【ブレンダーおすすめ10選】ミキサーとの違いやおすすめレシピも紹介

ブレンダーのおすすめ商品について紹介します。「そもそもブレンダーとは?」…そんな疑問にもミキサーやフードプロセッサーとの違いに触れながら説明し、ブレンダーの選び方のポイントについても解説。おすすめできるブレンダー10選も是非ご覧ください。

ブレンダーを使いこなして料理の幅を広げよう!

ブレンダーというと、欧米ではミキサーの事で日本ではハンディーブレンダーのことを差します。おしゃれなキッチンの定番器具でもあり、さっとポタージュや、手作りドレッシングで食卓をおしゃれに彩る、ということが出来たらとても素敵ですよね!

 

そんなブレンダーですが、実際に使用するのに面倒はないのか、購入しても使わなくなるのではないか、そもそもミキサー1台で十分なのでは?と購入に一歩踏み出せないという方もいるでしょう。

 

離乳食作りで使用しても、その後使わなくなるかも…と思ってしまう事もあるかもしれません。しかし心配は無用です!ブレンダーは使い方さえ知っていればどんどん料理に使っていける、とても便利な調理家電なんです!

 

そこでこの記事では、どなたでもブレンダーをしっかりと使いこなせるように、具体的な使い方や重要なポイントをご紹介します!もちろん、使いやすいおすすめのブレンダーもご案内しますので、購入に悩んでいる方はぜひ参考にしてくださいね。

ブレンダーで何が出来る?離乳食作りにぴったりってほんと?

ブレンダーは、スティック型の本体の先端にブレードが備わっています。食材に対してつぶす、おろす、混ぜるといった基本的なアクションを起こすことでできる他、アタッチメントの付け替えによって、泡立て器やジューサーとして活用することもできます。

 

また、食材をペースト状にもみじん切りにもできることから、赤ちゃんの離乳食作りにも最適で、赤ちゃんの成長に合わせて食材の形状を簡単に変えられることができます。離乳食作りを目的としてブレンダーを購入したユーザーも多くいるようです。

今すぐブレンダーの最強おすすめ10選を見る

ブレンダーとミキサーやフードプロセッサーの違いは?

ブレンダーに似ている調理家電にミキサーやフードプロセッサーがあります。スティック状の本体についたブレードで食材をつぶしたり混ぜたりできるブレンダーとの違いは何なのでしょうか?ここでは、ミキサーやフードプロセッサーの機能について解説します。

ミキサーとの違い

ミキサーは容器の中にブレードがあり、一度に攪拌できる量はブレンダーより多いです。野菜や果物といった水分を含む固形の食材を液状に変化させることを得意とし、フレッシュジュース、スムージー、スープを作る時に利用されることが多いようです。

フードプロセッサーとの違い

フードプロセッサーは容器内の食材を切りながら混ぜていき、食感が残る程度に細かくすることができます。一般的にブレンダーよりもパワーに優れ、多く食材を扱えるので、肉のミンチ、魚のたたき・すり身、野菜のみじん切りやペースト状にすることが得意です。

ブレンダーを使いこなす!みんなの定番活用メニューは?

ブレンダーは手軽で簡単に食材を細かくすることで、料理の幅を広げてくれます。様々な活用レシピがありますが、ブレンダーを活用した代表的なメニューについて紹介いたします。

鍋で直接攪拌できるポタージュ

ブレンダーを活用した調理で代表的なポタージュ。温めて柔らかくしたカボチャなどのカット野菜を牛乳や調味料と一緒に鍋の中に入れて攪拌。晩御飯のメニューにもう1品加えたい時にも簡単に作ることができて栄養も豊富で嬉しいですよね。

手作りドレッシングやマヨネーズ

オリジナルのドレッシングも、ブレンダーで簡単に作ることができる人気メニューです。ドレッシングには人参や玉ねぎを選ぶのが定番ですが、サラダに合わせて野菜や調味料を変えてみるのも楽しいですね。

 

マヨネーズは材料を入れて混ぜるだけでもっと簡単で、酢や卵の代わりにヨーグルトを使ったり、サラダ油じゃなくてオリーブオイルにするなど、カロリーオフでヘルシーなマヨネーズも作れます

健康スムージー

朝食をしっかりとることが難しい方にも人気のスムージーは、生の野菜と果物と水を入れるだけで作ることができます。水を牛乳に変えると、たんぱく質やカルシウムも摂取できて味わいも濃厚になるでしょう。

 

時短で栄養の偏りを防ぐスムージー健康法をブレンダーで試してみてはいかがでしょうか。

ホイッパーつきはホイップクリームの泡だても

ホイッパーのアタッチメントにつけ替え可能なブレンダーなら、ホイップクリームやメレンゲを簡単に作ることができます。お菓子作りが楽しくなりますね。ケーキの生地のように空気を混ぜてふわふわにしたい時にも活用できます。

簡単離乳食

ブレンダーは赤ちゃんの月齢に合わせた離乳食作りでも活躍します。初期には消化に良いおかゆに始まり野菜などをペースト状にして、中期には付属のチョッパーやアタッチメントを使い、食材の食感をやや残すみじん切りが良いでしょう。

 

手作りの離乳食にこだわりたい方は、調理を簡単にしてくれるブレンダーがおすすめです。

ミキサーよりもブレンダーを選ぶ理由は?

ミキサーの長所は、食材の量が多くても細かく滑らかにつぶして混ぜることができる点はブレンダーよりも優秀と言えます。一方でミキサーと比較してブレンダーならではの強みもあります

 

ここではブレンダーの優れたポイントを紹介しますので、ミキサーとブレンダーのどちらにするかでお悩みの方は参考にしてくださいね。

ミキサーよりも洗いやすく手間がかからない

ミキサーは使用後、液状もしくは細かくなった食材を綺麗に洗い流すために、ジャーベースやパッキンなど各パーツごとに分けることが推奨されます。そのため日常の家事の中では面倒に感じられ、調理器具として定着しないという話もよく聞かれます。

 

ブレンダーは、主に活躍するブレンダー本体のシャフト部分は、食器用中性洗剤を混ぜた水の中で攪拌した後、水洗いするだけで完了です。ミキサー使用時の半分以下の労力でお手入れができるのは嬉しいですね。

ミキサーよりも場所を取らない&大きく重くない

スティック形状のブレンダー本体は、ミキサーと比較してもコンパクトで軽く、収納場所のスペース消費が少なく済みます。立て掛けておくことも寝かせておくこともできるので、購入したてで使用頻度がまだわからない時でも、置き場所に困らないのが良いですね。

ブレンダーを選ぶ時のポイント

ブレンダーにも様々な種類があり、どれを選んだら良いのか迷ってしまいすよね?

ここでは、ブレンダーを選ぶ時のポイントについて説明しますので、是非ブレンダー選びの基準にしてみてください。

パワー

ブレンダーで短時間で調理を済ませるためには、パワーのあるモデルを選ぶことが重要です。ブレンダーのスペックを見て、回転数や消費電力の大きいものが一つの判断基準になるでしょう。

使いやすさ

調理のしやすさとしてブレンダーを手に持った時の感触が良いものを選びたいですよね。ブレンダーの重さやスイッチの種類はスペックやメーカー公式サイトの商品紹介ページで確認することができます。

 

その他、ブレンダーの握りやすさや使用時の振動や音の大きさなどは、レビューなどを参考にしたり家電量販店で実物をチェックすると良いでしょう。

洗いやすさ、メンテナンス

日々の料理の中で、調理後の洗いやすさや片付けやすさも重要ですよね。ブレンダーの各パーツの取り外しが簡単で洗いやすく、収納しやすいものを選びと良いでしょう。

アタッチメントの種類

アタッチメントや付属品の種類が多ければ、食材に対して「つぶす・混ぜる」といった操作だけではなく、「きざむ」「スライス」「泡立てる」など様々な下ごしらえが可能になります。

 

一方でアタッチメントや付属品の数が増えるほどに、収納場所に悩む可能性が高くなるので、様々なセット商品の中から必要だと思うものを選ぶと良いでしょう。

 

また、メーカーによってはブレンダー単体の他に付属品を別売りしているケースもありますので、とりあえずブレンダーだけで買って、後から追加購入していくこともできます

安全性

誤作動によってブレードでケガをしてしまうのを防ぐためのロック機能を設けているモデルもあります。お子様が触っている時や、アタッチメント付け替え時にも安心な機能ですね。

 

また、誤った使用で各アタッチメントの能力を超えて負荷がかかった場合に自動停止する機能をもっている場合もありますので、選ぶ際には是非チェックしてみてくださいね。

コードレス

コードを気にかけながら調理を進めていくのがストレスに感じる場合には、コードレスのブレンダーがおすすめです。コードレスの製品自体は少ないですが、便利で使い勝手の良さが増すので、選択肢の候補に入れてみてはいかがでしょうか。

ブレンダーの最強おすすめ10選

ブレンダーのおすすめ機種を紹介します。人気メーカーのBRAUNやCuisinartはもちろん、様々なメーカーの売れ筋機種をピックアップ。それぞれの機種で食材に対してできることや、パワーに違いがありますので、比較しながら参考にしてみてください。

DeLonghi (デロンギ)

ハンドブレンダー MQ700

価格:7,580円(税込)

スピード調整で食材の細かさをコントロールできるブレンダー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スピード調整がボタンを押す強さで直感的に調節できるスマートスピードテクノロジー搭載のブレンダーです。弱めに押すと食材の感触が残るくらいの細かさに、強めに押すと滑らかに、ブレンダーだけで様々な食感のアレンジが可能です。

 

MQ700では、ブレンダー単品でチョッパーや泡立て器はありません。そのため離乳食作りを目的する方やとりあえずブレンダーを始めてみたい方におすすめの商品と言えます。

メーカー ブラウン(BRAUN) 商品名 マルチクイック7 MQ700
回転数 ブレンダー使用時:13600回/分 定格時間 ブレンダー使用時:1分
消費電力 400W コード長 1.2m
機能 つぶす・おろす、ジューサー サイズ 70x400x70 mm
重量 0.89 kg
DeLonghi(デロンギ)

ハンドブレンダー マルチクイック7 MQ775

価格:18,466円(税込)

あらゆる下ごしらえを可能にするブレンダーセット

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

MQ700のブレンダーに、1.5Lのフードプロセッサーと泡立て器が付属したセットになります。400Wのパワフルモーターで人参のせん切りも肉のミンチも可能、さらに付属のこねベラにつけ替えるとパン生地をこねるのも簡単にできます。

 

ブレンダー本体は、セーフティロックがついていて誤作動を防ぐので、成長したお子様と様々な料理を一緒に楽しみたい方にもおすすめのセット商品です。

メーカー ブラウン(BRAUN) 商品名 マルチクイック7 MQ775
回転数 ブレンダー:13600回/分 泡立て器:1040回/分 フードプロセッサー:800回/分 フードプロセッサー(こねベラ使用時):730回/分 定格時間 ブレンダー使用時:1分 泡立て器使用時:2分 フードプロセッサー使用時:2分
消費電力 400W コード長 1.2m
機能 きざむ、つぶす・おろす、スライス・せん切り、泡立てる サイズ 70x400x70 mm
重量 0.89 kg
ブラウン ハウスホールド(Braun Household)

ハンドブレンダー マルチクイック5 MQ535

価格:7,642円(税込)

使用後のお手入れも楽で使い勝手の良いブレンダー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2段階のスピード調節機能でターボ時には食材を滑らかなペースト状に仕上げることの出来るブレンダーです。チョッパー、泡立て器も付属していて、ミートソース作りやオムレツ作りまで調理の幅が広がります。

 

攪拌時に詰まりにくく飛び散らないブラウン独自の技術と、食器洗い機にも対応しており、ブレンダーをスタンダードに活用したい方におすすめです。

メーカー ブラウン(BRAUN) 商品名 マルチクイック5 MQ535
容量 0.5L 回転数 ブレンダー使用時:14000回/分 泡立て器使用時:980回/分 チョッパー使用時:12100回/分
定格時間 ブレンダー使用時:1分 泡立て器使用時:2分 チョッパー使用時:2分 消費電力 350W
コード長 1.2m 機能 きざむ、つぶす・おろす、泡立てる
Cuisinart (クイジナート)

ハンドブレンダー HB-200WJ

価格:7,700円(税込)

コンパクトで高機能で調理の頼もしいパートナーとしておすすめのモデル

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトサイズで軽量、従来機種よりもパワーが向上してスピーディに調理ができるブレンダーです。スピード調整は可変式なので微調整がしやすく、食材の細かさや食感に対してこだわりたい方に使いやすくおすすめすることができます。

 

使用後の洗浄も簡単で、レビューにおいてもブレンダー本体の軽さ、握りやすさ、手入れの簡単さで多くの高評価を獲得しています。

メーカー クイジナート(Cuisinart) 商品名 HB-200WJ
容量 0.8L 回転数 約13000~16000回/分(無負荷時)
定格時間 3分 消費電力 200W
コード長 1.2m 機能 つぶす・おろす、ジューサー
サイズ 57x360x57 mm 重量 0.54kg
Cuisinart (クイジナート)

スマートスティックハンドブレンダー CSB-80JBS

価格:9,801円(税込)

ハイパワーで多様な調理シーンに活躍するブレンダーセット

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ブレンダーを始め、チョッパーや泡立て器をセットし、「生地をこねる」「野菜のせん切り・スライス」など、調理において多岐にわたる活用が可能な機能的な商品です。

 

400Wのモーターでフードプロセッサーに劣らないパワーを持ち、離乳食作りからお菓子作り、毎日の料理などオールマイティなシーンで活躍できるブレンダーと言えます。長期的に使っていきたい方におすすめです。

メーカー クイジナート(Cuisinart) 商品名 CSB-80JBS
容量 1L 回転数 ブレンダー:約12500回/分 チョッパー:約1750回/分 ウィスク:約850回/分
定格時間 30秒(定格消費電力の使用時) 消費電力 400W
コード長 1.5m 機能 きざむ、つぶす・おろす、スライス・せん切り、こねる、ジューサー、泡立てる
貝印(Kai Corporation)

マルチブレンダー DK-5043

価格:10,190円(税込)

収納場所をとらないコンパクトなブレンダーセット

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

見た目にはブレンダー単体のようにも見えますが、複数種類の刃(アタッチメント)の付け替えによって、ジュース、ミンチ、ペースト、ホイップ、ミルなどブレンダーセット同様の多くの機能を備えながらにして、コンパクトにまとめらた商品です。

 

フードプロセッサーや専用カップがないためキッチン回りに置いても場所をとりません。日常的な調理器具の一つとして気軽に活用していきたい方におすすめです。

メーカー 貝印(kai corporation) 商品名 DK-5043
回転数 2段階調整 HI/毎分17,000回転、LO/毎分12,000回転 定格時間 5分
コード長 1.7m[ 機能 まぜす、つぶす、きざむ、砕く、泡立てる
bamix

bamix バーミックス M250 ベーシックセット [ ホワイト ]

価格:34,000円(税込)

実力に裏付けされたハイブランドな一台

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

bamixは、スイスの電気キッチン器具メーカーとして有名で、「ブレンダーならbamix」とファンも多いです。それは単に海外メーカーとしての付加価値だけではなく、10秒でマヨネーズが作れる、ホイップのキメの細かさなど高い機能性に由来しているようです。

 

アタッチメントの付け替えによってで食材に対して、きざむ、おろす、砕くなど多様に働きかけることができ、日々の料理の質を確実に上げていきたい方におすすめです。

メーカー バーミックス(bamix) 商品名 M250
回転数 毎分17000回転(高速)/12000回転(低速)2段切り替え 定格時間 5分
消費電力 250W コード長 1.7m
機能 つぶす、まぜる、きざむ、砕く、泡立てる、
テスコム(TESCOM)

スティックブレンダー THM321-W

価格:3,150円(税込)

機能面と衛生面に優れたコスパの良いブレンダー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ブレンダーとチョッパーのセットで、3000円代とコストパフォーマンスに優れた商品です。熱に強い金属を使用しており、熱湯消毒による手入れもできて衛生面においても安心できるでしょう。

 

価格が安い一方で、レビューでは扱い方はコツが必要で、ブレンダーに負荷をかけないよう手早く作業する必要があるようです。初心者の方よりも、ある程度ブレンダーを使い慣れている方が買い替えるのにおすすめできる商品でしょう。

メーカー テスコム(TESCOM) 商品名 THM321
容量 0.5L 回転数 ブレンダー使用時:12500回/分 チョッパー使用時:2800回/分
定格時間 1分(1分動作後は30分休止) 消費電力 150W
コード長 1.7m 機能 きざむ、つぶす・おろす
サイズ 高さ336×幅52×奥行き60mm 重量 550g
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

ハンドブレンダー IHB-601-W

価格:3,606円(税込)

お手頃価格でブレンダーを体験するのにおすすめのモデル

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

付属のカップはフレッシュジュースを作る時に活躍するだけではなく、ブレンダー使用後には収納ケースとしての役割をもつ低価格でお手軽なブレンダーです。速さ調整ができ、つぶす・おろすといった基本的な機能性についてもユーザーの満足度は高いようです。

 

離乳食作りに向いていることはもちろん、レビューでも評価が高いことから、初めての方がブレンダーの良さを体験する最初の1台目としても良いですね。

メーカー アイリスオーヤマ 商品名 IHB-601
定格時間 1分(1分運転後は30分休止) 消費電力 200W
コード長 1.7m 機能 つぶす・おろす、ジューサー
重量 0.6kg
イデアインターナショナル

マルチスティックブレンダー BOE034-PK

価格:6,578円(税込)

多機能で低価格なお試しブレンダーセット

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ブレンダーにチョッパーや泡立て器を付属して、「つぶす・まぜる・おろす・きざむ・泡立てる」と多機能に使用することができての低価格。ポタージュやソース作り、肉のミンチやクラッシュアイスを作ることもできます。

 

コストパフォーマンスに優れた商品で、ブレンダーのセットに興味があるけれど長く使っていけるか心配な方にも試しやすいブレンダーと言えるでしょう。

メーカー ブルーノ(BRUNO) 商品名 BOE034
消費電力 200W 機能 きざむ、つぶす・おろす、泡立てる
サイズ 幅63 × 高365 × 奥68 mm 重量 570g

ブレンダーで鍋が傷つくことはない?

ブレンダーはご家庭のボールや鍋といった器に直接使用することができますが、使用方法を誤ると器に傷をつけてしまうことがあります。気をつけなければいけないことは下の2つの項目です。

 

  1. アタッチメントの刃を奥までしっかりセットする。(セットが浅いと刃がガードより飛び出して傷をつけてしまいます。)
  2. ガード部分の金具を器の底で引きずらないようにする。

 

各メーカーでは、こういったブレンダーに関わる疑問について、機種の特性を含めて具体的に解説している場合もありますのでぜひご確認ください。

ブレンダーを使わなくなる理由とは。上手に使い続けるには?

購入して結局使わなくなる家電製品の一つにブレンダーが挙げられることがよくあります。その理由で、多いものとしては「出し入れが面倒」という声が見られます。

 

収納場所として目につきやすいところに置いておくのと、棚の奥にしまっておくのとで「出し入れの手間」の負担が異なり、使用頻度は変わってくるでしょう。レビューサイトでも、「すぐ使えるところに出しておいた方が良い」という声がよく見られます。

 

また、離乳食作りに購入したブレンダーが役目を終えて使わなくなるという理由もあります。インターネット上には様々な活用レシピがありますので、日常の調理を簡単かつ華やかにするアイテムとして活用していけると良いですね。

ブレンダーを活用して便利で豊かな生活を!

ブレンダーは、一人暮らしの方の時短アイテムとしても、離乳食作りにも、日々の料理の質を上げるサポーターとしても活躍できる調理家電です。自分にニーズに合ったブレンダーに出会い、健康的で楽しい食生活を送れるといいですね!