【レンタルサーバーおすすめの10社比較】初心者でも後悔しない選び方

サイトを制作しようと思うけど、どのレンタルサーバーを選べば良いかわからない。この記事では、初めてサイトを運営する方でもわかりやすく解説しています。公開しない選び方や、各社の比較、厳選したレンタルサーバーをご紹介していきます。

個人で会社や店舗を経営している方は「サイトをアップロードしてWebからの集客も増やしたい」と考えますよね。なかには、すでにサイトの製作を依頼しているという方もいるはず。完成したサイトをインターネット上にアップロードするために必要となるのがレンタルサーバーです。

 

レンタルサーバーの会社は国内だけで100社以上も存在するので、どのレンタルサーバーを選んだらいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか?顧客を集めるサイトは会社にとって重要な資産なので、信頼できるレンタルサーバーを利用したいですよね。

 

そこでこちらの記事では、レンタルサーバーの選び方や各社の比較、おすすめのレンタルサーバーをご紹介していきます。初めてサイトを公開するという方にもわかりやすく解説しているので、これからサイトを製作しようと考えている方も参考にしてみてください。

今すぐおすすめのレンタルサーバー5選を見る

こちらの項目では、レンタルサーバーを借り、WordPressサイトを作りたいなんて方は特に必見。レンタルサーバーを選ぶ際に、一番大切な内容となります。こちらをチェックすれば、初めての方でも失敗しないレンタルサーバー選びが容易になります。

転送量

転送量とは、アクセスされた表示回数によって増える通信量で、表示回数が増えるほど転送量が必要になってきます。アクセスが集中するとサーバーが落ちることもありますので、レンタルサーバーを選ぶときにチェックしておくべきです。

 

各サーバーの1日の転送量の上限を確認することによって、この問題を解決することができます。個人ブログなどで、急激な表示回数を予定しない場合は、レンタルサーバーの安いプランでも満たしています。1ビューあたり3MB、10000アクセスあった場合、1日あたり30GBの転送量がかかることになります。サイト開設当初は100アクセスも行きません。参考にしてみてください。

安全性・セキュリティ

レンタルサーバーを選ぶ際は、自前に口コミや評判からサーバーの安定性を確認しておくことが大切です。トラブルが少ないこと、バックアップ機能が付いているなども大切です。

 

サーバーが止まってしまうと、その時間帯サイトが見られないデメリットがあります。他にも、バックアップ機能が無いと、データが消えてしまった時に、復旧ができなくなってしまうことがあるからです。ウィルス感染や個人情報の保護のためにも、レンタルサーバーの口コミや評判を下調べしましょう。

SSL化が無料でできるもの

レンタルサーバーのセキュリティ対策として、SSL化を無料で行える会社がおすすめです。「http://」から「https://」にURLが変化し、クレジットカード情報などが暗号化されます。これにより情報が漏洩することが無くなるからです。

 

SSL化の機能がついているサーバーなら1クリックで簡単に設定できます。なお、無料でも共有SSLの場合はセキュリティが劣るため、独自SSLを選んでおくことをおすすめします。必ずレンタルサーバーが独自SSLに対応しているか確認しましょう。

データベースの数

CMSツール、WordPressなどを使って複数のサイトを運用したい場合、マルチドメインやMySQLなどのデータベースの数を必ず確認しておきましょう。マルチドメインが3つあったとしても、データベースの数が1つの場合、1つしかサイトを作ることができないからです。

 

レンタルサーバーの安いプランほど、データベース数が少ない傾向にあります。プランの上位ランクでは、データベースが無制限で利用できるものもあり、たくさんサイトを作りたい方はとても重宝します。

サポートの体制

レンタルサーバーのサポート内容は様々です。24時間365日監視、電話受付、メール受付、チャット受付、24時間トラブルサポート、自動バックアップなどがあります。初心者の方であれば、悩んだ時や困った時にしっかり対応してくれるレンタルサーバーを選ぶことが大切です。

 

他にも、口コミを確認してサポート体制の評価を確認するのも大切です。初心者の方は、電話受付があると、わからないことがあればすぐに解決できるので、電話受付のサポート体制があるレンタルサーバーを選ぶようにしましょう。

月額料金

毎月の運用コストとなる月額料金。画像が少ないテキスト中心のサイト、始めたばかりの個人ブログなどであれば安いプランで十分です。表示回数が増えてきて、読み込みが遅くなったりしてきた場合は、プラン変更などをすれば対応可能だからです。

 

とりあえず初めてみたい方は、価格の安いプランで十分です。しかし、注意点として安いプランにはデータベースが含まれていないことがあり、WordPressを設置できない可能性があります。WordPressなどのCMSを使う場合は、必ず自前にチェックするようにしましょう。

CMS簡単インストール

レンタルサーバーの中には、簡単にCMSをインストールできる機能が搭載されていることがあります。レンタルサーバーの設定画面にCMSを決定できる項目がありますので、初心者でも簡単にWordPressを導入することができるからです。

 

CMSはWordPressがセキュリティも強く、操作性も優れていて、日本で利用されているCMSの8割がWordPressです。自分の使いたいCMSがインストールできるレンタルサーバーを選ぶことによって、委託することなく自分で簡単にWordPressを始めることができます。

今すぐおすすめのレンタルサーバー5選を見る

ここまでご案内してきたことを踏まえて、初めてレンタルサーバーを選ぶという初心者の方におすすめの会社を5つピックアップします。どこも定番のサーバーばかりです。

 

 

サーバー名 最低月額料金/初期費用 容量 マルチドメイン/データベース 転送量
ConoHa WING (ベーシックプラン) 800円〜/0円 SSD256GB 無制限/60個 約150GB/日
XSERVER (X10プラン) 1100円/3300円 SSD200GB 無制限/無制限 約150GB/日
ColorfulBox 1060円/0円 SSD300GB 無制限/無制限 約100GB/日
LOLIPOP! 100円/1600円 HDD10GB 20個/なし 約40GB/日
SAKURA internet 130円/1048円 HDD10GB 20個/なし 約40GB/日

 

※LOLIPOP!とSAKURA internetの最安プランはデータベースが無いので、一つランクの高いプランを選んだ方が無難です。

こちらでは、レンタルサーバーの中でも特におすすめな10選をご紹介していきます。リーズナブルでありながら、セキュリティやWordPressを簡単に使えたりとメリットが大きいです。

個人向けおすすめのレンタルサーバー5選

個人向けにおすすめなレンタルサーバーについてご紹介していきます。個人でブログを始めたいと思っている方におすすめと言えます。

エックスサーバー(XSERVER)

多機能、安定性、大容量という本格かつ、国内シェアナンバー1、サーバー速度ナンバー1というトップクラスのサーバーとして有名です。サブドメインや、メールアカウントなど無制限に作成可能なので、ECサイトなどで決済導入や、会員登録などのシステムを使うWEBサイトにおすすめです。

 

国内データセンターで24時間サーバーを監視、同時アクセスに最適化されたWebサーバーを採用し、アクセスが集中しても、安定したサイト運営ができます。

 

月額料金 900円〜
転送量 日/150GB
容量 SSD200GB
SSL化 可能
データベース 無制限
WordPress簡単インストール あり

LOLIPOP!

月額料金250円から利用できるサーバーで、とりあえずサイトを制作をしてみたい方におすすめです。個人ブログ程度であれば問題なく使うことができる機能と、必要な容量が揃っており、WordPress簡単インストールができるので、初めての方でもラクラクサイト運営が可能です。

 

データベース無しであれば、月額料金100円から利用できます。また、サイトが人気になってきたら、ハイスピードプランなどにも対応しているので、プラン変更するだけで、同時にサーバーの能力を引き上げていくこともできます。

 

月額料金 250円〜
転送量 日/100GB
容量 HDD50GB
SSL化 あり
データベース 1
WordPress簡単インストール あり

SAKURA internet

最安月129円から利用することができますが、WordPressを利用する場合はスタンダードプラン月額料金524円を選ぶ必要があります。WordPress簡単インストール機能から、サーバーの空き容量を写真や動画のストレージにすることも可能です。

 

2週間の無料お試しもあり、どのプランが良いかわからない方は試してみましょう。初めての方でも安心できる電話サポートありで、簡単にサイトを始めやすいのも特徴です。

 

月額料金 524円〜
転送量 日/100GB
容量 SSD100GB
SSL化 あり
データベース 20個
WordPress簡単インストール あり

mixhost(ミックスホスト)

こちら個人のアフィリエイター、ブロガーに人気な表示速度満足度ナンバー1のレンタルサーバーです。WordPressに特化した高速サーバーを採用し、サイト運営をストレスフリーで行うことができます。高速サーバー、高速回線にこだわりがある方におすすめです。
 
 
 
表示スピード満足度ナンバー1、アクセス処理速度満足度ナンバー1、アフィリエイター、ブロガー満足度ナンバー1など雑誌にも掲載されたレンタルサーバーになります。個人におすすめなレンタルサーバーと言えます。
 
月額料金 880円〜
転送量 月/4.5TB
容量 SSD256GB
SSL化 あり
データベース 無制限
WordPress簡単インストール あり
 

GMOデジロックバリューサーバー

大手GMOのバリューサーバーは。高スペックかつリーズナブルなメリットがあります。必要最低限に抑えた内容で、初心者でもわかりやすい設定環境や、機能を絞っている割には性能は十分な特徴があります。
 
 
 
スタンダードプランであれば、ドメイン数やメールアドレス数、データベース数などが無制限になります。年間契約にすると、半額ほどの価格になるのでおすすめです。WordPress簡単インストール機能もありますので。個人ブログも簡単にWordPressを使って運営を開始できます。
 
 
月額料金 400円〜
転送量 月/150GB
容量 HDD50GB
SSL化 あり
データベース 1
WordPress簡単インストール あり
 

法人向けおすすめのレンタルサーバー5選

法人向けにおすすめなレンタルサーバーについてご紹介していきます。法人でサイトを運営していく方におすすめと言えます。

カゴヤ・ジャパン

サービスに堅実なレンタルサーバー。サポート関連が手厚く、平日夜10時まで、土日祝日も電話での対応が可能です。セキュリティについてもカゴヤジャパン自社で、サーバーを保管しているので心強いです。

 

ただ格安だけを打ち出しているサーバーとは違い、個人情報保護などもしっかり対応し、サーバーに負荷がかからないよう、高速処理化を行うなどWordPressも高速で繋げることができるサーバーです。個人から法人までおすすめできるセキュリティ、スピードを重視したい方におすすめです。

月額料金 1100円〜
転送量 日/120GB
容量 SSD200GB
SSL化 あり
データベース 無制限
WordPress簡単インストール 無し

お名前.comレンタルサーバー

お名前.comは、ドメインの販売業者でもあるので、ドメイン取得後にレンタルサーバーを合わせて契約する事で、手続きが簡単な特徴があります。他にも、管理画面がわかりやすくかったり、サクサク動作する快適なサーバーです。

 

WordPress簡単インストールや、とても有名なテーマである「賢威」というセット済みプランがリーズナブルに選択可能。法人の方でも、安心して使うことができ、機能豊富であり、1年間利用料金が10780円と他社に比べて安いメリットもあります。

 

月額料金 1300円〜
転送量 月/4.5TB
容量 SSD256GB
SSL化 あり
データベース 50個
WordPress簡単インストール あり

ドメインキングレンタルサーバー

ポイントは電話対応、マニュアルなどのサポートが完備されていることです。初めてでも安心できる管理画面の操作方法も、マニュアルがあるので迷うこともありません。もし、わからない場合は電話サポートを利用できるので安心材料が多く、初めての方におすすめです。

 

他にも、WordPress含む10以上のCMSを簡単インストール可能です。すぐに使える各種アプリも用意されています。オプションとなりますが、様々な代行サービスがあるので。サーバー、サイトの知識が無い方に最適でしょう。

 

月額料金 500円〜
転送量 無制限
容量 HDD20GB
SSL化 あり
データベース 1個
WordPress簡単インストール 無し

ConoHa WING

初心者でも使いやすく、始めやすいのが特徴のレンタルサーバーです。初期費用無料で、月額料金800円からという低価格を実現。管理画面もシンプルで操作しやすく、マルチドメイン、メールアカウント、WordPress設置無制限、SSLセキュリティなどが無料で利用できます。
 
 
ポイントは、独自ドメイン1つ永続無料であることや、日本ナンバー1の処理スピードで、検索結果上位を目指したい方にもおすすめです。
 
 
月額料金 800円〜
転送量 月/4.5TB
容量 SSD256GB
SSL化 可能
データベース 無制限
WordPress簡単インストール あり
 

ColorfulBox

地域別の自動バックアップを無料で搭載、データの分散化を行うことで、リスク管理を大幅に向上されます。海外で圧倒的な人気を誇るセキュリティを導入し、法人必須のセキュリティツールを標準で利用することもできます。
 
 
コントロールパネルは、非常にシンプルに作られており、初めての方でも迷うことなく使える操作性を実現。アダルトサイトも運用可能で、30日間のお試し期間も設けており、法人の方でも安心して使うことができ、セキュリティに強いレンタルサーバーです。
 
 
月額料金 480円〜
転送量 月/1TB
容量 SSD100GB
SSL化 あり
データベース 無制限
WordPress簡単インストール あり
 

レンタルサーバーでよくある質問をまとめてみました。

Q1.レンタルサーバーをあとから変更することは可能?

A.可能です。ただし、移行の際は失敗する可能性や業者に依頼すると費用が発生するため、初期からしっかりしたサーバーを選ぶことをおすすめします。

Q2.レンタルサーバー のお支払い方法はどんなものがありますか?

A.多くのレンタルサーバー会社がクレジットカード、銀行振込、ペイジー、コンビニ払いに対応しています。また、各カード会社の利用明細書、各銀行での振込明細、各コンビニより発行されるレシートが正式な領収書として利用することができます。

Q3.レンタルサーバー のプラン変更は後から可能ですか?

A.多くのレンタルサーバーのお試し期間中「入金前」は、それぞれのプランに変更することができる会社が多いです。しかし、本契約「入金後」は上位プランへの変更のみとなることが多く、下位プランへの変更はできなくなります。

 

ご契約途中の場合は、残り契約期間が1ヶ月以上あれば、残り契約期間分のプラン設定費用を支払いすることで、上位プランに変更できます。残り契約期間が1ヶ月未満の場合は、次回契約更新のお手続きでプラン変更を行うことで対応できます。

Q4.未成年でも契約できますか?

A.未成年の方でも問題なく申し込むことができます。その場合は、必ず保護者の方の承諾を得た上となっています。特に必要書類などの記載が無いのですが、相談をしてから契約することが勧められています。

Q5.法人向けレンタルサーバー のセキュリティはどこに着目するべき?

法人向けのセキュリティとしては3つに着目するべきです。

  • SSLの導入
  • WAF設定
  • Web改ざん検知の設定

 

SSLの導入は、データ通信の内容が解読できないように、暗号化される仕組みです。ECサイトなどの運営で、個人情報やクレジットカード情報を取り扱う場合は、必須なセキュリティとなります。

 

次にWAF設定は、サイトに不審な通信が発生した場合に、それを遮断する機能です。パスワードの書き換えの不正アクセス、サーバー上の重要情報の取得などからサイトを守ることができます。

 

次にWeb改ざん検知の設定は、悪意ある者からサイトや、サービスを改ざんされた場合に管理者に通知する機能です。

レンタルサーバーによって維持費コストや、サイトの性能にまで影響してきます。初めての方や、具体的な手順がわからない方でも、WordPress簡単インストールなどの機能があれば、簡単にWordPressを始めることができますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。