【気になる価格や口コミも】バルミューダのおしゃれ電気ケトルを紹介

淹れ心地にこだわって設計されたノズルとハンドルが特徴の、バルミューダ電気ケトル。デザインもシンプルで美しく、外観と機能性に優れた商品だと定評があります。本記事では、バルミューダ電気ケトルの特徴と選ぶときのポイント、口コミを紹介します。

コーヒーや紅茶にお湯を注ぐとき、すぐにお湯を沸かしたいですよね。そんな時に、活躍するのが電気ケトル!バルミューダの電気ケトルは、湯切れが良く、持ち手は手に馴染みやすく設計されているので、注ぎごこち抜群です。

 

ステンレスに塗装を施したデザイン性にこだわった、美しい電気ケトルです。スターバックスとのコラボデザインでも話題になりました。おしゃれなので、お湯を沸かす時間も楽しみになりそうですね。

 

見た目だけではなく他にもたくさん、バルミューダの電気ケトルがこだわったデザイン・機能があるのでご紹介していきます!

今すぐバルミューダの電気ケトルを確認する

バルミューダは2003年に東京で設立された家電メーカーです。オーブントースターや炊飯器、電気ケトルなどを主力商品として手掛けています。

 

スタイリッシュなデザインが特徴で、グッドデザイン賞やiFデザイン賞などの受賞経歴があります。スタバともコラボしており、スタバ限定の電気ケトルも販売されました。

バルミューダの電気ケトルは、「毎日使いたくなる、今までにない美しいデザインの電気ケトル」をコンセプトにして誕生した電気ケトルです。そのため、特にデザイン面にはこだわって設計されています。

 

例えば、収納の邪魔にならずスマートに置けるように、容量は600㎖になっています。また、どのインテリアにも合うように、マットタイプとステンレスタイプのカラー展開がなされています。ここでは、バルミューダの電気ケトルの特徴について、詳しく掘り下げていきますのでぜひチェックしてくださいね!

美しいデザイン性

バルミューダの電気ケトルは、こだわりのある洗練されたデザインが魅力です。ステンレスに塗装をほどこしたマットな質感がおしゃれさを引き立てており、どんなキッチンインテリアにもなじみます。

 

また、見た目だけでなく使い勝手の視点からもデザイン性を追求しており、ハンドルは手に馴染みやすく、ノズルは注ぎやすいように設計されています。コーヒーを淹れるカフェグッズとしてもキッチン家電としても相性の良い電気ケトルと言えるでしょう。

コーヒーを注ぐのに最適な、細口ノズル

バルミューダの電気ケトルは、細口ノズルを採用しています。細口ノズルは湯切れが良い設計になっていて狙ったところにお湯を注げるため、お湯がカップ外にかかる心配がありません。

 

また、お湯を注ぐスピードのコントロールも自由自在です。じわじわ抽出する必要のあるコーヒーを淹れるときはゆっくり、少しでも早くお湯を注ぎたいカップ麺にはすばやく流速を調整できます。そのため、ストレスなく電気ケトルを使用することができます。

今すぐバルミューダの電気ケトルを確認する

バルミューダの電気ケトルを選ぶ際は、「容量と機能」「カラー」の2点に注目しましょう。順に解説していきます。

容量と機能

バルミューダのケトルは、収納に困らないコンパクトサイズ。容量はコーヒー3杯分に該当する600㎖になっています。コーヒー1杯分の200㎖の水なら、1分半で沸騰完了するハイパワー仕様です。

 

湯を沸かす間は、取っ手部分にある電源ランプが点灯する仕組みになっており、分かりやすさとインテリア性を兼ね備えています。また、自動電源OFF機能や空焚き防止機能も搭載しているため、安全面にも配慮が行き届いています。

カラー

バルミューダの電気ケトルは、ホワイトブラックとクロームの2色展開です。ホワイト・ブラックはマットな質感の仕上がりになっています。一方、クロームはステンレス感の強い仕上がりになっています。各々のキッチンの雰囲気に合う色を選ぶとよいでしょう。

BALMUDA

バルミューダ 電気ケトル The Pot K02A-BK

価格:11,330円 (税込)

注ぎ心地にこだわったノズルとハンドルが好評

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

外観と使い勝手の良さ、二つの視点からデザイン性を追求した電気ケトルです。外観はマットな質感になっており、スタイリッシュなデザインになっています。また、使いやすさを追求したノズルとハンドルは、毎日快適に使い続けれられる設計になっています。

 

特徴的な細口ノズルは流速のコントロールがしやすいため、コーヒーからカップ麺まで様々なメニュー作りに使用できます。また、自動電源オフ機能や空焚き防止機能も搭載しているため、安全面にも優れています。

容量 0.6ℓ 重さ 1.3㎏
消費電力 1200W ブラック・ホワイト・クローム

実際にバルミューダの電気ケトルを使用した人の口コミのなかで、特に多かった意見をチョイスしました。ぜひ参考にしてみてください。

主に、コーヒーを淹れたり、カップラーメンを食べる時に使っています。 傾きを調節しながら注ぐことで、お湯の量も調節できます。 だんだんと使っていくうちに自分にとってベストの傾きが決まってくるので、使い心地に満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

特徴的な細い注ぎ口に満足している口コミが、多く見受けられました。注ぐお湯の調整がしやすいのも嬉しいポイントのようです。

コーヒー好きな親に黒色のほうをプレゼントしました。 このケトルでお湯を入れるとコーヒーがより美味しくなったそうで、 気に入ってくれてます。外観も高級感があります。

出典:https://www.amazon.co.jp

「美味しいコーヒーを作りたい!」と思って電気ケトルを探している人にとって、耳よりの口コミです。高級感のある外観も、コーヒーを淹れるカフェスタイルにぴったりです。

電気ケトルを探していて、これを発見しました。ちょっとお高いので悩みましたが、いつも外に出してあるので、素敵なデザインのものにしようと決断しました。大満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

デザイン重視でバルミューダの電気ケトルを選んだ口コミも多く見受けられました。値段は少々高くても、よりおしゃれな家電で揃えたい人に選ばれている印象です。

本体外側は濡らした布で拭いてお手入れしましょう。ただし完全防水ではないため、丸洗いはしないでください。本体内側は水で軽くすすぎ洗いしましょう。洗剤を使うと故障の原因になるため、使用しないでください。

 

本体内部の汚れが気になる場合は、クエン酸を使って洗浄しましょう。まず、クエン酸を入れた水を沸騰させ、1時間放置した後にお湯を捨ててください。そして、今度はキレイな水を入れて沸騰させ、お湯を捨ててください。これで洗浄完了です。

電気ケトルは使い方次第で、故障していなくてもお湯が漏れる場合があるので注意してください。例えば、最大水量を超えて水を入れすぎるとお湯が漏れることがあります。しっかりフタを締めて本体を傾け過ぎず、最大水量以下で電気ケトルを使用しましょう。

 

また、バルミューダの電気ケトルは室温・水温の影響で蒸気量が多くなると、本体下部の蒸気口から蒸気が排出される仕組みになっています。そのため、お湯が漏れているような状態になる場合がありますが、故障ではありません。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

アイリスオーヤマ 電気ケトル IKE-C600T-B

価格:5,480円 (税込)

メニューボタンで3段階温度設定

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

沸騰・コーヒー・日本茶の3メニューで簡単に温度設定できる、細口の電気ケトルです。バルミューダと似た外観ではあるものの、操作プレートがインテリア感を損なうと感じる人もいることでしょう。

 

温度調整自体は60~95℃の間で、5℃刻みで手動設定できます。設定温度まで湯沸かしが完了するとスタートランプが消灯してブザーがなるため、目を離して他の作業をしていても気付けるのは嬉しいポイントです。

容量 0.6ℓ 重さ 1.3㎏
消費電力 1200W ブラック
山善(YAMAZEN)

[山善] 電気ケトル YKG-C800-E(B)

価格:5,800円 (税込)

1℃単位で温度調節が可能

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1℃単位で温度調整が可能でかつ保温機能もついている、細口の電気ケトルです。バルミューダと似た外観ではあるものの、やや取っ手部分がごついため、持つときの感覚や見た目が気になる人もいることでしょう。

 

分かりやすいデジタル表示で現在の温度や設定温度が簡単に分かります。60~100℃の間で温度調整ができるため、あらゆるメニューに適応できます。また、空焚き防止機能がついているため、安全性にも優れています。

容量 800㎖ 重さ 0.98㎏
消費電力 1000W ブラック・ホワイト

バルミューダの電気ケトルは、淹れ心地にこだわって設計された、使い勝手の良い電気ケトルです。口コミの評価も総じて良く、満足度の高い商品となっています。この記事を参考にして、ぜひバルミューダの電気ケトルをご家庭に取り入れてみてくださいね。