初心者におすすめの動画編集ソフト!無料版・有料版それぞれ紹介

動画を編集してみたいけど、難しそうと思っている方必見!初心者の方でも簡単に使える動画編集ソフトについてご紹介します。動画を編集してみたいと思っている初心者の方は、ぜひチェックしてください。無料・有料ごとに動画編集ソフトのおすすめや選び方もご紹介しています。

2021/02/18 更新

最近、おうち時間が長くなりYouTubeのような動画サイトを見る機会が増えた方も多いのではないでしょうか。動画を見ているうちに、自分でも動画を編集してみたいと思う方もいますよね。しかし、動画編集って難しそうなイメージが強いです。

 

特に動画を編集したことがない初心者の方なら、自分には無理だと始める前から諦めてしまう方も少なくありません。多くの動画編集ソフトは機能や操作方法など複雑そうですが、実は初心者にも簡単で使いやすい動画編集ソフトがあります

 

今回は、初心者の方でも簡単に使える動画編集ソフトについて詳しく解説します。気軽に始められる無料のソフトから高度な編集をしたい方におすすめのソフトまでご紹介しています。ぜひ、最後までご覧ください。

今すぐ見る!【無料】初心者におすすめ動画編集ソフト6選
今すぐ見る!【有料】初心者におすすめ動画編集ソフト4選

初心者の方が動画編集ソフトを選ぶとなると、どう選んでいいかわからない場合がほとんどでしょう。ここでは、動画編集ソフトの選び方についてご紹介します。

簡単に編集ができる「テンプレート型」

初心者の方におすすめなのが「テンプレート」機能が搭載されている動画編集ソフトです。テンプレートが搭載されていれば、難しい知識や技術がなくても簡単に動画を作成することができます

 

ソフトによって搭載されているテンプレートの種類や数は違うので、目的に合った動画を作成できるテンプレートが搭載されているかチェックしておきましょう。YouTube、インスタグラム用などがあります。

各種フォーマットをチェック

動画のファイル形式にはさまざまな種類があります。自分が持っているビデオカメラやYouTubeなど動画サイトにアップロードする場合に最適なファイル形式に対応しているものを選びましょう。

ビデオカメラの録画フォーマットに対応しているか

まずは、自分が持っている撮影機材(ビデオカメラやスマホなど)の録画フォーマットに対応しているかどうかを確認しましょう。録画フォーマットにソフトが対応していなければ、せっかく撮影した動画をソフトに取り込むことができません

 

ビデオカメラの録画フォーマットは製品のカタログやサイトのスペック一覧表に記載されているので、事前に確認しておいてください。

目的に合わせた動画出力フォーマット

編集した動画を書き出すファイル形式もチェックしておきましょう。出力フォーマットをチェックしておけばDVDに書き出したり、スマホやタブレットでの再生、SNSへのアップロードが可能になります。

 

主に.mp4やMPEG4、MOV、AVIがよく使われているので、確認しておきましょう。

使用するPCのスペックやOSをチェック

動画編集ソフトを使う前に、今使っているPCのOSやスペックを必ずチェックしましょう。動画編集ソフトがどのOSに対応しているのか確認しておかないと、購入しても使えない場合があります。

 

また、動画編集をするのであればPCはcore i7以上のスペックは欲しいです。メモリは16GB、ストレージはSSDの場合256GB、HDDの場合は1TBあればいいでしょう。

 

core i5でも動画編集することはできますが、ソフトによっては動作が重くなったりフリーズしたりするので注意が必要です。

機能性

動画編集ソフトを選ぶ際に気になるのが機能性です。動画の切り貼りをはじめ、文字入れ(テロップ)や静止画の挿入機能などさまざまな機能があります。まずは基本的な機能を搭載したものを選んで使ってみましょう。

 

レベルの高い編集をしたくなりますが、高度な編集にはそれなりの知識と技術が必要になります。機能性がよくなる分、ソフトの操作性も複雑になるので、まずは基本的な機能のソフトを使いましょう。

 

物足りなくなったら、色彩調整、音声機能などさまざまな機能が備わった高度な編集ができるソフトの導入を検討するのがおすすめです。

動画編集ソフトは無料版と有料版があります。無料版のソフトは安全性が気になりますが、ウイルスの心配はほとんどありません。ソフトの公式ホームページや信頼できるWebサイトからダウンロードすれば問題ありません。

 

しかし、無料版は有料版と違い開発の打ち切りなどによりアップデートが終了する可能性があります。これから先、動画編集をしていきたいと考えている場合は有料版の方がおすすめです。

 

無料版と有料版の違いを比較表でまとめましたので、参考にしてください。

  機能性 操作性 ウォーターマーク(半透明のロゴマーク) 商用利用 サポート
無料版 簡易的なものが多い 簡単 ロゴが挿入される △(ソフトによってYouTubeなどの商用利用が禁止されている) △(有名ソフトならコミュニティなどがある)
有料版 難しいものが多い 複雑 × メールや電話で対応してくれる
今すぐ見る!【無料】初心者におすすめ動画編集ソフト6選
今すぐ見る!【有料】初心者におすすめ動画編集ソフト4選

動画編集ソフトの中には4Kに対応したものもあります。最近はYouTubeでも4K動画を配信する方が増えてきました。4KはフルHDに比べて解像度が高く、細部まできれいに映せるのが特徴です。

 

4Kビデオカメラを持っている方は、ぜひ編集して高画質な映像を楽しんでください。しかし、4K動画を編集する際は、ハイスペックなPCと4Kディスプレイが必要なので、注意しましょう。

ここでは、無料でインストールできる動画編集ソフトをご紹介します。まずは、編集作業をしてみたいという方におすすめです。

AviUtl

AviUtlは個人で開発されている動画編集ソフトで、世界中の多くの方に利用されています。AVIファイルに各種フィルターをかけるツールとして開発され、シンプルな機能が特徴です。

 

ロゴが写真や動画に表示されないので、無料ソフトでロゴなしを探している方はぜひチェックしてください。

 

公式サイトに掲載されているプラグイン(拡張機能)をいれることで、高度な編集作業も可能です。AviUtl愛好会というコミュニティもあり、情報交換することも可能です。また、YouTubeに使い方動画があるので、初心者でも使いやすいです。

Microsoftフォト

Windows10に標準搭載されている動画編集ソフトです。Windows専用なのでMacでの利用はできません。Microsoft フォトは初心者の方でも簡単に動画編集することができ、画面表示もシンプルで最低限の機能しか搭載されていません

 

Microsoft公式ページで使い方を解説しているので、初心者の方でも使いやすいです。作成した動画ファイルはMicrosoftのクラウドストレージ「One Drive」へ保存され、スマホのようなほかのデバイスからも確認することができるので、管理しやすいのも魅力的です。

iMovie

iMoveはMacやiPhone、iPadに搭載されている動画編集ソフトです。Mac専用なのでWindowsの方は使えません。iMoveは基本的な機能が搭載され、iPhoneやiPadなどほかのデバイスからでも編集・保存ができます

 

iPhoneで撮影した動画を編集し、続きを帰宅後にPCから編集するというような使い方ができるため便利です。場所・時間問わずに使えるのが一番のメリットです。iMoveで編集してYouTubeに動画をアップロードしている方は多いので、ぜひチャレンジしてください。

Canva

Canavaはオンラインツールで使用できるので、インターネットにつながっているデバイスならどの機器からでも編集することができます。時間や場所を問わずに使える利便性の高さが人気です。また、ウォーターマーク(ロゴ)も追加されません

 

初心者の方でも始めやすいテンプレートが搭載されており、動画のトリミング、フィルターなどの基本的な編集にくわえて音楽もつけることが可能です。SNS用の動画編集に向いています。

 

有料コンテンツオプションもあるので、物足りなくなったら追加してみましょう。簡単にプロ並みの動画を作成することができます。

Icecream Video Editor

Icecream Video Editorは初心者の方でもわかりやすい、使い勝手のいい動画編集ソフトです。こちらはWindows専用になります。基本的な機能を備えており、YouTubeやほかの動画サイトへのアップロードを簡単にできるのが特徴です。

 

大きくて見やすいタイムラインに動画や画像を統合するだけなので、難しい操作が一切ありません。初心者でもBGMをつけたりエフェクトをつけたり手の込んだ編集が簡単にできます。

DaVinci Resolve 17

DaVinci Resolveは初心者の方でも高度な編集をしたい方におすすめです。映画やテレビ番組を制作するプロの方も愛用している編集ソフトで、映像関係の仕事をしたい方にも向いています。

 

動画編集の基本的な機能をはじめ、コントラストや色彩の色味調節、3D合成機能、オーディオの編集機能など機能性に優れています。テンプレートが用意されているので、まずは練習しながら覚えていくのがいいでしょう。

 

有料版(¥39578(税込))もあるので、無料版で物足りなくなったらチェックしてみてください。

デネット かんたん動画編集4

デネット

かんたん動画編集4

価格:2,627円 (税込)

予算を抑えて動画編集したい方はこれ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらのソフトは低予算で動画を編集したい方におすすめです。お気に入りの動画や画像、音楽を組み合わせて動画を作成することができます。旅行の思い出や子供の成長記録、結婚式などの動画作成に向いています。動画編集以外にも写真編集ソフトが付いているので、写真まで編集することが可能です。また、手ブレ動画を補正するツールや動画変換をするツールなど付属しているので便利です。

Premiere Elements 2021

アドビ

Premiere Elements 2021

価格:17,622円 (税込)

動画の品質をあげたい方におすすめソフト

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらのソフトは、Adobe SenseiのAI技術を採用することで、動画の編集や共有が簡単にできるのが特徴です。シンプルな操作性で初心者の方でも簡単に質の高い動画を作成することができるのも魅力的です。動画撮影に多少失敗してもこのソフトなら光量不足の粗い映像もクリアな画質にすることが可能です。初心者の方はもちろん、動画編集になれてきた方にもおすすめのソフトです。

Wondershare Filmora X

Wondershare

Wondershare Filmora X

価格:9,380円 (税込)

シンプルで使いやすい動画編集ソフト

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る 公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらの動画編集ソフトはWindows専用のDVDソフトとなるので、Macでは使えません。Macで使いたい方は公式ホームページからダウンロードすることができます。また、Windowsでもダウンロードすることが可能です。両OS、無料版もあるので試してみたい方は、まず無料版をチェックしてみましょう。無料版にはウォーターマーク(ロゴ)が表示されます。動画の作り方やテクニックなど紹介しているのでわかりやすいです。

PowerDirector 19 Ultra

サイバーリンク

PowerDirector 19 Ultra

価格:27,438円 (税込)

初めてでも思い通りの動画が作れる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらのソフトは、初心者の方でもプロ並みの動画を簡単に作成することができます。サポート体制が整っているため、わからないことがあれば電話&メールで問い合わせることが可能です。フルカラーのマニュアルが付属されており、初心者でもわかりやすいのがポイントです。8K動画に対応していたり、900種類以上のエフェクトやテンプレート機能など機能性としても充分です。本格的な動画制作にもぴったりです。

今まで動画を編集したことがないという方でも、ソフトを選ぶことで簡単に動画を編集できます。YouTubeのような動画サイトに動画をあげてみたい方や、動画をプレゼントしたい方など、この機会に動画編集を行ってみてはいかがでしょうか。ぜひ、すてきな動画を作ってください。