カメラバッグのおすすめ15選!リュックからショルダータイプまで紹介

大切なカメラを守ってくれるカメラバッグ。カメラ専用に作られているだけあって安心の強度を期待できます。一口にカメラバッグといっても、収納力に特化したバッグやコンパクトさ、大容量など目的別にたくさんの種類があります。カメラバッグのおすすめ商品を紹介していきます。

2020/06/13 更新

旅行先や子どもの学校行事の写真を残したいときに活躍するカメラ。高画質な写真を撮れる一眼レフカメラやミラーレス一眼は、カメラ本体のほかにレンズや予備バッテリーが必要なので持ち出すのが大変ですよね。

 

そのようなときにおすすめなのが、カメラやレンズの収納に特化したカメラバッグです。カメラバッグにはショルダーバッグやリュックなどさまざまな種類の商品や、防水・衝撃に強い商品などラインナップが充実しています。

 

そこでこちらの記事では、カメラバッグの選び方やおすすめの商品をご紹介していきます。旅行などカメラを持ち出す予定がある方、これからカメラを購入しようという方もぜひ参考にしてみてください。

今すぐおすすめのカメラバッグ15選を見る

「わざわざカメラバッグにする必要はある?」と思う方も多いようですが、カメラバッグはクッション性に優れており、外部からの衝撃を和らげ大切なカメラを守るためには必須です。カメラバッグは精密機器を安全に持ち運ぶことを目的として作られているため、普通のバッグでカメラを持ち出すよりも安全です。

 

またカメラ本体に加え、替えのレンズや小物をセットで持ち運ぶ際に、収納に特化したカメラバッグは非常に便利です。仕切りを調整してバッグ内をカスタマイズすることも可能です。シャッターチャンスを逃さず、すぐに必要な機材を取り出すことができます。

 

撮影に集中していると「機材が入った荷物はそっちのけ」ということもありがちです。撮影時に両手が空くようなカメラバッグを選べば、バッグを持ちながらの撮影も荷物が邪魔にならないので快適です。カメラバッグはカメラマンにとってメリットだらけの優れものです。

カメラバッグと言っても、形や機能の違うたくさんのラインナップがあります。カメラバッグは欲しいけど、結局どれを選んだら良いか分からないという方も多いようです。具体的なカメラバッグの種類と特徴を解説します。

ショルダーバッグ|定番でラインナップも豊富

カメラバッグの中でも一般的なのがショルダーバッグです。ショルダーバッグはサイズのバリエーションが多く、荷物の多さによってサイズを選ぶことができます。またサイズ展開だけでなく、種類が豊富で自分好みのものを見つけやすいという利点もあります。

 

ショルダーバッグは肩にかけたままでも荷物が取り出しやすいのが特徴です。両手が空くので撮影に集中しやすくなります。こまめにレンズ交換をしながら撮影したい方には特におすすめです。わざわざ荷物を下ろす必要がなく、素早く機材交換が可能になります。

 

ただショルダーバッグで長時間の移動をする際には肩に負荷がかかるため向いていません。一方の肩で支えるタイプのショルダーバッグは体に負担になる可能性があるので、腰や首が不安な方は要注意です。そんな方にはコンパクトなショルダーバッグで身軽な撮影がおすすめです。

リュック・バックパック|長時間の移動にぴったり

リュック・バックパックタイプのカメラバッグは長時間移動しながら撮影する方に特におすすめです。両肩で荷物を支えるため、身体への負担が少なく、体力的な疲れを軽減してくれます。リュックタイプは両手が空くので撮影時に荷物が邪魔になりません。

 

リュック・バックパックタイプもサイズ展開が豊富なため自分の用途や荷物の量に合わせて選べます。三脚を持ち運びやすい大容量タイプでは機材と一緒にその他の小物も収納できて便利です。

 

カメラ専用収納で仕切られているタイプだと、整理整頓はしやすいですが、撮影中のレンズ交換は一度荷物を下ろしてバッグを開閉する必要があるので少し手間がかかります。

メッセンジャーバッグ|身体に密着するから安定性抜群

カメラ用のメッセンジャーバッグは肩に斜めがけで使用するタイプのバッグです。コンパクトに斜めがけができ、身体に密着するので荷物の安定性抜群です。あまりかさばらないのも特徴で、ファッション性を気にしつつスマートにカメラ用品を持ち歩きたい時に最適です。

 

しかし大型のカメラや複数の替え用レンズ、また三脚などの小物を含めてフルセットの持ち運びには向いていません。メッセンジャーバッグは身軽にカメラを持って出かけたい時に使いやすいカメラバッグです。ちょっとしたお出かけ用を探している方におすすめです。

ウエストバッグ|小型で荷物が少ないときに便利

腰の部分にベルトをするような感覚でカメラを持ち運べるウエストバッグタイプ。アウトドアでコンパクトに荷物を持ち運びたい時に最適です。荷物の持ち運びに両手を使う必要がないため、サイクリングやハイキングなど活動的なシーンで活躍します。

 

他のバッグと比べてバッグの容量は小さいため、デジタルカメラやミラーレス一眼など小型のカメラを使っている方におすすめです。活動時にバッグ内の物がぶつかり合ったりしないよう細かいポケットや仕切りがあるものを選ぶと安心です。

トップローディングタイプ|雨を防ぎ利便性も高い

リュックの上部に覆いが付いているトップローディングタイプのカメラバッグは、標準レンズを付けたままカメラをバッグに収納可能なものが多く、出し入れしやすいのが特徴です。カメラ本体をバッグに出し入れしながら撮りたい時にすぐに取り出して撮影できます。

 

またバッグ上部の覆いのおかげで急な雨を防ぐことができ利便性が高いのもポイントです。防水防塵加工された素材のものもありますが、完全に雨を防ぐために作られた訳ではないので、防水防塵に特化したバッグとその性能を比較して選ぶことをおすすめします。

キャリーバッグ|収納力が最大の魅力

キャリーバッグタイプは多くの機材をまとめて収納できる収納力が最大の魅力です。手で引いて運べるローラーが付いているので、機材が重たくなっても楽に移動できます。

 

様々なタイプのレンズや三脚、機材のバッテリーや保存用ディスクなど大小問わずカメラ機材一式が必要な撮影用におすすめです。いくつものバッグに小分けして持ち運ぶより、整理整頓された一つのバッグに全てを収めることができるので便利です。

 

普通のキャリーバッグでも代用できるのでは?と考える方もいますが、カメラ用のキャリーバッグは機材を守るため外部からの衝撃に強い作りになっています。またカメラが取り出しやすい設計になっているのもカメラ専用だからこそのメリットです。

多目的タイプ|シーンによって使い分けられる

シーンに合わせて使い分けられる多目的タイプはショルダーバッグやリュックタイプにしたりと2way、3wayなど使い方の幅が広いのが特徴です。機材の量やその日のファッションスタイルに合わせて使い方を変えることができます。もちろんカメラ以外にも使用可能です。

 

多目的タイプの注意点は、一つの使い方に特化した他のタイプのバッグに比べ、それぞれの機能が中途半端で使い勝手の良いものを選ぶのが大変なことです。多目的タイプを選ぶ場合、どんなシーンでどのように使うかイメージしながら選ぶことをおすすめします。

今すぐおすすめのカメラバッグ15選を見る

大切なカメラを安全に外に持ち出すためのカメラバッグ選びは慎重に行いたいものです。ここでは、バッグ選びで確認するべきポイントを4つに分けて解説していきます。

大きさ・容量

収納するカメラとレンズの大きさや量は人によって違います。自分の機材の量に対して適切なサイズのカメラバッグを選ぶことが大切です。「入れたいのに入らない機材がある…」もしくは「容量が大きすぎてスカスカ、荷物の安定性がない」という事態を防げます。

 

またカメラを持ち歩く際に、カメラ以外でいつもバッグに入れておきたい他の荷物がどれぐらいあるかも考えて選ぶと良いでしょう。将来的に機材が増える予定があるのなら、そのことを考えて少し大きめの容量のものを選ぶこともできます。

耐性

撮影をアウトドアで行うことが多いなら耐性強度も選ぶ際の重要なポイントとなります。大切なカメラを守るための防水・防塵は十分でしょうか?耐衝撃やクッション性、突然の雨に備えた撥水加工が施されているかも確認しておくことをおすすめします。

 

質が良く耐性の強いカメラバッグは価格も高めですが、水や衝撃が原因で高価なカメラに不具合が生じるリスクを軽減してくれると思うと安心です。大切なカメラを十分保護してくれるかという点で納得のいくカメラバッグを選びましょう。

機能性

カメラ専用バッグを選ぶ際、カメラライフを快適にしてくれる機能が備わっているかも確認しましょう。開口部はカメラが取り出しやすい設計になっているか、荷物の形や大きさに合わせて荷室の大きさをカスタマイズできるかなどのチェックポイントがあります。

 

他にもSDカードなどの細々した小物を無くさずに収納できる小さなポケット、盗難防止用のロック、三脚や傘を収納するバックルが付いているかなど気になる部分をカバーする機能性が付いていると安心です。

デザイン

カメラバッグはカメラを保護しつつ持ち運ぶことが最大の目的であるため「デザインよりも使いやすさや機能が大切だ!」という方もいますが、「デザインが自分好みであることはバッグ選びにおいて大前提だ」という意見も多いです。

 

普段のファッションとマッチしたデザインのものを選べば、コーディネートのバランスを崩すことなくカメラを持ち運ぶことができます。その点、リュックやメッセンジャーバッグは私服に馴染みやすいデザインのため人気です。

 

デザインは機能面と同じくらい妥協できない部分です。全てが自分好みのバッグを見つけるのは難しいですが、機能面とデザインのバランスを取りつつ自分のイメージにあったデザインのバッグを選びましょう。

カメラバッグで人気のメーカーはどんな商品を販売しているのでしょうか?気になるメーカー3社が出すカメラバッグの特徴をご紹介します。

ハクバ(HAKUBA)

シンプルなデザインが特徴のハクバのカメラバッグ。カメラバッグに見えないタウンユースに適したデザインの商品が人気です。使いやすいデザインだけでなく、カメラのことを第一に考えて設計されており機能性も抜群です。

 

機材の出し入れのしやすさにこだわった商品や機材のサイズに合わせたサイズ展開など用途に合わせて選べるラインナップが豊富です。

マンフロット(Manfrotto)

多くのカメラユーザーに支持されるマンフロットのカメラバッグ。収納力が高いのはもちろん、高い保護性能と衝撃吸収機能に優れており安心してカメラを持ち運ぶことができます。どんな状況下でもカメラを可能な限り保護するという目的で設計されています。

 

リュックタイプが主流のカメラバッグですが、用途やシーンに合わせて選べるさまざまなタイプが用意されています。カメラ初心者からプロカメラマンまで満足できるカメラバッグがそろっています。

エンデュランス(Endurance)

エンデュランスのカメラバッグは普段使いとしても持ち歩きたくなるファッション性の高さが特徴です。カジュアルなものやスポーティーなデザインまで種類も豊富です。

 

一見普通のバッグに見えますが、中を開けるとレンズを固定する仕切りが装備されておりカメラを保護しながら収納するのに最適です。高い機能性を求めつつも、おしゃれなカメラバッグを探している方におすすめです。

TARION

TARION RB-02カメラバッグ リュックタイプ

価格:6,480円 (税込)

値段以上に満足度の高いリュックタイプカメラバッグ

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大容量で必要な物を一式収納できるリュックタイプのカメラバッグ。背面とサイドからカメラをスムーズに取り出すことができます。パソコン専用スペースもあり、カメラ機材とパソコン、他の小物を一緒に持ち出すことができます。

 

撥水加工が施されており急な雨から大切なカメラを守ってくれます。値段以上に満足度が高く、予算は低めでも本格的で収納力抜群なカメラバッグを探している方におすすめです。

材質 ナイロン 外寸 28×15.5×46cm
内寸 (上部)18×35×12cm(下部)16×27.5×23cm 重量 1.43 Kg
Manfrotto

Manfrotto カメラリュック NX-BP-BU

価格:5,148円 (税込)

カメラの出し入れがしやすい小さめ容量のリュックタイプ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

普段使いにもできるスタイリッシュでコンパクトなカメラ用リュック。ミラーレスカメラと70-200mf4を含むレンズ2本を収納可能です。上段と下段にカメラ機材と日用品を分けて収納可能で荷物がどこに入っているかを見つけやすい作りになっています。

 

背面は通気性が良いメッシュ素材が使われており長時間使用しても快適に背負うことができます。小さめ容量ですがカメラの出し入れがしやすく使い心地が良いのでさまざまなシーンで活躍します。

材質 ナイロン 外寸 W45xH28xD19cm
内寸 W44xH27xD18cm 重量 0.79kg
CADeN

CADeN カメラバッグ リュックタイプ 8G-KXYM-TDZ5

価格:3,899円 (税込)

大容量でも小物の収納スペースをしっかり確保されたリュックタイプ

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

収納力が高く大容量なリュックですが、内部に小さな小物用のポケットもついて使いやすい作りとなっています。USBポートも付属されており携帯やタブレットなどデジタルデバイスを充電しながら使用可能です。

 

たくさん荷物が入ったリュックも重量をバランスよく分散して持ち運べる幅広ストラップで肩への負担をやわらげます。底部に取り外し可能なベルトがついているので三脚も一緒に持ち運べます。身の回りの荷物とカメラ機材を一括で持ち運びたい方におすすめです。

材質 ナイロン 外寸 W43×H30.5×D13.5cm
内寸 重量 約1.4kg
ハクバ

HAKUBA カメラリュック SP-CT04-RBPBK

価格:7,100円 (税込)

三脚やPCもしっかり収納可能なリュックタイプ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

標準ズームレンズを取り付けた一眼レフカメラと交換用レンズを1本から2本、他のカメラアクセサリーの収納可能です。下段にカメラ機材を収納し、バッグを下ろすことなくサイドからカメラをスムーズに取り出すことができます。中仕切りを取り外すと、普段使いの大容量バッグとしても使えます。

 

バッグ前面に三脚を固定するベルト付きで、三脚を安定して持ち運ぶことができます。カメラ機材だけでなく、15インチ相当のノートパソコンを収納するスペースも完備されていて便利です。

材質 ポリエステル、ターポリン 外寸 W30×H47×D17cm
内寸 W24×H22×D12cm 重量 1.07kg
Endurance

Endurance カメラバッグ リュックタイプ

価格:15,980円 (税込)

機材に合わせてマチが増えるエキスパンドシステム搭載

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バッテリーグリップ付き一眼レフカメラの収納スペースを作るため、マチを増やせるエキスパンドシステムを採用。使わない時にはジッパーを閉じてスリムに使用、必要な時には奥行を5.5cm拡大できます。

 

カメラの取り出しはサイドとセンターの2か所から可能でレンズ交換も素早く行えます。側面のポケットには三脚や500mlのペットボトルを収納可能です。カメラマンの使いやすさを追求したサイズ調整可能なモデルは、機材の量が日によって変わる方におすすめです。

材質 ポリエステル 外寸 W28.5×H17.5×D43cm
内寸 W25×H24.5×D12.5cm(エクスパンション解放時18cm) 重量 約1.3kg
OUTDOOR PRODUCTS

OUTDOOR PRODUCTS カメラバッグ ショルダータイプODCSB03RD

価格:2,382円 (税込)

ミラーレス一眼や小型一眼レフをコンパクトに持ち運べる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レンズ付きミラーレス一眼カメラと交換用レンズ1本程度が収納可能なコンパクトなショルダーバッグ。カメラ用には見えない外観で普段使いにも活躍するデザインです。

 

ショルダーベルトを外すと、収納に便利なインナーバッグとして使うこともできます。全てを一つのバッグで持ち運びたいという方には向いていませんが、身軽に必要なものだけを持って写真を取りに行きたい方におすすめです。

材質 ナイロン 外寸 W23.0×H15.0×D12.5cm
内寸 W21.0×H13.0×D9.0cm 重量 200g
ハクバ

HAKUBA カメラバッグ ショルダーバッグ SLD-ULSBLNV

価格:3,765円 (税込)

軽くて水や汚れに強い特殊コーティング生地使用

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大切な機材を水や汚れから守ってくれるポリカーボネートをコーティングしたナイロン素材使用で軽量ながらも耐性ある作りとなっています。使用しない時には底面をきれいに折りたためる構造になっており、荷物が増えたときのトラベルバッグとしても使えます。

 

中に何が入っているかを一目で見やすい大きな開口部でカメラの出し入れも簡単です。レンズ付きの一眼レフカメラ一台と交換用レンズ1本にカメラアクセサリやタブレットが入る容量です。大容量ではありませんが、シンプルで使いやすいバッグを探している方におすすめです。

材質 ナイロン 外寸 W36.0×H36.0×D16.0cm
内寸 W32.0×H18.0×D12.0cm 重量 430g
Manfrotto

Manfrotto カメラバッグ ショルダーバッグ MB MS-SB-IGR

価格:4,300円 (税込)

収納仕切りが可動式で自分好みに調整可能

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ぴったりサイズの小さめショルダーバッグを探している方におすすめです。標準レンズ付き一眼レフカメラとレンズまたはカメラアクセサリーを収納可能。ジャストサイズな小さめ設計ですが、Manfrottoの高い保護システムで大切な機材を守ってくれます。

 

内部の収納仕切りは可動式のため、自分好みにバッグの中身をアレンジ可能。レンズ交換も素早くできる使いやすさです。ストラップを外してバッグインバッグとして使うこともできます。

材質 外寸 19.5x12x16 cm
内寸 16x10.5 x14.5 cm 重量 400g
ハクバ

HAKUBA カメラバッグ ショルダーバッグ SLD-RS-SBLBK

価格:5,500円 (税込)

水に強い大容量なショルダーバッグ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

生地の表面にPVCコーティングを施しており、水と汚れに強い商品です。防水バッグではありませんが、上部のファスナーにも止水ファスナーを使用し、耐水性が高くなっています。

 

ショルダーバッグにしては大容量で、大きめのものを探している方におすすめです。フラップ式の開口部ですが、フラップを閉めたまま上部のジッパーからもカメラを取り出すことができる構造で、より早く取り出し可能です。

材質 外寸
内寸 W340×H240×D110mm(10L) 重量 約850g
Zecti

Zecti カメラバッグ ショルダーバッグ

価格:2,899円 (税込)

カメラがすっぽり入って出し入れしやすい

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトなサイズですがレンズを付けたままカメラをすっぽり入れられるのがZectiのショルダーバッグの特徴です。マジック式の間仕切りでカメラを定位置に安全に吊るすことができ、衝撃からカメラを保護してくれます。

 

スマートにカメラを持ち出すことがメインですが、小さなポケットが複数ついておりスマホやカメラ用バッテリー、ミニ三脚などのアクセサリーも収納可能です。

材質 ダクロン 外寸 W17×H27×D15cm
内寸 (上部)W16×H24×D14 (下部)W11.5×H24×D10.5cm 重量 522g
エレコム

エレコム カメラバッグ DGB-S040LGY-G

価格:2,643円 (税込)

開閉楽々、身体にフィットして安定性抜群

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

斜めがけで身体にフィットし安定感抜群のエレコムのカメラバッグです。開閉がしやすいダブルファスナーで素早く荷物の出し入れが可能です。誤開閉が起こらないよう簡易ロックボタン付きで安心です。

 

ベルトフックが左右両側に搭載されており、左右どちらからの斜めがけにも対応しています。ミラーレスカメラ1台と交換レンズが1本ほどの収納スペースですが、側面にカードポケット、背面にスマホポケットがついていて小物も収納しやすくなっています。

材質 ポリエステル 外寸 幅135mm×奥行100mm×高さ260mm
内寸 幅90mm×奥行65mm×高さ190mm 重量 約280g
Neewer

Neewer 2-in-1ローリングカメラバックパック

価格:11,999円 (税込)

キャリーバッグとバッグパックとして使える大容量カメラバッグ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カメラ機材一式を一括で持ち運びたい方におすすめなキャリーバッグタイプのカメラバッグ。大容量でも収納しやすい仕切りがついて荷物を固定できます。仕切りに使えるソフトパッドは取り外しできるので機材のサイズに合わせて調整可能です。

 

キャリーバッグからバックパックに変更可能なため、ホイールが転がらないような道ではリュックとして使用できます。サイドには三脚を固定するストラップを搭載。本格的な撮影旅行や仕事に最適です。

材質 ナイロン 外寸 62 x 37 x 30cm
内寸 重量 約4.28kg
Manfrotto

Manfrotto カメラバッグ ウェストバッグ MB MS-S-GR

価格:6,354円 (税込)

ウエストバッグと斜めがけどちらでも使える

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

用途やシーンに合わせてウェストバッグと斜めがけ、どちらでも使用できる2wayタイプ。コンパクトな作りですが見た目以上に収納力が高いのが特徴です。レンズ付きの一眼レフカメラと交換用レンズ2本を収納できます。9.7インチのiPadの収納スペースも確保されており普段使いでも使用可能です。

 

カメラのサイズや機材の量によって仕切りを自由に調整可能、使いやすくカスタマイズできます。ペットボトルホルダーや三脚を固定するためのコネクション付きで便利です。

材質 外寸 23x32x12cm
内寸 20x30x11cm 重量 0.58kg
ハクバ

HAKUBA カメラバッグ メッセンジャー SP-CT04-MBLGY

価格:6,400円 (税込)

フラップを開けずにカメラを取り出せるメッセンジャータイプ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタイリッシュなデザインで私服と合わせやすいのが嬉しいカメラバッグです。フラップ式ですが、フラップを閉めたまま上部のファスナー部分からカメラの出し入れ可能です。

 

標準ズームレンズを装着した一眼レフカメラ一台に70-200mmクラスの望遠レンズ1本、それに交換用レンズ1本、もしくはカメラアクセサリーの収納ができる容量です。

 

12インチ相当のノートパソコンを収納するスペースも確保されています。サイドには伸縮するポケットが付いており、ペットボトルやミニ三脚、折り畳み傘などを収納できます。

材質 ポリエステル、ターポリン 外寸 約W380×H250×D160mm
内寸 約W315×H210×D120mm 重量 約750g
ETSUMI & Coleman

ETSUMI & Coleman コールマンカメラトートバッグ CO-8703

価格:3,030円 (税込)

トートバッグにもなるコンパクトでスタイリッシュなカメラバッグ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

男女兼用に使いやすいトートバッグ型カメラバッグ。ストラップを使って斜めがけでも使えます。超軽量で長時間の使用でも疲れにくいのが特徴です。着脱可能なクッションボックスが付いており、カメラをきれいに収納できます。

 

サイドに350mlのペットボトルが入るメッシュのポケット付き、フロント部分にはジッパー式のポケット付きで小物の収納に役立ちます。カメラが必要ない日に普段使いとして使いたい方にもおすすめです。

材質 ポリエステル 外寸
内寸 約奥行130×横幅220×高さ190mm 重量 約350g

「カメラバッグを新調したらもっとカメラライフを充実させるアイテムがほしい!」という方もいることでしょう。そんな方にはカメラを固定するミニ三脚がおすすめです。

 

高さのある三脚は大容量のリュックタイプやキャリーバッグタイプでの持ち運びに限定されますが、ミニ三脚なら小さなカメラバッグにも収納しやすく持ち運びに便利です。

 

リモコン付きや、スマホを取り付けられるアダプター付きなどミニ三脚にもさまざまな特徴があります。失敗しない選び方やおすすめのミニ三脚を知りたい方は下のリンクよりさらに詳しい解説をご覧いただけます。ぜひチェックしてみてください。

外での撮影や移動に欠かせないカメラバッグ。デザインも機能も満足なものに出会いたいものです。いろいろなタイプのカメラバッグの特徴を理解して自分にぴったりのカメラバッグを手に入れましょう。