キヤノンの一眼レフカメラおすすめ10選|初心者向けから上級者向けまで紹介

キヤノンはさまざまな種類の一眼レフカメラを取り揃えています。シリーズによってクラス分けされているため、自分に合ったモデルを見つけやすいのが魅力です。この記事では、おすすめのキヤノンの一眼レフカメラを紹介するので、ぜひ最後までお読みください。

2021/10/22 更新

一眼レフカメラは一般的なデジカメよりも性能が高く、キレイな写真を残せるのが魅力です。近年ではスマホで写真を撮る人も多いですが、やはりやはり一眼レフカメラで撮影した写真の鮮明さには適いません。中でもおすすめなのがキヤノンの一眼レフカメラです。

 

大手電気機器メーカーのキヤノンは、カメラやビデオなどの映像機器を中心に製造を行っています。キヤノンではさまざまな種類の一眼レフカメラがラインナップされており、幅広いユーザーに向けてシリーズを展開しているのが特徴です。

 

この記事では、おすすめのキヤノンの一眼レフカメラを紹介します。キヤノンの一眼レフの特徴や魅力はもちろん、どのシリーズがどんな人に適しているかも解説するので、ぜひ最後までチェックしてください。

今すぐ見る!キヤノンのおすすめ一眼レフカメラ10選

キヤノンの一眼レフカメラには、普段写真を撮らない人でも簡単に扱えるモデルがラインナップされています。そのため、カメラ初心者やファミリーにもおすすめです。最初の項目では、キヤノンの一眼レフカメラの魅力を具体的に紹介します。

レベルにあったカメラを購入しやすい

キヤノンでは、「エントリーモデル」「ミドルクラスモデル」「ハイアマチュアモデル」「プロフェッショナルモデル」と4つのシリーズに分けて一眼レフカメラをラインナップしています。そのため、自身のレベルに合ったカメラを見つけやすいのが魅力です。

知名度が高くサポートも安心

キヤノンは一眼レフカメラの分野において、長年に渡り世界トップクラスのシェア率を維持しています。知名度が高く、世界的な信頼を得ているのもキヤノンの一眼レフカメラの魅力です。また、カメラ専用のコールセンターがあるなど、サポート面にも優れています

初心者でも上手に人物が撮れる

キヤノンの一眼レフカメラには、人物がキレイに撮れる機能を備えたモデルもラインナップされています。中でも「EOS Kiss」シリーズには被写体に応じて自動で数値が設定される撮影モードが搭載されており、初心者でも上手に人物が撮れるのでおすすめです。

ここでは、キヤノンの一眼レフカメラの特徴を紹介します。キヤノンの一眼レフカメラには、他社の一眼レフカメラにはない魅力があるので、この項目で押さえましょう。

オートフォーカスの素早さが違う!

キヤノンの一眼レフカメラには、オートフォーカスが高速な機種が多くラインナップされています。オートフォーカスの機能が優れているモデルは、動きの速い被写体を撮影するのにおすすめです。レースやサッカーなどのスポーツシーンで高いパフォーマンスを発揮します。

鮮やかな発色

キヤノンの一眼レフカメラは、発色が鮮やかなのも魅力です。華やかな色調の表現を得意としており、特に人肌の色合いを鮮明に再現するのに長けています。そのため、ポートレートなどの人物撮影をする際に高いパフォーマンスを発揮します。

レンズのレパートリーが多い

レンズのレパートリーが多いのも魅力のひとつです。引きと寄りを自由に変更できるズームレンズや、ボケを生かした写真・夜景の写真に適した単焦点レンズなど、さまざまなレンズがラインナップされています。レンズを選び分けることで、シーンに適した写真の撮影が可能です。

今すぐ見る!キヤノンのおすすめ一眼レフカメラ10選

キヤノンはさまざまな一眼レフカメラをラインナップしているため、どれを選べばよいのか迷いますよね。そこでこの項目では、キヤノンの一眼レフカメラの選び方を解説します。

腕前に応じて選ぶ

キヤノンは腕前に応じて一眼レフカメラをシリーズ分けしています。それぞれのシリーズについて解説するので、自身に合ったモデルを選んでください。

初心者向け

これから一眼レフカメラを始める初心者の方にはエントリーモデルがおすすめです。エントリーモデルはシーンに応じて自動で設定を行ってくれるので簡単に撮影ができます。

 

エントリーモデルには前述した「EOS Kiss」シリーズ「EOS 9000D」があります。まずはエントリーモデルから一眼レフカメラを始めてみましょう。

中級者向け

エントリーモデルからのステップアップには、ミドルクラスモデルの一眼レフカメラがおすすめです。エントリーモデルにある自動調整機能と自分なりにアレンジできるメニューが両方用意されています「EOS 6D Mark II」「EOS 90D」などがミドルクラスのモデルです。

上級者向け

ミドルクラスモデルからのステップアップにはハイアマチュアモデルがおすすめです。1秒間に最高約20コマの連写機能や5000万画素を超える高画素センサーなど、エントリーモデルやミドルクラスモデルにはない機能が多数備わっています。

 

ハイアマチュアモデルには「EOS 5D」シリーズがあります。また、プロ並みの本格的な写真が撮影したい方には「EOS-1D X Mark III」がおすすめです。

イメージセンサーをチェック

イメージセンサーはレンズから入ってきた光を電気信号に変換するパーツです。一眼レフカメラのイメージセンサーには「APS-Cサイズ」と「フルサイズ」の2種類が主に用いられています。

 

APS-Cサイズのイメージセンサーはコンパクトで携行性に優れているのが特徴です。外出先で気軽に風景を撮影するのに適しています。一方、フルサイズのイメージセンサーは細かな階調表現を行えるのが魅力です。

本体サイズと重量で選ぶ

一眼レフカメラを選ぶ際、本体のサイズと重量をチェックしましょう。サイズや重量が大きなモデルは携行しにくいものの、高性能で安定した撮影を行えるのが特徴です。一方、小型のモデルは持ち運びや撮影の際に負担になりにくいというメリットがあります。

Wi-FiやBluetoothに対応しているかで選ぶ

キヤノンの一眼レフカメラには、Wi-FiやBluetoothに対応している製品もラインナップされています。Wi-Fi・Bluetooth対応モデルなら、一眼レフカメラで撮影した写真がスマホに転送可能です。そのままSNSにアップしたり、友人と共有したりするなど、楽しみ方が広がります。

エントリーモデル

キヤノン

EOS Kiss X10i

価格:140,000円 (税込)

直感的な撮影ができるエントリーモデル

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本体のモニターから直感的な撮影が行えるキヤノンの一眼レフカメラです。モニター上でピントを合わせたい位置をタッチしてそのままシャッターが切れるライブビュー撮影に対応しています。また、撮影角度が任意で変更できるバリアングル機構が備わっているのも特徴です。顔を検出するとオートフォーカスを実行する「追尾優先AF」やタッチした場所にピントを合わせる「1点AF」など、さまざまなオートフォーカス機能が備わっています。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー キヤノン 商品名 EOS Kiss X10i
画素数 2580万画素(総画素)、2410万画素(有効画素) 撮像素子 APS-C 22.3mm×14.9mm CMOS
撮影感度 標準:ISO100~25600、拡張:ISO51200 記録フォーマット JPEG/RAW
連写撮影 ファインダー撮影時:最高約7コマ/秒、ライブビュー撮影時:最高約7.5コマ/秒 シャッタースピード 1/4000~30秒
記録メディア SDカード、SDHCカード、SDXCカード サイズ 131×102.6×76.2mm
重量 471g その他機能 タッチパネル、バリアングルなど
キヤノン

eos kiss x10

価格:54,580円 (税込)

どんなアングルも楽な体制で撮影できる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

液晶モニターの角度が自由に変更できるキヤノンの一眼レフカメラです。ハイアングルからローアングルまで、さまざまな写真が楽な体制で撮影できます。撮影方法にはファインダーを覗きながら撮影できる「光学ファインダー撮影」とスマホ感覚で直感的な撮影ができる「ライブビュー撮影」の2つがあり、シチュエーションに応じて選択が可能です。また、Wi-FiとBluetoothに対応しており、素早く撮影した写真がスマホに送れます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー キヤノン 商品名 EOS Kiss X10
画素数 2580万画素(総画素)、2410万画素(有効画素) 撮像素子 APS-C 22.3mm×14.9mm CMOS
撮影感度 標準:ISO100~25600、拡張:ISO51200 記録フォーマット JPEG/RAW
連写撮影 最高約5コマ/秒 シャッタースピード 1/4000~30秒
記録メディア SDカード、SDHCカード、SDXCカード サイズ 122.4×92.6×69.8mm
重量 402g その他機能 タッチパネル、バリアングル、Wi-Fi、Bluetoothなど
キヤノン

EOS Kiss X9i

価格:76,140円 (税込)

画像の転送・シェアが楽に行える

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Wi-FiとBluetoothに対応しており、常にスマホとシームレスに接続されている状態が実現できるキヤノンの一眼レフカメラです。インスタをはじめとしたSNSにアップしたり、友人に送ったりと、簡単にシェアが行えます。また、カメラ同士でデータを送受信したりプリンタに直接送信したりできるのも特徴です。本体に搭載されたダイヤルを回すだけでシーンに適した撮影モードに設定できます。初心者でも簡単にキレイな写真が撮れるのも魅力です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー キヤノン 商品名 EOS Kiss X9i
画素数 2580万画素(総画素)、2420万画素(有効画素) 撮像素子 APS-C 22.3mm×14.9mm CMOS
撮影感度 標準:ISO100~25600、拡張:ISO51200 記録フォーマット JPEG/RAW
連写撮影 高速連続撮影:最高約6コマ/秒 シャッタースピード 1/4000~30秒
記録メディア SDカード、SDHCカード、SDXCカード サイズ 131×99.9×76.2 mm
重量 485g その他機能 タッチパネル、Wi-Fi、Bluetoothなど
キヤノン

9000D

価格:29,800円 (税込)

オートフォーカス機能でスポーツ観戦や運動会におすすめ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

イメージセンサーにオールクロス45点AFセンサーを採用しており、動く被写体が瞬時に捉えられるキヤノンの一眼レフカメラです。「1点AF」「ゾーンAF」「ラージゾーンAF」「45点自動選択AF」と4つのオートフォーカス機能が備わっています。スポーツ観戦や運動会におすすめです。「EOSムービー」機能が搭載されており、動画の撮影も行えます。また、動画撮影時に活用できるオートフォーカス機能もあるので、映像もキレイに残せます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー キヤノン 商品名 EOS 9000D
画素数 2580万画素(総画素)、2420万画素(有効画素) 撮像素子 APS-C 22.3mm×14.9mm CMOS
撮影感度 標準:ISO100~25600、拡張:ISO51200 記録フォーマット JPEG/RAW
連写撮影 高速連続撮影:最高約6コマ/秒 シャッタースピード 1/4000~30秒
記録メディア SDカード、SDHCカード、SDXCカード サイズ 131×99.9×76.2mm
重量 493g その他機能 タッチパネル、Wi-Fi、Bluetoothなど
キヤノン

EOS Kiss X90

価格:42,678円 (税込)

豊富な撮影モードで、あらゆるシーンにおすすめ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ダイヤルを回すだけで被写体やシチュエーションに応じた撮影モードに設定できるキヤノンの一眼レフカメラです。カメラが自動で設定を行う「シーンインテリジェントオート」も備わっており、あらゆるシーンをキレイに残せます。また、自分で設定がカスタマイズできる応用撮影モードが備わっているのもポイントです。約2410万画素のCMOSセンサーを搭載しており、人物や風景を問わず質感やディテールを忠実に再現します。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー キヤノン 商品名 EOS Kiss X90
画素数 2470万画素(総画素)、2410万画素(有効画素) 撮像素子 APS-C 22.3mm×14.9mm CMOS
撮影感度 標準:ISO100~6400、拡張:ISO12800 記録フォーマット JPEG/RAW
連写撮影 最高約3コマ/秒 シャッタースピード 1/4000~30秒
記録メディア SDカード、SDHCカード、SDXCカード サイズ 129×101.3×77.6mm
重量 427g その他機能 Wi-Fiなど

ミドルクラスモデル

キヤノン

EOS 6D MARK II

価格:49,500円 (税込)

4K撮影対応で、写真も動画もキレイに残せる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

約2620万画素のCMOSセンサーを採用しているキヤノンの一眼レフカメラです。35mmのフルサイズで、荘厳な風景が撮影できます。また、シャッター速度が自動でも手動でも設定でき、さまざまな表現ができるのもポイントです。オートフォーカス機能をライブビューで行えるほか、4Kの動画撮影に対応しており、街並みの移ろいや草花の成長などの映像もキレイに残せます。また、撮影した写真や動画はWi-Fiを介してスマホでも確認可能です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー キヤノン 商品名 EOS 6D Mark II
画素数 2710万画素(総画素)、2620万画素(有効画素) 撮像素子 フルサイズ 35.9mm×24mm CMOS
撮影感度 標準:ISO100~40000、拡張:ISO50、51200、102400 記録フォーマット JPEG/RAW
連写撮影 高速連続撮影:最高約6.5コマ/秒 シャッタースピード 1/4000~30秒
記録メディア SDカード、SDHCカード、SDXCカード サイズ 144×110.5×74.8mm
重量 685g その他機能 タッチパネル、ライブビュー、4K対応 、Wi-Fi、Bluetoothなど
キヤノン

EOS 90D

価格:124,800円 (税込)

感度に優れ、夜景の撮影におすすめ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

100~25600のISO感度を実現しており、光量が少ない環境でも撮影が続けられるキヤノンの一眼レフカメラです。露出設定が固定されているときにISO感度を自動制御する「ISOオート」機能が搭載されているなど、夜景の撮影に適しています。また、ダイナミックレンジを輝度が高い方に拡大する機能があり、白飛びしにくいのも魅力です。ボディには2つのマルチコントローラーが搭載されており、撮影方法が素早く切り替えられます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー キヤノン 商品名 EOS 90D
画素数 3440万画素(総画素)、3250万画素(有効画素) 撮像素子 APS-C 22.3mm×14.8mm CMOS
撮影感度 標準:ISO100~25600、拡張:ISO51200 記録フォーマット JPEG/RAW
連写撮影 ファインダー撮影時:最高約10コマ/秒、イブビュー撮影時:最高約11コマ/秒 シャッタースピード 1/8000~30秒
記録メディア SDカード、SDHCカード、SDXCカード サイズ 140.7×104.8×76.8mm
重量 619g その他機能 タッチパネル、ライブビュー、4K対応、Wi-Fi、Bluetoothなど

ハイアマチュアモデル

キヤノン

EOS 5D MARK IV

価格:153,600円 (税込)

臨場感まで描写する高画素モデル

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

イメージセンサーに35mmのフルサイズ約3040万画素CMOSセンサーを採用しているキヤノンの一眼レフカメラです。空気感や臨場感も忠実に再現するので、風景を撮影するのに適しています。また、キヤノン独自のEOSシーン解析システムが組み込まれており、高いオートフォーカス精度が備わっているのも魅力です。4096×2160の4K撮影に対応しており、さまざまな映像表現が楽しめます。また、約880万画素の静止画として切り出しも可能です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー キヤノン 商品名 EOS 5D Mark IV
画素数 3170万画素(総画素)、3040万画素(有効画素) 撮像素子 フルサイズ 36mm×24mm CMOS
撮影感度 標準:ISO100~32000、拡張:ISO50、51200、102400 記録フォーマット JPEG/RAW
連写撮影 高速連続撮影:最高約7コマ/秒 シャッタースピード 1/8000~30秒
記録メディア コンパクトフラッシュ、SDカード、SDHCカード、SDXCカード サイズ 150.7×116.4×75.9mm
重量 800g その他機能 タッチパネル、ライブビュー、4K対応、Wi-Fiなど
キヤノン

EOS 5DS

価格:2,503円 (税込)

耐久性・軽量性・耐電磁性を併せ持つタフモデル

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

約5060万画素と高い解像力を誇る35mmのフルサイズCMOSセンサーを搭載しているキヤノンの一眼レフカメラです。ISO100~6400の感度域を実現しており。夜景の撮影時に高いパフォーマンスを発揮します。また、1秒間に約5コマの連続撮影を実現しているので、動物などの動く被写体がキレイに映せるのもポイントです。ボディは耐久性・軽量性・耐電磁性の3つを兼ね備えたマグネシウム合金製で、アウトドアでの使用にも適しています。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー キヤノン 商品名 EOS 5Ds
画素数 5300万画素(総画素)、5060万画素(有効画素) 撮像素子 フルサイズ 36mm×24mm CMOS
撮影感度 標準:ISO100~6400、拡張:ISO50、12800 記録フォーマット JPEG/RAW
連写撮影 高速連続撮影:最高約5コマ/秒 シャッタースピード 1/8000~30秒
記録メディア コンパクトフラッシュ、SDカード、SDHCカード、SDXCカード サイズ 152×116.4×76.4mm
重量 845g その他機能 防塵・防滴、ライブビューなど

プロフェッショナルモデル

キヤノン

EOS-1D X Mark III

価格:792,000円 (税込)

写真も映像も思いのままに残せるハイエンドモデル

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

有効画素数約2010万画素を誇るキヤノン独自の35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載した一眼レフカメラです。1秒間に最高約20コマの高速連続撮影や4K動画などに対応しており、写真も映像も思いのままに撮影できます。また、解像力を向上させる「GDローパスフィルター」が搭載されており、色や輝度モアレが低減できるのも魅力です。加えて、約100%の視野率を誇る光学ファインダーの採用により、収差の少ない視野が獲得できます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー キヤノン 商品名 EOS-1D X Mark III
画素数 2140万画素(総画素)、2010万画素(有効画素) 撮像素子 フルサイズ 35.9mm×23.9mm CMOS
撮影感度 標準:ISO100~102400・拡張:ISO50、204800、409600、819200 記録フォーマット JPEG/RAW/HEIF
連写撮影 ファインダー撮影時:最高約16コマ/秒、ライブビュー撮影時:最高約20コマ/秒 シャッタースピード 電子:1/8000秒~0.5秒、電子先幕・メカニカル:1/8000秒~30秒
記録メディア CFexpressカードTypeB サイズ 158×167.6×82.6mm
重量 1250g その他機能 防塵・防滴、タッチパネル、4K対応、Wi-Fi、Bluetoothなど

キヤノンの一眼レフカメラは性能の高さが魅力ではあるものの、エントリーモデルでもそれなりの値段がするので購入をためらう方も多いのではないでしょうか。「実際に使ってから購入したい」という方は、レンタルサービスを利用しましょう

 

レンタルサービスとは「〇泊〇日:△△円~」のような形態で一眼レフカメラが借りられるサービスです。さまざまな企業がレンタルサービスを展開しているので検討してください。

キヤノンには初心者向けから上級者向けまで、さまざまな一眼レフカメラがラインナップされています。自身のレベルに応じてアイテムを選ぶことで、カメラに慣れつつ思い出をキレイに残すことが可能です。この記事を参考に、ぜひ自分に合ったキヤノンの一眼レフカメラを見つけてください。