アジングラインの選び方とおすすめ10選を徹底解説!必須ポイントとは?

アジングラインの選び方で困っていませんか?今回の記事では、アジングラインの選び方やおすすめ10選をご紹介しています!初心者向けですが、おすすめのアジングラインの解説は中級者の方にも役立ちます。是非、アジングラインを選ぶ際のご参考にしてください!

2021/10/21 更新

Amazon

ブラックフライデー開催中!

\11/26(金) 9:00〜12/2(木) 23:59/

毎日ビッグサプライズセール登場。

自分へのご褒美を。

アジをルアーで狙うアジング。 馴染み深い魚であるアジですが、ルアーで釣るためには繊細なルアー操作をすることと、繊細なアタリをとらえる必要があります。そのため、ライン選びは非常に重要で、ライン選びが釣果を左右すると言っても過言ではありません。

 

アジングブームが到来した今現在、各メーカーから様々なラインが発売され、市場には多くのアジングラインがあります。その多さ故、どれを選べばいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか?

 

そんな方のために、ここでは基本的なアジングラインの選び方の解説と、おすすめのアジングライン10選をご紹介します。ご自身にマッチしたアジングラインを見つけていきましょう!

釣りに使われるラインは主に4種類あります。

  • ナイロン
  • フロロカーボン(以下フロロ)
  • ポリエステル(以下エステル)
  • PE

全てアジングに使うことは可能ですが、向いているライン、向いていないラインがありますので、それぞれの特徴を解説します。

ナイロン

ナイロンの特徴として

  • 伸びる:ショックの吸収性が高い・感度が悪い
  • しなやか:トラブルが少ない・リールへの糸馴染みがいい
  • 浮く:軽量ルアーが扱いにくい・風に弱い

以上3点があげられます。

 

しなやかでトラブルが少ないため、非常に扱いやすいですが、伸びるので感度が非常に悪く、アジのアタリを捉える性能が4種の中で最も低いです。浮いてしまうため、アジングでは使用頻度の高い軽量ルアーの操作性が悪く、一定の層を曳きにくいという事も覚えておきましょう。

 

ナイロンは4種のラインの中では最もアジングに向いていないラインです。初めて釣りをする方の最初のラインのみナイロンでもいいかもしれません。

フロロ

フロロの特徴として

  • 伸びる:ショックの吸収性が高い・感度が悪い
  • 沈む:軽量ルアーでも扱いやすい・風に強い・感度がいい
  • 硬い:リールへの糸馴染みが悪い・トラブルが多い

以上3点があげられます。

 

フロロは4種のラインの中で最も高比重です。風にあおられにくく、軽量ジグヘッドでも一定の層を曳きやすいラインです。アジングで使われるような極細フロロは、ナイロンに近いぐらい伸びるので、感度は悪いのですが、ライン自体が沈み竿先とルアーを一直線に結んでくれるので、ナイロンよりは感度がいいですよ。

 

硬めのラインなので、少々トラブルは起こりやすいラインですが、ジグヘッド単体でのアジングには向いています。初心者の方はまずはフロロを使いこなせるようになりましょう。

エステル

エステルの特徴として

  • 伸びない:ショックの吸収性が低い・感度がいい
  • 沈む:軽量ルアーでも扱いやすい・風に強い・感度がいい
  • 硬い:リールへの糸馴染みが悪い・トラブルが多い

以上3点があげられます。

 

エステルは4種のラインの中で最も硬く、トラブルが多いです。しかし、伸びないうえに沈むので、非常に高感度であり、ジグヘッド単体のアジングには最も向いているラインです。

 

伸びないので、感度が高いというメリットがありますが、その分ショックの吸収性が低く、瞬間的な負荷に弱いです。ジグヘッド単体の釣りでは最強のラインですが、取り扱いの難しさから、使いこなせずにエステルの使用を諦めてしまうアングラーが多いのも事実です。フロロを使いこなせるようになってから挑戦することをおすすめします。

PE

PEの特徴として

  • 強い:他3種の3~4倍の強度
  • 浮く:軽量ルアーが扱いにくい・感度が悪い
  • しなやか:ガイド抜けがいい
  • 伸びない:ショックの吸収性が低い・感度がいい

以上4点があげられます。

 

PEは4種の中で最も強く・軽く・柔らかく・伸びないラインです。圧倒的に強度が高いので安心感は他のラインとけた違いです。浮いてしまうので、軽量ルアーを扱いにくいのでジグヘッド単体の釣りには向きませんが、低伸度であることと圧倒的な強度があるので、重量があるキャロライナリグやフロートリグを遠投するときに活躍します。

 

しなやかでガイド抜けもよく、飛距離を出しやすいのですが、しなやかすぎてコシがないので、修復不可のライントラブルを引き起こしてしまうことがあります。キャロライナリグやフロートリグを使用するうえでは欠かせないラインです。

ラインの特徴早見表

  感度 強度 比重 トラブルレス
ナイロン ×
フロロ
エステル ×
PE ×

初心者にはフロロがおすすめです。理由は大きく3つです。

  • ある程度伸びる:ショックの吸収性が高い(切れにくい)
  • 沈む:軽量ルアーが扱いやすい・感度がいい
  • ある程度しなやか:トラブルが抑えられる

 

フロロはある程度伸びるので、急に負荷が掛かっても伸びて吸収してくれます。慣れない間はドラグ調整が上手くいかなかったり、合わせるときの力加減が分からなかったりと、ラインに急に負荷がかかる状況が多発します。伸びないエステルでは、その負荷を吸収できずに切れてしまうのです。

 

沈むことで、軽量ルアーも扱いやすいです。軽量ジグヘッドを多用するアジングでは、慣れないうちから浮くラインを使うと、上手くコントロールができません。軽量ルアーと浮くラインの組み合わせだと、少しでも風が吹くと何もできなくなってしまいます。

 

フロロは4種の中では硬い部類に入りますが、アジングに使う極細フロロであればそれほど硬くありません。エステルよりは遥かに使いやすいです。これらの理由から初心者にはフロロをおすすめしています。

アジングラインを選ぶうえで、太さは重要な要素となります。必要なラインの太さは、狙うアジのサイズ、使うルアーや仕掛けの種類で変わってきます。ここではラインの種類別ごとに選ぶラインの太さを解説します。

ナイロン・フロロの場合

ナイロン・フロロを使うなら0.2号~0.6号の間で選ぶことをおすすめします。ナイロン・フロロともに、太くしてしまうと飛距離が落ちてしまいます。

 

ナイロンは浮く性質を持っているので、太くし過ぎてしまうと軽量ルアーは全く沈まなくなってしまいます。ルアーの操作感がなくなってしまうのです。

 

フロロは太くなれば、トラブルが増えてしまいます。ラインはPEを除いて、太くなれば硬くなるという性質を持っています。フロロを太くし過ぎると、アジングには硬すぎるのです。

エステルの場合

エステルラインは0.2号~0.4号の間で選ぶことをおすすめします。フロロ以上に硬いので、これ以上太くすると、トラブルが頻発してしまいます。もちろん細くする分、強度は落ちてしまうのでナイロン・フロロより扱いが難しいです。

PEの場合

PEは0.2号~0.4号の間で選ぶことをおすすめします。0.1号や0.06号という極細PEもありますが、扱いが難しいので今回は外します。

 

0.2号はジグヘッド単体で大型のアジを狙ったり、軽めのキャロライナリグやフロートリグを使うときにおすすめです。0.4号は重めのキャロライナリグやフロートリグを遠投するときに使います。20gを超えるような超重量級のリグを遠投するときは0.6号を使いますが、滅多に使用しないので今回はおすすめからは外しています。

アジングのラインは、遠投する場合と遠投しない場合で、使う長さは3倍以上変わってきます。今回は遠投する場合と遠投しない場合の2つに分けて解説します。

遠投しない場合

ジグヘッド単体の近距離アジングでは50mもあれば十分ですが、ライントラブルでロストしたり、傷んだ部分をカットしたりして使う事を考えると100mは巻いておきたいところです。仮に200m巻いておいたとしても損はないので、何度も巻き替えるのが手間に感じる方は、長いラインを巻いておくのも1つの手です。始めたばかりの時は、ライントラブルでどんどんラインが減っていくので、200m巻いておくことをおすすめします。

遠投する場合

キャロライナリグやフロートリグを遠投するなら最低150m、できれば200m巻いておきましょう。近年のキャロやフロートは遠投性能が高いので、飛ばせる人なら100m近く飛ばせます。投げた時にラインが足りないなんてことが起こらないように、しっかり巻いておきましょう。

「リーダーが必要なのはPEとエステルだけ」という考え方が一般的ですが、アジングに使う極細ライン(2lb以下)は全てリーダーを付けることをおすすめします。2lbもあればアジの引きで切れることはありませんが、アジを陸にあげた後に切れることがあります。手返しが悪くなりゴールデンタイムを逃すことに繋がりますので、2lb以下のラインを使うなら、ラインの種類に限らずリーダーの使用をおすすめします。長さは30㎝が目安です。

定番のフロロリーダー

フロロは根ズレに強く、結束強度も高いです。少し伸びるのでショックの吸収性にも優れており、アジングのリーダーで最も人気があります。

感度重視のエステルリーダー

エステルとPEを使用しているときに限り、エステルリーダーは絶大な感度UPをもたらします。結束が少し難しく、伸びないことでショックの吸収性も低いのですが、伸びないことにより抜群の感度を誇ります。たった30㎝のリーダーですが、驚くべきほど感度が上がるので中・上級者の方はぜひ試してみてください。

リーダーはきちんとした結び方で結ばないと強度が出ません。ラインの種類によっても推奨する結び方が違います。ここでは代表的な結び方を紹介します。

フロロやエステルにはトリプルエイトノット

トリプルエイトノットは、アジングで使うような細いラインとの相性がいいです。非常に素早く簡単に結べるうえに、強度も出るのでおすすめです。

PEならFGノット

PEラインならFGノットがおすすめです。道具を使わずに結べる結び方では最高レベルの強度が出せるのがFGノットです。結び目が非常に細く仕上がるので、ガイド抜けがいいのもポイントです。慣れが必要な結び方なので、何度も練習して綺麗に結べるようにしておきましょう。

色はあまり気にする必要はありませんが、強いて言うなら自分が見やすい色がいいでしょう。ピンクやライムグリーンが見やすいのでおすすめですが、色の見やすさには個人差があるので、ご自身が見やすいカラーを選びましょう。

クレハ(KUREHA)

シーガー R-18フロロリミテッド 100m 2lb

価格:1,273円 (税込)

最高のフロロライン

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フロロを選ぶならシーガーR18フロロリミテッド以外を選ぶ理由はありません。そのぐらい高品質なラインです。フロロですが、しなやかでリールへの馴染みがよく、初心者にもおすすめです。他のフロロと比べると少し高価ですが、その価値は十分にあります。

長さ 100m 太さ 0.5号
メーカー クレハ カラー クリア
34

ピンキー 200m 0.3号

価格:1,650円 (税込)

誰にでも使いやすいエステルライン

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ピンキーはエステルの中では、しなやかで少し伸びるという特徴があります。そのため、上級者でなくても使いこなせます。感度最優先の上級者には少し物足りないかもしれませんが、初・中級者にはおすすめのアジングラインです。

長さ 200m 太さ 0.3号
メーカー 34 カラー ピンク
ティクト(TICT)

ジョーカー 200m 0.2号

価格:1,447円 (税込)

最高レベルの感度

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ジョーカーは数あるエステルラインの中でも最も伸びない部類に入ります。ハリが強く、扱いが難しくはありますが、伸びないことにより抜群の感度を誇ります。ラインの扱いに自信のある上級者にはぜひ使っていただきたいアジングラインです。

長さ 200m 太さ 0.2号
メーカー ティクト カラー クリア
よつあみ(YGK)

チェルム アンバーコード SG D-PET 200m 0.25号 失透ピンク

価格:962円 (税込)

総合力No1!

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

チェルム アンバーコード SG D-PETは伸びないので感度がよく、しなやかなのでトラブルが少なく、耐久性が高いので長く使え、失透ピンクなので非常に見やすいと総合力に優れています。それに加え価格が安いのも魅力的です。総合的に見ると、ジグヘッド単体のアジングでは間違いなく最強のラインです。

長さ 200m 太さ 0.25号
メーカー よつあみ カラー 失透ピンク
サンライン(SUNLINE)

ソルティメイト 鯵の糸 240m 0.3号

価格:1,370円 (税込)

エステル入門者におすすめ!

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

鯵の糸はエステルラインの中では、最もしなやかで伸びるラインです。伸びるので、エステルの中では感度は最も低い部類に入りますが、その分ショックの吸収性が高いので、エステル入門者にはおすすめです。エステルラインの扱いに苦労している方にもおすすめです。同じシリーズにナイトブルーという色もありますが、これは品質そのものが違います。そちらは中級者以上の方向けなので間違えないよう注意してください。

長さ 240m 太さ 0.3号
メーカー サンライン カラー ナイトブルー
Fujino(フジノ)

141シンカーアジング 150m

価格:4,777円 (税込)

圧倒的高感度!

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

141シンカーアジングはゼクシオンという素材で作られています。PEライン以上に伸びず、フロロ並みの比重があるラインで、市販されているラインの中でダントツでトップの感度を誇ります。しかしクセが非常に強く、上級者でもこのラインの良さを最大限引き出せるアングラーは一握りでしょう。使いこなせれば、とてつもない性能を発揮するので、自身がある方はぜひ使ってみてください。

長さ 150m 太さ 0.2号
メーカー フジノライン カラー アイボリー
よつあみ(YGK)

ボーンラッシュ WX8 200m 0.4号

価格:3,329円 (税込)

なめらか・しなやか・高感度!

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タイラバ用として販売されていますが、アジングでも非常に優秀なラインです。なめらかさ・しなやかさ・強度どれを取っても一級品です。他のPEに比べると少し高いですが、この品質ならこれでも安いぐらいです。3g以上のルアーや仕掛けを使用するときにおすすめです。

長さ 200m 太さ 0.4号
メーカー よつあみ カラー ウグイスグリーン/ケシアイボリー
よつあみ(YGK)

ロンフォート リアルデシテックス WX8 210m 0.3号

価格:6,902円 (税込)

世界最高のPEライン!

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

間違いなく世界最高のPEラインです。細く滑らかで高強度。圧倒的な質の高さは言葉で言い表すことができません。一度触ればこのラインの良さは理解できるでしょう。ハリが強めで直線性が高いので、軽量ルアーでも操作感がしっかり出ます。一度使えば他のラインを使えなくなるでしょう。

長さ 210m 太さ 0.3号
メーカー よつあみ カラー ブルー/グリーン/ホワイト
サンライン(SUNLINE)

サンライン(SUNLINE) ライン シグロン PEx8 200m ライトグリーン 0.4号 6LB J

価格:2,940円 (税込)

ハイコストパフォーマンス!

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

抜群に滑らかかつしなやかで、非常に捌きやすいラインです。バランスのいい真円構造も相まって、抜群の飛距離を叩き出します。安っぽさは一切なく、この価格とは思えないほどハイレベルです。非常に安価でありながら、上級者でも満足できる性能を持ったシグロン×8は、コストパフォーマンスを求めるアングラーにはぜひ使っていただきたいラインです。

長さ 200m 太さ 0.4号
メーカー サンライン カラー ライトグリーン
ゴーセン(GOSEN)

タイニーPE AJI 0.2号

価格:1,526円 (税込)

抜群の使いやすさ!

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハリとコシが絶妙で、非常に水切れのいいラインです。水切れの良さと直線性の高さから、スッと水に入ってくれるので、強風下でない限りは軽量ジグヘッドもしっかり扱えます。ジグヘッド単体で大型のアジを狙いたいときにはぜひ使っていただきたいラインです。

長さ 150m 太さ 0.2号
メーカー ゴーセン カラー カクテルオレンジ

アジングを最大限楽しみたいなら、ラインにもこだわりましょう。製品によって大きく使い勝手が変わってくるので、しっかりと勉強して、ご自身に最適なアジングラインを見つけましょう。