【スマホに無い良さ】電子ノートの人気おすすめランキング10選

紙に書くように液晶にペンで書いて保存できる電子ノートは手軽に使えてとても便利です。でもどれが自分に相応しいのか分からない人も多いのではないでしょうか。そんなあなたに電子ノートのおすすめランキング10選をご紹介します。

紙がいらなくなる電子ノート

電子ノートは、タッチパネルの液晶や電子ペーパーの画面にスタイラスペンで手書きメモを書いて保存することができます。紙に書く感覚で文字や図形を書き込むことが可能で、大きなデータサイズになっても電子機器としてコンパクトに携帯できることが特長です。

 

電子ノートはデータの保存や消去も簡単に行うことができます。データを他の端末に転送して共有したり、逆に他の端末の画像やPDFファイルを取り込んで追記するといったことができる電子ノートもあります。

電子ノートの選び方

記録できる容量で選ぶ

電子ノートは使用目的に合わせて容量を選びましょう。使い方によっては容量が少なくても問題はありません。

メモや子供の落書き用に選ぶ

メモ帳のように、メモを書いて後で捨てるというシンプルな機能がある電子ノートもあります。また、ロックという一時保管機能もあり、削除されないように保護もできます。子供のお絵かきで残しておきたい物はこの機能を使うと良いでしょう。

 

このような使い道であれば、容量が少なく値段が安い電子ノートで十分でしょう。

ノートのデータを保存、管理するために選ぶ

メモやノートのデータを保存してパソコンなどで管理できる電子ノートもあります。電子ノートの中に保存したデータをUSBや無線で送ることで、パソコンで閲覧することが出来ます。仕事や勉強などでパソコンで利用したい場合に役立ちます。

 

また、スケジュール管理やToDoリストやデータをスマートフォンに送信すると言った便利な機能が搭載されている電子ノートもあります。

画面のサイズや解像度で選ぶ

使う目的にあったサイズの電子ノートを選びましょう。大から小まで様々なサイズがあります。

持ちやすい小型サイズを選ぶ

電子ノートを持ち運びをする機会が少ないのであれば、より見やすい大きないサイズの本体を選んだ方が良いでしょう。

 

しかしよく持ち運ぶのであれば、電子ノートのサイズは小さなものが良いでしょう。外でサッと取り出して使用する場合も小さい方が扱いやすくなります。

使用用途に合ったサイズを選ぶ

電子ノートには様々なサイズがあり、使用用途によって選ぶと良いでしょう。メモやノートなどに使う場合は、8インチ程度の画面サイズがちょうど良いでしょう。イラストや多くの情報も併せて書きたい人は、より大きいサイズを選びましょう。

 

外で移動先で使用する場合、簡単に持ち運べるように6インチ程度の画面サイズが良いと思われます。

解像度や機能の豊富さで選ぶ

解像度の数値が高いほど、多くの情報を画面に表示出来ます。電子ノートで沢山の文字や緻密なイラストなどを書きたい場合は、解像度が高い電子ノートを選びましょう。

 

またハイスペックな電子ノートには、筆圧感知機能という筆圧に応じて描いた線の太さが変化する機能を持つものもあります。イラストを描く場合に便利な機能です。

電源タイプで選ぶ

電子ノートの電源はスマートフォンより長く持ちますが、電池が切れた時の事も考えておきましょう。

駆動時間の長さで選ぶ

電子ノートは、タブレットやスマホに比べて機能がシンプルなことから、駆動時間はとても長くなります。シンプルな機能だけの電子ノートの場合、ボタン式の電池を採用している物が多く、このような電子ノートには1年から3年ほど電池を交換せずに使える物もあります。

 

また、乾電池や充電式の場合でも、数週間から数ヶ月使える電子ノートもあります。こういった駆動時間の長さで判断するのも一つの選び方でしょう。

USBで充電できる電子ノートを選ぶ

スマホでも使われているUSB給電を採用した電子ノートは、USBが接続できる場所であれば充電することが出来ます。またUSBのモバイルバッテリーも使用できるので、持ち運びが便利になります。

電池のタイプで選ぶ

電子ノートで使用される電池は主に2種類あります。ボタン式電池はコンパクトサイズでシンプルな機能の電子ノートに使われていることが多く、長時間使用することが出来ます。ボタン式電池は小さいので、予備を用意してもスペースが少なくすみません。

 

また乾電池式の電子ノートの場合は少し大きめのサイズの電子ノート向きになります。ボタン電池よりも売っている店舗が多くて価格も安いので、購入しやすさがメリットとなります。

子供用として選ぶ

電子ノートを子供の落書きノートのような感覚で使う人も増えたようで、子供用の電子ノートも販売されています。電子ノートを落書きノートとして子供に使わせれば、壁や床など絵の落書き防止や、クレヨンや紙の節約になります。

カバーのある電子ノートを選ぶ

電子ノートを持ち運ぶ時のためのカバーが同梱しているかどうかも確認しましょう。持ち運ぶ際には傷がつかないように、カバーがあったほうが良いです。

 

購入時にカバーが同梱している電子ノートもありますが、そうでない場合もあります。無かった時は、取り付けられるカバーが別売りされているかどうかを確認しておきましょう。またカバー同梱でも、破損した時のために別売りのカバーがあったほうが良いですね。

付属の機能で選ぶ

電子ノートは書けるだけのシンプルな物から、多機能な物まで様々です。付属の機能についていくつか挙げます。

データ同期機能付きを選ぶ

ハイスペックな電子ノートにはデータをやり取りできる機能があります。外部のパソコンなどに接続してデータのやり取りを行えます。PDFファイルを電子ノートに取り込んで編集するといったこともできます。

 

wi-fiやBluetoothといったワイヤレス接続や、USBによる有線接続でパソコンなどと連携ができます。書いたメモやノートをパソコンに移してバックアップしておけば、容量を気にせず電子ノートを使うことができます。

バックライト機能付きを選ぶ

暗い場所で見られるように画面が光るバックライト機能はあると便利ですが、現行のタッチペンタイプの電子ノートにはあまり搭載されていません。暗い場所でメモを取りたいという方は、購入前にバックライト付きかどうか確認する必要があります。

 

電子ノートの多くは目が疲れにくい液晶を搭載しています。また電子ノートの画面は光が反射しないので、日中に外で使っていても見やすいメリットがあります。

電子ノートのおすすめランキング10選

第10位キングジム(Kingjim)

BB-12

価格:2,584円(税込)

日本メーカーの超小型電子ノート

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

BB-12はキングジムの超小型の電子ノートです。キングジムは歴史ある日本の事務用品メーカーで、テプラやポメラと言った優れたアイデアの製品を生み出しています。

 

BB-12は画面サイズ3.9インチの手のひらサイズで、背面にマグネット付きのため、壁に貼る付箋紙のようにとても手軽に使えます。付属品にマグネットシールがあるので、それを壁に貼ればどこにでも貼り付けることができます。重さ40gと超軽量のため下に落ちることもありません。

 

電池1つで3万回使えて、電池交換も可能です。本体の色はオレンジ・白・青・黄・黒の5色から選べます。コンパクトサイズで手軽に使えるBB-12を是非試してみてください。

容量保存不可サイズ3.9インチ
電源ボタン電池カバー無し
第9位ソニー(SONY)

DPT-RP1

価格:80,431円(税込)

ソニーのハイエンドなデジタルペーパー

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

DPT-RP1はソニーのまるで紙のように使える電子ノートです。紙に近い書き味で、1万枚保存できます。一度の充電で3週間使えます。

 

それ以外にもNFCによる電子ロック2画面表示Wi-FiとUSBの無線・有線の通信によるPDF形式でのパソコン・スマートフォンとのファイルの共有機能など、先進的な機能を搭載しています。

 

口コミでも書き味が良いと好評ですが、壊れやすさを指摘されています。高価なこともあるため、丁寧に扱う必要がありそうです。

容量約10,000ファイルサイズ13.3インチ
電源USB充電カバー無し
第8位GideaTech

MEMOKEI06BK

価格:3,580円(税込)

電卓付きの電子ノート

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

MEMOKEI06BKはシンプルな電子ノートと時計機能付き電卓が合体した珍しい製品です。電卓も時計もスマートフォンにアプリが標準で入っているので、ただの6インチの電子ノートが電卓付きで高価になるのは損にも感じます。それでも電卓で計算した結果を手書きですぐにメモることができるのは便利なのは確かでしょう。

 

またこのような中国メーカーの電子ノートはボタン電池式が普通ですが、これはUSB充電式となっています。

 

口コミを見ると電卓と電子ノートのセットは便利と好評なのですが、説明書が英語、電卓のボタンが押しづらい、消去ボタンを押してから消えるまでが遅い、黒じゃない色が送られてきたといった不評もあるので、それは踏まえた方がいいでしょう。

容量保存不可サイズ6インチ
電源USB充電カバーあり
第7位Aviski

Aviski-SXBA

価格:1,699円(税込)

部分削除が可能な10インチ電子ノート

Amazonで詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Aviski-SXBAは10インチの電子ノートです。特長は部分削除が出来ることです。このタイプの電子ノートは普通は消去ボタンで全消去しかできないので、希少だと言えます。

 

部分削除の手順はまずロックボタンをオンにして、消去ボタンを1秒ほど押して画面が暗くなってから、ペン先で不要な部分を消す、としています。少し跡が残るのは仕様とのことです。

 

口コミを見るとやはり部分削除があまり綺麗に消えないと言われて不評です。部分削除には期待せずに、10インチの安い電子ノートだと思って購入すると良いでしょう。

容量保存不可サイズ10インチ
電源ボタン電池カバー無し
第6位WOBEECO

電子パッド 4.5インチ

価格:999円(税込)

ミニサイズの電子ノート

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

WOBEECOの電子パッド 4.5インチは超ミニサイズの電子ノートです。文字通りの手のひらサイズで、厚みは6.2mmしかありません。ポケットに簡単に収まって、さっと取り出して書いて、ボタン1つで消すといった使い方が手軽に出来ます。

 

またボタン電池1個で1年使用できるので電池切れの心配もほとんどありません。価格もとてもリーズナブルですが、取扱説明書が無いのでそこは割り切る必要があります。本体の色は白と黒があります。

 

なお間違い削除を防止するロック機能は無いですが、書いてすぐ消すような内容向けのものなので、そういった使い方をしたい人のみが購入すべき電子ノートと言えるでしょう。

容量保存不可サイズ4.5インチ
電源ボタン電池カバー無し
第5位NEWYES

けろけろボード 8.5インチ

価格:1,699円(税込)

子供向けの電子ノート。プレゼントに最適

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

NEWYESのけろけろボードはカエルのデザインをした子供に人気の電子ノートです。タカラのせんせいというおもちゃがありますが、それと同じように子供のお絵かきに最適です。

 

ロック機能があるので消したくない絵をしばらく残すこともできます。本体が安いうえにボタン電池で1年持つのでお金もかからず、親御さんのお財布にもやさしい電子ノートと言えます。色はピンク・緑・青の3色があるのでお子さんの好きな色を選んであげると良いでしょう。

 

こういった中国製のシンプルな機能の電子ノートはたくさん発売されていますが、実用向けではなくおもちゃとしての利用なら何も不満は無く、口コミでもとても好評です。

容量保存不可サイズ8.5インチ
電源ボタン電池カバー無し
第4位AiteFeir

電子パッド 8.5インチ

価格:900円(税込)

非常に低価格な電子ノート

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AiteFeirの電子ノートは非常に低価格であることが特長です。8.5インチの電子ノートでは最安値かもしれません。

 

それでもロック機能電池交換が可能になっていて、最低限の機能は備えています。また180日保証があって、不良品だった場合は交換してもらえるとのことです。

 

ただ口コミではおおむね好評ではあるものの、字が薄い、取扱説明書が英語、電池交換がしにくいといった指摘があるので、安い分だけにある程度の覚悟は必要でしょう。

容量保存不可サイズ8.5インチ
電源ボタン電池カバー無し
第3位シャープ(SHARP)

WG-S30

価格:6,955円(税込)

モバイルのシャープの伝統を生かした電子ノート

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

WG-S30はシャープの電子ノートです。シャープはかつてタッチペン付きのPDA「ザウルス」で一世を風靡した日本のモバイル黄金時代の象徴ともいえる企業です。

 

WG-S30はそのシャープの電子ノートだけに優れた性能を持っています。まず容量は三千ページ、4年分のスケジュール帳を保存できます。そしてUSB経由でパソコンに送受信することもできます。

 

またペンの太さ変更、スタンプやサムネイル表示、検索機能もあります。そして1回のUSB充電で30日使用可能です。カバーの色は黒と茶を選べます。

 

ただ口コミではバックライトが欲しかったという声が多く見受けられます。もしバックライトがあったら電池がすぐ切れてしまうのですが、ON/OFFの選択が出来た上でバックライトがあればよかったですね。

容量3000ページサイズ6型
電源USB充電カバーあり
第2位キングジム(Kingjim)

BB-1GX

価格:2,678円(税込)

日本メーカーのシンプルな電子ノート

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

BB-1GXはキングジムのシンプルな機能の電子ノートです。キングジムは日本メーカーですが、この製品は口コミによると海外のOEMらしいです。

 

BB-1GXは書いてボタンで消すだけのシンプルな機能の電子ノートです。本体の色は黒・ブルー・ピンクから選べます。

 

この製品の欠点は電池が交換できないことです。メーカーによると3~5万回書けるとのことですが、電池が切れたら使い捨てです。また背面のマグネットが無いので壁面に貼ることもできません。

 

価格は安いですが、さらに安い中国製の同タイプの電子ノートと比べると若干見劣りしてしまいます。それでも日本メーカーの製品が良いと思う人は、是非検討してみてください。

容量保存不可サイズ8.5インチ
電源交換不可カバー無し
第1位HOMESTEC

HOMESTEC 8.5インチ

価格:1,199円(税込)

リーズナブルでシンプルな電子ノート

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

HOMESTECの電子ノートは機能はシンプルですが非常に価格が安く、そのため人気になっています。機能としては画面にペンで書いて、ゴミ箱ボタンを押すと消える、ただそれだけです。それでもそのシンプルさが口コミで好評です。

 

本体の機能はシンプルですが、背面にマグネットがあって冷蔵庫やホワイドボードに貼ることが可能、ボタン電池1つで1年使用可能(電池交換も可能)、本体の色を黒・白・赤・緑・青・ピンクから選択可能、そしてカバーも付属と、使いやすさは考慮されています。

 

しかしその安さゆえに説明書は無いので、その辺は割り切る必要がありますね。

容量保存不可サイズ8.5インチ
電源ボタン電池カバーあり

まとめ

電子ノートの人気おすすめランキング10選を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。電子ノートは中国メーカーのシンプルな製品が人気となっていて、日本メーカーの高性能な製品は少なくなっていますが、メーカーにこだわらずに自分の用途に合った物を探すのが良いでしょう。