【徹底比較】無料版・有料版の動画編集ソフト|初心者向けソフトも

最近では、動画を手軽に撮影できることもあり、編集ソフトで動画を編集したいと思う方も多いのではないでしょうか。今回は、おすすめの動画編集ソフトを徹底比較します。初心者でも使いやすい機能のついた無料ソフトや、有料版も紹介するのでぜひ参考にしてください。

2021/02/25 更新

動画編集するときに必要な動画編集ソフト。現在さまざまなメーカーから登場しており、どれを使えばいいのか迷いますよね。動画編集ソフトは各メーカーによって、特徴や機能性などが全く違います

 

複雑な操作性のものや初心者でも使える簡易的なものまであるので、自分が使いやすいと思ったソフトを選ぶのが大切です。そこで今回は、無料・有料の動画編集ソフトの中でも人気のあるソフトを徹底比較しました。

 

思い出用の動画を作成したい方や、YouTubeといったSNS用の動画を作成したい方は、ぜひこの記事を参考に、自分に合った使いやすい動画編集ソフトを選んでください

今すぐ見る!おすすめの動画編集ソフト10選

動画編集ソフトは初心者向けやプロ向けなど目的に合わせて幅広くラインナップされています。初心者向けなら操作性が重視。それに比べ、プロ向けの動画編集ソフトは、機能が豊富でアニメーションをつけるといった高度な編集が可能です。

 

YouTube用に編集する方の多くはプロ向けのソフトを使っています。プロ向けの中でも、合成向けはYouTubeやニコニコ動画などで人気がある「MAD」制作におすすめ。MADは既存の動画や音声を加工して、オリジナルの動画を作成する手法です。好きなアニメに音楽を流してPVのような映像を作れます。

動画編集ソフトを選ぶ時のポイントについてご紹介します。メーカーやソフトによって機能性に違いがあるので、選ぶ際の参考にしてください。

各種フォーマット

動画には録画フォーマット、動画出力フォーマットの2種類あります。録画フォーマットはビデオといった機材から取り込むファイル形式のこと。動画出力フォーマットは編集した動画をYouTubeにアップするときのファイル形式のことをいいます。

 

自分のカメラが動画編集ソフトに対応しているかどうかをチェックしておきましょう。また、YouTubeに動画を投稿する場合、MPEG4・MP4・AVIなどに対応していれば安心です。

機能性

各動画編集ソフトにはさまざまな機能が搭載されています。動画編集ソフトを選ぶ際は、自分に必要な機能が搭載されているかをチェックしましょう。

4K動画対応

最近、4Kが普及したことにより4K動画を見かけることが多くなりました。4K動画を編集してアップロードしたい場合は、動画編集ソフトが4Kに対応しているかどうかをチェックしましょう。4Kに対応しているソフトは有料のものが多い傾向にあります。また、4K動画を編集する場合、ハイスペックなPCが必要です。

音楽を入れられるか

オーディオ機能やBGM機能を搭載している動画編集ソフトなら、編集した動画に好きな音楽を設定できます。また、自分の声を録音することで、動画に合わせて音声を入れることが可能初心者向けソフトにも搭載されているものがあるので、ぜひチェックしてください。動画に音楽を加えるだけでも手の込んだ動画になります。

文字入れ機能

文字入れ機能(テロップ)が搭載されているソフトは、SNSに動画を投稿する方におすすめです。話していることをそのまま文字で動画に表示することで、見やすくなります。また、動画に補足を入れることもできるので、多くの人に見てもらう場合に向いています。ソフトによって使える自体や文字サイズなどが異なるので、注意しながら選びましょう。

エフェクト

エフェクト機能は動画にさまざまな効果を与える機能です。稲妻を落としたり、映像を古い映画のような映像にしたりすることができます。搭載しているエフェクト機能の数は動画編集ソフトによって異なります。

 

そのため、どんな効果があるものが搭載されているのかをチェックしましょう。人に見せるための動画を制作するのであれば、動画と動画のつなぎ目をきれいにみせてくれる「トランジション機能」があると便利です。

ロゴ(ウォーターマーク)の有無

無料の動画編集ソフトの場合、ソフトのロゴ(ウォーターマーク)が入るものが多いです。ロゴが出ているものだとYouTubeに投稿できない場合があるので注意しましょう。有料オプションにてロゴを消せる場合があります。

 

企業案件を受ける場合もロゴがないほうがいいです。ロゴなしにしたい場合は、有料版にするか、無料版でロゴが表示されないソフトを選びましょう。

今すぐ見る!おすすめの動画編集ソフト10選

動画編集ソフトを使用する前に、自分が使っているPCのOSやスペックで使えるのかどうかを確認しましょう。OSはWindows10やMac OSなど。大半は両方のOSに対応していますが、Windowsのみの場合もあるので注意してください。

 

また、PCのスペックはcore i7以上がおすすめ。core i5でも動作しますが、フリーズしたり動作が重たかったりとトラブルが多いです。メモリやストレージも容量が大きい方がより快適に編集できます。

無料ソフトの多くは安全に使うことができます。特に有名な無料ソフトや多くのユーザーが利用しているソフトなら安心です。しかし、すべての無料ソフトが安全というわけではありません

 

無料ソフトの中にはウイルスやハッキングなど攻撃してくるものもあります。特に、あまり知られていない動画編集ソフトやサイトでの被害が多い傾向にあります。そのため、無料ソフトを選ぶ際は利用者が多い信頼性の高いソフトを選ぶことをおすすめします。

Wondershare Filmora

こちらは初心者におすすめの動画編集ソフトです。簡単編集モードと高度編集モードが用意されているのが特徴。全く知識がない初心者でも、簡単編集モードを使えばサクサク編集できます。

 

物足りなくなってきたら高度編集モードにステップアップしましょう。無料のため、作業している最中にCMや広告が出てくるのがデメリットです。

iMovie

iMoveはMacに標準搭載されているMac専用ソフトです。Macを持っている方なら手軽に始めることができます。簡単に使いこなせるので、初心者でもクオリティの高い動画を作れるのが特徴

 

これから動画編集したい方やYouTubeに動画を投稿してみたい方におすすめです。また、動作が軽いのでPCのスペックが低くても扱いやすいのもポイント。Mac以外にもiPhoneやiPadでも使えるので、外出先でも編集できます。

AviUtl

こちらはニコニコ動画で使われていることが多い無料ソフトです。AviUtl愛好家コミュニティがあるので、ユーザー同士で情報交換できます。そのため、初心者の方にもおすすめです。

 

このソフトはAVIファイルにフィルターをかけるシンプルな機能が特徴。ですが、プラグイン(拡張機能)を使えば、このソフトのみで1本の動画に仕上げることができます

Microsoftフォト

MicrosoftフォトはWindows10に標準搭載されている動画・写真編集ソフトです。初心者でも使いこなせるシンプルな機能性が特徴。誰でも気軽に動画編集を始められます。サイトからダウンロードする必要がないのもうれしいポイント。

 

市販の動画編集ソフトに比べると機能性は劣りますが、基本的な機能は備わっています。趣味程度で編集したい方に向いているので、無料ソフトで迷ったらMicrosoftフォトから始めてはいかがでしょうか。

DaVinci Resolve17

こちらは無料で高度な編集ができる人気のソフトです。プロの映画関係者やテレビ制作者などが利用していることで有名。基本的な機能以外にカラーコレクション、モーショングラフィックスなどプロ向けの機能も使えます。

 

有料版もあるので、物足りなくなったらグレードアップしましょう。本格的に動画編集をしたい方におすすめです。

上記でご紹介した5つの無料ソフトを比較しました。対応PCや自分に合う機能があるかどうかを確認して、ソフト選びの参考にしてください。

 

ソフト名 Wondershare Filmora iMove AviUtl Microsoftフォト DaVinci Resolve
対応OS Windows7・8.1・10(64bit OSのみ)/Mac OSv10.12またはそれ以降 Mac Windows XP・7など Windows10 Windows/Mac/Linux
対応フォーマット MP4・WMV・AVI・MOV・F4Vなど DV・MPEG-4・MPEG-2など AVI MP4 ほとんどのフォーマットに対応
BGM あり

あり

- あり

あり

エフェクト

あり

あり

あり

あり

あり

ロゴの有無 あり

-

- - -
その他機能 クロマキー合成、画面分割、画面録画、PIP、ズーム&パン、スピードコントロール、カラーグレーディング、など 4K対応、トリミング、文字入れ、SNSへのシェア、動画と写真の結合など リサイズ、トリミング、回転&反転、合成、カット、結合、再生速度・逆再生など 動画圧縮、結合、トリミング&カット、動画回転、文字入れ、画像からのスライドショー、音量調節など HDRグレーディング、ターゲットグレーディング、カラーマネージメント、オートメーション、キーイング&合成、プレート、アニメーションなど
サイバーリンク

PowerDirector 19 Ultra

価格:27,438円 (税込)

初心者でも思い通りの動画を作れる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらのソフトは動画編集の知識がない初心者の方でも、思い通りの動画を作れる人気のソフトです。読みやすいユーザーマニュアルが付属しており、電話&メールによるサポート体制が整っているのもポイント。わからないことがあれば、すぐに解決することができます。字幕をつけたり合成したりすることができ、8Kにも対応しています。

Wondershare

Wondershare Filmora X DVDパッケージ版

価格:9,380円 (税込)

世界中で愛される動画編集ソフト

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらの動画編集ソフトは無料版で紹介したWondershare FilmoraXの有料版です。初心者でもわかりやすい操作性で編集がしやすいのがポイント。1100種類以上の本格的なエフェクトやオーディオなど使い放題です。無料版で制限されている機能が解禁になっているので、動画編集の可能性が無限に広がりますよ。サポート体制が整っているので、なにかあった時も安心です。

アドビ

Premiere Elements 2021 Windows対応 オンラインコード版

価格:17,622円 (税込)

AIっ技術で簡単に動画を編集できる

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Adobe独自のAI技術が採用されているので、撮りためた動画を分かりやすく人物・イベント・場所などに分けてくれます。簡単に検索できたり管理ができるのは、忙しい方には嬉しいポイント。また、編集が簡単に行えるのも魅力的です。編集した動画はSNSに共有することができ、4Kにも対応しているのでさまざなデバイスから見ることができます。

グラスバレー

EDIUS X Pro 通常版

価格:113,500円 (税込)

YouTuberとして活躍したい方におすすめ

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらの動画編集ソフトはクリエイター向けのプロ仕様ソフトになっています。4Kにも対応しているので、高解像度編集をしたい方にもぴったり。チームでの複数人による共同編集が可能なのが特徴です。HDRビデオ編集などさまざまなフォーマット、コーデックに対応しています。YouTubeをはじめその他の映像制作の仕事をしたい方は、ぜひチェックしてみてください。

コーレル

VideoStudio Pro 2020

価格:14,080円 (税込)

360度ビデオも作れちゃう動画編集ソフト

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらの動画編集ソフトは、360度ビデオを制作することができます制作した360度ビデオはVRヘッドや対応プレイヤーに読み込めるファイル形式に出力することが可能です。なので、VRで立体的な映像を楽しむことができます。もちろん通常の動画編集も可能。1500種類以上のフィルターやエフェクト効果を活用して、すばらしい動画を制作することができますよ。

上記でご紹介した5つの有料ソフトを比較しました。価格や欲しい機能があるかどうかを確認して、予算に合ったソフトを選びましょう。

 

ソフト名 PowerDirector 19 Ultra

Wonderahare Filmora X

Premiere Elements2021 EDIUS X Pro Video Studio 2020 Pro
価格 12,964円(買い切り版) 9,380円(買い切り版)

23,227円(買い切り版)

113,500円(買い切り版) 13,349円(買い切り版)
対応OS Windows10・8.1・7/Mac版もあり

Windows10・8(8.1も含む)・7※すべて64bi tOSのみ

Windows(Mac版もあり) Windows Windows10・8.1
対応フォーマット - - - 多彩 -
BGM

あり

あり - - -
エフェクト

あり

あり - あり あり
ロゴの有無 - - なし なし -
その他機能

リニア パラレルマスク、アンカーポイント、テンプレート、字幕など

キーフレーム、モーショントラッキング、クロマキー合成、画面分割、カラーマッチなど GIFアニメ、テキスト、グラフィック、オブジェクトを移動・拡大・縮小など - テンプレート、360度ビデオ編集ツール、補正など

今回は動画編集ソフトについてご紹介しました。さまざまなソフトが販売されていますが、大切なのは自分が使いやすいかどうかです。この記事を参考に、自分に合ったソフトを選んでください。