【ツーリングテントのおすすめ10選】選び方とプラスワンアイテムも紹介!

ツーリングテントは、名前通り旅行の時に使うテントであり、様々な種類の製品があるので、どの製品を選んだら良いか分からない人も多いと思います。今回は、ツーリングテントの選び方とおすすめ商品10選を紹介するので、自分に最適なツーリングテントを選べるようにしましょう!

2021/10/21 更新

編集部おすすめの記事

バイクツーリングやツーリングは、わりと簡単に始められる趣味の一つです。運動にもなりますし、何よりいろいろな場所でツーリングするのは気持ちが良いですよね。そんなツーリングのお供が、ツーリングテントです。

 

ツーリングで野営をするときに必須のアイテムで、軽量さやコンパクトさが求められます。ツーリングテントには多種多様な種類があり、どのツーリングテントを選べば良いのか初心者は迷いがち。


目的に合わせた最適で、賢いツーリングテントの選び方を解説します。加えて定番でおすすめのツーリングテントやメーカー、プラスワンアイテムを紹介します。

ツーリング用のテントは、登山用のテントと異なり平地での利用を重視したテントで、軽量でコンパクトなことが特徴です。普通のテントよりも防水性や耐久性が高いので、大雨などの悪天候にも対応しています。

 

通常のテントと同様に、多種多様な形状の商品が販売されていて、製品によってサイズや耐久性等の性能が異なります。登山用テントとツーリングテントの明確な違いはないので、なるべく耐久性の高い物を選びましょう。

ツーリングテントを選ぶ時は、以下の5つの性能が重要な要素となります。

 

  1. 設営の簡単さ
  2. サイズと重さ
  3. 前室の有無
  4. 耐久性
  5. 通気性

 

自転車やバイクの荷台に搭載する場合は、積載重量に限りがあるので、なるべく軽量な製品を選ぶようにしましょう。

角錐型のワンポールテントでは、傘と同じように一つのポールを動かすだけで展開できるため、簡単に短時間で設営を行えます。設営のしやすさを重視する人は、ドーム型のテントではなく、ピラミッド型のテントを選ぶようにしましょう。

 

一般的なワンポールテントでは、外側の高さが低くなるので、居住性が落ちるのが欠点です。しかし、DODのライダーズワンタッチテントは、ドーム型なのにも関わらず設営しやすいので、居住性を重視する人にもおすすめです。

ツーリングテントを選ぶ時には、サイズや重量は特に重要な要素となります。バイクで荷物を持ち運ぶ時には、積載重量が60kgと限られているので、3kgから5kg程度の重さのツーリングテントを選びましょう。

 

また、積載できる荷物のサイズにも制限があり、荷台の端から30cmの範囲までしかはみ出せません。ツーリングテントを購入する時には、必ず収納サイズと荷台の大きさを確認しておくようにしましょう。

前室とは、インナーの外側にあるテントの空間のことを指し、靴やヘルメット等の荷物を置くのに役立つスペースとなります。2人程度であれば、荷物置き場ではなくリビングスペースとしても活用でき、タープいらずでキャンプを行えます。

 

また、雨宿りの場所としても活躍するので、雨の日を快適に過ごせます。シングルウォールのテントでは前室自体が存在しないので、前室があるテントが欲しい場合はダブルウォールの製品を選びましょう。

一般的なテントの耐水圧は1000mm程度であり、0.1気圧の水圧まで浸水しませんが、大雨の中では浸水しないか不安に感じる人も多いと思います。防水性を重視する人は、耐水圧が1500mm以上の製品を選ぶようにしましょう。

 

また、テントの裂けにくさも耐久性の面で重要な要素になります。生地の織り方によって耐久性が変わり、リップストップ生地は特に裂けにくいので、耐久性を重視する人はリップストップ生地のテントを選びましょう。

ダブルウォールのテントは壁の枚数が多い分、シングルウォールのテントよりも通気性が悪くなります。ただし、ダブルウォールのテントでは結露が生じにくいので、シングルウォールテントの方が居心地が良いとは限りません。

 

防水性と通気性は背反する要素であり、防水性が高くなるほど通気性が落ちる傾向にあります。ポリエステルやナイロンだと通気性に限界があるので、通気性を重視する人はコットン混紡テントを選びましょう。

ここでは、各メーカーのテントの特徴について説明していきます。テントのメーカーによって機能性やデザイン性が大きく異なるので、自分の用途に合った製品を選ぶようにしましょう。

BUNDOKは他のメーカーに比べて値段が安いのが特徴なので、初めてテントを選ぶ人におすすめです。企業名から中国企業でないかと思う人が多いと思いますが、新潟県三条市に本社があるれっきとした日本のメーカーになります。

 

値段が安い分、構造が単純であり前室のスペースが狭く、荷物を思うように置けないのがデメリットです。また、3人以上収容できるテントの品揃えが乏しいので、大人数で使いたい人は別のメーカーの製品を選びましょう。

お手頃な価格で購入できる上に耐久性も高く、初心者でも簡単に設営できることから、コールマンのテントは一番人気があります。BUNDOKのテントと異なり、広い前室が付いた物が多いことから、広い居住スペースが欲しい人におすすめです。

 

他のメーカーの製品に比べてデザイン性が良いので、テントのデザインにこだわる人にもおすすめです。商品のラインナップが幅広く、5人収容できる家庭向けの大型ツーリングテントも販売しています。

DODは大阪府東大阪市に本社を構える日本のメーカーで、かわいらしいウサギのロゴが特徴的です。DODのツーリングテントの中には、ワンタッチテントと呼ばれる物が存在し、名前の通り紐を引っ張るだけで展開するので、非常に設営しやすいのが特徴です。

 

かまぼこ型やきのこ型などの特徴的な形状をしたテントを販売しているので、キャンプ場で目立ちたい人におすすめです。お手頃な価格で購入できるのも魅力的な点です。

スノーピークのテントは、他のメーカーのツーリングテントに比べ、耐久性が高く人気のあるメーカーです。一般的なツーリングテントでは平均1000から1500mmの防水性を持つのに対し、スノーピークの製品では最低1800mmという高い防水性を持ちます。

 

また、風の抵抗を受けないような形状をしているので、強風が吹いてもテントが壊れづらいのが特徴です。価格は高価ですが、登山用途でも使いたい人におすすめのメーカーです。

カエデのマークからカナダの企業と思い込む人が多いですが、ロゴスは日本にある有名なキャンプ用品メーカーとなります。ロゴスのナボパシリーズは、おしゃれなインディアンデザインで、インパクトが大きいことが特徴です。

 

テント幕に難燃性ポリエステルタフタを利用していて、フレームが超々ジュラルミンでできているので、テント自体の耐久性が高いのが特徴です。スノーピークの製品と同様に高価ですが、耐久性を重視する人にはおすすめできます。

BUNDOK(バンドック)

ツーリングテント BDK-18【1~2人用】

価格:5,436円 (税込)

5,000円台で購入できるので予算が無い人におすすめ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

BUNDOKのBDK-18は、価格の安さから人気があるツーリングテントです。安物のテントなので構造がシンプルで、最小限のスペースしかありませんが前室が付いています。耐水圧は1000mmと標準的で、浸水はしないもののフライが濡れるので、防水性を重視する人は別の製品を選びましょう。重量は2.3kgと非常に軽量で、価格も5,000円台と圧倒的に安いので、初めてツーリングテントを購入する人におすすめできます。

テント形状
ドーム型
収容人数
2人
材質
ポリエステル
耐水圧
1000mm(フライ・フロア)
開閉方式
ファスナー方式
重量
2.3 kg
展開時サイズ
210 × 210 × 110 cm
収納時サイズ
46 × 13.5 × 13.5cm
コールマン(Coleman)

ツーリングドームST グリーン 1~2人用 170T16400J

価格:11,282円 (税込)

1万円台前半で買えて総合的な性能が高いのでコスパが良い

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コールマンのツーリングドームSTは、価格のお手頃さと性能の高さから、Amazonでベストセラーのテントです。BUNDOKのツーリングテントに比べると、明らかに前室の大きさが大きいので、居住性を重視する人におすすめです。耐水圧が1,5000mmと、BUNDOKの製品よりも高性能で、浸水したという口コミが無いので、防水性に関しても好評なようです、価格も1万円台前半で買えるので、キャンプ初心者にもおすすめできる製品です。

テント形状
ドーム型(前室有)
収容人数
2人
材質
ポリエステルタフタ
耐水圧
1500mm(フロア)
開閉方式
ファスナー方式
重量
4.4 kg
展開時サイズ
210 × 120 × 100 cm
収納時サイズ
23 × 23 × 54 cm
BUNDOK(バンドック)

テント BDK-75 【1人用】

価格:12,800円 (税込)

テント自体の耐久性が高いので山岳でも使う人にもおすすめ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

BUNDOKのBDK-75は、設営が簡単で耐久性が高いのが特徴的なテントです。ピラミッド型の製品ですが、広い前室スペースがあるので、雨の日も快適に過ごしたい人にはおすすめです。耐水圧も3000mmと非常に高く、リップストップ生地で破けにくいので、山岳用のテントとして使いたい人にもおすすめです。価格は1万円台前半と手頃ですが、居室が狭く2人以上容れられないので、個人で使わない場合は別の製品を選びましょう。

テント形状
ピラミッド型(前室有)
収容人数
1人
材質
ポリエステル
耐水圧
3000mm(フライ)
開閉方式
ファスナー方式
重量
2.2 kg
展開時サイズ
240 x 240 x 150 cm
収納時サイズ
42 x 19 x 19 cm
コールマン(Coleman)

ツーリングドームLX グリーン 2〜3人用 170T16450J

価格:13,912円 (税込)

居住スペースが広く耐久性にも優れたツーリングドーム

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コールマンのツーリングドームLXは、ツーリングドームSTよりもサイズが大きく、3人まで収容できるのが特徴です。基本的な防水性能に関しては変わりませんが、テントのサイズが大きい分重量が5.6kgと重く、バイクで少し持ち運びづらいのが欠点です。耐久性はツーリングドームSTよりもと同様に高いので、耐久性を重視する人におすすめです。価格は小型の製品と大差ないので、広い居住スペースが欲しいソロキャンパーにもおすすめです。

テント形状
ドーム型(前室有)
収容人数
3人
材質
ポリエステルタフタ
耐水圧
1500mm(フロア)
開閉方式
ファスナー方式
重量
5.6 kg
展開時サイズ
210 × 180 × 110cm
収納時サイズ
21 × 21 × 49cm
山善

キャンパーズコレクション プロモキャノピーテント5 CPR-5UV(BE)

価格:16,548円 (税込)

5人収容のテントなのにも関わらず1万円台後半で購入できる

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

山善のツーリングテントは、コストパフォーマンスが高く人気のあるテントです。耐水圧は1,000mmと標準的ですが浸水せず、暴風雨にも耐えられるといった口コミが複数あるので、必要十分な耐久性を持っています。5人まで収容できるので家庭用のテントとして最適ですが、重量が11kgと重くバイクで運べないのが欠点です。価格については、1万円台後半で買えてコスパ最強なので、安い値段で家庭用テントが欲しい人におすすめです。

テント形状
ドーム型(前室有)
収容人数
5人
材質
ポリエステル
耐水圧
1000 mm
開閉方式
ファスナー方式
重量
11 kg
展開時サイズ
270 × 270 × 160 cm
収納時サイズ
66 x 24 x 24 cm
DOD(ディーオーディー)

ライダーズワンタッチテント 【ツーリング仕様】 1-2人用 T2-275

価格:17,764円 (税込)

重量が2.9kgと軽く設営もワンタッチでできるのが魅力的

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

DODライダーズワンタッチテント は、設営のしやすさから人気のあるツーリングテントです。インナー部分だけでなくフライ部分までワンタッチ式なので、設営に時間がかからず、風が強い日でも快適にテントの組立を行えます。重量も2.9kgと軽いので、積載量が限られているバイクにも搭載しやすいです。ただし、PUコーティングされていることから、加水分解による劣化があるので、耐久性を重視する人は別の製品を選びましょう。

テント形状
ドーム型(前室有)
収容人数
2人
材質
ナイロン(PUコーティング)
耐水圧
3000mm(フライ)
開閉方式
ファスナー方式
重量
2.9 kg
展開時サイズ
243 × 235 × 133 cm
収納時サイズ
62 × 20 × 20 cm
コールマン(Coleman)

ワンポールテント エクスカーションティピー 325 オリーブ/サンド 3〜4人用

価格:19,790円 (税込)

ピラミッド型のテントであるにも関わらず4人収容できる

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コールマンの エクスカーションティピー325は、価格の手頃さと設営のしやすさから、人気の高いツーリングテントです。ワンポールテントなので、初心者でも設営を行いやすく、収容人数も4人と多いのがメリットです。大きなサイズのテントは重くなりがちですが、当製品では6.4kgと比較的軽量なので、持ち運びやすいです。価格も1万円台後半と比較的手頃な価格で購入できるので、家庭用テントの購入費用を抑えたい人にもおすすめです。

テント形状
ピラミッド型(前室有)
収容人数
4人
材質
ポリエステルタフタ
耐水圧
1500mm(フロア)
開閉方式
ファスナー方式
重量
6.44 kg
展開時サイズ
325 × 230 × 200 cm
収納時サイズ
16 × 16 × 60 cm
ロゴス(LOGOS)

テント Tepee ナバホ300 2~3人用 71806501

価格:23,800円 (税込)

デザイン性と機能性の両方に優れたツーリングテント

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ロゴスのナバホ300は、デザイン性が良いだけでなく耐久性にも優れたテントです。インディアンデザインで、見た目がかわいいといったレビューも複数あるので、女性におすすめできる点とです。ワンポールテントなので設営が行いやすく、ポールが軽量で頑丈なジュラルミンでできているので、耐久性を重視する人にもおすすめできます。価格に関しては2万円台前半と少し高めですが、デザインに興味を持った人はぜひ購入してみましょう。

テント形状
六角錐型
収容人数
3人
材質
ブリーザブルポリエステル
耐水圧
3000mm(フロア)
開閉方式
ファスナー方式
重量
4.0 kg
展開時サイズ
300 × 250 × 180 cm
収納時サイズ
52 × 18 × 18 cm
スノーピーク(snow peak)

テント アメニティドームS 3人用 SDE-002RH

価格:32,780円 (税込)

総合的な耐久性が高く山岳用でも使えるツーリングテント

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スノーピークのSDE-002RHは、耐久性の高さから評判の良いツーリングテントです。他のツーリングテントと異なり、風の抵抗も考慮した形状になっているため、強風に強いテントを求めている人におすすめです。1800mmの高い耐水性が保証されているので、大雨によるテントの浸水が気になる人にもおすすめできます。ただし、値段に関しては3万円台前半と他のテントに比べて高いので、予算が無い人は他の製品を選びましょう。

テント形状
ドーム型(前室有)
収容人数
3人
材質
ポリエステルタフタ(PUコーティング)
耐水圧
最低1800mm(フライ・フロア)
開閉方式
ファスナー式
重量
5 kg
展開時サイズ
355 × 230 × 120 cm
収納時サイズ
58 × 18 × 23 cm
テンマクデザイン

テンマクデザイン サーカスTC

価格:34,261円 (税込)

通気性の高いトリコットンを利用したツーリングテント

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

テンマクデザインのサーカスTCは、総合的な性能が高く、評判が非常に良いテントです。一般的なツーリングテントと異なり、コットンを混紡したポリエステルを利用しているため、通気性が良いのが特徴です。耐水圧については明記されていませんが、豪雨にも耐えられたという口コミがあるので、防水性能に関しても好評なようです。価格は3万円台後半とたかいですが、値段以上の価値があるので、高性能なテントが欲しい人におすすめです。

テント形状
五角錐型
収容人数
2人
材質
綿混紡ポリエステル
耐水圧
-
開閉方式
ファスナー方式
重量
10.9 kg
展開時サイズ
25 × 25 × 67 cm
収納時サイズ
442 × 420 × 280 cm
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

アルミ ロールテーブル M-3713

価格:2,152円 (税込)

背が低くコンパクトで携帯性に優れたロールテーブル

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キャプテンスタッグのM-3713は、価格の安さから非常に人気の高いテーブルです。他のキャンプテーブルに比べてコンパクトなので、自転車やバイクでツーリングキャンプを行う時にも、持ち運びやすいです。アルミ製のテーブルなので耐熱性が高く、汚れもすぐに落ちるのが魅力的です。価格は2,000円台と非常に安いですが、違うメーカーの商品が届くといった口コミが複数見受けられたので、購入する前に出品業者の評価を確認しましょう。

種類
ロールテーブル
用途
調理用
重量
699g
サイズ
418 x 84 x 80 mm
Mozambique

アウトドアマット 極厚20mm

価格:4,580円 (税込)

コスパが高くAmazonでベストセラーのエアーマット

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Mozambiqueのエアーマットは、耐久性が高い上に価格がお手頃なことから、Amazonでベストセラーのエアーマットになっています。アルミマットなので断熱性が高く、底冷えせずに快適に寝ることができます。圧着コーティングされたアルミの膜も破れにくく、クッションの部分もへたりにくいので、耐久性を重視する人におすすめです。価格も5,000円未満とお手頃なため、サーマレストに手が届かない人にもおすすめです。

種類
エアーマット
用途
就寝用
重量
560g
サイズ
1830 x 20 x 560 mm
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

バーベキューコンロ M-6500

価格:4,818円 (税込)

デザイン性と使い勝手に優れる組立て式バーベキューコンロ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キャプテンスタッグのバーベキューコンロは、デザイン性が良くて使いやすいことから、人気の高い製品です。折り畳み式なのでコンパクトにまとめることができ、3.8kgと軽量なのでバイクでも持ち運べます。市販の薪をそのまま入れられるので、焚火台として使えるのも魅力的な点です。デザイン性も良いので、見た目を重視する人におすすめです。価格も5,000円未満と安く、初めてバーベキューコンロを購入する人にもおすすめできます。

種類
バーベキューコンロ
用途
調理用
重量
3.8 kg
サイズ
570 × 470 × 60 mm(収納時)
Coleman

大人用寝袋(マミー型) 緑 sleeping bag Mummy Style

価格:6,700円 (税込)

防寒性が高くて寝心地の良いマミー型の寝袋

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コールマンのマミー型寝袋は、防寒性が高くマイナス18℃までの低温に対応していることから、Amazonでの評判が良い商品です。実際の防寒性に関しては、人によって感じ方が異なるものの、氷点下を下回ると薄着では厳しいといった口コミが多いようです。保温力が高いぶん分厚いので、携帯性があまり良くないのが欠点です。価格に関しては7,000円台という手頃な価格で購入できるので、安くて保温力が高い製品が欲しい人におすすめです。

種類
寝袋(マミー型)
用途
就寝用
重量
5.8 ポンド(2.63 kg)
サイズ
434 x 314 x 305 mm
コールマン(Coleman)

ランタン ノーススター 2500 レッド 2000015521

価格:8,980円 (税込)

値段がお手頃で照明性能の高いLPガス式ランタン

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コールマンのLPガスランタンは、ホワイトガソリンの製品と変わらない明るさで照らせて、価格もお手頃なことから人気のある商品です。デザインが良いといった口コミが多いので、デザインを重視する人におすすめです。ガソリン式ランタンと異なり、ポンピングを行う必要がないので、ランタン初心者にもおすすめできます。1万円未満で購入できますが、燃費が悪くランニングコストが高くつくので、ガス代についても考慮する必要があります。

種類
LPガスランタン
用途
照明用
重量
1.96 kg
サイズ
145 × 145 × 260 mm

ツーリングテントの選び方に加えて、10個のおすすめ商品について紹介しましたが、自分に最適な製品は見つかったでしょうか。ツーリングテントは、製品によって耐久性や設営のしやすさ等が異なってくるので、高性能なテントを購入することで快適に野営を行えるようにしましょう!

関連する記事

2人用テントのおすすめ11選を紹介!サイズはどれくらい?【キャンプ・登山・ツーリングに!】のサムネイル画像

2人用テントのおすすめ11選を紹介!サイズはどれくらい?【キャンプ・登山・ツーリングに!】

2021/10/21

【テントの定番おすすめ10選】選び方や人気メーカーを紹介します!のサムネイル画像

【テントの定番おすすめ10選】選び方や人気メーカーを紹介します!

2021/10/21

ワンポールテントのおすすめ10選を紹介!後悔しないための注意点も解説!のサムネイル画像

ワンポールテントのおすすめ10選を紹介!後悔しないための注意点も解説!

2022/05/20

コットンテントはオールシーズン?おすすめ12選と注意点を解説!のサムネイル画像

コットンテントはオールシーズン?おすすめ12選と注意点を解説!

2021/10/21

【2022最新】ファミリーテントのおすすめ13選|アウトドア初心者必見!高コスパ・おしゃれのサムネイル画像

【2022最新】ファミリーテントのおすすめ13選|アウトドア初心者必見!高コスパ・おしゃれ

2021/10/21

【快適さとコスパの両立】2ルームテントのおすすめ10選!初心者でもあり?のサムネイル画像

【快適さとコスパの両立】2ルームテントのおすすめ10選!初心者でもあり?

2021/10/21

かっこよさを求めるならこれ!おすすめテント10選とメーカーを紹介!のサムネイル画像

かっこよさを求めるならこれ!おすすめテント10選とメーカーを紹介!

2021/10/21

サンシェードのおすすめ15選【テント・タープ・車用も解説!】のサムネイル画像

サンシェードのおすすめ15選【テント・タープ・車用も解説!】

2021/10/21

【ワンタッチテントのおすすめ10選】注意点やおすすめメーカーも紹介!のサムネイル画像

【ワンタッチテントのおすすめ10選】注意点やおすすめメーカーも紹介!

2021/10/21

初めてのテントに!テントの王道ドームテントのおすすめ15選!各メーカーの定番テントも紹介!のサムネイル画像

初めてのテントに!テントの王道ドームテントのおすすめ15選!各メーカーの定番テントも紹介!

2021/10/21