豆乳や離乳食もつくれるスープメーカー!おすすめ人気10選を紹介!

美味しいスープを作るには手間がかかりますよね。スープメーカーを使えば手間をかけず簡単に美味しいスープがつくれます。メーカーや種類が多くどのスープメーカーを選べばいいか迷ってしまうという方に向けて、選び方とおすすめ商品をご紹介します。

2020/10/29 更新

スープメーカーは材料を入れてスイッチを押すだけで簡単にポタージュスープや野菜スープが作れてしまう、忙しい方やお料理が苦手な方に嬉しいアイテムです。また、時短だけではなく野菜を使うことで、栄養バランスの整った食事が摂りやすくなります。

 

「スープを簡単に作れるだけでしょ?」とお考えの方も多いかもしれませんが、実は一口にスープメーカーと言っても、お粥や離乳食が作れる機種や豆乳が作れる機種などさまざまな製品が販売されています。

 

ここではそんなスープメーカーの魅力やレシピ、購入する際のチェックポイントをご案内していきます。さらに、スープメーカーのおすすめの商品もご紹介しますのでぜご覧になってみてください。

今すぐ見る!おすすめスープメーカー10選

スープメーカーはポタージュや野菜スープだけでなく、おかゆや味噌汁、甘酒など幅広い料理が手間いらずで作れます。通常の作り方だと材料を刻み鍋に入れ煮込むという工程ですが、スープメーカーを使えば材料を入れスイッチを入れるだけでOK。

 

お粥モードがあるスープメーカーなら離乳食も作ることができるので、赤ちゃんから目が離せないとおいうお母さんにもおすすめです

スープメーカーで人気なのがコイズミの「ビタリエ」です。ボタンを押すだけで、本格的なスープから豆乳まで幅広く対応。加熱から混ぜるまでの工程をすべてスープメーカーが自動で調理してくれるので、忙しい毎日を送っている方や一人暮らしの方にもおすすめです。

 

コースによって所要時間は異なるものの、20分~30分で美味しいスープやお粥が完成するという手軽さが魅力。付属のレシピブックを参考にすれば、料理のレパートリーも増えますよ。自分で作るには難しいレシピも、自動調理してくれるので失敗なく作ることができます。

 

また、使いやすさだけでなくお手入れが楽なことも人気の理由の一つです。ビタリエは、ガラス容器の取外しが簡単で、パーツを分解できるのでお手入れのしやすさも魅力。後片付けも簡単で、ストレスなく使えるなどメリットがたくさんあります。

コイズミのスープメーカーを使ったレシピをご紹介!

いろいろな料理が簡単につくれるコイズミのスープメーカー「ビタリエ」。ここでは主なスープ料理のレシピを紹介します。

スイートコーンのポタージュ

材料(4人分)

  • とうもろこしの缶詰:250g(ホールタイプ)
  • タマネギ:150g
  • 水:400ml
  • 洋風スープの素:小さじ2
  • 生クリーム:30ml
  • 塩:少々
  • クルトン:適量

 

材料を用意して「ポタージュ」と書いてあるボタンを押すだけでOK。加熱とミキサー運転まで所要時間30分を自動で調理してくれます。とうもろこしの缶詰は、クリームタイプを選ぶと沈殿してしまい加熱にムラが出る可能性がありますので、ホールタイプを使ってくださいね。

 

生クリームと塩は、調理が完了してから入れましょう。クルトンはお好みで入れても入れなくてもOKですが、アクセントになるので入れたほうが美味しくいただけますよ。彩りでパセリをちらしてもいいでしょう。かぼちゃやじゃがいもでのアレンジもおすすめです。

ふんわりたまご粥

材料(4人分)

  • お米:120ml
  • 水:600ml
  • 溶き卵:1個分
  • 青ネギ:適量

 

お粥を作りたいときは、お米を水を入れて「おかゆ」コースを押すだけです。自動調理後にお好みでミキサー運転をして硬さを調整できます。お米は研いでから1時間水に浸しておきましょう。溶き卵は自動調理が終わるタイミングで入れると、ふんわりと仕上がりますよ。

 

お好みで青ネギをちらしてくださいね。ボタンを押してから30分すると美味しいたまご粥の完成です。たまご粥は消化が良いので、朝食や夜食にもおすすめ。体調が悪いときやお腹に優しい食事を食べたいときに作ってみてください。

根菜たっぷりのお味噌汁 

材料(4人分)

  • 大根:150g
  • 人参:100g
  • ゴボウ:100g
  • 水:450ml
  • 和風だしの素:小さじ1
  • 味噌:適量
  • ネギ:適量

 

味噌汁は「スープ・お好み」コースを使いましょう。材料を切ってスープメーカーに入れたら後はボタンを押すだけです。お好みでミキサー運転をしてもいいでしょう。大根は皮を向き2cm角に、人参とゴボウは皮を向き1cm角に切っておきます。

 

味噌とネギは出来上がり後に加えます。味噌をそのまま入れると溶け切らない可能性があるからです。完成後にスープを別容器に取りその中で溶かしてから戻し入れてください。根菜は旨味が多く具だくさんにすると立派なおかずになります。野菜から出汁が出るので、塩分が気になる方はお味噌を少なめにしてみてくださいね。

スープメーカーはタンク容量や搭載されている機能によって使い勝手が変わります。スープだけでいいならシンプル機能のモデルを、お粥や豆乳など他のメニューも活用したいなら多機能なモデルを選びましょう。

 

選ぶ際にチェックしたいポイントは、容量・機能・洗いやすさ・生産国です。ぞれぞれのポイントについて詳しく解説します。

人数に合わせて容量を選ぶ

スープメーカーの容量はメーカーやモデルによっても異なります。1人あたりを約200mlとして、4人家族なら800ml・2人暮らしなら400ml・1人暮らしなら200mlを基準にしましょう。ただし一般的に流通している容量は600ml~800mlです。

 

スープメーカーは最低調理量が決まっているものもあるため、1人暮らしの家庭で800mlサイズを購入した場合、毎回800mlずつ作らなければいけないという可能性もあります。多めに作って食べ切れるならいいのですが、食べきれない場合は無駄になってしまうので最低調理量を確認して選びましょう。

 

容量が多いモデルはサイズも大きくなる傾向があります。購入前に使う場所や収納スペースに合ったサイズかどうかも確認してください。付属品がある場合は内部にスッキリまとめて収納できるタイプが便利です。

今すぐ見る!大容量のおすすめスープメーカー

機能性で選ぶ

メーカーや機種による違いはありますが、便利な機能が搭載されていると使い勝手も変わってきます。あると便利なのがお粥・スムージー・豆乳・保温機能です。種類はあまり多くありませんが、タイマー機能があると時間を気にせず調理できて便利ですよ。

 

多機能の方が便利なように思えますが、高性能なほど価格が高くなります。買ったけど結局使わなかったということにならないよう、自分にとって必要な機能があるかどうかもチェックしましょう。

離乳食を作るなら「お粥メニュー」がある機種

お粥コースは離乳食作りにも活用できます。小さいお子さんがいるご家庭では、ゆっくり離乳食を作る時間をとるのがむずかしいこともありますよね。スープメーカーを使えば自動で調理してくれるので、お鍋に付きっきりという手間もなく調理中は他のことに時間を回せますよ。

 

体調を崩したり風邪を引いたりしたときは、食事の支度をするのも大変ですよね。そんなときお粥が作れるスープメーカーがあれば、お米と水を入れてスイッチを押すだけなので手軽です。最低調理量が少ないモデルなら、一人暮らしの方にも使いやすいでしょう。

 

お粥メニューでリゾットや芋粥を作れるモデルもあります。白粥だけでは飽きてしまうという方は、お粥のアレンジができるスープメーカーを選びましょう。

今すぐ見る!高性能のおすすめスープメーカー

健康ドリンクを作るなら「スムージー」「豆乳」対応機種

健康や美容のために毎日スムージーを飲んでいるという方にも、スープメーカーをおすすめします。ミキサー機能を搭載したスープメーカーなら、スムージーも簡単に作れますよ。ミキサー機能は、フルーツジュースを作りたいときにも便利です。

 

スープメーカーとミキサーの購入を検討中の方は、スープメーカーにミキサー機能があれば、別途ミキサーを購入する必要もないので節約に繋がるというメリットも。野菜や果物の種類を変えれば毎日違う味を楽しめます。

 

健康と美容を考えて豆乳を飲むという方には、豆乳コースがあるスープメーカーがおすすめです。面倒な手間をかけず簡単に豆乳を作れます。おからも活用できるので食材を無駄なく使えますし、毎日作りたてを飲めるのもポイントです。

今すぐ見る!スムージーが作れるおすすめスープメーカー
今すぐ見る!豆乳が作れるおすすめスープメーカー

温かいまま味わえる「保温機能」搭載機種

スープメーカーは本格的なスープを自宅で簡単に作れるのがメリットですが、すぐに食べることができないとせっかく作ったスープが冷めてしまいます。保温機能が付いているスープメーカーなら温め直す手間もかかりませんし、すぐに食べることができないときも保温機能が役立ちます。

 

後で温め直すとしても手間がかかりますし、鍋に移し替えて温めるとなると洗い物も増えてしまいますよね。家族の食事タイミングがバラバラというご家庭も、保温機能があると温め直す手間を省けますし、何度も温め直して煮詰まるという失敗もありません。

 

数品のおかずを作ってスープも作りたいという場合は、コンロが足りなくなることも。時間をずらして作ると最初に作った料理が冷めていまいますよね。スープはスープメーカーで作ればコンロでは同時進行で他の料理を作れるので、一斉に食卓に並べられて便利です。

今すぐ見る!保温機能付きのおすすめスープメーカー

忙しい朝に嬉しい「タイマー機能」搭載機種

タイマー付きのモデルは少なく選択肢は限られてしまいますが、スープを作る時間を短縮できますので早起きが苦手な方にもおすすめですよ。忙しい朝も時短になるなどメリットはあります。

 

どの家庭も朝は何かと忙しくてバタバタしてしまいがちですよね。朝はスープが欠かせないというご家庭もあるでしょう。タイマー機能付きのスープメーカーなら、寝る前に材料を入れタイマーをセットしておけば朝には美味しいスープが完成しています。

 

食事の支度をする時間に急用で外出するというようなときも、材料を入れてタイマーをセットすれば後はスープメーカーが調理してくれるので安心です。タイマー機能は、忙しい毎日を送る方にとって心強い味方になってくれるでしょう。

今すぐ見る!タイマー機能付きのおすすめスープメーカー

洗いやすさで選ぶ

スープメーカーは洗やすさも確認してみましょう。自動で調理してくれたり料理のレパートリーが増えたりするメリットがあっても、お手入れしにくいと使うのが億劫になってしまいがちですよね。買ってから失敗だったと後悔しないためにも、お手入れのしやすさは要チェックです。

 

おすすめは、パーツの取り外しが簡単で丸洗いできるタイプです。丸洗いできてもパーツを取り外せないと洗ったつもりでも汚れが落としきれないことがあり、雑菌が繁殖したり悪臭の原因になったりします。錆びにくくニオイ移りしにくいステンレス製を選ぶといいでしょう。

 

素材によっても使い勝手が変わりますので、食洗機に対応していると便利ですが、不可となっている場合は故障する可能性もあるので注意が必要です。ただしお手入れやしやすいものは価格も高めになるので、予算以内で購入できるかどうかもチェックポイントです。

今すぐ見る!お手入れしやすいおすすめスープメーカー

日本製か海外製かで選ぶ

スープメーカーを選ぶポイントで見落としがちなのが生産国です。日本製は安心というイメージがありますが、家族が多く大容量のスープメーカーが欲しいというご家庭には、海外製の方がいい場合も。ただし最低調理量が多めのモデルは一人暮らしには不向きです。

 

海外製を選ぶ場合は、日本語マニュアルがあるかどうかも確認しましょう。使用中に故障する可能性があるので、購入後の保証やサポートの有無も確認しておくと安心です。修理が必要になった場合、海外製だと部品を海外から取り寄せ自分で修理しなければならない可能性もあります。

 

部品があっても取り寄せるまでに時間がかかりますし、製造から時間が経っていると部品がなく買い換えることになる可能性も考えて選びましょう。海外製はスタイリッシュなデザインが多いので、おしゃれなスープメーカーを選びたい方にもおすすめです。

コイズミ(KOIZUMI)

Vitalie(ビタリエ) レッド KSM-1010/R

価格:18,890円 (税込)

ハーフモードで2人分のスープも作れる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1台でスープ・ポタージュ・豆乳・おかゆが作れます。4人分のスープやポタージュを30分という短時間で仕上げてくれますし、自動調理してくれるので手軽です。800mlは4人家族向けの量ですが、ハーフモードを使えば2人分も美味しく調理できます。スープお好みモードを使えば、具材をお好みに合わせてミキサーできるのもポイントです。新パーツを採用したことでガラス容器の取外しが容易になり、お手入れもしやすくなっています。

 

スペック詳細

 

取扱説明書

メーカー コイズミ 商品名 KSM-1010/R
容量 800ml お粥コース あり
豆乳・スムージーコース 豆乳コースあり 重量 3.7kg
小泉成器

コイズミ ゴールド KSM-1020/N

価格:18,364円 (税込)

お手入れが楽

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

野菜をカットしたらスープメーカーに入れるだけで、シェフが作ったような本格的なスープを手軽に作れるのがポイントです。野菜の旨味と栄養を丸ごと摂れるので、健康を考えた食事を心がけたい方におすすめです。少しだけ作りたいときはハーフモードで2人分だけを作ることも可能。豆乳なら20分、10種類の自動モードを使い分ければハンバーグの下ごしらえもできます。煮沸モードは容器をクリーニングできるので、清潔に使いたい方にもおすすめです。

 

スペック詳細

 

取扱説明書

メーカー KSM-1020/N 商品名 KSM-1020/N
容量 800ml お粥コース あり
豆乳・スムージーコース あり 重量 3.7kg
タイガー(TIGER)

IHスーププロセッサー SKX-A100-W

価格:31,800円 (税込)

火力の調整ができる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

IHヒーターを採用しているので、強火から弱火まで火力を調整しながら調理できるのがポイント。強火で加熱し沸騰したら、味が染み込みやすい弱火に切り替え煮込むのでプロ並の味を自宅で簡単に楽しめます。飲むスープと食べるスープ、再加熱の3コースを使い分けられます。温め再加熱は、残ったスープを温め直したいときも鍋に移さず1台で済むので洗い物が増えないのも嬉しいところです。フードプロセッサー機能を搭載しているので、ハンバーグや餃子のタネを作りたいときにも活用できます。

 

スペック詳細

 

取扱説明書

メーカー タイガー 商品名 SKX-A100-W
容量 600ml お粥コース なし
豆乳・スムージーコース なし 重量 3.4kg
TMY(ティーエムワイ)

ヘルシナ FDA-2002WH

価格:13,440円 (税込)

たっぷり作れる大容量

Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スープは食材の食感を残せる「粗目」と、ポタージュを作るときに最適な「なめらか」の2種類を使い分けられます。ミキサー機能を使えばスムージーが作れますし、煮る機能や温野菜を作れる蒸す機能に、温め機能まで搭載されています。容器はプラスティック製なので割れるリスクは低く、洗いやすいのもポイントです。スープは1.2Lまで作れるので4人以上の家族におすすめです。煮るコースなら1.7Lまでたっぷり作れます。

メーカー TMY 商品名 FDA-2002WH
容量 1.2L~1.7L お粥コース あり
豆乳・スムージーコース あり 重量 2.4kg
ドウシシャ(DOSHISHA)

minish スープメーカー 800ml アイボリー DSM-138IV

価格:7,500円 (税込)

4種類のモードを使い分けられる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

容量が800mlのスープメーカーは、3人~4人家族におすすめのサイズです。材料をカットしてスープメーカーに入れたら、後はお好みのコースを選びボタンを押すだけの簡単操作なので機会が苦手な方にも扱いやすいでしょう。煮込み・粉砕・撹拌の3種類を追加い分けられます。投入口が広いので、食材をまな板から直接入れられるのがポイントです。メニューは4種類から選べます。粉砕機能を調整すれば、目の粗さも好みに合わせられますよ。

メーカー ドウシシャ 商品名 DSM-138IV
容量 800ml お粥コース あり
豆乳・スムージーコース スムージー可能 重量 2.37kg
ゼンケン

菜食元気 VS-900B

価格:10,800円 (税込)

ブザーで調理終了を知らせてくれる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1度に900ml作れるスープメーカーは、4人~5人家族におすすめです。上部には折りたたみ式のハンドルが付いており重量2.8kgと持ち運びしやすく、スープメーカーごと食卓に持っていきたいときにも便利。カッター部分にはステンレスを採用しており、ニオイがつきにくくお手入れもしやすいでしょう。メニューは3種類あり、野菜の種類と味付けを変えればスープのバリエーションも広がりますよ。。調理し終わるとブザーで知らせてくれます。

メーカー ゼンケン 商品名 VS-900B
容量 900ml お粥コース あり
豆乳・スムージーコース なし 重量 2.8kg
APIX(アピックス)

豆乳&スープメーカー ASM-294-PK

価格:16,000円 (税込)

多彩な機能が充実

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

調理量が1.3Lとたっぷりサイズというのも魅力です。調理は3つのモードがあり、1台で6種類の料理が作れます。加熱と粉砕を同時にこなすので、料理の時短にもなります。粉砕モードは乾物や茶葉のような乾物を粉砕したいときにも活用できますので、お茶っ葉を粉茶にしたり、煮干しや干し椎茸を粉末にしたいときにも便利。17品のレシピブックが付いています。

 

スペック詳細

 

取扱説明書

メーカー APIX 商品名 ASM-294-PK
容量 1.3L お粥コース あり
豆乳・スムージーコース あり 重量 1.8kg
山本電気

クックマスター Shunsai(旬彩) YE-CM61W

価格:59,800円 (税込)

パワフルで使い勝手がいい

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

モータメーカーが手掛ける、自動車用のファンモータを改良して作ったスープメーカーです。容器とヒーターを一体化させ温度検出センサーが制御するので安心して使えます。パワーがあるので、料理の時短にスープメーカーを取り入れたい方におすすめ。基本的な操作は4つのボタンと、4つのモードの使い分けです。注目すべきはポタージュモードで、高性能モータでしっかりと粉砕するので裏ごししなくてもなめらか菜仕上がりに。

 

スペック詳細

 

取扱説明書

メーカー 山本電気 商品名 YE-CM61W
容量 800ml お粥コース あり
豆乳・スムージーコース 豆乳可能 重量 3.5kg
ツインバード工業(TWINBIRD)

豆乳&スープメーカー KC-D846VO

価格:13,800円 (税込)

濃厚な豆乳を作れる

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自宅で豆乳を作る場合はかなり手間がかかりますが、豆乳&スープメーカーを使えば約30分で10%の高濃度豆乳が完成します。残ったおからも活用できます。食べるスープとなめらかスープの2種類に対応。生の野菜はもちろんのこと、冷凍しておいた野菜も使えるので余った野菜も無駄になりません。パーツは簡単に分解できて食洗機で洗えるので、お手入れが楽なのもポイントです。

 

スペック詳細

 

取扱説明書

メーカー ツインバード 商品名 KC-D846VO
容量 900ml お粥コース なし
豆乳・スムージーコース 豆乳コースあり 重量 3.96kg
CJプライムショッピング

スープメーカー スープクイック AZHS-01

価格:3,280円 (税込)

タイマー機能付きで便利

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1.2Lの大容量サイズは、5人~6人家族や4人家族でもたっぷり作りたい方におすすめです。温度調節と保温と再加熱機能を搭載。注目すべきはスープメーカーでは珍しいタイマー機能がついているところです。寝る前に設定しておけば、朝起きたときには美味しいスープが飲めますよ。回転スピードは5段階あり、使う具材に合わせて調整が可能です。操作はフロント部分のコントロールパネルから、作りたいコースのボタンを押すだけでOKです。

メーカー CJプライムショッピング 商品名 AZHS-01
容量 1.2L お粥コース なし
豆乳・スムージーコース スムージー可能 重量 3.95kg

スープメーカーは自動で美味しいスープを作ってくれるだけでなく、他の料理に使って余った野菜をスープにすれば食材を無駄にせず活用できます。野菜を買っても使い切れずに腐らせてしまうという方は、スープにして冷凍保存をおすすめします。

 

冷凍なら日持ちしますしスープが飲みたいときに温めるだけでいいので、作り置きをして冷凍保存を活用したい方にもおすすめです。機能やコースが充実したモデルは、料理の手間を省いて且つレパートリーが増えるなどメリットがたくさんあります。

 

お粥コースは離乳食にも活用できますし、味噌汁やポタージュなど火を使わずに作れるのでスープメーカーに任せれば時間を有効活用できますよ。忙しい毎日を送る方に最適です。

スープメーカーは料理の時短になるだけでなく、お店のような本格的なスープを自動で作ってくれます。材料を用意してカットしたら後はスープメーカーに入れてボタンを押すだけなので、料理が苦手な方にも楽しく使えますよ。レシピブックを活用して料理のレパートリーを増やしましょう。