ケノンの脱毛器は優秀?顔やVIOへの使い方や気になる口コミについて

ケノンは人気の脱毛器として有名ですが、価格が高く、口コミなどの意見だけでは優秀さが分かりづらいですよね。そこで、今回はケノンの脱毛器の特徴・使い方・注意点についてまとめました。カートリッジをお得に購入する方法も紹介しているので、参考にしてください。

2021/10/22 更新

ケノンは脱毛器の中でも人気が高い製品ですが、決して安いとは言えない金額ですよね。高額製品にも関わらず、なぜケノンは長い期間ずっと高い支持を得ているのでしょうか。

 

大きな理由して、圧倒的な口コミ数と販売歴の長さがあります。日本製で、日本人の肌に合わせた設計で安心という点も特徴利用者のレビュー数も多いようです。また、ケノン脱毛器のスタート販売が2012年3月からなので、販売歴の長さも信頼感を得ています。

 

今回は、そんな人気脱毛器であるケノンの特徴・効果・使い方について情報をまとめました。良い口コミもありますが、痛いという声についても気になりますよね。検討中の場合は、購入の判断材料としてぜひ参考にしてください。

エムテック

KE-NON

価格:69,800円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ケノンの口コミが圧倒的な数で評価も高いとわかりましたが、その中に「ケノンは痛い」「最悪」というワードなど、あまり良くない口コミも存在します。さらに、公式サイトが分からないという声も多くあるようです。以下の項目で、デメリット要因や公式サイトについて解説します。

ケノンは痛いという口コミもあるけど?

せっかく高い買い物をしたのに、痛みを我慢しながら脱毛はしたくないですよね。実際の口コミをもとに、ケノンは脱毛時の痛みを伴いやすいのか検証してみましょう。

基本的にどの脱毛でも痛みは伴う

実際に、「ケノンが痛い」という声はあまり多くありませんが、口コミでは痒みを感じる方の声も挙げられていました。ケノンの脱毛器の出力は、最大レベル10まで調整可能ですが、レベル2の低い出力でも、人によっては肌トラブルを起こす場合があります。家庭用脱毛器を使う場合は、どの光脱毛でも多少なりとも痛みや痒みなどを伴う可能性があることを考慮しましょう。

出力調整や毛の濃さ・太さ次第でも変わる

ケノンの脱毛方式は、キセノンランプを使ったメラニン色素に反応する脱毛方法です。黒い色に光が反応するため、毛が太いとそれだけ痛みを感じやすくなります。

 

ホクロも「黒い色素」として認識するため、ホクロは避けて照射してください。さらに、照射部位が日焼けや色素沈着をしている場合は、照射自体を行えないので注意しましょう。

ケノン使用前後に冷却する必要がある

肌トラブルを避けるために大事なのが、照射後の部位を冷却することです。照射後は肌が赤くなり、痛みや痒みが起こりやすくなっているので、照射後は冷却して鎮静化させます。

 

ケノンには冷却用の保冷剤がついているので、使用前と後に10秒程度を目安として冷却しましょう。また、使用後は乾燥しやすいので保湿ケアも行ってください。

ケノン公式ショップはどれが本物?

ケノンを調べていると、複数のサイトがあるため、どれが公式サイトなのか分かりづらいです。実は、ケノンの公式店は2社あり「アローエイト株式会社」または、「株式会社エムロック」という会社です。

 

公式店か不明な場合は、「ケノン.com」で検索すると見つけられます。中にはケノンと称した怪しいサイトもあるので、公式サイトから購入してください。以下に、公式サイトのリンクを貼っているので確認しましょう。

 

ケノン公式サイト

ここでは、具体的にケノンの脱毛器にはどういう特徴があるのかを解説します。他の家庭用脱毛器と比べて、高い人気を誇る理由を紹介します。

カートリッジ交換式経済的で衛生的にもおすすめ

ケノンの脱毛器カートリッジは取り換え式なので、経済的かつ衛生的です。ケノンに関わらず、カートリッジ交換式の脱毛器は、照射回数が多くコスパにも優れています。

 

また、購入時についてくるスーパープレミアムカートリッジは、最大出力でも50万発の照射が可能です。1度購入すれば、何年も買い替え不要で使用できる利点があります。家族間でカートリッジを取り換えれば、脱毛器1台で使い回しでき、コスパが良いのも特徴です。

ケノンは顔やVラインを含む全身に使用できる

ケノンは、顔やVラインを含む全身脱毛が可能です。ただし、IOラインの皮膚が薄くて色素沈着を起こしやすい部位への使用は避けるように、注意書きがあります。粘膜部に当たらないようにして低出力で脱毛する人もいますが、あくまでも自己責任の元で行なってください。

 

また、ケノンにはまゆ毛脱毛専用ピンセットも付いているのも特徴で、痛みはほぼなく脱毛ができると人気です。毛を抜けやすくする効果が期待できるので、まゆ毛処理がしやすくなります。

ケノンの気になる脱毛効果は、半年ほどで毛が徐々に生えなくなったと感じる人もいるようです。そもそも、ケノンの脱毛器は家庭用脱毛器なので、医療脱毛のような永久脱毛の効果はなく、除毛が期待できるレベルです。

 

医療脱毛のような効果を期待したユーザーが、がっかりしてしまうケースもあります。もちろん、除毛効果も個人差がありますが、継続して使用することによる脱毛効果は高いという評価も多いので、継続的に使用して気長に様子をみましょう。

ケノンを使用するうえで、気を付けたいことをいくつか挙げてみました。これからケノンを利用する方は、ぜひご一読ください。また、使用の際は必ず取扱説明書を確認してから行いましょう。

前日にカミソリまたはシェーバーで毛を処理しておく

脱毛の効率を上げるため、ケノンを使用する前日にムダ毛をカミソリ、またはシェーバーで処理しておく必要があります。当日に処理しても問題はありませんが、毛先が若干残っている方が効率よく脱毛できるので、前日の処理がおすすめです。ただし、ピンセットでの処理は黒い点を認識できず、正しく照射ができないので控えてください。

照射レベルを調整する

ケノンはレベル1~10まで照射調整ができます。まずは、レベル1から試験的に腕や手の甲で試し、安全なことを確認してから使用ましょう。高いレベルの方が効果を実感しやすいですが、無理に出力を上げると肌トラブルの原因になることも。

 

照射レベルが上がるにつれて、痛みを伴いやすくなります。女性の場合、生理時の使用はホルモンバランスが原因で痛みも感じやすく、肌トラブルも起きやすいので控えましょう。

隙間なく照射する

上手く脱毛するためには、隙間なく照射することがポイントです。隙間があると、減毛のスピードがまばらになり、毛が生えてくる部位と生えて来ない部位が生じやすくなります。

 

また、重ねて照射してしまった箇所は、余計な負担を与えて肌トラブルの原因にもなります。ホクロはもちろん、傷口や湿疹がある部位への照射は避けましょう。

ここでは、ケノンを購入するときに損をしないためのポイントをまとめました。

公式サイトで同時購入時のみ保証期間延長ができる

ケノンは、公式サイト以外に、Amazonや楽天市場で購入できます。安心して購入したい場合は、公式サイトでの購入がおすすめです。特典内容の充実さや、保証期間延長の購入ができるのは公式サイトでの本体同時購入のみ。

 

また、3年延長保証が2種類あり、「自然保証」と「自然保証+事故保証」から選べます。ちなみに、自然保証だけは楽天市場でも同時購入可能です。

特別価格でカートリッジを購入できる

ケノンのカートリッジは、「本体と同時購入」すれば特別価格で購入可能です。公式サイト以外でも、楽天市場は、特別価格で同時購入できるカートリッジが販売されています。稀に、公式サイトよりも低価格でカートリッジが販売されていることもあるので、価格を比較しながら購入を検討しましょう。

カートリッジは古いバージョンを買わないよう注意

公式サイト以外で購入する際は、衛生的な面でも中古品の購入は控えましょう。本体以外にもカートリッジが販売されていることがありますが、バージョンが古い可能性があるので要チェックです。別々で購入する場合は、特にカートリッジが本体のバージョンに対応しているかを確認してから購入してください

エムテック

KE-NON

価格:69,800円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー エムテック 商品名 KE-NON
脱毛方式 フラッシュ脱毛 照射面積 7㎠
出力調整可能レベル 10段階 カートリッジ交換式 ○(1カートリッジあたり:300万回照射可能)
照射単価(1ショット) 1発0.0098円 ※プレミアムカートリッジ9800円(税込)をレベル1で照射した場合 延長保証

ケノンは家庭用脱毛器としてかなり優秀ですが、値段が高額なので手が出せない人も多いですよね。ケノンに比べると価格が低く、比較的購入しやすい脱毛器も多くあります。口コミなどで使用感や効果を確認し、自分に合う脱毛器を選びましょう。

ケノンの脱毛器の特徴や使い方などについて解説しました。ケノンは、家庭用の脱毛器としてかなり優秀であることが分かりました。ケノンに限らず、脱毛器を使用する際は事前の処理をしっかりと行い、注意事項を守って利用してください。