴とおすすめの設定を紹介

室内や夜景撮影など、暗い撮影シーンで活躍するデジタルカメラのISO感度ですが、どのような仕組みで、適切な設定値はいくつなのか、知らない方も多いのではないでしょうか。本記事ではデジタルカメラのISO感度について解説します。

デジタルカメラのISO感度とは

カメラの勉強を始めた人がまずぶち当たるカメラ用語の一つがISO感度です。ISO感度とは、カメラの中に入ってきた光をどの程度までカメラ内で増幅させることができるかの指標のことです。撮影場所やカメラの設定によって、カメラの中に入ってくる光の量は異なります。絞りやシャッター速度でも調整できますが、ISO感度を調節することで、手動で光の量を調整することができます。

 

たとえば、ISO感度200の設定の時、ISO感度100の時よりも2倍の光の量が2倍になるということです。また、ISO感度200に設定して写真を撮ると、ISO感度100の時よりも光の量が半分でも同じ明るさで撮影することができます。

 

暗いシーンでの撮影ではシャッタースピードを遅くして多くの光を取り込むことでできるだけ明るい写真を撮影することがありますが、一方で手ブレによってブレた写真になってしまうことがあります。そんな時ISO感度を上げることでシャッタースピードは早い設定にし、手ブレを抑えることができます。

デジタルカメラのISO感度とノイズの関係

良い写真を撮るためのポイントはいくつかありますが、最も大切なのが「F値(絞り具合)」と「シャッタースピード」とこの「ISO感度」です。

 

ISO感度を上げることで、手振れが防止できたりシャッタースピードが上がったりとメリットも多いのですが、ノイズが入ってしまうというデメリットもあります。

撮像素子に当たった光を電気信号に変えてデータとして処理するデジタルカメラ場の場合、光への感度をあげるということは、電気信号を増幅させることとなり、その際に不必要なノイズも増幅されてしまいます。

 

このため、ISO感度をあげるとその分ノイズが増えて、ざらつきが目立ってしまいます

コンパクトデジタルカメラのF値(絞り)とは。特徴とおすすめの選び方を紹介
ジタルカメラのシャッタースピードの特徴・使い方

ISO感度を高くすることによるメリット

ISO感度の意味が分かったところで、次はそれぞれの設定のメリットデメリットをチェックしていきましょう。

まずはISO感度を上げるとどんなメリットがあるのかを解説します。

 

暗い場所でも明るく撮れる

カメラは光を集めることで写真を作り出す機械です。カメラの中にためた光が多ければ明るい写真が、少なければ暗い写真ができます。そのため、十分な量の光がないところでは、肉眼では見えているものでもカメラでは写し取れないということがあります。

 

そんな時に役に立つのがISO感度です。ISO感度は基本の設定は100ですが、そこから200、400、800と変えていくとその分光の量が2倍4倍8倍と増えていきます。

 

そのため、暗い場所で撮影しようと思ったとき、その暗さに合わせてISO感度を上げていけば、少ない光の量でも電子信号を受けてカメラが光の量を調節して明るい写真を作り出してくれます。

手ぶれを防ぐ

暗い場所や屋内で写真を撮る際、十分な量の光を集めるために絞りを大きくしたりシャッタースピードを遅くしたりする必要があり、写真がぶれてしまう恐れがあります。手を動かさないようにしっかりホールドを握ったとしてもシャッターを押した瞬間に指が動いて、必ずほんのわずかですがぶれが生じます。

 

せっかくのシャッターチャンスでも、ぶれてしまっては残念ですよね。そんな時にISO感度を上げていれば、少ない光の量でも明るい写真が撮れるため、暗い場所でも速いシャッタースピードで写真を撮ることができ、ぶれを防ぐことができます。

動いているものを静止したように撮影

ISO感度の仕組みとシャッタースピードの関係をしっかり理解すれば、動いている被写体でも静止しているかのように撮影することができます。

 

運動会やスポーツ観戦など、激しく動いている被写体をぶれずに撮影したいときはシャッタースピードを上げなければなりません。シャッタースピードを上げるとカメラに入ってくる光の量が少なくなるので、必然的に写真は暗くなってしまいます。そこで、ISO感度をあげて光の量を倍に調節することで、シャッタースピードが速くても十分な明るさを得ることができます。

 

このように、動く被写体を撮影したい場合は、まずはシャッタースピードを上げて一瞬のシャッターチャンスを逃さず切り取り、ISO感度を上げて光の量を調節することがおすすめです。

 

ノイズを活かした表現

ISO感度を上げると電子信号を受けてざらついた荒々しい画像になってしまうのが難点ですが、このノイズを、逆に楽しんでみるというのも一つの方法です。高画質で上品な写真ばかり撮影するのではなく、時にはざらついたアクロバティックな写真を撮ってみるのも面白いかもしれません。

デジタルカメラのISO感度を高くすることによるデメリット

ここまで、ISO感度を上げることにメリットを解説してきましたが、もちろんデメリットもあります。

 

初めに書いたように、ISO感度を上げることで電子信号の量も倍増されるので、実際にはないノイズが発生します。最近ではノイズを除去するシステムや裏面照射型CMOSセンサーなどが開発され、ノイズを抑制する製品が増えてきていますが、それでもノイズを完ぺきに除去できるわけではありません

 

また、ISOをあげることで、光の量を人工的に上げているので画質は当然悪くなります。スマートフォンで暗い場所を撮影したときに画質が落ちて荒い写真になるのはこのためです。

デジタルカメラのISO感度を低くすることによるメリット

ISO感度を低くして写真を撮る最大のメリットは、画質がよくなることです。

ISO感度が高いということはノイズが発生してしまう恐れがあるということなので、見たままの美しさを切り取るのは難しいです。

 

もし三脚や代などじっくりとぶれる心配もなく撮影できるシチュエーションであるならば、ISO感度は低い方がいいです。

被写体もカメラも動かず、シャッタースピードが遅くても光が集められるときは、ISO感度を最も画質のいい100に設定するといいでしょう。

ISO感度100に設定して手振れが起こる心配がなければ、夜景でも屋内でも十分明るい写真が撮れます。

シチュエーション別のISO感度の目安

ISO感度は自分で手動で設定する場合はカメラが自動で設定しくれるオートがあります。

今回は手動で設定する場合、どの数値に合わせればいいのかをシチュエーション別にご紹介します。

晴れた日の屋外:ISO感度100~200

晴れている屋外で、光をカメラに十分集められるときはISO感度は100から200がおすすめです。カメラ内で光の量を調節しなくても自然の光で撮影できる場合は、こちらの基本設定で撮影しましょう。

 

ISO感度200までであればノイズの少ないクリアで高画質の写真を撮影することができます。

 

曇りの屋外、晴れの屋内:ISO感度400~800

曇りの屋内外や晴れの日の屋内など、自然の光を十分集められないときはISO感度400~800がおすすめです。カメラの手振れをおさえるためにシャッタースピードを上げた方がいいので、その分光の量をISO感度を上げることで倍増させましょう。

 

しかし、この辺りからノイズが発生しやすくなってきます。このため、できるだけブレを減らすために三脚を使ったり、動きの少ない被写体であれば少しISO感度を下げて撮影するなどの調整が必要です。また、撮影角度によっては光を多く取り入れられる場合もあるので、この点からも工夫すると良いかもしれません。

夜の照明のある室内:ISO感度800~1600

夜の室内で、蛍光灯などの光がある場合はISO感度は800から1600に設定しましょう。より多くの光を集められるように絞りも開いて、シャッタースピードも速くする必要があります。そのため、手振れを防ぐためにISO感度を上げてカメラ内で明るさを調節します。

 

もちろんこの辺りまでISO感度を上げるとノイズが入ってしまいますが、ディスプレイ上で見比べる分にはほとんど気になりません。複数枚撮影して、一番ノイズの気にならないものを利用するというのもよいでしょう。

薄暗い屋内:ISO感度1600~3200

ライブハウスやパーティー会場など薄暗い屋内で撮影する際は、ISO感度を1600から3200に設定しましょう。

 

また、星空やホタルなど夜に光るものを撮影する場合は、F値を開放しシャッタースピードを15秒から30秒ほどに設定します。その際、十分な光を確保するためにISO感度を1600から3200まで上げなければなりません

 

夜景:ISO感度3200~

光が極端に少ない夜景や屋内でのスポーツの撮影はかなり難易度の高い撮影になります。

 

動きの激し被写体であるスポーツ選手を撮影するためにはシャッタースピードを1/500秒まで速くしなければなりません。そのため、写真撮影に必要な量の光を確保するために、ISO感度は3200以上まで上げる必要があります。

まとめー初心者はまずはオートで撮影を

ここまでシチュエーション別に適したISO感度の基準を説明してきましたが、これらはあくまで目安であり、すべてのシーンでこの基準がぴったり適用されるわけではありません。晴れた日の屋外でも木陰に入れば光の量は減りますし、明るい蛍光灯の下であれば屋内でも十分な光が集められることもあります。

 

このため、初心者はまずはISO感度の調整をカメラのオート設定にするのがおすすめです。撮影の度にどのくらいのISO感度が設定されているのかをチェックすることで次第に適当なISO感度の数値が分かるようになっていきます。

デジタルカメラ(ISO感度)の商品一覧(全297商品)