デジタルカメラのF値(絞り)とは|特徴とおすすめの選び方を紹介

デジタルカメラでもF値が調整できることを知っていますか?F値(絞り値)は一眼レフに限らずデジタルカメラにおいても、非常に重要な要素なんです。この記事では、そんなF値について分かりやすく説明していきます。F値を適切に設定してデジタルカメラの性能を最大限に引き出してみませんか。

おすすめの記事

▶︎【2020年完全版】デジカメの最強おすすめ特集【14選】選び方と最新情報を紹介 ▶︎【2020年最新】デジカメの選び方を分かり易く解説【コレさえ読めば失敗・後悔しない】

「F 値」= 「カメラに取り込む光の量」

F値について理解するためには、まず絞りについて知っていなくてはなりません。絞りとは、レンズから入る光の量を調節している部分のことを指します。レンズの中にあり、穴の大きさを変えることで取り込む光の量を調節しています。

 

 

上記で説明した絞りの大きさの違いからくる、カメラに取り込む光の量を数値化したものをF値と言います。F値を大きくすると絞りが絞られてレンズを通る光の量が少なくなります。逆に、F値を小さくすると絞りが開くためレンズを通る光の量が多くなります。

 

 

それぞれのメリットやデメリット、どんな写真が撮れるかは後述していますので、ぜひ読んでみてくださいね。

前述した通り、F値はレンズ内を通過する光の量を表しています。レンズ内が絞られている状態の時は「F値は大きい」という表現をし、逆に絞られていない状態では「F値は小さい」という表現をします。それではF値が大きい場合、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

F値が大きいときのメリット

F値が大きいことによるメリットは主に以下のようなことが挙げられます。

 

 ・被写界深度が深くなる(ピントの合う範囲が広くなる)

 ・画像のシャープ感、解像感が増す

 ・画像の周辺減光などが発生しづらい

 

これらを順に解説していきます。

被写界深度(ピントの合う奥行きの範囲)

被写界深度が浅いとピントの合う範囲が狭くなるため、被写体にしっかりピントを合わせておかなければピンボケした写真になってしまいます。

 

F値が大きいと被写界深度が深くなるため、ピントの合う範囲が広がります。風景写真のように全体的にピントの合っている写真を撮りたい場合はF値を大きくするときれいに撮影できますよ。

画像のシャープ感、解像感が増す

レンズの特徴として、より中心を光が通過した方が画質は向上します。つまり、同じ被写体にピントを合わせた場合、F値が大きい方が鮮明な写真になると言えますね。鮮明な写真ならトリミングした場合も写真の粗さが目立ちにくくなりますよ。

 

月などを撮影する際はトリミングをおこない月を大きく写すことが多いため、F値は大きい方が良いとされています。

画像の周辺減光などが発生しづらい

F2.8などのF値の小さい状態で撮影をおこなうと写真の4隅の光量が減ってしまいます。そうすると、写真の隅が中央と比べ暗くなってしまう現象が起きることがあります。この現象を「周辺減光」といいます。

 

F値を大きくすることで周辺減光を防ぎ、写真の明るさをムラなく均等にしてくれる効果があります。

F値が大きいときのデメリット

F値を大きくすることで発生するデメリットは以下のようなことが挙げられます。

 

・暗いところでの写真撮影に不向き

・レンズに付着しているごみが目立ちやすくなる

・ボケを生かした写真が撮れなくなる

 

これらを順に解説していきます。

暗いところでの写真撮影に不向き

F値を絞るということは当然カメラのレンズに侵入する光量は減少します。つまり、もともと光量の少ない暗い場所での撮影には不向きと言えるでしょう。

 

F値をあげるとより多くの光を取り込むことができますよね。これらのことから、暗所の撮影ではF値を小さくする必要があるのです具体的な値としては、1.4-2.8に設定すると良いでしょう。

レンズに付着しているゴミが目立ちやすくなる

レンズが取り込む光量が減る分、レンズに付着したホコリなどは目立ちやすくなります。特に夜景の撮影では、ホコリによるぼやけが目立ちやすくなるため注意が必要です。写真を現像したら画像にホコリによるぼやけがあった、なんてことになってはせっかくの絶景も台無しですよね。

 

このことから、F値を上げて写真を撮りたい場合には定期的にレンズの掃除をする必要があると言えます。

ボケを生かした写真が撮れなくなる

いわゆる写真の「ボケ」はレンズに侵入してくる余分な光が描き出す背景です。つまり、F値を上げて光量を絞ると「ボケ」が生じにくくなるのです。

 

ということは、背景をぼかした写真などを撮りたいときには絞りを緩めてF値を下げる必要があるということですね。

F値はどこに記載されているか

F値が記載されている場所はカメラの種類によって異なります。一般に、一眼レフもコンデジもカメラのレンズに書かれていることが多いです。自分のカメラのF値が気になる場合はぜひ、カメラのレンズを見てみてください。

F値の読み取り方

レンズには一般に「W2-T4」のように書かれています。これはどいう意味なのでしょうか。

 

まずは、アルファベットのWとTについてです。Wがレンズの広角側(ワイド側)、Tが望遠側(テレ側)を表しています。今回の例の場合、広角側のF値が2.0、望遠側のF値が4.0となります。つまり「W2-T4」のF値は2.0~4.0の間で変化するということになるのです。

 

また注意しなければいけないことが、20-80mmのレンズで、F値が2.0-4.0という場合は20mmの時は2.0で使用できますが、80mmの時は4.0からしか使用できません。 80mmでいきなり4.0になるわけでなく段階的に暗くなっていきます。 20-40mmまでが2.0で、40-60mmまでが3.0で、60-80mmが4.0という感じになります。

コンパクトデジタルカメラも、一眼レフやミラーレス一眼と同様にF値の設定を行うことができます。そのため、それぞれの撮影シーンに合わせて最適なF値を設定することが綺麗な写真を撮影するうえで非常に大事なポイントとなります。

F値1.4~2.8

一般的なレンズの中で一番明るいF値は「F1.4-2.8」周辺になります。このレンズを使用すると暗所での撮影においても明るく写すことができます。そのため、手持ち撮影でもナイトスナップなどを楽しめるのが大きな特徴と言えるでしょう。

 

また、F1.4となると被写界深度は非常に浅くなります。これにより被写体の後ろの背景をボカしたり、あえて手前にボケを作るなどして、被写体をより強調させた写真を撮影することができます。ですので、暗所での撮影や、背景をぼかす撮影には特におすすめと言えます。

F4~5.6

F値4~5.6はバランスのとれた値です。ボケとシャープさが程よく調和した写真を撮ることができます。

 

 

また、カメラに入る光量もそれなりに多いため、カメラを持って撮影する場合にもブレることが少ないです。そのため結婚式等の大事な場面や日常のひと幕を切り取りたい場合など、シャッターチャンスを探すことに集中したいときにおすすめです。

F8~14

一般的に最もレンズの性能を引き出すことができる値がF8です。そのため、解像度を最大限に活かしたい場合はF8~14に設定すると良いでしょう。また、F7以下に比べシャープ感があるため風景写真を撮るのに向いています。

 

しかし、カメラに取り込む光量が少なくなるため手ブレが起きやすいというデメリットがあります。ですから、風景写真を撮る場合には三脚があった方が良いということになりますね。

F14~22

F値を目一杯大きくした設定ですね。F14以上の設定で撮影を行うと「光の回析現象」により画像の解像感などが失われてしまいシャープな画像とはなりません。そのため、F14以上に設定するのは特別な意図があるときに限られます。

 

 

光の軌跡や水の流れを表現する「スローシャッター」という技法を使用するときや、手前から奥までピントの合った写真が撮りたいとき、太陽などの光をハッキリと撮りたいときに使われます。しかし、カメラに取り込む光量がとても少ないため撮影時、三脚が必須です。

 

F値を自分で選べるようになれば一人前

F値はカメラに入る光の量のコントロールだけでなく、写真のボケ具合もコントロールできます。写真の表現において、ボケ具合は本当に大切です。

 

絞りを開け、F値を小さくしたボケの大きい写真は柔らかい印象を与えます。一方で、絞りを閉めてF値を大きくしたボケの小さい写真は、かっちりとした印象を与えます。花の写真や人間を撮るときは背景をぼかしたいことが多く、

 

山や海をとる風景写真は画面全体にピントを合わせたいと言う人が多いと思います。自分が一体どんな写真をとりたいのかしっかり考えてF値(絞り)を選べるようになったら一人前ですね。

コンパクトデジタルカメラの中でも搭載されているイメージセンサーやレンズの開放F値など様々な要素に違いはあります。その中でも搭載されているレンズのF値というのは非常に重要な要素であり、購入する際は必ずここを確認しておきたいところです。

 

開放F値が小さければ明るく写真を写すことができ、ボケを活かした写真を撮影することも可能です。なるべくボケの効いた写真を撮影したいのであれば開放F値が小さいコンパクトデジタルカメラを選んだ方が良いといえます。しかし、その分価額が高くなってしまうため注意が必要です。

F値:低

キヤノン

Canon デジタルカメラ PowerShot G7 X MarkII 光学4.2倍ズーム 1.0型センサー PSG7X MarkII

価格:54,680円 (税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

取扱説明書はこちら

 

スペック詳細はこちら

 

数あるコンパクトデジタルカメラの中でも、F1.8という明るいレンズを搭載しているのがPowerShot G7 X Mark IIです。これにより背景をボカした写真や夜景などの暗所での撮影シーンにおいても手ブレを気にすることなく撮影することができます。

 

搭載されているイメージセンサーはコンパクトデジタルカメラの中でも大型となる1型センサーを搭載し、画像処理エンジンもDIGIC7を搭載、そして有効画素数も2010万画素と一眼レフカメラなどのエントリーモデルに匹敵するような高画素を実現しています。 

 

 

撮像素子 1型 F値 1.8-2.8
有効画素数 2010万画素 光学ズーム 4.2 倍
焦点距離 24-100 mm 撮影感度 ISO 125~12800
手ぶれ補正 5軸手ブレ補正機能 AF(オートフォーカス) TTLオートフォーカス
連写速度 8コマ/秒 動画 フルハイビジョン動画
サイズ 10.5 x 4.2 x 6.1 cm 重量 318 g
その他機能

F値:中

オリンパス

OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-6 レッド

価格:48,978円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

取扱説明書はこちら

 

スペック詳細はこちら

 

オリンパスのコンパクトデジタルカメラの人気のシリーズがToughシリーズです。過酷な状況下での使用を想定し開発されている Toughシリーズはボディにおける防水性能や防塵性能耐衝撃性能や耐低温性能など様々な性能が非常に高く、スポーツシーンやアウトドアなどでの撮影シーンにおいて非常に大活躍します。

 

その中でもOLYMPUS Tough TG-6はタフシリーズでありながら開放F値2.0を実現し、ボディの堅牢性だけでなく、撮影性能にも定評があるコンパクトデジタルカメラとなっています。 

メーカー OLYMPUS 商品名 Tough TG-6
撮像素子 1/2.33型CMOS (裏面照射型) F値 F2~F4.9
有効画素数 1200万画素 光学ズーム 4倍
焦点距離 25mm~100mm 撮影感度 通常:ISO100~12800
手ぶれ補正 CMOSシフト方式 AF(オートフォーカス) イメージャAF
連写速度 約20コマ / 秒 動画 4K(3840x2160)、MOV(MPEG-4AVC/H.264)/ステレオリニアPCM
サイズ 113x66x32.4 mm 重量 253g
その他機能 防水/防塵/耐衝撃/耐低温/顔検出/パノラマ
この商品の評価・レビュー・製品情報・価格比較を見る

F値:高

Nikon

価格:108,700円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

取扱説明書はこちら

 

スペック詳細はこちら

 

光学性ズームが125倍、デジタル倍率も加えるとなんと250倍の倍率を実現した超高性能カメラです。明るい箇所での撮影はもちろん、高いF値を生かして風景画や暗所での撮影には最適のカメラです。

 

ただ、性能が良い代わりに値段が高く、重量も1400g以上あります。デジカメにしては重く、カメラを普段持たない方の長時間の使用には不向きと言えます。そのため、今のカメラでは満足できないという中級者〜上級者向けと言えるでしょう。

撮像素子 1/2.3型 F値 2.8-8.0
有効画素数 16055万 光学ズーム 125倍
焦点距離 24-3000 mm 撮影感度 ISO 100~6400
手ぶれ補正 有り AF(オートフォーカス) 有り
連写速度 7コマ/秒 動画 4KUHD動画
サイズ 18.1 x 14.6 x 11.9 cm 重量 1.42 Kg
その他機能 顔認識機能、月、鳥モード搭載、タイムラプス動画

F値が高いカメラは基本的に10万円を超えてきます。安くF値が高いカメラで写真を撮りたい場合はレンズのみを買ってお持ちのカメラに装着するのがおすすめです。

カメラで写真を撮るうえで、「F値」「シャッタースピード」「ISO感度」の3つは非常に大事な要素となっています。その重要さから「カメラの3大要素」とも言われているほど。この記事ではその中のF値について紹介してきました。

 

一眼レフと同様にF値を変更することのできるデジタルカメラもあります。ぜひ、ご自身でF

値を設定し素敵な写真を撮ってみてください。

 

 

デジタルカメラ(F値 )の商品一覧(全297商品)