【徹底解説】武井バーナーと五徳で調理を楽しもう!五徳を自作する方法も紹介

武井バーナーは、キャンパー憧れのストーブと言われており人気です。ここでは、武井バーナーと五徳を使って調理を楽しむ方法をご紹介します。また、武井バーナーと五徳を一緒に使用する際の注意点や、自作五徳の作り方を詳しく説明しますので参考にしてください。

2021/03/05 更新

昭和3年創業の武井バーナー製造株式会社では、長年昔ながらの灯油式のバーナーを作っています。現在はガスタイプとガソリンタイプの2種類のバーナーが主流ですが、武井バーナーは変わらず灯油式バーナーを販売しています。

 

武井バーナーはコンパクトな見た目にも関わらず、10時間も連続して使用できる点が人気の秘訣です。また、ストーブとして使用するだけでなく、五徳を加えることで食べ物や飲み物の加熱ができるのも魅力です。

 

本記事では、そんな機能性に優れていると評判の武井バーナーに、五徳を合わせて使い方の幅を広げる方法をご紹介します。また、五徳を使用する際の注意点も解説するので、武井バーナーに興味のある方はぜひ参考にしてください。

武井バーナー

五徳

価格:3,300円 (税込)

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サイズ 直径19cm 重量 -
素材 真鍮

武井バーナーは他メーカーのストーブとは形状が異なります。そのため、付属の五徳はヒーターユニットと併用はできません。

 

また、武井バーナーのヒーター部分・外ホヤ・内ホヤ・風防を外していくと「フレームプレート」というものが出てきます。フレームプレートは、火口であるホヤ部分をしっかり固定してくれる働きをします。ヒーター全体の重量を支える部分なので、五徳や鍋を乗せれば全てフレームプレートに負担が掛かってしまいます。

 

加熱することで柔らかくなるフレームプレートは、重量を掛けるほど変形や破損の恐れがあります。正常に燃焼することができなくなると、炎上や爆発といった事故の原因にもなります。

純正五徳の正しい使用方法

純正の五徳は武井バーナーのパープルストーブの天板に取り付けて使用します。素材は真鍮を使用しており、設置した際も安定感があると評判です。直径は約19cmと大型の五徳ではないので、小さな鍋を置いたりお湯を沸かしたりと簡単な調理を行うことができます。

 

また、重量がある鍋を使用したい場合でも、純正の五徳に一工夫加えることでさまざまな使い方ができます。武井バーナーをお持ちの方は、揃えておきたいアイテムです。

ヒーターユニットの上で鍋や薬缶を使って加熱や調理を行う場合は、別売りのアイテムを加える必要があります。本体に直接重量を掛けてしまうと、故障の原因となるからです。ここからは、五徳を乗せて調理をする際にぴったりの商品や自作する方法などをご紹介します。

快援隊のロングカスタムゴトクを使う

ヒーターユニットの上で加熱を行う場合は、快援隊から販売されている武井バーナー用のロングカスタムゴトクを使用するのがおすすめです。武井バーナー本体に装着することが可能で、ロングカスタムゴトクの上に純正の五徳を乗せて使用します。

 

本体に負担をかけずに調理ができるため、武井バーナーで調理や加熱を行いたい方にぴったりです。気になる方は以下のサイトをチェックしてください。

 

快援隊のロングカスタムゴトク

五徳は自分でも作ることが可能!

ロングカスタムゴトクを紹介しましたが、自分でDIYで製作している方も多く見られます。直径6mm×1mのステンレスの丸棒だけで作ることができるので、DIYが得意な方は参考にしてください。以下で作成する手順をご紹介します。

 

  1. グラインダーでステンレスの丸棒を33cmに三等分します。
  2. 先端4cmのところをバーナーで炙り、ホームバイスを使って曲げます。
  3. 鍋を置く面が平らになるのを意識して3本すべて行います。
  4. 武井バーナーに装着し、長さや角度を確認します。
  5. 形が整ったら、鍋を置く面に滑り止めとして1mm刻みに凹みを施します。
  6. 再度、装着し完成です。

 

DIYでロングカスタムゴトクを作る場合は、工具が必要となります。キャンプを趣味としている方でも、ステンレスの棒をカットするグラインダーは持っていない方もいますよね。ホームセンターでは材料を購入すると、その場で希望の長さにカットしてくれるサービスもあります。グラインダーといった特殊な工具がない方は、このようなサービスを利用すると、簡単に製作できます。

百均の鉢置きでも代用できる

自作するのは手間が掛かると思う方には、ホームセンターや百均でも取り扱いのある「植木鉢用の鉢置き」がおすすめです。武井バーナーを囲むように鉢置きを設置し、その上にステンレスの網を置くことで、ダッチオーブンやスキレットといった大きい調理器具を置くことができます。

 

武井バーナーでさまざまな調理をしたい方は、ホームセンターや百均で販売されている植木鉢置きをチェックしてください。価格も安く簡単に手に入れられますよ。

武井バーナーは機能性にも優れておりキャンパー憧れのストーブです。他メーカーのストーブと異なり構造や使用方法が複雑なため、注意しなければならない点もあります。また、調理をする際は、故障や事故を防ぐためにも五徳やロングカスタムゴトクといったアイテムを追加して使用しましょう。武井バーナーと五徳を使ってキャンプ場での調理を楽しんでください。