簡単に使えるおすすめの動画編集ソフト11選!選び方も詳しく解説

趣味で撮影した動画や家族・友人との思い出を素敵な動画にしたくはありませんか?動画編集ソフトを使えば、簡単に編集をすることができます。今回は、簡単に使える動画編集ソフトについてご紹介します。おすすめの動画編集ソフトもご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

2021/02/22 更新

自分が撮影した動画を編集してみたいと思ったことはありませんか?しかし、動画を編集する作業は難しそうとマイナスなイメージが強く、なかなか最初の一歩を踏み出せない方もいるでしょう。

 

しかし、簡単に使えるソフトを選べば誰でも動画を編集することができます。また、無料から使えるソフトもあるので気軽に挑戦できます。家族や友達と撮影した思い出の動画を編集して、記念にプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

 

今回は簡単に動画編集を行える動画編集ソフトについてご紹介します。おすすめのサイトやソフトもご紹介しているので、趣味で撮影した動画をYouTubeやSNSに動画を投稿してみたい方はぜひ参考にしてください。

今すぐ見る!【無料】簡単に使える!おすすめの動画編集ソフト7選
今すぐ見る!高度な編集ができて操作は簡単!おすすめの動画編集ソフト4選

子供のなりたい職業ランキング1位を獲得するほど人気のあるYouTuber。自分の好きな動画を投稿してそれを仕事にできるなら自分もなりたいと思っている方は実際多いです。しかし、YouTubeに動画を投稿するなら、必ず動画編集を行う必要があります。

 

字幕や効果音をつけるのは一見難しそうな作業です。初心者の方は自分にはできなさそうだと諦める方もいますが、簡単に編集を行えるソフトはたくさんあります。

 

無理だと諦める前に、これから紹介する動画編集ソフトを試してみてください。凝った動画を初心者でも簡単に作ることができます。

動画編集ソフトを選ぶ時のポイントをご紹介します。使いやすい動画編集ソフトを見つけてください。

シンプルに基本的な編集機能を搭載したソフト

初めて動画編集ソフトを使う方なら、基本的な編集機能を搭載したシンプルなソフトを選ぶといいでしょう。必要以上の機能が搭載されているソフトほど作業が複雑で難しくなります。慣れたらステップアップして高度な編集ができるソフトを選ぶようにしましょう。

 

まずは、動画の切り貼り・文字の挿入(テロップ)・静止画の挿入などの機能が搭載されたソフトがおすすめです。また、BGMやエフェクトをつけられるものもあります。

動画ファイルのフォーマットに対応しているか

動画にもさまざまなファイル形式があります。動画編集ソフトで編集できる動画ファイルの形式をチェックしておきましょう。また、書き出すファイル形式にも要注意です。

 

ファイル形式の中でも.mp4の動画ファイル形式ならスマホやさまざまなOSブラウザで再生することができ、YouTubeのような動画サイトへの投稿もできます。他にもMPEG4、AVIなどがあります。4K動画を編集する場合も対応しているか必ずチェックしておきましょう。

利用するパソコンのOS・スペックをチェック

動画編集ソフトを選ぶ際は、使っているパソコンのOSやスペックを必ずチェックしておきましょう。Windows10やMac OSパソコンのOSが対応していなければ、インストールすることができません。

 

また、動画編集をするならcore i7以上のスペックは欲しいところです。core i5を使っている方は、フリーズしたり動作が重くなることが多いので気をつけましょう。

 

低スペックパソコンを使っていてどうしても編集がしたい方は、パソコンに標準搭載されているWindows10フォト(Windowsの場合)やiMove(Macの場合)を使うといいでしょう。予算があるのであれば、買い替えをおすすめします。

今すぐ見る!【無料】簡単に使える!おすすめの動画編集ソフト7選
今すぐ見る!高度な編集ができて操作は簡単!おすすめの動画編集ソフト4選

動画編集ソフトには無料のものもあります。無料なので気軽に使えるのがメリットです。特に初心者の方なら初めは無料のソフトを選ぶ方が多いでしょう。しかし、無料ソフトは安全なのか不安な気持ちもありますよね。

 

無料ソフトは基本的に安全なものが多いです。しかしながら、動作が重たいものや無料だと機能に制限がある場合が多いです。また、作業中に広告が入ったり、動画編集ソフトのロゴが動画内に入ったりするなどのデメリットが多くあります。

 

無料ソフトは気軽に使えますが、デメリットもあるため作業の快適さや口コミなどを元に選びましょう。

無料版ソフトで初心者でも簡単に使える動画編集ソフトをご紹介します。まずは無料から始めてみたいと考えている方はぜひ参考にしてください。

AviUtl

AviUtlは高機能で使いやすいと定評のあるフリー動画編集ソフトです。シンプルな操作性で、初心者でも使いやすいのが特徴で、機能を拡張するためのプログラム(プラグイン)が豊富なのも人気の理由です。

 

動画の基本的な編集はAviUtlのみで完結するといってもいいほど機能が充実しているので、動画編集を試してみたい方はぜひチェックしてみてください。また、AviUtl愛好会コミュニティがあり、他のユーザー同士で情報交換できるのも嬉しいポイントです。

Wondershare Filmora

Wondershare Filmora Xは初心者の方から上級者の方まで幅広く使える動画編集ソフトとして人気です。サポート体制が整っており、お困りのことやわからないことをメールで問い合わせできます。

 

また、基本的な動画編集の知識や役立つ情報を公開してくれているので、参考にしながらすぐに編集作業ができます。チュートリアルも公開されているので、知識がない初心者にとって魅力的なフリーソフトです。

VSDC Free Video Editor

家族との思い出や会社のプレゼンテーション用まで幅広い用途で使える動画編集ソフトです。カットはもちろん動画のファイル併合、視覚効果や効果音などさまざまな編集作業が行えます。

 

使用期間や広告がなく、ずっと無料で使えるのがVSDCの特徴です。フリーソフトにも関わらず、出来のいい動画を作成することができます。DVDへの書き込みに対応しているので、友人や家族などに作成した動画をプレゼントすることも可能です。

Icecream Video Editor

Icecream Video EditorはWindows専用の動画編集ソフトです。動画・画像の両方から動画を作成や編集ができます。画面の左側に動画や画像が表示され、右に作成している動画、画面下に選んだ動画や画像が表示されます。

 

表示画面が大きく見やすいので、初心者の方でも使いやすいです。また、動画や画像を選んで結合していくだけのシンプルな作業なので、知識がなくても直感的に使えるのがポイントです。BGM、エフェクト効果、文字入れ、コントラスト調整など機能も充実しています。

Canva

Canavaはオンラインデザインツールなので、ソフトをインストールする必要がありません。インターネットさえ繋がっていれば手持ちのパソコンはもちろんタブレット、スマホからでも編集することができます。

 

アニメーショングラフィックや音楽トラック、フィルター機能など機能性もばっちりです。動画の目的に合わせたテンプレートが用意されているので、初心者でも簡単に動画を編集することが可能です。Canavaは主にSNS向けの動画を作成したい方に向いています。

Clipchamp

動画編集未経験の初心者の方でもプロ並みの動画を作成することができる編集ツールです。Canava同様、ソフトをインストールする必要がありません

 

ビデオテンプレートがあるので、目的に合わせて使うことも可能です。ゼロから作成する必要がないので、手間が少なく済みます。YouTubeチャンネル用や、インスタグラムのプロモーションビデオなどが用意されています。

 

トリミングをはじめオーディオと画像を追加したり色の調整、フィルター、文字入力など基本的な機能が搭載されています。

Freemake Video Converter

Freemakeは簡易の動画編集ソフトとして人気があります。初心者の方でも始めやすく、まずはここからチャレンジしてみるのもいいでしょう。Windows10/8.1/8/7もしくはVista専用になるので、Macなど他OSでは使えません。

 

使い方は簡単で、まずはソフトをインストールしビデオファイルを追加します。そして、動画を編集し、最後に適切な動画ファイル形式に変換すれば完了。インストールさえしてしまえば、3ステップですべての作業が完了します。シンプルな操作性が魅力的なソフトです。

手の込んだ編集が簡単にできる優秀な動画編集ソフトをご紹介します。YouTubeのような動画サイトへの投稿を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

iMovie

iMoveはMacに標準搭載されている動画編集アプリです。WindowsのOSだと使えないのがネックですが、iMoveはクオリティの高い動画を作れると人気があります。また4K動画にも対応しているので、思いのままの動画を作成することが可能です。

 

また、iPhoneやiPadでも編集することができるので場所を問わずに編集できます。専門知識がない初心者の方でもプロ並みの動画が作れるように機能が充実し、使いやすいのが特徴です。エフェクトやハリウッドクラスのフィルター、サウンド効果が使えます。

DaVinci Resolve 17

映画やテレビ番組を制作するプロの方にも使われている本格的な動画編集ソフトです。まずは試してみたいという方は先にフリーソフト版を使うようにしましょう。有料版は39578円(税込み)で購入できます。

 

無料版でもカットやカラー調整、2D&3Dタイトルのアニメート、無償のサウンドライブラリなど機能が十分に備わっているので、より高度な編集をしたい方におすすめです。物足りなくなったら、さらに機能が充実した有料版へとステップアップしましょう。

Adobe Premiere Pro CC

Premiere Pro CCはAdobe公式サイトから月2728円から使うことができる有料ソフトです。4K動画編集ソフトとして定評があり、多くのプロの映像業界の方やYouTuberの方が利用しています。

 

操作が複雑なので、初心者の方は慣れるまで時間がかかるのがデメリットです。しかし、慣れてしまえばプロが作ったような動画を作成することができます。チュートリアルが公開されているので、基本から応用までさまざまな編集技術を学び動画編集を楽しみましょう。

PowerDirector 19 Ultra

サイバーリンク

PowerDirector 19 Ultra 通常版

価格:27,438円 (税込)

Amazonで人気の動画編集ソフト

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Amazonでベストセラー1位に輝く動画編集ソフトです。初心者の方でも思い通りの動画を作成することができる本格ソフトとして人気があります。マニュアルも付属されており、サポート体制が整っているので安心して使用できます。買い切り型なので、バージョンアップをしない限り追加費用がかからないのは嬉しいポイントです。900種類以上のテンプレートやエフェクトなどずっと使いたい方におすすめです。

ソフトを購入する際、よく買い切り型とサブスクリプションという言葉を目にするでしょう。買い切り型とサブスクリプションは有料ソフトになりますが、支払い形態が違います。

 

買い切り型は1回だけ商品代金を支払えば、そのあと追加費用なしで使い続けることができるものをいいます。それに比べて、サブスクリプションは月々定額で料金を支払います。不要になったら解約できるがポイントです。

 

少額から始められ、買い切り型よりもソフトを試しやすいのがサブスクリプションの特徴です。しかし、急なサービスが終了や、解約を忘れて利用料金を払い続ける場合もあるので注意して使いましょう。

今回は簡単に使える動画編集ソフトについてご紹介しました。動画編集はソフトを使えば誰でも簡単にできます。この記事を参考に動画編集を始めてみてはいかがでしょうか。家族や友人に動画のプレゼント、YouTubeや他の動画サイトに投稿するなど動画編集を楽しみましょう。