有機elテレビのおすすめメーカー大特集【特徴や口コミ・評判は?】

おすすめの有機elテレビメーカーは?メリットやデメリットはもちろん、他の種類のテレビとの比較や選び方、評判や意外な欠点までを徹底的に解説したうえで、おすすめできるメーカや商品のランキングを紹介していきます。自分にぴったりなものがきっと見つかります。

おすすめの記事

▶︎【2020年完全版】テレビの最強おすすめ特集【5選】

進化した技術の有機elテレビ

有機elテレビとは、細かいパネルの点灯コントロールや再現性の高い色彩などで、美しい映像を楽しむことができる進化したテレビです。それまでのテレビから進化した技術で、仕組みが作られています。

有機elテレビと液晶テレビの違い

有機elテレビとは、新たな技術で作られた次世代型のテレビであるため、従来の液晶テレビとは異なった点がいくつか存在します。

バックライトと放電スペースが必要ない

有機elテレビは液晶テレビとは異なり、ディスプレイ自体が光るような仕組みになっています。そのため、バックライトと放電スペースは必要なくパネルを薄くするのに成功したのです。また、薄くなっているため重さも当然より軽くなっています。ですから、今まで通りテレビ台の上にセットするのはもちろん、落下の心配もせずに気軽に壁掛けもできます。

美しい黒色の表現

ディスプレイ自体が発行するので、黒色がぼやけにくく、くっきりと画面に映ります。そのため、他の色彩とのコントラストも液晶テレビより美しくなります。また、画像の立体感や奥行きなどもよりはっきりと映せるようになりました。

有機elテレビの意外な欠点

値段が高い

有機elテレビは最安値のモデルでも17万円台の値段になるので、普通の液晶テレビよりも高価です。ですから、いざ買うとなるとそれなりの出費と覚悟が必要になると考えてください。

 

ですが、現在は中国や韓国のメーカーが億規模の投資を行っているなどの状況があり、価格は少しずつ下がってきています。さらに今後は、いろいろな企業が有機elテレビの販売を行うようになるかと思います。そうなると価格はさらに下降するでしょう。現在の液晶テレビと遜色ない水準で購入できる日も来るかもしれません。

寿命が短い

有機elテレビは、従来の液晶テレビの寿命より短くなっています。液晶テレビの寿命がだいたい6万時間であるのに対して、有機elテレビの寿命はだいたい3万時間となっています。比較してみると寿命は液晶テレビの半分程度になっています。とはいっても一日6時間の使用で計算してみても、約12~13年間の使用ができることになります。

 

また、韓国のメーカーで有機elテレビを販売しているLG社は「10万時間を過ぎると、発光量が徐々に減少していく」と主張しており、長寿命化が進んでいます。家庭での使用ならば寿命が気になることはないでしょう。

消費電力が大きい

現在発売されているものを比べると、液晶テレビはブラビアが181Wであるのに対して、有機elテレビは370Wになっています。また、年間の消費電力で比べると、43%の差になってしまいます。ただスマホ向けの小型ディスプレイでは、液晶テレビよりも低消費電力を実現しているため、技術の発達が進めば、いずれは液晶テレビよりもはるかに低消費電力で使える日も来ると思います。

大きめのサイズしかない

現在発売されている有機elテレビは、最低サイズが55インチになっており、大きなサイズしかありません。55インチは8畳程度の広さの部屋で、1m以上離れて視聴するのに適したサイズとなっています。それほど広くない部屋で購入してしまうと、余計にスペースをとり日々の生活の邪魔になってしまいます。

 

また狭い部屋で、適切でないサイズの有機elテレビを購入してしまうと、目や肩の疲労につながってしまいます。有機elテレビを購入するときは、自分の部屋の広さをしっかり考えておきましょう。

 

 

有機elテレビの評判・口コミ

良い評価

良い評価は、「画質は感動ものですし、音質も自分には十分でした」「有機elは動きがある場面でとても綺麗です。風景がだんだんと広がる画像とか液晶と全然違います」「タイムシフトマシンは不要かと思っていたが、使ってみると便利でした」などのものがありました。

 

有機elテレビの画質に感動する評価が多かった印象です。特に、液晶テレビから買い替えた方は画質を高く評価していました。また、タイムシフトマシンは実際に使用してみると、便利で良いみたいです。

悪い評価

悪い評価は、「特に大きな問題はありません。ですが、低音が物足りないと思い、サブウーファーを追加しました。」「こもる感じは少しあるかな?と思います。もともと音質にはあまり期待していなかったので、サウンドバー導入予定です。」などがありました。

 

音質についての低評価が多かったようですね。特に、低音が物足りなかったり、音がこもる感じがするようです。ですが、どうしようもなく気になるというほどではないようなので、音質にそれほどこだわりがない方は問題ないと思います。

有機elテレビの選び方

有機elテレビはいろんなメーカーから複数のものが販売されています。そんな有機elテレビを選ぶにはいくつかのポイントがあるので、紹介していきます。

 

 

自分の視聴距離でサイズを選ぶ

まずは、自分の視聴距離に適したサイズのテレビを選ぶことが大切です。自分の視聴距離に適さないほど大きなサイズを買ってしまうと、首や肩が凝ってしまいます。逆に、小さすぎると文字が見えずらくなってしまいます。ですから、自分の視聴距離をあらかじめ確認して、自分に適するのものを購入しましょう。

 

サイズ55インチならば視聴距離は205cm、60インチならば視聴距離は224cm、65インチならば視聴距離は242cmになるので、これを参考にしてください。

4K対応のものを選ぶ

4Kとは、画素の密度がそれまでのフルHD(ハイビジョン)の4倍になっているもののことです。ですから、4KはフルHDよりも圧倒的な高画質が可能となるのです。50インチ以下ならフルHDで十分ですが、55インチ以上の有機elテレビでは画像が引き伸ばされて荒く感じてしまうことがあるので、4Kがおすすめです。

 

しかし、有機elテレビの中には4Kに対応していないものもあるため、しっかり確認して4K対応のものを購入するのがいいでしょう。せっかく、高画質を求めて有機elテレビを購入しようとしているのに、4Kに対応していないのはもったいないです。

チューナーの数が多いものを選ぶ

チューナーはテレビの電波を受信するための装置です。チューナーが1つしかないテレビでは1つの番組しか見ることができませんが、チューナーが2つあれば1つの番組を見ながら、もう1つのチューナーで受信した番組を録画することができます。チューナーの数がさらに増えると、さらに多くの番組を予約することができます。

 

2つ、3つの番組を1度に予約して楽しみたい方は、チューナーが多く搭載されているものを購入することをおすすめします。

倍速駆動機能がついているものを選ぶ

倍速駆動機能があると、スピードのある映像をより綺麗に見ることができます。現在の液晶テレビでは、1秒間に60コマの画像をつなぎ映像にして映し出す仕組みになっています。しかし、倍速駆動機能があると、さらに多くのコマを1秒間に作り出し映像にすることで、さらに滑らかにスピードのある映像を仕上げることができます。

 

ですから、スポーツ観戦などが好きな方は倍速駆動機能があると、いままでの液晶テレビ以上に楽しむことができるのでおすすめです。

有機elテレビのおすすめメーカー4選

有機elテレビも、徐々に販売個数が増えて様々なメーカーが出しています。その中でも、特におすすめのメーカーを紹介していきます。

SONY

SONYの有機elテレビは、色の表現力の豊富さやコントラストの美しさが素晴らしいものとなています。それは、「X1 Extreme」という画像処理機能を搭載しており、従来よりも40%も処理スピードがアップしたためです。

 

また、SONYが出しているものの中には77インチという非常に大きなサイズのものもあります。ですから、テレビの画質にこだわりたい方や、大きなサイズのものを求めている方はおすすめです。

パナソニック

パナソニックの有機elテレビは、SONYと若干似ていますが、深みのある黒の表現により生み出される明暗の美しさや、独自のパネル制御技術による美しい映像が特徴になっています。それは、「ヘキサクロマドライブPlus」というエンジンを搭載しているからです。

 

また、独自のチューニングにより、暗い場面でも滑らかな階調表現を可能にしました。ですから、SONYと同様に映像の美しさにこだわりのある方におすすめできるものとなっています。

LG

LGは韓国のメーカーなのですが、有機elテレビを販売しています。最大の特徴は何といっても価格の安さです。海外メーカーということもあり、国内メーカーと比べると低価格で購入することができます。また、ラインナップも豊富にあるので自分の好みのデザインのものを見つけることができると思います。

 

さらに、「有機elレグザオーディオシステム」という機能により、高出力の46Wを可能にしました。ですから、低価格にも関わらず、高音質でテレビを楽しむことができます。有機elテレビが欲しいけど、なるべく安く購入しクオリティーも保ちたい方におすすめできます。

名メーカーのおすすめ商品10選

ここでは、有機elテレビの名メーカーが出しているおすすめ商品をメーカーごとに合計10個紹介していきます。

SONYのおすすめ商品

ソニー(SONY)

有機ELパネル 応テレビBRAVIA KJ-55A8G

価格:196,792円(税込)

高精細が魅力の有機elテレビ

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超解像エンジンの「4K X‐Reality PRO」を搭載しており、テレビ番組はもちろんネット番組もあらゆる映像を高精細な4K画質へアップコンバートすることに成功しました。また、AndoroidTV機能を搭載しており、「Prime Video」「You Tube」などの好きなアプリを追加して楽しむこともできます。

 

さらに、スタンドが目立たない標準スタイルと、サウンドバーをテレビ画面の真下に設置できるサウンドバースタイルの2つのスタイルを選択できるので、好みのスタイルで設置することができます。「画質が確かにいい」という高評価があります。

サイズ55インチ/65インチ推奨部屋サイズ6畳~8畳
画質4K対応倍速機能搭載
チューナー地上2/BS・110度CS2
ソニー(SONY)

有機EL テレビ ブラビア KJ-55A8F 2018年モデル

価格:169,980円(税込)

SONYの技術が美しい色彩を可能にした有機elテレビ

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SONYの技術である4K高画質プロセッサー「X1 Extreme」が深い黒の色彩、点光源、そして繊細な色彩までを正確に表現することができます。また、様々なレイアウトが可能なスリムなデザインであるため、テーブルにセットするのはもちろん壁掛けにもしっかり対応可能です。

 

さらに、画面自体を振動させて高音質を作り出す「アコースティックサーフェス」が搭載されており、映像と音がひとつとなったリアルな映像体験を実現させました。「画質が非常に美しく、ブルーレイ映画の音質も映画館匹敵する」「画面にスピーカーが内蔵されていて、すごく音がいい」などの高評価があります。

サイズ55インチ/65インチ推奨部屋サイズ6畳~8畳
画質4K対応倍速機能搭載
チューナー地上2/BS・110度CS2

SONY KJ-55A8F テレビの評価・レビュー・製品情報・価格比較|ランク王

ソニー(SONY)

有機EL テレビ ブラビア 2019年モデル

価格:403,160円(税込)

映像だけが浮かんで見える究極の没入体験を実現した有機elテレビ

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

深い黒から高輝度映像までを高コントラストで忠実に再現することに成功し、テレビ番組はもちろん、ネット番組まであらゆるコンテンツを美しく見せます。また、別売りのハードディスクをブラビアに接続するだけでテレビ番組を見ながら、裏番組を録画することができる「外付けHDD裏番組録画」が可能になりました。

 

さらに、ベゼルを極限まで細くして正面からスピーカーが見えない構造にすることで映像だけが浮かんで見える究極の没入体験を実現しました。「画質と音質が非常に良い」「黒色が無発光な本物の暗黒だった」「角度があるところから見てても、綺麗に見えて大満足」などの高評価があります。

サイズ55インチ/65インチ/77インチ推奨部屋サイズ8畳以上
画質4K対応倍速機能搭載
チューナー地上2/BS・110度CS2

パナソニック

パナソニック(Panasonic)

有機EL テレビ ビエラ TH-65FZ950 4K

価格:324,800円(税込)

忠実な色と輝度を再現した有機elテレビ

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

明暗の色彩・階調を忠実に再現する「ヘキサクロマドライブプラス」3次元カラーマネジメント回路(3D-LUT)の精度をさらに向上させました。また、有機elパネルによる黒再現により液晶を凌駕する色彩・輝度を可能にしました。

 

そして臨場感ある迫力の低音を再現した「ダイナミックサウンドシステム」ダブルウーハーを含めた合計最大出力は40Wになっています。「スポーツモードにすると、臨場感のある音を楽しめる」「音が驚くほどいい」など音質を高く評価する方が多いようです。

サイズ55インチ/65インチ推奨部屋サイズ6畳~8畳
画質4K倍速機能なし
チューナー地上3/BS・110度CS3

パナソニック TH-55FZ950 テレビの評価・レビュー・製品情報・価格比較|ランク王

パナソニック(Panasonic)

有機EL テレビ ビエラ TH-55FZ1000 4K 2018年モデル

価格:220,201円(税込)

美しい映像と高音質の有機elテレビ

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「Tuned by Technics」ウーハーの大容量化とウーハーユニット、クアッド・パッシ部ラジエーターを大型化することで低音の音圧感を向上させることに成功しました。さらに、テクニクス商品でも使用される高音質部品を採用することで歪み、ノイズを抑えた上質なサウンドが実現しました。

 

最薄部は4.6mmとなっており、映像に集中できる洗練されたデザインテレビ台に設置したときにはどの角度から見ても美しい映像になっており、壁掛け時にはスピーカーと画面がフラットになる設計になっています。「大きな画面でも密な画像で素晴らしい」との高評価があります。

サイズ55インチ/65インチ推奨部屋サイズ6畳~8畳
画質4K倍速機能なし
チューナー地上3/BS110度CS3
パナソニック(Panasonic)

有機EL テレビ VIERA TH-55GZ1000

価格:226,800円(税込)

進化した映像美とスピーカーシステムによる有機elテレビ

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

明部のコントラスト・色を忠実再現する4Kダブルチューナーを内蔵した有機elテレビです。また、迫力の立体音響を可能にする「Dolby Atmos(R)」に対応しており、最大出力は50Wにもなっています。

 

さらに「Dot Contrastパネコントローラー」によって、明るさと色を個別に制御して暗いシーンの微妙な差異までしっかりと再現しています。「4Kの明るさがとてもいいです」と画質に満足した高評価がされています。

サイズ55インチ/65インチ推奨部屋サイズ6畳~8畳
画質4K倍速機能なし
チューナー地上3/BS・110度CS3

LG

LG

有機EL テレビ OLED55E8PJA 2018年モデル

価格:149,800円(税込)

低価格でしっかりしたクオリティの有機elテレビ

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

有機el専用の映像エンジンであるIntelligent Processorを搭載しており、高画質でテレビを視聴することができます。また、低価格でありながらDolby Atmosも搭載しており映画音響を実現しています。

 

さらに、2番組同時録画機能もあるのでテレビ好きの方もしっかり楽しむことができます。「コスパがいい」「黒が画像を引き締める」などの高評価があります。

サイズ55インチ/65インチ推奨部屋サイズ6畳~8畳
画質4K倍速機能なし
チューナー地上3/BS・110度CS3
LG

有機ELテレビ 2019年モデル OLED65B9PJA

価格:218,090円(税込)

4Kチューナー内蔵の有機elテレビ

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Alexaを搭載しており、リモコンを押しながらAlexaを使って音楽再生などができます。4Kチューナーも内蔵しており、BSも110度CSも4K画質でしっかり楽しむことができます。また、こちらのLG製も同じくDolby Atmosを搭載しており、高音質で映像を楽しむことができます。

 

iPhoneやiPadで再生中の音楽や動画をテレビでストリーミング再生することもできます。「コストパフォーマンスの高いテレビです」「画像が最高です」「画面の薄さ、画質の良さ、音質の良さすべて満足です」などの高評価がありました。

サイズ55インチ/65インチ推奨部屋サイズ6畳~8畳
画質4K倍速機能なし
チューナー地上2/BS・110度CS1
LG

有機EL テレビ OLED55B8PJA

価格:136,460円(税込)

格安の有機elテレビ

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

音声検索に対応しており、ハンズフリーで楽に検索することができます。また、外付けHDD2番組同時録画に対応しており、複数の番組を同時に楽しむことができます。また、Prime VideoやDAZNなどのネット番組もしっかり楽しむことができます。

 

「黒の表現は液晶と比べ物にならないほど、素晴らしい」「映像の美しさは予想をはるかに上回っていた」などの高評価がありました。

サイズ55インチ/65インチ推奨部屋サイズ6畳~8畳
画質4K倍速機能なし
チューナー地上2/BS・110度CS2
LG

有機EL テレビ OLED55C8PJA 4K

価格:150,221円(税込)

ドルビービジョン対応の有機elテレビ

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

発光しないしまりのある黒を再現しており、クオリティーの高い色彩のコントラストが可能になっています。また、トリプルチューナーになっているので、多くの番組を録画することができます。

 

さらに、画質設定など自分で変更することができるため、テレビにこだわりたい方ほどおすすめできます。「とっても綺麗」「各種デバイスに順応が素晴らしい」などの高評価がありました。

サイズ55インチ/65インチ/77インチ推奨部屋サイズ6畳~8畳
画質4K倍速機能なし
チューナー地上3/BS・110度CS3

まとめ

有機elテレビは各社ごとに、特徴があります。SONYやパナソニックは画質や音質の良さが自慢だったり、LGは低価格が自慢だったりします。自分のこだわりに合わせて、メーカーや製品を選んでテレビを楽しんでください。