キャンプ用ケトルのおすすめ10選!キャンプ場で簡単にお湯を沸かせる

キャンプ用ケトルを使用すれば、キャンプ場でも短時間でお湯を沸かすことができ、温かいコーヒーやお茶を飲んで、キャンプ場でゆったりと過ごすことも。直火OKなものやクッカーとして使えるもの、スタッキングできるものなどさまざまなものがあるため、お好みのものを探してみてください。

キャンプ中に温かいコーヒーやお茶を飲みたいときに便利なアウトドア用品といえば、キャンプ用ケトル。手軽にお湯を沸かせて、すぐに飲むことができます。キャンプ中の豊かな自然の中での一服は気持ち良く、心も落ち着けられます。

 

現在はキャンプ用として買い、使っている人も少なくありません。キャンプ用ケトルがあれば過ごしすくなること間違いありません。スムーズに調理を進めることもできます。

 

キャンプ用ケトルにはやかん型や縦長型、寸胴型などいろいろな種類があり、それぞれで異なる特徴を持っている点もポイント。種類が多いと、これから買う人はどれがいいか悩んでしまう人も多いでしょう。そこで今回はキャンプ用ケトルについて紹介していきます。ぜひ参考にしてみて下さい。

今すぐ見る!キャンプ用ケトルのおすすめ10選

クッカーなどの他のアウトドア用品を使用すればお湯を沸かせるため、キャンプ用ケトルはいらないのでは?と思う人もいるのではないでしょうか。しかし、キャンプ用ケトルは沸かす量を細かく調整でき、さらに丁度いい量を沸かせるため水を無駄にせずにすむというメリットもあります。

 

特にキャンプ場で、インスタントコーヒーを飲みたいときやインスタントラーメンを作りたいときなどには役に立ちます。温かいコーヒーで身体をあたためられたりラーメンでお腹を満たしたりできるため、手軽にお湯を沸かせるキャンプ用ケトルはキャンプ場で非常に重宝します。

 

さらに、最近販売されているモデルは、デザイン性も高いものが多いです。見た目がよければ、使用時の気分も上がり、キャンプもより楽しいものになるはずです。中には折り畳み式など少し変わった物まであるため、ご自身の好みに合うものを探してみてください。

今すぐ見る!キャンプ用ケトルのおすすめ10選

キャンプ用ケトルを初めて買う人は、何に注目して買えばいいか分からない人も少なくないでしょう。そこで、ここではキャンプ用ケトルの選び方を紹介します。選び方には形・容量・メーカーなどさまざまな判断材料があります。活用すれば、用途に合っている物や自分の好みの物をより見つけやすくなります。特に初めて買う人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

形で選ぶ

キャンプ用ケトルはやかん型と縦長型、寸胴型などさまざまな形のモデルがあります。それぞれの形で特徴やメリットは異なっています。ここではどういう特徴やメリットを持っているかを詳しく見ていきます。

やかん型

やかん型はコンパクトなものが多いため手軽に持ち運ぶことができ、ソロキャンプや少人数でキャンプをする際に向いています。どこに置いてもスペースを取りにくいため、収納しやすいのもポイント。さらに、他の種類のキャンプ用ケトルと比較すると底の面積も広いのでとても使いやすいです。また、バーナーの火が全体に満遍なく当たるようになっていて、お湯を早く沸かしやすいというメリットもあります。お湯をすぐに準備でき、スムーズに調理を進められて便利です。

縦長型

縦長型は名前の通り、縦に長いキャンプ用ケトル。容量が多く、1度にたくさんのお湯を沸かせます。特に大人数のグループでキャンプをする際に役に立ち、人数分の温かいコーヒーやお茶を簡単に入れることが可能。何回も沸かす手間を省けます。また、側面に持ちやすい取っ手が付いているため、持ち運びやすい上に注ぎやすいです。中には直火がOKな物もあり、焚火で直接沸かすことができます。

クッカーでも使える寸胴型

寸胴タイプはお湯を沸かすケトルとしてだけではなく、クッカーとしても使えます。そのときの状況に応じて簡単に使い分けでき、非常に便利。手元に1つあるだけでも快適さが違い、ソロキャンプをする際の強い味方になってくれます。これひとつでさまざまな用途に使えるため荷物を減らすこともできます。中には、オールステンレス製で焚火で直接使えるものもあります。焚火の火にずっと当てていても、ダメージを受けにくいのは安心ですね。

容量で選ぶ

容量は、キャンプ用ケトルによりさまざま。必要な容量を判断するのは難しいですよね。そんなときは、一緒にキャンプをする人数に合わせて決めるのをおすすめします。

 

ソロキャンプや少人数でのキャンプの場合は、容量が少ないもので十分です。コンパクトであれば持ち運びが簡単になります。一方で、大人数のグループでのキャンプの場合は、容量が多いものがおすすめ。一度にたくさんのお湯を沸かせるため、非常に便利です。

焚き火で使えるか

キャンプ用ケトルの中には素材にステンレスが採用されているものには、直火OKなものもあります。ステンレス製のものは頑丈なつくりをしていて、耐久性に非常に優れているのもメリット。焚火に直接当ててもキャンプ用ケトル本体はダメージを受けにくく、そのままお湯を沸かせます。長く使用できるため、コストパフォーマンスも高いです。

 

そして形については縦長型がおすすめ。縦長型は他のキャンプ用ケトルとは違い、側面に取っ手が付いているため持ちやすく、こぼす危険性が少ないです。また、焚火の中にも入れてお湯を沸かすことも可能です。最初は少し怖さがありますが、慣れてくると簡単にできます。キャンプらしい雰囲気を味わえる所もポイントです。

おすすめメーカーで選ぶ

現在ではスノーピークコールマンユニフレームなどさまざまなメーカーからキャンプ用ケトルが販売されています。たくさんのキャンプ用ケトルがあるからこそ、中々一つに絞り切るのは難しいでしょう。

 

そこでおすすめしたいのは、人気メーカーの中から選ぶこと。人気メーカーのキャンプ用ケトルは人気なだけあり性能のいいものが揃っています。初めてキャンプ用ケトルを手に取る人でも安心で、簡単にお湯を沸かせます。

 

さらに、メーカーが販売している他のギアと合わせるのもおすすめ。デザインが同じか、あるいは似ているものが多いため、一緒に使うと統一感が出ます。より気分を上げながらキャンプを行えて、楽しい時間を過ごせます。

スタッキングできるかどうか

キャンプ用ケトルを選ぶ際には、スタッキングできるかどうかもポイント。スタッキングとは積み重ねて、コンパクトに収納することをいいます。キャンプ用ケトルでもスタッキングできれば、キャンプで使用するギアをよりスタイリッシュに持ち運べます。荷物を減らせるので便利です。

 

キャンプ用ケトルでスタッキングしやすいのは寸胴型。寸胴型にはギアを入れる事ができる程のスペースがあります。つくりは頑丈であるため、衝撃が加えられたとしてもダメージを受けにくく、中のギアを安全に持ち運ぶことができます。

コールマン(Coleman)

パックアウェイ(TM)ケトル/0.6L2000010532

価格:1,980円 (税込)

熱効率が良く、キャンプ場でも使いやすい

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アルミニウム製のキャンプ用ケトルで熱効率がいいのがパックアウェイケトル。全体に熱が伝わりやすく、短時間でお湯を沸かせます。表面にはアノダイズド加工が施されており、傷付きにくいのが特徴。綺麗な状態をキープしやすく、キャンプ場でも安心して使うことができます。

 

ハンドルはシリコン製で滑りにくいため、しっかりと手に馴染みます。ふたは傾けても外れにくい設計にしてあり、容器に入れるときにも中のお湯がこぼれにくいです。

種類 やかん型 素材 アルミニウム
サイズ 15cm×13cm×8(h)cm 容量 0.6L
ユニフレーム(UNIFLAME)

山ケトル900 667736

価格:7,200円 (税込)

ソロキャンプをする際におすすめのキャンプ用ケトル

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトなサイズをしていますが、容量は0.9Lと意外に多いです。1人で過ごす時に丁度良い量のお湯を沸かす事ができ、ソロキャンプをする際に合っています。ユニフレームのメーカーの物と言う事で、耐久性も充分にあり、壊れにくく安心。

 

重量は約188gと軽量です。バックパックの中に入れてもあまり重くならなく、簡単に持ち運ぶ事ができます。付属品には専用のおしゃれな収納袋も付いていて、安全に保管しやすいです。

種類 やかん型 素材 アルミニウム
サイズ 直径16.5cm×深さ7cm 容量 0.9L
ロゴス(LOGOS)

ロゴス ケトル たためるケトル1L 81210305

価格:4,620円 (税込)

折り畳み式のキャンプ用ケトル

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

折り畳み式のキャンプ用ケトルで、使わないときはコンパクトなサイズに折り畳めます。スペースをあまり取らないため収納しやすく、キャンプ場にも手軽に持って行きやすいです。

 

素材にはシリコンを採用しており、熱に強いという特性を持っています。直火での使用も可能なため、焚火にも当てられます。また、簡単に洗えるため衛生面にも優れています。何度使っても綺麗な状態に毎回戻せます。

種類 やかん型 素材 シリコン
サイズ 21cm×14.5cm×13.7(h)cm 容量 1L
スノーピーク(snow peak)

フィールドバリスタ ケトル(CS-115)

価格:19,500円 (税込)

スムーズにお湯を注げます

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

注ぎ口の形状に工夫が施されているモデル。他のキャンプ用ケトルと比較するとスムーズにお湯を注ぐことができ、使いやすさは抜群です。素材にはステンレスが採用されているため耐久性に優れており、衝撃にもしっかりと耐えることが可能。

 

取っ手は着脱できるようになっています。カバンやバックパックにしまうときに取手を取り外せば、しまいやすいです。持ち運びやすいこのケトルは、キャンプ場などアウトドアの場に持って行く際に便利。

種類 縦長型 素材 ステンレス
サイズ 23cm×13cm×19(h)cm 容量 1L
UNIFLAME(ユニフレーム)

キャンプケトル 660287

価格:12,446円 (税込)

容量は多く、お湯を安全に入れられます

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

容量が1.6Lあるキャンプ用ケトルで、一度にたくさんのお湯を沸かすことができます。特に、グループでキャンプをするときに役に立ちます。注ぎ口には専用の小さいふたが付いていて、灰の侵入を未然に防ぐこともできます。焚火を近くでしているときでも中のお湯を守れるため安心です。

 

ふたにはストッパーが付いています。そのため傾けても落ちにくく、お湯を安全に入れられます。完全に取り外せるようにもなっていて、洗いやすいのも嬉しいポイント。清潔な状態をキープでき、何度でも気持ちよく使えます。

種類 縦長型 素材 ステンレス鋼
サイズ 直径130mm×高さ220mm 容量 1.6L
スノーピーク(snow peak)

ケトル NO.1(CS-068)

価格:3,970円 (税込)

使い勝手が良く、ギアも入れられる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

寸胴型のキャンプ用ケトルであるため、ただお湯を沸かすだけではなく、ラーメンを作ることもできます。手元に一つあるだけで気軽にラーメンを食べられ、キャンプ中の空腹を満たせます。使い勝手が良く、ソロキャンプをする際に特に役に立ちます。

 

素材はステンレスを採用しているため耐久性に優れています。使用しないときには中にギアを入れられ、収納スペースとしても利用可能。コンパクトにまとめられて、持ち運びもラクラクです。

種類 寸胴型 素材 ステンレス
サイズ 直径120mm×高さ80mm 容量 0.9L
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

UH-4202 ステンレス角型ラーメンクッカー

価格:2,423円 (税込)

インスタントラーメンを作りやすいです

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

四角い形をしていて、中にインスタントラーメンを入れて持ち運ぶことが可能。側面には300mlと500ml、700mlの目盛りも付いています。簡単に水の量を測ることができ、インスタントラーメンを作る際に役に立ちます。

 

そしてふたには湯切りの穴が付いています。ふたをしている状態でも、中に入っている水やお湯をスムーズに外に出せます。取っ手はコンパクトに収納できるようになっていて、バックパックにも入れやすく便利。

種類 寸胴型 素材 ステンレス
サイズ 262mm×171mm×111(h)mm 容量 1.3L

お洒落なキャンプ用ケトルおすすめ3選

GSI(ジーエスアイ)

ホウロウ コーヒーパーコレーター8cup

価格:4,668円 (税込)

おしゃれで、ケトルとして使えます

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ホウロウ加工が施されていて、アンティーク調のデザインになっています。非常におしゃれで、キャンプ場で使うと映えます。色はブラック・フォレストグリーン・ブルーの3種類あり見た目に拘りたい人におすすめです。

 

中にあるサイフォンを外せば、ケトルとして使うことも可能。他のキャンプ用ケトルと同じように簡単にお湯を沸かし、コーヒーやお茶を入れて飲めます。

種類 縦長型 素材 スチール
サイズ 直径14.8cm×高さ23cm 容量 1.2L
ファイヤーサイド

グランマーコッパーケトル 12113

価格:21,285円 (税込)

味のある色合いになる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

素材には銅を使っていて、使えば使うほど味のある色合いになってきます。買ったときと比較すると一瞬で分かるぐらいに色が変わるため、どれだけ使ってきたかを実感でき、愛着も一層湧いてくるでしょう。

 

熱伝導率は高いため、短時間ですぐにお湯を沸かすことが可能。容量は3.2Lと多く、量も十分に確保でき、大人数のグループでキャンプをするときにおすすめ。

種類 縦長型 素材
サイズ 直径18cm×高さ24cm 容量 3.2L
PETROMAX(ペトロマックス)

ニューパーコマッックス

価格:6,633円 (税込)

おしゃれなデザインで、映えます

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ブラックとホワイトの2色展開のおしゃれなキャンプ用ケトル。本体の素材にはエナメルスチールを採用していて、キャンプ場にも合います。

 

内部のバスケットの素材にはステンレスを採用しています。そのため、耐久性に優れていて強い衝撃が加えられても壊れにくく安心して使うことができます。

種類 縦長型 素材 エナメルスチール
サイズ 15cm×15cm×21(h)cm 容量 1.5L

キャンプと言えば、豊かな自然の中でコーヒーを飲みながらゆったりとくつろいでいるシーンを想像する人も多いのではないでしょうか。普段の生活の中で飲むコーヒーとは違い、格別な味を楽しめるキャンプは特別な空間といえるでしょう。有意義な時間を過ごせて、いいリフレッシュにもなります。

 

しかし、キャンプ中に実践しようとしてもキャンプ用ケトルの注ぎ口は広く、上手くお湯を注ぎにくかったり、入れにくかったりして中々上手くいかないことも。せっかくのキャンプなのにストレスを感じてしまうのはもったいないですよね。

 

そんな方にはsosoguというギアがおすすめ。キャンプ用ケトルの注ぎ口に付けるだけで、お湯を注ぎやすく、入れやすくなります。sosoguが1つあるだけで快適さが違います。キャンプでも手軽にコーヒーを飲め、有意義な時間を過ごせます。

キャンプ用ケトルの使い道はさまざま。コンパクトで持って行きやすいのに、そのパフォーマンスはとても高いので、快適なキャンプを求める人には必須のアイテムといえます。直火OKのものやスタッキングできるものなど機能性に重視すれば、さらに便利に使えます。

 

これからキャンプをする人は、ぜひキャンプ用ケトルを使って、ワンランク上のキャンプを楽しんでみて下さい。