【2020年最新】Bluetooth搭載のデジタルカメラのおすすめと選び方

スマホやSNSで写真を見る機会が増えた近年、デジタルカメラで撮った写真をスマホに転送するBluetooth機能が人気を集めています。Bluetoothは安いモデルから防水タイプのものまで様々な機種に搭載されています。そんなBluetooth搭載のデジタルカメラのおすすめと選び方について紹介します。

おすすめの記事

▶︎【2020年完全版】デジカメの最強おすすめ特集【14選】選び方と最新情報を紹介 ▶︎【2020年最新】デジカメの選び方を分かり易く解説【コレさえ読めば失敗・後悔しない】

Bluetoothとは、近距離無線通信のことでパソコンやデジタルカメラの機器などを無線で接続することで、写真や動画をやり取りすることができます。

 

便利なのは、配線のわずらわしさから解放されることです。Bluetoothは、デジタル機器や リモコンなどにも使われている赤外線と同じ無線通信ですが、Bluetoothの場合は10m以内であれば多少の障害物があっても通信が出来ます。

 

国際標準規格なので対応機器であれば、ほぼ各国のメーカーでやり取りができます。今回は、Bluetooth搭載のデジタルカメラを紹介しますので、Bluetoothを使ってみたいという方はぜひ参考にしてみてください。

Bluetooth搭載のデジタルカメラのメリットは、撮影した写真をスマホやパソコンに手軽に転送できるという点です。撮った写真をその場でスマホに送り友達と共有したり、SNSにアップロードしたりすることができます。

 

またBluetoothとよく比較されるのがWiFi搭載のデジタルカメラです。BluetoothはWiFiよりも低消費電力で通信ができます。また一度接続すると自動でカメラからスマホに画像が転送されたり、スマホからカメラを操作できるなどのメリットがあります。

Wi-Fiや赤外通信とかBluetoothとか色々な無線システムが有ります。その中でもBluetoothを基本としてそれぞれの違いについて紹介しますので選ぶさいの参考にして下さい。

Wi-Fi対応デジタルカメラを検討してみる

写真や動画をスマホやパソコン等に転送できるのが、Wi-Fi対応デジタルカメラです。SDカードやUSBケーブルを使用する必要がないので手間も時間もかかりません。TwitterやInstagramなどに写真を投稿することが多い方ならWi-Fi対応デジタルカメラであれば、出先からでも、手早く簡単にデバイスに写真を送ることが出来ます。

 

スマホに連携をすればシャッターとして使用できるリモートシャッターも、Wi-Fi対応デジタルカメラの便利な機能です。自撮りをされるときに、自分のタイミングでシャッターが切れるので、セルフタイマーを使うよりも使い勝手がよいです。

 

シャッターを使用する以外に、シャッタースピードや絞りとかISO感度など各種設定をできる製品も有ります。

Bluetoothと赤外線通信を比較する

赤外線通信の規格である「IrDA」は、Bluetoothと同じく無線を利用して通信を行います。

 

赤外線通信の通信可能距は最大1m程度ですが、Bluetoothは機器間の距離が10m以内であれば、壁があっても通信が出来ます。

 

赤外線通信に比べて、Bluetoothは、音楽などの大容量のデータも送受信することができ、消費電力が低いのも特徴のひとつです。

Bluetooth搭載のカメラは、画像をパソコンやスマホなどに手軽に送信ができます。カメラの種類にもよりますが、スマホ画面を見ながら遠隔操作で撮影できる製品もあります。

Wi-Fiに比べ低消費電力で通信ができて、一度ペアリングすればスマホ側で操作をするだけでカメラへの接続ができます。

光学ズーム機能搭載で選ぶ

光学ズームは、カメラ本体に搭載されているズーム機能のことで、被写体を近づけるように撮影します。

 

そこで、ズームの機能性は選ぶときのポイントともいえるでしょう。

 

ズーム倍率には電子ズームと光学ズームの2種類があり、電子ズームは、倍率をアップしていくと画質が劣化する特徴があります。

撮影した写真を切り取り拡大する仕組みなので、どうしても荒い画質の写真に仕上がってしまいます。

それに比べて、光学ズームは望遠鏡のような要領でレンズを動かすことでピントを調整してズームするので、倍率を大きくしても画質が劣化することがないので鮮明な画質の状態を維持できます。

デジカメを選ぶときには、光学ズームのスペック表を確認して選ぶようにしましょう。

防水性能で選ぶ

防水は、性能を示す等級として「IP+数字2つ」で表字されているIPコードがあります。IPコードについてですが、数字の1つ目は防塵性、2つ目は防水性を示してあり、数字が大きい製品ほど高い防塵性や防水性を備えた製品ということです。

 

防水性を示すコードとして「IPX+数字」が表字される製品もあります。IPX7と表示の場合は、水深1mの水槽に30分間浸けていても、機器に浸水がないことが規格の条件となっています。

 

できるだけ防水性能が高い製品を探している方は、IPXやIPの右側にある数字が大きい製品を選びましょう。

 

急激な温度変化で結露により、カメラ内部にカビが発生することがあるので注意が必要です。 アウトドアシーンでの使用がよくある方は、もしものトラブルを考えて、防水性のあるデジタルカメラを選ぶと良いでしょう。

レンズの明るさで選ぶ

レンズの明るさをF値と表記していて、望遠鏡やカメラなどに使用されている国際規格の単位になります。

 

F値の数字が小さいほど高性能なレンズだといえます。仮に、F2.4レンズとF2.0レンズを比較してみた場合は、F2.0レンズのほうが高性能だということになります。

 

F値の値により、どれだけの光を透過するのかという点で変わってきます、高性能なレンズだと、夜間や逆光での撮影を躊躇なく行うことができたり、背景をぼかして神秘的な写真を撮影したりもできます。

手ぶれ補正機能搭載を選ぶ

思い出の写真も手ぶれによりピントがずれてしまっては残念なことになってしまいます、そんなことにならないように手ぶれ補正の機能は確認しておきましょう。

 

コンパクトデジカメではレンズの交換が不可能なため、ズームで撮影することも多いとおもいます。ズーム倍率を上げれば、手ぶれによる撮影失敗の可能性が高くなってしまいます。手ぶれによる失敗を無くすためにも手ぶれ補正機能付きのカメラを選ぶと良いでしょう。

 

できれば前後左右のぶれを調整してくれる光学式の手ぶれ補正機能がある製品を選ぶことをおすすめします。また、キャノンの5軸補正やソニーのジャイロセンサーなど、カメラ本体に高性能な手ぶれ補正がついた機種を選ぶとなお良いかもしれません。この機能は最新機種であっても、廉価なデジカメですと弱い手振れ補正しか搭載されていないことがありますので、しっかりと吟味する必要があります。

オートフォーカス機能で選ぶ

動画撮影にも静止画撮影と同じように、被写体へのピント合わせが必要です。これがうまくいかないと、せっかく動画を撮影しても顔にピントがあっていない、ということが起こってしまいます。それゆえ、オートフォーカス機能を持っているかどうかも、カメラを選ぶ際には重要なポイントです。オートフォーカス機能とは自動で被写体にピントを合わせてくれる機能のことを言います。

 

上記に加え、動画撮影時の追尾オートフォーカスと顔認識があれば、カメラを構えて撮影するだけで、自動的に顔に対してピント合わせで撮影してくれますのでとても綺麗に映ります。一度に何人もオートフォーカスが効くがどうかも重要なポイントです。また子供の撮影など、動きの激しいものを写す場合は、オートフォーカスの速度も大切になってきますね。

 

このようにオートフォーカスの機能の有無は簡単に撮影したいのであれば機種を選ぶ際に重視しなければならないポイントと言えるでしょう。

Nikon

coolpix p1000

価格:101,920円 (税込)

12000mm相当の超々望遠撮影も可能

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

 
最大倍率125倍の光学ズームをCOOLPIX P1000は搭載しています。コンパクトデジタルカメラの中でもトップクラスの性能で、ズーム時にかかるノイズも低減されているため、鮮鋭な写真を撮影することができます。
 

本機種は動画サイズが3840x2160と、高画質な4K撮影が可能です。またステレオ音声での収録も可能なため、ビデオカメラとしても高い性能を持っています。暗所性能にも長けているので、様々なシーンでの撮影が可能です。

メーカー名 Nikon 商品名 coolpix p1000
撮像素子 1/2.3型原色CMOS 開放F値 f/2.8-8
有効画素数 1605万画素 ズーム 光学125倍
焦点距離 4.3-539mm(35mm判換算24-3000mm相当の撮影画角) 手ぶれ補正 レンズシフト方式(静止画) レンズシフト方式と電子式の併用(動画)
AF コントラスト検出方式 連写機能 単写、連写H[約7コマ/秒で約7コマ]、連写L[約1コマ/秒で約200コマ]、先取り撮影、高速連写120fps(約120コマ/秒で60コマ連続撮影)、高速連写60fps(約60コマ/秒で60コマ連続撮影)、インターバル撮影
動画撮影 2160/30p(4K UHD)、2160/25p(4K UHD)、1080/30p、1080/25p、1080/60p、1080/50p、720/30p、720/25p、720/60p、720/50p、HS 480/4 倍、HS 720/2 倍、HS 1080/0.5 倍 サイズ 約146.3×118.8×181.3mm
重量 約1415g
この商品の評価・レビュー・製品情報・価格比較を見る
リコー

RICOH THETA Z1

価格:107,882円 (税込)

1.0型の大きなCMOSとレンズセットを2組み使用の高画質360度画像が撮れるカメラ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

360度撮影可能なカメラでありながら1.0型裏面照射型CMOSイメージセンサーを搭載しているため、高感度時の撮影の際にも高画質で撮ることができます。

 

撮影モードも非常に多彩で2300万画素に相当する静止画撮影だけでなく、フルHDから4Kやハイスピード撮影にも対応しており動画撮影時には回転三軸補正という強力な手振れ補正を利用することができます。

メーカー名 RICOH 商品名 RICOH THETA Z1
撮像素子 1型CMOSx2 (裏面照射型) F値 F2,1
画素数 2000万画素(有効画素)x2 光学ズーム
焦点距離 40cm 撮影感度 通常:ISO80~6400
AF(オートフォーカス) 連写速度 1/8~1/25000 秒
サイズ 48x132.5x29.7 mm 重量 182g
動画 4K対応・3840x1920 その他機能 360度カメラ・Wi-Fi・Bluetooth
この商品の評価・レビュー・製品情報・価格比較を見る
Nikon

Nikon デジタルカメラ COOLPIX W150 防水 W150WH クールピクス ホワイト

価格:18,980円 (税込)

子どもやカメラ初心の女性など誰でもが使いこなせる家庭に一台のコンパクト

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

30㎜の広角域から90㎜の中望遠まで対応した低価格なコンパクトデジタルカメラです。子供が使うことを想定されており、操作メニューにひらがな表記があるほか簡単なカメラ操作で撮影することができるモードを搭載するなど、子供だけでなくカメラ初心者にも優しい一台です。

 

専用アプリケーションと同期させることでカメラで撮影した写真や動画を簡単にSNSに載せることができます。

メーカー ニコン(Nikon) 商品名 COOLPIX W150
撮像素子 1/3.1型原色CMOS F値 f/3.3-5.9
画素数 1417万画素(総画素数)、1317万画素(有効画素数) 光学ズーム 3倍
焦点距離 4.1-12.3mm 撮影感度 通常ISO 125-1600
手ぶれ補正 電子式(動画)、ブレ軽減(静止画) AF(オートフォーカス) コントラスト検出方式
連写速度 1/2000-1秒 動画 1920×1080(約30fps)、640×480(約30fps・約15fps)
サイズ 約109.5×67.0×38.0mm(幅×高さ×奥行き)※突起物除く 重量 約177g(電池、メモリーカード含む)
その他機能 Wi-Fi、Bluetooth対応
この商品の評価・レビュー・製品情報・価格比較を見る
ライカ

ライカ Q2

価格:665,000円 (税込)

防塵防滴の仕様でズミルックス28mmF1.7レンズを内蔵したライカの高級コンパクトカメラ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2015年発売に発売されたLEICA Qを大幅に改良し機能を拡張させたライカのコンパクトデジカメのフラッグシップ機です。

 

4700万画素のフルサイズセンサーを搭載し、F値1.7の高性能単焦点レンズを内蔵した文句なしの文句なしの性能に加え、旧型からの変更点として防塵防水加工や4Kでの動画撮影、Bluetooth接続など、コンパクトデジカメとは思えない機能を多数持ち合わせています。

メーカー ライカ(LEICA) 商品名 LEICA Q2
撮像素子 36mm×24mm(フルサイズCMOSセンサー) F値 F1.7~F16(1/3EVステップ)
有効画素数 4730万画素 光学ズーム
焦点距離 28mm 撮影感度 通常:ISO50~50000
手ぶれ補正 光学式(静止画および動画) AF(オートフォーカス) 自動追尾機能
連写速度 メカシャッター10コマ/秒 電子シャッター20コマ/秒 動画 4K:30fps、24 fps C4K:24fps フルHDなど
サイズ  130×80×91.9mm 重量 718g
その他機能 Wi-Fi、Bluetooth対応
この商品の評価・レビュー・製品情報・価格比較を見る
パナソニック(Panasonic)

パナソニック コンパクトデジタルカメラ ルミックス TX2 光学15倍 ブラック DC-TX2-K

価格:65,980円 (税込)

24mm~360mm相当のライカDCズームレンズを内蔵した高級コンパクトカメラ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2000万画素の光学15倍のライカDCレンズを採用したコンパクトデジタルカメラです。ズームレンズが非常に高性能でフルサイズ換算で24mm相当の広角から望遠360mm相当まで幅広く対応しています。

 

専用のアプリケーションと連動させることでスマートフォンからシャッターを切ったり、カバンにしまった状態でスマートフォンから撮った写真を確認することができます。

メーカー パナソニック(Panasonic) 商品名 コンパクトカメラ DC-TX2
撮影素子 1.0型 高感度MOS センサー F値 F3.3~F6.4
有効画素数 2010万画素 光学ズーム 15 倍
焦点距離 24mm~360mm 撮影感度 通常:ISO125~12800 拡張:ISO80、100、25600
手ぶれ補正 光学式 AF(オートフォーカス) 映像検出によるTTL方式
連写速度 10コマ/秒 動画 3840x2160(4K)
サイズ 幅 約111.2mm x 高さ 約66.4mm x 奥行 約45.2mm 重量 約340g(本体、バッテリー、メモリーカード含む) 約298g(本体)
その他機能 Wi-Fi対応、Bluetooth対応
この商品の評価・レビュー・製品情報・価格比較を見る
キヤノン

PowerShot SX740HS

価格:31,380円 (税込)

960mm相当の超望遠撮影が可能な薄型コンパクトカメラ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

PowerShot SX740HSは、広角24mmから望遠960mm相当の高性能な光学40倍ズームレンズが採用されており、鮮明な写真を撮影することが可能となっています。また、プログレッシブファインズームを使用することで、綺麗な解像度を保ったまま約80倍まで撮影することができます。

 

また、被写体を追従するサーボAF使用時には最高約7.4コマ/秒の連続撮影が可能となっており、さらに、ワンショットAF時には最高約10.0コマ/秒の超高速連写を実現。被写体の動きを捉え、決定的なシャッタチャンスを逃しません。

メーカー Canon(キャノン) 商品名 PowerShot SX740 HS
撮像素子 v 1/2.3型高感度CMOS(裏面照射型) F値 F3.3(W)-F6.9(T)
有効画素数 約2,030万画素 光学ズーム 40倍
焦点距離 4.3(W)-172.0mm(T) 撮影感度 オート、ISO100-3200
手ぶれ補正 マルチシーンIS 補正効果(静止画IS時):3.5段(350mm) AF(オートフォーカス) TTLオートフォーカス
連写速度 通常:約10.0枚/秒 動画 4K:3840×2160(30fps:約120Mbps) フルハイビジョン:1920×1080(60fps:約60Mbps/30fps:約30Mbps) ハイビジョン:1280×720(60fps:約26Mbps)
サイズ 110.1 × 63.8 × 39.9mm 重量 約299g(バッテリーおよびメモリーカード含む)
その他機能 Wi-Fi、Bluetooth対応
この商品の評価・レビュー・製品情報・価格比較を見る
富士フイルム

FUJIFILM 防水カメラ XP130 スカイブルー FX-XP130SB

価格:16,300円 (税込)

防水耐衝撃などタフネスカメラなのに優れた高速連写機能も備えている"変わり者"機種

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

画素数は約1630万画素でフル判換算28mm相当から140mm相当の画角をもつ、防水性能と耐衝撃性能を兼ね備えた非常にタフな作りのデジタルカメラです。Bluetoothでスマートフォンと接続することで自動的にスマートフォンに写真を送信できるだけでなく、位置情報も取得することができる優れものです。

 

機能も盛りだくさんで、防水防塵耐衝撃性だけでなく連写機能をはじめとした通常の撮影以外のモードも充実したまさに"変わり者"といえるカメラです。

メーカー 富士フイルム(FUJIFILM) 商品名 XP130(ホワイト・イエロー・スカイブルー)
撮像素子 1/2.3型CMOS (裏面照射型) F値 F3.9~F4.9
有効画素数 1,640万画素 光学ズーム 5倍
焦点距離 28mm~140mm 撮影感度 通常:ISO100~6400
手ぶれ補正 CMOSシフト方式 AF(オートフォーカス) コントラスト式
連写速度 10コマ/秒 動画 1920x1080(フルHD)
サイズ 109.6x71x27.8 mm 重量 207.4g
耐水深 20m IPX8 防塵性能 IP6X
その他機能 顔認識、タイムラプス、Wi-Fi対応、Bluetooth対応、AF自動追尾機能
この商品の評価・レビュー・製品情報・価格比較を見る
CASIO(カシオ)

ex-zr1800

価格:14,000円 (税込)

ドラマチックスロー機能など多機能カメラ

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スポーツシーンや子どもが遊ぶ様子など映像で記録しておきたい決定的な瞬間を自動的にドラマチックな演出をしてくれるドラマチックスロー機能、撮影した静止画や動画から1本のムービーを自動作成してくれるハイライトムービー機能など愉しい撮影モードを備えています。

メーカー カシオ 商品名 ex-zr1800
撮像素子 1/2.3型CMOS(裏面照射型) F値 F3.5
画素数 1610万画素 光学ズーム 光学ズーム18倍、プレミアムズーム併用時36倍、デジタルズーム4倍、HDズーム/デジタルズーム併用時最大161.6倍(3Mサイズ)
焦点距離 25㎜~450㎜ 撮影感度 静止画:オート/ ISO80/ ISO100/ ISO200/ ISO400/ ISO800/ ISO1600/ ISO3200 静止画(HSナイトショット):最大ISO25600 動画:オート
AF(オートフォーカス) フォーカス方式:コントラスト検出方式オートフォーカス AF補助光付き フォーカスモード:オートフォーカス、マクロ、マニュアルフォーカス AFエリア:インテリジェント、スポット、マルチ、追尾 連写速度 30枚/秒、15枚/秒、10枚/秒、5枚/秒、3枚/秒(最大画像サイズ4608x3456)
サイズ 108.3×61.5×33.6mm 重量 約242g
動画 FHD30fps その他機能 Wi-Fi・Bluetooth
この商品の評価・レビュー・製品情報・価格比較を見る
Nikon

Nikon デジタルカメラ COOLPIX A1000 BK 光学35倍 ISO6400 アイセンサー付EVF クールピクス ブラック A1000BK

価格:39,700円 (税込)

多彩な撮影機能や機構を備えた24~840mm相当の光学35倍ズーム内蔵の高級カメラ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2019年に発売された高級モデルで、最新の撮影機能が多数搭載されています。約1600万画素の裏面照射型CMOSセンサーを採用し、最大ISO6400まで設定できます。24mm相当の広角から840mm相当の超望遠までを光学式35倍ズームレンズでカバーして、さらにデジタルズームを使えば最大360mm相当の超望遠撮影も可能です。

 

ニコン独自のレンズシフト方式手振れ補正レンズを採用しているため手振れの心配はいりません。また、自動連写合成技術でブレやノイズを低減し、暗いところもくっきりと鮮明な見た目になるように合成してくれます。

メーカー Nikon 商品名 COOLPIX A1000
撮像素子 1/2.3型原色CMOS F値 f/3.4-6.9
有効画素数 1604万画素 光学ズーム 35倍
焦点距離 24-840mm 撮影感度 ISO6400
手ぶれ補正 レンズシフト方式 AF(オートフォーカス) コントラスト検出方式
連写速度 約10コマ/秒 動画 4K(UHD 30p)
サイズ 114.2×71.7×40.5 重量 約330g
その他機能 Wi-Fi Bluetooth対応
この商品の評価・レビュー・製品情報・価格比較を見る
富士フイルム

富士フイルム デジタルカメラ XF10 ブラック XF10-B

価格:34,000円 (税込)

小型薄型のボディにAPS-C判センサーと描写性能に優れた単焦点レンズを内蔵

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ボディがコンパクトながら一眼レフにも採用されるAPS-Cサイズのセンサーを搭載したハイスペックモデルです。画素数は約2400万画素で、ISO感度は最高ISO51200まで対応しています。

 

Instagramで流行りの1:1の撮影範囲も選択することができ、Bluetoothでスマートフォンと連動させることでリモート撮影や写真の自動送信などが可能です。

メーカー 富士フイルム(FUJIFILM) 商品名 XF10
撮像素子 23.5mm×15.7mm(APS-Cサイズ) 正方画素CMOS F値 F2.8
有効画素数 2424万画素 光学ズーム
焦点距離 28mm 撮影感度 通常:ISO200~12800 拡張:ISO100、25600、51200
手ぶれ補正 AF(オートフォーカス) インテリジェントハイブリットAF
連写速度 6コマ/秒 動画 3840x2160(4K)、15fps
サイズ 112.5x64.4x41 mm 重量 241.2g
その他機能 Wi-Fi対応、Bluetooth対応、タッチパネル、顔認証
この商品の評価・レビュー・製品情報・価格比較を見る

Bluetooth搭載デジタルカメラについて、アウトドアで使用される方や普段使いの方を考慮して紹介させて頂きましたがいかがでしょうか。

 

Bluetooth搭載機器は衝撃や水分にも弱いというデメリットも有りますが、データ送受信はWi-Fi使用に比べて省電力で使えるメリットが有ります。

 

Bluetooth搭載機器は、配線の煩わしさからも解放されて簡単に接続も出来ることです。

デジタルカメラ(Bluetooth対応(常時接続))の商品一覧(全297商品)