ソフトバンク回線格安SIMのおすすめは?データ容量と料金も徹底比較

ソフトバンク回線の格安SIMの選び方からおすすめの通信事業者まで解説します。格安SIMを初めて利用される方に向けて、メリット・デメリットも解説しています。デメリットを理解し、格安SIMを使いこなせれば、簡単に通信費用を抑えることができますよ。

毎月支払うスマホ料金。契約したプランや機種にもよりますが、高い場合だと1万円近くかかることもあります。「毎月のスマホ料金を少しでも節約できたら…」と思う方も多いですよね。

 

そこで今、スマホ代を少しでも節約したい方に人気なのが格安SIM!格安SIMの平均金額は端末代を含めても5千円程度、端末の支払いが終わっている場合は3千円程度と、大手キャリアに比べてかなり格安!毎月の出費を抑えることができます。

 

ただ、格安SIMというと「品質が悪そう」「通信速度が遅そう」と悪いイメージもあり、なかなか購入に至らない方がほとんどです。今回はそんな方に向けて、ソフトバンク回線のおすすめ格安SIMとその選び方をご紹介していきます!

今すぐソフトバンク回線の格安SIMのおすすめ6選を見る

格安SIMとは、その名の通りとても安い月額料金で利用できるSIMカードのこと。格安SIMでも大手の通信キャリアと同じように、インターネットや通話をすることが可能です。

 

格安SIMを提供している通信事業者のことをMVNOと呼びます。MVNOと言えば、以下の事業者が有名です。

 

  • LINEモバイル

  • UQモバイル

  • 楽天モバイル

 

MVNOは独自の通信回線を持たずに、ソフトバンクなどの携帯電話会社から通信回線を借りて運用しています。通信回線を借りることで、格安でデータ通信サービスを提供することを実現しています。

今すぐソフトバンク回線の格安SIMのおすすめ6選を見る

格安SIMを利用する最大のメリットは、何と言っても月々の携帯料金が安く済むことです。また乗り換えの際に気になることだと思いますが、契約していた端末はそのまま利用できます。ここでは、格安SIMを利用するメリットを詳しく解説していきます。

月々の携帯料金がかなり安く済む

ソフトバンクに限らず格安SIMは、上述の通り月々の料金が大手キャリアと比較して大変安くなります。半額以下で済むことも多いです。

 

例えば、大手キャリアから格安SIMに乗り換えることで、月々6,000円かかっていた料金を3,000円ほどに抑えることが可能です。月々数千円の差ですが、年間に換算すると数万円以上の節約になります。

ソフトバンクの端末をそのまま使える

格安SIMに乗り換える際に、利用する通信回線が変わる場合はSIMロック解除する必要があります。SIMロックとは、大手通信キャリアと通信回線の契約をするときに、利用できるSIMカードを自社のSIMカードのみに制限をかけることです。

 

SIMロック解除を、自身でできるのか不安に感じる方がいるかもしれませんが、安心してください。端末ごとにSIMロックを解除する手順は決まっていますので、手順を見ながらやれば誰でも簡単にSIMロックの解除が行えます

 

ソフトバンクの格安SIMであれば、現在使用している端末がソフトバンク端末ならSIMロック解除不要です。ソフトバンクの格安SIMに乗り換える場合のSIMロック解除の必要性について、表にまとめたのでご確認ください。

 

現在契約している通信事業者 ソフトバンクの格安SIM乗り換える場合のSIMロック解除
ドコモ 必要
au 必要
ソフトバンク 不要

格安SIMを利用しようと考えている方は、そのデメリットも知っておくべきです。デメリットを知らずに契約してしまうと後悔してしまうでしょう。ここでは、格安SIMを利用するデメリットを解説します。

通信速度が遅くなることがある

ソフトバンクに限らず格安SIMは、通信速度が遅くなる傾向にあります。特に遅くなるのは、利用者の多い通勤時間や定時後、昼休みや就寝前の22時〜23時です。

 

格安SIMはソフトバンクなどの大手キャリアの回線を借りているので、利用できる量に制限があります。そのため、利用者が多いと通信速度が遅くなってしまいます

 

このことを知らずに格安SIMを契約してしまうと、後悔することになるでしょう。通信速度が遅くなる時間帯に快適にインターネットを使用したい方は、自宅や会社のWi-Fiを利用しましょう

サポートが弱い・各種サービスが利用できない

格安SIMは大手キャリアと比較して、サポート体制が弱いと言われてきました。例えば、大手キャリアであれば、店舗や電話で対応をしてくれるところが、多くの格安はチャット形式のみのサポートでした。

 

しかし、最近はサポート体制に力を入れている格安SIM業者が増えています。有料のオプションである場合もありますが、従来弱いと言われていたサポートについても、大手キャリアと同じようなサポートを受けられます。

 

また格安SIMでは、大手キャリアで一般的に利用できる以下のサービスが利用できませんので注意してください

 

  • キャリアサービス

  • キャリアメール

電話番号を引き継ぎ、格安SIMにソフトバンクから乗り換える場合を解説します。まずMNP予約番号を取得する必要があります。これにはいくつか方法がありますが、電話で取得する方法がおすすめです。

MNP予約番号を取得するために、ソフトバンクでは携帯電話と一般電話で異なる電話番号にかける必要があります。

 

発信方法 MNP取得用電話番号
携帯電話 *5533
一般電話 0800-100-5533

 

MNP予約番号を取得したら、あとはお好きなMVNOと契約をします。契約の際にMNP予約番号を聞かれるので、取得したMNP予約番号を答えましょう。このように電話番号を引き継いで、格安SIMと契約する方法はとても簡単です。

ここでは乗り換えた後に後悔しないための、契約する格安SIMを選ぶポイントを解説します。格安SIM選びは「プラン」「データ通信量」「オプション」をしっかりと考え、サポート体制をチェックするとうまくいきます。

利用スタイルに合わせたプランを選ぶ

格安SIMには主に「音声プラン」と「データ専用プラン」の2つのプランがあります。あなたのライフスタイルに合わせて、どちらのプランと契約するか選択しましょう。

・通話する人向け「音声プラン」

大手キャリアと同じように音声通話をしたい方向けのプランです。このプランに加入した場合、ほとんどの会社は10分間のみ通話無料などの制限付きになります。

 

Yモバイルでは有料オプションをつけることによって、国内通話完全無料である「かけ放題プラン」が利用可能です。仕事で使うなど、話を重視する方は、オプションの有無など慎重に考えましょう

・通話しない人向け「データ専用プラン」

スマホではインターネットやSNSの閲覧、ゲームしかしないという方は、こちらのデータ専用プランを選ぶといいでしょう。

 

データ専用プランでも、LINEなどの通話アプリは使用可能です。学生の方であれば、こちらのプランでも問題ない方が多いはず。音声プランよりも料金が安くすることが可能です。

月々のデータ通信量で選ぶ

あなたが利用するデータ通信量に合わせて、契約する月々のデータ通信量を選びましょう。データ通信量は主に「3GB」「5GB」「10GB」があり、格安SIM業者によって利用できるデータ通信量は異なります。

 

後からプラン変更が可能なので、使用する通信量がよくわからないという方は、3GBからはじめてみるといいでしょう。足りなくなった場合は、後から料金を支払うことでデータ量の追加が可能です。

通話プラン・オプションサービスから選ぶ

大手キャリアほど種類は多くはありませんが、格安SIMでもオプションサービスの追加が可能です。オプションサービスに加入すると、もちろん料金が発生します。加入しすぎて、料金が高くなってしまわないように、加入するオプションは慎重に考えましょう

・通話プラン

普段、電話をどのくらい使うか考えましょう。よくかけるという方は、かけ放題や定額プランがある格安SIMを選ぶと、節約することができるでしょう。

 

通話プランを選択する場合は、大手キャリアと同じように契約年数の縛りが発生することがあります。契約年数縛りがある場合は、どの格安SIMを選ぶか慎重に考えるべきです。

・オプションサービス

安心して利用するためのオプションサービスが格安SIMにもあります。代表的なオプションサービスには、以下のものがあります。

 

  • 安心サポート
  • 留守番電話
  • 迷惑電話
  • フィルタリング

 

月々300円程度の料金を支払えば、このようなオプションサービスに加入できます。機械の操作が苦手な方は、有料のサポートを利用することをおすすめします。

 

契約時にしか加入できないオプションサービスもありますので、料金などを考慮して加入すべきかしっかりと判断しましょう。

サポート体制もチェック!

各格安SIM業者で提供しているサポート体制をチェックしましょう。安心して使いたい方は、店舗がある通信事業者や電話お問い合わせに対応している通信事業者を選ぶ方が良いでしょう。

 

他にも通信事業者によっては、利用状況に合わせて通信制限をかける業者もあります。3日間制限は、3日間に使用したデータ通信量が一定基準を超えると、通信速度が制限される仕組みです。

 

このようにプラン以外のサポートも体制もしっかりとチェックしておくと、あなたにぴったりの格安SIMが選べますよ。

ワイモバイル

ワイモバイルは、ソフトバンクの子会社・サブブラントとして格安SIMを提供しています。そのため、格安SIMの中でも通信速度が速く、安定しているという特徴があります。実店舗も多く、充実したサポートを受けることが可能です。

 

データ専用プランの提供は終了してしまいましたが、電話かけ放題オプションなど、使い勝手の良いオプションがしっかりと揃っています。利用者の評判も良く、初めて格安SIMを利用される方にもおすすめの事業者です。

「ワイモバイル」の公式サイトへ

月額料金【音声プラン】

データ容量 料金
3GB 2,680円
9GB 3,680円
14GB 4,680円

月額料金【データ専用プラン】

ワイモバイルで提供していたデータ専用プランである「データベーシックプラン」は、2019年9月に提供が終了しています。

サービス面

通話プラン スーパー誰とでも定額
オプションサービス データ増量オプション、アドバンスオプション
サポート体制 チャット、店舗

LINEモバイル

LINEモバイルは、月額600円から利用可能なシンプルな料金体系が魅力の格安SIMです。実店舗も構えており、サポート体制も充実しています。

 

LINEモバイルには、SNS利用のデータ通信が0になるオプションが存在します。このオプションに加入していれば、Twitterやinstagram、LINEなどのSNS利用の通信量が0になり、通信速度が落ちる心配も不要です。

 

SNSで写真や動画をたくさん見るけど、通信量を抑えたい方におすすめの格安SIMです。

「LINEモバイル」の公式サイトへ

月額料金【音声プラン】

データ容量 料金
500MB 1,100円
3GB 1,480円
6GB 2,200円
12GB 3,200円

月額料金【データ専用プラン】

データ容量 料金
500MB 600円
3GB 980円
6GB 1,700円
12GB 2,700円

サービス面

通話プラン 10分電話かけ放題
オプションサービス LINEデータフリー、SNSデータフリー、SNS音楽データフリー
サポート体制 チャット、メール、店舗

mineo

mineoは、ユーザー同士が余ったデータ通信量をシェアできる格安SIMです。家族や友達に限らず、フリータンクというmineoユーザー同士によるデータシェア制度があります。

 

mineoには「マイネ王」と呼ばれるユーザー同士のコミュニティがあり、サポートだけでなく、mineoを利用しているユーザーに相談することも可能です。

 

選択できるデータ容量のプランやオプションの数が多く、あなたのライフスタイルにぴったりのプラン選びができるでしょう。解約手数料が0円であるため、格安SIMを気軽に試すことができます。

「mineo」の公式サイトへ

月額料金【音声プラン】

データ容量 料金
500MB 1,750円
3GB 1,950円
6GB 2,630円
10GB 3,570円
20GB 5,030円
30GB 6,950円

月額料金【データ専用プラン】

データ容量 料金
500MB 790円
3GB 990円
6GB 1,670円
10GB 2,610円
20GB 4,070円
30GB 5,990円

サービス面

通話プラン mineoでんわ、mineoでんわ10分かけ放題、通話定額サービス、LaLaCall
オプションサービス mineo WiFi by エコネクト、超ストレージ
サポート体制 AIチャット、メール、電話

b-mobile

b-mobileは、月々の料金が利用したデータ通信量に合わせて変動する格安SIM。通話に関しては、5分以内の通話がかけ放題となるオプションがあり、柔軟なサービスが魅力です。

 

データ専用プランは、190円から利用可能。有害サイトのフィルタリング機能や上限設定ができるので、お子様向けの端末が欲しい方にもぴったりです。

 

月々のデータ通信量がよく変わる方や、新しくインターネットが使える端末が欲しい方におすすめの格安SIMです。

「b-mobile」の公式サイトへ

月額料金【音声プラン】

データ容量 料金
1GB 990円
2GB以降〜 1GBごとに200円

月額料金【データ専用プラン】

データ容量 料金
100MB 190円
1GB 480円
3GB 850円
6GB 1,450円
10GB 2,190円
15GB 3,280円

サービス面

 

通話プラン 5分かけ放題、b-mobile電話アプリ
オプションサービス -
サポート体制 メール、電話

nuroモバイル

nuroモバイルは、月額300円から始めることができる格安SIM。データ容量はお試しプランを含めて、4つから選ぶことが可能です。翌月のデータ容量を前借りできるオプションがあり、計画的に利用することでお得に利用することができます。

 

アプリのnuroモバイル電話を活用することで、通話料金が半額になるお得な仕組みも用意。料金体系がわかりやすく、シンプルさを重視したい方におすすめの格安SIMです。

「nuroモバイル」の公式サイトへ

月額料金【音声プラン】

データ容量 料金
0.2GB 1,200円
2GB 1,680円
7GB 2,800円
13GB 3,680円

月額料金【データ専用プラン】

 

データ容量 料金
0.2GB 500円
2GB 980円
7GB 2,100円
13GB 2,980円

サービス面

 

通話プラン nuroモバイル電話
オプションサービス データ前借り
サポート体制 電話サポート、訪問サポート

QTモバイル

QTモバイルは、データ容量を6つから選ぶことができる格安SIM。SNSや動画をたくさん見るという方も、利用量にあったプランを選択することで費用を抑えることができます。

 

通話オプションは、「10分かけ放題」「無制限かけ放題」の2つを用意。格安SIMに乗り換えても、通話を気にせずにすることができます。お仕事でたくさん電話を使いたい方におすすめの格安SIMです。

「QTモバイル」の公式サイトへ

月額料金【音声プラン】

データ容量 料金
1GB 1,700円
3GB 1,800円
6GB 2,500円
10GB 3,500円
20GB 5,100円
30GB 7,100円

月額料金【データ専用プラン】

データ容量 料金
1GB 800円
3GB 900円
6GB 1,550円
10GB 2,550円
20GB 4,200円
30GB 6,200円

サービス面

通話プラン 10分かけ放題、無制限かけ放題
オプションサービス スマホ安心サポート、安心フィルタリング
サポート体制 チャットサポート、電話サポート、LINE問い合わせ

格安SIMに乗り換えれば、毎月の通信量を大きく節約することが可能です。ちょっとでも毎月の出費を減らしたいとお考えの方は、ぜひ格安SIMを使ってみましょう!最近はサポート体制も充実しており、大手キャリアと同じように安心して利用ができますよ。