【ワイヤレススピーカーおすすめ12選】防水性や音質をチェック!

スマホやタブレット、PCとペアリングすることでどこでも手軽に音楽を聴くことが出来るワイヤレススピーカー。ケーブルが不要でデスク周りをすっきりとさせることも出来ますよ。使用場面を明確にして、自分に合ったワイヤレススピーカーを購入してください。

2021/10/21 更新

自宅や出先で音楽を聴くのが好き。でも、スマホやタブレットのスピーカーでは何だか物足りないな。そう感じたことはありませんか?そんな人におすすめしたいのが、ワイヤレススピーカーです。

 

ワイヤレススピーカーとはその名の通り、機器との接続に有線を必要としないスピーカーのことです。それは知っているよ。でも、ワイヤレススピーカーについて、それぐらいしか知らない…。何を基準に選んだら良いか分からない…。決して安くはない買い物。不安があれば、購入を躊躇してしまうのは当然ですよね。

 

そこで、この記事の出番です。この記事では、ワイヤレススピーカーとはどういうものかから始まり、実際に購入した人の声や選び方、おすすめの商品まで多くの情報を紹介しています。最後まで読めば、きっとその不安は解消されるはず。ぜひ、全文に目を通し自分にピッタリのワイヤレススピーカーを見つけてくださいね。

今すぐおすすめのワイヤレススピーカーを見る

ケーブルなしの無線でスマホやタブレットと接続できるワイヤレススピーカー。外出先で簡単に携帯端末とペアリングすることができ、ケーブル不要で音楽を楽しめます。スピーカーといっても、持ち運びやすい小型のものから据え置き用の大型まで様々。

 

持ち出し用は1Kg未満のものが多く、片手で軽々持てるものもあります。1Kgを超えるものは屋内で固定する使い方が多く、音質重視のものが豊富です。キャンプなどのアウトドアシーンでは音質より軽量性が大切。リュックにちょっと入れられるものなど、水筒のように扱えるものが便利です。

 

これまで屋外の音楽はイヤホンで楽しむのが普通でしたが、ワイヤレススピーカーを使うことで、友人と一緒に楽しむことが可能になります。用途に合わせて適するものを選ぶことで、満足のいくサウンドを気軽に楽しめるでしょう。

ワイヤレススピーカーで評判の良いおすすめのメーカーを紹介します。ジェイビーエル、ソニー、ボーズと3つとも音響に強い企業で、業務用のハイクオリティなスピーカーも手がけています。

ジェイビーエル(JBL)

ジェイビーエルはアメリカの老舗オーディオメーカーです。カーオーディオやホームシアターなどの家庭用から、コンサートホールやスタジアムなど大規模施設の業務用まで取り扱っています。

 

スマートフォンの普及につれ、手軽に楽しめる小型のワイヤレススピーカーも販売しており、デザイン性が高くコストパフォーマンスも良いものが見つかります。アウトドアにも持ち出せる、防水性があり、おしゃれで頑丈なものならジェイビーエルがおすすめですよ。

 

ジェイビーエルは、ウェアラブルスピーカーやラジオ搭載スピーカー、パソコン用スピーカーなど、場所に合わせて好みのスピーカーを選ぶことができます。またワイヤレスヘッドホンやイヤホン、ホームシアター用のサウンドバーなども充実しているのでチェックしてみましょう。

ソニー(SONY)

日本が誇る世界的な電化製品の複合会社、ソニー。コンパクトで軽量ながら高音質なサウンド機器が多いのが特徴です。携帯用のワイヤレススピーカーも臨場感のあるハイレゾ音源に対応するものや、「LDAC」という高音質コーデックを再生できるものなど、こだわりのサウンドを目指しています。

 

映画や音楽、ゲームなどのエンターテイメント分野にも力を入れており、ソフトとハード、両方のラインナップが豊富です。また、ソニーグループの子会社では、金融、保険、不動産など多方面の事業展開をおこなっていますが、創業当初はテープレコーダーやトランジスタラジオなどの音響関連機器を製造していた企業です。

 

ソニーは、サウンド機器開発の歴史と技術、高品質の日本製と、世界で定評のあるブランドです。高音質にこだわるなら、ソニーの製品を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

ボーズ(Bose)

ボーズはアメリカ合衆国の音響機器を開発する企業です。製品の中心はスピーカーで、小型でも重低音が充実してるのが特徴。1964年にマサチューセッツ工科大学の教授によって設立された会社で、音響心理学を用いた高度な音作りにより、世界中から支持されているトップシェアのブランドです。

 

音楽スタジオやダンススタジオ、結婚式場や商業施設など、良質なサウンドが必要な場所にはボーズのスピーカーが置いてあることが多く、業務用として認識されている定番のメーカーです。高い技術力を小型の製品にも応用しており、携帯用のワイヤレススピーカーでも良品が揃っています。

 

迫力のある低音にこだわるのなら、ボーズのワイヤレススピーカーをチェックしてみましょう。

今すぐ風呂場や水場での使用におすすめのワイヤレススピーカー3選を見る

ワイヤレススピーカーを実際に購入した人の口コミをチェックしてみましょう。携帯用といっても値段が高いものもあるので、評判を確認して自分に合うものを選び出す材料にしてください。

オッサンでも簡単にセッティング出来た!何よりも畑でも良く聞こえて気分良く作業出来た!

出典:https://www.amazon.co.jp

この方はワイヤレススピーカーを使ってみたかったけれど、Bluetooth設定に自信がなかったという人です。ペアリング機能を使えば、デバイス同士で勝手につながってくれるので戸惑うことはなかったようです。屋外でこそワイヤレススピーカーは便利に使えるスピーカーなのでどんどん使いましょう。

この手の商品初購入です。お風呂場で携帯を持ち込んでいたのですが本体のスピーカーがシャワー音に負ける為購入。結果として携帯本体よりも音量もあり音もはっきりしているので良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

お風呂場でスマートフォンの音楽を聴く人が増えています。しかし、スマートフォンは防水ではなく耐水であることが多く、湯船に落としてしまうと故障することも考えられます。また、シャワー音でよく聞こえないこともあるため、防水性の高いワイヤレススピーカーがおすすめです。

家族が寝静まった夜、一人読書する時に音量レベル3くらいで聴いたりしていますが、jazz名盤のうちビル・エバンスとスコット・ラファロの絶妙なピアノとベースのかけあいなどを、見事な正確さで表現してくれます。小さな音量でクリアな音の伸びを表現してくれるので、私は音量を絞って聴く時の音質が好きです。

出典:https://www.amazon.co.jp

この方は、ワイヤレススピーカーの音を絞っても各楽器の演奏がはっきり聴けたことに驚いているようです。すべての音域が一つになっているフルレンジタイプでは、特に低音がなくなることが多いので、屋内で音質を重視するなら音域が分かれているタイプが良いでしょう。

マイクで拾った音質が¥5,000の機器と思えないほど悪いです。 通話をしたときに本機のマイクを通した言葉が聞き取れないほど悪く(こもっていたり、ガサガサしていたり、とにかく音の解像度が低い)、「もうちょっと近づいてー」「なんて言ったー?」というやり取りが極めてストレスになります。

出典:https://www.amazon.co.jp

車載用のワイヤレススピーカーはハンズフリーで通話できるものがありますが、音質が今ひとつと感じているようですね。IP通話はスマートフォンでも通信状態により会話しにくいときがあるので、時間や場所を変えるとよく聞えることがあります。

曲全体がブンブンいうだけで、キックのアタックやベースのフレージングなどはむしろ、他の楽器の無駄に膨らんだ低音部分に隠されてしまっていて、音楽とは呼べない代物が再生されます。で、イコライザをフラットに設定し直すと、案の定しょぼい音に・・・

出典:https://www.amazon.co.jp

この方は、ワイヤレススピーカーの初期設定でイコライザーがかかっており、低音が不自然に強調されていることに対して不満を感じているようです。小さなスピーカーはどうしても低音に迫力がなくなるので、イコライザーに頼る商品もあります。低音についてはどのメーカーも工夫しているため、店頭で聴き比べてみるとよいでしょう。

保証期間を少し過ぎた辺りで充電されなくなった 充電は認識するがピポッと鳴ったきりいくら充電してもバッテリーが1%も上がらない 終いには電源すら入らない状態に

出典:https://www.amazon.co.jp

ワイヤレススピーカーはしばらく使うと充電できなくなるというトラブルが良くあるようです。保証期間内であれば、返品交換がされることがあるのでカスタマーに問い合わせてみましょう。また屋内使用のものを屋外で使うと早くだめになることもあるので、外使いが多いなら、アウトドア用の耐久性が高い商品を選ぶのもおすすめです。

音質やコーデック、出力など、良いワイヤレススピーカーを選ぶにはチェックするポイントがあるので紹介します。一般の有線スピーカーと共通するところもありますが、無線ならではの項目、コーデックもあるので注意してください。

音質をチェック

ワイヤレススピーカーは、大きさによって音質が変わります。ここでは小型、中型それぞれの特徴と選び方について解説しているのでご覧ください。

小型ならパッシブラジエーター搭載かどうかを確認

小型のワイヤレススピーカーは、重低音がいまひとつと感じる人もいるのではないでしょうか。そんな人は、「パッシブラジエーター」が搭載されているものを使ってみましょう。パッシブラジエーターは、低音域を増幅するシステムのことで、迫力のサウンドをコンパクトなスピーカーでも再現することができます。

 

重低音のサウンドを充実されるシステムとして、低音専用のウーファーユニットや背圧を利用して共振させる方法がありますが、小型のスピーカーではサイズの問題から難しくなってしまいます。低音を特徴としているワイヤレススピーカーの中には、パッシブラジエーターの数を増やしたり、配置を換えたりなどの工夫がされており、メーカーによって音の聞こえ方が異なります。

 

パッシブラジエーターは各社名称が異なり、ドロンコーンと呼ばれていた時期もあります。購入の際は注意してチェックしてみましょう。

中型以上ならスピーカーユニットの数を確認

小型のスピーカーではすべての音域を一つにまとめる「フルレンジスピーカー」が多く見られます。しかし、サウンドにこだわるのなら、複数に分けるタイプにも注目しましょう。「ウーファーと呼ばれる低音専用」「ツイーターと呼ばれる高音専用」の2つがあるとかなり音質がアップします。

 

また、ユニットが3つに分かれている3WAYスピーカーもあり、価格が高くサイズが大型となるので、屋内の据え置き用として使うのがよいでしょう。アウトドア用のコンパクトサイズなら、「2WAYスピーカー」がおすすめで、価格とサイズ、音質のバランスが良いものが各社揃っています。

 

据え置き用で臨場感を求めるのなら5.1chが主流で、合計6つのスピーカーユニットが必要ですが、屋外で楽しむのなら音の一体感が出るフルレンジや、2wayスピーカーを味わってみるのがおすすめです。

対応コーデをチェック

ワイヤレススピーカーでは、スマートフォンなどの端末で音声を圧縮し、無線を使用して伝送します。この際のフォーマットのことをコーデックといい、コーデックの種類によりサウンドの質が大きく変わります。圧縮すると基本的に音質は劣化しますが、コーデックにより劣化を少なくできるものもあります。

 

一般的なコーデックは「SBC」。音質より圧縮率や伝送速度を重視したタイプでほとんどのBluetoothに対応しています。音質にこだわりたい人は、「aptX」「AAC」を目安に探してみましょう。「aptX」はアンドロイド「AAC」はiPhoneで使われている高音質のコーデックです。

 

他にも臨場感のあるハイレゾ音源に対応している「LDAC」というコーデックもあります。元の音源がハイレゾのものを中心に聞いているのなら、ワイヤレススピーカーも「LDAC」が再生できるものを選ぶと良いでしょう。

アンプ出力をチェック

ワイヤレススピーカーの音の大きさはアンプの出力に左右、「W(ワット)」で表されています。大音量で音楽を楽しみたくても、W数が足りないスピーカーでは希望の音量は出ません。目安は「5〜15W」10畳程度の広さなら隅々まで音を届けることができます。

 

一方、アウトドアでの使用なら「20W以上」が必要になるのでチェックしておきましょう。

 

狭い部屋で大きなW数の音楽を鳴らすと、きれいに聞こえません。狭い部屋には小さいW数、屋外などの広い場所なら大きなW数が適するということをポイントにしましょう。

駆動時間・電源方式をチェック

ワイヤレススピーカーはバッテリーの充電が必要なものが多くなっています。屋外でより長く使いたいならバッテリーの持続時間を確認しましょう。持続時間は連続再生時間なので、屋外レジャーなどで一日中使うのならより長いほうが快適です。

 

充電方式がUSBなら、USBケーブルでスマホやパソコンから給電することもできます。また、モバイルバッテリーを使う事もできるので、電源がない場所や屋外には携帯するようにしましょう。一度の充電で10時間以上持つものならば一日中充電の必要がないので、目安の一つにしてみてください。

防水・防塵性能をチェック

アウトドアで使うワイヤレススピーカーなら防水・防塵性能の高いものがおすすめです。「IP57」と表記されていたなら、アルファベットの左の5が防塵、右の7が防水です。ここの数値が大きいものほど性能が高くなります。

 

1mm以上のワイヤーや固形物より小さい塵を防ぐなら、「IP5X」を選びましょう。「IP4X」では1mm以上の砂埃などしか防げないので、土埃などが舞う場所ではすぐ汚れてしまいます。塵は油分を含んでいることもあるので、そのままにしていると表面がべたついたり劣化することもあります。

 

外で使用した場合には、必ずクリーナーなどで汚れをふき取るようにしましょう。また、水没しても問題のない防水レベルは「IPX7」以上。屋内使用でもお風呂でワイヤレススピーカーを使うのなら、湯船に落としてしまうことも考えられるので、購入の際はより高い数値のものを選びましょう。

BOSE(ボーズ)

HOME SPEAKER 500 スマートスピーカー

価格:49,115円 (税込)

音楽配信サービスに対応した屋内用ワイヤレススピーカー

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界有数の音響メーカーBOSEのワイヤレススピーカー、「HOME SPEAKER 500 スマートスピーカー」です。Amazon Alexaの音声操作に対応しており、スピーカーに話しかけるだけで膨大なプレイリストから好みの曲を瞬時に流してくれます。SpotifyやAmazon Musicをスマートフォンの操作なしに楽しめるので、忙しくて手がふさがっているときなどに大変便利です。音質にもこだわっており、2つのカスタムドライバーを逆向きに配置し、壁に音が反射して豊かなサウンドを作り出します。

対応コーデック 防水・防塵
連続再生時間 その他 音声操作
ソニー(SONY)

ワイヤレスポータブルスピーカー

価格:21,978円 (税込)

ハイレゾ対応に加えてアナログも高音質

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソニーのワイヤレススピーカー、ハイクオリティのハイレゾ音源に対応しています。また、CDの圧縮音源にハイレゾ品質の臨場感をもたらす「DSEE HX」も加わり、ハイレゾではない普通の音楽ファイルも高い音質で再現します。また、アナログも96kHz/24bitのADコンバーターで処理をすることで最高のサウンドを実現。さらに、低域を効果的に増強するパッシブラジエーターを2つ配置。小型のスピーカーは低音に弱いという弱点を補い、すべての音域を歪みのないクリアな音色で再生します。

対応コーデック LDAC 防水・防塵
連続再生時間 12時間 その他 DSEE HX
Anker

Soundcore Motion+

価格:9,999円 (税込)

幅広い音域をクリアに再現

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アンカーの「 Soundcore Motion+」、超低域の50Hzから超高域の40kHzまで豊かに再現します。ハイレゾ音源に対応し、Qualcomm aptXによりBluetooth接続の遅延も軽減。2つのパッシブラジエーター、2つのネオジウムウーファー、超高周波ツイーターとそれぞれの音域をはっきりとクリアに届けます。IPX7の高い防水性能で、屋外やお風呂場での使用も可能。雨に降られたり湯船に落としても故障なく使うことができます。

対応コーデック LDAC 防水・防塵 IPX7
連続再生時間 最大12時間 その他 IPX7、ハイレゾ対応
BOSE(ボーズ)

SoundLink Micro Bluetooth speaker

価格:12,410円 (税込)

超小型スピーカーからとは思えない迫力のサウンド

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ボーズのIPX7と高い防水力の小型ワイヤレススピーカーです。厳しいテストに合格した高性能商品で水に落としてもそのまましばらく使うことが可能。また、スピーカーで通話することもできて、クリアなはっきりした声で話をすることができます。超小型でも音質は抜群。2つのワイヤレススピーカーをつないで、それぞれに右と左のチャンネルを割り当てることもできます。最長6時間の連続再生でレジャーやパーティーシーンでゆっくり音楽を楽しむことができます。

対応コーデック 防水・防塵 IPX7
連続再生時間 最長6時間 その他 通話、SiriやGoogleアシスタント
ソニー(SONY)

ワイヤレスポータブルスピーカー

価格:10,950円 (税込)

キッチンで使える高い防水・防塵ワイヤレススピーカー

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソニーのワイヤレスポータブルスピーカー、防水・防塵機能が高い「IP67」に対応しています。さらに防錆性能もあり、キッチンで使うこともできます。IPx7は水に落としても故障することがないので、水が大きく被ったりお鍋に落としてしまっても大丈夫。「ライブサウンドモード」はライブの観衆や拍手を空間に拡散してくれるので、部屋でフェスやライブを体験することが可能。「EXTRA BASS」「DSEE」搭載で、低音から高音まで豊かに再現できます。

対応コーデック 防水・防塵 IP67
連続再生時間 最長12時間 その他 EXTRA BASS、DSEE
Anker

Soundcore Icon Mini

価格:2,599円 (税込)

傷つきにくいラバーと水洗いできる防水性能

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アンカーの「 Soundcore Icon Mini」、持ち運びやすいポケットサイズのワイヤレススピーカーです。防水機能は「IP67」で、水に沈めても音楽再生が可能。キャンプやビーチ、お風呂と水のかかる場所でも心配することなく音楽を楽しむことができ、水洗いもできます。衝撃にも強く、背面には傷がつきにくく汚れにくいラバー素材を使用。「Anker SoundCore Sport」と比較し、約20%小型化されており、スマートフォンと同じサイズ感で気軽に持ち歩くことができます。

対応コーデック 防水・防塵 IP67
連続再生時間 最大8時間 その他 ラバー素材
JBL

GO2

価格:3,825円 (税込)

豊富なカラーでアウトドアに映える手のひらサイズ

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

豊富なカラーバリエーションでアウトドアに映えるJBLのワイヤレススピーカー、「 GO2」。コンパクトな設計ながら高い音質で、パッシブラジエーターが搭載されている屋外用商品です。防水機能も高く、IPX7と水辺のレジャーにも安心。もしもの水没にも故障することはありません。手のひらサイズの184gと、軽量小型でアウトドアにおすすめのワイヤレススピーカーです。

対応コーデック 防水・防塵 IPX7
連続再生時間 最大5時間 その他 パッシブラジエーター、ハンズフリー通話
JBL

PULSE 3

価格:14,798円 (税込)

ライティングと音のコラボレーションを楽しめる

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

迫力あるJBLサウンドを鮮やかなイルミネーションが演出します。マルチカラーLEDを専用アプリでコントロールすることが可能。自分の光を作ることができ、ライティングと音のコラボレーションを楽しめる商品です。防水性能「IPX7」で水没も安心。高品質ハンズフリー通話もできて、様々に活用できる高音質のワイヤレススピーカーです。

対応コーデック 防水・防塵 IPX7
連続再生時間 約12時間 その他 マルチカラーLED
BOSE(ボーズ)

SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker

価格:34,655円 (税込)

ボーズ最高峰のポータブルスピーカー

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

継ぎ目のない美しいアルミニウムボディで、デザイン性の高いボーズのワイヤレススピーカー、「 SoundLink Revolve+ 」。IPX4の高い防水力で、キッチンや食卓で使うことができます。水の飛まつをあらゆる方向から受けても問題のないレベルで、調理中の水しぶきがかかっても安心。持ち運びやすい取っ手も付いて、屋内外で移動が便利。一見スピーカーとは分からないおしゃれな商品です。

対応コーデック 防水・防塵 IPX4
連続再生時間 約16時間 その他 アルミニウムボディ
JBL

CHARGE4

価格:13,664円 (税込)

大容量バッテリーで充電器にもなる

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

7,500mAh大容量バッテリーを搭載したJBLのワイヤレススピーカー「CHARGE4 」。Bluetoothスピーカーとして、スマートホンやタブレットの充電器として、便利に使うことができます。連続再生時間は最大約20時間で3日程度は持ち、ドライブ旅行やキャンプなどにおすすめです。新設計のパッシブラジエーターとの組み合わせにより、60Hzまでの低音を豊かに再現。出力も30Wと屋外でもパワフルで高音質なサウンドを楽しめます。

対応コーデック 防水・防塵 IPX7
連続再生時間 20時間 その他 パッシブラジエーター
 XiAnZhaoGen

車載用 Bluetoothスピーカー

価格:2,299円 (税込)

自動でオンオフする便利な車載用スピーカー

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

車のサンバイザーに挟んで使うワイヤレススピーカーです。スマホを持って車に乗れば、自動でオン、降りればオフの状態になる手間いらずの商品。わずらわしい設定をすることがなく、スマートに音楽を流すことが可能です。D.S.Pを採用しノイズを有効に低減しており、クリアな音質で通話することもできます。また、同時2台の携帯電話とつなぐことができ、10mの範囲で自由に操作可能です。

対応コーデック 防水・防塵
連続再生時間 待機時間:約1080時間 その他 通話
ソニー(SONY)

ワイヤレスポータブルスピーカー

価格:6,200円 (税込)

縦でも横でも置けるワイヤレススピーカー

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソニーのワイヤレスポータブルスピーカー、タテヨコ自由に置きかえられる便利な商品です。付属ストラップに載せると横でも安定する構造。車内でドリンクホルダーに入れても良いし、休憩中は倒して広がる音を聴くこともできます。2台をつなげてステレオにすることも可能。16時間のロングバッテリーで充電を気にすることなく、ドライブを楽しめます。

対応コーデック 防水・防塵 IPX5
連続再生時間 16時間 その他 Speaker Add機能

以下の記事は、最新のBluetoothスピーカーについて紹介しているので、ぜひチェックしてください。

携帯に便利なワイヤレススピーカーについて紹介しました。これまで外出時はイヤホンが中心という人が多く見られましたが、ワイヤレススピーカーがあれば、屋外でのパーティーなどでも大勢で高音質な音楽を楽しめますよ

# おすすめ