簡単手間いらず!火起こし送風機おすすめ5選を紹介!メリットとは?

バーベキューは楽しいですが、火起こしが苦手な方は多いのではないでしょうか。そんな方におすすめしたいのが「火起こし送風機」です。1つあればとても楽に火起こしができます。ここでは火起こし送風機の選び方やおすすめ商品を紹介するので、参考にしてください!

2021/10/21 更新

バーベキューや焚き火など、アウトドアでは何かと火がつきものですよね。火起こしにはバーナーやトーチ、ライターなど便利な着火剤はありますが、風やなにかの衝撃でせっかくの火が消えてしまうなんてこともあります。

 

風を送るために吹いたり、うちわを使わずに火起こしを簡単に行うことができるのが火起こし送風機です!この記事では火起こし送風機の選び方やおすすめ商品などご紹介します。最後まで読んで、アウトドアでの火起こしを簡単にさせてくれる便利な火起こし送風機を見つけて下さい!

今すぐ見る!おすすめの火起こし送風機5選

バーベキューをする時に手間がかかる作業といえば、火起こしではないでしょうか。火を起こすために、うちわや新聞を使ってパタパタと仰いだ経験がある人は多いかと思います。「火起こしをもっと楽にできたらいいのに!」という方におすすめしたいのが「火起こし送風機」です。

 

火起こし送風機があれば、うちわで仰ぎ続けて腕が疲れることもありません。また、火起こし送風機はピンポイントに集中して風を送るので、灰が舞い上がらないというメリットがあります。火の粉が飛ばないので、火傷の心配もありません。

 

さらに、火が消えるのを防ぐのにも役立ちます。火起こし送風機で風を送れば、灰が舞うのを防ぎながら火力調節ができるため、バーベキュー中にも活躍するアイテムです。

火起こし送風機といっても、アウトドアビギナーの方の中には聞き慣れない方もいるでしょう。「どのように選ぶべきか分からない...」という方のために、ここでは選び方のコツを紹介します!

快適さで動力を選ぶ

火起こし送風機の動力には2パターンあることはご存知でしょうか。「電動式」と「手動式」の2つがあり、それぞれ特徴が異なります。ここでは電動式と手動式の特徴について、詳しく説明するので参考にしてください!

力いらずの電動式

まず、「電動式」の火起こし送風機は乾電池を入れて使用するタイプで、長時間使用しても腕や手が疲れにくいのが最大の特徴です。また。電動式の中には、固定できるモデルもあります。ハンズフリーで使えるのでとても便利です。

 

ただ、電池が切れてしまった場合は使えないので注意が必要。キャンプ場によっては近くにスーパーやコンビニがないことも多く、すぐに電池が手に入らない可能性もあります。電池切れの心配をしなくていいように、常に電池のストックは準備しておきましょう。

 

また、電動式は袋型やハンドル型のモデルよりレバー型のモデルが多い点も特徴です。アウトドアビギナーの方は、簡単に火起こしができる電動式が特におすすめ。

手動式は電池切れの心配なし!

「手動式」は名前の通り、手でハンドルを回したりレバーを引いたりして風を送るタイプです。手回し型や袋型、レバー型など、さまざまな形状が登場しています。自分に合った形状のものを選びやすいのは嬉しいポイントです。

 

手動式の火起こし送風機は電池がなくても使えるので、電池切れの心配がない点は大きなメリット。いつでもどこでも使用できるので、電池のストックをわざわざ準備する必要もありません。

 

ただ、うちわや新聞で仰ぐよりは楽であっても長時間連続で使っていると疲れるのは、手動式のデメリットといえます。数人で交代しながら使ったり、疲れにくい形状のものを準備したりするのがおすすめです。

持ち運びしやすさもチェック

キャンプやバーベキューは、持ち運ばなければならないアイテムが多いので、火起こし送風機もできるだけコンパクトなものを選びたいところ。購入前にはサイズや重さを確認しておくのがおすすめです。

 

また、火起こし送風機の中には折りたためるモデルもあります。持ち運ぶ時は折りたたんで、コンパクトに収納できるので便利です。サイズなどをチェックする際に、収納性にも優れているかどうかも確認しておきましょう。

 

火起こし送風機はさまざまな形状があり、特にハンドル式は本体が細長いのでスペースを取りません。収納時のことを考えて形状を決めるのもおすすめです。

今すぐ見る!おすすめの火起こし送風機5選

火起こし送風機を扱うメーカーは多数ありますが、どこがいいのか分からない方もいるのではないでしょうか。ここでは火起こし送風機を扱うおすすめのメーカーを3つ紹介します。メーカーごとの特徴を知りたい方はぜひ参考にしてください。

折りたたみ式で便利なロゴス

「ロゴス」はテントやバーベキューグリルなど、さまざまなアイテム幅広くを扱う代表的なアウトドアメーカー。アウトドアビギナーから上級者まで幅広い層に人気です。そんなロゴスからも火起こし送風機が販売されています。

 

ロゴスの火起こし送風機は、電動で使えるのが特徴です。手軽に風を送れるので、特にアウトドアビギナーにおすすめします。また、折りたたみ式のため、コンパクトに収納できる点も特徴の一つです。

キャプテンスタッグは豊富なラインナップ!

日本のアウトドアメーカーである、「キャプテンスタッグ」。テントやシュラフといったアウトドア定番のアイテムから、サイクリング用品やカヌー用品まで幅広く展開しています。

 

そんなキャプテンスタッグは、取り扱っている火起こし送風機の種類も豊富です。電動式と手動式の両方のタイプを展開しており、好みに合わせて選べます。形状はハンドル式やグリップ式、ポンプ式といったさまざまな種類が揃えられているのも嬉しいポイントです。

エコ人力送風!ファイヤーサイド

「ファイヤーサイド」はもともと薪ストーブを作るメーカーで、薪ストーブに関するアイテムも多数展開しています。また、キャンプやバーベキューでも使いたいアイテムも豊富に扱っている点は特徴の一つです。

 

ストーブの熱で自家発電し、暖かい空気を室内で循環させられる「エコファン」や、「ふいご」をモチーフにしたバーベキューファンなどを扱っています。シンプルなデザインでありながらも、品質がいいと人気のメーカーです。

ロゴス(LOGOS)

BBQガンブロー

価格:2,090円 (税込)

電池式で楽に火起こしができる!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ロゴスのBBQガンブローは握りやすいグリップ式です。グリップ部分が波型なので、手に馴染みやすくなっています。電池式の送風機のため、長時間使用しても手や腕に負担がありません。電池をセットすれば誰でも手軽に火起こしができる便利なモデルです。簡単に火起こしができるので、アウトドアビギナーの方に特におすすめ。また、本体は折りたたむことができ、コンパクトに収納できます。

 

スペック詳細はこちら

動力 電動式 サイズ 170×54×145mm
重量 135g 収納方法 折りたたみ式
ファイヤーサイド

シュッポ  73010

価格:13,200円 (税込)

スタイリッシュでおしゃれな現代版ふいご!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ファイヤーサイドのシュッポは、日本でも古くから使われている「ふいご」をモチーフにした火起こし送風機です。昔ながらの送風機ではありますが、スタイリッシュかつコンパクトに作られています。使い方もシンプルなのでアウトドア初心者はもちろん、子供でも簡単に扱えるのが特徴です。さらに生後6ヶ月の仔牛からとれる「カーフスキン」と呼ばれるものを使用しています。カーフスキンを使うことできめが細かく、上質な仕上がりに。

 

スペック詳細はこちら

動力 手動 サイズ 180×50×540mm
重量 800g 収納方法 -
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

パワー送風機 M-7767

価格:968円 (税込)

スマートなボディで持ち運びしやすい

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キャプテンスタッグのパワー送風機 M-7767は、スマートなボディが特徴的な火起こし送風機。本体が細長いのでリュックサックの横ポケットにも収納でき、持ち運びしやすいです。ハンドルを回すことで風を送ることができます。簡単に使えるので、子供に火起こしを手伝ってもらいたい時に使うのもおすすめです。比較的リーズナブルな価格で購入できるので、バーベキューコンロと一緒に購入してもいいでしょう。

 

スペック詳細はこちら

動力 電動 サイズ 80×80×350mm
重量 - 収納方法 -
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

ポンピング送風機 M-7626

価格:629円 (税込)

空気入れにもなる火起こし送風機

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キャプテンスタッグのポンピング送風機 M-7626は、ポンピング式の火起こし送風機です。ブラックと蛍光灯イエローの本体は、目立ちやすいのでキャンプサイトでの紛失防止にも役立つでしょう。また、火起こし用ノズルだけでなく鉄製とポリスチロール製の空気入れノズルも付属しています。バーベキューの火起こしはもちろん、浮き輪やビーチボールなどの空気入れとしても使えるのは嬉しいポイント。1台で3役をこなせる便利なアイテムです。

 

スペック詳細はこちら

動力 手動 サイズ 60×40×250mm
重量 80g 収納方法 -
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

グリップ式パワー送風機 M-7578

価格:535円 (税込)

ブラックとレッドがスタイリッシュな送風機

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キャプテンスタッグのグリップ式パワー送風機 M-7578は、手に持ちやすいグリップ式です。ブラックとレッドのカラーリングがスタイリッシュでおしゃれ。また、本体には耐熱性のあるポリプロピレンを使用しており、120℃まで耐えられます。赤いレバーを引くだけで風を送れ、扱いも簡単です。手動式なので、電池切れの心配も必要ありません。いつでもどこでも使えます。

 

スペック詳細はこちら

動力 手動式 サイズ 55×135×235mm
重量 130g 収納方法 -

火起こし送風機は自作することもできます。必要な材料は市販されているUSBファンやスイッチ付きUSB延長ケーブル、木の土台です。また、USBファンを木の土台に固定するためのねじやL字金具も用意しておきましょう。簡単な作り方は以下の通りです。

 

  1. まず、USBファンを立てた状態にして、L字金具を取り付ける。
  2. L字金具を取り付けたUSBファンを木の土台にねじで固定する。
  3. 見た目が気になる場合は、木の土台をカラーリングしてみるのもおすすめ。

 

市販の火起こし送風機を購入するよりも安い材料費で済みますが、少し複雑ではあるのでビギナーの方よりはDIYが得意な熟練者におすすめです。

火起こしをする際に、火起こし送風機以外に使えるアイテムとして「火吹き棒」も挙げられます。名前の通り棒状なので、ピンポイントで風を送ることができ、火起こしや火加減の調整に便利です。また、火吹き棒はホームセンターなどで購入できます。

 

ただ、人力で吹く作業を繰り返すため、長時間続けていると疲れるというデメリットがあります。「とにかく楽に火起こしがしたい!」という方は、電動式の火起こし送風機がおすすめです。

火吹き棒はカスタム自由自在!

「火吹き棒って身の回りにあるもので代用したり、カスタムしたりして作れないかな?」と思う方はいるかもしれません。実は、伸縮する金属製のものがあればカスタムして作れるんです。伸縮する金属製の例としては、自撮り棒やポインターなどが挙げられます。

 

  1. 自撮り棒であれば、プラスチック部分のヘッド部分を外す。
  2. また、空気の通り道を塞ぐものがあれば、取り除いておく。
  3. 持ち手部分についていたゴムカバーは外して、自分好みにカスタムするのもおすすめ。

 

意外と簡単にできるので、火吹き棒を作ってみたい方はぜひ挑戦してみてください。作り方もインターネット上にたくさん紹介されているので、初めての方でも安心して作れます。

火起こしは手間も時間もかかるので大変な作業ですが、火起こし送風機が1つあれば、誰でも手軽に効率よく火起こしができます。まだ火起こし送風機を持っていない方は、今回の記事を参考にしながらぜひ一度購入してみてください。より快適に火起こしができるはずです!