パーコレーターおすすめ10選!パーコレーターで淹れたコーヒーは微妙って本当?

本格的なコーヒーを淹れれるパーコレーターはその場で味わい深いコーヒーを楽しめるので、アウトドアで美味しいコーヒーを飲みたい方におすすめなアイテムです。今回はパーコレーターでのおいしいコーヒーを淹れ方やおすすめパーコレーターやコーヒー豆などをご紹介します。ぜひ最後までご覧くださいね。

キャンプの朝や休憩のひとときにコーヒーは欠かせませんよね。そんなときにぜひ活用していただきたいのがパーコレーターです。パーコレーターは、コーヒー粉をセットして火に掛けるだけという手軽さなうえ、いつも味わいが安定している缶コーヒーとは違い、アウトドアでも淹れたてのコーヒーが楽しめます。
 
 
しかし、パーコレーターで淹れたコーヒーは良くないという方もいるのが事実です。そこでこの記事ではパーコレーターでおいしいコーヒーを淹れる方法や、おすすめのパーコレーター、コーヒー豆のおいしい淹れ方をご紹介します。いつもとはひと味違うコーヒーを淹れてみましょう!
パーコレーターはコーヒーを抽出するポットを指します。フィルターやドリッパーは不要で、コーヒーをセットして直火にかけるだけだけで簡単にコーヒーを作れる構造になっています。淹れ方や淹れる人、豆の種類によっていろんな味わいになるのもパーコレーターのおもしろいところです。
 
安定している缶コーヒーとは違った本格的で香り高い味わいのコーヒーを入れることができるうえ、その手軽さが魅力のパーコレーターは、キャンプや登山などで焚き火をする時にも便利な道具ですよ。
コーヒー好きの人たちは「パーコレーターのコーヒーの味はよくない」と言いますがそれは本当なのでしょうか。パーコレーターはコーヒーを高温で抽出するため、やや強めの味わいになります。そのため、パーコレーターで作ったコーヒーの味は好き嫌いがはっきりと分かれてしまうのです。
 
また、おいしくていつ飲んでも安定した味わいの缶コーヒーに慣れていたり、コーヒーの強くて酸味のある味わいが苦手という方はパーコレーターで淹れたコーヒーの味がよくないと感じてしまうこともあります。さらに、パーコレーターの使い方が正しくできていなければ、苦みや酸味が出やすく、パーコレーター本来の力を発揮できません。
 
パーコレーターで自分好みの味にうまく調整できれば、風味豊かでそれぞれのコーヒー豆の味わいを存分に楽しめるおいしいコーヒーを淹れることができますよ。
パーコレーターでコーヒーを淹れるときの人数やシーンによって、使いやすいと思うパーコレーターは変わってきます。ここからは、アウトドアで使うパーコレーターの選び方を見ていきましょう。
 

カップ量

パーコレーターは、容量によって一度にコーヒーを淹れられる量が変わります。容量の小さいパーコレーターだと、大人数でコーヒーを楽しむ場合は、数回作業が必要になります。
また、大きいパーコレーターだと、少量のコーヒーを淹れることが難しいため、パーコレーターを購入する際はコーヒーを飲む人数や、入れる量に合ったカップ数のものを選びましょう。
 
ソロキャンプや2~3人分のコーヒーを淹れる場合は、3カップ以上、3~4人分の場合は4カップ以上の商品がおすすめです。目安として、1カップおよそ160mlでマグカップサイズの量を淹れれるので、人数や用途にあったパーコレーターを選びましょう。

素材

パーコレーターには、強度に優れ丈夫なステンレス製のものや、保温性に優れたホーロー製のもの、中身が見やすいガラス製のものがあります。パーコレーター初心者の方には、メンテナンスが簡単で扱いやすいステンレスのパーコレーターがおすすめです。また、ステンレス製のパーコレーターは持ち運びの際にもそれほど気を使わずに持ち運びができるので、アウトドアでも人気です。

アウトドアなら直火式か確認

パーコレーターには直火式とIH対応のものがあります。IHは安定した火力でコーヒーを抽出でき毎回似た味を出せるため、自宅でパーコレーターを使い方にはIH対応のものが最適です。
 
しかし、アウトドアでは電源を確保しにくいので火を焚けばいつでもコーヒーを楽しめる直火式のパーコレーターがおすすめです。直火式のパーコレーターは、扱いに慣れるまではコーヒーの濃さが安定せず、調節が難しいですがそれもアウトドアならではの醍醐味ですよね。
 

メーカーで選ぶ

スノーピークは職人の町として知られている新潟県三条市に本社を置くアウトドア用品の総合メーカーです。スノーピークは厳しい自然での検証に裏打ちされた、機能的でお洒落な製品を提供するアウトドアブランドです。
 
機能性、耐久性を兼ね備えた数多くの洗練されたデザイン性でお洒落なキャンパーから国内外でも圧倒的な人気を誇ります。
 
スノーピークは、ユーザー本位の高品質なモノづくりを追求し、全てが高品質で、ずっと使い続けられるような新しい製品を常に生み出し続けています。
 
アウトドアでコーヒーを楽しむための道具はパーコレーターだけではありません。容器にコーヒー粉とお湯を入れ金属フィルターを押し込むことでコーヒーを抽出するプレス器や、フィルターの中にコーヒー粉を入れてお湯を注いで抽出するドリップ方法があります。プレス器では紅茶を淹れる方法として有名ですが、もともとはコーヒーを抽出するために開発された方法です。
 
プレス器やドリップを使って淹れる場合失敗が少なく初心者でもおいしいコーヒーを淹れられるのが魅力す。直火式エスプレッソメーカーはマキネッタとも呼ばれ、電力を使わず直火でエスプレッソに近いコーヒーを淹れられるアイテムです。マキネッタを使うことで、専用のマシンを使わなくてもエスプレッソが簡単に作れるのでおすすめですよ。
 
マキネッタには軽量で丈夫なアウトドア向けのものや自宅でも簡単に使えるIH対応のものまで種類はざまざまです。
 
 
スノーピーク(snow peak)

スノーピーク(snow peak) ステンレス パーコレーター6カップ PR-006

価格:10,340円 (税込)

人気メーカーならではの安定感があるステンレスパーコレーター

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人気メーカー、スノーピークのパーコレーターは、材質、機能にこだわり、さらに使いやすさを求め抜いて作られています。コーヒーをカップに注ぐときにも腕や手にかかる負担が少なく、つかみやすい持ち手が魅力的です。また、メンテナンス次第で30年以上使い続けることもできます。

メーカー スノーピーク カップ量 6カップ
素材 ステンレス 直火式 or ih 直火式
PETROMAX(ペトロマックス)

PETROMAX(ペトロマックス) アウトドア キャンプ パーコレーター ステンレス

価格:13,200円 (税込)

おしゃれで高品質なパーコレーター

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界中で愛用されているドイツの老舗人気メーカーペトロマックス直火はもちろん、HIにも対応しています。自宅でも使いやすいシンプルなデザインです。高品質なステンレス素材を採用し、スタイリッシュなデザインと耐久性があります。大容量なので、人数の多いアウトドアでの使用にもおすすめです。

メーカー ペトロマックス カップ量 14カップ
素材 ホーロー製(内部ステンレス) 直火式 or ih 両方
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) コーヒー ポット

価格:4,239円 (税込)

初心者におすすめな手軽さとコスパの良さが人気のパーコレーター

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リーズナブルで軽く、コンパクトなコスパの高いパーコレーターです。マグカップ1杯分から3杯のコーヒーの抽出可能なので、ソロキャンプや少人数での使用におすすめです。また、取っ手部分が天然木製なので、熱くなりにくいのがうれしいポイントです。お手頃な価格帯なので、パーコレーター初心者の方にもおすすめです。
メーカー キャプテンスタッグ カップ量 3カップ
素材 アルミニウム 直火式 or ih 直火式
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) パーコレーター

価格:2,403円 (税込)

丈夫で壊れにくいシンプルな形状のパーコレーター

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルながらも高級感が漂うパーコレーター。本体は耐久性に優れ、持ちやすい素材・形状でできています。容量が少ないパーコレーターで人数分のコーヒーを作ろうとすると、熱源もその数だけ必要になり手間がかかりますが、こちらのパーコレーターは容量が大きいぶん、沸騰までにかかる時間はありますが、一度に約5人数分のコーヒーが用意できます。
 
メーカー キャプテンスタッグ カップ量 5カップ
素材 アルミニウム 直火式 or ih 直火式
GSI(ジーエスアイ)

GSI コーヒーパーコレーター ホウロウ

価格:4,176円 (税込)

デザイン性・機能性に優れているパーコレーター

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ホウロウ加工のエナメル素材が、レトロな雰囲気を漂わせながら可愛らしさとおしゃれさを兼ね備えた、インテリアにも最適なパーコレーターです。注ぎ口は、コーヒーのしずくが垂れてこないよう設計されているので、マグカップに注ぐ際も安心。
 
ふたの部分が取っ手とつながっているので、うっかり落としてしまっても割れてしまう心配もありません。ハンドルの持ちやすさもうれしいポイントです。機能だけではなく、デザインにもこだわったおしゃれなパーコレーターは、アウトドアシーンだけでなく、ご自宅用としてもおすすめです。
メーカー GSI カップ量 8カップ
素材 ホウロウ加工スチール 直火式 or ih 直火式
コールマン(Coleman)

コールマン(Coleman) ステンレスパーコレーター

価格:5,107円 (税込)

丈夫で壊れにくく、お手入れが簡単なパーコレーター

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キャンパーから熱い支持を得ているコールマンのパーコレーターは、耐久性に優れ、熱伝導率が高いステンレス素材を使用しています。とにかく頑丈です。シンプルながらもどこか高級感漂うフォルムで、開口部は幅が広いので使い終わった後のお手入れも簡単にできます
扱いやすく、手入れがしやすいので、パーコレーター初心者の方にもおすすめです。
メーカー コールマン カップ量 5カップ
素材 ステンレス 直火式 or ih 直火式
Chinook(チヌーク)

Chinook(チヌーク) ティンバーライン ステンレスコーヒーパーコレーター

価格:6,600円 (税込)

耐久性・機能性に優れているパーコレーター

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

持ち運びのしやすいコンパクトなサイズで、扱いやすいパーコレーターです。つなぎ目がないので高い耐久性を実現し、持ち手には熱が伝わりにくい木を採用するなど機能性にも優れ、丈夫な作りになっています。持ち手の部分が斜めになっているので、持ちやすいのも特徴です。
 
メーカー チヌーク カップ量 6カップ
素材 ポリッシュアルミニウム 直火式 or ih 直火式
Stanley

Stanley(スタンレー)クールグリップキャンプパーコレーター

価格:9,127円 (税込)

使う人のことを考えてつくられたパーコレーター

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

100年以上の歴史を誇るスタンレーのパーコレーターです。熱くなりがちな持ち手部分は、シリコン素材を採用し、軍手をしている時でも手から滑りにくく掴みやすいように大きく設計されています。使う人や使うシーンを十分に考慮して作られています。縦長なシンプルなデザインも特徴で、蓋の開閉口の幅が広いので、使用後のお手入れも簡単にできます。
 
メーカー スタンレー カップ量 6カップ
素材 ステンレス 直火式 or ih 直火式
BIALETTI(ビアレッティ)

BIALETTI(ビアレッティ)直火式 モカエキスプレス

価格:3,173円 (税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

50年以上の歴史を持つ、世界中のコーヒー愛好者から支持されているイタリアの老舗メーカーのパーコレーターです。自宅やアウトドア先でコク深いイタリア式の本格的なコーヒーを淹れることができ人気を集めています。握りやすい持ち手で、おしゃれでデザイン性の高い本体にはトレードマークの「ひげおじさん」が施されています。
メーカー ビアレッティ カップ量 3カップ
素材 アルミニウム 直火式 or ih 両方
Presto

Presto プレスト コーヒー パーコレーター 

価格:4,148円 (税込)

電気式で電源自動オフ機能があるパーコレーター

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安定した加熱でコーヒーを淹れることができるステンレススチール製の電気式のパーコレーターです。抽出完了を示すライトがついており、自動で電源が切れる仕組みになっているので、電源の切り忘れを防げます。注ぎ口がコーヒーがたれにくい形状になっているので、雫が垂れてしまう心配がありません。
 
メーカー プレスト カップ量 6カップ
素材 ステンレス 直火式 or ih 電気式
東京コーヒー

TOKYO COFFEE 東京コーヒー オーガニック ブレンド

価格:2,599円 (税込)

挽きたてで新鮮な状態で届くこだわりのオーガニックコーヒー豆

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

主に南米のアラビカ種を配合し、ディープなコクのある苦味と、 ほのかな甘みと包み込む、優しい酸味が特徴な味わいのコーヒー豆です。「 オーガニック 」「新鮮」「自家焙煎」の3つを徹底的にこだわり、美味しくてヘルシーな、新鮮な焙煎したてのコーヒーを提供しています。
 
さらに、東京コーヒーはコーヒー本来の素晴らしい味と香り、含まれる栄養素を最高の状態で、プライドと愛情を込めて焙煎し、焙煎直後に商品を発送しているので、美味しさいっぱいの状態で楽しめます。
澤井珈琲

澤井珈琲 コーヒー 専門店 コーヒー豆

価格:2,999円 (税込)

上質な豆を厳選し、丁寧に仕上げたコーヒー豆

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

創業37年となる澤井珈琲は、上質なコーヒー豆のみを厳選し、優しい口当たりの中、豆本来の良質な旨味が口の中に豊かに広がるように、大切にブレンドされています。通常の2倍の時間を使って、じっくりと丁寧に煎り上げたコーヒー豆で抽出したコーヒーは、程よいコクと香ばしさがあります。
 
ストロング系の味が好みの方には特におすすめです。また、カフェオレなどにとてもよく向くタイプです。
加藤珈琲店

加藤珈琲店 ゴールデンブレンド

価格:2,570円 (税込)

世界の珈琲鑑定士が認めたの高品質のコーヒー豆

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

加藤珈琲のゴールドブレンドは、世界の珈琲鑑定士が認めた、高い品質を持つコーヒーのみに与えられる Qグレードの称号を持つ厳選されたコーヒー豆をふんだんに使用していることが特徴です。少量ごと長い時間をかけてじっくりと焙煎し、豆が本来もっている味の個性を最大限に引き出しています。
 
口当たりが柔らかく、まろやかでコクと甘みと酸味が調和した味わいのある、缶コーヒーとはまた違った上質のブレンドコーヒーです。
 
  1. まずは豆を準備します。パーコレーターでコーヒーを淹れる際には、粗挽きの豆がおすすめです。パーコレーターはフィルターを使わないので、バスケットの穴より小さな粉だとコーヒーの中に沈んでしまい、飲み口が悪くなります。
  2. 次に、コーヒー粉を軽量します。パーコレーターでおいしいコーヒーを淹れるときには豆の分量もポイントです。推奨されているコーヒー1杯分の目安は、コーヒーの粉12g程度に対し、お湯が160ccです。目分量で豆の量を軽量するのではなく、目盛り付きのシェラカップなどでしっかり軽量するようにしましょう。
  3. コーヒー豆をセットする前にお湯を沸かし、沸騰してからコーヒー粉を入れたバスケットを投入して抽出を始めます。コーヒー粉をセットしてからお湯を抽出する方法もありますが、お湯を沸かした後にコーヒー粉をセットすることで、コーヒーがよりおいしくなります。抽出するときは弱火にしましょう。
  4. 抽出開始してから4分ほどで、蓋のつまみ部分から見えるコーヒーの色が濃くなってします。そうしたら火を止めましょう。長時間火にかけると、コーヒーが酸化し、せっかくの風味が劣ってしまうので、火にかける時間には注意しましょう。
  5. 火を止めたら、コーヒーと一緒に抽出されたコーヒー粉が底に沈むのを1分ほど待ちましょう。沈んだらそっとカップに注ぎ完成です!

雰囲気もおしゃれで、コーヒーはもちろん紅茶も抽出できるパーコレーター。家でもアウトドアでもいろいろな場所で使うことができ、缶コーヒーの安定した味ではなく、抽出の仕方で毎回変わる、淹れたての香り高いコーヒーが楽しめるのが嬉しいですね。パーコレーターは、大きさやデザイン、持ち手の部分の違いなど多種多様です。用途やシーンに合わせたパーコレーターをあなたも探してみてはいかがでしょうか。