AKG(アーカーゲー)のイヤホンのおすすめ【7選】特徴・口コミ・比較・評価

AKG(アーカーゲー)は、世界中の音楽の現場で使われているイヤホンとして有名で、細かい音まで忠実に再現することができます。今回は、AKG(アーカーゲー)のイヤホンを検討している人におすすめの音楽業界で人気のAKGAKG(アーカーゲー)のイヤホン10選を紹介します。

2021/10/21 更新

AKG(アーカーゲー)は、1947年にオーストリアのウィーンで設立された音響メーカーです。設立当初は、ルドルフ・ゲリケ氏とエンジニアであるエルンスト・プレス氏によって映画関連の音楽機器を製造・販売したのがAKG(アーカーゲー)のはじまりです。

 

その後、AKG(アーカーゲー)のマイクとヘッドホンが映画スタジオやレコーディングスタジオ、放送局で使わています。今でも多くのスタジオで使われているのは、昔から高性能で、音楽現場で使われることが多かったからです。

 

低音域から高音域までどの音域でも忠実に再現することができるので、原音を大切にするプロの現場で使用されています。音質にこだわりたい人やプロ仕様のイヤホンがほしいのであれば、AKG(アーカーゲー)のイヤホンを購入することをおすすめします。

ドライバーの数で選ぶ

AKG(アーカーゲー)のイヤホンは、各音域によって搭載しているドライバーが違うのが特徴です。「ハイブリッド型」と「デュアル・ダイナミック型」があります。それぞれの特徴を解説します。

ハイブリッド型

AKG(アーカーゲー)は、ドライバーユニットを最大で5基搭載しているイヤホンがあります。5基搭載しているイヤホンは、ダイナミックドライバー型が1基とバランスドアーマチュアドライバー型を4基搭載しています。

 

それぞれの音域で最適なドライバーユニットの特性を生かすことで、スタジオサウンドをそのまま忠実に表現することができるのが特徴です。

デュアル・ダイナミック型

デュアルダイナミック型は、2基のダイナミックドライバーを採用しているイヤホンのことをいいます。そのままダイナミックドライバーを搭載するとイヤホン本体が大きくなるので、アングルド・イヤチップ構造を採用しています。

 

アングルド・イヤチップ構造により、本体の大きさが気にならないようにしているのもポイントです。

素材で選ぶ

AKG(アーカーゲー)は、イヤホンの素材にこだわりがあります。良質な素材を使うことで、振動を抑えることができ、高音質なイヤホンを作ることができます。音質の劣化を防ぐためにも精度の高いパーツを使いことが重要です。

アルミニウム素材

リーズナブルに購入することができるイヤホンから、中級機イヤホンのケースの素材として使われることが多いのが、アルミニウム素材です。アルミニウムは剛性があるので、不要な振動を抑制することで、搭載されているドライバーの性能を引き出すことができます。

 

イヤホンの見た目にも関わってくるのが、イヤホンに使用している素材です。見た目やデザインにこだわりたい人は気にしてみてください。

セラミック素材

高級モデルには、イヤホンの素材にセラミックを使用しているモデルもあります。セラミックを使用しているので、上質な見た目で、普段使いをする以外にも、ビジネスシーンで利用することも可能です。

 

購入するイヤホンの価格帯により、素材は異なりますが、高級感のあるイヤホンを探している人におすすめです。

ステンレス素材

一部の高級イヤホンに使用されているのが、ステンレス素材です。ステンレス素材の特徴は、耐久性があることと、精度の高いパーツを作ることができます。アルミニウムとセラミックよりも振動を抑えることができるのがステンレスの強みです。

 

さらに上位機種では、主要なパーツ全てにステンレスを使用しています。

接続方法で選ぶ

AKG(アーカーゲー)には、「ワイヤレスモデル」と「有線モデル」から選ぶことができます。どちらのモデルも他のメーカーにはない技術を搭載することで、不満を感じることのない完成度となっています。

ワイヤレスモデル

AKG(アーカーゲー)のワイヤレスモデルの特徴は、ワイヤレスモデルの弱点であるタイムラグを減らすことができることです。有線モデルに比べるとまだまだ時間差で音楽が鳴っていると感じることがありますが、AACにより、快適に音楽を楽しめます。

 

他のメーカーでワイヤレスモデルを検討していた人は、ぜひAKG(アーカーゲー)のワイヤレスモデルを視聴してみてください。

有線モデル

AKG(アーカーゲー)の有線モデルには、ミニプラグに対応しているモデルとLightningケーブルに対応するモデルの2つがあります。Lightningケーブルは、iPhoneやApple製品にしか対応しないので、購入時には注意してください。

 

高級モデルの多くで有線モデルを採用しているくらい、ワイヤレスよりも気軽に良質な音楽を楽しむことができます。

価格で選ぶ

AKG(アーカーゲー)のイヤホンは、エントリーモデルの10,000円以下のイヤホンから100,000円以上するハイエンドモデルのイヤホンまで多くの種類から選ぶことができます。はじめてイヤホンを購入するのであれば、エントリーモデルでも十分音の違いを感じることができます。

 

しかし、ある程度良いイヤホンを購入したいと考えているのであれば、中級機以上のモデルがおすすめです。価格別に特徴を紹介します。

1万円未満のイヤホン

エントリーモデルであれば、リーズナブルな価格で購入することができるのもAKG(アーカーゲー)のイヤホンの特徴です。さらに低価格でも完成されたイヤホンとなっているので、多くの人が利用しているモデルもあります。

 

AKG(アーカーゲー) Y23Uは、コンパクトモデルとして使っている人も多く、イヤホンの重さが1gしかない軽量モデルです。1万円未満のモデルでも高機能なイヤホンを見つけることができます。

5万円未満のイヤホン

AKG(アーカーゲー)の5万円未満の価格のイヤホンは、中級機以上のモデルを購入することができます。5万円未満の価格のイヤホンを購入すると、ハイレゾ音源に対応しているのが特徴です。高音域を重視したいのであれば、中級機以上のモデルを購入することをおすすめします。

10万円以上のイヤホン

AKG(アーカーゲー)で10万円以上の価格のイヤホンは、2種類しかありません。K3003とK3003iの違いはリモコンが付いているか付いていないかです。AKG(アーカーゲー)の技術の全てを感じることができるので、一度聞いたらいつも使っているイヤホンに戻ることができません。

 

広々とした空間を表現することができ、高音質をバランスよく感じることができます。

AKG

AKG N5005 イヤホン Bluetooth対応/カナル型/ハイレゾ対応/ケーブル着脱式 ピアノブラック AKGN5005BLKJP 【国内正規品/メーカー2年保証付き】

価格:82,428円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AKG(アーカーゲー) N5005は、究極のサウンドを体験することができるイヤホンです。ドライバーには、ハイレゾ対応5ハイブリッドドライバーを採用しています。中高音域用にバランスド・アーマチュア・ドライバーを4基、低音域用にダイナミック・ドライバーを1基、合計で5基搭載しています。

 

さらに、チューニングフィルターを採用しているので、簡単に自分好みのサウンドにカスタマイズすることができます。聴く音楽によってフィルターを変えることにより、好みの音域を強調できます。

 

他にも専用のキャリングケースが付属しています。キャリングケースの中には、使用する環境に合わせて変更することができるケーブルが入っています。AKG(アーカーゲー) N5005を購入するだけで満足できる内容となっています。

AKG

AKG N200 WIRELESS Bluetoothイヤホン カナル型/AAC/apt-X対応/3ボタンリモコン/通話マイク付き ブラック AKGN200BTBLK 【国内正規品/メーカー保証1年付き】

価格:14,463円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AKG(アーカーゲー) N200はAKGではじめてBluetooth専用のカナル型イヤホンとして発売されたモデルです。ACCとapt-Xに対応しているので、データ送信時にタイムラグが少ないのとデータ圧縮が小さくてもAKGのハイクオリティサウンドを体感できます。

 

長時間使用する場合でも、最大で8時間使えます。長距離の移動時や通勤通学のときにも時間を気にすることなく使用できます。イヤホン部分にマグネットを内蔵しているので、片付けるときにもコードが絡まることもありません。

 

ワイヤレスイヤホンは音が遅れたり、途切れるから購入を考えていた人にもおすすめしたいのが、AKG(アーカーゲー) N200です。

AKG

AKG N25 イヤホン カナル型/ハイレゾ対応 ブラック AKGN25BLK 【国内正規品】

価格:24,800円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AKG(アーカーゲー) N25は、AKG(アーカーゲー)ではじめてデュアル・ダイナミック・ドライバー方式を搭載した採用したカナルイヤホンです。中音域と低音域にそれぞれダイナミック・ドライバーを搭載しているので、広い音域で高音質な音を表現できます。

 

新設計されたアングルド・イヤチップ構造は、ドライバーを2基搭載しているのですがイヤホンの大きさが気にならないように考えられています。装着感と遮音性にも優れたイヤホンとして完成されたデザインとなっています。

 

もちろん、ハイレゾに対応しているので、すでにハイレゾ音源対応の音楽機器を持っている人にも、これkらハイレゾを聞いてみようかと考えている人にもおすすめのイヤホンです。

AKG

【AKG公式ストア】AKG ワイヤレス スポーツヘッドホン N200A WIRELESS Bluetooth 防水 IPX7 AAC SBC 対応 AKGN200ABT (ブラック)

価格:17,380円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AKG(アーカーゲー) N200Aは、IPX7の防水性能があります。どんな環境でも安心して使うことができ、反射素材を使用しているので、夜に使用する場合でも安全性に考慮したモデルとなっています。イヤホン自体の重さも軽量です。

 

便利な機能として、マルチポイント機能があります。Bluetoothで2台同時に接続できます。音楽再生機器とスマホを持ち歩きたい人におすすめの機能です。1台は音楽の再生に使用して、もう1台は電話の待ち受けに使えます。

 

イヤホンにはイヤーフックもついているので、装着感を気にする人も安心して使えます。もちろん、Bluetoothですが、音の遅延がないようにACCとapt-Xに対応しています。

エー・ケー・ジー

N30 [サテンシルバー]

価格:17,200円 (税込)

耳掛け式で装着感・密閉度が◎ジャンルを問わず楽しめるイヤホン

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は、エー・ケー・ジーより発売されている装着強度や密閉度が向上した耳掛け式ケーブルのイヤホンです。2ウェイハイブリッド型のハイレゾに対応しており、高音質な音楽をお楽しみいただけます。また、ジャンルや接続機器にあわせて音質の調整が行えるのもポイントです。

そのため、さまざまなデバイスやジャンルを扱う方にピッタリですよ。中高音域には上位モデルと同じドライバーを、低音域には新開発の8mm径ダイナミック・ドライバーを搭載しているため、低音から高音まで余すことなく堪能したい方にもうってつけ。さらに、装着感もよくズレ落ちのストレスなく音楽を聴きたい方におすすめです。
タイプ カナル型 接続タイプ 有線(ワイヤード)
装着方式 両耳 構造 密閉型(クローズド)
駆動方式 ハイブリッド型(ダイナミック型+バランスド・アーマチュア型) 音圧感度 【dB】 86 dB
再生周波数帯域 20Hz〜40kHz Bluetoothバージョン
対応コーデック  ノイズキャンセリング 
ハイレゾ  防水・防塵性能 
サラウンド  重量【g】 19.5 g

AKG(アーカーゲー) N30は、2ウェイ・ハイブリッド方式を採用しています。高音域には、上位モデルに使用されているドライバーを採用し、低音域には新たに開発されたドライバーを採用することにより、バランスの良い音を表現できます。

 

さらに、ケーブルが着脱することができる接続コネクタにMMCX端子を採用しているので、カスタマイズできて、ケーブルが断線したときにはケーブルを変えることで長い間使うことも可能です。

 

メカニカル・チューニング・フィルターも2種類付属しているので、好みの音質に変更できます。2万円台のイヤホンですが、上位機種にも負けない高性能なイヤホンとなっています。

APマーケット

AKG N20U イヤホン カナル型 マイク リモコン 付き シルバー N20USLV iOS iPhone Android アーカーゲー エーケージー (F)

価格:8,580円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AKG(アーカーゲー) N20Uは、AKGのイヤホンの中では、リーズナブルに購入することができるイヤホンです。イヤホン本体には、アルミニウム合金を使用しアルマイト処理を行なっているので、価格以上に高級感があります。

 

アングルド・イヤチップ構造を採用しているので、上位機種と同じように装着感にも優れています。ドライバーには、高性能7mm径ダイナミックドライバーを採用し、ベンチレーション・システムの効果で空間を感じることができる音を表現します。

 

リモコンにはマイクも付属しているので、音楽を聴いているときに電話がかかってきたときには、通話をすることもできます。AppleにもAndroidにも対応しています。

AKG

AKG K3003 イヤホン カナル型 K3003 【国内正規品】

価格:131,300円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AKG(アーカーゲー) K3003は、イヤホンなのにヘッドホンで音楽を聴いているかのような最高級の音楽を体験できます。低音にダイナミック型ドライバーを搭載し、中音、高音にバランスド・アーマチュア型を1基ずつ、合計3基のドライバーユニットを搭載しています。

 

イヤホンに使用している素材は、高精度のステンレスを使用しています。振動による劣化を防ぐことができるので、長い間最高級の音を楽しめます。ハイエンドモデルだからこそ体感できるサウンドです。

 

イヤホンを出荷時には検査を実施し、検査に合格した証明にシリアルナンバーも一緒に送られてきます。AKG(アーカーゲー)の魅力を感じることができるイヤホンです。

ディーショップワン

【キャッシュレス5%還元対象】AKG Y23U イヤホン カナル型 ホワイト Y23UWHT

価格:5,450円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AKG(アーカーゲー) Y23Uは、AKG(アーカーゲー)カナルイヤホンのエントリーモデルです。エントリーモデルですが、本体重量が1gの軽量モデルですので、多くの人に利用されているイヤホンでもあります。ダイナミックドライバーの大きさも世界最小クラスの5.8mm径となっています。

 

イヤホン自体も小さいので、イヤーチップはXSサイズも付属しています。耳の小さい人にも使えます。遮音性も良いので、音量が小さくてもクリアなサウンドを体感できます。特に、中高音域のクリアなサウンドや低音域のリズムが良いです。

 

リーズナブルな価格で、カラーバリエーションも4色から選ぶことができるので、イヤホンをはじめて購入する人にもおすすめです。

AKG

AKG N20LT イヤホン カナル型/Lightning ブラック AKGN20LTBLK 【国内正規品】

価格:14,800円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AKG(アーカーゲー) N20LTは、Appleのデバイス専用に開発されたイヤホンです。接続端子はLightningケーブルとなっています。Lightningケーブルを採用しているので、使用するデバイスから出力される音をデータをもとに忠実に再現できます。

 

また、ケーブルはハイブリッド・シースを採用しています。ケーブルの場所によって布製被覆やラバー被覆を行うことで、柔軟性が高く断線しづらく工夫されていたり、衣類との摩擦を防ぐことができます。

 

ワイヤレスで接続できるイヤホンが増えていますが、Lightningケーブルで接続することで、使い勝手も良く、音を忠実に再現することが可能です。

AKG

AKG K3003 i イヤホン [並行輸入品]

価格:107,256円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AKG(アーカーゲー) K3003iはAKGの最高級モデルである、K3003にリモコンがついたモデルとなります。リモコンがついているので、屋外で使用するとにも使い勝手の良いイヤホンです。自宅以外でも使用することが多いのであれば、リモコンがついているK3003iがおすすめです。

 

ハイブリッドタイプやファルター交換ができるイヤホンは、AKG(アーカーゲー) K3003iが登場したときには珍しい高機能でした。今では多くのメーカーが採用していますが、最初に採用したイヤホンの音を体感してみてください。

 

安いイヤホンでは決して表現することができないサウンドは、一度聴いたら病みつきになります。高級イヤホンの購入を検討している人におすすめしたいイヤホンです。

ハイレゾとは

ハイレゾ音源では、CD音源に入りきれなかった音を表現することができます。音の太さや繊細さ奥行きなど、生の音でしか再現することができない音も表現することが可能です。ハイレゾ音源では、CDの6.5倍の情報を再現することができます。

 

ライブの空気感や、ボーカルの息遣いまで表現できます。今までよりも高音域な音楽を楽しみたい人におすすめです。

AKG(アーカーゲー)のハイレゾ音源とは

AKG(アーカーゲー)は有線モデルでハイレゾに対応しているイヤホンは多いですが、ワイヤレスモデルでは対応していません。しかし、これからはワイヤレスの時代です。ハイレゾ音源も「ハイレゾワイヤレス」として開発を行なっている段階です。

 

AKG(アーカーゲー)はサムスングループの傘下にあり、世界最高レベルのワイヤレス技術を持っています。今後は、ワイヤレスハイレゾの完成を目指して開発するようです。AKG(アーカーゲー)の独自技術である、TWS Plusのように最高級ワイヤレスイヤホンの登場を待ちましょう。

 

ワイヤレスイヤホンでハイレゾに対応しているものはまだまだありませんが、有線モデルであれば、ハイレゾ音源を楽しめます。これからイヤホンを購入するのであれば、AKG(アーカーゲー)のハイレゾに対応しているイヤホンがおすすめです。

AKG(アーカーゲー)のイヤホンは、リーズナブルに購入することができる機種から高級機種と価格の幅が広いのが特徴です。イヤホン初心者から音にこだわりたい上級者まで、要望にあったイヤホンを見つけることができます。

 

また、ワイヤレスのマルチポイント機能として、Bluetoothを2台つなげることができたり、最新技術を搭載していることが多いです。使用しているイヤホンに不満があるのであれば、不満を解決することができる最新イヤホンをAKGで見つけることができるかもしれません。

 

本格的に音を表現することができるイヤホンを探しているのであれば、音楽の現場でも愛されているAKG(アーカーゲー)のイヤホンを購入してみてはいかがでしょうか。