【2022年最新】おすすめタブレット7選|人気メーカーの最新情報も紹介!

コンパクトで持ち運びやすいタブレットは非常に人気です。毎年のようにタブレットの最新機種が販売されますが、今回は2021年最新のタブレットを紹介します。また、タブレットの選び方・注意事項・主なメーカーの最新情報も紹介するので、ぜひチェックしてください。

2022/01/06 更新

タブレットが1台あると、自宅でゲームをしたり動画を観ることができます。また、外出するときにタブレットを持っていけば、電車などで移動中に電子書籍を読んだり、音楽を聴いたりと、さまざまな場面で活躍しますよね。

 

タブレットはスマホよりも画面が大きいため、映画や動画を見るときやゲームをするときには、大きな迫力ある画面で楽しむことができます。また、自宅では部屋を移動し、リビングや寝室でお気に入りの映画を観ることもできる便利なアイテムです。

 

今回は、2021年最新版の人気タブレットを厳選し紹介していきます。また、タブレットを選ぶときのポイントや、生産している主なメーカーについても解説しますので、ぜひチェックしてください。

ここでは、タブレットを購入する際にチェックしてほしい選び方のポイントについて説明します。サイズ・搭載OS・容量・メモリ、使える通信の種類について項目別に解説しますので確認しましょう。

画面のサイズ

7~8インチのタブレットは、スマホより一回り大きいサイズのため、持ち運びしやすいメリットがあり、さまざまな場所で気軽にインターネットができます。価格は比較的安いモデルが多いので、コスパが良いタブレットを探している人におすすめです。

 

9~10インチのタブレットは画面が大きいため、動画や映画、ゲームなどをより楽しみたい人に適しています。小さな文字を拡大して見やすくなり、電子書籍やSNSが快適に楽しめます

 

11インチ以上のタブレットは、画面がかなり大きくほぼモバイルパソコン並の大きさです。高性能の機種が多く、キーボードやマウスを接続するとパソコン代わりにもなります。

OSの種類

タブレットのOSには「Android OS」「Windows OS」「iOS」の3種類があります。Android OSはGoogleが提供するOSで種類が多く、好みのモデルを選べる点が魅力です。他のOSのタブレットと比べて価格が安く付加機能が充実しています。

 

Windows OSはMicrosoft社が開発したOSでパソコンにも使われています。WordやExcelなどのOfficeソフトがタブレット上でも使えて便利です。

 

iOSはApple社が開発しているOSで、Apple IDで写真やファイルを同期できるため、iPhoneユーザーに人気があります。初期設定不要でタブレット初心者にもおすすめです。

LTEに対応しているかどうか

タブレットにはLTE対応モデルとWi-Fiモデルの2種類があります。LTEモデルはSIMカードを挿すことで通信ができ、外出先でもLTEの範囲内であればどこでもインターネットが楽しめます

 

Wi-Fiモデルは、Wi-Fi環境が整った場所でのみ使えます。主にどこでタブレットを使用するのかを考えて購入しましょう。また、価格を比較すると一般的にWi-Fiモデルの方が安く、格安タブレットのほとんどがWi-Fiタイプです。

メモリ・ストレージ容量

メモリとはデータを一時的に保存しておくための場所です。メモリの容量が大きくなればタブレットの動きもより速くなります。少ないアプリやゲームを楽しむ場合は2GB、複数のアプリやゲームを同時に使いたいなら4GBが目安です。

 

ストレージとはタブレット本体にデータを保存する場所を指します。WebサイトやSNSを閲覧する程度の使い方であれば18~16GB、アプリやゲームを多く使う場合は32GB、写真・動画・ゲームなど複数のアプリを快適に使うには64~128GBが理想的です。

ここでは、タブレットに搭載されているとより安全・便利になる機能について説明します。同じサイズや価格のモデルを比較するときに、参考にしたい機能です。

液晶画面の解像度

ディスプレイの解像度とは、画面にある小さなドット(点)のことです。基本的に数値が大きいほど色鮮やかで美しい映像が楽しめます。

 

現在主流の解像度は「WXGA(1280×800)」「フルHD(1920×1080)」「WUXGA(1920×1200)」の3種類です。WXGAは解像度が低く、電子書籍など細かい文字を読むときには不向きと言えます。フルHDとWUXGAは解像度がより高く、鮮明な映像や文字、画像を楽しむことができます

防塵・防水機能

スポーツやキャンプなどのアウトドア活動でタブレットを使う場合は、防塵・防水機能を搭載したモデルがおすすめです。防塵・防水機能はIPの単位が使われていて「IP58」のように表記されています。前の数字が防塵、後ろが防水レベルを表します。

 

また、家の中でもキッチンやお風呂の中でタブレットを使うことを想定している場合は、防水機能を確認しましょう。水を使う料理中にレシピを見るならば「IPX4」、湯舟に浸かりながら映画を観る場合は「IPX7」レベルを目安にしてください。

キッズモードの有無

タブレットを家族間で共有する場合や、子供のオンライン授業やゲーム用として購入する場合は、キッズモードが設定できるタブレットがおすすめです。キッズモードとは、子供に有害なアプリの使用や有害サイトへのアクセスをブロック・利用時間を制限する機能です。

 

また、有料アプリの購入を制限し、アプリのインストールや削除も防止します。タブレットは使い方次第で危険性も伴うので、子供用のタブレットはキッズモードの有無をぜひチェックしましょう。

ブルーライトカットの有無

電子機器が発するブルーライトを浴び続けると目や体へ影響があると言われているため、気になる人も多いのではないでしょうか。ブルーライトが気になる場合は、「ブルーライトカットモード」があるタブレットを選ぶことをおすすめします。

 

タブレット上でブルーライトカットを設定すると、画面から出るブルーライト量を軽減できます。目の負担を抑えたい人や長時間タブレットで動画やゲームをする人はぜひ活用しましょう。

毎年のように各メーカーから最新式のタブレットが販売されています。ここでは、2021年現在のメーカー別タブレットのリリース情報を紹介します。気になるメーカーの情報収集をしたい人や、メーカー比較をしたい人はぜひ注目してください。

NEC(エヌ・イー・シー)

NECは2021年2月に新製品「LAVIE T11」の発売を予定しています。T1195とT1175の2種類で価格は4万円代~の予定です。

 

T1195/BAS11.5インチで、有機ELディスプレイ・4スピーカーのDolby Atmosを搭載予定。顔認証と指紋認証の2種類の生体認証が可能となっています。

 

T1175/BAS11インチで、IPSディスプレイ・4スピーカーのDolby Atmosを搭載予定。IP52レベルの防塵・防水機能付きです。

TCL(ティー・シー・エル)

TCLは2021年1月22日にAndroidタブレットの「TCL TAB 10s」を発売しました。au +1 collectionオリジナルモデルとして、auショップやau Online Shopなどで販売します。価格は2万2,720円(税抜)です。

 

TCL TAB 10sは、10.1インチサイズでフルHDのIPS液晶ディスプレイを搭載しています。ベゼル幅が9.96mmと大変細いデザインで、画面占有率が80%と極限まで縁を減らしました。スピーカーは2基でステレオサウンドが楽しめます。

Lenovo(レノボ)

Lenovoは2021年1月26日に最新のZoom専用端末を発売開始しました。Zoom環境に特化した「ThinkSmart View for Zoom」で、ディスプレイは8インチ液晶(1280×800ドット)です。

 

メモリが2GBで内部ストレージは8GB。コンパクトサイズのタブレット本体には、ディスプレイ・カメラ・スピーカー・マイクを搭載しています。狭い場所や自宅などでも快適に利用できる「Zoom for Home」対応です。

HUAWEI(ファーウェイ)

中華タブレットで圧倒的なシェアを誇るHUAWEIは、2020年7月初旬にタブレットの新製品を発売しましたが、今後の新製品の販売は未定です。前回発売された最新式タブレットの特徴は以下の通りです。

 

8インチタブレットの「MatePad T8」は重量が約310gと大変軽いため片手でも持ちやすく、持ち運びに便利なモデルです。メモリは2GBでストレージが16GB、microSDカードで最大512GBまで拡張できます。セキュリティ面では顔認証を採用し、子供向けのキッズモードにも対応しています。

Xperia(エクスペリア)

Xperiaの今後の新製品の発売予定は、2021年2月現在では特に発表されていません。現在の最新式タブレットは2015年5月に発売された「Xperia Z4 Tablet」です。

 

Xperia Z4 Tabletは10.1インチのタブレットで、最薄の約6.1mmで重量が約389gという軽量のモデルです。液晶テレビ・ブラビアで培ったSONYの技術を採用した高解像度ディスプレイ(WQXGA)を搭載しています。また、水深1.5mに30分間沈めても故障しないIPX5/8の防水性能も魅力です。

Samsung(サムスン)

Samsungは2021年1月14日に、タブレットの新製品を発売する旨を発表をしました(発売日は未定)。Galaxy S21シリーズの新製品で「Galaxy S21」、ハイエンドモデルの「Galaxy S21+」、プレミアムモデルの「Galaxy S21 Ultra」という3つのモデルを発売する予定です。

 

新製品では、ガラスとメタルを融合したデザインに一新されました。望遠レンズは3倍・10倍の2種類に調整できる設計です。その他の詳細は、今後のプレスリリースに注目しましょう。

Lenovo (レノボ)

Tab B10

価格:16,362円 (税込)

手頃な価格で普段使いにおすすめのタブレット

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Tab B10は10.1型の大型サイズのタブレットで、本体が1万円代という手頃な価格です。画面にはIPS液晶・OSはAndroid 9.0を搭載しています。メモリが2GB・ストレージ容量が16GBと少なめですが、マルチタスク目的ではなくネット検索や動画閲覧など、一般的な使い方をする分には必要十分なスペックと言えます。顔認証やキッズモードも搭載。子供用タブレットとしてもおすすめです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー Lenovo (レノボ) 商品名 Tab B10 Qualcomm Snapdragon
OS Android 9 Pie 対応キャリア Wi-Fiモデル
CPU Qualcomm Snapdragon 429 クアッドコア プロセッサー メモリ 2GB
ストレージ 16GB 画面サイズ 10.1インチ
背面カメラ/インカメラ画素数 1300万画素/500万画素 4K撮影 -
ネットワーク IEEE802.11a/b/g/n/ac バッテリー駆動時間 約8.5時間
サイズ 重量 169.2 x 243.2 x 8.4mm、480g
NEC (エヌ・イー・シー)

LAVIE Tab E PC-TE708KAS

価格:27,250円 (税込)

8インチで外出先でも画面が見やすいタブレット

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

LAVIE Tab Eは、NEC製の8インチタブレットです。8コアCPU・4GBのメモリー、IPS液晶を搭載し、複数のアプリを操作やゲームプレイも快適に楽しめます。内部ストレージは64GBで比較的余裕がある容量です。バッテリーに関しては、連続使用時間がインターネットの閲覧・動画再生で約13時間となっています。本体価格は約3万円と比較的求めやすい価格で、コスパの良さも魅力です。

 

スペック詳細はこちら

メーカー NEC (エヌ・イー・シー) 商品名 LAVIE Tab E TE708/KAS
OS Android 9.0 対応キャリア Wi-Fiモデル
CPU MediaTek Helio P22T 2.3GHz(8コア) メモリ 4GB
ストレージ 64GB 画面サイズ 8インチワイド
背面カメラ/インカメラ画素数 1300万画素/500万画素 4K撮影 -
ネットワーク IEEE802.11a/b/g/n/ac バッテリー駆動時間 最大13時間
サイズ 重量 122.6 x 8.2 x 198.2mm、305g
Apple (アップル)

iPad 第8世代

価格:53,500円 (税込)

コスパの良さが魅力のタブレット

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

iPad 第8世代は、比較的手頃な価格のApple社のタブレットを探している人におすすめのモデルです。スペックは高処理能力のA12 Bionicの・フル充電時のバッテリーの稼働時間が約10時間です。搭載機能は、動画や写真を撮影するときの「8MPバックカメラ」・再生時に美しい画像・映像が楽しめる「Retinaディスプレイ」などが主にあります。写真や動画を撮影したり再生して確認することが多い人にもおすすめのタブレットです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー Apple (アップル) 商品名 iPad 10.2インチ MYLD2J/A
OS iPadOS 14 対応キャリア nano-SIM (Apple SIMに対応)
CPU Apple A12 メモリ -
ストレージ 128GB 画面サイズ 10.2インチ
背面カメラ/インカメラ画素数 800万画素/120万画素 4K撮影 ×
ネットワーク IEEE802.11a/b/g/n/ac バッテリー駆動時間 最大10時間
サイズ 重量 174.1 x 7.5 x 250.6mm、490g
ASUS (エイスース)

ZenPad 10 Z301MFL-WH16

価格:49,800円 (税込)

デュアルフロントスピーカー搭載!本格的な音が楽しめる

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ZenPad 10はASUS社独自の「VisualMaster」技術を採用したタブレットです。使う場所の明るさにより自動的にコントラスト調整をします。また、撮影後も解像技術のASUS Tru2Lifeテクノロジーにより、画像や動画を鮮明で美しい状態で再生して確認できます。また、デュアルフロントスピーカーも搭載。別途スピーカーに接続しなくても、臨場感溢れるサウンドを体感できます。シンプルなデザインも魅力です。

 

スペック詳細はこちら

メーカー ASUS (エイスース) 商品名 ZenPad 10 Z301MFL-WH16
OS Android 7.0 対応キャリア SIMフリー
CPU MediaTek MT8735A プロセッサー メモリ 2GB
ストレージ 16GB 画面サイズ 10.1インチ
背面カメラ/インカメラ画素数 500万画素/200万画素 4K撮影 -
ネットワーク IEEE802.11a/b/g/n バッテリー駆動時間 最大11.2時間
サイズ 重量 172.1 x 251.7 x 8.9mm、490g
Apple (アップル)

iPad mini 第5世代

価格:50,380円 (税込)

ペンも使える人気のiPadの新製品!

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

iPad miniは、世界中で根強い人気があるコンパクトサイズのタブレットです。前モデル・iPad mini 4と比較すると、チップにiPhone XSと同じ「A12 Bionic」を搭載したことで、性能が大幅にアップしています。また、Apple Pencilにも対応。文字を滑らに書いたりスケッチを楽しんだり、メモ書きをしたりできます。外出時に持っていき、インターネットチェックや動画鑑賞、地図を見るなど様々なシーンで活躍します。

 

スペック詳細はこちらあ

メーカー Apple (アップル) 商品名 iPad mini Wi-Fi 64GB
OS iPad OS 対応キャリア Wi-Fiモデル
CPU Apple A12 メモリ -
ストレージ 64GB 画面サイズ 7.9インチ
背面カメラ/インカメラ画素数 800万画素 / 700万画素 4K撮影 -
ネットワーク IEEE802.11a/b/g/n/ac バッテリー駆動時間 最大10時間
サイズ 重量 203 x 135 x 6mm、300.5 g
Lenovo (レノボ)

Tab E8 ZA3W0042JP

価格:14,275円 (税込)

キッズモード搭載!家族で使えるタブレット

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

複数のアカウントが作成でき、家族全員で使う場合や職場で共有してタブレットを使う場合にピッタリのタブレット。高品質の音を再生できる「Dolby Atmos」を搭載。スピーカーやヘッドホンを通しても、迫力のあるサウンドを楽しむことができます。家族で使う場合、気になるのがセキュリティ面ですが、キッズモードを搭載していて、アプリ利用制限や特定サイトへのアクセス制限などができ、子供も安心して使用できます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー Lenovo (レノボ) 商品名 Tab E8 Wi-Fiモデル ZA3W0042JP
OS Android 7.0 対応キャリア Wi-Fiモデル
CPU MediaTek MT8163B クアッドコア プロセッサー 1.30GHz メモリ 2GB
ストレージ 16GB 画面サイズ 8インチ
背面カメラ/インカメラ画素数 500万画素 / 200万画素 4K撮影 -
ネットワーク IEEE802.11a/b/g/n バッテリー駆動時間 最大10時間
サイズ 重量 266 x 173 x 43mm、320g
Amazon

Fire HD 10

価格:15,980円 (税込)

どの角度からも見やすく高画質のタブレット

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Fire HD 10は、液晶画面にIPSフィルターと偏光フィルターを採用していて、あらゆる角度から画面を見ても反射や光の映り込みがなく、美しい画像・映像が楽しめます。内部ストレージはFireタブレットシリーズの中で最大容量の32GB・64GB。必要な容量のストレージを選ぶことが出来ます。フル充電しておくと、最大で10時間の連続使用が可能です。また、Dolbyオーディオステレオスピーカーを搭載しさまざまなシーンで活躍します。

メーカー Amazon 商品名 Fire HD 10 32GB
OS Fire OS 対応キャリア Wi-Fiモデル
CPU 2.0GHzオクタコアプロセッサ メモリ 2GB
ストレージ 32GB / 64GB 画面サイズ 10.1インチ
背面カメラ/インカメラ画素数 2メガピクセル 4K撮影 ×
ネットワーク IEEE802.11a/b/g/n バッテリー駆動時間 最大12時間
サイズ 重量 262 x 159 x 9.8mm、500g

ここでは、タブレットを購入して実際に使う前に実践したいウイルス対策について解説します。タブレットに搭載されているOSにより対策方法が異なるので、ぜひ確認しましょう。

iPadはウイルスに比較的強い

Apple社のiPadは、厳しい審査を通ったアプリのみインストール可能なため、一般的にウイルス感染のリスクが低いとされています。アプリ審査の過程で、怪しいアプリは省かれるのでiOS自体がウィルスを作りにくい仕様になっています。

 

セキュリティソフトを入れる必要はありませんが、常にアップデートを忘れずに行うことが大事です。常にシステムを最新の状態にしておくことが、iPadのウイルス感染予防にもつながります。

Android系はセキュリティソフトが必須

Android系のタブレットは、ウイルス対策に関してはiPadと比較すると脆弱だと言えます。不正アプリや詐欺メールの受信などの危険性もあります

 

Android系タブレットをウィルス感染から守るためには、セキュリティアプリをインストールすることが大切です。セキュリティの機能を果たさないものや、ウイルスの脅威が増してしまう偽ソフトもあるため、有名で信頼度が高いセキュリティソフトを選びましょう

Windows系もウイルス対策が必要

パソコン用のOS・Windows10にはソフト自体にセキュリティ機能が付属しているため、Windows系のタブレットもセキュリティソフトを入れずに使用している人が多いのではないでしょうか。

 

「セキュリティソフトを入れると、動きが重たくなり作業中にフリーズが頻繁に起きてしまうので、できるだけインストールしたくない」との声も見受けられます。

 

しかし、大切なデータを守るためには、Android系タブレットと同様にWindowsタブレットにもセキュリティソフトをインストールし、対策を万全にしておくことが大事です。

タブレットはスマホよりも大きく、パソコンよりもコンパクトで持ち運びやすいことから、需要が高いデバイスです。高性能なモデルが増え、最新モデルにはパソコン並みの機能を搭載しているものもあります。目的や予算に合うタブレットを見つけて楽しみましょう。