子供用水筒おすすめ10選!年齢ごとの選び方も紹介します!

子供用水筒は種類も豊富なので選ぶのに苦労しますよね。そこで本記事では子供用水筒のおすすめ10選について、年齢ごとの選び方についてや子供用水筒の種類についても合わせてご紹介していきます。ぜひ参考にして子供に合う水筒を選んでみてください。

2021/10/21 更新

1歳程度の未就学児から小学生まで子ども用の水筒は移り変わりが激しいですよね。子供用水筒は何を基準に選べば良いのか種類も多くてわからないという方もたくさんいるのではないのでしょうか。

 

意外にも2wayで使える便利な水筒や子供用水筒とは思えないほどのデザイン性の高い水筒など、機能性の高い子供用水筒はたくさんあります

 

この記事では子供用水筒の豊富な種類と年齢ごとの選び方、おすすめ商品など紹介していきます。ぜひ最後まで読んで皆さんのお子様に合わせた水筒を見つけて下さい!

今すぐ子供用水筒のおすすめ10選を見る

子供用水筒には、飲み口や容量の違いだけでなく素材の違いや保冷保温機能の有無などの機能面で様々な種類があります。子供の年齢によっておすすめの子供用水筒の種類も変わってきます。また、付属品の有無にも違いがあり利便性の高まるものもあるのでチェックが必要です。

 

そこで、まずは子供用水筒の種類について、5つの項目についてをご紹介していきますので、ぜひ参考にして子供に合った水筒を見つけてください。

①飲み口

まずご紹介する子供用水筒の種類は飲み口の違いです。飲み口の違いによって飲みやすさが変わってきます。使う子供によって飲みやすい飲み口は異なるので子供の年齢に合わせて飲み口を選んであげるようにしましょう。

水筒デビューはストロータイプで!

水筒デビューをする1歳〜2歳におすすめな飲み口はストロータイプです。ストロータイプの水筒の中には持ち手付きのタイプもあり、月齢の小さい子供でも飲みやすい工夫がされています。

 

またストロータイプの子供用水筒は、水筒を倒してしまってもこぼれにくい構造になっていて漏れる心配が少ないので、首が座っていない子供やまだ手がおぼつかない1歳前後の子供に特におすすめです。

 

ストロータイプの子供用水筒は、水筒を口につけて顔を上にあげる必要がないため、小さい子供でも持ちやすいので水筒デビューにぴったりの種類だといえます。

ストローに慣れてきたら直飲みタイプ!

水筒デビューをしてストロータイプの水筒に慣れてきた子供には、直飲みタイプの水筒がおすすめです。だいたい2歳ごろにはストロータイプも慣れてきているので直飲みタイプへの移行を考えてみましょう。

 

2歳ごろと言いましたが、2歳になったからと直飲みタイプにいきなりするのは危険で、水筒を口につけて顔をあげたときに口から飲み物が漏れてしまうこともあります。ペットボトル飲料を上手に飲めるようになったら検討してみましょう。

 

幼稚園などではストロータイプよりも直飲みタイプを利用している子供が多いため、幼稚園入園を直飲みタイプに移行するタイミングと考えてもいいかもしれません。

こぼさず入れられるようになったらコップタイプ

幼稚園高学年や小学生などの子供で、おうちでの食事の時間などに、自分でコップにお茶をこぼさずに入れることができるようになったらコップタイプも検討してみましょう。

 

コップタイプは、ストローが苦手な子にもおすすめで、ストローや直飲みの場合には口の中のものが水筒の中に入ってしまうことがなく衛生面で良いので綺麗に利用することができます

 

コップタイプは、一人で上手に入れることができない子には向いておらず、また運動会やスポーツシーンなどのゆっくり飲めない場合などではあまりおすすめしません。ゆっくりお茶を飲むことができるピクニックなどで利用するのがおすすめです。

小学生には2wayタイプが便利!

子供が小学生と大きい子の場合には、2WAYタイプが便利です。2Wayタイプはコップと直飲みの・ストローと直飲みなど組み合わせの違うタイプもあり、さらにはストローと直飲みにコップもついた3Wayの水筒もあります。

 

水筒はなかなか壊れるようなものではないので、長く使って欲しいと思う親御さんも多いでしょう。2Wayの子供用水筒を持っていることで買い替える頻度も減るので検討している場合には早めの購入をおすすめします。

 

2Wayの場合には、直飲みでスポーツシーンで利用することができ、さらにはコップタイプを使って遠足で利用するなど、様々なシーンで利用することができるので、それぞれのタイプの水筒を買わなくてすむこともおすすめのポイントです。

②容量

続いてご紹介する子供用水筒の種類は、容量の違いです。350ml~2000mlまで幅広い容量の子供用水筒がありますが、小学生以下の子供には350mlほどの容量がおすすめです。容量の大きすぎる水筒ですと、飲みきれずにたくさん余ってしまいますし、持ち運ぶ時に重いので大変になってしまいます。

 

小学生くらいの子供には、500mlの容量の子供用水筒がおすすめです。小学生になるとある程度の重さのものまで持てるようになりますし、飲む量も変わってきます。持つ時の重さによって選ぶようにしましょう。

 

また、スポーツシーンで利用する場合には、1L~2Lほどの大容量の子供用水筒がおすすめです。スポーツ中に飲み物がないと困ってしまいますので大容量の子供用水筒であれば安心です。

③素材

次にご紹介するのは子供用水筒の素材についてです。子供用水筒にはステンレス製のものとプラスチック製のものがあり、それぞれ重さや丈夫さ、保冷保温機能について異なります。ステンレス製とプラスチック製それぞれのメリットデメリットについてご紹介していきます。

保冷保温機能ありのステンレス

まずご紹介するのは、ステンレス製の子供用水筒です。ステンレス製の主なメリットは保冷保温機能がついていることで、夏場には冷たい飲み物を、冬場には暖かい飲み物を長時間温度をキープしてくれ機能性に優れています

 

また、プラスチック製と比べるとステンレス製は丈夫で壊れにくいという特徴もあります。ステンレス製の子供用水筒が長く使うことができるのもステンレス製のメリットです。

 

ですがステンレス製には重いというデメリットがあり、幼い幼児には重くて持てないこともあります。本体自体が重いので飲み物を入れるとさらに重く、落としたときに足に当たってしまうと怪我をする恐れもあるので注意が必要です。

軽くて持ちやすい!プラスチック

次にご紹介するのは、プラスチック製の子供用水筒です。プラスチック製の主なメリットは軽くて持ちやすいということです。そのため小さな子供に特におすすめで、持ち手付きのタイプもあるので中身の入ったプラスチック製の子供用水筒でも持ちやすいです。

 

また、小さい子供に嬉しいキャラクターものが多く、種類も多いのがプラスチック製の子供用水筒の特徴です。子供の好きなキャラクターを選んであげると喜んで使ってくれますよね。比較的リーズナブルな点も嬉しいポイントかと思います。

 

ですが、プラスチック製のデメリットとして機能性が低い点があります。ステンレス製と比べて保冷保温機能がないため中身が劣化しやすいという危険性があります。耐久性も弱いので長く使うのではなく買い替えのスパンが短い子供用水筒です。

④ケースや肩紐もチェック!

続いてご紹介するのは水筒ケースや肩紐などの付属品についてです。子供用水筒の中にはケース付きのものもあり、ケースに入れることで肩から下げられるのであるととても便利です。幼稚園などでは肩紐付きを推奨するところもあったりします。

 

専用ケースがない子供用水筒でも、容量やサイズに対応している水筒ケースであれば利用することができますし、子供が自分でショルダーにかけて持ち運ぶことができるのでぜひチェックしてみてください。

 

また、保冷保温機能のついた水筒ケースを利用することで、プラスチック製の子供用水筒のデメリットである中身が劣化しやすいという点を補うことができます。この場合も、水筒と必要であれば保冷剤がゆとりを持って入るサイズの水筒ケースを選ぶようにしましょう。

⑤日本製かどうか

続いてご紹介するのは日本製かどうかについてです。より安全性にこだわりたい場合におすすめなのが安心の日本製ですよね。日本のメーカーでは、象印とタイガーが有名で種類もたくさん出ているのでチェックしてみてください。

 

象印はキャラクターなどのデザイン面では他社の子供用水筒と比べて劣りますが、広口タイプのものが多く、内部の加工にもこだわっているため洗いやすい子供用水筒だと言われています。長期的に衛生的に使えるのが象印の特徴です。

 

タイガーの子供用水筒は内面にスーパークリーン加工が施されているためニオイや汚れが付きにくいのが特徴です。パーツの取り外しも楽で簡単に細かいところまで綺麗にすることができるので衛生的にりようすることができます。

子供用水筒は機能面やデザイン性だけでなく、やはり衛生的に使いたいのでお手入れのしやすさも気になりますよね。子供用水筒には様々な飲み口があるとご紹介しましたが、飲み口の違いで洗い方や洗いやすさも異なります

 

特にストロータイプの場合はストロー部分の汚れが溜まりやすいので、細かい毛先のストロー専用ブラシなどを使って洗うことで衛生面も保つことができます。最近では泡スプレーを利用することでストローの掃除ができるタイプの洗剤もあります。

パッキンの消毒は必須!

ほとんどの子供用水筒にはパッキンが利用されています。パッキンはゴムでできているため汚れがたまりやすく劣化しやすいです。そのため水筒を利用するたびにパッキンを外して洗うのはもちろんですが、煮沸消毒などをして綺麗に保つようにするのがおすすめです。

 

ステンレス製の子供用水筒では丈夫なため長期間りようすることができますが、ゴムでできたパッキンは劣化してしまうので、買い替えが必要になる場合があります。そのため、子供用水筒を選ぶ際にはパッキンのみ別売りしているかなどもチェックすることがおすすめです。

今すぐおすすめの子供用水筒10選をみる
THERMO MUG (サーモマグ)

THERMO MUG(サーモマグ) トリップボトル

価格:3,800円 (税込)

ペールトーンのマットカラーがおしゃれ

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

トリップボトルは、大人が見ても可愛いと思うペールトーンのマットカラーがおしゃれでデザイン性抜群な子供用水筒です。ステンレス製のため保冷保温機能があり好きな温度の飲み物を飲むことができます。

 

また、飲み口はコップタイプなので、直接口にをつけることがないので衛生的に利用することができます。付属の同系色のケースは長さ調節が可能となっています。

素材 ステンレス 飲み口 コップ
容量 500ml 付属品 カバーケース
生産国 - 重さ 310g
KINTO(キントー)

KINTO (キントー) デイオフタンブラー 500ml

価格:3,230円 (税込)

マットカラーで丸みのあるデザインがおしゃれ

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

KINTOのデイオフタンブラーは6色展開で、マットなカラーとシンプルな丸みのあるデザインが特徴です。デザイン性だけでなく真空二重構造によって中身の温度を長時間キープすることができます。長期的に使えるように丈夫に作られています。

素材 ステンレス鋼 飲み口 直飲み
容量 500ml 付属品 -
生産国 中国製 重さ 300g
サーモス(THERMOS)

サーモス 真空断熱まほうびんのベビーストローマグ FHV-350

価格:2,209円 (税込)

まほうびんのベビーマグ

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サーモスの真空断熱まほうびんのベビーストローマグが小さな子供でも持ちやすいハンドル付きで漏れにくい設計になっています。真空断熱の魔法瓶構造で冷たさを長時間キープしてくれます。

素材 ステンレス 容量 350ml
付属品 - 生産国 フィリピン
重さ 0.2kg
サーモス(THERMOS)

サーモス(THERMOS) ベビーストローマグ NPF-250

価格:1,071円 (税込)

ハンドルを外しても使える

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サーモスのベビーストローマグは、先ほどご紹介した魔法瓶タイプの水筒のプラスチック製のものになります。ワンタッチで開けることができストローからの飛び散りが軽減、フタはしっかり閉まるため漏れる心配がありません。160gと軽量で1000円前後とリーズナブルな点が特徴です。

素材 プラスチック 容量 250ml
付属品 - 生産国 -
重さ 170g
ECOCO

超軽量・コンパクトロック付ワンプッシュダイレクトステンレスボトル SDC4

価格:5,408円 (税込)

20種類以上のデザインえお気に入りが見つかる

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワンプッシュダイレクトボトルは全20種類を超えるデザインがあるので子供の好きなキャラクターの水筒を選ぶことができます。ワンプッシュで開きロックがついているのでこぼれる心配もありません。

素材 ステンレス 容量 470ml
付属品 肩紐 生産国 -
重さ -
象印マホービン(ZOJIRUSHI)

象印 ステンレスクールボトル 0.6L ライムブラック SD-JK06-BG

価格:2,645円 (税込)

スポーツドリンクOK

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

象印のステンレスクールボトルは内面フッ素コート2倍なので、スポーツドリンクOKとなっているのが特徴です。容量は0.6Lと多すぎず少なすぎない点もスポーツシーンなどで活躍します。付属のポーチは洗濯可能なので衛生的に利用することができます。

素材 ステンレス 容量 620ml
付属品 肩下げポーチ 生産国 -
重さ -
タイガー魔法瓶(TIGER)

タイガー魔法瓶 アンドボトル(&bottle)300ml MSK−A030

価格:2,979円 (税込)

安心の日本ブランド

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アンドボトルは保冷保温機能に優れており、6時間温度をキープしてくれます。また構造もシンプルな作りとなっているため綺麗に洗うことができます。

素材 ステンレス 容量 300ml
付属品 - 生産国 日本
重さ
タケヤ化学工業

TAKEYA(タケヤ) タケヤフラスクGoCup(ゴーカップ)

価格:3,630円 (税込)

お手入れしやすい子供用水筒

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タケヤフラスクのゴーカップは、手で持てるハンドルとショルダーベルトで肩下げの2通りで持つことができます。ワンタッチで簡単に開けることができコップ付きのため衛生的に利用することができます。直飲みでも利用することができます

素材 ステンレス 容量 520ml
付属品 シリコーンバンパー 生産国 中国製
重さ 436g
サーモス(THERMOS)

サーモス 真空断熱ベビーストローマグ 290ml 9ヶ月頃から もれないベビーマグ FFH-290ST ブルー(BL)

価格:1,900円 (税込)

別売りユニットで2Wayに

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サーモスの真空断熱ベビーストローマグは、1~2歳におすすめのストローマグとしてもご紹介しましたが、別売りのトレーニング用せんユニットをつけることで直飲みすることもできストローと2Wayで利用することができます。

素材 ステンレス 容量 290ml
付属品 - 生産国 -
重さ -
タイガー魔法瓶(TIGER)

タイガー サハラ MBR-C06GPS Tiger

価格:3,166円 (税込)

キャップユニット使用で直飲みも可能

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タイガーのコロボックルシリーズの水筒は、保冷保温効果の持続時間が6時間あり機能面も優れていますが、可愛らしいアニマルデザインも魅力のひとつです。カバーは洗濯することが可能で衛生的に利用することができます。

素材 ステンレス 容量 600ml
付属品 ポーチ 生産国 -
重さ 390g

ここまで、子供用水筒のおすすめ10選についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。ぜひ参考にして、お子様に合った子供用水筒を見つけてみてください。