総勢1,000人に大調査!7月からレジ袋有料化。この2ヶ月みんなはエコバッグを使っていた?

7月から始まったレジ袋有料化。1ヶ月「たった5円なら毎回払えばいいか〜」という日々を過ごしてしまったそこのあなた!実は8割を超える人がエコバッグを日常使いしてるってご存知でしたか?これからの時代にエコバッグ派マストアイテム!この記事では1,000人に行った調査をもとに、これから買うべき最新エコバッグをご紹介します。

2020/09/04 更新

今回ランク王編集部では男女問わず、10代から60代まで総勢1,000名の方に「レジ袋有料化に伴う、人々のエコバッグへの意識調査」を実施。7月より始まったレジ袋有料化から早2ヶ月。人々のエコバッグに関する意識はどのようになっているのでしょうか?

 

アンケートではエコバッグに移行した派と今でもレジ袋を使い続けている派にそれぞれの理由を調査。エコバッグと有料レジ袋それぞれの”使えるポイント”が明らかになりました。

 

この記事では、実際に人々の声から調べたニーズをもとに、これからの時代のマストアイテムとなるいエコバッグの最新おすすめアイテムをご紹介します!

調査1 「あなたはエコバッグを持っていますか?」

調査1に関するポイント

調査1の結果、エコバッグを持っている人は8割以上もいることが判明!用途に合わせて使い分けるため、そして毎日洗濯をするため、という理由で複数持ちをしている方もいました。人々のエコバッグを持つことに対する意識の高さが見受けられますね。

調査2 「あなたはお会計にエコバッグと有料レジ袋どちらを選んでいますか?」

調査2に関するポイント

調査2の結果、レジ袋有料化後のお会計ではエコバックを選択する人が8割・有料レジ袋を選択する人が1割、そして場合によって両者を使い分けるという人が約1割いることが判明しました。エコバッグ所持率だけでなく、実際のエコバッグ使用率もかなり高いということがアンケートから分りました!

 

半々で使い分けている人は「スーパーに行くときはエコバッグを持参、コンビニ程度の買い物であれば有料レジ袋を購入して家の中でゴミ袋として活用する」してライフバランスを取っているという人が多かったですね。

調査3に対する人々の声

エコバッグの利用理由として一番多かったのはやはり「数円でも節約をしたい」という声でした。レジ袋1枚は3〜5円程度ですが、積み重なるとかなりの金額になってしまうので、最初からエコバッグを1つ購入して活用しているという人が多かったです。また、「環境問題に対して配慮したいから」「エコバッグの方が物を入れたときの機能性が高いから」という声も!

 

・節約重視派

レジ袋が有料になったから。少額でも積み重なるとそこそこの金額になるのがもったいないと思うので。

(20代前半,男性,大学生 アンケート結果より抜粋)

 

・環境問題重視派

プラスチックゴミ(レジ袋)を減らす方針に賛同しているので、エコバッグを利用します。

 (20代前半,男性,フリーター アンケート結果より抜粋)

 

・機能性重視派

重いものを入れるとき、レジ袋だと破れやすいが、エコバッグだとやぶれないし、待つときも腕に食い込んだりせずに持ちやすい。

(50代後半,女性,主婦 アンケート結果より抜粋)

調査4に関する人々の声

7月からレジ袋が有料化になって2ヶ月、それでもなおレジ袋を利用し続けている人たちからは、エコバッグに対して「衛生面への心配」や「デザイン性への不満」などの声が上がりました。コロナウィルスへの心配がまだまだ拭えない中、一回一回捨てられるレジ袋の方が使いやすいという意見や、逆にレジ袋をもらうことで家の中のゴミ袋として活用しているという意見がありました!

 

①衛生面への心配

パンや野菜などそのままの状態でエコバッグに入れるには衛生的にあまりうれしくない場合と、お弁当や惣菜のようなものでエコバッグに入れて汁が出て汚れる場合はレジ袋がたとえ有料だとしても入れてもらっています。

(50代前半,女性,自営業 アンケート結果より抜粋)

 

②デザイン性への不満

買い物に持っていくのを忘れるから エコバッグのデザインが地味で恥ずかしいから

(20代後半,女性,ライター アンケート結果より抜粋)

 

③レジ袋の有能性

有料レジ袋は再利用してごみ袋の代わりなどにも使えるからです。

(20代後半,男性,無職 アンケート結果より抜粋)

調査5に関するポイント

調査3で明らかになったように、エコバッグを利用しているのは「節約目的」という人が多いです。グラフの通り、「あなたはエコバッグをいくらなら購入しますか?」という質問に対して、80%以上が「1000円未満」と回答している結果をみると、安くて誰でもすぐに手に入るエコバッグへのニーズが高いことが分かります。

調査6に関するポイント

これからの時代にマストアイテムとなってくるエコバッグですが、まだまだ改善の余地もたくさんあります。実際に2ヶ月間エコバッグを使った人々はエコバッグに対してどのような感想を抱いたのでしょうか。調査6では1,000人に対して“エコバッグにプラスしたい機能”を調査し、特に「衛生面」「耐久性」「ポケットなどへの携帯性」「デザイン性」へのニーズが高いことが判明しました。

 

①衛生面を心配している声

衛生面が気になります。使うたびに洗濯するものではありませんが定期的に洗濯をして衛生面を保って利用したいのですが正直手間です。

(20代後半,男性,,事務職 アンケート結果より抜粋)

 

②耐久性を求める声

生地が薄くて容量いっぱいまで入れると破れてしまいそうなのでもう少し丈夫にして欲しい。持ち手が並行にならないので肩や手にくい込んで痛いのを改善してほしい。

(20代後半,女性,水泳コーチ アンケート結果より抜粋)

 

③特に男性に多かった!携帯性を求める声

 “携帯性。男性はカバンを持たずに出かけることも多々あるため、後ろポケットに入るような(ハンカチのように)折りたたみ設計のエコバッグがあればと思う

(30代後半,男性,自営業アンケート結果より抜粋)

エコバッグに「衛生面」「耐久性」「携帯性」「デザイン性」を求める声がアンケートでも多く見られましたが、それらが揃っている商品あります!!!3秒できれいにたためて収納力と耐久性に優れた主婦に嬉しいエコバッグや、シンプルで素敵なデザイン性を兼ね備えた胸ポケットサイズのお役たちエコバッグまで、最新アイテム、必見ですよ!

マーナ(Marna)

①Shupatto (シュパット)

価格:1,980円 (税込)

主婦の強い味方<収納力×時短×使いやすさ>

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

<シュパットの2つの魅力>

 

1.綺麗にたためないことへのストレスでエコバッグを持ち歩かなくなるなんてことを回避!両端を引っ張るとシュパッと一気に帯状に。クルクルと回せば誰でも簡単にコンパクトに片付けができるので時間短縮につながります。

 

2.収納性抜群!500mlのペットボトルが6本入る軽量サイズからマチなしモデル、リュックサックタイプまで、種類が豊富!生活シーンに合わせて選ぶことができます!

ゴーウェル(Gowell)

②ポケットスクエアバッグ

価格:1,291円 (税込)

ポケットに常備したいあなたに<コンビニ特化サイズ>

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

<コンビニ特化サイズの2つの魅力>

1.予定外だけどコンビニでちょこっとおつまみを買った時に「持っててよかった~!」となるエコバッグ。小さすぎるという口コミもありますが、約7L入る作りで、コンビニでのお買い物にはぴったりのサイズ感だと言えます。

 

2.15面のプリーツ折り加工でスムーズな折りたたみを可能に!とても薄くまとめられるのでズボンや胸ポケットに入れていつでも持ち歩くことができます。手洗い可能なので食べ物の汁で汚れても安心◎

【調査概要】

  • 性別:男性7%、女性71.3%
  • 年代:10代以下1.2%、20代24.3 %、30代36.1%、40代25.6%、50代11.3% 60代以降 1.5%