アウトドアで大活躍するトライポッドおすすめ5選を紹介します!

キャンプでヤカンやダッチオーブンを吊るして火にかけるトライポッド。照明やウォーターサーバーなどアイデア次第で様々な使い方ができる万能アイテムです。おすすめのトライポッドの紹介や選び方のポイント・自作方法まで詳しく解説します。

2021/10/21 更新

皆さんはキャンプでの万能三脚、トライポッドはご存知でしょうか?ダッチオーブンやランタン、鍋などを吊るす三脚です。

 

トライポッドなんて、吊るすことができればなんでも良いと思っている方も多いかもしれませんが、適当に選んで購入したトライポッドで失敗するのは避けたいですよね。トライポッドは様々な使い方があり、その種類も豊富です。目的に応じて選ぶことが重要になってきます。

 

この記事では、トライポッドの選び方やおすすめ商品などご紹介します。最後まで読んで、便利な万能トライポッドを手に入れましょう!

今すぐ見る!トライポッドおすすめ5選

トライポッドは様々なメーカーから販売されていていますが、どれを見ても同じ形で違いがわからないと感じているかもしれません。自分に最適なトライポッドを選ぶためのポイントは「素材」「持ち運びやすさ」「耐荷重」「高さ」「拡張性」の5つです。詳しく見ていきましょう。

①素材

直火のそばで使用するトライポッドは不燃性の金属素材で作られています。主な素材は鉄やアルミで、両者最大の違いは重さです。鉄製のトライポッドの方が重量は増しますが、設置した時の安定感が高いというメリットがあります。

 

鉄製のトライポッドは耐久性の高さも魅力です。丈夫で長持ちするため、大切に愛用したい人には鉄製がおすすめですね。熱伝導率が比較的低いので火の近くで使用しても熱くなりにくく、より安全に使用したい人に向いています。

 

アルミ製は軽量なのが最大のメリットですが、鉄製よりも安定感に欠けるという難点があります。火のそばではすぐに高温に達するので、トライポッドにうっかり触って火傷をしてしまう危険性を考慮する必要があります。

②持ち運びやすさ

トライポッドはテントに次ぐ高さがあるアイテムなので、持ち運びやすさもポイントになります。折りたたみタイプと折りたためないタイプがありますが、アウトドアではできるだけ収納性の高い折りたたみタイプがおすすめです。

 

折りたたみタイプは各パーツを取り外し、収納袋に入れれば片手で持てるほどコンパクトになります。徒歩で目的地まで行くならリュックに入れられますし、バイクや自転車の荷台に乗せやすいのもメリットです。

 

折りたためないタイプは持ち運びには不便さを感じますが、広げるだけの簡単設営がメリットです。堅牢性も折りたたみタイプより高いので、荷物の量を気にせずに移動できるオートキャンプにおすすめです。

③耐荷重

トライポッドは調理用の鍋などを吊るして使用するので、耐荷重にも注目しましょう。使用する調理器具だけでなく、調理器具+食材のように一度に吊るすものの重量を考慮することがポイントです。

 

アルミやチタンなどの比較的軽量な鍋類を使用するには問題はないかもしれませんが、人気のダッチオーブンなど鋳鉄製の調理器具を使用する人には重要です。たとえば10インチのダッチオーブンに食材を入れると15kgを超えることもあります。

 

自分が使用する調理器具で最も重いものに水を満たして計量し、それ以上の耐荷重があるトライポッドを選びましょう。

④高さ

トライポッドの高さは様々で、90cm程度のものから150cmの大型の商品もあります。吊るすものに合わせた高さのアイテムを選ぶようにしましょう。トライポッドの主な用途は調理ですが、キャンプ場ではランタンを吊るして明かりを取っているテントも見かけます。

 

吊るすものの例として料理とランタンを挙げましたが、それだけとは限りません。燻製網を吊るしたり折りたたみ水筒を吊るしてサーバーにしたりと、トライポッドはアイデア次第で様々な活用方法があります。自分が使いたいシーンをじっくり考えながら選ぶようにするといいですね。

⑤拡張性も確認

バーベキュー網や焚火台など、組み合わせて使えるアイテムがあるトライポッドを選ぶと使用範囲がさらに広がります。トライポッドとセット使用できるアイテムは様々で、囲炉裏や五徳といった調理を便利にするものから、食事まで楽しめるテーブルなどもあります。

 

同一メーカーでセット可能なアイテムを揃えるのは手軽ですが、手持ちのアイテムと組み合わせて使える拡張性があるトライポッドなら格段に使い勝手がよくなります。購入する際には組み合わせて使用したいアイテムのサイズや重量なども確認しておきましょう。

今すぐ見る!トライポッドおすすめ5選

トライポッドを使うには、まず組み立て方を覚えることから始めましょう。基本的な組み立て方を順を追って説明します。

 

  1. トライポッドの脚を連結します。上下を間違えないように、1本分の脚のパーツそれぞれが合っているか確認しながら連結しましょう。
  2. 3本分すべて連結したら、使用中にぐらつかないようにネジを再度しっかり締めます。
  3. トライポッドの頂点(基部)パーツに、連結した3本の足をそれぞれ接続したら組み立て完了です。

 

焚火用の網などオプションパーツがある場合は、1.〜3.までの工程がすべて終わってから取り付けます。それでは、トライポッドの使い方を解説しましょう。

ダッチオーブンや鍋料理

網やダッチオーブンを使用して焚火料理を楽しむなら、鉄製のトライポッドがおすすめです。網では火の熱がトライポッド全体に影響するので、熱くなりにくい鉄製が向いています。また、重量感があるダッチオーブン調理には、頑丈な鉄製で耐荷重が20kg以上のものを選びましょう。

 

アルミやチタンの鍋を使用するなら耐荷重が5kgほどでも対応できます。飯盒炊飯や湯沸しのヤカンでもアルミ製の軽量トライポッドで良いでしょう。料理に使用する場合、本体の高さが低すぎると火力の調節ができないので、高さが70cm以上の商品が向いています。

虫取りや夜間のランタン

虫取りやランタンを吊るすトライポッドは、直火が直接当たらないのでどのような素材でも使用できます。虫取りに使用するならテントの入口やタープよりも少し低めを選ぶのがおすすめです。高すぎるとテント内の明かりの方に虫が寄ってきてしまうので効果が低下します。

 

夜間のテント内を照らすランタンを吊るす場合には、100cmの高さがあると全体の明るさを確保できます。手元用ならもっと低くても構いません。長時間明かりを点けているとランタンの熱で生地が弱ることがあるので、テントやタープの屋根までの空間も考慮しましょう。

おしゃれなインテリアアイテムとして

おしゃれなライトやランタンをトライポッドに吊るせば素敵なインテリアにもなります。火を使わない照明機器であれば、木製のトライポッドもいいですね。素朴な雰囲気で他の家具とも馴染みやすく、すっきりとした印象になりますよ。

 

ベランダや庭で使用するなら真鍮メッキのトライポッドもおすすめです。アンティークな雰囲気と柔らかな光沢が美しく、雨にぬれても自然に風化したようなイメージが楽しめます。好みの高さや素材を選んで、自宅でもアウトドアムードを楽しみましょう。

DOD(ディーオーディー)

ビッグファイアクレードル FT5-513

価格:8,520円 (税込)

軽量&コンパクト|焚火料理に1台2役

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

『ビッグファイアクレードル FT5-513』は焚火台として使える耐火メッシュがセットされたトライポッドです。雨上がりの濡れた地面でも苦労せずに火を焚けて、後片付けも楽にできます。メッシュを外してトライポッド単体でも使用でき、吊り下げるアイテムに合わせて高さが88cm/122cmの2段階に調整可能です。1.3kgと軽量なので女性にもおすすめですよ。

 

スペック詳細はこちら

重量 1.3kg サイズ 82×71×122cm
素材 アルミ 耐荷重 20kg
拡張性 焚火網 収納方法 ワンタッチボタン式
ロゴス(LOGOS)

アイアンクワトロポッド

価格:7,442円 (税込)

拡張性も強度も抜群!安定感が高い4本足タイプ

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

『クワトロポッド』はトライではなく4本足の吊り下げスタンドです。スチール(鉄)製で重量は増しますが強度が抜群で、耐荷重が200kgと飛び抜けて高く何を吊り下げるのも安心ですね。「ピラミッドTAKIBI」「囲炉裏テーブル」などオプションがあるので、同一メーカーでアイテムを揃えたい人におすすめです。手持ちのグリルやダッチオーブンとも組み合わせてやすいポッドです。

 

スペック詳細はこちら

重量 4.2kg サイズ 70×70×133.5cm
素材 スチール 耐荷重 200kg
拡張性 囲炉裏テーブル・ピラミッド焚火 収納方法 連結式
コールマン(Coleman)

ファイアープレイススタンド

価格:7,979円 (税込)

高さ調整がカンタン!ペグ&ループでどこでも設置

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

『ファイアープレイススタンド』は少々不安定な地面でもどっしり設置できるポッドです。4本脚の先にはペグと固定用ループが付いており、通常のペグダウン式よりも安定感が高いのがメリットです。荷重でがっちり固定されるストッパー付きなので高さ調整が簡単、料理の火加減が楽になりますね。脚同士をはめ込むだけであっという間に組み立てられるのもメリットです。

 

スペック詳細はこちら

重量 3.2kg サイズ 78×78×140cm
素材 スチール 耐荷重 20kg
拡張性 ファイヤープレーステーブル・焚火台 収納方法 分解式
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

CSブラックラベル 焚火三脚

価格:4,400円 (税込)

筋交い&頂点ヒンジで脚が開く心配なし!

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

『CSブラックラベル 焚火三脚』は堅牢製の高い鉄にブラッククロムメッキを施したトライポッドです。スタイリッシュな雰囲気がある商品を探している人におすすめで、インテリア用としても使い勝手が良いのがポイントです。頂点ヒンジと筋交い構造を採用しており、重いダッチオーブンを吊るしても脚が開く心配がありません。手持ちの焚火台や燻製網と組み合わせるのもおすすめです。

 

スペック詳細はこちら

重量 70×60×143.5cm サイズ 2.4kg
素材 耐荷重 20kg
拡張性 燻製網・干し籠など 収納方法 分解式
キャンピングムーン(CAMPING MOON)

トライポッド L 4段折り MS-105

価格:1,690円 (税込)

おしゃれなキャンプ女子におすすめ!ブロンズのトライポッド

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

『トライポッド L 4段折りMS-105』はわずか620gの超軽量トライポッドです。他ではあまり見かけないブロンズカラーが特に人気が高く、高温で使用しても変色しにくい点もポイントです。軽量アルミ製でも15kgの耐荷重を確保、長さ調節可能なチェーンは頑丈なステンレス製。回すだけで簡単に組み立てられるネジ式なので、初めてトライポッドを購入する人にもおすすめです。

 

スペック詳細はこちら

重量 0.62kg サイズ 67.5×67.5×105cm
素材 アルミ・ステンレス 耐荷重 15kg
拡張性 焚火台など 収納方法 分解式

トライポッドは自作することもできます。現地で調達可能な流木や剪定後の枝などを使用して自作できるので、初心者でも気軽に挑戦できる作り方を紹介しましょう。

 

■ 準備するもの

  • 長さ150cmほどの木(なるべくまっすぐなもの):3本
  • 頑丈なロープ(綿や麻素材が最適):3m程度
  • のこぎり

 

■ 作り方

  • 3本の木の長さが揃うようにのこぎりで切って調整する
  • ロープを1本の木の頂点近くに結びつける
  • 残り2本も左右に置いて、編みこむようにロープを通して結びつける
  • 結んだ3本の木の地面側を放射状に開き、結び目が緩まないよう縦にもロープを巻きつける

 

3本の木がしっかり支え合って立つように頑丈にロープを巻きつけるのがポイントです。太めの木で作れば鍋を吊り下げることも可能ですが、木製ということを念頭に火の取り扱いには十分注意しましょう。

トライポッドはキャンプを盛り上げる万能アイテムです。焚火料理からテント照明に大活躍、アイディア次第で活用の幅はさらに広がります。使う目的や吊るしたいアイテムの種類などに応じて、素材や耐荷重を決めましょう。使いやすいトライポッドで、どんどんアウトドアを楽しんでくださいね。