大学生におすすめのノートパソコン5選|選ぶポイントは文系・理系で違う?

大学生にとって欠かせないのが自分専用のノートパソコン。ところが、大学生が使うノートパソコンは選ぶときに注意するべきポイントがいくつもあるんです。今回は、大学生用のノートパソコンを選ぶ際の注意点や、大学生におすすめのコスパのいいノートパソコン5選をご紹介します。

2021/12/27 更新

編集部おすすめの記事

長く苦しい大学受験が終わると、待ちに待った大学生活が始まります。大学入学の準備として揃えておきたいのが自分専用のノートパソコンですが、大学で必要になるノートパソコンは選び方のポイントがあります。

 

そこで今回は、大学生活で必要になるノートパソコンはどんな点に気を付けて選ぶといいのか詳しく解説します。また、大学生が重宝するノートパソコンの機能や、大学生が注意すべきノートパソコンの失敗・後悔パターンも徹底解説。

 

大学生活を力強くサポートしてくれるノートパソコンは、大学生にとって非常に重要な存在です。大学生におすすめのノートパソコン5選もご紹介するので、、ぜひ参考にしてください。

大学生にとってノートパソコンは必要不可欠です。ここからは、なぜ大学生にとってノートパソコンが必要なのか解説します。

大学生活は多くの人にとって、人生で最も勉強量が多い時期です。しかし、大学生活で必要な教科書・ノート・資料などを全て紙媒体で持ち運ぶと、とてつもない重量になってしまいます。

 

大学生活にノートパソコンがあると、勉強に必要なノートや資料をデータ化して持ち運べるというメリットがあります。また、ノートパソコンがあると空き時間を使って喫茶店や図書館で勉強できるため、柔軟に時間を使うことができて便利です。

大学生活は、大量の課題やレポートとの闘いです最近は、授業の課題やレポートをパソコンで作成してもいいとする大学が多く、大学によっては課題をオンラインで提出することを求めるところもあります。

 

ノートパソコンがあれば、課題に必要となる資料をWEBで検索しつつ、レポートを作成できるため、課題作成において2通りの活躍をしてくれます

 

また、最近は手書きよりもキーボード入力の方が早く文章を作成できる人も多く、ノートパソコンがあると作業効率が上がる場合もあります。

高校生までは、授業中にノートを取るときは紙への手書きしか許されていませんでした。しかし大学生になってからは、こうした制限は無くなります。そのため、授業のノートを全てノートパソコンで作成することも可能です。

 

ノートパソコンでノートを取ると、情報の検索をかけやすいため、過去に作成したノートが大量にある中から必要な情報をすぐに取り出せます。特に卒業研究の最中は、大学生活で学んできたことを振り返ることも多いため重宝します。

大学生活では、同じ授業を受けている仲間と課題に取り組む機会も多いです。また、大学生は試験勉強や課題作成のときによく仲間同士で資料をやり取りしますが、こうした資料はデータ形式でやり取りすることが多いです。

 

資料のデータを開くためには、パソコンが必要です。多くの大学には学生が自由に使えるパソコンが用意されていますが、自分のノートパソコンがあればその場でデータをやり取りしてデータを開けるため、非常に便利です。

ノートパソコンのOSには、主にMac OSとWindowsの2種類があります。ここからは、大学生が使うノートパソコンに搭載するOSについて解説します。

OSとは、パソコンを操作する基盤となるシステムのことです。OSには主にMac OSとWindowsの2種類がありますが、OSが違うとパソコンの使い勝手は大きく異なります。例えばファイルの保存場所や、アイコンのレイアウトなどです。

 

また、基本的にパソコンソフトは異なるOSでは正常に動かすことはできません。そのためノートパソコンを選ぶときは、自分の利用したいサービスに対応したOSであるか確認しましょう。 

Windowsは最もシェアの広いOSであるため、一般企業の多くが採用しています。そのためWindowsのノートパソコンを選ぶと、大学生活だけでなく卒業してからも使える可能性が大きいのがメリットです。

 

また、多くのソフトウェアやサービスがWindowsに対応している点も安心できるポイントです。デメリットとしては、印刷業界やDTPは現在もMacが主流であるため、こうした業界を目指している人にとってはWindowsを選ぶ利点は少ないです。

Macを選ぶメリットとは、比較的直観的に操作できるOSのため使いやすさに優れており、映像編集や画像編集に強い点です。また、印刷業界やDTP、映像編集の業界は現在もMacが主流の傾向にあります。そのため美術系大学生は、卒業後も使える可能性が大きいです

 

デメリットは、Windowsとの相性が悪いことです。特にMicrosoft製ソフトのMac版は、WordやExcelをMacのノートパソコンで使うとやや使い勝手が悪いという欠点があります。

 

また、Macのパソコンで作成した圧縮データをWindowsで解凍すると、正常にファイルが開けなくなることもあり、注意が必要です。

ノートパソコンの性能で注目したいポイントは主に3つです。ここからは、ノートパソコンの3つのチェックポイントを解説します

メモリ容量とは、同時に取り扱うことのできるデータ量のことです。メモリ容量が多いパソコンほど容量の大きなファイルを取り扱えるため、メモリ容量は「ノートパソコンにとっての机の広さ」ともいわれます。

 

メモリが足りないと、そもそもファイルを開けなかったり、アプリを利用できなかったりします。多くの大学生にとってメモリ容量は最低でも4GB以上は必要です。

 

プログラミングを走らせたりすることになる理系学生は、メモリ容量は8GB以上が望ましいです。画像・映像編集をする美術・芸術系大学生は16GB以上のメモリ容量を準備しておくと安心です。

CPUとはパソコンの処理速度のことで、この性能が高いほどパソコンは仕事が早く、サクサク動きます。Windowsのノートパソコンを選ぶ場合、CPUはインテルCore i5プロセッサー以上あれば多くの大学生にとって快適な動作といえます。

 

ノートパソコンを使って動画編集・画像編集・3Dゲームを制作する予定なら、さらに処理能力が高いパソコンが必要になるため、CPUはインテルCore i7以上がおすすめです。

ストレージとは、パソコンのデータを保存する場所のことです。ストレージ容量は「ノートパソコンにとっての本棚の大きさ」ともいわれます。ストレージにはHDDとSSDの2種類があり、HDDの方が大容量で安価なことが多いですが、SSDに比べてデータの読み書きが遅いです。

 

SSDのストレージ容量は、大学4年間で使うことを考えると256GB以上がおすすめです。また、ストレージ容量が不足したときや、ノートパソコンのバックアップを保存しておくために、外付けタイプのSSDも購入しておくと安心です。

大学生は、文系か理系かによってノートパソコンを選ぶときのポイントが違います。ここからは、ノートパソコンを選ぶときの文系・理系それぞれの注目ポイントを解説します

文系の場合、大学で使うノートパソコンのスペックは高性能なものを要求されることはあまりありません。また、万が一パソコンのスペックに不足を感じたときも、大学のパソコンを借りれば解決できることが多いです。

 

そのため文系大学生がノートパソコンを選ぶときは、使いやすさに注目するのがポイントです。文系は現在も紙媒体で資料を持ち運びする機会が多いため、ノートパソコンがかさばって重たいと、通学や移動時に不便です。文系大学生は重量やサイズに注目しましょう。

2in1タイプのノートパソコンは、タブレットモードにすればタッチやスワイプでアプリを操作でき、ノートパソコンモードにすればキーボードを使ったタイピングもできるため、使いやすさに優れています

 

また、2in1タイプのノートパソコンは軽量なものが多く、文系大学生にとっては嬉しいポイントです。2in1タイプなら授業のメモを取ったり、図を書き込んだりするのも手軽にできるため、課題やレポート作成がはかどります。

理系・デザイン系の大学生は、授業や課題で使うソフトを動かすために高性能なノートパソコンが必要になることが多いです。

 

プログラミングなどの計算処理で必要になるのはCPUの性能、映像・画像・3D制作に必要なのはGPUの性能だという点に注目してノートパソコンを選びましょう。

 

理系大学生のノートパソコンは、CPUの性能がインテルCore i7以上のものがおすすめです。また、理系大学生の中でもディープラーニング系のプログラムを動かす場合や、画像・映像編集をノートパソコンで行う場合はGPUが高性能なノートパソコンを選びましょう。 

理系・デザイン系の大学生は、課題制作を全てノートパソコンで完結しようとすると、非常に高額なノートパソコンが必要になります。こうした場合は無理に要求スペックを満たすノートパソコンを選ぶのではなく、デスクトップパソコンも併用することを検討しましょう。

 

同じ性能のパソコンであっても、デスクトップパソコンの場合は本体を小型化して携帯する必要がないため、ノートパソコンよりも手頃な価格で手に入ることが多いです。

大学生活はとにかく忙しいため、大学生が選ぶノートパソコンは使いやすさに優れているものがおすすめです。ここからは、大学生にとってどんなノートパソコンが使いやすいかご紹介します。

多くのテキストや資料が電子化されつつある今も、大学生が使う紙媒体の教科書や資料は依然として膨大です。大学生は授業で使う教科書や資料に加えてノートパソコンも携帯するため、ノートパソコンのサイズ・重量は毎日の通学の負担に直結します。

 

そのため大学生には、コンパクトで軽量なノートパソコンがおすすめです。また、ノートパソコンを持ち運ぶ機会が多いため、耐久性のあるものだと万が一の落下時にも安心です。

「バッテリー稼働時間最長〇時間」とかかれたノートパソコンであっても、複数のアプリを起動していると、より短時間でバッテリーが切れてしまいます。特に大学生は、WEBで資料を検索しつつレポートを作成するので、複数のアプリを同時に動かすことが多いです。

 

最近は電源を借りられるスポットが増えていますが、喫茶店や図書館などではなかなか電源を借りられないこともあります。バッテリー稼働時間はなるべく長いノートパソコンを選びましょう。

ノートパソコンの中には、USBのポートが少なかったり、SDカードのスロットがなかったりするタイプのノートパソコンがあります。大学生にとっては、こうしたノートパソコンはさまざまな不便が起きる可能性があるため、注意が必要です。

 

例えばデジカメなどの記憶媒体は現在もSDカードが主流なため、SDカードのスロットがない場合はSDカードリーダーを別途購入する必要があります。

 

またUSBのポート数が少ないと、ノートパソコンとプロジェクターを使って発表するときなどでUSBポートが足りなくなり、不便が生じることがあるので注意してください。

多くの大学生が必ず使うことになるのが、Microsoft Officeに含まれるWordやExcel、Power Pointなどのソフトです。

 

大学生はこうしたソフトを使ってレポート課題を作成したり、発表資料を作ることになるため、大学で使うノートパソコンには必ず導入しておきたいところです

 

ノートパソコンの中にはMicrosoft Officeが同封されていたり、インストール済みのものが販売されています。こうしたノートパソコンは、別途Microsoft Officeを購入するよりも割安であることが多いため、Microsoft Officeが付いてくるものがおすすめです。

Apple(アップル)

MacBook Air(M1, 2020)

価格:109,505円 (税込)

進化したM1チップにご注目

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最新モデルのMacBook AirはM1チップという進化したCPU・GPUを搭載しているため、処理能力が大きく向上して消費電力も少なくなった点が魅力です。そのため、映像・画像編集がサクサク進むノートパソコンが必要になるデザイン系・芸術系の大学生の方に特におすすめです

スペック詳細はこちら

メーカー
Apple(アップル)
商品名
MacBook Air(M1, 2020)
OS
Mac OS
CPU
Apple M1チップ
メモリ
8GB RAM
ストレージ
256GB
画面サイズ
13インチRetinaディスプレイ
タッチパネル
×
インターフェース
充電ポート、Thunderbolt(USB 4ポート)×2、イヤホンジャック
無線LAN
802.11ax Wi-Fi 6ワイヤレスネットワーク接続 IEEE 802.11a/b/g/n/acに対応
バッテリー駆動時間
最大15時間のワイヤレスインターネット
サイズ・重量
1.61×30.41×21.24cm・1.29kg
マイクロソフト

Surface Go 2

価格:75,000円 (税込)

使い勝手に優れた2in1タイプのノートパソコン

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2in1タイプのノートパソコンである「Surface Go 2」は、必要に応じてタブレットモードで使用したり、ノートパソコンモードで使用するなどの使い分けができるため、特に文系大学生の方におすすめとなっています

スペック詳細はこちら

メーカー
マイクロソフト
商品名
Surface Go 2
OS
Windows 10 Home
CPU
第 8 世代 Intel® Core m3 プロセッサ
メモリ
8GB RAM
ストレージ
128GB
画面サイズ
10.5 インチ
タッチパネル
インターフェース
1 x USB-C® 3.5 mm ヘッドフォン ジャック 1 x Surface Connect 接続ポート Surface タイプ カバー ポート  MicroSDXC カードリーダー Surface Dial と互換性あり
無線LAN
IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax
バッテリー駆動時間
通常のデバイス使用時間は最大 10 時間
サイズ・重量
245 mm x 175 mm x 8.3 mm・約544 g
Dell Computers

Dell G3 15 3500

価格:81,600円 (税込)

大学生におすすめなゲーミングノートパソコン

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらのノートパソコンはGPUに「GTX1650」という高性能なグラフィックボードを搭載しているため、課題で映像・画像編集ソフトを使ったり3Dデータを作成する学生さんにおすすめなノートパソコンとなっています。

スペック詳細はこちら

メーカー
Dell Computers
商品名
Dell G3 15 3500
OS
Windows 10 Home
CPU
第10世代 インテル® Core™ i5-10300H
メモリ
8GB
ストレージ
512GB SSD
画面サイズ
15.6インチFHD
タッチパネル
×
インターフェース
標準SDカード・ヘッドセット ジャック・USB 2.0・ウェッジ ロックスロット・電源入力・HDMI 2.0・SuperSpeed USB 3.2 Gen 1・RJ45イーサネット
無線LAN
802.11ac 1x1 WiFi と Bluetooth
バッテリー駆動時間
-
サイズ・重量
21.6 mm x 365.5 mm x 254 mm・最小重量:2.34 kg
HP

15s-du2094TU

価格:69,990円 (税込)

豊富な出力端子が使いやすいノートパソコン

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらのノートパソコンはネットワークポートやHDMI端子に加え、USB-C端子、USB端子、SDカードスロットが備わっている点が魅力です。さまざまな形式のデータをやり取りすることになる大学生にとって、ノートパソコンに備わっている出力端子が種類・個数ともに豊富で対応可能な幅が広いのは非常に便利です

スペック詳細はこちら

メーカー
HP
商品名
15s-du2094TU
OS
Windows 10 Home (64bit)
CPU
インテル® Core™ i5-1035G1 プロセッサー
メモリ
8GB
ストレージ
256GB SSD
画面サイズ
15.6インチワイド・フルHD非光沢・IPSディスプレイ
タッチパネル
×
インターフェース
HDMI 出力端子×1、USB Type-C™3.1 Gen1 ×1、USB 3.1 Gen1 ×2、ネットワークポート(RJ45)×1、ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1
無線LAN
IEEE 802.11ax (Wi-Fi 6)
バッテリー駆動時間
最大 10時間
サイズ・重量
約 1.7kg
Panasonic

レッツノート CF-SX4

価格:49,460円 (税込)

レッツノートは耐久性に優れた安心設計!

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Panasonicのレッツノートシリーズは、何と言っても頑丈で軽量なことが魅力です。レッツノートは優れた耐久性と落下耐性があるため、万が一パソコンを落下させても大切なデータを破損・消失などのトラブルから防ぎます。

スペック詳細はこちら

メーカー
Panasonic
商品名
レッツノート CF-SX4
OS
Windows 10 Pro 64ビット
CPU
インテル® Core™ i5-5300U vPro™ プロセッサー
メモリ
8 GB
ストレージ
512GB SSD
画面サイズ
12.1型
タッチパネル
×
インターフェース
USB2.0ポート×1(右側面)、USB3.0ポート×2(左側面)、LANコネクター(RJ-45)、外部ディスプレイコネクター(アナログRGB ミニDsub 15ピン)、HDMI出力端子、マイク入力端子(ステレオミニジャックM3(プラグインパワー対応))、オーディオ出力端子(ステレオミニジャックM3)
無線LAN
インテル® Dual Band Wireless-AC 7265 IEEE802.11a(W52/W53/W56)/b/g/n/ac準拠
バッテリー駆動時間
約9.5時間
サイズ・重量
約1.19 kg

大学生活では、ノートパソコンに関連するさまざまな落とし穴が潜んでいます。ここからは、大学生が陥りやすいノートパソコンの失敗・後悔パターンをご紹介します。

大学生は、USBメモリを使ってデータをやり取りすることが多いです。すると大切なデータをUSBメモリに入れっぱなしにしたり、USBメモリで大切なデータを管理したりする人もいます。

 

しかし、USBメモリに保存されたデータは時間と共に自然蒸発する可能性があるため、こうした使い方は非常に危険です。1度蒸発してしまったUSBメモリのデータは復旧するのが非常に難しいです

どれほど注意してノートパソコンを扱っていても、パソコンは精密機器である以上、クラッシュするリスクがあります。

 

大切なデータは外付けHDDやクラウドサービスなどに定期的にバックアップを取っておかないと、全てのデータが消滅してしまい、取り返しのつかないことになります

 

特に卒業研究のシーズンは、データのバックアップを長らく取っていないパソコンがクラッシュに見舞われて窮地に追い込まれる学生が少なくないです。データの消失という万が一のアクシデントには常に備えましょう。

パソコンのデータ消失は、コンピュータウイルスに感染することで起きることもあります。最近はコンピュータウイルスも悪質化が進んでおり、長期間パソコンの中に潜伏して、ある日突然大切なデータを破壊・消失させるという恐ろしいウイルスも存在します。

 

ウイルスに感染したパソコンは、知らず知らずのうちに他のパソコンにもウイルスを拡散して迷惑をかけてしまうかもしれません。こうしたトラブルを起こさない・広げないためにも、大学で使うノートパソコンには必ずウイルス対策ソフトを導入しましょう

喫茶店や図書館でレポート作成に打ち込んでいると、ついつい眠くなって仮眠をとりたくなることも。しかし、このとき不用心にノートパソコンを放置するのは大変危険です。

 

ノートパソコンは小さてく高価な電子機器のため、毎年盗難・窃盗の被害が後を絶ちません。

 

ちょっとした油断が元でノートパソコンを盗まれてしまった大学生は少なくないからこそ、自習や勉強のときは絶対にノートパソコンを席に放置して目を離さないようにしてください。

大学生活のノートパソコンは、在学中の活動を力強くサポートしてくれる心強い相棒となってくれる存在です。パソコンの特徴を理解して、大学生活で活躍するパソコンを手に入れてくださいね。

関連する記事

【5万円以下】安いノートパソコンおすすめ9選|新品&中古・選び方ものサムネイル画像

【5万円以下】安いノートパソコンおすすめ9選|新品&中古・選び方も

2022/01/26

【徹底解説】初心者のためのノートパソコンの選び方|ユーザー別おすすめ12選ものサムネイル画像

【徹底解説】初心者のためのノートパソコンの選び方|ユーザー別おすすめ12選も

2021/12/27

ビジネス用ノートパソコンおすすめ9選!選び方のポイントも解説!のサムネイル画像

ビジネス用ノートパソコンおすすめ9選!選び方のポイントも解説!

2021/12/27

【最新】Amazonで買えるノートパソコンおすすめ10選|デルや富士通ものサムネイル画像

【最新】Amazonで買えるノートパソコンおすすめ10選|デルや富士通も

2021/12/27