【2020年最新】Bluetooth搭載のデジタルカメラのおすすめ10選と選び方

スマホやSNSで写真を見る機会が増えた近年、デジタルカメラで撮った写真をスマホに転送するBluetooth機能が人気を集めています。Bluetoothは安いモデルから防水タイプのものまで様々な機種に搭載されています。そんなBluetooth搭載のデジタルカメラのおすすめと選び方について紹介します。

おすすめの記事

▶︎【カメラ好きが選ぶ】本当におすすめしたいコンパクトデジタルカメラを一挙紹介 ▶︎デジカメの選び方を分かり易く解説【コレさえ読めば失敗・後悔しない】

そもそもBluetoothとは

Bluetoothとは、近距離無線通信のことでパソコンやデジタルカメラの機器などを無線で接続することで、写真や動画をやり取りすることができます。

 

便利なのは、配線のわずらわしさから解放されることです。Bluetoothは、デジタル機器や リモコンなどにも使われている赤外線と同じ無線通信ですが、Bluetoothの場合は10m以内であれば多少の障害物があっても通信が出来ます。

 

国際標準規格なので対応機器であれば、ほぼ各国のメーカーでやり取りができます。今回は、Bluetooth搭載のデジタルカメラを紹介しますので、Bluetoothを使ってみたいという方はぜひ参考にしてみてください。

Bluetooth搭載のデジタルカメラのメリットとは。WiFiとの違いは?

Bluetooth搭載のデジタルカメラのメリットは、撮影した写真をスマホやパソコンに手軽に転送できるという点です。撮った写真をその場でスマホに送り友達と共有したり、SNSにアップロードしたりすることができます。

 

またBluetoothとよく比較されるのがWiFi搭載のデジタルカメラです。BluetoothはWiFiよりも低消費電力で通信ができます。また一度接続すると自動でカメラからスマホに画像が転送されたり、スマホからカメラを操作できるなどのメリットがあります。

Wi-Fiや赤外通信との違いを比較してみる

Wi-Fiや赤外通信とかBluetoothとか色々な無線システムが有ります。その中でもBluetoothを基本としてそれぞれの違いについて紹介しますので選ぶさいの参考にして下さい。

Wi-Fi対応デジタルカメラを検討してみる

写真や動画をスマホやパソコン等に転送できるのが、Wi-Fi対応デジタルカメラです。SDカードやUSBケーブルを使用する必要がないので手間も時間もかかりません。TwitterやInstagramなどに写真を投稿することが多い方ならWi-Fi対応デジタルカメラであれば、出先からでも、手早く簡単にデバイスに写真を送ることが出来ます。

 

スマホに連携をすればシャッターとして使用できるリモートシャッターも、Wi-Fi対応デジタルカメラの便利な機能です。自撮りをされるときに、自分のタイミングでシャッターが切れるので、セルフタイマーを使うよりも使い勝手がよいです。

 

シャッターを使用する以外に、シャッタースピードや絞りとかISO感度など各種設定をできる製品も有ります。

Bluetoothと赤外線通信を比較する

赤外線通信の規格である「IrDA」は、Bluetoothと同じく無線を利用して通信を行います。

 

赤外線通信の通信可能距は最大1m程度ですが、Bluetoothは機器間の距離が10m以内であれば、壁があっても通信が出来ます。

 

赤外線通信に比べて、Bluetoothは、音楽などの大容量のデータも送受信することができ、消費電力が低いのも特徴のひとつです。

Bluetooth搭載デジタルカメラの選び方

Bluetooth搭載のカメラは、画像をパソコンやスマホなどに手軽に送信ができます。カメラの種類にもよりますが、スマホ画面を見ながら遠隔操作で撮影できる製品もあります。

Wi-Fiに比べ低消費電力で通信ができて、一度ペアリングすればスマホ側で操作をするだけでカメラへの接続ができます。

光学ズーム機能搭載で選ぶ

光学ズームは、カメラ本体に搭載されているズーム機能のことで、被写体を近づけるように撮影します。

 

そこで、ズームの機能性は選ぶときのポイントともいえるでしょう。

 

ズーム倍率には電子ズームと光学ズームの2種類があり、電子ズームは、倍率をアップしていくと画質が劣化する特徴があります。

撮影した写真を切り取り拡大する仕組みなので、どうしても荒い画質の写真に仕上がってしまいます。

それに比べて、光学ズームは望遠鏡のような要領でレンズを動かすことでピントを調整してズームするので、倍率を大きくしても画質が劣化することがないので鮮明な画質の状態を維持できます。

デジカメを選ぶときには、光学ズームのスペック表を確認して選ぶようにしましょう。

防水性能で選ぶ

防水は、性能を示す等級として「IP+数字2つ」で表字されているIPコードがあります。IPコードについてですが、数字の1つ目は防塵性、2つ目は防水性を示してあり、数字が大きい製品ほど高い防塵性や防水性を備えた製品ということです。

 

防水性を示すコードとして「IPX+数字」が表字される製品もあります。IPX7と表示の場合は、水深1mの水槽に30分間浸けていても、機器に浸水がないことが規格の条件となっています。

 

できるだけ防水性能が高い製品を探している方は、IPXやIPの右側にある数字が大きい製品を選びましょう。

 

急激な温度変化で結露により、カメラ内部にカビが発生することがあるので注意が必要です。 アウトドアシーンでの使用がよくある方は、もしものトラブルを考えて、防水性のあるデジタルカメラを選ぶと良いでしょう。

レンズの明るさで選ぶ

レンズの明るさをF値と表記していて、望遠鏡やカメラなどに使用されている国際規格の単位になります。

 

F値の数字が小さいほど高性能なレンズだといえます。仮に、F2.4レンズとF2.0レンズを比較してみた場合は、F2.0レンズのほうが高性能だということになります。

 

F値の値により、どれだけの光を透過するのかという点で変わってきます、高性能なレンズだと、夜間や逆光での撮影を躊躇なく行うことができたり、背景をぼかして神秘的な写真を撮影したりもできます。

手ぶれ補正機能搭載を選ぶ

思い出の写真も手ぶれによりピントがずれてしまっては残念なことになってしまいます、そんなことにならないように手ぶれ補正の機能は確認しておきましょう。

 

コンパクトデジカメではレンズの交換が不可能なため、ズームで撮影することも多いとおもいます。ズーム倍率を上げれば、手ぶれによる撮影失敗の可能性が高くなってしまいます。手ぶれによる失敗を無くすためにも手ぶれ補正機能付きのカメラを選ぶと良いでしょう。

 

できれば前後左右のぶれを調整してくれる光学式の手ぶれ補正機能がある製品を選ぶことをおすすめします。また、キャノンの5軸補正やソニーのジャイロセンサーなど、カメラ本体に高性能な手ぶれ補正がついた機種を選ぶとなお良いかもしれません。この機能は最新機種であっても、廉価なデジカメですと弱い手振れ補正しか搭載されていないことがありますので、しっかりと吟味する必要があります。

オートフォーカス機能で選ぶ

動画撮影にも静止画撮影と同じように、被写体へのピント合わせが必要です。これがうまくいかないと、せっかく動画を撮影しても顔にピントがあっていない、ということが起こってしまいます。それゆえ、オートフォーカス機能を持っているかどうかも、カメラを選ぶ際には重要なポイントです。オートフォーカス機能とは自動で被写体にピントを合わせてくれる機能のことを言います。

 

上記に加え、動画撮影時の追尾オートフォーカスと顔認識があれば、カメラを構えて撮影するだけで、自動的に顔に対してピント合わせで撮影してくれますのでとても綺麗に映ります。一度に何人もオートフォーカスが効くがどうかも重要なポイントです。また子供の撮影など、動きの激しいものを写す場合は、オートフォーカスの速度も大切になってきますね。

 

このようにオートフォーカスの機能の有無は簡単に撮影したいのであれば機種を選ぶ際に重視しなければならないポイントと言えるでしょう。

動画撮影におすすめのデジタルカメラ10選

ソニー(SONY)

ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX100M7

価格:142,530円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SONYのCyber-shot DSC-RX100M7は高級コンデジの代名詞とも言われる高性能なデジタルカメラです。特徴はSONYの上位機種α9と同じオートフォーカス機能でどんな被写体にも即座にピントを合わせます。また動画機能に優れており、4K動画撮影はもちろん、外部マイク端子もついているため本格的な動画撮影が可能です。YoutuberやVlog等にも使用されています。

このデジカメの評価・レビュー・製品情報・価格比較を見る
オリンパス

OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-6 レッド

価格:48,978円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

取扱説明書はこちら

 

スペック詳細はこちら

 

オリンパスのコンパクトデジタルカメラの人気のシリーズがToughシリーズです。過酷な状況下での使用を想定し開発されている Toughシリーズはボディにおける防水性能や防塵性能耐衝撃性能や耐低温性能など様々な性能が非常に高く、スポーツシーンやアウトドアなどでの撮影シーンにおいて非常に大活躍します。

 

その中でもOLYMPUS Tough TG-6はタフシリーズでありながら開放F値2.0を実現し、ボディの堅牢性だけでなく、撮影性能にも定評があるコンパクトデジタルカメラとなっています。 

メーカーOLYMPUS商品名Tough TG-6
撮像素子1/2.33型CMOS (裏面照射型)F値F2~F4.9
有効画素数1200万画素光学ズーム4倍
焦点距離25mm~100mm撮影感度通常:ISO100~12800
手ぶれ補正CMOSシフト方式AF(オートフォーカス)イメージャAF
連写速度約20コマ / 秒動画4K(3840x2160)、MOV(MPEG-4AVC/H.264)/ステレオリニアPCM
サイズ113x66x32.4 mm重量253g
その他機能防水/防塵/耐衝撃/耐低温/顔検出/パノラマ

オリンパスのTough TG-6は人気のタフシリーズの最新モデルで、防水カメラの中でトップクラスの性能を誇ります。特徴は接写撮影水中撮影のモードが優れている点と、専用の防水ケースをつけることで水深45mまでのダイビングに耐え得るスペックです。

この商品の評価・レビュー・製品情報・価格比較を見る
ソニー(SONY)

ソニー SONY デジタルカメラ DSC-WX500 光学30倍ズーム 1820万画素 ブラック Cyber-shot DSC-WX500 BC

価格:31,943円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー(Panasonic)デジタルカメラDSC-WX500
撮像素子1/3.2型F値3.5 f_stop
有効画素数1820万画素光学ズーム30 倍
焦点距離4.1 mm撮影感度12800
手ブレ補正有り連射速度1/2000 seconds
画面サイズ7.5 cmその他機能Bluetooth WiFI

SONYのDSC-WX500は上着のポケットに入るコンパクトなボディに光学30倍と本格的なズームレンズを搭載したコスパに優れたデジタルカメラです。スマホカメラから脱却したいが画質にはそこまでこだわりなく低下価格なデジタルカメラを探している方におすすめです。

キヤノン

Canon コンパクトデジタルカメラ DIGIC7搭載 1.0型センサー PSG9X MARKII(BK)

価格:42,560円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカーキャノン(CANON)商品名PowerShot G9 X Ⅱ
映像素子1型CMOS (裏面照射型)F値F2~F4.9
画素数2090万画素(総画素)光学ズーム3倍
焦点距離28mm~84mm撮影感度ISO125~12800
手ぶれ補正光学式AF(オートフォーカス)コントラストAF
連写速度6コマ/秒動画1920x1080(フルHD)
サイズ98x57.9x30.8 mm重量185g
その他機能Wi-Fi対応 NFC対応 PictBridge対応

CanonのPowerShot G9 X Mark IIはスマホより高画質な写真を撮影したい方におすすめの1台です。コンデジにしては大型のセンサーサイズ1型を採用しており、画質に拘りたいが高級コンデジには手が届かないという方におすすめです。1つ注意点は光学ズームが3倍と一般的なコンデジに比べると倍率が低い点です。

この評価・レビュー・製品情報・価格比較を見る
キヤノン

Canon デジタルカメラ PowerShot G7 X MarkII 光学4.2倍ズーム 1.0型センサー PSG7X MarkII

価格:57,000円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカーCanon商品名PowerShot G7 X MarkII
撮像素子1型F値1.8 f_stop
有効画素数2010万画素光学ズーム4.2 倍
焦点距離(広角側)24 mm焦点距離(望遠側)100 mm
手ブレ補正有りサイズ10.5 x 4.2 x 6.1 cm
重量699 gその他機能WiFI

CanonのPowerShot G7 X MarkIIはスマホ以上、ミラーレス未満のスペックで手軽に日常の撮影で画質に拘りたい方におすすめの一台です。G9 XMarkⅡに比べて重量が若干重いもののレンズ性能が向上しているため暗い部屋やシーンでも綺麗な写真を撮ることができます。

RICOH

RICOH デジタルカメラ GRIII APS-CサイズCMOSセンサー

価格:106,190円(税込)

プロも唸る最強のスナップシューター

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカーRICOH商品名GR III
撮像素子APS-CサイズCMOSF値F2.8~F16
有効画素数約2424万画素光学ズーム×
焦点距離18.3mm撮影感度ISO100-102400
手ぶれ補正撮像素子シフト方式AF(オートフォーカス)オートエリアAF セレクトAF ピンポイントAF 追尾AF コンティニュアスAF
連写速度4.2コマ/秒動画1920x1080
サイズ109.4×61.9×33.2mm重量約227g
その他機能Wi-Fi対応 Bluetooth対応

RICOHのGRⅢは人気のGRシリーズの最新モデルで、様々なスナップ写真愛好家に人気のある高級コンデジです。大型のAPS-Cサイズでレンズは単焦点レンズを搭載、スマホカメラを圧倒する描写力が特徴です。

この評価・レビュー・製品情報・価格比較を見る
ソニー(SONY)

SONY デジタルカメラ DSC-RX100 1.0型センサー F1.8レンズ搭載 ブラック Cyber-shot DSC-RX100

価格:19,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカーSONY商品名DSC-RX100
撮像素子1型CMOSF値F1.8~F4.9
有効画素数2020万画素(有効画素)光学ズーム3.6 倍
焦点距離28mm~100mm撮影感度通常:ISO125~6400 拡張:ISO80、100、12800、25600
手ぶれ補正光学式AF(オートフォーカス)自動追尾機能有
連写速度10コマ/秒動画1920x1080(フルHD)
サイズ101.6x58.1x35.9 mm重量総重量:240g
その他機能顔検出/スイングパノラマ/スマイルシャッター

SONYのCyber-shot DSC-RX100は人気のRX100シリーズの初代モデルです。発売から数年経っているため最新モデルのRX100M7に比べると性能差を感じますが、スマホカメラからの脱却の1台目としてはコスパの優れたモデルになります。

この評価・レビュー・製品情報・価格比較を見る
ソニー(SONY)

ソニー SONY コンパクトデジタルカメラ サイバーショット Cyber-shot DSC-RX100M6

価格:114,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカーSONY(ソニー)商品名Cyber-shot DSC-RX100M6
撮像素子1型CMOSF値F2.8~F4.5
有効画素数2010万画素光学ズーム8 倍
焦点距離24mm~200mm撮影感度通常:ISO125~12800 拡張:ISO80、100、25600
手ぶれ補正光学式AF(オートフォーカス)
連写速度24コマ/秒動画3840x2160(4K)
サイズ101.6x58.1x42.8 mm重量総重量301g
その他機能顔検出/瞳AF/スイングパノラマ/スマイルシャッター

SONYのCyber-shot DSC-RX100M6はRX100シリーズの最新モデルRX100M7の1つ前のモデルです。M7との大きな違いはオートフォーカス性能と動画機能(外部マイク端子の有無)です。オートフォーカス機能はM6のもともとの性能が高いため一般的な撮影であればまず満足できるでしょう。

 

RX100M7が発売されたことで型落ち・中古が増えた今、コスパ的にも買い時であると言えます。

この評価・レビュー・製品情報・価格比較を見る
Nikon

Nikon デジタルカメラ COOLPIX B500 光学40倍ズーム 1602万画素 単三電池 ブラック B500BK

価格:18,873円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカーニコン(Nikon)商品名COOLPIX B500 カラー:ブラック・プラム
撮像素子1/2.3型CMOS (裏面照射型)F値F3~F6.5
有効画素数1602万画素光学ズーム40倍
焦点距離22.5mm~900mm撮影感度通常:ISO125~6400
手ぶれ補正レンズシフト方式AF(オートフォーカス)コントラスト検出方式
連写速度120コマ/秒動画1920x1080(フルHD)
サイズ113.5x78.3x94.9 mm重量542g
その他機能Wi-fi・Bluetooth・PictBridge・NFC 対応

NikonのCOOLPIX B500の特徴は何と言っても光学ズーム40倍のレンズを搭載していることです。一般的なスマホカメラが2倍程度に対して40倍のズームが可能で、月の撮影などもできます。ただセンサーサイズ が1/2.3とスマホと同等のため画質には期待ができません。

この評価・レビュー・製品情報・価格比較を見る
キヤノン

Canon コンパクトデジタルカメラ Power Shot SX620HS ブラック 光学25倍ズーム PSSX620HS(BK)

価格:21,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカーキャノン(Canon)商品名Power Shot SX620HS(ブラック)・(ホワイト)・(レッド)
撮像素子1/2.3型CMOS (裏面照射型)F値F3.2~F6.6
有効画素数2020万画素光学ズーム25倍
焦点距離25mm~625mm撮影感度ISO80~3200
手ぶれ補正光学式AF(オートフォーカス)9点(コントラスト式)
連写速度7.1コマ/秒動画1920x1080(フルHD)
サイズ96.9x56.9x27.9 mm重量158g
その他機能Wi-Fi対応、PictBridge対応、NFC対応

CanonのPowerShot SX620HSは重量が158g非常に軽く、接写撮影1cmが特徴のデジタルカメラです。価格も安くスマホカメラの代わりを探している方におすすめです。

この評価・レビュー・製品情報・価格比較を見る

まとめ

Bluetooth搭載デジタルカメラについて、アウトドアで使用される方や普段使いの方を考慮して紹介させて頂きましたがいかがでしょうか。

 

Bluetooth搭載機器は衝撃や水分にも弱いというデメリットも有りますが、データ送受信はWi-Fi使用に比べて省電力で使えるメリットが有ります。

 

Bluetooth搭載機器は、配線の煩わしさからも解放されて簡単に接続も出来ることです。

デジタルカメラ(Bluetooth対応(常時接続))の商品一覧(全299商品)